2013.12.28 RADIO CRAZY@髭

◆M-STAGE 21:00- 髭


お待ちかねの髭ちゃん。髭ちゃんの為にRADIO CRAZYに来たようなもの。
BUMPと被って少し迷ったけど髭ちゃんを選んでよかった。
年内でバンドを勇退するアイゴンさんの関西でのラストライブ、
とってもハッピーで少しだけ切なくて、すごーーーく楽しかった!
いつも通りなレポですが、少しでもその場の空気感が伝われば。
(ちなみに良い旅の前のMCやたら細かいのは802で流れてた音源を起こしたからです)

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

テナーを最後まで観た後、M-STAGEに移動。
そしたらフォロワーさんを早速見つけてご挨拶。
途中からだけどPHONO TONES観れた♪インストだけど素敵な音色。
スペアザ辺りのサウンドに近いけど、他の曲も聴いてみたいなぁ。
アジカンの伊知地さんのドラムもあんなに至近距離で見れる機会も貴重。
(ライブの終盤、髭の須藤さんが袖からステージを覗き込んでました)

ライブが終わり、転換のタイミングでするっとアイゴンさん側の最前に滑りこむ。
ずっとライブを見てると時間の感覚がなくなってきて、本当にもう9時前なの?って。
しばらくすると謙介さんとフィリポとコテさんが出てきてドラムと機材のチェック。
謙介さんはドラムを念入りにチェック、フィリポはパーカッションとカオスパッドのチェック、
コテさんはドラムとトラメガのチェック。軽く笑いを取る事も忘れない。

スタッフさん達によるマイクやギター、ベースのチェックが終わって時間が迫ってくると
メンバーが全員ステージに出てきてサウンドチェックを兼ねたリハーサル。
リハとは言え、もう皆待ってる状況だからブラッディー・マリーやってくれるサービスっぷり。
本番ではないって分かってても本番さながらの演奏に気持ちが浮き立つ。

一通り確認を終えると曲は途中でおしまい。演奏中、須藤さんの後ろを通ろうとした
スタッフさん、須藤さんが予期せぬタイミングで後ろに下がったみたいで手でどけようとして、
そこでやっと須藤さんが気付いて「あ!」って顔してたのが面白かった。

会場内は寒いからアイゴンさんが温かそうなウール地っぽいコート着てた。あとはCDJと同じ。
黒のコートに黒の丸みのあるハット、鮮やかなブルーの蝶ネクタイに黒地に白の柄のパンツに革靴かな?

須藤さんは白地に黒で沢山の猫が描いてあるTシャツ(襟ぐり切ってあって鎖骨チラリズム仕様)、
赤のタータンチェックのわりと細身のパンツ、黒の紐靴(革靴?)。髪が切りたてみたいで綺麗だった。

宮川さん、噂には聞いてたけど思った以上にハットの下から見える髪が短かった。
黒のハットにジャケット、太いストライプ柄のシャツに黒のパンツでびしっと。

斉藤さんは原色の黄色いジャケット(?)に白地に黒い模様のトップス、デニムだったかな?
ヒョウ柄の靴だったのはもしかしてアイゴンさんのギターとお揃いだったのかなぁなんて。

コテさんはアウトドアショップで売ってそうな帽子にカラフルなブルゾンが可愛い。
フィリポもTシャツにカラフルなパンツが可愛かった。赤いKENZOのキャップは下ろしたてかな?
謙介さんは黒のAKIRAのTシャツでした。前に見た時より髪が伸びた。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

一旦メンバーが袖に帰って、いよいよRADIO CRAZYのジングルが。
軽快なギターの音のクレイジーマンのテーマに続いておなじみのミラクルズのSEが流れる。
疲れなんてどこ吹く風、待ってました!と言わんばかりの拍手が起こる。

真っ先にステージに現れたのはふたり仲良く肩を組んだアイゴンさんとフィリポ。
もうこの時点でちょっとぐっと来ちゃってどうしようかと思った。
ぞろぞろと登場する7人の髭ちゃん達。もうこのメンバーでのライブが観れるのも最後。

各々が定位置に着くとライブが始まる秒読み段階。
須藤さんが小さくロックンロールって囁いて振りかぶってギターを掻き鳴らす。
髭ちゃん達の本気具合が伝わってくる、一曲目から「ロックンロールと五人の囚人」!
ギターをアンプに近づけてハウリングさせるアイゴンさん。かっこいい!
1サビ前から「ダーリーーーン!」って飛ばす須藤さん。
“ナイフ・・・レモネード・・・”って久々に聴けて上がる。

