2017.11.20 GLAY HALL TOUR2017"AUTUMNDELICS"@なら100年会館

11月20日 GLAY HALL TOUR2017"AUTUMNDELICS"@なら100年会館


10年間待ち続けたGLAYの地元公演は夢みたいな時間でした。
TERUさんやJIROさんが「奈良!」って言ってくれるだけで嬉しくて涙が出た。
以下いつも通りなゆるい覚え書きを。もちろんネタバレです。
曖昧な記憶を基にしたレポなのでニュアンスの部分もあります。。

+++

せっかくの地元ライブ、グッズもちゃんと並んで城ホで買いそびれた
GOLDEN EGGSのタオルを手に入れようと思ったんだけどまさかの欠品。
それで結局買うつもりがなかったARTDELICSを購入。
トランポが会場の前に停まってるのを見た時、やっとライブの実感が湧いた。
大阪では撮らなかったパネルの写真も撮って頂いた。。JIROさんとHISASHIさんに挟まれて。

何年振りかに三条通りを歩いてお茶をして(おしゃれなお店ができてる事も知らなかった)、
開場時間ぐらいに100年開館へ戻って。この日の相方は久々に母。
何年か前まではよく一緒にGLAYのライブにも行ってたものの、
立ちっぱなしがしんどいとか何とかで最近行ってなかったけど地元だからって。
ファンクラブの先行で取れたチケットは9列目、ほぼ真ん中でTERUさんの正面だった。
席に着く頃にはもうサウンドチェックが始まっていた。
ステージの奥にAUTUMNDELICSという幕がある以外はいたってシンプルなセット。
JIROさんのアンプは目玉のキャラがあしらわれ、TAKUROさんの立ち位置の後ろには
マーシャルのアンプが横3台×縦2台で6台鎮座してた。TERUさんのアンプもあるのかな。

+++

ざっくりとした衣装チェック(覚えられない)
TAKUROさんは赤いハットに赤いジャケット、パンツ。
TERUさんは黒のジャケット(インナーは白い服)に黒のパンツ。左腕に腕章。
JIROさんは黒地に蛍光色のペンキを吹き付けたみたいな柄の衣装にコンバースっぽい柄のあるスニーカー。
HISASHIさんは白のジャケットだったかな。。(曖昧)髪を後ろで結わいて美人さんでした。


開演前のアナウンスの後にthe other end of the globeが流れ始めると
待ちきれないお客さんの手拍子が始まって曲が終わると同時に客電が落ちた。
アリーナみたいな舞台装置はなく、下手側からメンバーが登場する。
一番前を歩いていたのはTOSHIさんだったかな?
思った以上に近くてメンバーの表情も良く見えて目線も分かる距離。

一曲目は聖者のいない町。TERUさんの歌がほんと良くて最初から圧倒された。
まだGLAYが目の前にいるの事を信じられなくて夢の中にいるみたいだった。

ギターを持つTERUさん。デストピアはHISASHIさんのスリルと華のあるギターがカッコいい。
すでに客席はみんな手を上げていて、すっかりいつものGLAYのライブがそこにあった。

I am xxxはTOSHIさんのバキバキのドラムとJIROさんのグルーヴィーなベースがいい。
TERUさんの歌は気迫がこもっていてぐっと惹き込まれた。
後奏のギターはTAKUROさんが弾いてたのかな。大人っぽい艶のあるギターが素敵だった。

今回のアルバムはHISASHIさんカラーが強いけど超音速デスティニーみたいな速い曲はやっぱり上がる!
HISASHIさん自らコーラスをしている曲も多くて、どこを見ていいか迷う。目が足りない。
I am xxxもこの曲も、男っぽいギターの音がカッコいい。


TERUさん「10年ぶりの奈良!待たせたね!」


この一言が本当に嬉しくて、ずっとGLAYのファンでいて良かったって思った。

TERUさんの温かい歌声のロングラン、早口で歌うところでJIROさんがTERUさんに
視線を送っていたんだけど子供を心配する親みたいだなあって思ってほっこりした。
これぞGLAY!というサウンドに前向きな歌詞はどこか懐かしくもあり優しかった。


