GLAY@LOVE IS BEAUTIFUL 大阪初日レポ

a0041964_2337073.jpg

a0041964_23375360.jpg


2月21日、大阪城ホールで行われたGLAYのライブに行ってきました!
メンバーもお客さんもテンション高くて、ライブが終わった頃には足がガクガク。
へとへとになりながらも、やっぱりGLAYのライブはいいな~と改めて感じました。

※以降セットリスト&ネタバレ注意です!



◆SET LIST◆

1.MIRROR
2.ROCK'N'ROLL SWINDLE
3.変な夢~THOUSAND DREAMS~
4.ビリビリクラッシュメン
5.生きてく強さ
6.100万回のKISS
7.夏音
8.サラギの灯
9.嫉妬
10.AMERICAN INNOVATION
11.Lock on you
12.僕達の勝敗
13.I Will ~
14.LONE WOLF
15.WORLD'S END
16.More than Love
17.SHUTTER SPEEDSのテーマ
18.ピーク果てしなくソウル限りなく
19.BEAUTIFUL DREAMER
20.LAYLA

Encore
1.HAPPY SWING
2.卒業まで、あと少し
3.THINK ABOUT MY DAUGHTER 
4.彼女の“Modern…”
5.ACID HEAD



4時前に会場に着いて、グッズを買いに行ったものの、すでに売切れがちらほら。
迷ったあげく黒のリストバンドのみ購入(今回は割と控えめ)。

開場まで時間があったので近くの梅林で梅見物。まだ七分咲きだったけど、
97種1000本あまり(!)もの梅はどれも綺麗でいい香り♪
梅林に行く途中、GLAYトラックも発見。Re-birthのトラックはサイン入りでした。
LOVE IS BEAUTIFULのトラックの後ろ側にはレッドリボンのステッカーが。

日も傾いてきて肌寒くなってきたので5時半ぴったりに会場入り。
オールスタンディング以外のGLAYライブでアリーナ席は初めてだったので、
それだけでもテンション上がってたのに、ここにきて二度目の奇跡が。
チケットには18列目と書かれていたのに実際には12列目!ステージ近し!
ゴールドを基調とした中世ヨーロッパの雰囲気漂うセットはまさにゴージャス。

開演までのBGMはアルバムの曲。聴きながらアンケートを記入。
ビジョンにモダンアミューズメントのCMが流れる度に歓声が上がる場内(笑)
青のバギクラTを着てたんだけど、お隣の二人組もお揃いでした。またもや奇跡!

開演は約10分押し。客電がすーっと落ちてビジョンに映像が映し出される。

コツ、コツ、という秒針の音と聴き覚えのあるオルゴールの音。
そう、これはホワイトロードのエンディングで聴いたあの音。
一気にあの日の記憶がフラッシュバックして、幕が下りた瞬間に涙がこぼれた。
今まで何度もGLAYのライブは観てきたけど、こんなのは初めてだった。

一曲目はMIRROR。そこに4人の姿がある、そんな当たり前だけど当たり前じゃない
奇跡に胸がいっぱいになって、くしゃくしゃの顔のままステージを眺めてた。


間髪入れずROCK'N'ROLL SWINDLE。みんな「待ってました!」と声援で応える。

3曲目は「変な夢」。アッパーなナンバーが続く。
CDで聴くよりギターの音が重くて断然かっこいい。


最初のMCでは、
「大阪は2年ぶりなのでみんなが俺達のこと忘れちゃってるんじゃないかなって
心配してたんだけど、そんな心配いらないみたいだね。
今日は(音響の)音もいいし、声の調子も絶好調だから!
大阪はさ、ツッコミ早いよね。よく『大丈夫?』って言われるんだけど、大丈夫だから!
おせっかいはいらないので・・・自分では大丈夫なつもりだけど(笑)」

「ほんとは黒いシートがかけてある所にも入れてあげたかったんだけど、一部の人だけ
入れると不公平になるから、入れてあげることが出来なかったんだけど・・・」と
入れなかった人に対する気遣いも。

