2014.12.7 髭「素敵な闇」ツアー@神戸太陽と虎

12月7日、神戸太陽と虎であった髭の「素敵な闇」ツアーに行ってきました。

次の日のトークイベントも行くし、我慢しようかとも思ったけど
新曲聴きたいし、絶対行かなかったら後悔すると思って。
個人的にツアー4本目、1ツアーにつき多くても3回までっていう
自分内ルールは素敵な闇ツアーであっさりと破られました。でもまだ大阪も行くよ。
結論から言うと、行って良かった!最高の最高はまたもや更新。
素敵な闇ツアー10本目にして最多演奏曲数だったみたい。嬉しいなー。

またいつも通りのゆるゆるレポ(と言う名の曖昧な覚え書き)を。
セトリの順番含めて間違ってるところもいっぱいあると思うけどお許しを。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

太陽と虎は神戸三ノ宮駅近く、高架下にある小さなライブハウス。
こんな所にライブハウスがあるの?って不安になりかけながら無事到着。
海の近く+ビル風で待ってる間風が寒かった。冬の開場待ちつらい。

外観もかなり変わっていて壁は一面ツタに覆われていて、
中に入ると左手に椅子代わりの丸太が置かれた怪しげなバーカウンター、
右に進むとフロアという構造なんだけど番号遅かったからすでにいっぱい。
何とかクロークに荷物預けてフロアへ。薄暗いフロアの天井には
フクロウやら虎やら雑多な雰囲気な動物の置物やぬいぐるみが。
柱で見えにくい所は液晶のモニター画面があって、ステージが観れる模様。
動けなかったからとりあえず後ろでもいいかなってスタンバイ。
コテイスイさんの闇DJをゆっくり聴けなかったのが心残り(どこにいたんだろ?)。

開演時間を少し過ぎた頃、BGMが止んでいつものSEが鳴る。
ステージ下手側からメンバーが登場。シルエットが人の間からちらちらと見えた。
演奏が始まる瞬間の高揚感とぴりっとした空気はライブの醍醐味。

須藤さんは首周りをカットした白いTシャツにベージュ系の柄物の薄いパンツ、黒のスニーカー、
斉藤さんは冬っぽい柄がボーダーになったトップスに細身のパンツ、
宮川さんは黒ハット、白黒の太いストライプ柄シャツに黒のネクタイ、黒のパンツだったかな。
後ろの3人はよく見えなかったから覚えてない…

一曲目はセメタリー。赤と黄緑の照明、スモークでステージが霞んで幻想的な雰囲気。
体がふわっと浮いてしまいそうな、トリップしそうなふわふわ感。後奏のところでは
川のせせらぎのようなギターに乗せてリフレインみたいに須藤さんがセメタリーって言葉を乗せていく。

続いてミスター・タンブリンマン。スロースタートだから視界が開けなくて
ステージはほとんど見えなかったけど、その代わり音に身を任せてみた。
斉藤さんが弾く広がりのあるギターのフレーズが心地よくて夢の中にいるみたいだった。

ブラッディマリーのイントロが鳴るとそれまでの空気が変わってポップに。
「神戸ー!」って叫ぶ須藤さんにみんなが歓声で応える。
フロアのみんなは手を上げたり飛び跳ねたり思い思いに楽しんでる。


須藤さん「神戸最高だね!俺、3曲目で分かっちゃったよ。神戸が一番だって。
ツアー15本のうちの10本目なんだけど、ファイナルの恵比寿も合わせても神戸が一番だよ!
いつも10本目ぐらいにピークが来て、まだまだ行くかな?って思ったら意外と下降していくもん。
きっと他の地方でも同じ事言うと思うけど、しょうがないよね。最高は更新されていくんだから」

