2015.03.29 ABENO CIRCUS

3月29日、あべの一帯であったサーキット型ライブイベント、ABENO CIRCUSに行ってきました。
髭ちゃんレポメインで書いてるので他はかなりざっくりしてます。ごめんなさい…。
まあ髭ちゃんのレポもいつも通り曖昧な記憶を頼りに書いてるので完璧ではないけども。

2時過ぎにリストバンド引き換えのために安倍乃荘に。敷地内に桜が咲いてた。
去年は道に迷ってすごく彷徨った記憶がある安倍乃荘に奇跡的に迷わず行けた。
阿部野橋駅の東口?(ドラッグストアのある方)からまっすぐだったのになぜ去年あんなに迷ったのか…。
その後一旦キューズモールぶらついて、ROCK TOWNでザ50回転ズ。

まだお客さんの入りも少なめだったけど、とりあえずいちばん後ろで観ることに。
幕が閉まったままサウンドチェックをして、しばらくしてライブがスタート。
ライブを観るのは初めてだったけど、熱くて直球なロックンロールが気持ちよかった。
何も考えないで気づいたら踊らされてる感じがいい。
お客さんもまだあったまってなかったから、声が小さい!そんなんじゃ髭も出てこないぞ!って(笑)
天王寺エレジーっていう曲だったかな、ダニーさん自ら照明さんにあれこれ指示を飛ばして
ピンクの照明にミラーボールを回してもらって歌いはじめたのは笑った。
動き回ってぐしゃぐしゃに弾いてるようでいて演奏が乱れないのはすごいなぁって。

終わってすぐ安倍乃荘に移動して髭のサポートメンバーでもあるgomesさんの弾き語り。
着いたらまだ前の方のライブ中だったから入るのを待ってたら廊下でgomesさんがバンドのメンバーとお話されてた。
中に入ったらフォロワーさんを見つけて一緒に観ることに。せっかくだからって前に行ったら
2列目(前には誰もいなかったから実質最前)のど真ん中というめちゃくちゃいい位置に…
去年はそんなのなかったけど今年は転換中にお笑い芸人さんの卵が漫才をされていて、
いきなりの事でみんな出てきた瞬間に笑ってしまって出オチみたいになって申し訳なかった(笑)

gomesさんのライブはバイオリン、カホン、ギター、鍵盤(gomesさん)という編成で、
バイオリンのしおりさんはバンドセットの時はベースを弾いてるそう。かっこいい!

セッティングが終わってライブが始まってgomesさんが歌い始めた時、空気が変わるのを感じた。
透明でさらさらとしていてやわらかな歌声と美しいメロディーに一瞬で引き込まれた。
失礼ながら予習はできてなかったんだけど、一曲目は何年か前にACのCMで流れてた曲だった。
今まで髭のサポートをしているgomesさんしか知らなかったけど、こんなに素敵な歌を歌う人だったんだって。
地声とファルセットを自由自在に行き来して、魔法みたいにきらきらとした曲ばかりだった。
「ジュビルディルビ・ルビダディダバ」という曲だと思うんだけど(歌詞がそんな感じだった)、
gomesさんの声って楽器みたいだなぁって。GATALIの時もすごいと思ったけど、また更に思った。
この曲の終盤のリズムが変化するところ、ジャズっぽいアレンジになるのがたまらなかった。
一曲終わるごとに思わずため息が漏れてしまいそうな空間でした。またライブ観たい!

MCでは大広間が温泉みたいだねって話していたり、パソコンのデータが消えてしまって大変だったけど
なんとかCDができましたって話していたり。普段ほとんど話さないgomesさんが話してたのも新鮮だった。


2015.03.29 ABENO CIRCUS
gomes with ピルバグス

1.魔法のように
2.ジュビルディルビ・ルビダディダバ
3.ステップ
4.ストラップシューズ
5.リトルビットモア

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ふわふわした気分でこの後どうしようかな、シネマ行くのも微妙な時間だなって思って
とりあえず一階に行ったらスタッフさんと一緒にいる謙介さんとすれ違った。
後からTwitterでgomesさんのライブを観に来てた事を知って、そうだったの!って。
それでキューズモールに戻ってROCK TOWNを偵察しに行ったらそこでまた謙介さん発見。
ちょうど下でアイドルのイベントやってたのをスタッフさんと一緒に眺めてたみたい。
その後フォロワーさんと休憩。髭ちゃんトークしてお腹痛いぐらい笑った。楽しかったー。
時間を見計らってROCK TOWNに戻ったら入ってすぐ宮川さんが通りかかったからみんなで手を振ってみたり。
フロアの中に入って行ったけど見失った。宮川さんはいずこへ。通り抜けただけ?

