髭(HiGE)“We are HiGE!”TOUR 2009.10.09@奈良NeverLandレポ


a0041964_23454988.jpg

10月9日、奈良NeverLandであった髭のライブに行ってきました!

喜び勇んでチケットを予約したら何と整理番号が1番で。
フジ×髭@Zeppの2番といい、運を使い果たしてしまいました・・・。
予想以上に押されて、今まで行った中でも3本の指に入る過酷さでした。
上がる曲ほど記憶がぶっ飛んでるのでいつもの通り曖昧レポです。
MCの位置とか、セットリストの順番も曖昧です。曖昧はギルティー。


★注意!!以下セットリスト&ネタバレありです!!★



*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

楽しみすぎて前日の夜もほとんど寝れないまま、
用事を済ませた後、そわそわいそいそと奈良NeverLandへ。
バイパス沿いにあるライブハウスで大通りに面した道はうるさいし、
空気が悪いので今回は川沿いの裏から回って行ってみることに。

奈良NeverLandに行くのはちょうど2年前の10月、エルレ以来。
あの時も4列目だったにも関わらず散々痛い目に遭ったので
最前に行くのは危ないかなぁと思ったんですが、
後ろだと多分何も見えないので危険を承知で始めから最前狙いで。


てくてく歩いてライブハウスの裏手に来た時、ちょうど裏口から
コテイスイさんが飲み物片手に出てきまして。
突然の出来事にうろたえながらも思わずチラチラと見てしまう。
完全にライブ仕様の服装だったのがばれたのか、一瞬見られる。

結構長い間リハをやっていたようで、何回も同じ曲の同じフレーズが
聴こえたりしてました。入念なリハだった模様。

物販は控えめにハイジのキーホルダーだけ購入。
Tシャツ欲しかったけど着てきた服が荷物になるので我慢。
ロッカーがないので代わりに500円で売ってた袋をスタッフさんが
車のラゲッジスペースに放り込んでました(斬新なシステム・・・)。
物販をやってる間もリハの音が聴こえてて、Tシャツ見るふりして
こっそり壁のそばに忍び寄って音漏れを聴いてました。
聴こえてくるのはずーっとママのジュースと青空だけでした。

辺りも暗くなってきて、開場時刻になるも入れる気配がなく。
ステージの最終調整とやらで開場が押してました。寒かった・・・。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


番号を呼ばれて、やっとライブハウスの中へ。

狭い入り口を通った先の誰もいないフロアは何だか異空間。
人っ子一人いない空虚さなのに、やっぱり狭い。
入って10歩も歩けばステージに突き当たってしまいます。
ステージもドラムが並ぶと両サイド1mずつぐらいしか開いてないし、
天井も2mぐらいしかないので斉藤さんのマイクが天井のすぐ側まで。

せっかくなので迷わず最前真ん中のマイクの前にスタンバイ。
ど真ん中はバーとバーの切れ目で危なそうだったのでやや左寄りに。
ネバランのバーはクッションがなくて低かったから痛かった・・・。
マイクに飾られたピンクの造花が薄暗い中で怪しい雰囲気。
間近で見るとレースとかゼムピンとか装飾が凝ってて可愛いかった。

開演を待つ間、ちゃんと緊張してきてBGMも上の空で覚えてない。
須藤さんこういうの好きそうだなぁって曲が流れてたっけ。
スタッフさんがタオルをどけたらセットリストが貼ってあって、
それがもろに視界に入る位置だったので一生懸命見ないように。
フィリポのセットリストが切り貼りしすぎて七夕飾り状態でした。

開演時間を少し過ぎた頃、お馴染みのミラクルズのSEが。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


楽屋に続く扉が開いて、薄暗いステージにメンバーが登場。
その瞬間、ぎゅぎゅっとフロアの人口密度が上がる。
宮川さんも須藤さんもめちゃくちゃ近い。怖いぐらいよく見える。