「ツアーに出る前に曲を書いててそのままツアーに出ちゃって、
中途半端になっちゃった新曲を。ネヴァーランド・クルージング」

ネヴァーランド・クージングで前の3人が揃って歌ってるのが未だに新鮮。
あのイントロ聴くともう踊りたくてむずむずする!早く音源にならないかな。
最初は空耳かと思ったけどやっぱり“粉を撒き誘うティンカーベル”って歌ってた。
“空を飛び夢を見るティンカーベル 粉を撒き誘うティンカーベル 高い高い空を飛ぶティンカーベル”
“HELLO HELLO NEVER EVER NEVER MIND”AメロBメロはこんな歌詞だったかな?(ちょっと違うかも)

須藤さん「みんな、ハリキってる?ナビゲーターは斉藤くんとコテイスイ!」
コーラスから音が弾ける瞬間がたまらないハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2。
両手を影絵のキツネポーズにしてふわふわ踊る須藤さんがかわいすぎるんですけど!

この日はなんて素敵でいびつがやけに染みてうるっときた。初めて聴いた時みたいに。
心配ないよ、っていう言葉を信じたいって思ったからかな。バンドに対しても、自分に対しても。
この曲はコーラスワークがすごく綺麗なんだけど、今までも須藤さんのメロディをなぞるように
歌ってたのかな?いつもと少し違って聴こえた。あれは誰のコーラスだったんだろう。

最初にちらりとあのギターのフレーズを鳴らしてから始まるまぬけなクインテット。
もの鬱げな歌声が心の叫びのように変化していくさまはいつも心がぎゅっとなる。
ライブ続きで少し掠れた声だったから余計に切なく聴こえた。

体を揺らすドラムに須藤さんのギターが絡まる黒にそめろで一気にフロアの温度が上がる。
押されたついでに前に行ってみた。猿のダンスのところ、斉藤さんがモンキーダンスしてた。
斉藤さんはいつも幸せそうにみんなの顔を眺めてくれていて嬉しくなる。
この曲だったかな、斉藤さんと宮川さんが揃って前に出てきてた。

それではみなさん良い旅を!の乾いたギターのフレーズでテンション上がらない訳がない。
いつの間にやらフロアはぐちゃぐちゃの様相。あの一体感がたまらない。


須藤さん「ちょっとまた須藤ばっかり喋ってるんじゃないの?って
思われるからメンバーの声も聞いとく?…ギター、斉藤祐樹!」

斉藤さん「昨日、ルミナリエに行ってきました。ソロ活動で。
そしたらカップリング…カップルだらけでカップルの会話がジャムってた。
セッションだよね。かと言って耳を塞いで歩く訳にもいかないしね」

宮川さん「どうせカップルが『綺麗だねー』『君の方が綺麗だよ』とか言ってんでしょ?
カップルがジャムるのは夜じゃない?…失礼しました」

須藤さん「…ベース、宮川トモユキ!」

宮川さん「今日は俺に対するフゥーーー!!が少ないんじゃないの?
(\フゥーーー!!/\ヒューーー!!/)…気持ちいー!
今日は英国紳士っぽいと思ったらシャツがインになってました。
ここからちゃん髭暴れるでしょ?出します!(と言いながらシャツの裾を出す)
ついでにここ(袖口のボタン)も外します!ネクタイも窮屈だから外します!」

斉藤さん「それ二次会だから。宮川くん、気付いたら第五ボタンぐらいまで開いてる時あるよね」
宮川さん「最近またお腹出てきたからそんなに外せない(笑)かっこつけた服着てるけど
ほんとはランニングとかでいいと思ってるんだけどね。タンクトップじゃなくてランニング」
斉藤さん「宮川くん顔隠したらかっこいいのにね。…いや、顔もかっこいいよ?(笑)」

須藤さん「この人は相変わらずパチンコ行っててツアー先でも全然ご飯も食べに来ない。ドラム、コテイスイ!」

コテイスイさんがパチンコの話をし始めて須藤さんがもういいよ、って。
コテイスイさんが混沌としてきた?って言ってて千ちゃぷ聴いてるみたいだった(笑)