ちょうどライブ終わったとこだったからライブ待ちの間にまたお喋り。
続いてTHE TOKYOのライブ、これも初見。お揃いの衣装でキメた正統派のロックバンド。
メンバーのうちの一人がファッション誌のモデルさんのようで、
どおりでしゅっとしてる!(お洒落な人に対する関西人の最上級の褒め言葉)
途中ヒートアップして自分のマイクを倒してしまってベースの人のマイクで横から歌ってた。
安倍乃荘と分散してるのか満員とは言えないフロアを見て何となくやりづらかったのかなって
思うところもあったけど、演奏はかっこ良かった。
終わった後、フォロワーさんがメンバーの人が某芸人さんに似てたって言ってて、
それ聞いたらもうそうとしか思えなくなってツボにはまってつらかった…(笑)

転換の後、THE BOHEMIANS。SEが妖しい雰囲気。
ボーカル、ギター、ベース、ドラム、ピアノという5人編成のバンドでみんなお洒落。
古き良き時代のロックに憧れてる感じのビジュアルと音がかえって新鮮。
下手側の2列目で観てたけど、メンバーそれぞれ違った個性を持っていて、
目を奪われることがたくさんあった。ボーカルの平田さん、真っ赤な革ジャンを脱ごうとしたんだけど
汗で張り付いて脱げなくて脱ぐのをやめて、後でやっぱり脱ぎなおして力いっぱいぶん投げてた。
ビートりょうさんが腕ぐるぐる回しながらギター弾いてたのも熱かったな。
バギクラでたまに流れてるのを聴いた事があるぐらいだったけどまた観たいなって思った。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

さてさて、ABENO CIRCUSのトリを飾るのはお待ちかねの髭ちゃん。
幕が閉まったままサウンドチェックが始まってブラッディーマリーを途中まで。
すぐそこにいるのに音だけってすごいじらされてる感じがする。

イベントのトリだとどうしても時間が押してしまって21時過ぎてたかな?
だからなのかいつものSEもなく、ふっと照明が落とされて幕が左右に開いて、
そしたらそこにもうメンバーがスタンバイしていて「闇をひとつまみ」。
そのほんの少しいつもと違う始まり方が映画のワンシーンを観ているようだった。
ツアーでは本編のラストに演奏されてたけど、一曲目だとまっさらな気持ちで聴けて
全てを赦してくれるような斉藤さんのやさしいギターの音色もより沁みた。

恒例の衣装チェック、須藤さんは首周りを切った白のトム・ペティTシャツ、赤青チェックの
スカートみたいなパンツ、黒のコンバースハイカット。髪は手ぐしを通したラフな感じ。
斉藤さんは青とピンクのギンガムチェックのシャツ、青のさらっとした素材の模様の入ったパンツ。
宮川白黒ギンガムチェックのロングシャツを羽織って中に黒っぽいTシャツ、黒のパンツ?
コテさんは白のバンT、謙介さんは黒のマリリンマンソンのTシャツ、
gomesさんは紺のテイラードにサルエルっぽいシルエットのパンツ。

続いて「虹」。ありがとー!サンキュー!ってきらっきらの笑顔で手を振る須藤さん。
まだ2曲目なのにハートも飛び出すライブ終盤みたいなサービスっぷり。最後跪いて両手を広げてた。
この曲には何度も力をもらってるな。その時々の心情で響く歌詞も違う。
ちょっとくらい不安定な方が遠く飛べるぜ、って言葉に背中押してもらった。

