2017.3.25 ART-SCHOOL「Cemetery Gates」@梅田Shangri-la

2017.3.25 ART-SCHOOL@梅田Shangri-la

行ってきましたARTのBサイドベストリリース記念東阪ワンマン。
Cemetery Gatesはリリースされてから一か月ぐらいひたすらずっと
聴いてたからその曲たちが生で聴けて嬉しかった。

Bサイドベストと言っても寄せ集めじゃなくて選ばれた曲という感じで、
聴き心地が良くて何度も聴きたくなるアルバムだった。
レポというか個人的な覚え書きなので多少の誤差はお見逃しを。。

+++

去年のARTのワンマンぶりに来たシャングリラ。
フロアもステージも板張りで、シャンデリアと赤いカーテンが良い雰囲気の箱。
番号も遅いしこの日は後ろの段の上でゆったり観る事に。

完売してるからか中に入ってからのスタッフさんの指示?がかなり細かくて、
空いてるとこにお客さんを誘導するのにスピーカー前なら空いてます!って言ってたけど
スピーカー前は耳やばくなるからなあ…って思って聞いてた。
小さいライブハウスだと特にイヤープロテクターなしでライブ観るの怖い。。

開演を待ってる間のざわざわした空間に身を置いてるとライブに来た実感が湧いてくる。
BGMは木下さんの選曲だったのかな?いい感じの曲が流れてた。
(調べてみたらToconomaっていうアーティストの曲だった)

木下さんの立ち位置にはおなじみのフライングVと譜面台。
戸高さんの立ち位置にはRopesでも使ってる青のJMカスタムと黒のJG。
中尾さんのベースはCrypt Cityの時にも使ってた白いベースだった。

+++

開演時間を少し過ぎた頃、フロアの明かりが落とされていつものSEが鳴る。
上手側からメンバーが登場。結構長くSEが鳴っててじらされてる感あった。

アルバムの曲順通りかなって思ってたら一曲目がいきなり
I hate myselfで撃ち抜かれた。あれは反則。
激しさの中に美しさだったり心をぐっと掴む感じがあって一気に惹きこまれた。

ステート オブ グレースのイントロのベース、足の裏から低音の振動が伝わってきて
ビリビリ身体も心も震えた。その場の空気を瞬時に変えるドラムの連打も痺れた。

レモンの跳ねるようなリズムとポップさはARTの中ではめずらしい爽やかな曲。
Ghost of a beautiful viewは音源よりちょっとピッチが速くてドライブ感があった。
ステージが透明感ある青色の光に包まれていて綺麗だったな。


戸高さん「こんばんは梅田シャングリラ、ART-SCHOOLです」

戸高さん「アルバムのタイトル、Cemetery Gatesの意味なんでしたっけ?」
木下さん「…墓地への入口」
戸高さん「そうか」

戸高さん「(中尾さんと藤田さんを見て)Tシャツ後ろ前ですよ。
アダルトチームになると後ろ前に着るのが新しいんですか?
さっき出る時に後ろにポケットが見えて、ポケットの意味ねえって」

木下さん「タスポとか入れたりね。背面でピッて(ジェスチャー付きで)」
戸高さん「ピッて?(木下さんの真似する)」


1mmの狂いもない緻密なギターのイントロと鉄壁のリズム隊。
LITTLE HELL IN BOYでは戸高さんのコーラスも聴けた。

SKIRTは歌詞がぐさぐさ刺さった。10代の頃に聴いてたらもっと刺さっただろうな。
ARTの曲はシロップみたいに毒にも薬にもなるなって思う。
間奏前のドラムと木下さんの叫ぶような歌い方がかなりぐっときた。

