2012.07.28「GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM」初日レポ(前編)

a0041964_1559254.jpg










7月28日、大阪の長居スタジアムであったGLAYのライブに行って来ました。

2月の京都ライブの前日に発表されてからずっと楽しみにしていたライブ。
真夏の野外、それも二日間なんて体力が・・・とか心配してたのですが、
人間その気になればどうにか何とかなるもんだと思いました(笑)

事細かに書くときりがないのでライブまでの行動をざっくりと。

とりあえず朝9時前からバギクラグッズの列に2時間半並んで無事購入→
HISASHIさんギターの展示鑑賞→暑さと長蛇の列に心が折れて避暑を兼ねた昼休憩→
スタジアム近くのマックに入るもあまりの混雑に早々に追い出される→
覚悟を決めてグッズの列に並ぶ→約2時間の待ち時間、可愛い女子を観察→
GLAYグリコ目の前で完売→買う予定じゃなかったナノヒサキーホルダーをヤケ買い→
後から来た母と合流→開演30分前にスタジアムに・・・と、こんな感じでした。

チケットをもぎってくれたお姉さんに「行ってらっしゃいませ」と見送られ、中に。
スタッフT、蝶ネクタイとドレスシャツ、ジャケットの襟がプリントされてて可愛かった♪

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

中に入るとすでに大勢の人がスタジアムを埋め尽くしてた。
ゲートをくぐって目に飛び込んできたのは巨大なセットとレッドカーペット風の花道。

ステージには本物のリゾートホテルと見紛うような、白いパラソルが眩しいバルコニー付きの
巨大な建造物がそびえ立っていて、吹き抜けに面した窓を模した縦長のビジョン。
ホテルのエントランス部分にドラムセットがセッティングされてる。

花道はスタジアムのトラック部分をぐるっと一周囲むように設置されていて、
アリーナ部分の最後列にはサブステージ。スタンドDだったけど思ったより近い!

しばらくするとどこかで聞いた声で諸々の注意事項のアナウンスが。
HOTEL GLAYの総支配人ことGLAYのリーダー、TAKUROさんの声でした。
メンバーの言う事は絶対だから皆「はーい!」って返事してた(笑)

そうこうしているうちに時間が迫ってきて人の出入りが慌しくなる。
サブステージ付近の出入口から茂木さんが入ってくるのが見えた!
何かキャーキャー騒がしいなと思ったらEXILEのTAKAHIROさんも来てたんだって。
茂木さんと一緒にそれらしき人が見えた気はしたんだけどそれだったのかなぁ。
開演間際にビジョンに写った韓流アイドルみたいな2人組は誰だったんだろう・・・

開演時間を少し過ぎた頃、セレッソ大阪の応援歌が流れて総支配人がビジョンに映る。
スタンド上段の来賓席の辺りから下部を引き連れて階段を下りてくる総支配人。

階段を降りた先には選挙カーみたいな造りの、屋根部分に小学校の体育館に
置いてあるような講壇が設置してあるGLAYラッピングカーがスタンバイしてる。

本人自ら前日から練っていたというHOTEL GLAYオープニングを飾る総支配人の挨拶。
上下白のスーツでキメて堂々としたその振る舞いは政治家か校長先生のよう。

TAKUROさん「皆さん、こんにちは!ニーハオ!アンニョンハシムニカ!HOTEL GLAY総支配人のTAKUROです!」

「今回、三年ぶりにHOTEL GLAYを再建する事ができました!
長居でのHOTEL GLAYに向けてJIROは一粒で300m走れるというグリコを沢山食べました。
HISASHIは一生懸命鉄骨を運んでステージを組みました。あの、どのバイトも長続きしなかった男が」と(笑)
ネタのはずなのにHISASHIさんだけ実話っぽくて笑ってしまった。

「・・・HOTEL GLAY。・・・HO『TERU』GLAY。TERUはこのホテルを自分の事だと勘違いしてるかもしれません。
本日は非常に気温が上がっております。熱中症などには気を付けて、本日のライブが
皆様にとって素晴らしいライブになるよう、従業員一同願っております。
この長居スタジアムのみならず、日本全国、特に東北に向けても愛を届けたいと思います」

