2014.10.17 髭「素敵な闇」ツアー@横浜club Lizard

10月17日、横浜club Lizardであった髭のライブに行ってきました。
今月から始まった「素敵な闇ツアー」の2本目。
普段遠征なんてしないけど、誕生日に髭ちゃんのライブが観たくて行っちゃいました。

朝から新幹線でお昼すぎに着いてひとりで中華街でお昼食べて、
一旦ホテルに荷物置いて山下公園でひとりで夕陽見て。
同じ頃、須藤さん斎藤さんも中華街にいたみたい。会いたかったなー!

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

Lizardは山下公園や中華街からも近い、海の近くのライブハウス。
狭い階段を降りるとLizard=トカゲがペイントされた黒い壁が目に入る。

ツアー2本目とはいえ、関東では初めてのライブ。150番台だったから
半分近く埋まっていて、どこで観ようか迷ったけど真ん中あたりの位置に。

フロアの後ろでは今ツアーのお楽しみ企画、コテさんによる闇DJが繰り広げられていて、
ちゃんとブースのところにテコってテープで書いてあった。
でも皆、中に入ったらステージの方を見ちゃうからあんまり見られてはいなかったけど…

開演時間を少し過ぎた頃、フロアの照明が落ちてミラクルズのSEが鳴る。
セトリの順番とMCのタイミングが分からないので以下順不同。ごめんなさい。
ぎゅっと密度が詰まって、ぴりっとした緊張感とワクワク感が入り混じった独特の空気。

ステージでの並び順は前列下手側から斎藤さん、須藤さん、宮川さん、
後列下手側からgomesさん、謙介さん、コテイスイさんという感じでした。後ろが見えない…。

須藤さんは黒シャツグレーのスウェット、斎藤さんはグレーのスウェット
(テーラード)にフェイク蝶ネクタイプリントのTシャツ、
宮川さんは黒のハットに白地に黒の細かいドット柄のシャツも黒いパンツ、
コテさんは青いチューリップっぽいハットに黒のバンT、
謙介さん白のTシャツに紺のスキニーデニム、gomesさんは
よく見えなかったけど髪が短くなってるのは分かった。

札幌のセトリは見てなかったからセメタリーで始まって意表を突かれてドキッとした。
音源は打ち込みっぽいけどライブではもっとバンドのグルーヴがあって曲の印象が違った。
気だるい声で歌ったり、突き刺すように歌ったり。一曲の中でもくるくると声の表情が変わる。

意外だったのが2曲目かな、最初の方のタイミングでミスター・タンブリンマンが演奏されてた事。
この曲を聴くとその当時の事を思い出して心がぎゅっと痛むんだけど、
須藤さんの歌声とそれに寄り添う斎藤さんのギターの音色が優しくて心の傷を癒してくれた。

サンデー・モーニングのイントロのやわらかなベースの音が足の裏から伝わってきて体の内側に響く。
ライブ用のアレンジなのか、1番と2番の間が長くなってた。謙介さんのドラムの音は
体を貫くように鋭いのに心地よくて、そこに広がりのあるギターの音が乗っかって、
全身が髭ちゃんの音で満たされて幸せだったな。

ブラッディー・マリー 、気をつけろ!のイントロが鳴ると思わず心が弾む。
フロアの前方はもうお祭りみたいになってた。ラスサビ前のコテさんのパーカッションの音がかわいい。
この曲だったか定かじゃないけどライブの序盤、曲中に斎藤さんがジャンプしてるの見えた。

黒にそめろのイントロのツインドラムは髭ちゃんの武器。最高にかっこいい。
アイゴンさんが抜けた後、イントロのギターは須藤さんが弾いてるけど、かっこいいな。
フロアのボルテージと温度がぐっと上がって、真ん中辺りにいても押された。

ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2は曲が進むにつれてどんどん展開していって、
最後には別の曲みたいになるところがいいな。間奏の後のサビに入るところ、何度聴いてもぐっとくる。