プールは音が降り注いでくるようなギターのフレーズがとても良い。
深い水の底にいるみたいな感覚。この世界観が出せるのはART-SCHOOLだけじゃないかなあ。

JUNKY'S LAST KISSはラフな弾き方から轟音になる瞬間がたまらなくかっこいい。
ギターがちょっとファンクなフレーズなのがまたいい。

歪んだベースとギターの音に圧倒されたLILY。
その後がMEMENT MORIで、どこまでも深く暗い闇に墜ちていくようだった。
すごくダークなんだけど、どこか儚げでドロドロしてなくて、
演奏する側も聴く側にも静かな空気が広がってた。
暗くて重い曲が続いたから曲間がほんとに静まり返っていて、
ドリンクを飲むお客さんの氷が鳴る音が聞こえるぐらいだった。

戸高さんが黒のJGに持ち替えてLOVERS。
ループするギターのフレーズに宇宙を感じる。この曲の歌詞も心を掴まれる。

カノンは初めて聴いた時から大好きだった曲。端から端まで隙なくかっこいい。
木下さんはちょっと歌うの苦しそうだったけど。。
戸高さんがJG弾いてたのはこの2曲だけだったかな?またJMに持ち替えてた。


戸高さん「チロチロ弾かない!ステージで練習なんかして」
木下さん「普段やらない曲ばっかりだからいっぱいいっぱいなんですよ。自分で作ったけど覚えてない」

戸高さん「ART-SCHOOLでよくあるギターコードのゲシュタルト崩壊ですか?
俺ちょっと前にアイリスっていう曲の(サラッと弾いて)こういうイントロがあって
こうやって弾いてたら誰も付いてこないし笑ってるからおかしいと思ったら間違えてて。
これは全部木下理樹のせいにしようと思って。似たような曲ばっか作るからだよって(笑)」

木下さん「○○だって似たような曲ばっかりじゃないですか。これはSNSに書かないで下さいね。
孔子が40になると迷わないって言ってたけど、迷いまくりですよ。
あと2年ぐらいで40になりますけど。リリーフランキーがあいつ(孔子)は
嘘つきだって言ってましたけど僕もそう思います」

戸高さん「孔子(笑)」
木下さん「だんだん海馬が破壊されてきてる。寝ても寝たかな?って思うし」

戸高さん「昔バンドに入る前の頃、ライブを見に行ったら木下理樹がMCで
『CDが100万枚売れたら1000人とS○Xできる』って話してて、
こいつおもしれぇって思って。こじらせてるなーって。本気だったから」

木下さん「福岡でね。あの頃はほとんどMCなんてしてなかったんじゃないかな?」
戸高さん「いや結構喋ってましたよ」

木下さん「あの時はほぼ童○だったから。高校生の頃に捨てられなかったら
そんな風になるんですよ。日陰にずっといたから…
スポットライトなんて浴びたことないし。勝ち組には解らないよ」

戸高さん「勝ち組じゃねえし。俺ART入ったの21とかだったから
ほぼ思春期ですよ。思春期の頃からの10年間、ARTで暗い時代を過ごして」

木下さん「あの頃は本気でそう思ってて、打ち上げ行ってその後何かないかなーって。
特に何もなかったんだけど(笑)遠くに座ってるトディに『飲む?』って」

戸高さん「あったあった。何でこんな話してるんですか(笑)」


1965はつい口ずさみたくなるメロディなんだけど歌詞に時々ドキッとさせられる。
それは愛じゃないはポップで爽やかなんだけど、どこか切なさが見え隠れする。
LOVERS LOVERはライブで聴いてまた惚れ直した。ギターソロずっと聴いていたかったな。

アルバム一曲目のニーナの為には当時の音源のくぐもった音とはまた違って、
今のART-SCHOOLの音が鳴ってるなって。それが力強くて頼もしかった。


戸高さん「普段ライブの最後とかでやるニーナの為にをこういうところでやるっていうね。
ちなみにさっきまでにやった曲全部わかるって人どれぐらいいる?
ありがとうございます。こんなにもI hate my selfな人達が」