「関西といえば、バギークラッシュナイト!」と短いMCの後に演奏されたのはもちろん
「ビリビリクラッシュメン」!バギクラリスナー率が高い関西で盛り上がらない訳がない!
JIROさんもガンガン煽る。本気で揺れる大阪城ホール。TERUさん自分の体を抱く仕草。


「生きてく強さ」
間奏のところでTAKUROさんに接近するカメラ。ギターを裏返すTAKUROさん。
そこには「好きやねん」と書かれたステッカーが!これ、きっと場所が変わる度に
張り替えてるんだろうなぁ、とほのぼの(笑)


「自分で自分の命を絶ったり、人を殺めたり、悲しいニュースが多い中でこの曲を聴いて
自分の身近にいる家族、友達、恋人などに愛情を分けてあげてほしいな、と思います。
『KISS』という言葉を使ってるけども、『心と心のKISS』という意味もあって。
ライブ中に隣の人に足を踏まれたりしても『痛ぇなコイツ!』って思うんじゃなくて、
『あ、この人も楽しんでるんだなぁ』って感じてほしいなと思います。
全国各地回ってますが、しっかりLOVE IS BEAUTIFULが伝わってるなって思います」。

繊細なアコースティックギターの音色は「100万回のKISS」のイントロ。
メッセージを伝えようと感情を込めて歌っているのがひしひしと伝わってくる。
HISASHIさんのギターソロは持ち替えるのではなく、スタンドに
別のギターを置いたまま高音の澄んだ音色を響かせる。器用・・・。


曲が終わりMC。
「デビュー当時からずっとGLAYを応援してくれている一人の女性がいて、
でも彼女は重い病気にかかって、病気に勝つことができず、去年亡くなられました。
生きたくても生きられない人も沢山いるのに、自らの命を絶ってしまう人もいて、
そんな人達にもう一度、生きている事の素晴らしさを伝えたくて。
自分で自分の命を絶つ事だけはしないでほしい」

消え入りそうなか細い歌声が胸を締め付ける。満天の星空を見た瞬間、
抑えていた感情が涙になって溢れ出した。流星が彼女の命のようで儚くも美しかった。


次の「サラギの灯」では両端の蝋燭に火が灯る。
曲の後半には粉雪も舞い降りて幻想的な世界に誘う。


打って変わり、打ち込みのビートが心臓の鼓動と重なる「嫉妬」。
ONE LOVEツアー以降、あまりライブで演奏されてなかったので嬉しすぎる悲鳴。
一気に会場のテンションと気温がヒートアップ。


その熱が冷めないまま「AMERICAN INNOVATION」。
JIROさんも客席を煽る。ビジョンにはプレジデント風な外国人の男性。
派手な色の照明とビジョンがさらに曲をもり立てる。
タオル持ってるお客さんはブンブン振り回す。
黒い何かを振り回すTERUさん。タオルなんて持ってたっけ?と
思ったらネクタイを取って振り回してたのでした。


「Lock on you」のTERUさんはひたすらエロかった・・・;
楽しげにタンバリンを叩きつつ、大人な魅力も全開。
胸元のタトゥーに手を伸ばすんだけど、ドキドキしちゃいました。
投げチュウも相当やってました。何回も何回もこっちが照れるぐらい。


「(言いたいことは)もう伝わってると思うから、今日は何も説明しません」。
セイさんの優しいピアノに導かれ演奏されたのは「僕達の勝敗」。
TERUさんはアコースティックギターを弾いていた。
ビジョンには歌詞が映し出される。やっぱりここでも泣いてしまう。
最後のところの「きっと」は少し間をあけて歌ってたんだけど、
しんとした会場にTERUさんの声だけが響いて余計に涙が出てきた。
一緒にライブを観た母も真剣に聴き入ってました。何か伝わったかな。

そのまま「I will-」に。沢山の愛が詰まった写真が映し出される。
年配の男性の笑顔の写真、青空をバックに二人の手がハートをかたどっている写真。
さっきからの涙がまだ止まらない。こんなにライブで泣いたのは初めて。