「それではHOTEL GLAY、オープンです!!」

挨拶が終わり、HOTEL GLAYのテーマ曲が流れる中、ラッピングカーがゆっくりとステージへ向かう。
あれ、さっきと曲変わってる?と思ったらHOTEL GLAYの社歌だったらしい(笑)

ビジョンに日産スタジアムのホテルをバックに佇む4人。程なくして爆破されるホテル。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

オープニング映像が始まる。三丁目の夕日に出てきそうな、路地裏の空き地で
工事の発注を行う競りにTAKUROさんが参加するシーンから物語が始まる。

業者のおじさん「長居7800円!!ホテルトラスティ15000円!!・・・誰もいないのか?」

薄汚れた白のタンクトップを着て、浅黒く日焼けしたTAKUROさんが空き缶の上に乗って
ハイ!ハイ!と挙手して「そこのデカいの!」と見事発注を受けて工事が開始される。

つるはしで地面を掘るTAKUROさん。この違和感のなさは一体(笑)

場面は変わってJIROさんはボーダーTシャツの上にツナギという
オシャレな作業着姿で鉄鋼所で火花を散らして鉄骨を切断している。

調子良く掘り進めていたTAKUROさんのつるはしが地面に引っかかる。

HISASHIさんは薄暗い部屋でPCに向かっていて、そのPCに異常を知らせる通知が入る。
「水道管破裂・・・?」と呟き、場所を特定してPC上から防犯カメラの映像に切り替えると、
地面から噴き出す水で気持ちよさそうに水浴びをするTAKUROさんの姿が(笑)

その頃TERUさんはホストクラブでシャンパンタワーを背にミカという女性の誕生日を祝っていて、
HappyBirthdayを歌い、素敵な夜に・・・と甘い言葉を囁いてウィンクし、飲んで飲んでコール。
そのホストクラブの壁にはDJ OZMA、TAKAHIROさん、HIROさん、そしてTERUさんの写真が飾られてる。
ちなみにTERUさんの写真の下に書かれているキャッチフレーズは「永遠No.1」(笑)

HISASHIさんがポップコーンをかじりながらPCでTERUさんの居場所を検索する。
遠隔操作する防犯カメラの映像にはホスト姿のTERUさんが。

HISASHIさん「キャバクラ・・・?ホストクラブ・・・?・・・TERUちゃん!!」

TERUさんさんに宛ててメールを打つHISASHIさん。
“TERU、チャラチャラしすぎ!!でもいいなー”

写真を撮影をしようとした女性の携帯がおかしくなり、TERUさんに見てもらおうと手渡す。
その画面にHISASHIさんからのメールが表示される。

TERUさん「HOTEL・・・GLAY・・・?」

「☆シャッキーン!!☆」

目覚めたTERUさんがホテル再建に向けてホストクラブを後にする。
同僚のホスト達「行ってらっしゃいませ!!TERUさん!!」

続いてHISASHIさんがJIROさんの居場所を検索しようとするも名前を思い出せず。

HISASHIさん「あと一人、あと一人・・・誰だっけ・・・?(カタカタ)それイチローだ」

HISASHIさんから差し出されたと思われる小包を受け取るTAKUROさん。
散り散りになっていた4人がホテル再建のために集まる。

場面は建設中のホテルの鉄骨の上に。鉄骨をせっせと運ぶ4人。
昔のディズニーのアニメ映画みたいな、せかせかした動きが何ともポップ。
足場が狭く、一人しか通れないので通れない時は鉄骨を斜めに橋渡しして器用に渡ったり、
ジャンケンからのあっち向いてホイで解決したり(笑)ここではチームジロヒサの勝利。

ひと仕事終えて鉄骨の上に並んで座り、休憩をする4人。

HISASHIさん「・・・鉄骨飽きた。組んでも組んでも鉄骨だし」
TERUさん「もうちょっと頑張ろうよ。あと3階ぐらいは」

そしてついにHOTEL GLAYが完成。
4人が手を重ねてレバーを引くのと同時に舞台セットの上から赤と青の煙とキラキラした花火が。

歓声が沸き上がり、ステージにメンバーが姿を現す。

メンバーの衣装はどこかで見れると思うので割愛。初日は黒を基調とした衣装でした。
まず目が行ったのはシルバーの衣装に銀髪のJIROさん。蛍光イエローの靴がサッカー日本代表の選手みたい。