須藤さん「…コテイスイ、ちょっとアメリカ行っとく?」
コテイスイさん「えっ…もうですか?(笑)」

須藤さん「こことは反対方向なんだけど、朝から海沿いのポートアイランド?
ポートアイランド的な?ところに行ってきました。いいところだね。
こんな場所で生まれ育った神戸の人はいい人なんだろうね。
…神戸に来るたびにちゃん髭編成変わってるよね。
前はこのメンバーじゃなかったでしょ?サポートドラム、佐藤謙介!(とマイクを渡す)」

謙介さん「こんばんは!今日は楽しんで行ってください!」

須藤さん「キーボード、gomes!」
gomesさん「…はい。よろしくお願いします」

須藤さん「次は歌ものを。まぁ全部歌ものなんだけど(笑)いきなりインスト始まったりはしないけど」


三日月の須藤さんの優しく包み込むような歌い方、いつも熱にあてられたみたいに
ふわふわ、とろとろしてしまう。色気溢れすぎで直視できないって思いながら凝視してしまう。
後奏は斉藤さんのギターも素晴らしいけど、謙介さんのドラムもいいなぁ。

せってんはいつも聴くと色んな事を思い出して泣きそうになってしまうけど、
なぜかこの日は楽しいって言ったら変だけど、ちゃんと聴けた。須藤さんが時々
笑顔を浮かべて歌ってたからかなぁ。その時その時によって違って聴こえるから不思議。

背後から光に照らされた須藤さんのシルエット。両手を高く上げていて、片手にはマイクが。虹。
モニタに登って煽ろうとして手を上げたらマイクがスピーカーにハウってしまってわ!て顔してた(笑)

須藤さん「前に出ようとするとモーッてなる!これ以上前には行けない、みたいな(笑)」
とか喋ってたら電車が頭上を通過したみたいで。ゴォーーッて。

須藤さん「さっき三日月の途中でゴトゴト…ってなってたよね(と見えない電車に手を振る)」

須藤さん「今からコテイスイがみんなの頭の上をゆっくりとダイブします!
普通、ダイブって言ったらワーッて飛び込むでしょ?コテイスイはふわっとダイブするから。

コテイスイさん「普通は飛ぶけどね。フジロックみたいに」

須藤さん「広島では死が見えたよね(笑)コテイスイ、10年前からアメリカに行きたがってたじゃん?
まだコテイスイが髭のメンバーじゃなかった頃、コテイスイがやってたバンドと
対バンしたんだけど、ライブハウスにほとんど人が入ってなくて。2、3人?
それは言いすぎかもしれないけどせいぜい10人ぐらいしかいなくて、
そういう時って俺もそうだけどみんな端っこの壁際で観るから真ん中は
誰もいないんだけど、そこに向かってコテイスイはダイブしてたよね」

コテイスイさん「これはANAなの?ピーチなの?安全なやつでお願いしますよ。大韓航空とかじゃないやつで」

須藤さん「みんなはANA?ピーチ?になってコテイスイをアメリカに連れて行ってあげてよ。
それ(トラメガ)も近づけたらモーッ!!ってなっちゃうんじゃない?大丈夫?」

コテイスイさん「(前に出てみて)大丈夫!…アメリカに行きたいかー!」

コテイスイさんのふわっとダイブが恒例のMR.アメリカ。あんなに穏やかなダイブ見た事ない。
ダイブっていうより、お客さんに担がれてるみたいな…?ステージからフロアへ、フロアからステージヘ。
何回目かのダイブでステージに戻ろうとしたら斉藤さんに押し返されてた(笑)