TERUさん「10年振りの奈良に来ましたが皆さん10年分歳をとってますからね。
10年前は高校生だった子達も今では…うそうそ、今日も皆さんお綺麗ですよ。
10年前も来たって人!嬉しいねえ。3階席、2階席、1階席、よし覚えた!
みんなの心に青空が広がりますようにという願いを込めて」

アコギを弾きながら歌うTERUさん。空が青空であるためにでは最後の部分を
「奈良が青空であるために」と歌詞を変えて歌ってくれた。

アリーナツアーでもひとつの見せ場になっているSUMMERDELICS。
ギターのカッティングと一癖あるベースラインがカッコいい。
もちろんホールでも曲の間にMCを挟むという不思議な事をやってのけるのがGLAYさん。
TAKUROさんがTERUさんの足元のモニタの上に立ってギターを弾いていて。

JIROさん「リーダー!」
TAKUROさん「何だいJIROちゃん」
JIROさん「あんた一番デカいんだからそんな所に立たなくても見えるよ!」

JIROさん「リーダー今日も赤いね」
TAKUROさん「JIROちゃん人の事赤い赤い言うやんかー。
今日はどうか分からないけどアリーナでは自分も真っ赤やんかー」
JIROさん「それ何弁?何語?(笑)」
TAKUROさん「みんなJIROちゃんの笑い話聞きたいやんかー!」

JIROさん「奈良には3月に鹿にせんべいをやりに来ましたが、がっつくよね!
まるで今日ここにいる皆さんみたいながっつき方でしたよ。
『(低い声で)TERUちゃーん!!』って。いや、すべってないよ(笑)」

TERUさん「奈良には昨日入りました。お蕎麦食べてスーパーも行きましたよ。焼き鳥買った。20円引きの(笑)」
JIROさん「TERUじゃなく小橋照彦に戻ったんですね(笑)」
TERUさん「TERUちゃん♪」

JIROさん「何で奈良に来るの10年も開いたんだろうね、TERUちゃん」
TERUさん「奈良って大阪近いやんか?京都も近いやんか?だから…(えー!)」

JIROさん「あーあTERUちゃんすべった(笑)でもちなみに今回ホールツアーで
奈良に行きたいって言ったのこの人(TERUさん)ですからね」

TERUさん「奈良が一番最初に浮かんだの。奈良は学祭で来た事があって。
初めて学祭ライブをして学生さん達に怒られた(笑)」

(※多分ミスコンを見に行きたい!って言って怒られたというエピソードの事)

JIROさん「この間の大阪城ホールではミッキーのモノマネをやりましたね。
その後TERUがドナルドかぶせてきて美味しいとこ全部持っていかれた!」

JIROさん「(やってー!って言われて高い声で)『やあ僕ミッキー!皆はニヤニヤランドの住人だよ!』
TERUさん「奈良って言えばせんとくん?」
JIROさん「せんとくんはできないよ。みんなできる?せんとくんって喋るの?喋らないよね?(お客さんに聞く)」
…そろそろ曲行かないとHISASHIさん退屈してるから!」

(イラついた顔で足のつま先を鳴らして退屈アピールをするHISASHIさん)

こんな感じで曲再開!この曲だったか次の曲だったかで曲終わりに左右に振る手がどっち側で止まるか
楽しみにしておいて下さいみたいな話をするTERUさん(??)無邪気。

ワイパー曲が続いて微熱Ⓐgirlサマー。HISASHIさんの流れるようなギターのフレーズから
JIROさんのアクセント的なベースに行くところが好き。盛り上がりがすごくて床が揺れる揺れる。
HISASHIさんもJIROさんも客席を隅々までよく見ているなあって思った。


