レミオロメン TOUR 2008 "Wonderful & Beautiful"@4月5日なら100年会館レポ

4月5日、なら100年会館でのレミオロメンのライブに行ってきました!
レミオロメンのライブに行くのはアリーナツアー以来だったんですが、
メンバーのテンションが高くて楽しかったです♪

さーレポを書こう!と思ったものの、頭の中がとっちらかっててまとまりません(笑)
あまりにもテンションが上がると記憶って飛んでしまうみたいです(>_<)
取りあえず覚えてる限り書いてみます。脳みそもHDDみたいに増設できたらいいのに~!!
レポと言いつつ結局は覚え書きみたいなもので自分のために書いてるので
どうでもいいところはすっ飛ばして読んでください(笑)
GLAYのライブまでに書けて良かったー。これで心おきなく楽しめます♪

☆☆☆以下セットリスト&ネタバレ注意!!!☆☆☆


レミオロメンのライブは客層が広くて、ツアーTを着た小さい男の子二人組がいたり、
40代ぐらいの夫婦連れがいたり(私のお隣もご夫婦でした)女の子が比較的多かったかな?

今回は一階席の5列目(!)前田さん側の端っこでした♪
前が通路だったので知らないうちにどんどん前に出ていっちゃってて、
気付いたら席からかなり離れた所にいることが多々…スタッフさんの目を気にしつつ、
曲が終わる頃には知らないうちにまた大移動してました(笑)
開場BGMはメンバー選曲だったのかな?前田さんお気に入りのKT Tunstallも流れてました。


三階席まで埋め尽くされた会場。客電が落とされた瞬間、総立ちに!


Wonderful&Beautifulのジャケットの道路標識がいくつもビジョンに映し出されて、
銀河のような宇宙のような星空の映像が。BUMPっぽい!って思ってしまった(^^;)
明るくなってメンバー登場!でもローディーさん達も一緒だったのでメンバーを探すのに一苦労(笑)
藤巻さんが赤いストライプのシャツにグレーっぽいストールを巻いてデニム、
前田さんが紺×白ストライプのシャツに黒っぽいデニム、神宮司さんは白いジャケットの中に
薄いピンクの長袖Tシャツを着て迷彩柄のパンツ。少し髪が短くなってました。
そして工士くん。初めて生でお顔を拝見しました。金髪にメガネが似合う爽やかさんでした~

歓声に急かされるように最初に演奏されたのは「Wonderland」。
藤巻さんの声を聴いた瞬間、懐かしさとやっと会えたっていう感動が込み上げてきて。
いつもオープニングは色んな感情が押し寄せてきて泣きそうになるんですよね。
ツアーも終盤に差し掛かってるのに声の調子も良くて、高音の部分も気持ちいいぐらい出てました。

2曲目に「雨上がり」が来てびっくり。早っ!(笑)
もうこの時点で会場内の酸素がかなり薄くなっててやばかった(>_<)

藤巻さんが歌の途中で「奈良ーーーー!!!」って叫んでくれました♪
ギターソロの所で左端まで来てくれて至近距離で拝めました!あまりの近さに呆然(笑)
もう近いというよりもほぼ等身大なんです。目線の動きもはっきり見て取れるぐらいの距離で。
もうそれだけで来て良かった!って思ったし、幸せでした(単純…)。

その後のモラトリアムのテンションも右肩上がりでほとんど何も覚えてません(笑)
前田さんも煽る煽る!間奏終りの前田さんのベースがやばかったです。

「RUN」は手拍子に乗って藤巻さんがご機嫌な様子でギターを弾いていたのが印象的でした。
会場のお客さんもすごく温かくて、この時すでにいい空気が生まれてました♪

ここで初めてのMC。

藤巻さん「こんばんは!レミオロメンです!」
「桜が咲いてるぜ!イエーイ!…もうこんなにテンション上がっちゃって(笑)」

「奈良に来るのは修学旅行の時以来なので、12、3年振り?」(神宮司さん&前田さんに聞いてる)

神宮司さん「中学の時だから14歳か15歳ぐらいの頃だよね」
前田さん「3人共中学同じなんで全員来てます。この辺は遠足とか修学旅行どこ?USJとか?」

「広島ー!」「北海道ー!」とお客さんから次々と返事が。

藤巻さん「待って!収拾がつかなくなるから!(笑)」
前田さん「山梨だと遠足はディズニーランドだったよね」
「え~いいな~」と関西人のどよめきが…(^^;)