ボニー&クライドのポップさと明るさは髭ちゃんライブのハッピー感を倍増させる。
転調前の宮川さんのベースが相変わらずかっこ良くて上がる。

ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョークはもう、あの楽しさったらない!
コテイスイさんのパーカッションも斉藤さんのギターリフもふわりと気持ちを持ち上げてくれる。
ぴょんぴょん飛び跳ねてたら斉藤さんとジャンプするタイミングが完全に一致して、
お互い飛び跳ねてるのに静止して見えるという謎の現象が起こった(笑)

飛行機が離陸する時のエンジン音みたいなギターの音、謙介さんのドラムのカウント。
須藤さんがバッと両手を広げてテキーラ!テキーラ!
薄暗いライブハウスのフロアに体を揺らすグルーヴと須藤さんの少し掠れた声がよく似合う。

須藤さん「なんと、スタッフさんのお陰でモーッ!ってなるのが直りました!!
あと一曲なんですけど…(えー!)だってしょうがないじゃん!
二ヶ月前にそうやってセットリスト組んじゃったんだから。
…ちょっと汗拭いていい?汗拭かないといい歌歌えないからさ。その間斉藤くん喋っててよ」

斉藤さん「ちゃんと汗拭いて気持ち良く歌ってもらいたいじゃない?
俺、みんなより須藤のファンだからさ。ほんまやで?俺も聴いてる感じだよね、歌を」

須藤さん「斉藤くん、大丈夫?不安になっちゃって全然汗拭けないんだけど(笑)」

斎藤さん「大丈夫。俺が不安になってないから。みんなも不安な事とか日常に
いっぱいあると思うんだけど、感じなきゃいいんだよ。…って昨日思いつきました」

このくだりの時だっけ、須藤さんがコテさんのドラムセットに引っ掛けてある
緑の棒(おもちゃみたいな楽器?)をびゅんびゅん振り回しててめっちゃ可愛かった。

須藤さん「最後の曲です。今年作った新曲を聴いてください。闇をひとつまみ」

本編ラストは闇をひとつまみ。イントロの音の広がりが体中に染み渡っていく。
遥か10年前、昨日そして今。ひとつひとつのフレーズが心を揺らす。
この曲を聴いていると髭ちゃんの事がいとおしくてたまらなくなる。

「ありがとう!またすぐに神戸に戻ってくるよ!」と須藤さん。
メンバーの姿が見えなくなってすぐにアンコールの手拍子が起きる。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、再びステージにメンバーが戻ってくる。須藤さんの手にはビールの缶。

「アンコールありがとう!ありがとうございます!今日は今までの公演で一番曲やるよ。
そんな事言っても20曲もできないんだけど。10年なんてそんなもんだよ。
…でもせめてこの缶ビール飲み干すまでやるよ!」

と言った瞬間に一気に飲み干してマイクに缶の底をカコーン!とぶつける須藤さん。いい音した(笑)

須藤さん「この曲は一ヶ月前くらいに書いた曲なんだけど、
神戸のお客さんに聴いてもらって、悪いところがあったら直します!」

新曲の「ing」、須藤さんはアイエヌジーともイングとも。辞書を引いてみたら
動作または過程、動作の結果・産物、動作・過程に用いられるものって意味もあった。

AメロBメロは音楽のジャンルを言葉遊びみたいに並べたラップみたいな感じ。
海の底を漂うような斉藤さんのギターにゆらゆらしてたらいつの間にか
耳をつんざくようなノイジーな音に変化してて脳みそ持っていかれた。
でもハンドマイクの須藤さんが歌う詞はドキッとするほどストレートでぐっときた。

“今は今を生きよう 誰のせいでもないはずさ”
“今は今を信じよう 君と見た景色を”サビはこんな感じの歌詞だった。

今の自分の気持ちと重なって、初めて聴いたのに涙が出そうになった。
“君と見た景色を”のところで須藤さんがフロアのみんなの事を見渡してて、
もうその姿を見ただけでぐっときてしまったよ。1月の大阪でも聴けたらいいな。