須藤さんはいつものボーダーにキリン柄パンツ、真っ黒のコンバース。
指にはザッと一筆で塗った黒いマニキュアが。
宮川さんは黒いハットに青いアロハに黒のパンツ、サイケなスニーカー。
斉藤さんは青緑?のピンストライプのシャツに黒パンツ、黒のコンバース。
コテさんはバンドTに赤&黒ブロックチェックのパンツ、NBのスニーカー。
フィリポは顔プリントのTシャツに黄緑のパンツでした。髪は束ねてた。


それぞれが定位置にスタンバイして始まったのは聴いた事のない曲。
このツアーのオープニングテーマ的な新曲。
どことなくラップ調で、須藤さんがフワフワ踊りながら歌ってました。

まぁまぁ押されるも何とか耐えられる・・・と安心してたら
次の溺れる猿でめっちゃ押されてバーに体がめり込みました。
でもあのイントロ聴いたら燃えるよなぁ。宮川さんのビリビリベース。
今回溺れる猿でコテさんはドラムに専念してました。何か寂しい・・・。

始まって10分も立たないうちに汗だくの須藤さん。
前に来てくれた時は須藤さんを触りまくり(主に脚)。
触ってみて初めてあのキリン柄のパンツがパイル地だった事が判明。

汗も飛んでくる。好きだけど、ちょっとゲッって思ってしまった(^^;)
髪を振り乱すたびに飛び散るのでそこだけ小雨が降ってるみたいでした。
そう言えば須藤さんが暴れた時にサングラスが落っこちてたんですが、
あんなに何回も落として壊れないのか?不思議。

この辺でMC。早くもキツくなってきてたので喋ってくれてホッとする。


「やっと来たよ奈良!!」という須藤さんの言葉にあったかい拍手。
「俺達、東京から来た髭ちゃんです!」と自己紹介もぬかりなく。


「奈良の人は普段何してるん?今日はここに何しに来たん?」
「鹿と遊んでる!」とお客さん。「僕の想像してたとおりだよ」と。
関西弁の響きが気に入ったのか「何してるん?」を連呼する須藤さん。

「関西弁ってほんとに可愛いよね。皆東京に行ったらモテるよ」。
喜ぶお客さんに「そう思ってるの田舎の人だけなんだけどね」と(笑)

「ほんとは鹿ってこんな目ぇしてるんでしょ?」とガンを飛ばす須藤さん。
「明日奈良公園行って鹿にこうやってキン肉バスターかけてくるよ」って。
ほんとに翌日奈良公園に行って、須藤さんは鹿の背中をなでてたんだとか。

「高速に乗って来たんだけど、山と谷でこんな(クネクネしながら)なってて、
街に着いてホッとしたもん。桃源郷かと思った」と須藤さん。
高速降りたとこに看板立てたいとか何とか言ってました。

「奈良は秘境でしょ?アマゾンと一緒だよ。奈良はパワースポットだね」と。
「来る途中で何か掘ってる所あったんだけど、仏像掘ってるの?」と須藤さん。
「掘ってる?仏像を?」と怪訝な表情で宮川さん。
須藤さんが言うには「ほっとくと崩れてっちゃうから掘るんじゃないの?」と。


一服したとこで寄生虫。最前なのに皆のジャンプにつられて体が浮く。
最後までもつかなぁ・・・とやや不安になってきたとこでベートーヴェン!!
やっと聴けたぁーーー!!って現金なもんでテンション回復。
気付いたら須藤さんと一緒にベートーヴェン!って叫んでた。


ドーナツに死すは怪しげで気だるい髭ちゃんワールドに引きずり込まれた。
ギターを弾いてたら段々須藤さんの服が下がってきちゃって、
肩がチラ見えしててやたらセクシーでした。チラリズム。


意外と早いタイミングでミスター・タンブリンマン。この曲でやっと我に返る。
前にZeppで聴いた時の気持ちを思い出してじわっとしてしまう。
須藤さんの声と表情が優しくて余計に泣きそうになってしまいました。


