カテゴリ:Live( 188 )




2015.12.25 須藤寿GATALI ACOUSTIC SET@心斎橋Music Club JANUS

12月25日、心斎橋JANUSであった髭の須藤さんのソロプロジェクト、
須藤寿GATALI ACOUSTIC SETのライブに行ってきました。
今回は3人でボーカル須藤さん、ギターに長岡さん、鍵盤にgomesさんという編成。
須藤さんの位置にはスツール、長岡さんの位置にはソファー、
そしてgomesさんの位置にはグランドピアノ(ライブハウスなのに!)。
開演までのBGMもめずらしくBSBとか流れてて、
お客さんもいつもより少しお洒落していてクリスマスらしい雰囲気。
着席でのライブだったんだけどたまたま座った前の席がフォロワーさんでびっくり。

開演時間を少し過ぎた頃、須藤さんが先に出てきてメンバーを呼び込む。
長岡さんがgomesさんの肩に両手を乗せて電車ごっこみたいに登場。

一曲目は髭のセルフカバー、僕についておいで。
長岡さんのギターだとまた違った雰囲気になるから不思議。
gomesさんのコーラスがすごく綺麗だった。
続いてGATALIバージョンのサンシャイン(sunset)。
gomesさんのピアノと長岡さんが爪弾くギター、須藤さんの優しい歌声が
日が傾いて波間に光が反射している海辺の風景を描いてた。

須藤さん「メリークリスマス!皆昨日は異性の服を引っ張ったりしてたの?」

長岡さん「何?服を引っ張るって」
須藤さん「服を伸ばして脱がしたりするの」
長岡さん「ああ、そういう事か」

須藤さん「俺の服のここ(脇の下)が伸びてるのは女の人に引っ張られたからだから。
須藤のそこ引っ張っても何もないですよ!って思うんだけど(笑)
皆好きな人の服を引っ張ったり引っ張られたりしてたんでしょ?
自分は2、3年前から雑誌の対談でアイドルとも対談してたから
髭のTwitterアカウントでアイドルもフォローしてるんだけど、クリスマスイブの
24時になった瞬間にそのアイドルの子達が一斉にゲームやってます!とか
ツイートし始めて。アリバイ作りなのかな?って思って。わざわざイブの夜にそんなツイートする?
俺ぐらいになったらつぶやかずにつぶやいてるから!それと昨日僕達リハーサルしてたんだけど」

長岡さん「昨日リハーサルだったってそれは言っていいの?」

須藤さん「うん。俺達昨日リハーサルしてたんだけど、亮介がコーヒー飲んでるから
俺も飲みたくなって外に出たの。2時か3時だよ?夜中じゃない昼の。
そしたら19、20歳ぐらいのいかにも楽しんでますみたいな若者が氷結持ってて。
2時とか3時から氷結飲んでたらもう5時ぐらいにはどうすんの?すっかり酔っ払ってるでしょ。
その後まだ予定あるんですか?って思って。…ビールもらおうかな。(スタッフさんにビールをもらって)
ありがとうございます。ここに飲んだやつ積み上げていこうかな?乾杯でもしようか。メリークリスマス!
声が小さい!!さっきまであんなにガヤガヤしてたのに!あのガヤガヤが緊張するんだよね」

須藤さん「3曲目までが長いね。曲行こうか」


太陽の季節は3人編成で聴くと音源とはまた雰囲気が違って新鮮だった。
gomesさんのコーラスの美しさと須藤さんの声の魅力が詰まってた。
アコギの弦に指を滑らせる時のキュッって音まで聴こえる距離感の贅沢さ。

須藤さん「今から僕が行ってみたい場所の名前を言っていきます。
いつかみんなで一緒に行けたらいいですね」

そんな言葉を挟んでの素敵な時間旅行。ご機嫌なギターの長岡さん。
ゆるゆるとした心地良いドライブ感。歌詞を確認してるのか、時折譜面を見る須藤さん。


須藤さん「…ありがとうございます。今日大阪に来る時にgomesは別で
俺と亮介で新幹線隣同士座ってきたんだけど、イヤホンしてPC開いて
完璧に自分の空間作っちゃって全然喋らないからね。
うちの家にデスクトップのパソコンが古いのと新しいのの2台あるんだけど、
古いって言ってもまだ全然起きててこの作業はこっちでしよう、これはこっちでしようって
使い分けてたんだけど古い方が動かなくなっちゃって。面倒だからアプリケーションを
新しい方には入れてなかったからそれで修理お願いして、症状を聞かれた時に
『昨日の朝までは作業してたんですけど出かけて帰ってきたら動かなくなってて…』って
もうそれおじいちゃんじゃん!(笑)あれ良くないと思うんだけど、
もうパソコンとか携帯が家族より家族みたいになっちゃってるの」