TERUさん「夢を見るのが難しい時代だけど、俺たちはいつも夢見ていこうぜって
歌い続けてきました。夢見ていこーぜー!BEAUTIFUL DREAMERーー!!」

どんな風にライブがスタートするのか色々想像はしてたけど、この曲が来るとは!
グッズの列に並んでる時にリハの音漏れでこの曲が聴こえてたけど(笑)

いきなりトップギアで飛ばすメンバーに負けじとお客さんのテンションも上がる。
TERUさんが「夢の続きを引きずる日々に・・・」と熱く溶けそうなキスをするとあちこちから悲鳴が。
力強くてしなやかなビートとドラマチックな展開のメロディーが巨大なスタジアムいっぱいに広がる。

驚きはまだまだ続き、2曲目はまさかの「Freeze My Love」意外すぎて叫んでしまった。
いわゆるV系みたいな初期のGLAYサウンドは色っぽくて攻撃的。間奏のギターの絡みが最高。
ビジョンには曲のタイトルとリリース年、歌詞が出てました。

TAKUROさん「改めまして、こんにちは!ダージャーハオ!(その他諸々アジアの言語で挨拶)
HOTEL GLAY総支配人のTAKUROです。皆さんまだ(体調)大丈夫ですよね?
暑さを甘く見ず、しっかり水分補給して、今日は最後まで楽しんで行ってください」

TERUさん「今日はライブビューイングって事で、全国各地の映画館に中継されています。
日本だけじゃなくアジア各国にも中継されてるって事で。ダージャーハオ!北京の時に覚えたんだよね(笑)
スタンドC、D、Eの子達が(来て)欲しがってる。後で行きますからね」

「今日はここに来てくれてる9割がFCだと聞いてます。
次の曲は青空が似合う曲なんで、一緒に歌って下さい」

「SOUL LOVE」を歌いながら、TERUさんとTAKUROさんが下手側の花道を歩いてくる。
もうそれだけの事なのに、めちゃくちゃテンション上がった(笑)

「グロリアス」でHISASHIさんとJIROさんも花道を歩いてきて、4人がサブステージに集まる。
神戸のリベンジを果たして、土曜の午後の青空の下で聴けてよかった。

TERUさん「今日は特別にこの方に来てもらってます!FM802DJ、落合健太郎!オチケン!!」

オチケンさん「皆さんこんにちは!FM802DJのオチケンこと落合健太郎です!
これだけは言わせて下さい!7月28日、ナニワの日に大阪に来て下さってありがとうございます!」

TERUさん「10年ぐらい前だっけ?その時に名古屋のライブで次にやる曲の頭の部分の
DJをやってもらったんだけど、あの時失敗したよね?(笑)802でやってるJIROのバギクラに
“長居でのライブにオチケンを出して下さい!”って根回ししてたみたいですけど(笑)」

オチケンさん「今日は成功させます!!」

「STAY TUNED」のイントロ冒頭、オチケンさんのマシンガンのようなDJが熱かった!
冷静にジャッジするとオチケンさんちょっと前のめりだったけど(笑)
疾走間のあるこの曲は夏の野外にぴったり。久々にライブで聴いたけどよかった。

TERUさん「ちょっと日が陰っていい感じになってきましたね。
うちの大事なファンの子達を苦しめないでくれ!と思ってたら曇ってきました。
こんな事言うとまた変な子だって思われますね。
変な子って事ないか、変な人か。まぁどっちでもいいですけどね(笑)」

「次に演奏する曲は新曲なんですけども、タイトルだけでも覚えて帰って下さい。Route 5 Bayshore Line」

演奏されたのは優しくGLAYらしいミディアムチューン。でもタイトル聞き取れなかったよ(笑)
仮タイトルが阪神高速5号湾岸線だっただけあって、関西の地名や802という言葉が散りばめられてた。

ビジョンには過去の関西でのライブ映像。西宮球場でピンクのアロエヘアのJIROさんが
うがーって顔をしてる所が映ってた。LIBだとかハイコミとか、
自分が参加したライブの映像も沢山使われてて懐かしかったな。