宮川さんがマラカスをスタンバイしてミートパイ。やっと見れた。
ゆるい曲だから気を抜いてたら波のように押されてソフト地獄でした・・・。


「この薄汚い世の中を真っ黒に染めちゃいませんか?この薄汚ねぇ世の中をよぉ!」

黒にそめろの時、今までで一番押されて思わずモニターに手をついてしまう。
突っ張ってても気を抜くと前傾姿勢になって半分ステージに潜入・・・。
そんな状況の中、須藤さんが急に歌うのをやめて演奏がストップ。
「待って、(前の人が)死にそう。大丈夫?」と須藤さん。
「下がったげて」と宮川さんも気遣ってくれてちょっと楽になる。
そんなトラブルもありつつ、イントロが2回聴けて得した気分。


I’m so sickは初めてライブで聴いた。あれ、この曲なんだったっけ?って
一瞬思って須藤さんの足元のセトリを盗み見てしまいました。
苦しい事は苦しいけど、段々ハイになってきてシラフなのに酔っ払った気分。


背中の方からじっとりとした空気が流れてくる。「暑いね」と斉藤さん。
どこからかハンカチを取り出しメガネをふきふき。・・・ハンカチ王子!!(笑)
おっきいタオルとかじゃなくて小さなタオルハンカチなのが斉藤さんらしい。
「(ゆらゆらしてて)この辺蜃気楼みたいだよね」と斉藤さん。


珍しくメンバーひとりずつ自己紹介がてらMC。
相変わらず「マイクがない人」の宮川さんには須藤さんがマイク回してあげてた。
「奈良は初めて来たんですが、いいところだね」とフィリポが嬉しいひと言。

「皆湯気が立ってて肉まんみたいになってるよ」とフィリポ。確かにすごい湯気。
でも、須藤さんの首筋からも湯気が立ってました。まるで湯上りのよう。
ペットボトルの水をガブガブ飲んで、ボトルをフロアに投げる。

須藤さん「後で皆で銭湯行こうよ!いいとこ知ってる?」
「皆と俺は女湯で、他のメンバーは男湯ね」←え?
「何言ってるの?」と斉藤さん。「意味わかんねぇ」と宮川さん。ごもっとも(笑)


「ドラム、コテイスイ。36のおじさん」と紹介されるコテイスイさん。
何でも「俺とは肌のハリが違う」そうです。
コテさんは「昨日は皆で奈良漬け食べたんだよね」と。
「皆、奈良漬っておばあちゃんとかが漬けてるの?送ってよ!」と須藤さん。

宮川さんは「台風来てたけど晴れて良かったです」って。
「台風大丈夫だった?」と須藤さん。

斉藤さんは「ここの天井が低いから気をつけようと思ってたけど、やめます」と。
確かに見上げると斉藤さんの頭が天井すれすれ。頭を数回ぶつけた模様・・・。

「じゃ、皆も!」って言った後に「全員には訊けないから」と須藤さん。
客に曲のカウントを取らせるも見事にバラバラであえなく失敗。
「いきなりだもんね。しょうがないよね」と。
その時に叫んでた男子に「じゃあ君一人でカウントしてみて!」と。
まさかの一人カウントに「0が全然聞こえない!」と苦言を呈する須藤さん(笑)
仕切り直しの一人カウントで無事曲がスタート。

演奏されたのは新曲。「適当にピョンピョン乗ってたら段々合ってくるから」。
「1.2.3.4!2.2.3.4!」とトラメガでわめくコテさん。
ローラーコースターだったか、須藤さんが目を剥いててちょっと怖かった(^^;)

