2012.7.29「GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM」2日目レポ(後編)

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

アンコールを求める手拍子と歓声と一緒に、自然発生的にウェーブが起きる。
最初はいびつだったウェーブの形がどんどん整ってきて、ついにスタジアムを一周!

しばらくして、ビジョンに「GLAY 7Surprise」という文字が。


1. 2012年年末 46th&47th シングル2枚同時リリース!
2. 2013年新春 11th&12thアルバム「JUSTICE」「GUILTY」2枚同時リリース!
3. 2013年2月 全国25万人アリーナツアー開催!
4. 2013年春 海外ツアー開催!
5. 2013年夏 函館野外ライブ開催!
6. デビュー20周年 ドーム公演開催!
7. 2014年GLAY EXPO開催! 開催地は東北!


次々と紐解かれるプレゼントの数々に、スタジアム中で驚きと喜びの声が上がる。
1のサプライズとかは一見地味に見えるけど、HISASHIさん曲とJIROさん曲が
シングルになるってなかなかのニュースですよ。他が強力すぎて完全に霞んでたけど(笑)
全部嬉しいニュースだけど、現実的に考えるとアリーナツアーぐらいしか行けない気が・・・。

7つのサプライズの発表が終わり、再び明るくなったメインステージにメンバーが。

TERUさん「先ほど7つのサプライズが発表になりましたが、喜んでもらえたでしょうか?
今回サプライズと言ってもゲストを呼んでびっくりさせるとか
そういうのではなく、GLAYらしいこういったサプライズを用意しました」

「こうしてEXPOとかを発表すると重い荷物を背負う事にもなるんだけど、
俺達は約束をして、それを叶えていくバンドなので。
GLAYはずっと皆と一緒にいます!解散しません!
僕達はこれからもずっとずっと約束を守るバンドとして活動していきます」

そう話すTERUさんの後ろでJIROさんが口をぎゅっと結んでた。
やっと約束を実現する一歩を踏み出して、発表できたという安堵感からか、
TERUさんの表情は優しくて晴れやかでした。

TERUさん「次のEXPOでこの曲を皆で一緒に歌うのが夢だとずっと言ってきましたが、
今日こうして東北でのEXPOが発表できたという事でこの曲を
歌いたいと思います。一緒に歌ってください。BELOVED」

優しいアコギの音色が聴こえてくる。「BELOVED」皆の声が重なる。
歌っているうちに東北の地でこの曲が歌われている光景が目に浮かんだ。
今まで皆で歌ったBELOVEDの中でいちばん感動的でした。

ライブは終盤に。TERUさんによるダンス講座から、そう「南東風」!
HOTEL GLAYの窓辺にはスタジアムの様子を覗き込むような人影が出現。

南流石さん率いるゴチダンサーズが登場して花道で一緒にダンス。
久々すぎてゴチダンスすっかり忘れてた。いや、覚えてたんだけど踊れなかった・・・
TERUさんはと言うとダンスに気を取られて歌詞を間違え「人間失敗ぐらいする!」と(笑)
笑いながら続きを歌おうとする姿が何とも微笑ましかった。
曲中、TAKUROさんとHISASHIさん、JIROさんが集まって笑い合ってました。

流石さんが花道を一周ダッシュする事になったものの後半息が上がってきて、
TERUさんが「TAKURO迎えに行ってあげて!」と総支配人にお願いする一幕も。
「流石先生、リハーサルでこれが人生ラストランですって言ってましたがそうはさせません!」って。

最後、お辞儀をしたTAKUROさんのハットが脱げて下に落ちて、それをJIROさんが
さりげなく拾って自分で被った後にポイって雑に投げ捨ててたのが面白かった(笑)
ゴチダンサーズに紛れてこっそりとステージで永野さんが大きな旗を振ってたんですけど、
TERUさんに「永野くん、最後までいじらなくてごめん」って謝られてた(笑)
永野さん「本当だよ!いじれよ!」みたいなジェスチャーしてたけどマイクがないから伝わらず。
HISASHIさんが気を遣ってか、ずっと永野さんのそばに居てあげてた。

南東風で結構時間使ったからもう後はBibleで終わりかと思いきや。

TERUさん「皆忘れてない?まだTAKUROのメドレーが残ってる事を!」
・・・忘れてました。あーそう言えばやってなかった!とか口走ってすみません(笑)

「函館が生んだヒットメーカーTAKURO!このメドレーは累計1000万枚です。
自分達で言うのも恥ずかしいですけどね(笑)」

そんなMCも挟みつつ、歌になると表情が締まってぐっと入り込むTERUさん。
深い青のライティングが綺麗な「Winter,Again」から「口唇」「誘惑」
「サバイバル」「HOWEVER」と、これぞGLAYの王道ナンバーが次々と披露される。

TERUさん「この長居スタジアムの構想を持ち約1年、ずっとずっと必死になってやってきました。
最後の曲になってしまいますが、この曲を僕らが一緒に持った夢を
現実にした証として歌って欲しいと思います」

長居スタジアム2DAYSのラストに演奏されたのは「Bible」
きらきら輝きながら舞い降りる金色のテープの光が涙に反射して眩しかった。
囁くように、祈るように、想いをぶつけるように。TERUさんの歌声が表情を変える。

“届いて あなたへ 確かな あなたへ”

メンバーの気持ちに応えたい、ステージまでこの声が届いてほしい。
そう思いながら、めいいっぱい大きな声で歌った。
ボーダー柄のイヤモニを外して皆の声を聴くJIROさんの目が少し潤んで見えた。

愛おしさと寂しさがごちゃ混ぜになって、ただ夢中でステージに向かって腕を伸ばしてた。
演奏のシメのところ、TERUさんが「ジャンプするぞ!」って言って、皆で跳んだ。

ありったけの声で愛を叫ぶTERUさん。
充実感にほんの少し寂しさを滲ませたメンバーの表情がビジョンに映る。

皆にお別れの挨拶をするためにラッピングカーに乗り込む6人。
HISASHIさんの肩にはフリスビーが詰め込まれたグッズのショッピングバッグ。
車が進む先々で悲鳴と歓声が混じった声が上がる。
W永井さんも含め6人、笑顔でフリスビーを投げ込む。TAKUROさんはバズーカ担当。
スタンドの30列目だったけど、近くまでバズーカの中身飛んできてた!すごい威力!