須藤さん「こんばんは!髭です!ここの近くにあるあべのハルカスって日本一高いビルなんだってね?
皆が普通に知ってる事を俺はさっき知りました!でもそんなに高く見えないよね。
今日新世界に行ってきたよ!串カツ!(空中で何かを串刺しにするようなジェスチャー)
将棋…囲碁かな?を指してる人がいてね。ニュースでよく見るあいりん地区って
あべのから近いのかな?今度行ってみたいなって思ってます。
時間が押してて喋ってたら曲削らなきゃいけないから歌います!トリの悪いところ!」

宮川さんのベースで「ボーナストラック」のイントロが来てめちゃくちゃテンション上がった。
Bメロまでギターを休ませてる斉藤さんが目を閉じたままゆらゆら踊る。
2番の前、一小節伸びてた気がしたんだけど、もしかして歌詞思い出しタイムだったのかな…?

そのまま「黒にそめろ」。謙介さんとコテさんのツインドラムのリズムに身を委ねる。
間奏だったかな、斉藤さんがすっと音もなくステージから降りて目の前でギター弾いてくれた。
でも斉藤さんがあまりにも真顔で思わず笑ってしまったよ。素敵な人だ。

須藤さん「髭は今、アルバムを制作中なんだけど、ここから新曲続きます!壮大な練習!
ジョゼという曲とスティーブン・スピルバーグ。スティーブン・スピルバーグは
もういいよってぐらいスティーブン・スピルバーグって言ってる歌です。
またツアーで大阪に戻って来るよ!きっとその時にこの曲もまた歌うからね。…楽しめ!!(笑)」

「ジョゼ」では宮川さんがめずらしくピック弾きしてた事に気付いた。
和音の広がり方が水面に一滴の雫が落ちた時みたいに綺麗で、ずっと音に身を委ねていたくなる。
じっくり聴けば聴くほど、歌詞に心を持っていかれる。2番のAメロの歌詞、あれはずるい。いい。

ループするギターのフレーズがキャッチーな「スティーブン・スピルバーグ」。初めて聴けた!
須藤さんがハンドマイクでステージの前に出て煽る。上手側のスピーカーに乗ろうとして、
「『絶対に乗らないでください!(って書いてある!)』」って(笑)
サビの歌詞にほんとにスティーブン・スピルバーグって出てきて、
顔を左右に小刻みに揺らしながら歌って声を震わしてたのがかわいかった。
曲の最後、溺れる猿のラストみたいなバキバキのドラムの連打がかっこよかった。

須藤さん「クルージングしよう!」

素敵な闇ツアーでもおなじみだった「ネバーランドクルージング」。この曲のコーラスが好きすぎて、
宮川さんの前にマイクがないか探してしまう変な癖がついちゃった(でもやっぱりマイクはなかった)。
まだ音源化されてないのが不思議なぐらい、もうすっかり歌えてしまう。

ステージセンター、腕まくりして一歩前に身を乗り出す須藤さん。この流れは囚人かな?って思ってたら
須藤さんが弾いたのは「それではみなさん良い旅を!」のイントロだった。かっこ良すぎでしょ。
2番の歌詞が怪しかったからあべのの時間だよー!とかはなかったけど(笑)
gomesさんのピアノから間奏に入って行くところで手拍子を先導する須藤さん。
楽しくて時々ちょっぴりぐっときて、気付いたら両手上げて踊ってる。いつだって最高だ。

「ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク」で更にテンション上がる。
フフッフー!ってぴょんぴょん飛び跳ねてたら斉藤さんがにこにこ笑顔で見てくれた。
この曲の楽しさは異常。頭おかしくなりそうなぐらい楽しい!
良い旅だったかこの曲だったか、斉藤さん下手のスピーカーにしれっと乗ってたね…?