何の曲だったか、斉藤さんが低い天井を利用して天井で弦を擦ってました。
ピック落として拾ったかと思ったら恍惚とした表情を浮かべてたりと見所満載。


須藤さん「次も新曲で、ACのCMで流れてる『青空』って曲なんですけど、
これはツアー中に作った曲です」。曲はあったはずだから歌詞を変えたのかなぁ。
ちょっと前まで楽譜を見て演奏されてたみたいだけど、今回は楽譜なしで。
斉藤さんが弾くスライドギターがゆらゆらふわふわ心地いい。
髭ちゃんらしからぬ模範的な良い歌詞で、言葉のひとつひとつが心に響く。

ここ何ヶ月かの間に人生の中でも割と大きな辛い出来事が重なって、
この頃物理的にも心理的にもひとりになってしまうことが多かったので、
今日この日に「ひとりじゃないのさ」っていう言葉に出会えたのは大きかった。
音楽に、言葉に救われる事ってやっぱりあるんだなぁ。

須藤さんの顔を見上げてるうちに込み上げてくるものがあって、
情けない顔は見せられないなぁって思ってうつむいて目を閉じて聴いた。


こんなにじーんとさせられたのに、次に来たのがママのジュース。
拍子抜けすると言うか、どっちのモードにも偏り過ぎないんだなぁって。
もしかしたらこの流れは照れ隠しなのかもしれないけど、
髭って改めて面白いバンドだよなぁって思った。
須藤さんは斉藤さんの2本目のストラトを弾いてました。

そう言えば今回、ステッカーだらけのストラトの出番がなかったような・・・?
曖昧な記憶なので間違ってるかもですが。立ててあったのも宮川さんのベースと
その斉藤さんの2本目のストラトだけだったと思います。確か。
この曲で須藤さんがエロい仕草をしてて若干笑ってしまう。

ベースのフレーズが印象的な間奏で須藤さんが宮川さんの周りをぐるぐる回る。
何周も何周もする須藤さん。笑わせようとしてるようにしか見えない。
それでも宮川さんはポーカーフェイスで完璧に弾ききってました。

フィリポは赤いポコポコ音のするあれ(名称が分からず)を叩く時に
叩きやすいようにスタッフさんが押さえてもらっててニコニコでした。
ママのジュースってipodだと飛ばして聴いちゃったりするけど(・・・)、
ライブで聴くと同じ曲とは思えないぐらいかっこいいから不思議。


須藤さん「皆ブチ上がりたい?それともブチ下がりたい?」
お客さん「ブチ上がりたい!!」
須藤さん「そりゃそうだよね。ぶち上がりたいよね」

すんません、わたくし正直ブチ下がりたいと思ってしまいました・・・。

須藤さん「お前らブチ上がり系ポケモンだろ!?」


・・・?


「ブチ上がり系ポケモンGETだぜーー!!!」


・・・???(笑)


「うちの癒し系ポケモン、フィリポ。カウントよろしく!」


D.I.Y.H.I.G.E.は始まり方がめちゃくちゃ上がる曲。
ライブだとイントロのギターの前にベースのフレーズがあるんですよね。
どの曲だったか忘れたけど、須藤さんがお客さんにリズムを取らせようと
4分の何拍子って言ってました。「僕達の心臓の音だよ」とも。
そういや須藤さん何回も「よろしくぅ!」って言ってました。お気に入りのご様子。

この曲からまたモッシュの嵐が復活。骨が痛かった・・・。
ほんとに激しくて、お隣さんと頭をごっつりぶつけてしまいました。
ハリキリ坊やも縦ノリがすごくて須藤さんばりに汗だくに。
須藤さんのテレキャスも水滴でボトボトになってました。


本格的にキツくて楽しいのに終わって欲しいと思いかけた時にボニクラ!!
苦しいけど嬉しくて元気復活。転調前は必ず宮川さんを凝視。

終盤に差し掛かってダーティーな世界。
「俺達の最高点、ここ奈良で更新しちゃう?」と須藤さんがフロアを煽る。

催眠術にかかったみたいに頭がボーっとしてて須藤さんの声が右から左状態。
最後のサビの宮川さんを見てようやく目が醒めました。


ロックンロールと五人の囚人、もうほとんど記憶にないです。
突っ張って踏ん張って、ようやく前傾姿勢で立ってられる状態。
気分悪くなる寸前だったので終わってくれてホッとした・・・。