「20年前の曲なんですが、大切なところで歌ってきた曲です」とTERUさんが話して軌跡の果て。
メンバーも思い入れがある曲だけに、丁寧に紡ぐように演奏されていたのが印象的だった。
後半TERUさんが歌詞を飛ばしてしまって一瞬悔しそうな顔をしたんだけど、
その後の歌はより気持ちがこもっていて心に迫ってきた。


「たくさんの愛情を詰め込んだ曲」とTERUさん。あなたといきてゆく。
この曲を聴いていると新曲なのにもう何年も一緒に過ごしてきたような不思議な感覚になる。

"あなたがいたから生きてこれたんだ 大袈裟に言うとそんなこと"
"あなたがいるから生きてゆけるんだ 大袈裟じゃなくてそんなこと"という歌詞は
私にとってのGLAYや音楽そのもので、重ね合わせて聴いているうちに涙が出てきた。

大阪でも披露されていたけどWay of Differenceのイントロにはやられた。
HISASHIさんの透明感あるギターの音色と少しくぐもったJIROさんのベースのコントラストが素敵。
TERUさんの歌はほんとに表情が豊かで、切なく少しかすれた繊細な声がこの曲によく合っていた。

歌い上げる曲が続いた後にギアを上げるScoop。赤い照明がステージを照らす。
メンバーが立ち位置を離れて動き回って、行く先々で歓声が上がる。
5人だけだとシンプルなバンドサウンドが際立つしロック色も強くてScoopがよく映える。

すっかりシン・ゾンビ=お楽しみ曲みたいになってる。HISASHIさんワールド前回なナンバー。
この曲のBメロのベースラインがめちゃめちゃ好き!
さすがに太鼓の達人は出てこなかったけど間奏のお楽しみタイムでHISASHIさんが喋る。

HISASHIさん「TwitterやFacebook、Instagramもありますけど自分の番組もあって
そのアンケートに15歳の女の子から『HISASHIさんの言ってる事が全然分かりません。
でも茂木さんとHISASHIさんが楽しそうなので良かったです』って来て。
俺の小ネタ伝わってないんだな。おじいちゃんの元気な姿を見て孫が喜ぶみたいな。誰がおじいちゃんだ!」

JIROさんがあはは!ってくしゃくしゃの笑顔で笑っていて和む。

HISASHIさん「みんなはあの映画観た?『僕のワンダーランド』じゃない!『僕のワンダーライフ』。
観た人!あれ、意外といない。ペットを飼っている人は観た方がいいですよ。
涙腺が決壊して初めて映画館で映画を観て泣きました。滝!
タイトル言うだけでちょっと泣きそうになるもん。それは言いすぎか。またこうやってハードル上げる」

(※ちなみにHISASHIさんが話してた映画、正しくは「僕のワンダフル・ライフ」です)

HISASHIさん「今回のツアーでは色々やってるんですがホールではできなくて。さっきのあの曲とかあの曲とかね。
(アンプの上のバットを手に取り)これはウォーキングデッドでニーガンが持ってるルシールね。海外ドラマの」

HISASHIさん「曲ではゾンビゾンビ言ってますけどね。色々小ネタを仕込んで。
HISASHIの半分は小ネタでできてるんですよ。あとの半分?優しさ。尺このぐらいでいい?はい、次!」

こんな感じでシン・ゾンビ再開。そう言えばこの曲のMC前だったかな?HISASHIさんが両膝を
ステージについて姿勢を低くしてギターを弾いていて美しさに見とれてしまった。
(HISASHIさんが言うにはバック・トゥ・ザ・フューチャーのエピソードワンの某シーンだそう)
MCコーナーであとはLINE LIVEやります!っていう告知もあったかな。

TERUさんが「BEAUTIFUL DREAMER!」と高らかに叫ぶと疾走感あるあのイントロが聴こえてきた。
今まで数々のライブで思い出を作ってきた曲。TERUさんの投げKISS受け取りました。
TERUさんの投げKISSはキャー!っていうよりほっこりする。何でだ。笑