メインステージに戻り、歓声に応えるメンバー。
JIROさんはアリーナのお客さんをジャンプさせて遊んでた。

いつものように手繋ぎジャンプ。
声を張り上げて広いスタジアム中すみずみまで届くように叫ぶJIROさん。

「イェー!!最高の2日間だったぜ!!また会おう!せーの!!」

2回ぶんぶんと繋いだままの手を振り上げ、皆でジャンプ!
手繋ぎジャンプの後、私とお隣さんお互い照れて変な空気になった(笑)

TERUさん「今日はGLAY史上最長のライブになりました。
ライブビューイングでは途中で切れちゃった所もあったみたいだけど・・・」

「これからも皆の愛情をたくさんGLAYに注いで、GLAYという小さな花を一緒に
咲かせてほしいなと思います。これからもよろしくお願いします!」

声の限りに叫ぶTERUさん。
色とりどりの打ち上げ花火が夜空を照らす。

ひとり、またひとりステージを後にするメンバー。
最後に残ったのはHOTEL GLAYの総支配人、TAKUROさん。

自分の体に染み込ませるようにじっと皆の歓声を浴びる。
いつものガッツポーズを期待する皆を煙に巻くように、背を向けて帰ろうとする。
あれっ?と思いきや、バズーカを手に走って戻ってきて最後に一発発射!
総支配人からの贈り物は綺麗な放物線を描いてアリーナのど真ん中まで飛んでました。
ビジョンに映ったTAKUROさんの目が少し潤んで見えたのは気のせいかなぁ。

ビジョンにモノクロの写真をバックにエンドロールが流れる。

映像の途中、アリーナツアーの日程が発表になってあちこちから歓声が上がってた。
各国の言葉で「ありがとう」と書かれた後、正装した4人の写真。
約4時間に及ぶライブが終了。4時間もあったと思えないぐらいあっという間でした。

たくさんの温かい気持ちを、ありがとうの言葉を受け取って、
規制退場を待っている間もずっとふわふわしてた。
終わってしまって寂しい気持ちはもちろんあったけど、まだまだ歩みを止めずに
明日を見つめて走り続ける、その背中を見せてくれた事が嬉しかった。

ずっと大人になるのが嫌だったけど、GLAYさん達の姿を見ていると何だか楽しそうで、
こんな風にだったら大人になるのも悪くないな、なんて思ったりした。

ありがとうって伝えたいのはこっちの方なのに、いつも先に言われてしまう。
だからせめてここでひっそりと言わせてください。ありがとう。

花道を何周もしてくれたり、それこそゴンドラに乗ってくれたり(笑)
それだけじゃなくてMCの言葉の端々にも少しでも皆の側にという気持ちを感じました。
あんなに広いスタジアムなのに、まるで地元のホールでライブを観ているみたいでした。

ライブの後、こんなに温かい気持ちになるのはGLAYのライブだけです。
帰り道、地元の駅までGLAYファンの子がいて嬉しかったな。
ライブ観たばっかりなのにもう次の日にはGLAYさんに会いたくなってる自分がいました。
早く映像化されないかなぁ。GLAYウォーター持ったHISASHIさんも映ってるかな?

2012年夏、最高の思い出をありがとう!

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

「GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM supported by glico」
2012年7月29日 長居スタジアム「BIG SURPRISE PARTY」セットリスト

01. SHUTTER SPEEDSのテーマ
02. everKrack
03. 彼女の“Modern…”
04. 千ノナイフガ胸ヲ刺ス
05. Route 5 Bayshore line
06. Blue Jean
07. GLAYメドレー CASE OF HISASHI(neuromancer~Cynical~アイ~GIANT STRONG FAUST SUPER STAR)
08. HISASHI SOLO(20th Century Boy~Rhapsody~サバイバル~Beat it~Walk This Way~Bad Feelin'~Layla~

ROCKET DIVE!!)
09. STARLESS NIGHT
10. GLAYメドレー CASE OF TERU(Lock on you~BACK-UP~BLAST~Little Lovebirds~週末のBaby talk)
11. RUN
12. 生きてく強さ
13. FAME IS DEAD
14. GLAYメドレー CASE OF JIRO(BUGS IN MY HEAD~mister popcorn~Ruby's Blanket~AMERICAN INNOVATION~THE

BIRTHDAY GIRL)
15. Chelsea
16. BURST
<アンコール>
17. BELOVED
18. 南東風
19. GLAYメドレー CASE OF TAKURO(Winter, Again~口唇~誘惑~サバイバル~HOWEVER)
20. Bible
[PR]



by pochi-17 | 2012-08-24 00:34 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/16020978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

2017.3.26 須藤寿 ..
at 2017-04-02 17:39
2017.3.25 ART-..
at 2017-03-31 00:19
2017.3.19 髭「G..
at 2017-03-31 00:15

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