須藤さん「次の曲ではコテイスイがドラム叩きます!
…もう一回アメリカ行きたい?そのドラムのとこからボーン!って飛び込む?(笑)
次にやる曲は昔の曲なんだけどアレンジを変えてて、リアレンジって言うより
歌詞もコード進行も変えちゃったから再構築かな」

コテイスイさんドラムでの王様のその後…に行こうとした時、ちょうど電車が通過して
ゴトゴトゴト…って。通り過ぎたらやろうか、って須藤さんが言ったんだけど
思ったより長い車両だったみたいでなかなか通り過ぎなくて「…長いね」って。

電車が通り過ぎる頃を見計らってコテイスイさんのカウントが始まる。
コテイスイさんのドラムは当たり前だけど謙介さんのドラムとは全然タイプが違う。
ずしっと足元から音が響いて、独特なためもあって。須藤さんのシャウトもかっこ良かったな。

須藤さん「このツアー初めての曲を。久しぶりだから、ちゃんとできるかな?
…素敵な闇、それはダーティーな世界の事だよ」

セットリストには入れてなかったみたいだけど、粋な計らいでやってくれたダーティーな世界、
中盤でgomesさんの鍵盤が炸裂しててすごくクールだった。
普段あんなにおっとり優しい雰囲気なのに演奏すると人が変わったようになる。

須藤さん「みんなついてこれる?ぶっとい注射でも我慢できる?」
ぶっとい注射久々に聞いた!懐かしくて思わずにやにやしちゃったよ。

須藤さんが前に出てきて、これは…って思ったらやっぱりロックンロールと五人の囚人!
この曲の盛り上がり方は特別感ある。みんな大好きなんだなって伝わってきた。
須藤さんの「…ナイフ…レモネード…テポドン…ガンジー…偶然」って置くような歌い方いいなー。
ぐしゃぐしゃになりながら前のめりで腕を上げて一緒に歌って最高の気分。

ラストのギルティーは罪な奴でも再びコテさんがふわっとダイブ!
ゆらゆらとお客さんの頭上を漂いながらもちゃんと煽ることは忘れないコテさん。
スタッフさんがそんなコテさんを受けたり流したりしながら撮影。何て器用な…

最後、須藤さんが何か言って(何て言ったかは忘れた)コテさんがそれに対して
「そんなのダメ!ダメよぉー、ダメ!ダメ!」って。
しまいには「私のSTAP細胞はあります!」とか言い出してカオスな空気になったところに
謙介さんの鬼ドラムの連打で助かった感があった(笑)やっぱり最高だ、髭ちゃん。

熱々の空気に包まれてライブが終了。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


はー、楽しかったー!って思って誰かいないかきょろきょろしてたらフォロワーさん発見。
サイン会一緒に並ぼうってなって荷物取りに行ったら普通に須藤さんが出てきて。
その後斉藤さんも物販のところに出てきてお客さんと談笑してたんだけど、
お客さんのすぐ横に先が輪になったチェーンがぶら下がってて、首危ないよって注意してあげてた(笑)
それで荷物出してサイン会に並ぼうとしたら東京のフォロワーさんとばったり!
それで3人で一緒にお喋りしながら並んでたら待ってる間もあっという間。

いつも何喋ろうかあれこれ考えるんだけど全部飛んじゃうから神戸も手紙持参で。
私が「お疲れさまでした!」って言うのと同時ぐらいに「いつもありがとうー!」って須藤さん。
すかさず握手とハグしてくれて、ドキドキしすぎて倒れそうなんだけど…
「手紙良かったら読んでください」って渡したら「ありがとう、読むね!」って。
サインしてもらいながら「新曲、自分の気持ちとかぶるところがあってぐっときました」って話したら
「どっちの新曲?ing?ありがとう。仕事頑張ってね」って。
そうだ!って思い出して「明日のイベントも行きます!」って言ったら、
「明日も来てくれるの?ありがとう!」ってまたハグしてくれた…優しい。
きらきら眩しすぎて直視できなかった。須藤さんの周り、漫画みたいに星が瞬いてたよ。