木下さん「さっきやったメメントモリとか、あの頃どんな気持ちだったんだろうと思って」

木下さん「…昔グラスゴーに行った時にゲームをしてて怒られたんだよね。
トディも一緒にやってたのに俺だけが怒られて」

戸高さん「俺は付き合ってただけです」
木下さん「でもトディが買ってきたじゃん。面白かったよねあのスケボーのゲーム」
戸高さん「面白かった。…これいらないくだりでしたね」

木下さん「…STARMARKETってバンドが好きでよく聴いてて」
戸高さん「スウェーデンのバンドですね」
木下さん「いいんですよすごく」

木下さん「…大阪でもいろんなフェスがあるみたいですけど…出た事ない。いや、一度だけ出たかな?
どっちでもいいや。ART-SCHOOLを出してくれ!って皆さんで署名お願いしますよ」

戸高さん「署名じゃないと思うけど」
木下さん「書き込みを…」
戸高さん「BBSかよ」

木下さん「上手く喋れないんだよ。MCが上手い人はね……MCが上手い人は芸能人になればいいんだよ…」
戸高さん「さっきからSNSに上げられるのを恐れて喋れなくなってるじゃないですか」

木下さん「次は踊れる曲を。シティポップって言うんですか?」
戸高さん「シティポップじゃねえし、それより前だったでしょ。踊るってどういう踊りですか?」
木下さん「…ランバダ?」
戸高さん「みんなランバダ知らないんじゃない?俺でギリだと思うけど」
木下さん「ランバダ知ってる?(お客さん「懐かしい!」)」

木下さん「ニコ動でボカロの人にパクられた曲を。謹慎してるみたいだけど怒ってないから。
ふかわりょうが言ってましたよ、ミラーボールがあったら踊るしかないじゃんって。
ここが渋谷だと思って。クラブエイジアにいる気分で」

戸高さん「別に渋谷じゃなくてもいいじゃないですか。
梅田も十分シティだと思いますけど。これもいらないくだりでしたね」

木下さん「今日は楽しんで行ってください」

その指での中尾さんのベース、大人の色気がやばかった。。
戸高さんのギターのフレーズも随所に聴きどころがあって耳が離せない。
シティポップともまた違う、ARTにしか出せない音だなって思った。


木下さん「ここからはハードコアを」
戸高さん「ハードコア?ギターロックぐらいにしといた方がいいんじゃないですか?叫んでもいないし」
木下さん「ギターロック…?エモを、エモい曲を」
戸高さん「エモでもないですけどね」
木下さん「じゃあロックで」


さっきまでとは真逆な戸高さんのギターのノイズ混じりの尖った音色。
real love/slow downが始まった瞬間、フロアのボルテージが上がった。
ライブで聴くとピッチも上がりまくってて瞬きするのも惜しいぐらいだった。

その流れのままPromised Land。ラストパートの畳みかけ方にやられた。
戸高さんもガンガン前に出て煽ってて、いつの間にかみんな手を上げてた。

一拍置いてギターを掻き鳴らす戸高さん。スカーレット。
フロア中の視線を集めて堂々と演奏する姿に釘づけになってしまった。
この曲の時、戸高さんに金色の後光が射してて神々しさすら感じた。

本編ラストはFADE TO BLACK。
リズム隊に引っ張られるように加速してサビで爆発する感じがたまらない。


+++


演奏を終えてステージを後にするメンバー。
姿が見えなくなってすぐアンコールが起こる。

しばらくして再びメンバーがステージに。
戸高さんは物販の黒Tに着替えてた(前後ちゃんと着てた)。

戸高さん「着せられました」
木下さん「僕たちはお給料とかじゃないんで…物販買ってくれたら嬉しいです」


夕陽色の光に照らされて演奏されたLUCYは優しくて穏やかな時間が流れてた。
曲が終わった後もじんわりと心地良い余韻が残った。

それまでの空気を一瞬で変えるロリータキルズミー。
この振り幅の広さもARTの魅力だなあって。

アンコールラストはBOY MEETS GIRL。
髪を振り乱して一心不乱に演奏する中尾さんと戸高さん。
この曲だったか木下さんがフロアに近寄ったと思ったら
吸い寄せられるようにお客さんの方に流されていって、
スタッフに引き上げられてふらふら戻ってきたから戸高さんが笑ってた。