いそいそと前に出てくるコテイスイさん。本当にいそいそと言う言葉がぴったりな、
少し遠慮がちに、お客さん達に挨拶してる感じが何とも微笑ましい。
「溺れる猿は藁をもつかむ」のイントロが鳴るとまるでライブハウスみたいな空気に。
ステージの際ギリギリを練り歩くコテイスイさんの振りを真似するのが楽しい!
曲終わり、アイゴンさんの足元にスライディングしたコテイスイさんの
おしり目がけて須藤さんがギターのヘッドをぐさっと刺してた(笑)

バッと両手を広げて笑顔の須藤さん。「ボーナス・トラック」きた!
音源で聴くよりグルーヴがあって、自然と体が動いちゃう大好きな曲なんだけど、
須藤さん、いつになったら歌詞ちゃんと覚えるんだろう・・・(笑)
AメロBメロは大丈夫だったから安心してたらサビで間違えてアイゴンさんも笑ってた。

この曲の時の斎藤さんの尋常じゃないテンションにつられて(ギターそっちのけで踊ってた)、
アイゴンさんがギターほっぽり出して斎藤さんの所に行って、コテイスイさんの
緑の音の鳴る棒を持って帰ってきて、ギター弾こうとしたら邪魔になったみたいで
ズボンのウエストの部分に無理やり引っ掛けて弾こうとしてた(笑)
斉藤さんがアイゴンさんの所に来た時に上手を煽っていい笑顔で返してくれたの嬉しかったな。
コール&レスポンスでの須藤さんの本気の煽り、体育会系で熱い!

あと何の曲だったか、アイゴンさんがギターを持とうとしたら手を滑らせて
ギターが落ちそうになったけど顔色ひとつ変えず演奏する姿にプロ意識を見ました。


須藤さん「こんばんは、髭です!大阪!RADIO CRAZY!
・・・皆ハリキってる?皆で行っちゃいます?ナビゲーターは俺。低空飛行で」

てっきりフフッフーの方のハリキリ坊やだ!と思ってたら2の方のハリキリ坊やだった。
マイクを持って歌いに来たフィリポのキャップを斜め被りにしようとするアイゴンさん。
キャップがちょっと大きめでズルッとなってしまって斜めにならず無念(笑)
イントロでコーラス隊と皆が一緒に歌ってる時、須藤さんが指揮者風にタクト振る真似してた。
いつもこの曲の間奏の後の所で、せき止められてた感情がどばっと溢れそうになる。
聴き間違いじゃなかったら須藤さんが最後の所「君が雪になる」って歌ってた。歌詞変え珍しいな。

須藤さんがステッカーを貼ってない方のストラトを弾きながら歌う「ハートのキング」。
無意識でベースの音とドラムのリズムを追ってしまう。斉藤さんは目を閉じて自分の世界に入ってる。
間奏を聴いているうちに、どんどん無になっていく。7人でひとつの世界を描いているよう。
黒いキャンバスに色んな方向からバケツに入ったペンキを浴びせるようなイメージ。
曲が終わると同時に、ふっと力が抜けそうになるぐらい惹きつけられた。


須藤さん「大阪大好きです!好きです大阪!このRADIO CRAZYもほんとに俺達にとってもすごく
思い出深いフェスなんだけど、4年前のフェスの時に・・・RADIO CRAZY、4年前も出てたの。そう。
その時にねぇ、裏でアイゴンに会ったんだよ。それでアイゴンがこのフェスをきっかけに
髭に入る事になったんだよ。そのアイゴンが抜けます。・・・抜けます!!」

アイゴンさん「そんです」
須藤さん「抜げます!」

アイゴンさん「大阪ではもう今日最後です。ありがとうございます。
本当にお世話になりました。(拍手が起きて)いやいやいやいや・・・」

須藤さん「ガツッとちょっとみんなでアイゴン見送ろうか。ガツッと!(ドラムを鳴らす謙介さん)」


「それではアイゴン、良い旅を!」


ジャキジャキした入りのギターの音がちょっとずれてたのも気にならなかった。
そんな事より、何気ないひと言にもアイゴンさんへの愛が込められてて胸が詰まった。
途中、目の前で宮川さんとアイゴンさんが一緒に演奏してくれて二人とも楽しそうだったなぁ。

