2016.9.30 the HIATUS Hands Of Gravity TOUR2016 @Zepp Namba

*細美さんの意図を汲んで、
当たり障りのないMCだけ書いたレポです。

+++


9月30日Zepp Namba、the HIATUSツアーファイナル。
7月に名古屋で観たツアー序盤とは思えないライブの記憶も合わさって
早くライブが観たい気持ちと終わってほしくない両方の気持ちがあった。

この日の整理番号は329番。自分では取れた事のないような番号。
中に入ると下手スピーカー前の端とはいえ最前が空いてたからそこに。
開演前に流れていたのはビヨークのCrystalline。
セキュリティスタッフの人数が増えたり、お客さんのざわめきが
次第に大きくなったり、サウンドチェックが始まったり。

開演時間を少し過ぎた頃、ふっとフロアの明かりが落とされて
青紫の照明がステージを照らして目の覚めるようなSEが鳴り響く。
名古屋の時とはSEが変わっていて、今回は柏倉さん作だそう。
しばらくして下手側からメンバーが登場すると大きな歓声が上がる。

ウエノさんは銀ラメのバックプリントが入った黒のシャツに黒の細いパンツに
薄いブラウンのベロアっぽい靴、細美さんは黒のTシャツにいつものワークパンツ、
masaさんは白のノースリTに黒のダメージパンツ、柏倉さんは黒のTシャツに
黒のハーフパンツ、伊澤さんは黒地に白いプリントのTシャツだったかな。

+++

ぴりっとした緊張感と高揚感に包まれた中、
それぞれが立ち位置についてライブが始まる。
1曲目のGeraniumはイントロのドラムからぐっと惹き込まれる。
赤いレーザーライトに照らされる細美さんと伊澤さんは
神々しさすら感じるほどだった。
矢のようにまっすぐに放たれる歌声が心に突き刺さる。

一葉さんのデジタルっぽい音色の鍵盤が効いてるDrifting Story。
2曲目にしてぐっとフロアの温度が上昇して早々とダイバー出現。
ウエノさんの後半のうねるベースがめちゃめちゃかっこいい。

Storm Racersのイントロのギターは文字通り嵐の前の静けさ。
高ぶった気持ちを煽るような2番頭の柏倉さんのドラムが最高。

雷光のようなストロボの照明の中で演奏されたThe Flareは
メンバー全員の熱量がすごくてとにかく圧倒された。
激しさと美しさが共存していて、気付いたら涙がこぼれてた。

ドライで疾走感あるMonkeysのイントロは何度聴いても上がる。
大きいライブハウスにも小さいライブハウスにも映える曲。
曲後半のウエノさんのベース大好きだから間近で聴けて嬉しかった。

細美さん「こんばんはthe HIATUSです!」

細美さんが爪弾くアコギの冷たさが冬を思い起こさせるDeerhounds。
ゆったりとした曲調が聴く者のイメージを膨らませてくれる。
後奏の音の重なりはいつまでも聴いていたい心地良さ。

続いて演奏されたBittersweet/Hatching Mayfliesも、
どっぷりと世界観に浸るには十分すぎるぐらいだった。
細美さんの歌声はやわらかく、ふわっと包み込まれるよう。

細美さん「the HIATUSのメンバー全員が好きな曲。いや、全部好きなんだけど」

Let Me Fallは言葉が心に響いてぎゅっと締め付けれらた。
最後の一音が聴こえなくなるまで、フロアがしんと静まり返ってた。

赤と白の照明が柏倉さんと伊澤さんを照らしていたBonfire。
瞬きも息も忘れそうになるぐらいの気持ちのこもった演奏。
どの瞬間を切り取っても完璧としか言えない。
柏倉さんも伊澤さんも人間離れしてて超人かと思うようなプレイだった。

曲が終わってMC中、ウエノさんにフロアから「広島優勝おめでとー!」の声が。
ウエノさん「おめでとうって言われても俺は何もしてないから」

細美さん「何を言ってるんですか、25年間ずっと
応援してきたじゃないですか!速報とか見て」

ウエノさん「皆さんはもうシーズンは終わりですか?(笑)
阪神って言っても金本監督も広陵じゃけえ、
来年は阪神とクライマックスシリーズを戦いたいです」

細美さん「大阪が生んだパンクヒーロー、masasucks!」
masaさん「酒と女は二合(二号?)まで!」

細美さん「ベース、ウエノコウジ!ドラム、柏倉隆史!
鍵盤、伊澤一葉、ボーカル、酒乱、細美武士!」

細美さん「もう少し歌わせてつかぁさい。
狼の遠吠えをギターで表現したらどうなるんだろうっていうのを
テーマに作った曲です。日本語に直すと渇き。Thirst」

masaさんのギターのイントロから始まるThirst。
ギターの音色も細美さんの歌も孤高で一本筋が通ってる。
Keeper以降の電子的なサウンドとピアノの相性も抜群。

