2013.10.17 BUMP OF CHICKEN TOUR 2013 WILLPOLIS@大阪城ホール2日目レポ後編

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、場内が明るくなってメンバーが再びステージへ。
藤原さんはI LOVE WILLPOLIS Tの白、増川さんも同じく色違いの黒、
チャマはWILLPOLIS ロゴTの青?升さんが思い出せない。白Tだったとは思うんだけど。

チャマの手には一眼レフのカメラが。お客さんを撮った後、
藤原さん、増川さん、升さんがステージから降りて客席をバックに記念撮影。
一旦暗くしてザイロバンドを光らせて、後でメンバーのとこだけ照明当ててた。
遠いから写らないって分かっててもこういうのって嬉しいな。

チャマ「アンコールありがとうございます!」

チャマ「俺は大阪ナメてない!グッズをいつもより多めに持ってきました!
普段恥ずかしくてありがとうって言えない、お母さんとか先生とかに感謝の気持ちを伝えませんか?
『・・・母さん』『・・・何?タカシ・・・』『ほいっ!(そっぽを向きながらTシャツを渡す)』
『えっ?何?タカシ・・・』『だから・・・ほいっ!』『Tシャツ・・・?バンプ・・・オブ・・・チキン?』」

チャマの一人芝居がかわいすぎて悶絶。

チャマ「もしくは、プロポーズの時にどうですか?『ユミコ、俺達10年付き合ってるけどそろそろ・・・』
つって、王様キーホルダーを指にスッと・・・ダメか!怒られるか(笑)」

ユミコ・・・(笑)

チャマ「俺たちの曲聴いてくれてる人ってナイーブな人多いしょ、多分。
だから普段照れちゃって言えないありがとうの代わりにグッズ買って行って下さい!」

そこはメンバーも自覚してるのね、って思ったりして。

チャマ「みんな、ヒロの声も聞きたいんじゃないかな?俺らは365日聞いてるから別にいいんだけど(笑)」

増川さん「俺はチャマみたいに上手く喋れないんですけど・・・
俺は大阪に親戚もいないし縁もないんですけど、今日何人入ってるの?
こんなにいっぱい来てくれて。セット組んだりするのも大変だと思うんですよ。
これ(指で輪を作る)もかかるだろうし(笑)今日はほんとにありがとうございます」

途中で客席から何か言われて「えっ?」ってなって「声かけられて話全部飛んだ」って(笑)
しかも喋ってる間ずっと落ち着きなさそうに腕をさすってたのがおかしくて。

増川さん「みんな秀ちゃんの声聞きたいって!ひーでーちゃん!ひーでーちゃん!」
会場が一体となって秀ちゃんコール。藤原さんも両手の拳をぶんぶん振ってた。

みんなの視線をひとり占めした升さん、にょっきりと立ち上がる。
指を口元にあてて静かになったらマイク使わずに「楽しかったー!ありがとう!」って。
立ち上がった時の姿がグリコの看板みたいだった(笑)ビジョンに映った升さん、めちゃくちゃいい笑顔!

三人喋ったんだから次は藤原さんでしょ!って感じで藤くんコールが起きる。

藤原さん「俺はマイク使います。アンコールありがとうございます。次なんだっけ?fire?
・・・目ぇ悪いから足元見えないんですよ。もうちょっと歌ってもいいですか?」

fire sign聴きたかったよー(;;)
やっぱり初日にやってたんだ・・・って知っちゃってちょっとショックだった。


何がくるんだろ、って思ったら「ラフ・メイカー」でびっくりした。
あちこちから歓声とどよめきが入り混じったような声が聞こえてきた。
もちろん音源のも好きだけど、今の演奏で聴くと更にかっこ良かった。
最後のフレーズの溜めながら少しずつ息を吐き出すような歌い方の余韻が愛しい。