“大阪の時間ですよー!”“ランチランチ、ランチと言うよりはディナーの時間だよ!”
最後は「それではみなさん、アイゴン、良い旅を」と締めくくる須藤さん。

ライブではお馴染みの、わくわく感たっぷりにアレンジされたあのイントロ。
「ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク」の爆発力ったらない。皆でジャンプ!
もうライブも終盤なんだなって気付いたけど、もう思いっきり楽しもう!って。
気付いたらリハの時はコートを羽織って出てきたアイゴンさんもハットを脱いで汗を拭いてた。

テンション冷めやらぬまま、ラストは「テキーラ!テキーラ!」。
須藤さんがハンドマイクで動き回るからスタッフさんがケーブルをさばくのに急がしそう。
何だかこの日のテキーラは少しテンポが不安定で、こんな事はめずらしいなぁって思った。
斉藤さんとアイゴンさんのギターソロ×須藤さんのコール&レスポンスはいつ観ても最強。
間奏の後の“ミラーボールから悪魔の子守唄”で両手を上げてゆらゆらと揺らめく須藤さん。


演奏を終えてステージを後にするメンバー。
去り際に須藤さんが水を口に含んで噴射!
・・・したのは良いんだけど、
ステージの下に立ってたセキュリティの人に水がかかったみたいで後でそっと拭いてて、


申し訳ない気持ちでいっぱいになった・・・何かすみません・・・。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、と言う間もなくアンコールの手拍子に応えてステージにメンバーが。

須藤さん「光よりも速く!光よりも何よりも速くアンコール戻って来ました!
今年も大阪に沢山来れて。来年も大阪に来れるのを楽しみにしています。・・・アイゴン!」

アイゴンさん「僕もまた大阪来ますので。隙があればまた髭にも・・・」

須藤さん「・・・アイゴンさんは僕達のプロデューサーでもあり、同じバンドの
メンバーでもあり、隣のおじさんでもあり(笑)・・・ありがとうございました」

言葉の微妙なニュアンスに寂しさが滲んでて、胸がぎゅっとなった。
隣のおじさんでもあり、って須藤さんが言った時にアイゴンさんがフフッて。


須藤さん「みんなで行こうよ!あの虹の向こう側まで!」


RADIO CRAZY、M-STAGEのトリを務める髭ちゃんのライブのラストを飾ったのは「虹」。
この選曲、すごく髭ちゃんらしいなって思った。今日の日にこれ以上似合う曲もない。

本当に終わってしまうんだって実感が沸いてきて、泣いてんだか笑ってんだか分からない顔で
ずっとアイゴンさんの事を見てたら、視線に気付いたアイゴンさんが笑い返してくれて。
アイゴンさん側で観る機会が多いっていうのもあるけど、髭ちゃんのライブに行くと
一回はアイゴンさんと目が合う。それぐらい、いつもお客さんの事をちゃんと見てくれてる。

斉藤さんがアイゴンさん、謙介さん、宮川さんに順番に近付いて笑顔で演奏してる。
それがすごくいい笑顔で、残り少ない時間をめいいっぱい楽しんでるようでじーんときた。

2番のAメロBメロの所、須藤さんがモニタに腰掛けて髪をかき上げたり、ポケットに指先を
突っ込んだりしてて、そういうひとつひとつの細かい仕草も魅力的な人だなぁって思った。
キスしておくれのほっぺアピールも毎回毎回、ずるいぐらい可愛い。
後ろの人にも見えるように大きく手を振る須藤さん。アイゴンさんも皆の事を見てる。
演奏が終わる頃には皆が笑顔になってて、いつも光の中に連れて行ってくれる曲。

温かい拍手に見送られてひとり、ひとりと袖へ向かうメンバー。
アイゴンさんはありがとうって言ってぺこぺこ会釈をしながらゆっくりステージを去る。

最後に残ったのはフィリポ。にこにこの笑顔でハイジ印のフラッグを振ってから
斉藤さんのマイクの所まで行って、背伸びして「ありがとうございましたー!」って。
わざわざ背の届かない斉藤さんのマイクを使うあたりが可愛いな。

ステージに誰もいなくなってすぐにダブルアンコールの手拍子が起きたけど、
フェスで持ち時間が限られているからか撤収準備が始まって残念ながらライブはおしまい。

終わってから会う約束をしていたフォロワーさん達の顔を見た途端、
会えた嬉しさとかほっとした気持ちとか、終わっちゃった実感が
一気に押し寄せてきて、人目もはばからず思わず抱きついてしまった。
(うわごとみたいに「アイゴンさんが~!アイゴンさんが~!」と、その節は失礼しました)

