◆2009.05.15 髭(HiGE)HiGE2009「D.I.Y.H.i.G.E.」TOUR@ZeppOsakaレポ◆


a0041964_2342952.jpg

遅くなりましたが5月15日、ZeppOsakaであった髭のライブに行ってきました♪
去年の11月のフジファブリックとのスプリットツアー以来の髭ちゃん。
チケットを取ったのが3ヶ月も前だったので待ち遠しかったです。

この頃精神的にゆらゆらしていて、こんな状態でライブに行っても楽しめるか不安で。
でも、行きの電車の中で考え事をしてて泣きそうになってたのが嘘のように楽しかったです。
現金だなぁって思うけど、こういう時のライブほど自分を救ってくれるものもないです。

前置きはこれぐらいにして、ここからはレポです。
楽しすぎて記憶が曖昧なので間違ってる所もあるかと思いますが、お許しを(笑)
あと、フィリポに「さん」を付けるのはどうもしっくりこないので今日は呼び捨てで。



*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


Zeppまでは1時間半ほどかかるのでちょっと早めにいそいそと出発。
会場に到着すると、行きの電車で見かけたライブには行かなそうなお姉さんを発見。

階段を降りようとすると、D.V.D.H.i.G.E.のジャケットを模した記念撮影用パネルが。
顔のところがくり抜かれてるんですが、どう見ても手作業なギザギザ感。
一人参加なのでさすがに顔を突っ込む勇気はなく、とりあえずパネルだけを撮影。


物販を買おうと階段を下りると、うっすらとリハの音漏れが。
せってんと白薔薇が聴こえてました(白薔薇はサビらへんを流す感じで)。
うっかりライブ前にネタバレを見てしまってたので驚きはしなかったのですが、
ライブで「せってん」が聴けちゃうのかぁってワクワクするのと、実際目の前で
演奏されるとどうにかなってしまいそうな気がするのとの両方でドキドキしました。

マンゴーハイジを買おうと並んでると、いつぞやのフジロックの時の映像が流れてて。
それも、何故か延々とコテイスイさんが「こなぁ~ゆきぃ♪」って歌ってる場面が
リピートされてて、並んでる間中笑いそうになって危なかったです。


この日は会場がちょっと押してて、Tシャツ一枚で待ってる時寒かった・・・。
今回の整理番号は41番。中に入ったらどう動こうか必死で脳内シミュレーション。
ドアをくぐって、スタッフさんの目を盗んで左側の廊下をダッシュ。
中に入ると真ん中は埋まってるものの、端なら最前に行けたので迷わずそこへ。
宮川さん側のぎりぎりステージ幅内の最前バー確保。
今日は良くても2列目ぐらいかなって思ってたのでテンション上がる。
でもフジ×髭の時よりバーが1mほど後退してたので、かぶりつき感は薄れたような・・・。


数え切れないほどの照明がある以外は装飾のない、シンプルなセット。
須藤さんのお花のマイクはステージの真ん中に、その後ろにシラフのiBookが。
薄暗いフロアに洋楽のBGMが流れてました。タイトルが分かる曲はなかったけど。
少しずつ開演が迫ってきて、サウンドチェックが始まる。
須藤さんのテレキャスのチェックが一番時間かかって最後までやってました。

時計は着けてなかったから正確な時間は分からなかったけど、開演も押してました。
BGMの曲が途切れる度に今か今かという空気感が増す。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


少し明るくなった時、先陣を切ってスーツ着用のウサギDJ、DJシラフが登場。
シラフを温かな拍手で迎えるフロア。と、照明が落ちてメンバー登場。
押されるかも・・・。と思ったのも束の間、意外とそうでもなくて拍子抜け。
ただ、ステージ中央の須藤さんの前辺りは人口密度が増した感じがしました。横幅も詰まったし。

暗闇の中、左側からメンバーの姿が次々と現れる。
暗くて見にくかったけど、須藤さんは歩き方ですぐ分かった。くねくねしてたので。
うっすら浮かび上がった服が、しましま・・・と思ったらまさかの上下ボーダー。・・・囚人?
須藤さんがボーダー好きなのは知ってたけど、上下ボーダー着てる人初めて見ました(笑)