このブロックは細美さんがハンドマイクで歌う曲が続く。
Unhurtのサビのどこまでも高く駆け上って行くような柏倉さんの
軽やかなドラミングと細美さんのカウントが盛り立てる。
ThirstだったかUnhurtだったか、曲の間奏開けるとこでよいしょ!って。
ギターを弾いて歌ってる時も、シーケンサーを触ってる時も本当に楽しそう。

細美さん「ツアー最終日だから何か特別な事をと思って、武道館ぶりに演奏します」

聴こえてきたのはSomething Ever After。
もうイントロを聴いた瞬間にダメだった。
青い光が降り注いで、歌い始める前に細美さんが天を見上げていた。
大げさでも何でもなく、今日まで生きててよかったって思った。
時折笑顔を見せながら歌う細美さんの姿が涙でぼやけた。

細美さん「今日はどこへ行こうって歌です」

その次に演奏されたのがRadio。反則でしょ。
最近ずっとこの曲が頭の中で流れてて、つらい時に
支えてもらってたから余計に泣けてしょうがなかった。

Silver Birchのきらきらしたサウンドと細美さんの声は
力強くて、大丈夫って言ってくれてる気がした。
Stars were always"shining!" bright、そんな風に歌ってた。

細美さん「次の曲はPVを背負って歌います。masaは見るなよ?
リハの時、masaがPV見て泣いてんの(笑)」

そんなMCの後のCloneはmasaさんじゃなくても泣く。
細美さんの中のCloneに自分の中のCloneを重ね合わせてしまった。

子供の頃の気持ちを思い起こさせるような伊澤さんのピアノのイントロ。
Lone Train Runningではフロアのみんなも子供みたいな笑顔で
ばんばんダイブして、目の前の通路を楽しそうに駆けて行ってた。

細美さん「(細美さんが飲んでるのを見てフロアから飲みたーい!の声)
ライブ観ながら飲む酒は美味いもんな。酒を飲みながらライブが観たいって人は
今度のジャズクラブ、何だっけ?ビルボードに来てください。
二部制になってて俺は二部になる頃にはべろべろに酔っ払ってると思います」

伊澤さんのピアノと細美さんの歌だけで展開されるTree Rings。
言葉では言い表せない程、それはとても美しく壮大で息を飲んだ。
Hands Of Gravityの歌詞の所で手のひらをそっと握る細美さん。
熱量を受け止めきれなくて拍手をするのも忘れてしまいそうだった。

曲が始まると同時に無数の光の筋がフロアいっぱいに広がる。
名古屋で二階席から見た時すごく綺麗だったなあって思い出した。
サウンドとしてはバンド寄りだけどCatch You Laterも
音の広がりと歌詞が相まって心を締め付けられた。
曲に寄り添うように丁寧に歌っていたのが印象的だった。

Secretの低音の鍵盤はハッとするような鋭さと重さがある。
歌詞の通り地を這うサビのメロディと間奏前の滑空するような
メロディのコントラストが痺れるほどかっこいい。

細美さん「いつも平日のライブばっかでごめんな。
1年半も前からライブやるって決められなくてアルバム作って
ツアーやろうとしたらもう平日しか空いてなくて」

「クルー、スタッフ、セキュリティ、携わってくれた方々、
本当にありがとうございました。また力を貸してください」
細美さんの言葉にセキュリティさんも頭を下げてた。

入りの柏倉さんのドラムにフロア中の耳と視線が集中するInsomnia。
曲の前半、じっとピックをくわえるウエノさんの佇まいが絵になる。
今の細美さんが歌うInsomniaは伸ばした手を引っ張ってくれる強さがある。
メンバー全員が100以上の力でぶつかり合っていて圧巻のひと言だった。

masaさんのギターに先導され、みんなが手のひらでリズムを刻む紺碧の夜に。
間奏でメンバー全員が輪になってアイコンタクトを交わしながら
すごく生き生きとした表情で演奏してたのが忘れられない。
そこには幸せな空気が満ちた、かけがえのない空間が広がってた。

本編ラストは旅の終わりと新たな始まりを祝福するようなSunburn。
やっぱりこの5人最強にかっこいい、敵わないって思った。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。
姿が見えなくなってすぐにアンコールの手拍子が始まる。