「桜が咲いてて綺麗な季節に奈良に来れて良かったです。ほんとに綺麗な…県ですよね、奈良」
…綺麗な県って(笑)

藤巻さん「一月からツアーやってますがその時はまだ寒くて。春に来れて良かったです」
神宮司さん「川沿いの桜も綺麗で…(お客さんから佐保川ー?って聞かれて)うん、佐保川」
前田さん「奈良も山梨と同じで盆地だよね?京都とかも。夏暑いでしょ?」

前田さん「治、あの話しろよ!あの話!」←唐突
神宮司さん「…」←聞いてない(笑)

神宮司さん「あ、俺!?(やっと気付いた、笑)…あの話?」
前田さん「ほら、あの話!ジョナサンの!」

藤巻さん「どこかで前にも話した事があるんですけど、ジョナサン事件っていうのがあって(笑)
山梨にいた頃、治がジョナサンでバイトしてて、先輩を好きになって治から彼女に
告白したらしいんですけどフラれてしまって」

お客さん「えぇ~」 神宮司さん「フラれてしまいまして…」
前田さん「大失恋ですよ」

藤巻さん「で、話を聞いたら彼女には彼氏がいて、同棲してると」
…納得するお客さん(笑)

藤巻さん「でも、俺らはもう一回告白してみろよ!って言って、寒い中3人で車に乗って
彼女のアパートまで押し掛けたんですよ。今思うと完全に若気の至りなんですけど(笑)
でもインターホン鳴らしても出て来なくて」

前田さん「もしかしたら彼氏が出てくるかもしれないのに、鳴らしたんですよ(笑)」

藤巻さん「じゃあ駐車場に停めて車の中で待とうってなって」
…オチを知っている前田さんと神宮司さん、すでに笑っちゃってます(笑)

藤巻さん「彼女の車のタイヤのところから湯気が上がってるんですよ。
フワァ~って。見たら啓介が立ちションしてて…」
…お客さん、引きまくり。。。

神宮司さん「アイドリングしてるみたいだったよね」
前田さん「寒かったからそこだけ温泉みたいになってて」

藤巻さん「俺とオサは昔一緒にパチンコ屋でバイトしてたよね。2002年の日韓ワールドカップは
パチンコ台を拭きながら見ててよく怒られてましたけど(笑)」

前田さん「この前のワールドカップってその時以来だっけ?」
藤巻さん「そう…ですよね?」
前田さん「次のワールドカップっていつ?(お客さん『再来年!』)再来年かー。楽しみ~」
藤巻さん「…MCが自由すぎますね(笑)」

藤巻さん「メンバー紹介します!ずっとレミオロメンを支えてくれている皆川さんです!」
藤巻さんに促されて喋る皆川さん。

藤巻さん「…工士くんです!」
神宮司さん「サクッと紹介したね、今(笑)」
藤巻さん「今回からサポートギタリストとして参加してくれている工士くんです!」

メインのフレーズは藤巻さんなんですが、細かなフレーズを担当している工士くんが
加わった事によって3ピース特有の音の隙間が埋められて、
より音が立体的になってバンド全体の軸が太くなった印象を受けました。
ギターが2本になった分、藤巻さんが歌に集中できている感じもしました。

「蒼の世界」は所々歌い方を変えてたりして、ライブ仕様なのが良かったです。
よくよく考えてみたら今回のセットリストの半分近くがライブで初めて聴く曲でした。

「深呼吸」はライブ前にアルバムを聴き返している時、この曲に救われる事があって。
なのでイントロを聴いた瞬間に泣きのスイッチが入ってしまいました。
優しくて柔らかい歌声に包まれて、心を縛っていた何かがほどけていくような気がしました。
心がフッと軽くなるような、悩みさえ小さなものに感じるぐらい、温かい気持ちに満たされました。

暗闇に浮かぶ小さな光のきらめきが印象的だった「蛍」。
実はあんまりこの曲はピンと来なくて、期待してなかったんです(ごめんなさい)。
でもライブで聴いて好きな曲になりました。サビに入って行く時の音の波に圧倒されました。
「最後だったの」のところを1オクターブ上げて歌ってたのが耳に残ってます。
今回フェイクや即興みたいな感じでメロディーを変えて歌っていて、
藤巻さん腕上げたな~と感心しちゃいました(偉そうに…;)。