曲の終わり「一緒に夢見て行こうぜー!」ってTERUさん。
大阪の時は「ずっと夢見て行こうぜー!」だったんだけど、一緒にっていうのがまた嬉しかった。

ドラムの台に上って明るくなる前から手拍子を先導していたJIROさん。Supernova Express2017。
ファンファーレのようなHISASHIさんのギターにみんなの笑顔が弾ける。

TERUさん「アリーナツアーでは歌詞が出てるんだけど今日ここにいるみんななら
歌詞を見なくても大丈夫だと思います。一緒に歌ってください」とlifetime。

この曲はもうイントロ聴いた瞬間にダメだって思った。
歌詞が自分の気持ちに重なって聴いているうちにどんどん泣けてきてしまって。
客席をじっと見つめながら演奏しているJIROさんや手拍子をしながら歌うTERUさんを見てると余計に。

TERUさんが先導してみんなでLifetime Of Happinessって歌うところ、
TAKUROさんが前に出て指揮者みたいに指を振っていたっけ。

本編ラストはthe other end of the globe。TOSHIさんの力強いドラムはバンマス感がある。
AメロBメロでHISASHIさんが弾いてるフレーズがすごく緻密で目も耳も奪われた。
この曲の歌詞も温かくそっと背中を押してくれて、ライブで聴く度に好きになっていく。


演奏を終えてステージを後にするメンバー。
最後にJIROさんだけがステージに残ってドラムセットの近くからカメラを持ってきて撮影タイム。

JIROさん「ステージにいる俺達に色んな感情をぶつけてくれてありがとう。
lifetimeで泣いてる人もいれば笑って手拍子をしてくれている人もいて、
俺いい曲作ったなって(笑)こんな曲になると思わなかった。
こんな風に思えるなんてほんとに奈良に来て良かったよ。何だろう今日は感謝しか出てきません。
次は10年開けずに来れるように、バギクラに『また奈良に来てぇぇぇ!!!』って送ってよ」

「今日楽しいね!みんなとの距離がすごい近くてさ。みんなの顔がよく見えますよ。
みんな笑っててさ。ありがとうさ。…ありがとうさ?(笑)
ここの会場の造り面白いよね。あそこの三角の所客席がないんだよ。贅沢だよね。
写真撮るから何らかの事情で顔が写ったらまずい人は自分で隠しといてね。
タオル持ってる人は後ろの人の邪魔にならないように下げて下さい」

ハイチーズ!ハイチーズ!と写真を撮るJIROさん。
途中ミッキーの声でハイチーズ!って言っててめっかわでした。

最初に撮った写真の露出がオーバー気味だったのか、
「飛んじゃったからもう一回。飛ばしといた方がいいのか(笑)」って。

「いつも言ってるけど、5分後に会えるかまた来年になるかは皆さんにかかってるのでよろしく!」


+++


JIROさんがステージを後にしてすぐアンコールの手拍子とコールが始まる。
色んなライブに行くけど、アンコール!アンコール!って声出すのはGLAYさんだけだな。
ライブハウスだとひたすら速めの手拍子するだけなんだけどこれも文化の違いなのかな。

アンコールではメンバーが物販のTシャツやパーカーに着替えて登場。
TERUさんはKozikのTシャツに黒のパーカー。
HISASHIさんはゾンビ子ちゃんのパーカー。
JIROさんはTopdogのTシャツと明るい茶色のスカジャンに着替えて腰に黄色いタオルをぶら下げてた。
TAKUROさんはえっと何だったかな…Tシャツじゃなくてジャケットの中に着てたシャツだったかな。。