+++


一旦少し明るくなってBGMも鳴った後、再びメンバーが登場。

先に出てきたウエノさんが袖の方を見て笑ってるから何かと思ったら
masaさんがパンツのベルトを直しながら歩いて来てた。笑

いつものようにベテルギウスの灯のイントロでかっこ良くキメて
ギターを掻き鳴らそうとしたmasaさん、初っ端でいきなりミスる。
みんなびっくりしてえーーーっ!って。これには細美さんも笑ってた。
気を取り直してのイントロはリラックスした雰囲気もあって盛り上がってた。
曲中masaさんが走って下手の端っこに来てくれたの嬉しかったな。
ラスサビ前のみんなで歌う所、上や後ろから声が降ってきて感動的だった。

アコギに持ち替える細美さん。これもある意味仲間の歌です、と。
聴けないと思ってたHorse Riding。歌詞に合わせて銃を構える仕草を見せながらも
すごく幸せそうで、細美さんのこういう所昔から変わらないなって思った。

再び演奏を終えたメンバーがステージを後にする。
またさっきと同じように自然とアンコールの手拍子が始まる。

+++

しばらくしてメンバーが再びステージに。
立ち位置についた後、細美さんとmasaさんが肩を抱き合ってた。

細美さん「正真正銘次の曲が最後です。俺は最後だって言ったら
ほんとにもう出てこないから。ライブが終わって出待ちとかされても
サインも写真もできないし、そんな事なら友達と飲みに行って、
もし明日早い人がいたら家に帰ってあったかい湯船に浸かって
『今日のライブ結構良かったんじゃねえの?』って
思ってくれたら俺はそれが一番嬉しい。
どれだけ何万って言葉を尽くしても安っぽくなって
しまうから一言だけ。感謝してます、ありがとう」

ツアーファイナル、正真正銘のラストはGhost In The Rain。
1stアルバムの1曲目、新たな旅立ちを予感させるような最後の曲。
…のはずが、イントロで今度は伊澤さんがミスるというまさかの事態。
ファイナルは何かが起こる。でもそれもこれもきっといい思い出になる。
ライブが終わってしまうのが寂しくて、ラスサビ前で涙がぼろぼろ出てきた。
前にいたスタッフさんが曲中に眼鏡を拾ってこれ誰の?ってやってて
笑っちゃうからやめてよって思ったんだけど間に合って良かったねとも思った。

最後の最後までメンバー全員ほんとにかっこ良かった。
曲の終わり際、別れを惜しむようにじっとフロアを見つめる細美さん。
演奏が終わった時、メンバーの表情に充実感が漂ってた。
フロアに向けて満面の笑みでダブルピースする伊澤さん可愛かったな。

masaさんがメンバーを指差して「まーちゃん、みーちゃん、たーちゃん、
こーちゃん、いーちゃん、俺達がthe HIATUSだ!!よろしくな!!」って。
その時のメンバーが笑いながらも嬉しそうで思い出しただけで泣けてくる。

最後帰る時にウエノさんと細美さんが並んで腰の辺りを叩きながら
一緒に歩いてて、細美さんがすごくいい笑顔を浮かべてたのが印象的だった。

+++

フロアが明るくなると同時にまた開演前と同じようにビヨークが流れていて、
夢の中にいたんじゃないかなって錯覚してしまいそうなライブだった。
ライブに行き始めて7年目にして初めて最前で観れた事も、
それがツアーファイナルだった事も、何よりこんな素敵なライブだった事も
全部特別で、ずっと忘れたくない大切な思い出がまたひとつ増えた。

メンバーの事を最高の仲間って言っていた細美さんが、曲中のメンバーソロで
名前を呼ぶ声が自慢のメンバーのソロを見てくれ!って言わんばかりに
誇らしげだったのがライブを観ていても伝わってきて嬉しかった。

the HIATUSという最高のバンドと同じ時間を生きる事ができて幸せだ。
これからバンドがどんな風に変化を遂げていくのか、楽しみで仕方ない。
Hands Of Gravityツアー、お疲れさまでした!


+++++

2016.9.30 the HIATUS
Hands Of Gravity TOUR2016
@Zepp Namba セットリスト


01. Geranium
02. Drifting Story
03. Storm Racers
04. The Flare
05. Monkeys
06. Deerhounds
07. Bittersweet/Hatching Mayflies
08. Let Me Fall
09. Bonfire
10. Thirst
11. Unhurt
12. Something Ever After
13. Radio
14. Silver Birch
15. Clone
16. Lone Train Running
17. Tree Rings
18. Catch You Later
19. Secret
20. Insomnia
21. 紺碧の夜に
22. Sunburn

EN1. ベテルギウスの灯
EN2. Horse Riding

WEN1.Ghost In The Rain
[PR]



by pochi-17 | 2016-10-06 00:10 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/23266698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

2017.11.16 GLA..
at 2017-12-01 21:50
2017.11.20 GLA..
at 2017-11-23 22:00
2017.11.9 髭×OG..
at 2017-11-19 21:50

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