「電話」は前にライブで聴いた時より良くなっている気がしました。
説明しづらいんですが、私好みの音なんです。…意味解らなくてすみません(^^;)
体の芯まで響き渡るドラムの音がたまらない一曲。

「ビールとプリン」のイントロが聴こえた時、いちばん客席がざわめいてました。
ギターの深い音色が心地よくて音に身を委ねながら聴いてました。

「山梨にいた頃に作った曲です」と藤巻さんが曲紹介をした後に演奏されたのは「昭和」。

もうライブでは演奏されないって高を括ってました。好きだけどライブでは聴けないだろうなって。
改めて今ライブで演奏されるとこんなに力強い歌だったんだって思いました。
単に演奏の技術が向上してるというのもあるにせよ、新しい発見でした。

「3月9日」今回は下ネタMCの後じゃなくて良かった…前は酷い流れだったので(笑)
3月は終わってしまったけど、この季節が来る度に耳が聴きたがる曲です。

「流星」この曲です。リハの音漏れを聴いてしまったのは…(>_<)
なのでやるだろうなとは思ってました(笑)
これも「ないようさ」の所を1オクターブ上げて歌ってました。

「粉雪」は藤巻さんの熱唱がとにかく凄かった。
顔をくしゃくしゃにしながら声の限り歌ってました。曲の後に小声でありがとう、と藤巻さん。

藤巻さん「奈良には今回初めて来たんですけど…」と言いかけて
前田さんから「さっき修学旅行で来たって言ったじゃん!」とすかさず突っ込みが(笑)
「いや、レミオロメンとしてって意味です(笑)」

「この曲も山梨にいた頃、神社時代に作った曲です」

オレンジ色の小さな照明がステージを照らしていた「まめ電球」。
思いがけずこの曲を聴く事ができて、嬉しいサプライズでした。
憂いを帯びた歌声が初期の頃の楽曲が醸し出していた陰を呼び起こしているようでした。

流れ上、次は南風だな~と思ってたら、聴いた事のない不思議なメロディーを弾きだす藤巻さん。
他のメンバーはちゃんと南風を演奏してるのに、藤巻さんだけ別世界に(笑)
なんとか立て直して演奏を続けようとする藤巻さんに前田さんと神宮司さんからTの字が(^^;)

藤巻さん、笑いながら「間違える事もある!」とひと言(笑)

藤巻さんのお陰でステージと客席の距離がググッと近くなって、より一体感が生まれてました♪
神宮司さんのカウント&お客さんの手拍子で仕切り直した南風。
藤巻さんは時々笑いながら楽しそうに歌ってました(マイクにフフッと笑い声が…笑)。

「明日に架かる橋」は皆待ってましたー!みたいな感じで最高にテンションが高かった!
カラフルな虹や雲のイラストがビジョンに映されてて、もうキラキラなんですよ。全てにおいて(笑)
神宮司さんもピッカピカの笑顔。前田さんが左端に来てくれて目の前でベースを弾いてくれました♪
が、藤巻さんが2番の歌詞を飛ばしちゃって、笑ってごまかしてました(^^;)
最後に披露された神宮司さんのドラムソロがめちゃくちゃカッコ良かった!後光が射してました(笑)

「スタンドバイミー」を聴いたら、もう終わりに近付いてきたのかなって少し寂しくなったりして。
前田さんのコーラスの所で皆手を上げてました。知らないうちに進化してたのね。

「三階席!二階席!一階席!」とお客さんを煽る事も忘れない藤巻さん。

「山梨にいる頃にデビューする事が決まって、その頃に作った曲なので
この曲を聴くと当時の事を思い出します」
そう言って演奏された「追いかけっこ」は、背後から伸びた光が壁一面に藤巻さんの影を
投影していて見とれてしまいました。その光景が忘れられなくて今も目に焼き付いています。

いつもはこの曲を聴くと苦しくなってしまうけど、穏やかな気持ちで聴けました。
きっとそれは歌っている藤巻さんが今はもうしっかり前を見ているからで、
アリーナツアーの時に感じた背伸びをしているようなレミオロメンではなくなっていて。
随分たくましくなったなぁ、と親戚のおばちゃんみたいな事を思ってしまいました。