藤原さん「ありがとう。・・・今日一日、一日もないですね。2時間とか3時間とか
そんくらいだと思うんですけど、僕達の共通の思い出じゃないですか。
ここ(ステージ)とここ(客席)だけじゃないですよ?
そこ(客席)とそこ(客席の隣の人)もそうですよ。みんなそうですよ。
不思議ですよね。なかなかこんな事ってないですよ。
人生生きてきて・・・生きてきたからみんなに会えて良かった。・・・良かったんだよ。
オジサンになるとどんどんクサい話するようになるんですけど。
・・・話長い?巻いた方がいい?(と言いながら手をくるくる回す)

ツアー回ってると移動で電車乗ったり・・・飛行機の時もあるんですけど、
山と山があって、その間に街って言うか、街とも言えないような小さな集落とかがあって。
多分歳なんでしょうね、そういうのを見るとすげぇ切なくなるんですよね。
そこにはヘルメットかぶって自転車漕いでる中学生の子とかがいて。
中学生って言ったら多分音楽聴くじゃないですか。
あぁ、あわよくば自分達の曲を聴いててくれないかなぁって思うんですよ。
きっとそこに住んでる人達にはそこに住んでる人達にしか分からないルールみたいなのがあって、
みんなで遊ぶ時はこの駄菓子屋に集まるとか、大きくなったらあのボウリング場でデートするとか、
頭いい奴はどこそこの高校行って、頭悪い奴はどこ高に行ってとか、
そこに住んでる人は当たり前に分かってる事とかがあるんだけど俺達は全然知らなくて。
今日はもしかしたらそういう所に住んでる人達も来てくれてるかもしれないじゃないですか。
みんながここに集まって、ひとつのライブを作ってるっていう。すごい事ですよ。
みんなすげぇ優しくて、イエーイ!って言ったらイエーイ!って返してくれるし、
ワー!って言ったらワー!って返してくれるし、みんなあったかくてちょっとつまづいただけで
すげぇからかってくれるし・・・そういうの、うっかりすると泣きそうになるんですよ。
・・・今日は落ち着いて行こうと思ったのに。ずっと喋ってたいけど言い回しが
変わってるだけで結局同じ事ばっかり言っててオチもない話なんで曲行きます。
みんなで思い出を作れて本当に良かったです。今日はほんとにありがとう。幸せでした」


溢れてくる気持ちを、言葉を止める事なく一気に話す藤原さん。
共通の思い出、こことここだけじゃなくてそことそこも、って言われた時点で
結構ぐっときてたけど、話聞いてるうちにたまらなくなった。
この人が作る音楽だから信用できるし心を委ねられるんだろうなぁって。

そんなMCの後に演奏されたのは「R.I.P.」。
“傘は大好き”の“は”のとこの音階がいっこ上がるのがライブならでは。
“あの日の僕を君に見せたい”の“君”の時、会場をぐるっと一周指差しながら歌ってた。
荒々しい最後のギターが感情の波とだぶって聴こえて息をするのも忘れそうだった。

「ガラスのブルース」のイントロが鳴るといつも、終わっちゃうんだって実感がこみ上げてきて
寂しくなると同時にBUMPのライブを体感してるっていう感覚もすごくあって不思議な気分になる。

“あぁ僕は会えてよかった あぁ君と会えてよかった あぁ僕は会えてよかった だから君と叫ぶよ”
“ガラスの眼をした君に会えたよ”“ガラスの眼をした君は歌うよ”“僕は君と精いっぱい歌をうたう”

一語一句合ってる自信はないけど、数え切れないほど歌詞が変わってた。
間奏に入るとこで藤原さんが「ギター増川弘明!」って。
みんなで歌った後、藤原さんの歌が入るところで珍しく遅れて入ってたからみんなでそこも歌ったり。
この曲の最後升さんが立つんだけど、何かもうそれだけでちょっと感動してしまう。
場内が明るくなるとチャマのベースに光が反射して眩しいんだけどそれすら嬉しい。

演奏を終えて終わりかなって雰囲気になったけど藤原さんが他の三人にオフマイクで何か言ってる。


・・・見た事ある気がする、このやりとり。


藤原さんがおもむろに歌い始める。「DANNY」ーーー!!!