今回のツアーでえっ?ってびっくりしたけど聴けて嬉しかったのがまぬけなクインテット。
この曲聴いてると心を掴まれてたまらなくなって髭ちゃんの事が愛おしくなる。

せってんもそういう意味ではずるい。思い出すだけでじわっとくる。
鈴を鳴らしてたコテさんのコーラスがぐるぐる巡って須藤さんの声と重なるところがいい。
思わず聴き入って泣きそうになってたら須藤さんが不意におどけたような表情で歌ってて、
泣きながら笑いそうになってしまったよ。須藤さんのそういうところ、好きです。


須藤さん「こんばんは!髭です!僕達デビューして10年になるんですけど…(拍手が起きて)
ありがとうございます。10年ったらすごいよね。もう37だもん。あと10年経ったら47だよ?
この中の皆もあと10年経ったら40、50、60になるんじゃない?(笑)
皆で一緒に歳を重ねていけたらいいよね。最近はそう思ってます」

須藤さんのこの言葉、すごく嬉しかった。これからも一緒に素敵な時間を過ごしたいな。

須藤さん「10年前は宮川くん、怒られてばっかりだったよね」
宮川さん「怒られてたね。ライブ中、須藤達にも怒られてた」
須藤さん「そう言えば宮川くんの前にマイクが立ったんだよね。何か話す事ある?」
宮川さん「今日はTVの占いのスッキリすで一番でした。ラッキーカラーが
ゴールドだったんだけど、何もゴールドの物を持ってないという」

そんなやり取りの中でコテさんもかぶってきて、
須藤さんが「話振るんじゃなかった!」って。そしたら斎藤さんが
「この中に話振っていい奴なんていない」って。ごもっとも(笑)

「まだ出来上がってない新曲です。まだ半熟!」って未発表の新曲も聴かせてくれた。
歌詞の中ではネバーランド・ウィークエンドってフレーズが何度も出てきたけど
須藤さんはネバーランド・ドリームって言ってたかな?
イントロのギターからもう心がふわっと浮き上がるような、思わず体が動いてしまうような踊れる曲。
Bメロだったかな、空を飛ぶティンカーベルって歌詞がかわいかった。コーラスも綺麗。
曲が終わって須藤さんが「ね?とろっとろの半熟だったでしょ?」って。

それではみなさん良い旅を!の盛り上がり方はすごい。あの曲聴くとめちゃくちゃ
テンション上がる!もちろん須藤さんの横浜の時間だよー!もいただきました。
この時点でぐちゃぐちゃになってしまったからMCあって助かった。


須藤さん「横浜!最高だね。何でもっと早く来なかったんだろう。
こんなに近いのにね。…皆の熱気で湿気がすごい(笑)
ここに来る前に斎藤くんと中華街に行って来たんだけど、皆のの準備が終わった頃に
着くように行こうと思って。早く着くと手伝わなきゃいけなくなるでしょ?
着いてトイレどこですか?ってここの共用トイレ借りに行ったら綺麗に二度見されるっていう(笑)」

「皆はあそこにある三日月みたいなホテルに泊まるの?あの三日月みたいなホテルは
いちゃいちゃする所なの?それとも真面目な会議をする所なの?…あ、真面目な所なんだ。
じゃあ呼ばれるように頑張ろう。いちゃいちゃする所は自分から行っちゃう所だもんね」


三日月のイントロの鍵盤の音はどこか讃美歌のように厳かで、暗闇を照らす月明かりを連想させる。
須藤さんの歌もメロディを丁寧になぞるように繊細。後奏のギターの音色を聴いていたら、
頭の中がとろとろ溶けてしまいそうになった。何て美しいんだろう。

今回のツアーから宮川さんの前にマイクが立っているのが気になって、
いつ使うんだろうと思っていたらなんて素敵でいびつのコーラスでした。
イヤモニを押さえながら真面目な顔をして歌ってたから思わず
笑いそうになってしまったんだけど、この曲のコーラスほんと綺麗だった。
心配ないよって繰り返す所、固まっちゃうぐらい聴き入ってしまった。