演奏が終わってステージを後にする5人。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ギターに付いた水滴を拭くスタッフさん。

しばらくしてメンバー登場。フィリポと宮川さんと斉藤さんのみ。
本日のフィリポ用の記念写真の撮影会が催される。カメラマンはスタッフさん。
宮川さんが左に寄りすぎて見切れてしまい、ちょっと移動。
なぜかカニポーズ(チョキじゃなくて影絵の)で写真に納まるフィリポ。
フィリポ近い。今まででいちばんフィリポに接近。


後から須藤さんとコテイスイさんが合流。
いい雰囲気になったところでお馴染みのフレーズが。白薔薇!

間奏の辺りで須藤さんが「ドリンクはどこ?」と。
そんな須藤さんからコテイスイさんに衝撃のひと言が。
「俺がルービーを取りに行ってる間、コテイスイがギター弾いてるから!」

突然の展開に、「一体急に何を言い出すのか」みたいな表情のコテさん。
「コテイスイがギターを弾いてる間、俺はルービーを一杯いただく!」と。

須藤さんはフロアの後方にあると分かったらお客さんの上をよじ登って
ドリンクスペースに向かおうとするも断念して普通に楽屋への通路から。

須藤さんが行方をくらましたのでコテさん困った顔をしながらギターを手に。
ここからコテイスイさんのショータイム!!脚を広げて超絶ギターソロ!
そうこうしているうち、ルービーを手にした須藤さんがお帰りに。
おもむろにコテさんのドラムに腰掛けてドラムを叩く須藤さん。


須藤さん「こんな時、元に戻してくれるのは誰だい?」
お客さん「宮っTea--!!」


須藤さん「ちがぁう!!!」(←子供みたいな口調で)
宮川さん「え?」


須藤さん「宮っTeaなんかじゃなくて俺の幼なじみの宮川くんだよ!!
誰だよ宮っTeaなんて変な気持ち悪いあだ名付けやがって!!」

宮川さん「いや、俺が自分で付けたんだけど」
須藤さん「俺は一度も宮っTeaなんて呼んだ事はない!!」

段々須藤さんの息があがってきて、はぁはぁ肩で息をしてる。
フロアを煽るも、思ったような反応じゃなかった風。
宮川さん「・・・分かったから。須藤大丈夫か?」

須藤さんがフラフラと前に戻って来て、ルービーの瓶を振り回す。
(ちなみにスーパードライでした)ルービーかかったよ・・・。


須藤さん「演奏が止まった時、元に戻してくれるのは誰だい?」
お客さん「宮川く--ーん!!!」

床に転がるルービーの瓶を蹴ってどけて、宮川さんが真ん中に。

宮川さんがモニターに上った途端、皆が寄って集って触るもんだから
「触るなぁ!」と一喝(宮川さんごめんなさい。お腹触ったの私です・・・笑)。
梁に顎を乗っけて顔が隠れた状態で宮川さんがあのフレーズを繰り出す。
何だかんだでこの白薔薇にかなりの時間が割かれてた気が。曲が終わらない。


どこからともなくコテイスイさんがビールケースのお立ち台を手にやって来る。
聞き覚えのあるドラムのフレーズ。下衆爆弾!!