藤巻さん「今回のツアーは久し振りにやる曲もあって、昔の曲を
自分の中でこう・・・耕す作業ができました」

「活動を続けていく中で地に足が着いてなぁって思う事があって、去年の前半
一旦休んでレコーディングに専念して、その時にできた曲を演奏したいと思います。
本当はアルバムをリリースしてからツアーに出る予定だったんですが、ご覧の通りまだなので(笑)
次の新曲やアルバムはツアーで貰ったパワーを込められると思うので楽しみにしてて下さい。
こうして皆と触れ合ったりできるのは、とても幸せな事だと思います。
今日はほんとにありがとうございました。聴いて下さい、Wonderful&Beautiful」。

MCの後、本編ラストに演奏されたのはツアータイトルにもなっているこの曲。
ビジョンに夜の道路や車の映像が映されて、世界観をより際立たせてました。
歌声がCDで聴くより艶があってドキドキしてしまいました。
皆川さんのピアノの音色が止んで、ステージを後にするメンバー。


暗転してすぐアンコールを求める拍手が起こる。

隣にいたご夫婦(奥さんが熱心なファンの様子)の旦那さんが「やっぱ生はえぇな~」って言ってて、
思わず「でしょー!」って話しかけそうになりました。…怪しすぎるのでやめましたが(笑)
今回結構アンコール待ちの間も立ってる人が多かったです。


しばらくして明るくなって再びメンバー登場♪
藤巻さんは白のインパクトT、前田さんは色違いの黒、神宮司さんは7分丈のピンクTに。
神宮司さんが最前のお客さんを端から端までタッチしてました~
一瞬、途中で止めかけたような気がしたんですが結局端まで行ってました(笑)

藤巻さん「アンコールありがとうございます!さっき裏でアンコールの声が聞こえてたんだけど、
アンコール!ハイッ!アンコール!って合いの手が入ってて(笑)」
手を上げてる男子を発見した前田さん「彼が入れてくれたの?ありがとう(笑)」

前田さん「たまに座ってる人とかもいたりして…あ、そのままでいいですよ(笑)
(女の子を抱っこしてる人を見つけて)何歳?5歳か。じゃあもうちょっとで付き合えるね!」
…ドラムをチーン!と鳴らす神宮司さん。グッジョブ!!(笑)

前田さん「15年ぐらいしたらね(笑)15年後って言ったら俺ら何歳?」

藤巻さん「33歳」←素

一斉に突っ込まれる藤巻さん(そりゃそうだ、笑)
藤巻さん「間違えた!43歳か(笑)いい大人になってたらいいですけどねぇ」

桜の季節にぴったりの「茜空」は皆川さんのピアノの音色が美しかったです。
ピンクがかった空のような色の照明もとても綺麗でした☆

「今日、この奈良から始める曲です。春の歌です。聴いて下さい」と演奏されたのは「アカシア」。
この曲も初めてライブで聴けました。奈良からって言ってくれたのがまた嬉しかったです。

気になって調べてみたら、前まではこの曲の変わりに紙ふぶきが演奏されてたんですよね。
紙ふぶきも聴きたかったけど、今紙ふぶきを聴いたらきっと感傷に浸ってしまうし、
そういう意味でも前向きなこのアカシアが聴けたのは自分にとってプラスでした。
皆が手を上げてる中で一人棒立ちで涙ぐみながら聴いてました。。。

「勇気が足りないかい?それなら僕も同じさ」この歌詞に励ましてもらいました。
うつむいてないで、ちゃんと前を見ようってそう思えたんです。ありがとう。

アコギに持ち替えての「太陽の下」。藤巻さんがすごくいい顔して歌っていて。
目線の先を辿ると三階席の後ろまでいるお客さんがステージに向かってゆらゆら手を振っていて。
思わず私まで笑顔になってしまうような素敵な光景でした♪

「今日はほんとにありがとうございました」と挨拶する神宮司さん。
その話を会場を見渡しながら聞く藤巻さん。
時々お客さんが手を振るのを見つけたのか、にこっと笑っていました。

前田さん「またすぐにライブやりますんで!いつとは約束出来ないですけど、
その時まで元気でいて下さい(笑いが起きて)いや、ほんとに!(笑)」


「最後に聴いてもらうのは、去年作ったリズムという曲です。聴いて下さい」
今のレミオロメンを象徴しているような、力強いリズムが神宮司さんによって刻まれる。
メンバーもお客さんも、皆晴れやかでいい顔してました。
後奏で藤巻さんと前田さんがドラム台の前に集まって演奏していました。