「LONE WOLF」では歌詞を飛ばしてしまい、笑ってごまかす(?)TERUさん。
つられて近くにいたJIROさんも笑顔。


HISASHIさんギターソロ。ステージのドラムの後ろのいちばん高いところで
色んな曲のさわり(曲名不明・・・;)を演奏。最後は何故か「必殺仕事人」でした(笑)


「WORLD'S END」の歌い出しはTERUさんがHISASHIさんの肩に
手を回してた。激しいギターリフを轟かせるHISASHIさんとTAKUROさん。
左側の花道(というか少し高くなってる所)に来てくれるとよく見える。

「More Than Love」は何と言っても8ビートでジャンプ!
HISASHIさんも「飛べ!」みたいな感じで煽ってた。


「噂で聞いてるとは思いますが・・・」と始まったのは恒例のウエーブ!
「仙台で横ウエーブやったんだけど、上手くいかなくて。それとウエーブは座って
やった方がいいですよ!って手紙が来て。だから座ってやります。来年もし
座ってやってなかったら、座ってやらない方がいいって手紙が来たと思って下さい(笑)」

Cynicalのイントロに乗せて、アリーナは前から後ろ、そしてまた後ろから前に、
スタンドはTAKUROさん側からHISASHIさん側に向かってウエーブ。
「スタンドが練習してる間、アリーナの人は手拍子してもいいし、歌ってもいいし。
そのウエーブが戻ってくるタイミングを合わせてみようか!」と2回目のウエーブ。
今度はBaby Talkのイントロ。TERUさんは「ベイビィベイビィベイビィトーク♪」と
イントロに合わせて歌う。さすが大阪、慣れたもので一発で見事成功!
これにはTERUさんもご満悦。「大阪サイコー!お世辞は嫌いなので(笑)本当です!」

2回目やる?ってなったんだけど、客席の反応が鈍くてちょっと拗ねるTERUさん(笑)
「30分ぐらいウエーブやっててもいいんだけどね。その代わり曲減っちゃうよ?」
客席から×印の嵐。「それかトークショーとかもいいかもね(笑)」。
「全国回ってますが、大阪がいちばんの出来です!さっき歌ってもいいって言ったけど、
これじゃ歌えないじゃん!同じとこの繰り返しじゃんね(笑)」


JIROさんがステージ中央にスタンバイ。一心不乱にベースを掻き鳴らす。
手を止めて客席の反応を確かめる。反応は上々。が、JIROさんは満足せず
「そんなもんじゃないだろう!」といった表情(笑)
もう一度ベースを掻き鳴らし、再び反応を確かめる。さっきより一段と大きくなった
歓声を聴いて「大阪初日、幸先いいスタート切ろうぜ!」「SHUTTER SPEEDSのテーマ」。
そんなJIROさんの後ろでちゃっかり水分補給してるTERUさん。
「・・・行くぜ」、「大阪!」って叫んでくれた。


続いて「ピーク果てしなくソウル限りなく」。
TERUさんがお手本を見せる前にすでに両手を左右に振るお客さん。さすが!
恒例の生声「もっとー!!」。TERUさんの声に負けじと声を張り上げる。
「心にいつも微笑む人はー大阪のみんなー!」と歌ってくれた。
最後のサビのところで金色のテープが宙を舞う。なかなか取れなくてじたばたしてたら
隣にいた母が「いる?」と。しっかり2本も持ってた(笑)

曲が終わってMC。
「スタンドのいちばん後ろまで見えてます!俺が昔作ったリンゴT着てくれてるね。
最近はネクタイしてる子も多いね。俺が衣装の影響なのかな?あ・・・学校帰り?(笑)」。


「10周年のドームツアーの時に東京ドームのステージにジャケットを
置いてきたんですが、10年後、20周年の時にそのジャケットを取りに行くっていう
夢があって。その時には一緒に20周年のパーティーをしましょう!
みんな夢持ってますか?GLAYと一緒に大きな夢を見ましょう!BEAUTIFUL DREAMER!」

HISASHIさんのギターが唸るイントロ。もちろんここでも投げチュウ炸裂。
TERUさんが投げる度に受け取る人がいて、遠目に見てて面白かった(笑)
歌い終わった後に「夢持ってない人?」(ちらほら手が上がる)
「まあ、それもいいと思いますが(笑)」。