“大阪アリガトネ♪”でもうテンション振り切っちゃった。
藤原さんがAメロ歌うとチャマが「トゥルルルル!」とか「フッフー!」とか、
とにかく合いの手の入れ方が絶妙で最高に楽しかった!


今度こそ演奏を終えて、全員ボトル投げたりタオル投げたりファンサービス。
ステージサイドから逆にメンバーに向けて物が投げられてたように見えたのは気のせい・・・?
アリーナの端から端まで行って、最後にステージに戻って一人ずつ喋る。

チャマ「・・・大阪参りました!!こんなに楽しい思いをさせたんだから責任とって
絶対次のライブも来いよ!来てくれなかったら俺、許さねえからな!!また会おう!」

胸の下に手をあてて、騎士みたいなお辞儀をするチャマ。

増川さん「ありがっ・・・ありがとう!絶対また大阪来ます!ありがとうございました!」

藤原さん「・・・ありがとう」

藤原さん、まだ息がぜえぜえいってる。
会場を一周、じっと眺めた後で深々とお辞儀。

増川さんとチャマが喋ってるのに気を取られてるうちにいつの間にか升さんが帰ってた・・・
ひとり、ふたりとステージを去り、ひとり残った藤原さん。

名残惜しそうにマイクの前に立って最後に「おやすみ、またね!」って。

誰もいなくなったステージはまた暗くなってOP映像の続きのような映像。去っていく飛行船。
少し明るくなってTo Be Continuedの文字と共にチャマ撮影のさっきの記念写真が。

21時過ぎかな、ライブが終了。

ライブが終わって駅のホームで電車を待ってる時、
それまで光ってたザイロバンドが消えたのに気付いた。
それを見て何だか急に寂しくなってしまった。

でもそれと同時に、ライブが終わってもしばらく
光り続けてた事にも気付いて心が温かくなった。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

自分にとってBUMPのライブって少し特殊で、観てる側なのにエネルギーがいると言うか、
ちゃんと受け止めたい、受け止めなきゃって思って観てしまう。
それはきっと四人が届けたいって想いを持って演奏して歌ってるからで。

ライブで昔の曲が演奏されてる時、あの頃みたいに感情移入できない感じがして
あれ?って思ったんだけど、感情移入できなくなったんじゃなくて
年月が経って違う角度から見れるようになったのかな。
初めてBUMPのライブに行ったのって2006年・・・?
変わってないつもりだったけど変わったのかもね。
過去の曲も今聴くとグッとくるフレーズがその頃とは違っていたりして。

藤原さんも感情的になって話したり、マイクから離れて
「ありがとー!」って叫んだりしてて。
かと思えば10代の頃の話をその頃と変わらない空気感で喋ってたりもして。
そういう部分も含めて相変わらず魅力的なバンドだなぁって思いました。

個人的にはちょうどこのライブの日が誕生日だったので素敵な誕生日プレゼントを貰った気分でした。
アルバムのリリースも決まったようだし、来年もツアーあるといいなぁ。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2013.10.17 BUMP OF CHICKEN TOUR 2013 WILLPOLIS@大阪城ホール2日目セットリスト

01.Stage of the ground
02.firefly
03.虹を待つ人
04.オンリーロンリーグローリー
05.ゼロ
06.ギルド
07.花の名
08.ダイヤモンド
09.グッドラック
10.スノースマイル
11.メーデー
12.K
13.車輪の唄
14.天体観測
15.supernova
----------
16.ラフメイカー
17.R.I.P
18.ガラスのブルース
19.DANNY
[PR]



by pochi-17 | 2013-11-01 00:56 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/18888145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

2017.11.16 GLA..
at 2017-12-01 21:50
2017.11.20 GLA..
at 2017-11-23 22:00
2017.11.9 髭×OG..
at 2017-11-19 21:50

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