TERUさん「アンコールありがとうございます」

TERUさんパーカーのフードを被っていて、あざとかわいいやつかと思ったら
「暑いよね?汗かいたら寒くなってきて」って。

「アリーナツアーも残り少なくなってきてあとは福岡と名古屋、埼玉もあるのか」と。埼玉の扱いが雑。笑

ベースをTopdogの初号機に持ち替えるJIROさん。
Tシャツとお揃い!って感じでTシャツを指差してにこにこ嬉しそう。

TERUさん「今日は本当にありがとうございます。
歳を重ねるとね、毎日が宝物のようになってくるんですよ。
次はそんな愛情のこもったナンバーを」

春を愛する人みたいな初期の曲はやっぱりTopdogがしっくりとくる。
こういう昔の曲を聴くとGLAYと共に過ごした日々を思ってぐっときてしまう。

「あまり演奏してない大切な曲を」と都忘れのイントロが鳴った時は思わず小さく叫んだ。
GLAYの数ある曲のなかでも3本の指に入るぐらい大好きな曲を地元で聴けるなんて。

"階段を昇る時も 降りるその日が来たとしても
変わらない優しさを胸に秘めて胸に秘めてこの足で歩けたなら"

2番のサビ前の歌詞を聴くといつもたまらなくなる。
この曲は特にピアノが印象的な曲だからSEIさんがいたらなあって。
他の曲ではストリングスの音も入ったりしてたから音はかぶせてるのかな。

暗転してる中、男性の声で「TAKURO」って素な感じで呼ばれて笑いが起きて、
TERUさんだったかな?「いい曲作るね」って言ったら
TAKUROさんがTERUさんに「いい歌歌うね。これ打ち上げの会話じゃん!」って。

大阪では聴けなかったFAME IS DEADも聴けてテンション上がった。
メンバーそれぞれ前に出て下手と上手に行って、JIROさんは上手に行ってたんだっけ。
TAKUROさんの「フェイッッ!」を聴くとGLAYのライブに来たって感じがする。

ステージ中央のマイクの前に立つJIROさん。
「みんなの声を聞かせてください!まだ最後の曲じゃないけど(笑)」

JIROさんのベース始まりのSHUTTER SPEEDSのテーマ!
どんぴしゃの正面でJIROさんが生声で叫んでくれて最高過ぎてテンションおかしくなった。

いつも「大阪ー!」とか地名を言うところで「奈良奈良!」ってJIROさん。
奈良って語呂が悪いんだけどその手があった…!


TERUさん「あいつが駄々をこねるー♪」
TAKUROさん「こねるのか?こねるのか?こねないのか?」
TERUさん「こね…ない!」
TAKUROさん「こねないの!」


ベースソロではネックの上から指を持ってきて滑らせるようにしたり色んな弾き方をしてた。
その姿がとても楽しそうで生き生きとしていて、いいなあって。

この曲だったか別の曲だったか忘れてしまったんだけど、
曲の終わりにTOSHIさんの見せ場があってピンスポも当たっている時に
TERUさんが「TOSHI!」って言いながらTOSHIさんに被る位置に立ってたら
JIROさんがTERUさんの肩を掴んで「邪魔だよ!」みたいな感じで
後ろにズルズル引っ張っていってたのが面白かった。笑

あとどの曲か忘れたけどハットを脱いだTAKUROさんの髪が風でふわーっとなって、
リーダーは風さえも操れるのかと思った(冷静に考えたら吊るしてた演出道具用の風かな)。

ライブはラストスパートに差し掛かってHEROES。
この曲は変拍子みたいになってるからサビで手を振ってるとどんどんずれてきて難しい!
TERUさんの歌詞はどこまでもストレートで心にすっと入ってくる。

10年振りの奈良ライブ、ラストを飾ったのはXYZ。
突き抜けるような疾走感のあるギターのフレーズが心をすっきりと晴らしてくれる。
終わって欲しくないという気持ちとライブの楽しさで泣き笑いみたいな顔になりながら手を上げた。

それでもいつかはライブが終わってしまう。

TERUさん「Thank you奈良!愛してるぜー!」
客席に手を振りながら別れを惜しむメンバー。
近くにTAKUROさん?のピックが飛んできたけど見失う(斜め前の方がGETしてた)。

他のメンバーが手を振ったりしている時、JIROさんがTAKUROさんのアンプの上にあった
赤いハットをTOSHIさんに被せるもTOSHIさん嫌がってすぐ脱いじゃってた。笑



TERUさん「また奈良に来る日まで。行ってきまーーーーーす!!」

\行ってらっしゃーーーーーい!!/



ステージからひとり、またひとりとメンバーが去っていく。
TOSHIさんとJIROさんが最後まで残っていて、帰ろうとするTOSHIさんの後ろから
JIROさんが両腕を掴んで、そのままどこかで見たようなポーズを取らせようとする。


そう…yes!!