「GLAYの音楽を聴いてみんなが笑顔になってくれるのなら、これから先も
ずっと音楽を奏でていきたい。みんなの笑顔を守りたいと思います。
こんな人生もいいんじゃないかな?って」。
温かい拍手が沸き起こる。「泣いちゃうよ?」と言うTERUさんの瞳は赤く潤んでた。
偽りのない言葉がまっすぐ心に届いた。ほんとにファン冥利に尽きる。

こんなMCの後に演奏された「LAYLA」は力強く、だけど壊れそうな
脆さを抱えててまた泣いてしまう。


演奏を終えたメンバーがステージの裏に姿を消していく。
程なく始まるアンコールを求める手拍子と声。しばらくしてメンバーが戻ってくる。
TERUさんは2007年もよろしくお願いしますTにダメージデニム、黒のリスバン、
JIROさんはダグラムTに黒っぽいデニム。TAKUROさんは上着を脱いで白いシャツを腕まくり。
HISASHIさんは衣装のまま(帽子被ってるからかな?)。

JIROさんの手には一眼レフカメラが!アリーナ、右側、左側と客席を撮るJIROさん。
「こっちも!」とTERUさんに呼ばれ、急遽撮影会に。下の方で小さくピースするTERUさん。

「まだ聴きたいって?そんな言い方ないか(笑)アンコールありがとうございます!」

「HAPPY SWING」では「ここは華の大阪の」って歌ってた。
今ではあまり見れない3人コーラス。
あまりの盛り上がりに「脳に酸素が届かない・・・」とTERUさん。


「今年卒業を迎える方はどれくらいいますか?学校に限らず色んな事柄から
卒業する方もいると思いますが、その想い出のひとつになってくれたら
いいなと思います。『卒業まで、あと少し』」。

この季節のライブではお馴染みのナンバー。セイさんのピアノの音色が美しい。
最後は溜めて溜めて「・・・呼ばせて」これがまた染みる。


「TAKUROが関西のラジオに出た時に、大阪だけのナンバーをやります!って言ってて」
ビジョンにはにかんだような表情のTAKUROさんが映る。
「こんな曲を用意してきました!」と演奏されたのは「THINK ABOUT MY DAUGTER」。
ステージ中央にいるHISASHIさんと向かい合ってTERUさんが歌い始める。

続いて演奏されたのは「彼女の"Modern"...」。俄然熱を帯びる場内。冬なのに冷房(笑)
TERUさんも両手を振って客席を煽る。あのフレーズではやはりTAKUROさんがビジョンに映る。
TERUさんがドラムセットが置いてある高い所から飛び降りる。
JIROさんは花道に置いてある機材に足をかけて楽しそうにベースを弾く。

照明が明るくなって、そろそろ終わりかな~とちょっと寂しくなってくる。

ライブ最後の曲は「ACID HEAD」。JIROさんが「ぐるぐる廻る♪」とコーラスを取る。
「NO MORE HERO!」のところではTERUさんが肩に手を回してひとつのマイクで歌う。
ステージところ狭しと縦横無尽に動き回る4人。JIROさんは花道で高々とジャンプ!
何度も「愛してるぜ~大阪!」と叫ぶTERUさん。

それぞれ楽器を置いてステージ中央に集まってくる。手を繋ぐTAKUROさんとセイさん。
が、TERUさんはまだ客席を煽ってる。顔を見合わせて笑いながら手を離す二人(笑)

大阪担当JIROさんが真ん中に陣取り、TERUさんが「隣の人と手を繋いでください!」。
マイクを使わず地声でJIROさんが「うお~!」思わずみんな手を繋いだまま上にあげる(笑)

「大阪よくやった!!」とJIROさんからお褒めの言葉が。1、2、3・・・ジャンプ!!
「サンキュー!!」とTERUさんの声が響き渡る。ここからは恒例のグッズ撒きタイム。
TERUさんが投げたペットボトルがアリーナ後方まで放物線を描き飛んでいった。
何度もお辞儀をして端から端までステージを歩き、ピックやタオルを投げるメンバー。

最後にTERUさんが「さよならは言いません。行ってきます!」。
「行ってらっしゃい!」笑顔でそう言える愛情いっぱいのライブだった。

TAKUROさんがステージから降りるとき、背中越しにガッツポーズをしてるのが見えた。
明るかった照明が落とされ、ビジョンにエンドロールが流れる。花の写真、BGMはMIRROR。
最後に(多分TERUさんの直筆)メッセージ。



Thank you!