ステージもフロアも明るくなって虹のイントロが聴こえてくると、とたんにハッピーな空気になる。
須藤さんもとびきりの笑顔で身を乗り出して皆の気持ちに応えてて、
いつもそれを見てるだけで胸がいっぱいになる。

MR.アメリカの見せ場はコテさんの背面ダイブ!でもすぐもみくちゃに…
ポップでカラフルで、ちょっと天邪鬼で毒っ気があって。髭ちゃんの魅力がぎゅっと詰まった曲。

ボニー&クライドがいつもあっという間に終わってしまうのはきっと楽しいからだろうな。
気付いた時にはかなり前の方に行っちゃっててぐちゃぐちゃになってたけど、もういいや!楽しもう!って。

ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョークの最近の踊れるアレンジはほんとにやばい。
この曲、一体どこまでパワーアップするの?イントロで散々爆発しておいて
AメロBメロでラテンみたいなノリで踊ってまた爆発してっていうすごいループ。
しかも間に入る斎藤さんのギターのフレーズも上がる。曲の終盤、たまたま視界が開けて
謙介さんが見えたんだけど、歯を食いしばって速いフレーズを正確に刻んでたのがかっこ良かった。

テキーラ!テキーラ!はイントロに入るまでのあの一瞬の間がたまらない。
この曲も薄暗い地下のフロアによく似合う。ハンドマイクで最前の柵に
よじ登って煽る須藤さんの姿が目に焼き付いてる。

須藤さんが「最後に演奏するのは新曲の闇をひとつまみっていう曲で、
『遥か10年前』って歌詞が出てきて。自分で書いたから自分の言葉なんだろうけど…」って。

本編ラストは闇をひとつまみ。新曲で始まって新曲で終わるツアーなんて今まであったかな?
そういう所にも何が想いだったり伝えたい事が含まれてたりするのかな、なんて。
闇をひとつまみの歌詞は聴いているとどうしてもこみ上げてくるものが止められなくて溢れてしまう。
須藤さんの心の中の影の部分が自分の心の中の影に重なって、締め付けられるようでもあるし、
それと同時に安心するというか、自分だけじゃないんだって心強くも感じる。
今、こういう曲を聴ける事はすごく嬉しいって言ったら変だけど、歌ってくれてありがとう。


演奏を終えてステージを後にするメンバー。
姿が見えなくなってすぐに手拍子が起きる。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


皆の手拍子に応えて、明るくなったステージに再びメンバーが登場。


須藤さん「アンコールありがとうございます!
…この気持ちを5文字で返すよ!ありがとう!」

「ほんと最高だね横浜!俺、九州に行っても『横浜が最高だった!』って言うよ。
九州の人はそれ言われても困るだろうけどね(笑)」

「次の曲はコテがドラム叩きます。あの曲をめちゃくちゃにアレンジしちゃったよ!」と、
聴き慣れたあのイントロを爪弾く須藤さん。コテイスイさんは謙介さんのドラムを使う様子。
王ロバだ!って思ったのも束の間、そこからピッチがぐっと上がって
ドライブ感のある分厚いギターのフレーズが展開されてぶっ飛んだ。
何だろう、このマリオが無敵になれるスター取ってキラキラ全力疾走してるみたいな感じ。

ロックンロールと五人の囚人は忘れてしまいたいだけ全てなくしてもいいのさ、って言葉の通り
何もかも忘れて目の前にある音楽と戯れる感覚。それがたまに切なくもなるけど幸せだ。

コテさんがトラメガを片手にいそいそと前に。
ギルティかな?って思ったらコテさんが煽るも何言ってるか分からないって須藤さんがばっさり(笑)
ギルティは罪な奴の振り付けの一体感ったらない。間奏で宮川さんが身を乗り出してて、
手を伸ばしたらベースに触れた!メンバーも皆もすごいテンションでもうまさに完全燃焼。