ステージの真ん中に5人が集まって手を繋ぎ、深々とお辞儀。
最高の笑顔を残してステージを去るメンバー。

でもやっぱり神宮司さんは居残り♪
BGMがWonderful&Beautifulのインストになってました。ややノリなお客さん。
スティックやらタオルやら、色々投げてました。スティックいーなー!
あ、タオルは最前の人に手渡しだったかな?まぁどっちでもいいか(笑)

「ありがとうございましたー!」と素敵すぎる笑顔を残して神宮司さんは去って行きました。
最後にどさくさに紛れて「ありがとー!」って叫んできました。届いてるといいな~

約2時間半のライブ、めちゃくちゃ温かくてちょっと泣けていっぱい笑って。心の充電完了☆
MC中、無意識のうちに手を叩きながら笑ってることにふと気付いて若干ショックでした(^^;)
所詮私も関西人の端くれですけど何か?…まーそれぐらい楽しかったって事です(笑)

どこだったか忘れちゃったけど、藤巻さんが「結成して7年ぐらい経つんですが」って言ってて、
そんな大事なことなのに何で曖昧なんだろうって(笑)MCはやっぱり緩くて、ほのぼのしてました。

実は前ほどレミオロメン熱が上がってなくて、奈良に来てくれなかったら
ライブにも行かなかったかもって思うぐらいの感じになってて。でも、行って良かった!
レミオロメン熱が急速に回復しました。やっぱり好きだし、離れられないみたいです。

藤巻さんの左足でリズムを取る癖も、ネックに顔を近付けて一心不乱にベースを弾く前田さんも、
真剣な面持ちでスティックを握る神宮司さんも、やっぱり大好きです。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

【セットリスト】

01.Wonderland
02.雨上がり
03.モラトリアム
04.RUN
MC
05.蒼の世界
06.深呼吸
07.蛍
08.電話
09.ビールとプリン
MC
10.昭和
11.3月9日
12.流星
13.粉雪
MC
14.まめ電球
15.南風
16.明日に架かる橋
17.スタンドバイミー
MC
18.追いかけっこ
MC
19.Wonderful&Beautiful

《ENCORE》
MC
20.茜空
21.アカシア
22.太陽の下
MC
23.リズム
[PR]



by pochi-17 | 2008-04-08 22:56 | Live | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/6988252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チェリー at 2008-04-09 09:00 x
はじめまして!わたしも奈良行きましたよっ♪
アンコールの合いの手してくれた男性の方の少し右隣にいてました。
いい味だしてましたね~あの人^^
アカシヤ大感動でしたね!!
実はここのレポ 楽しみにしてたんです^^
前回のレミオ大阪城ホールでの詳細レポートで目をつけてて(笑)
きっとまたレポしてくれるかな~と。
楽しすぎて舞い上がって すぐ忘れちゃうので
いろいろ思い出したくても思い出せなくて
ライブが終わった後も世界に浸りたくていつもライブレポ
読み漁るんですが…すごい!!なんでこんなにおぼえてるんですか?もう、いっぱい思い出せて うれしい!
ありがとうございました!保存しておきます!
生レミオはサイコーですね。藤巻君の生はにかみももうめちゃめちゃキュートで!南風笑いながら歌ってる時はもう~~抱きしめてあげたかった(笑)

Commented by pochi-17 at 2008-04-10 00:13
はじめまして!おぉ、お仲間がここにもいて嬉しいです♪
結構チェリーさんと席近かったかもしれませんね~!
メンバーに構ってもらえて(笑)嬉しそうでしたね!
アカシアはほんとに大感動でした・・・思い出しただけで泣けます(>_<)

レポ楽しみにしてくださってたなんて嬉しいです~
こんな半分個人的な感想文みたいなレポなのに・・・;;
レポはいつも記憶力との戦いです(^^;)
ひたすら思い出せたことを片っ端からメモしてます。意外と地味な作業です。。。
保存までしてくださったなんて光栄です!
あの日の藤巻さんは何かが違ってましたね(笑)
南風の藤巻さん可愛かったですよね~!!

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

2017.11.16 GLA..
at 2017-12-01 21:50
2017.11.20 GLA..
at 2017-11-23 22:00
2017.11.9 髭×OG..
at 2017-11-19 21:50

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