その後ちょっと落ち着いて一緒に東北ライブハウス大作戦のブースを見に行ったり、
記念に写真を撮ってもらったりして、そろそろ帰らないとと思って出ようとしたら、
フライヤーを配ってるお兄さんがいて、素通りしようとしたら髭の文字が見えて、
条件反射的に「それ一枚ください!!」って言ってた。完全に無意識で。

お兄さん「ぜひ来てください!」
私「・・・多分行きます!」
お兄さん「お願いします!」
私「任せて下さい!」

・・・勢いって怖い。しかも任せて下さいってどういうつもりで言ったのか意味不明。

それですごい人込みの中、色んなお話をしながら駅に向かったまでは良かったんだけど、
駅の手前で人の列が動かなくなり、そのまま寒風吹きつける外で一時間。。。
お二人がいてくれてほんとに良かった。一人だったらもう心折れてた。

それでやっとの思いで電車に乗ったのに、まさかの長田止まりで終電を逃して
(アナウンスはあったはずだったけど須藤さんのチャック全開TLに気を取られて気付かず)
駅で途方に暮れてたらRC帰りの人が生駒まで帰るからって一緒に送って下さって、
深夜に生駒まで家族に迎えに来てもらって、何とか家まで帰れました。。。
(白のプリウスに乗ったマサユキさんとそのお母様、本当にありがとうございました)

体力的にはすごく疲れたけど、行けて良かった。
やっぱり髭ちゃんが、髭ちゃんのライブが大好きって改めて実感しました。
最後になってしまったけどアイゴンさん、今まで本当にありがとうございました。
アイゴンさんがいた髭の事、ずっと忘れません。いつかまたどこかで会えるのを楽しみにしています。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

と、のらりくらりとレポを書いて、そろそろアップできるかなぁと
思った矢先に届いたフィリポ脱退という悲しいお知らせ。
アイゴンさんの脱退は何となく入った時から早かれ遅かれいつかはバンドを
離れる時が来るんだろうなって思ってたけど、初期メンバーの脱退はショックが大きい。

須藤さんがFacebookでその事について書いてるのを読んで、
どういう気持ちで綴ってたんだろうっていたたまれなくなった。
このRADIO CRAZYのライブの後、そんな話し合いがあったなんて想像もしてなかった。

思えばアルバムのサンシャインが出た頃、メインのドラマーがフィリポから
コテイスイさんになって、フィリポの役割が段々とパーカッションにシフトしてきて、
謙介さんがサポートで入るようになってから更にバンド内でのフィリポの位置が変わって、
この先フィリポが前みたいにドラムを叩く事はあるのかなって心のどこかで
ずっと気がかりだったんだけど、こういう風にはなってほしくなくて、
気付いていながら見て見ぬふりを続けていたのかもしれない。

ドラムが叩けなくてもそこにいてほしいって思う気持ちが
フィリポを苦しめていたのかもしれないとも思う。
誰も悪くないし、誰を責めるつもりもない。
ただ、分岐点に差し掛かっただけの事なのかもしれない。

これから髭ちゃんのライブを観に行ってもアイゴンさんもフィリポも
いないって全然実感が沸かなくて、それが余計に悲しい。
シェルター5DAYSも行けそうにないから、大阪のParty Mustacheが最後になりそう。
チケット取った時はすごく楽しみだったのに、こんな事になるなんてさ。

それでもずっと髭ちゃんの事を好きな気持ちは変わらないし、応援していきたい。
少しでも長く同じ時間を共有して、同じ景色を見ていたい。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2013.12.28 RADIO CRAZY@髭セットリスト

01.ロックンロールと五人の囚人
02.溺れる猿が藁をもつかむ
03.ボーナス・トラック
04.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
05.ハートのキング
06.それではみなさん良い旅を!
07.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
08.テキーラ!テキーラ!

ENCORE

01.虹
[PR]



by pochi-17 | 2014-01-15 00:03 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/19342630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

2017.9.22 Cryp..
at 2017-09-30 16:45
2017.7.8 髭@恵比寿..
at 2017-07-21 22:12
2017.7.1 髭「すげー..
at 2017-07-06 22:30

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