一緒に夢を

大きな夢を

LOVE IS BEAUTIFUL


GLAY



エンドロールが終わるまで席を立つ人もほとんどいなくて、
終わった瞬間に拍手が沸き起こった。

体はへとへとだけど心はあったかくて、いっぱい愛を感じたライブ。
こんなに笑って泣いて飛んだライブは初めてだった。
GLAYのライブに2年近く行けなくて、正直心が離れかけてた時期もあったけど、
やっぱりGLAYのライブがいちばんだなって。必要不可欠で言葉では言い表せないぐらい
愛おしい存在だってことに今更ながら気付きました。
沢山の愛を、笑顔を、ありがとう。

一緒に行った母は「やっぱりJIROくん可愛かったな~」って言ってました♪

思い出せる範囲で書いてみましたが、長い割に内容がない・・・;
バラバラになったパズルのピースのような記憶をくっつける作業は至難の技なのです。
MCの内容やソロコーナーの位置が多少違うかもしれませんが、大体こんな感じでした。
他にも色々あったんだけど、どこなのか思い出せないので箇条書き。


◆TAKUROさんソロコーナー
ビジョンと照明が赤くなって、そこにTAKUROさんのシルエットが浮かび上がる。
上半身を反らしたり、ギターを立てて抱き寄せるポーズも健在。

◆TOSHIさんソロコーナー。超高速のドラムの音だけがお腹の底から響く。
「ドン!」「イェイ!」「ドン!」「イェイ!」「ドドン!」「イェェイ!」とドラムと声の
キャッチボールが続く。ふっと青の照明に変わり、ドラムのスティックが光を放つ。
秘密兵器、発光ドラムスティック!暗闇に黄色いスティックが綺麗。


・JIROさんが花道の先端で下から噴き出すスモークに回転キック
・TERUさんがカメラに大接近&ウインク三連発
・TERUさんがTAKUROさんにステージの上で耳打ち
・ベース投げ封印(ネックを持って持ち上げるのみ)
・TERUさんが花道に行ってる間、JIROさんがステージ中央に
・前日の夜に大阪入り
・会場の影アナはFM802のDJさんが担当


次は日曜日、ステージ正面のスタンドから愛を叫びます!
レポはおそらく手抜きになりそうなので期待しないでください(笑)
[PR]



by pochi-17 | 2007-02-23 23:54 | Live | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/5160054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケイコ at 2007-02-24 01:50 x
こんばんは。
私も大阪初日行きましたよ〜♪
レポ読みながら記憶が鮮明に蘇ってきました。本当に暖かくて素晴らしいライブでしたよね☆
次もぽちさんと同じ最終日に参加しますよ(笑)
盛り上がりましょうね!
Commented by ケイコ at 2007-02-24 01:56 x
こんばんは。
私も大阪初日行きましたよ〜♪
レポ読みながら記憶が鮮明に蘇ってきました。本当に暖かくて素晴らしいライブでしたよね☆
次もぽちさんと同じ最終日に参加しますよ(笑)
盛り上がりましょうね!
Commented by pochi-17 at 2007-02-25 09:15
ケイコさんも初日参加されましたか♪
未だに色んな場面を思い出してひとりにやにやしちゃってます(笑)
ほんとに素敵なライブでしたよね~みんなの笑顔に集約されてました(^^)
あ、最終日も参加されますか!共に楽しみましょうね♪

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

2017.7.8 髭@恵比寿..
at 2017-07-21 22:12
2017.7.1 髭「すげー..
at 2017-07-06 22:30
2017.5.28 髭「すげ..
at 2017-06-09 17:58

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