コテさんが近すぎて、もはやどこを見たらいいのか分からず。
ちょうど股間が目の前20cmの所にあって、脚の間からステージ上の
斉藤さんと須藤さんが見えてて、何この絶景!!と別の意味で興奮(笑)

アンコールが終わって、楽屋へと向かう5人。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


もう終わりかなぁ・・・と思いながらも止まない手拍子。
しばらくして、再び出てきてくれました。

須藤さんはパッチワークのラブリーなマントを羽織って登場。
どこで仕入れてきたのか、首のところでちゃんと結んでました。

「大きな声で呼んでくれたら出て来る須藤だよ」と須藤さん。
「奈良に来て良かったよ!こんな幸せな日が他にある?」温かい拍手が起こる。
「感動して・・・こんな時に上手い事喋れるボーカリストなんている!?」
須藤さんもお客さんもすごく嬉しそうでいい空気。

「僕からの忠告。ブラッディーマリーには気を付けて!」
敬礼のポーズと共にブラッディーマリーのイントロが♪
何回聴いても大好き。幸せな気分になれる曲。


最後は「ギルティーは罪な奴!!」

コテさんトラメガを手に大忙し。こっちはこっちで真似するのに忙しい。
「逃げられなーい♪」の所で手をひらひらさせてからブンブン振るんですが、
皆一斉に手を振ると風が吹いて背中がちょっと涼しかった(笑)
曲の最後にはコテイスイさんがアン♪アン♪と鳴いてました。

ひとしきりギルティーギルティー叫んでライブもお開きに。
ステージを去るメンバーに気付いたらありがとうって言ってました。

BGMが鳴っても手拍子が止まず、アンプの電源が切られるまで続いてました。
終わってしまった脱力感と色んな思い出がフラッシュバックしてしばし放心。

こうして髭ちゃん奈良初上陸ライブは幕を下ろしたのでした。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


今まで観た髭ちゃんのライブの中で間違いなく一番濃くて、
2時間半ぐらいあったのにあっという間に終わってしまいました。
本当に近くて、体温を感じるほどの距離でした。
最初は前に来てくれる度に触ってたけど、段々悪い気がしてきて
最後の方は2回に一回ぐらいしか触れませんでした(笑)

大阪で観るライブも楽しいけど、地元は特別です。
自分が育った街を褒めてくれるってすごく嬉しい。
特にこんな田舎なので来てくれるってだけで嬉しいんです。

また懲りずに奈良にも来てほしいです。
ライブ前は精神的に参っていて泣いてばっかりだったけど、
この日のライブでいっぱい充電できました。髭ちゃんありがとう!


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


◆髭“We are HiGE!”TOUR 2009.10.09@奈良NeverLandセットリスト◆

We are HiGE!
溺れる猿は藁をも掴む
寄生虫×ベイビー×ゴー!
髭は赤、ベートーヴェンは黒
ドーナツに死す
ミスター・タンブリンマン
ミートパイ フロム ロシア
黒にそめろ
I’m so sick
3,2,1,0 (新曲)
ローラーコースター (新曲)
青空
嘘とガイコツとママのジュース
D.I.Y.H.I.G.E.
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
ボニー&クライド
ダーティーな世界
ロックンロールと五人の囚人

EN1
白い薔薇が白い薔薇であるように
下衆爆弾

EN2
ブラッディ・マリー、気をつけろ!
ギルティーは罪な奴
[PR]



by pochi-17 | 2009-10-13 23:48 | Live | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://dizzylife1.exblog.jp/tb/9099842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こまぶくろかほり at 2009-10-14 15:49 x
素敵なレポですね~
ありがとうございました。
Commented by pochi-17 at 2009-10-14 23:17
こまぶくろかほりさん>

コメントありがとうございます♪
読んで頂けるだけでも嬉しいのに、そう言って頂けると励みになります。

髭ちゃんには夢のような時間を過ごさせてもらいました。
本当に夢だったんじゃないかと思ったりするんですが、
未だに体が痛むので夢じゃなかったんだなぁと。全治一週間です(^^;)
Commented by MeI at 2009-10-15 23:08 x
もーど!
奈良レポ有難うございます!待ってました!
行ってないので嬉しいです。
しかし、読んでるだけ苦しくなってきました(^^;
自分が(髭ちゃんじゃないけど)最前やった時のこととか思い出して(笑)。
私も腰骨に痣が出来て、翌日は全身筋肉痛でしたからねぇ。。。
今となってはいい思い出ではありますが。