「summer FM」はやっとライブで聴けた。HISASHIさんはギターを持ち替えたり忙しそう。
ふと見上げると、ふわふわした飛行機雲みたいな筋雲が空に架かってた。
ヘッドホンで聴くのもいいけど、この開放感には勝てないなって思った。聴くならバギクラ~802♪

TERUさん「じゃー、メンバーのメドレー行っちゃおうかな?」

メンバーメドレーのトップを飾るのはHISASHIさん。
ライブではあまり聴けない曲ばっかりでイントロが鳴る度にぎゃーぎゃー言ってた(笑)
「neuromancer」ではセットの真ん中がガチャポンみたいになって巨大な風船が!
その風船が弾けると中からカラフルな風船が出てきて、アリーナを色とりどりに彩ってました。

「Cynical」といい「アイ」といい、HISASHIさんの曲は瞬発力があってイントロから掴まれる。
「GIANT STRONG FAUST SUPER STAR」も久々にライブで聴いたけど、こんなに楽しかったっけ?って。

ビジョンに「さすが髪の色素を半分失った男・HISASHI!」という文字が。

HISASHIさんがギターを手に下手側の花道を華麗なステップで歩いてくる。
ノイジーなギターが痺れる「20th Century Boy」から「Rhapsody」の軽やかなイントロ、
その流れで「サバイバル」次に「Beat it」「Walk This Way」「Bad Feelin'」

マイケルはどこかでやる気がしてたから予想が当たって嬉しい(笑)
「Bad Feelin'」では布袋さんモデルの幾何学模様のギター、
「Layla」では黒いフェンダーのストラトを弾いてました。貴重!
HISASHIさんが次に手にしたギターは黄色地に赤いハートのマークが入ったギター。

そう、hideさんのイエローハート!!それだけでもワーッてなったのに、
HISASHIさんがサブステージのマイクの前に立ち歌い始める!
お客さんのボルテージがぐんぐん上がっていく。「ROCKET DIVE!!」の途中で
ヘアメイクの谷ヤンが歌ってるHISASHIさん駆け寄り、ヘアスプレーで髪をピンクに!
思い出しただけでドキドキするぐらい興奮した・・・映像化お願いします。

HISASHIさん「暑くない!!お前ら暑くないだろ!!」

残りのメンバーも後ろからサブステージへ。
DJ Massさんが登場。TERUさん、Massさんを紹介する度に噛んでた(笑)

TERUさん「VIVA VIVA VIVA、久々にやるか!覚えてる人?初めてって人?」

覚えてたけど懐かしすぎて涙ちょちょぎれるかと思った(笑)
もしかして大阪ドーム以来じゃない?あの振り付け変わってなかった!
振り付けはキムスネイクさん画のメンバーもビジョンに登場したりポップなんだけど、
歪んだベースと跳ねるドラム、荒ぶるギターがかっこ良かった!
でもTAKUROさんが弾いてたのは噂のグリコギターだった(笑)

そのままサブステージでTERUさんメドレーへ。

「Lock on you」はさすがに真昼間だったからあっさりめ。
続いて意外にも「BACK-UP」!皆で拳を振り上げる。
そこから「BLAST」の流れが素敵だった。メンバー全員でコーラスを取ってた。
「Little Lovebirds」が聴けるとは思ってなかったから、ピアノが鳴ってはっとした。
ピュアなミディアム曲が演奏されて、スタジアムの空気が入れ替わった感じがした。
「週末のBaby talk」は皆で手を振って“晴れた関西でまた会おうよ♪”って。
皆の手の振りに合わせてJIROさんがベースのネックを左右に振ってたっけ。

TERUさん「せっかくなので、メンバー皆の声を聞こうか?まずはTOSHI!!」

TOSHIさん「GLAY最高!!長居スタジアム最高!!俺とSEIちゃんのトリプルナガイ最高!!」
TERUさん「TOSHI、今日髪型どうしたの?俺と被っちゃダメ!(笑)」