TOSHIさんはJIROさんの操り人形状態でyes!のポーズを取って帰っていったのでした。
JIROさん最後までにこにこご機嫌で可愛すぎたんですけど!笑

ホールではスクリーンはないから曲だけだったけど、あなたと生きてゆくが流れていて。
ライブ後の拍手がそのまますぐにダブルアンコールの手拍子へと変わった。

ローディーさんが途中でアンプの電源を切りに来たから、ああ…って思ったけど
それでも手拍子は止まなくて、曲が終わってもずっと続いていて。
客電が点いて女性のアナウンスが聞こえてきてもまだ誰も帰ろうとしなくて。
しばらくして男性の声で今度はこんなアナウンスが。


「只今を持ちまして本日の公演は全て終了致しました。
今後ともGLAYの応援をよろしくお願い致します」


そこでダブルアンコールの手拍子が今度は温かい拍手に変わって。
みんなが奈良でのライブを待ち望んでいた気持ちが伝わってくる感動的な終演だった。

ライブ中ずっと夢の中にいるみたいに幸せで、終わって一気に気が抜けてしまった。
10年間ずっと待ち続けたGLAYの地元ライブはやっぱり特別で最高だった。
この日のためにFC更新してたと言っても過言ではないけど、
また奈良に来てもらえる日を夢見てこれからもGLAYファンでいようと思った。
一緒に行った母も楽しんでくれていたみたいで良かったな。

それで帰り道、ライブ後にアップされたHISASHIさんのツイートを見て心が温かくなった。

"奈良100年会館終了!ダブルアンコールの声は楽屋まで届いていました!また今度次回は10年も空けずに!"

閉館が21時半だったみたいだからダブルアンコールは時間的に叶わなかったけど、
みんなの声や気持ちが届いていたんだって思うと嬉しかった。

いつも大阪や京都に埋もれてなかなか来てもらえない所だから、
好きなアーティストさんが来てくれるのは本当に嬉しい。
しかも9列目の真ん中っていう席で観れて、目が合った!って思う瞬間もあって。
近くで見ると楽器の細かいところや表情もよく分かってやっぱり良かったな。

TAKUROさんは前まではレスポールのイメージが強かったけど最近は
色んなギターを使っていて、SGも使ってたのは意外だった。
HISASHIさんはゼマティスが似合うし音色も素敵だなあって。

色々書いてしまったけど、つまりは最高だったって事です。
お会いできた皆さんもありがとうございました。
GLAYさん、奈良に来てくれてありがとう!



+++



2017.11.20 GLAY HALL TOUR"AUTUMNDELICS"
@なら100年会館セットリスト


01.聖者のいない町
02.デストピア
03.I am xxx
04.超音速デスティニー
05.ロングラン
06.空が青空であるために
07.SUMMERDELICS
08.微熱Ⓐgirlサマー
09.軌跡の果て
10.あなたといきてゆく
11.Way of Difference
12.Scoop
13.シン・ゾンビ
14.BEAUTIFUL DREAMER
15.Supernova Express 2017
16.lifetime
17.the other end of the globe

【EN】

18.春を愛する人
19.都忘れ
20.FAME IS DEAD
21.SHUTTER SPEEDSのテーマ
22.HEROES
23.XYZ
[PR]



by pochi-17 | 2017-11-23 22:00 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/238009898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

2017.12.28 RAD..
at 2017-12-31 18:10
2017.12.17 GLA..
at 2017-12-31 17:41
2017.11.29 髭×シ..
at 2017-12-16 17:50

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