ひとり、ひとりとステージを去るメンバー。

ライブが終わって前に行ったら、ステージの低さに愕然とした。どおりで見えない訳だ。
サイン会がすぐ始まってたから様子を見つつ並びつつ。
斎藤さんも物販の所にいて、サインしてあげてた。
ステージではずっと、時々談笑しながら他のメンバーが機材を片付けていて
そんな所を見ると、このツアーが何事もなく無事に、メンバーもお客さんも
皆が笑顔で終える事ができますようにって願わずにはいられなかった。

サイン会並んでる間、ずっと須藤さんに何を話そうか考えてたのに順番が近づいてきたら
ドキドキしすぎて頭が真っ白になって逃げ出して最後尾に並び直したくなった…。
何度お話してもこればっかりは全然慣れなくてダメだ。

何とか気持ちを立て直してお疲れさまでした、って言ったら「いつもありがとう!」って
優しく握手とハグしてくれる須藤さん。いきなりくらくらする展開。

何か喋らなきゃ!って思って、今日誕生日なんですけど、ずっと誕生日に
髭のライブを観るのが夢で、その夢を叶える為に初めて遠征してきましたって話したら
「そうなの?おめでとう!」って。最初聞き取りづらかったみたいで、何?って
近付いてこられて須藤さんとの距離が近すぎて恥ずかしくて持ってた髭本を盾にして喋ってた…。

「どこにサインする?白いページもあるよ?」って言われたんだけど、表紙にしてもらいました。
オメデトウ!って須藤さん自らサラッと書いてくれた。
図々しくも名前と日付もお願いしたら表紙が文字で埋め尽くされたけどこれは宝物だ。
それで、手紙も渡したら「ありがとう!ちゃんと読むよ!」って受け取ってくれた。
お土産も渡したら「ありがとう!大事に食べるよ!」って。優しいな。

いつも思ってる事の半分も言えないから手紙渡せてよかった。
須藤さんとお喋りした後はすっかり夢見心地で放心してしまうよ。
ふわふわしながら階段上がってたら前を歩いてたフォロワーさんがジョージさんだ!って。
階段でフライヤーを配ってたのは撃鉄のジョージさんでした。
いつも半裸で豹柄のイメージだから普通に服着てて全然気付かなかった…(笑)

外に出ると海から吹く風が冷たかったけど、フォロワーさんと立ち話。
はじめましての方ともご挨拶できて嬉しかったな。
しばらくしたら片付けてた宮川さんやコテさん達も出てきて。すぐそこにいるのに、
宮川さんが痩せたとかどうのこうのって本人の噂話してるのがおかしかったな。
須藤さんTシャツに薄いカーディガンだけで寒くなかったのかな…。
メンバー車が出る時、ちゃんと窓開けて手を振ってくれる須藤さんのサービス精神。

その後近くのお店でフォロワーさん達に誕生日をお祝いしてもらって、
忘れられない大切な一日、最高の誕生日になりました。
初めての一人旅で不安だらけだったけど、皆さんに優しくしていただいて心強かったです。
本当にありがとうございました!そんなこんなで翌日の宇都宮に続きます。



2014.10.17 髭「素敵な闇」ツアーセットリスト(順不同です)


セメタリー
ミスター・タンブリンマン
サンデー・モーニング
ブラッディー・マリー 、気をつけろ!
黒にそめろ
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
まぬけなクインテット
せってん
新曲(ネバーランド・ドリーム?)
それではみなさん良い旅を!
三日月
なんて素敵でいびつ

MR.アメリカ
ボニー&クライド
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
テキーラ!テキーラ!
闇をひとつまみ


王様のその後
ロックンロールと五人の囚人
ギルティは罪な奴
[PR]



by pochi-17 | 2014-10-28 00:19 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/20327556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

2017.3.26 須藤寿 ..
at 2017-04-02 17:39
2017.3.25 ART-..
at 2017-03-31 00:19
2017.3.19 髭「G..
at 2017-03-31 00:15

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