ちなみにこの日の衣装は須藤さんが上がボーダーのヘンリーネックで襟ぐりが広めの半袖、
下も同じくやわらか素材のパンツ。上下お揃いかと思ったら、微妙にボーダーの幅が違った。
足元はコンバース風のハイカットの真っ黒なスニーカー。いつものサングラス着用。
髪が少し短くなってて、顎ラインのボブっぽい感じになってました。あの髪型可愛い!
サングラスのこめかみの所辺りに髪をちょっとだけ挟むのが須藤流。

斉藤さんはシャツ(ストライプ?)の中にTシャツ、下は緑の細身のパンツ。靴見えず。
フィリポは鮮やかな水色のTシャツにカラフルなブロックチェックの半パン、
コテイスイさんは人の名前らしきロゴが入った黒のTシャツに赤茶のスニーカー。
下は忘れたけど、いつものポンポンが付いた赤いニット帽を被ってました。
宮川さんは深い赤のハットを被って赤のピンストライプのシャツに白っぽいTシャツ、
赤いパンツに紫やら黄緑やらサイケな色味の靴がお洒落でした。髪が少し伸びて痩せたような。
宮川さんは出てきた時からアンコールまで、ずっとガムを噛んでました。


須藤さんがテレキャスを手にし、シルエットが浮かび上がる程度のほの暗い中、演奏が始まる。
1曲目はアルバムの最初の曲でもある「ダイアリー」でした。
一瞬にして、すーっと白昼夢の中へ吸い込まれていくような、不思議な感覚。


予想に反して早々と「D.I.Y.H.i.G.E.」が来たからちょっと面食らう。
さっきまでとは真逆のテンションで煽るメンバー。ライブでは変則始まりでした。

斉藤さんが人差し指を高く挙げて、皆がそれを真似してD.I.Y!の大合唱。
この時点で斉藤さんのスイッチが入った気がしました。踊ってたし(笑)
ライブにかける気合いというか、意気込みみたいなものを感じました。
楽しくて自然と笑顔になる。ジャンプしてあとはひたすら横揺れ。
「浮気なフロア」の所で須藤さんがフロアを指差してました。


「溺れる猿が藁をもつかむ」ではどんどん加速して、もう誰にも止められない。
イントロで宮川さんがステージの前ギリギリの所まで来てくれる。等身大の宮川さん!
普段須藤さん須藤さん言ってるけど、宮川さん間近で見るとよりカッコ良かったです。

コテイスイさんも近くに来てくれたので、条件反射的に必死で手を伸ばしてました。
惜しくも届かなかったけど、爽やか~な笑顔を返してくれました。
コテイスイさんの真似して踊るの楽しい♪さすがにコマネチはやらなかったけど。
ドラムのリズムに乗ってクルクル手を回すのはすっかり定番。


ハリキリ坊やのブリティッシュジョークはキーが高くて斉藤さんのコーラスが大変そう。
曲が短いだけにあっという間に終わってしまう。いつの間にかシラフが不在に。

この辺で最初のMC。
阪神タイガース帽(今の無地のじゃなくて昔の縦じまバージョン)を被ったフィリポ。


須藤さん「助っ人新外国人・フィリポ!」

フィリポ「阪~神~タイガ~ス♪」
お客さん「フレ~♪フレッフレッフレ~♪」

その一部始終を見ていた須藤さん「いいね!タモリとアルタみたいだよ」と(笑)


須藤さん「斉藤くんも一言喋る?」
斉藤さん「こんにちは。今日は沢山来てくれて嬉しいです」

夜なのに“こんにちは”(笑)確か今日当日券出てたはずだけど・・・と後ろを振り向くも
暗くて真ん中辺りまでしか見えず。って余計なお世話か・・・。


須藤さん「あっちのマイクがない人は宮川くん。言っとくけど『宮っTea』じゃなくて
『宮Tea』だよ。ちっちゃい『っ』なんていらない。俺、『宮っTea』っていうのも
未だに認めてないからね。今度入る時入口で『宮っTea』って言ってみ?言い直し!ってなるから」

何やら須藤さんの話に反論してる風だったけど、「マイクがない人」なので須藤さんに届かず(笑)
お客さんから口々に「宮Tea~!」と呼ばれ、困惑しながらいやいや・・・とかぶりを振る宮川さん。


須藤さん「後ろのドラムの彼はコテイスイ。彼に曲紹介してもらおうか」
コテイスイさん「MR.アメ~リカ!」(←巻舌すぎてちゃんと聞き取れなかった、笑)