須藤さん「あべの最高だね!あべのサーカスでしかあべのに来ることもないんだけど(笑)
もっと来たらいいのにね。今日のライブが今までライブやって来た中で一番盛り上がってるよ!
あざーす!今時あざーす!って言うバンドもいないでしょ?
いつも思うんだけどさ、関西弁ってかわいいよね。なんでやねん!不公平やで!!
俺も関西弁使いたいと思ってるよ、東京で。
…青木って奴があべのサーカスのトップなんだけど、いつも皆で写真撮る時、
思いっきりカッコつけるからね!お前じゃねえだろ!!(笑)
いや、今年も呼んでくれてありがとうございます。来年もお願いします!」

ボトルの水を口に含んで、勢いよく噴射する須藤さん。
久しぶりに見た!ひゅー!って思ったけど須藤さん自身にもかかったらしく顔が濡れてた…(笑)

須藤さん「たとえば、こんなお酒はどうかな?」

ミラーボールがきらきらとした光の粒をフロアに降らせる。「テキーラ!テキーラ!」。
2番のBメロ、歌詞飛ばしちゃってお客さんが代わりに歌ってるのを見た須藤さんが
「それだ!」みたいに笑いながら指差したのを見て斉藤さんも笑ってた。
この曲だったかな、須藤さんが指を輪っかにしてメガネみたいにしてフロアを見渡してた。
最後、謙介さんと斉藤さんアイコンタクトを交わして曲をしめるのがいいな。

須藤さん「ing、今の歌。NOW」

ラストは「ing」。ふわふわと踊りながら時折笑顔を見せて歌う須藤さん。
“今は今を信じよう君と見たこの眺めを”の言葉が心に迫ってきて泣きそうだったけどふっと楽になった。
謙介さんのドラムがパキッとしててかっこいい。デジタル寄りなサウンドによく似合うな。
最後、騒ごうロックンロールミュージックって歌ってた気がするんだけど歌詞変わったのかな?

演奏を終え、ステージを去るメンバー。
広げたタオルに顔を押し当てて凹凸を浮かび上がらせる須藤さん。

ライブが終わってすぐアンコールの手拍子が起こってたけど、時間が押してたせいかそのまま終了。
アンコールはなかったけど、11曲中4曲が未発表曲という攻めのセトリでした。

ドリンクを引き換えて外でフォロワーさんとお喋りしてたら須藤さんの姿が遠くに見えたから
手を振ってみた(というか無意識で振ってしまった)らそれに気付いて振り返してくれた。優しいな。
それで、エレベーターに乗って帰っていくメンバーを遠くから見送って家路についたのでした。
帰りの電車の中でも楽しかった事だとか笑った事を思い出して、口元が緩んで危なかった。

何の曲の時だったか須藤さんがこっち見てくれてるって気付いた時、反射的に笑ったんだろうな、
そしたら須藤さんも笑い返してくれて。些細なことだけどそれがすごく嬉しかった。
“確かめたいんだ君の笑顔で笑顔の僕を”っていう闇をひとつまみの歌詞みたいだなって。
ライブが終わった後、こんなに心があったかくてふわふわするのは髭ちゃんのライブだけだ。

2年目のこのイベント、安倍乃荘が今月いっぱいで営業終了するみたいで。来年はどうなるんだろう…?
去年はROCK TOWNがリストバンド引き換え場所だったのに今年は安倍乃荘に変わってて、
そのアナウンスがほとんどなかったからフォロワーさんもROCK TOWNに行ってしまったって話されてて。
数日前に発表されたタイムテーブルも見づらくて、その辺は不親切だったかな…。
何となく身内ノリというか、よく言えばアットホームなんだけどそう感じるところもあって。
長く続いていくイベントになってほしいから、そこは改善して来年も開催してくれたらな。

色々書いたけどライブ自体はどれも良かった。
大好きな音楽があればそれだけでしあわせな気持ちになれるよ。いつもありがとう。



2015.03.29 ABENO CIRCUS 髭セットリスト

SC ブラッディー・マリー、気をつけろ!(途中まで)

01.闇をひとつまみ
02.虹
03.ボーナス・トラック
04.黒にそめろ
05.ジョゼ
06.スティーブン・スピルバーグ
07.ネバーランド・クルージング
08.それではみなさんよい旅を!
09.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
10.テキーラ!テキーラ!
11.ing
[PR]



by pochi-17 | 2015-04-08 00:39 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/21096551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

2017.5.28 髭「すげ..
at 2017-06-09 17:58
2017.5.27 髭「すげ..
at 2017-06-05 22:30
2017.4.20 Umed..
at 2017-05-04 15:48

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