TERUさん「・・・次、SEIちゃん!」

SEIさん「日本一フリルの似合う46歳!・・・もうすぐ47ですが(笑)
TAKURO率いる久保JAPANの中では足は遅めです。トリプルナガイと呼ばれていましたが、
この間のなんばHatchでプルプルナガイになりました(笑)」

TERUさん「SEIさん、話途中でやめておけばいいのに(笑)」
と言いながらそっとSEIさんに耳打ちを。

SEIさん「TERUさんから、こんなに時はいい手があるよと。・・・拍手!!」
神戸のフリーライブでHISASHIさんが披露した奥の手を拝借するSEIさん。

TERUさん「次、JIRO!」

JIROさん「やっと来たぜ長居!!今ちょうど半分ぐらいで、
これからまだ疲れる曲とかやりますので(笑)楽しんで行ってほしいなと思います」

TERUさん「HISASHI!」

HISASHIさん「さっき暑くないって言いましたが嘘です!暑いです!
皆さん熱中症には気を付けて下さい。僕が言えるのはそれだけです」

TERUさん「TAKURO!」

TAKUROさん「お陰さまでHOTEL GLAYを三年ぶりに再建させる事ができました。
一度は爆破されたあのホテルを、大阪というこの地で再建できて嬉しく思っています。
その気になれば何度だってやり直せるんだという事を見せる事ができたんじゃないかなと思います。
音楽には人を勇気付ける力があると聞きます。今回のライブでは画面に歌詞を出しているので、
一緒に歌ったり叫んだりして、元気になって帰ってほしいと思います」

TERUさん「総支配人、TAKURO!TAKUROの話にもありましたが、先が見えなくて不安な時は
GLAYの音楽にもたれて下さい。きっと支えになってあげられると思うので」

この言葉を聞いた時、心がぎゅっとなった。
今までずっとGLAYの音楽に支えてもらってたから。

TERUさん「デビューして18年も経ってこんな大勢の前でライブができて、こんな景色が
見られるなんてほんとに幸せです。ずっと支えてくれたスタッフにも感謝しています」

「やわらかな風が吹いてますね。次の曲とは関係ないんですが(笑)」

次に演奏されたのが「May Fair」だったから、思わず色んな気持ちがこみ上げてきてしまった。
ずっと野外ライブでこの曲を聴くのが夢だった。TERUさんの歌声がいつもよりやさしく響いた。

TERUさん「HOTEL GLAYでは皆の近くに行くって約束してたでしょ?」
スタッフさんに誘導されてサブステージ脇の囲いのある所に向かうTERUさんとTAKUROさん。

TERUさん「次の曲はライブハウスの気分で!生きてく強さーー!!」

突然2人の足元の床がふわりと浮き上がる。
そのまま長いアームの先のゴンドラはスタンド席の目の前に!
思わぬサプライズにスタンド席の皆は大興奮。

でも下手寄りのスタンドDだったのにこっち側に来てくれたのはTAKUROさんだった(笑)
私のリーダー運、誰かにお裾分けしたい・・・過剰なまでのリーダー運・・・。
あのゴンドラ、よくよく見たら下でスタッフさんが力いっぱい手動で動かしてた。泣ける。

ゴンドラの上からでも二番に入る時のJIRO!というフリを忘れないTERUさんはさすが。
どこのジャニーズのコンサートに迷い込んだかと思うド派手な演出もスタジアムならではのお楽しみ。

花道を歩き、メインステージへ戻るメンバー。その間はMassさんがDJで繋ぐ。

TERUさん「日も暮れてきたけど、まだまだ熱くいくぜーー!!」

後半戦の幕を落とすのは「ビリビリクラッシュメン」!
TERUさんとJIROさんが二手に分かれて花道を猛ダッシュ!

TERUさん「HISASHI、TERUと来たら、次はこの人の番でしょ!」
メンバーメドレー、続いてはJIROさんの番!