ドキドキを使い果たしたところでドリンク引き換えて一気飲みして外に出たらgomesさんが
機材の積み込みをしているところで。サインしてもらってたフォロワーさんに便乗してお話。
前日がお誕生日だったgomesさんに直接おめでとうございますって言えてよかった。
来年の大阪(AKASO)も楽しみにしてます!って言ったんだけど、多分どのライブの事だろう…?って
思われてた気が…ごめんなさい!ダーティーな世界の鍵盤素敵でした!って言えばよかったな。

フォロワーさん達とお別れしてルミナリエ帰りのカップルに挟まれて電車に揺られてたら
防衛本能が働いたのか、ひとつ前の駅で降りてしまって寒空の中電車を待つ羽目に。。。
きっと髭ちゃんライブの余韻でふわふわしてたからなんだけど、ほんとに楽しかったなぁ。
でも太虎のスピーカーの音大きすぎて耳がやられてしまった。
自然に治ったから良かったけど耳栓買った方がいいかな…怖いな。

そんな訳で、2014年はライブ始めもライブ納めも髭ちゃんでした。
年々高まってた髭ちゃん熱が不動になったというか、髭ちゃん愛が溢れて止まらなかった一年だった。
きっともうこの先、こんなに好きになるバンドもいないと思うなぁ。

来年もいっぱい髭ちゃんや髭ちゃんを通じて出会う事の出来た大好きな人達に会えますように!

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2014.12.7 髭「素敵な闇」ツアー@太陽と虎セットリスト(順不同)

セメタリー
ミスター・タンブリンマン
ブラッディ・マリー、気をつけろ!
ネヴァーランド・クルージング(新曲)
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
なんて素敵でいびつ
まぬけなクインテット
黒にそめろ
それではみなさん良い旅を!
三日月
せってん

Mr.アメリカ
ボニー&クライド
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
テキーラ!テキーラ!
闇をひとつまみ


ing(新曲)
王様のその後
ダーティーな世界
ロックンロールと五人の囚人
ギルティーは罪な奴
[PR]



by pochi-17 | 2014-12-16 00:04 | Live | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/20526746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とっきー at 2015-01-14 16:05 x
衝撃的なブログで一気に色々読んでしまいました!!
闇ツアーで髭の初ソロライブに行った者です!
ポチさんのブログから溢れる須藤愛にニヤついております!笑
これからも頑張ってください!
Commented by pochi-17 at 2015-01-15 23:51
はじめまして。コメントありがとうございます!
衝撃的とは…?いい意味での衝撃なら嬉しいです(笑)

とっきーさんは闇ツアーが初ワンマンだったんですね!
髭ちゃんライブの楽しさは一度体感するとやみつきです♪
嬉しいお言葉ありがとうございます!励みになります!

また大阪のレポも忘れかけた頃にアップすると思うので、
いつでも遊びに来てやってください(*^^*)
Commented by とっきー at 2015-01-16 11:15 x
もちろん良い意味の衝撃です!笑
周りに髭ちゃんを共感できる人がいないのでこのブログは本当に本当に嬉しい発見でした!
他にもブログ載せてるとことかあるんですか?
チェックしますっ!!笑
Commented by pochi-17 at 2015-01-17 00:21
それなら良かったです!安心しました(笑)
私もブログに書いたりTwitterやるまで周りに髭ちゃんの
話をできる人がいなくて寂しい思いをしてました(>_<)
でも興味を持ってくれた人には迷わず髭ちゃん勧めてます♪

ブログを書いているのはここだけです!
なかなか更新されないので気長にお待ちください(^^;)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

2017.3.26 須藤寿 ..
at 2017-04-02 17:39
2017.3.25 ART-..
at 2017-03-31 00:19
2017.3.19 髭「G..
at 2017-03-31 00:15

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