個人的に「MR.アメリカ」のイントロが大好きなので聴けてテンションうなぎ登り。
ずっと須藤さんと一緒に歌ってました(でも歌詞はうろ覚えなので完全に口パク)。
どんしゃんどんしゃん鳴るドラムの音にまみれてほくほく。


「ドーナツに死す」、今回は多分ちゃんと歌詞飛ばさず歌ってました。
(前は2番の歌詞をすっ飛ばして「忘れちゃったよ~♪」みたいな替え歌になってた)
これ書いてて思ったけど・・・私、髭ちゃんの曲で完璧に歌詞覚えてる曲ないかも。
間奏のところではマイケルばりの「ポウッ!」と妙な踊りも。

曲が終わったと思ったら突然マイクの前でぴしっと敬礼する須藤さん。


「隊長っ!!ブラッディーマリーに気をつけてっ!」

・・・・・・!?(笑)


須藤さんのいきなりの小芝居に笑いが止まらなくなる宮川さん。演奏中もにやにや~っと。
それを見てた私も宮川さんのにやにや~がうつってしまいました。にやにやの伝染。
須藤さんの小芝居、もう宮川さんを笑わせようとしてるとしか思えなかったです(笑)


ふっと照明が転換して、再びしいんとした空間の中聴こえてきたのは「せってん」でした。
精神的にもろくなった時、一人で隠れるようにして壁にもたれてよく聴いてたのがこの曲でした。

眠れない夜に何度も何度も頭の中でぐるぐる巡って、痛みを共有してくれた曲。
心の中に溜まったものが一度溢れ出したらもう止まらないような気がして、
無意識のうちに目を閉じて耳だけに神経を集中させて聴いていました。
視界を遮断して耳に入ってきた音の全てが優しくて、また泣けた。


曲が終わり、フロアが明るくなる。

須藤さん「大阪久し振り!去年フジファブリックとはやったけど、ワンマンは一年振りだからね。
次の曲もドラムの彼に紹介してもらおうかな」とコテイスイさんに振る。

コテイスイさん「オーバーグラウンド~アンダーグラウンド!」
トラメガで声が反響するせいもあってか、やっぱりこれも聞き取れず。
そう言えばこの曲はフジ×髭のライブが初聴きだったんだっけ。
「これが僕らのスタイル!もういっさいがっさい!!」気付けばまたちゃんと笑えてた。


「このメッセージ聞こえるかい?」このフレーズが何度も繰り返される「Acoustic」。
ずっと同じフレーズを歌ってると、いつの間にか洗脳されそうになってた。
あと、須藤さんがクネクネ踊ってました。後奏がかなり伸びてたから達成感もひとしお。
髭ちゃんってこういうライブでのアレンジのやり方が上手いと思う。

後奏のギターを弾いてる斉藤さんが恍惚としていてそれはもう気持ち良さそうで、
斉藤さんだけちょっと別の世界に行っちゃってる気がしました。やや危険な香りが(笑)


「家」ではコテイスイさんがメインのドラムのフレーズを叩いてました。
トラメガを持って暴れる時とは真逆な、真剣な表情のコテイスイさん。
新しいアルバムではコテイスイさんがメインで叩いてる曲も割と多かったです。
深いギターの音色と、気だるい須藤さんの声が心の隙間に入り込んできました。


再びDJシラフが登場して、「ミートパイフロムロシア」。
ベースとドラムは打ち込みなので宮川さんは後ろを向いて休憩かと思いきや、
コテイスイさんのマイクの所で緑色のマラカスを振ってた模様。背中で見えなかったけど・・・;

この曲とかこの後に続くママのジュースとか、ライブで聴くと更に変な歌詞だなあって。
少なくともZeppで「冥土の土産にとっときな!」とか言うのは髭ちゃんだけだろうなと(笑)
気のせいかもしれないけど、通路のスタッフさんもチラッとステージの方を見てたような。
打ち込みのパターンが生の演奏に替わる瞬間、痺れるぐらいかっこ良かったです。


「嘘とガイコツとママのジュース」は長いからライブでやらないかと思ってたら聴けた。
須藤さんはこの曲ではギターを弾かず、タンバリンを叩いてました。でもって踊る。
ギターを弾いてる時はアンプと繋がってるので動ける範囲が決まってるけど、
タンバリンだけならこっちにも来てくれるかも!とやや期待。