しょっぱなから「BUGS IN MY HEAD」でテンション崩壊。
「mister popcorn」はジロプロ以来にライブで聴けた!
「Ruby's Blanket」では“忘れないで長居のこの夜を”“もう誰も離さない”って歌ってくれた。
「AMERICAN INNOVATION」のスタジアム中で起こったタオル回しはすごい迫力だった!
TERUさんとTAKUROさんの恒例の巻き舌対決も熱かった(笑)

“当ホテルでは皆様の誕生日をお祝いさせていただいています。JIRO withサーモンピンクス”
という文字がビジョンに出て「THE BIRTHDAY GIRL」で皆の誕生日をお祝い!
ビジョンに映るJIROさんの笑顔は何よりの目の保養です。

「SHUTTER SPEEDSのテーマ」ではJIROさんが花道を爆走!
もっと行けんだろ!って煽られてスタンドの階段から落ちそうになった(笑)
“人騒がせなー長居!”でした。間奏のベースソロかっこ良かったー!

ギターを弾きながら下手花道を歩いてくるTAKUROさん。本編ラストは「ACID HEAD」。
イントロ前のTAKUROさんのギターソロ間近で見れた!まだまだ尽きないリーダー運(笑)
JIROさんがアシッヘー♪に合わせてピョンピョン飛んでた。

ステージセットの上部からは巨大な火柱が上がって夜空を照らす。
メンバーが花道に、TERUさんもサブステージに。SEIさんもショルダーキーボードで花道に!
歌の最後、TERUさんの長い長いシャウトにどよめきが起きる。

演奏が終わり、ステージを後にするメンバー。
[PR]



by pochi-17 | 2012-08-05 16:00 | Live | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/15913819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まさおさん at 2012-08-15 01:20 x
久しぶりにコメントします^_^;
しばらく。。。
仕事が忙しいかって1日中PC前におる感じやので
家でPC見ること自体がおっくうになっておりました(゜o゜)

長居のライブよかったみたいですね!
しかも前後篇という大作に(^_^)
GLAYも18年も続いてるんですね。
イイ曲を創り続けて、ライブも精力的にやってて
すごいなあと思います。
JIROさんなんかはバギクラ10年以上続いてるし。
今までFM802聞いてきた中でもこんなに
ロングランな番組は知らないっす☆

FREEZEMYLOVEはぼくはGLAYをはじめて知った曲で
カッコイイくてメロディが好きです♪
BADFeelisn’は昔BOOWYを死ぬほど聞いてたので
なつかしいなあと思いました。
ぽちさんみたく好きなバンドをずっと追っかけ続けてること
ほんまうらやましいなあって思います(^_^)

Commented by pochi-17 at 2012-08-24 00:43
お久しぶりです!お仕事お疲れさまです。
一日中PC使ってると疲れちゃいますよね・・・
ブログ放置気味でお返事遅くなりました(>_<)

長居ライブ楽しかったです♪
2日間も体力持つか心配だったんですがどうにか大丈夫でした(笑)
思い入れがありすぎて長くなってしまい、
二つに分けないと投稿できませんでした(^^;)

GLAYさんもいつの間にかデビュー18年なんですよね。
私が知った頃はまだ、メンバーの皆さんも私ぐらいの歳でした。
人生の半分ぐらいはGLAYファンとして生きてるので、
そう思うと我ながらずっと好きでいるのはすごい事だなぁって思います(笑)

「Freeze My Love」ご存知でしたか!
ライブでは昔の曲も今風のアレンジになっていたりして、そういった所も良かったです♪
Commented by まさおさん at 2012-08-27 00:40 x
たしか。。。
グリコってほんまに栄養あるお菓子というのが売り
やったと思いますよ。
語源が。。。グリコーゲンという栄養素やったかなと。
と。。。昔、江崎という創始者の伝記みたいなのを
読んだ記憶があります。
↑↑という。。。なんちゃってトリビア(゜o゜)
Commented by pochi-17 at 2012-08-29 00:12
へぇ!へぇ!へぇ!なトリビアですね(笑)
だてに一粒で300m走れると言ってる訳ではなかったんですね!
グリコーゲンからグリコというネーミングが・・・なるほど(*^^*)

小さい頃グリコよく食べてたので(オマケ目当てでしたが)、
長居限定のGLAYグリコ欲しかったんですが大人気で買えませんでした(^^;)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

2017.7.8 髭@恵比寿..
at 2017-07-21 22:12
2017.7.1 髭「すげー..
at 2017-07-06 22:30
2017.5.28 髭「すげ..
at 2017-06-09 17:58

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