演奏を終えてフロアに感謝の気持ちを伝えてステージを後にするメンバー。
姿が見えなくなってすぐにまたアンコールが始まる。

帰る人もいなくて、長く手拍子が続いた後に
アンコールの声に応えてメンバーが再びステージに。

木下さん「ダブルアンコールやる予定なかったから…」
戸高さん「この人が出ようって」

「爺に無理させるんじゃないよ」って言いながら絡まったイヤモニを
スタッフさんに直してもらう木下さんが嬉しそうだったのが印象に残ってる。
その様子をくすくす笑いながら見てるお客さんも温かい空気だったな。

木下さん「チェックチェック!ワンツーワンツー!」
戸高さん「そんなの初めて聞いた(笑)」

戸高さん「またすぐに大阪来るんでその時は見に来てください」
木下さん「今日はありがとうございました」

最後はあと10秒で。この時ばかりは前で観なかった事を後悔した。
それぐらい熱くて気持ちがこもったいい演奏だった。

演奏が終わり、最前のお客さんとグータッチを交わしてピックを投げる戸高さん。
木下さんは晴れ晴れとした笑顔でフロアのお客さんを見つめていて、
ステージを去る間際まで戸高さんが何度も手を組んで感謝の気持ちを表してた。

+++


ライブが終わってからステージの方に降りて足元の機材を観察。
(観察したところで知識がないから分からないんだけど)
楽器をやってるっぽい男子が友達と喋りながら楽しそうに覗き込んだりしてた。

Bサイドベストのライブっていう少し特殊なライブだったけど
こういう機会でもないと演奏されない曲も多いだろうし、
メンバーにとっては大変だったかもしれないけど
(実際木下さんは何度も中尾さんとひそひそ話をしてた)
日の浅いリスナーにとってはとても貴重な機会でした。

セットリストが良かったのはもちろんだけど、メンバーやお客さんの醸す
雰囲気が温かくていいライブだったなって今振り返っても思う。
序盤の曲で戸高さんが木下さんの方を見て演奏してたり、
木下さんがフロアを笑顔で見渡していたり、随所にぐっとくるシーンがあって。
戸高さんは見てないと合わないからって前に話してたけど、何かいいなって。

昔のこじらせMCの暴露から懐かしい感じに着地してたのもほっこりしたし、
ひとつのライブの中にいろんな表情があってどれも魅力的だった。
またすぐにでも観たくなるようないいライブでした。


+++


2017.3.25 ART-SCHOOL「Cemetery Gates」@梅田Shangri-la
セットリスト

01.I hate myself
02.ステート オブ グレース
03.レモン
04.Ghost of a beautiful view
05.LITTLE HELL IN BOY
06.SKIRT
07.プール
08.JUNKY'S LAST KISS
09.LILY
10.MEMENT MORI
11.LOVERS
12.カノン
13.1965
14.それは愛じゃない
15.LOVERS LOVER
16.ニーナの為に
17.その指で
18.real love/slow down
19.Promised Land
20.スカーレット
21.FADE TO BLACK

EN1

01.LUCY
02.ロリータキルズミー
03.BOY MEETS GIRL

EN2

01.あと10秒で

[PR]



by pochi-17 | 2017-03-31 00:19 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/23758426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

2017.7.8 髭@恵比寿..
at 2017-07-21 22:12
2017.7.1 髭「すげー..
at 2017-07-06 22:30
2017.5.28 髭「すげ..
at 2017-06-09 17:58

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