「奥に進めば進むだけ~」の所で須藤さんが何かをかき分けるような仕草してました。
タンバリンを首にかけて踊る須藤さんを見てたら死神メイクのシンペイさんが脳裏をよぎる(笑)

と、間奏に差し掛かった辺りで須藤さんが突然ステージから降りる。
斉藤さん側のお客さんとタッチを交わす須藤さん。否が応にも高まる期待。


どんどん近付いてくる須藤さん。

どうかこっちの端っこまで来てくれますようにって祈りながら手を伸ばす。
願いが届いたのか、須藤さんの腕に触れました。

滝のような汗をかいていた須藤さんのTシャツは、じゅわっとするぐらい濡れてました。
そのまま端まで行って、バーによじ登って立ち上がりフロアを煽る須藤さん。
ぽわーんとした夢見心地のままその姿を見上げる。

通路に降りて、戻っていく時にもまた触っちゃいました。今度は肘を(笑)
今までどんなに近くで見ていても、どこか架空の人物みたいな気がしてて
触ろうとしてもお化けみたいに貫通しちゃうような気がしたのですが、
肘に触れた時にひんやりとした感触があって、ああ、ちゃんと生身の人間なんだって。


再びステージに上がった須藤さん。人差し指を立てて踊る。すかさず皆が真似っこ。
須藤さんが踊ると諸々のコードが絡まるのでスタッフさんが忙しそう。
間奏明けの宮川さんの指弾きのベースがいい味出してました。思わず手元を凝視。


「黒にそめろ」の「淫売ヒッピー」の所は須藤さんがマイクから一歩退いて歌わせてました。
イントロのツインドラムがまた痺れる。相変わらずコテイスイさんはマイペースで、
フィリポがチラチラと隣を見ながらコテイスイさんに合わせてました。
何故か居残りのシラフ。ノリノリのシラフの耳がピョンピョン跳ねてて可愛かった♪
この曲は縦ノリと波のような横揺れが交互に起こってました。
あと、須藤さんが「皆でこの世の中を黒に染めませんか?」みたいな事を言ってました。


ドラムのリズムパターンが変わり、「ダーティーな世界」へ突入。
「ダーティーな世界へ僕が連れて行ってあげるよ」と須藤さん。

「気分はどうだい?最高の最高かい?でももっといい所まで行けるんじゃないの?」と言葉でも挑発。
ベースのフレーズが入る前に「もうすぐ皆の大好きなヤツが戻ってくるよ」とも。
間奏でひたすらじらした末の爆発力は凄かったです。宮川さんがかっこ良かった・・・(2回目)。

何のくだりだったか、「僕もそう思ってたんだよ」って言った後に、
「さっきのは気のせいだよ」と照れ隠しのように言ってたのが面白かったです。

須藤さんのプレイが激しくて、頭に乗っけてたサングラスが吹っ飛んじゃいまして。
踏んづけないようにスタッフさんが慌てて回収に向かってました。


「ギルティーは罪な奴」はテンション上がりすぎて気付くと叫んでた。
下から上にヒラヒラさせてブンブン腕を振るのが楽しかった♪
要所要所の宮川さんのベースもまた素敵でした。見所が多すぎてどこを見ようか迷う。
気付いたらコテイスイさんがフィリポの所に行って歌ってました。
「大阪いいね~大阪いいよ~♪」と。フィリポは「それ何の歌?」って言ってたけど(笑)


余韻が冷めないうちに畳み掛けるようにして「ロックンロールと五人の囚人」。
さすがに押されるかなと思って覚悟したけど、あれ?みたいな。
お隣りのお姉さんがかなりはっちゃけててびっくり。人の事も言えないけど・・・;


本編が終了し、舞台袖へと消えていくメンバー。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


姿が見えなくなってすぐにアンコールを求める拍手が起こる。
しばらくし、リラックスした雰囲気でメンバーが再び登場♪
コンマ数秒須藤さんの視界に入った気がしてちょっと嬉しくなる。

須藤さん「アンコールありがとう。皆どんだけ良い顔してんの?良い顔すぎて逆に怖い!」と(笑)
そのMCにまた皆良い顔して笑ってたのが何だか温かくていいなって思った。