そうそう、今日はフジ@ハッチでございました。
鉄板ソングも、物販コントも、楽しかったですww
志村さんが、ニッカポッカ(?)みたいなサルエルを穿いてて、
シルエットがペンギンのようで可愛らしかったです(笑)。
因みに、関西ローカルの「ロケ●つ」が好きで、大阪の知人に頼んで
よく観ているらしいですよ。
今日ってちょうど放送日ですよね。大阪に泊まるなら、初めてリアルタイムで観れるのかな?(笑)
Commented by pochi-17 at 2009-10-15 23:30
もーど!
つたない奈良レポ、待っててくださってありがとうございました♪
苦しさまでお伝えする気はなかったんですが・・・(^^;)
最前でも快適に観れる時もあるんですけどね。
何しろ小さなハコなので、ぎっちりみっちりコースでした・・・。
でも時間が経てばいい思い出になってしまうのが不思議です(笑)

あ!フジ@ハッチ今日だったんですね!お疲れ様でした~!
この頃バタバタしてて、日程すらすっかり忘れてました(>_<)
ペンギンのような志村さん、私も見たかったです。
鉄板ソングいいですね。あの曲とかあの曲とかですか?羨ましい♪
物販コントは想像するだけでニヤついてしまうのですが(笑)
わざわざ頼んでまで見るなんて相当ハマってるんですね。
って関西人のくせにどんな番組なのか把握してないんですが(^^;)
大阪泊ならリアルで見てるかもしれませんね♪
Commented by みき at 2009-10-16 22:18 x
レポ読みました、楽しかったです~
今回のツアー、各地でかなり盛り上がってますよね!
また小さいハコツアーやってほしいですw

それにしても1番ってすごい…!
Commented by pochi-17 at 2009-10-16 23:33
みきさん>

レポ読んでいただいてありがとうございます!
ライブが終わってネタバレ解禁になったので各地のレポを読み漁ってます(笑)
Zeppでも十分近いと思ってたんですが、今回の近さは衝撃的でした。
また地方を細かく回るツアーやってほしいですね♪

1番は自分でもびっくりでした。
ローソンのレジでニヤついて完全に怪しい客になってました(^^;)
Commented by 鮎華 at 2009-10-30 22:48 x
ぽちさん♪
やっとぽちさんのレポ読ませていただきましたよ!!いやーやっぱりすごいです。なんだかライブに行った気分になっちゃいますもん♪
絶景のとこ、かなり笑わせていただきました!笑
1番ってほんとにすごいですね!でも苦しそう…。お疲れ様でした!!
自分の生まれ育った街に大好きなアーティストがきてくれるなんて感動ですよね。うらやましいです。すごく素敵な幸せな時間ですね♪
Commented by pochi-17 at 2009-10-30 23:43
こんばんは♪
さいたまのライブお疲れ様でした!
さっき鮎華さんのレポも読ませていただきました!
奈良とはまたセトリが違って羨ましかったです☆
また後でコメントしに行きますので!

絶景・・・一瞬ここは天橋立か!?って思っちゃいました(笑)
一生に数度しか訪れないであろう、何ともインパクトのある光景でした(^^;)
1番のチケットは発券した時、びっくりを通り越して笑っちゃいました。
うそー!!ってめちゃくちゃにやけてて怪しい客でした(笑)
実際苦しかったんですが振り返ってみれば楽しかったです!
ライブも楽しかったですし、髭ちゃん達がライブの後も
奈良を堪能してくれたのがすごく嬉しかったです♪
いつか須藤さん達の地元の水戸でもライブ観てみたいです(^^*)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

2017.11.16 GLA..
at 2017-12-01 21:50
2017.11.20 GLA..
at 2017-11-23 22:00
2017.11.9 髭×OG..
at 2017-11-19 21:50

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