ほのぼのとした空気のまま「ミスター・タンブリンマン」。
もうすぐ終わってしまうんだなぁっていう実感が急にふつふつと湧いてきて寂しくなる。
ずっとこの時間が続けばいいのにって思いながら、じっと耳を傾けました。

「笑えばココロに花が咲くタンブリンマン」っていうフレーズが耳に入った時、
ああ、今日はちゃんと笑えたかなって思ってちょっと泣けた。

この曲だったかどうか怪しいけど、須藤さんが斉藤さんとお揃いのテレキャスを弾いてました。
前に斉藤さんが須藤さんにラジオで「同じギターをもう一本買いたいんだけどいい?」って
訊いてたけど、本当に買ったとは。でもそういう使い方するとは思わなかったですが。
普通なかなかお揃いのギターで演奏する事ってないので不思議な光景でした。
確かこの曲もコテイスイさんがメインでドラム叩いてた、はず。フィリポはマラカスで。


歪んだギターの音が鳴り響いたのは「ボニー&クライド」。
この曲はベースラインが大好きで、宮川さん(の手元)ばっかり見てました。
最後のサビ前の、一拍ためて転調するとこがまた大好き。

この曲だったかまた曖昧なのですが、須藤さんのステッカーだらけのストラトが登場してました。
ペグの所にたらこキューピーが付いてたんですけど、あれっていつから付いてたんですかね?
フジ×髭の時はそれこそ至近距離で見てたのに気が付かなかった・・・(か付いてなかったか)。
私の携帯も同じたらこキューピーを付けてまして、もういい加減外そうかと思ってたけど
須藤さんとお揃いだったらもうちょっと付けておこうかな(笑)延長決定。

帽子を脱いで、ぺたんとなった髪をくしゃくしゃと整えてる宮川さん。
須藤さんの「最後だよ」に顔が曇るのを感じつつ、ラストは「白い薔薇が白い薔薇であるように」。
フィリポの被ってたタイガース帽を被り、突然手を合わせ真顔で「修行だよ!」と須藤さん。


・・・え?

須藤さん、また宮川さんが笑っちゃってますけど・・・(笑)


間奏の所でも「白と黒しかない修行だよ!」とまた手を合わせる須藤さん。
「白と黒と黄色しかない修行だよ!」とも言ってたっけ。タイガースカラー?

帽子を取って演奏していた宮川さんを目ざとく発見した須藤さん。
踊りながらさり気なく、ふらふら~と宮川さんに接近してタイガース帽を宮川さんに被せる。
普通の真っ直ぐな被り方じゃなくて、お洒落さん御用達の斜め被りで。
でも、宮川さんは須藤さんが踊ってて見てない間にさっさと脱いでました(笑)

「まるで水の中を歩いているようだよ」とゆらゆら泳ぐように踊る須藤さん。
「いつもならコテイスイのドラムを叩くけど、今日は空いてないし・・・」と。
「今日は何も思い浮かばないよ。・・・する事がない時は黙る!」と言ったきり黙り込む。

歌の途中で「女の肉もいいかも」と呟くように歌ってたのが印象的でした。
「大蔵省は燃えたよ」って吐き捨てるように言ってたのもゾクゾク。
宮川さんの激しいプレイに、気付いたら前のめりになって頭振ってました。
どの曲だったか、須藤さんと斉藤さんが超接近してギターを弾いてたのも燃えたなぁ。

曲の締めでフィリポが・・・フィリポが立った!!・・・感動の名場面(笑)


拍手と声援に送られて、ステージを後にするメンバー。皆さん案外さらっと引っ込む中、
フィリポー!って言ったらめちゃくちゃいい笑顔で応えてくれました♪


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


外に出て時計を見てみるとまだ9時で、あれ?そんな短かったっけ?ってなったけど、
物足りなさはなかったので時間と満足度は必ずしも比例しないんだなって。
楽しくて笑いすぎて、頬の筋肉が吊るぐらいずっと笑ってました。
須藤さんに触った時、もう手洗いたくない!!って思ったんですけど、
インフルエンザが怖いので家に帰って即行手を洗いました・・・;

スピーカーのそばにいたせいで耳がやられて、2日ほど耳元でセミが鳴いてました。
須藤さんがもっとブツブツ言ってた気がするんですけど、半分ぐらいしか聞き取れず(笑)

それにしても2回も最前で観れると思わなかった。もう後ろでは観れません・・・。
最初は須藤さんの前狙いだったけど、宮川さん側ハマりそうです。次回も宮川さん側で!


疲れて眠りこける人を尻目に、電車に揺られ思い出を反芻しながら家路につきました。

いいよね、たまにはこんな日があっても。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


2009.05.15 髭(HiGE)HiGE2009「D.I.Y.H.i.G.E.」TOUR@ZeppOsakaセットリスト

01.ダイアリー
02.D.I.Y.H.i.G.E.
03.溺れる猿が藁をもつかむ
04.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
05.MR.アメリカ
06.ドーナツに死す
07.ブラッディ・マリー、気をつけろ!
08.せってん
09.オーバーグラウンド/アンダーグラウンド
10.Acoustic
11.家
12.ミートパイ フロム ロシア
13.嘘とガイコツとママのジュース
14.黒にそめろ
15.ダーティーな世界(Put your head)
16.ギルティーは罪な奴
17.ロックンロールと五人の囚人


ENCORE

18.ミスター・タンブリンマン
19.ボニー&クライド
20.白い薔薇が白い薔薇であるように
[PR]



by pochi-17 | 2009-05-21 23:02 | Live | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/8303153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 鮎華 at 2009-05-24 23:01 x
今日ライブ行ってきましたよ♪
ぽちさんのレポート読みたくてライブが終わったのでやっと読ませていただけました!すごいなぁ。鮮明に覚えてらして情景が広がってくるレポート。
お疲れさまでした!保存してじっくり読ませていただきますね♪

隊長!にかなりウケました。笑
今日もブラッディマリーやったけどそんな小芝居無かったですよ、残念。笑

上下ボーダーなんてすごすぎますね。リアル囚人。でもおしゃれな須藤さんだから似合っちゃいますよね。たらこはいつだかの青い病衣みたいなパジャマ?みたいなの着てたライブで既に付いてましたよね?あれは何年前のライブでしょう?
Commented by pochi-17 at 2009-05-24 23:23
あ!多分鮎華さんと入れ違いにコメントしてきました♪

東京はどんなライブだったのか知りたくてうずうずしてます!
こんなレポ、保存されるような代物じゃないですよ(笑)
忘れないように帰り道ずっと反芻しながら帰るんで、にやにやして大変です(^^;)
きっと今頃鮎華さんも思い出してにやにやしてるのでは?(笑)

東京は須藤さんの小芝居なかったんですね。ある意味貴重だったんですね(笑)
いきなり「隊長!」って言うもんだから、皆してポカーンとしてました・・・(笑)

上下ボーダーはなかなか真似できないですよね!思わず二度見しちゃいました。
たらこはそんな前から付いてたんですね。じゃあ多分私が気付かなかっただけです(笑)
あの衣装はいつでしたっけね~?さっぱり思い出せないです(>_<)
Commented by MeI at 2009-05-26 23:15 x
あっちこっちにコメント残してます・・・。
この日、髭ちゃんでは珍しくメンバー同士の絡み(?)が多かったと思いません???
あんまり観た記憶ないです。

あ、勝手に話題に入って申し訳ないですが、水色のパジャマを着てたのは、
どこかのフェスですよね?
で、あのパジャマは宿泊先のホテルのパジャマだそうです(笑)。
話に割り込んでおきながら、曖昧ですみません。
曖昧はギルティー。
Commented by pochi-17 at 2009-05-26 23:50
リアルだったのに某NEWSを見てたために逃してしまいました(>_<)
あっちこっち、どこでもコメント残していってください♪

私はまだ2回目の髭ちゃんだったのでよく分からないのですが(笑)、
斉藤さんと須藤さんが絡んでるのは珍しいな~と思いながら観てました♪
須藤さんが宮川さんに帽子を被せたのもある意味絡みですかね?(笑)

水色のパジャマ(?)は記憶が曖昧すぎていつのだか・・・(^^;)
宿泊先のホテルのだとは知りませんでした。勝手に持ち出しちゃったんですね(笑)

曖昧はギルティー!!ってまた絶叫したいです♪

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

2017.3.26 須藤寿 ..
at 2017-04-02 17:39
2017.3.25 ART-..
at 2017-03-31 00:19
2017.3.19 髭「G..
at 2017-03-31 00:15

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