長岡さん「俺も3日前ぐらいに携帯なくしたんだけど、携帯に頼っちゃってるんだなって思った」

須藤さん「亮介ぐらいになるとそれこそパスコードセットしてなかったらまずいような
個人情報も入ってるんじゃないの?それでどうすんのって言ったら
『携帯であの人に聞いてみよう』って携帯が手元にある前提の話してるの(笑)」

長岡さん「乗り換えでどれが早いかも分からなかった」
須藤さん「分からないか。俺も駅すぱあと使ってんな…」
長岡さん「俺は乗り換えグーグルマップ使ってるんだけど」

須藤さん「俺、ちょっと前に使ってたイヤホンをなくしちゃったから
家から歩いて一時間ぐらいの所にある電器量販店に買いに行ったの。
それで色々時間かけて試聴してたんだけどいいなと思ったのが一番高いやつで。
高いからいいっていう訳でもないんだけど気に入ったのがそれで、
3万円ぐらいしたんだけど気に入ったから買っちゃおうと思って買って、
帰りにまた一時間ぐらい歩いて帰ろうと思ったんだけど途中で
ヨーグルト飲みたいなって思ってコンビニに入ったの。
そこでトイレ入ったら手を乾かすブォーってやつの上に財布が置いてあって。
明らかに財布なの。須藤、貰っちゃえよ!って悪魔の囁きが聞こえてきて。
一瞬色んな事を思ったんだけど自分のカバンに入れて出て行っちゃったの。
ネコババしちゃおうと思って。それで家に帰る途中に公園があって、
周りに誰もいないか確認してそこでその財布を開けたの。
そしたら開けた瞬間若いカップルのプリクラが貼ってあったのが見えて、
うわ絶対どっちかじゃんと思って、3万円入ってたんだけど見たら
19歳男子専門学生の学生証が入ってて。人の顔が見えたらダメだね。
なぜかそこでお母さんの顔が浮かんで、いや消えて消えて!って思って(笑)
俺も今まで財布落として札だけ抜かれて帰って来たじゃん、同じ事するのか?って思って」

長岡さん「うちの親父が落とした財布も帰ってこなかった」

須藤さん「コンビニのトイレで拾ったんだから店員さんに届ければ良かったんだけど
もう持ってきちゃったし、この先こんな事をずっと抱えていくのも嫌だから
やっぱり遠回りになるけど近くの交番に届けようと思って交番行ったの。
そしたら警察官がまず俺が盗んだんじゃないかって明らかに疑ってるの。
持ち主の言う入ってた金額と照らし合わせるみたいで。それで、
『で、あなたはどうするんですか』って。俺にお金を貰う権利があるんだけど
貰いますか?貰いませんか?って高圧的な態度で聞いてくるの。
すごいよね役人って。そこで貰います!って普通言えないじゃない?(笑)
それと3割だっけ?あと持ち主が現れてお礼がしたい!ってなった場合
持ち主にあなたの住所と電話番号を知らせますか?って聞かれて。
お金を貰う最後のチャンスだ!って思ったんだけど3万円の3割ってもう計算するのも…って
思いながらも『書きます』って(笑)それでその後持ち主は見つかった
みたいなんだけど、ひとっつも連絡来なかったからね!!(笑)
財布持って交番行く時、通行人にしっぽ踏まれてたもん絶対。先が三角のしっぽ!
落語で芝浜ってあるけどまさにそれだなって思って」

須藤さん「さっき新幹線でイヤホンして全然喋らなかったって話したけど
俺が先にイヤホンしたんだった!曲覚えようと思って」

続いてgomesさんセレクトでビートルズのカバー、This Boy。
これがまた須藤さんの声によく合ってて、そのシャウトは
gomesさんが「僕はこんなに綺麗に声が割れないから羨ましい」
長岡さんも「似合ってたよね」って太鼓判。

せってん、髭のアコースティックライブでは聴いた事あったけどGATALIでは初めてかな?
ちょっとアップテンポになってかわいい雰囲気に変身してた。

チョコレートドリームの須藤さんのあざと可愛さよ。何度だって言うよ、何万回も。かわいい!
なんだけど演奏はちゃんとしてるし洗練されてるし、元は幼児番組で流れてた曲とは思えない。

続いて今度は長岡さんセレクトのビートルズカバー、Yes It Is。
…なんだけど本当に素で曲を忘れてしまっていた須藤さんが「曲のさわりだけ教えて?」って
長岡さんにワンフレーズだけ弾いてもらって思い出すという。付け焼刃のカバーだって言ってた。笑
でも歌い始めたらそんな事も感じさせなくてミュージシャンってすごいなあって。

須藤さん「今のビートルズの曲は亮介が選んでくれたんだけど暗いよね。
俺がペトロールズの曲の中で好きな湖畔って曲があるんだけどあれも暗いよね」

長岡さん「暗い」

須藤さん「インタビューとかで昔は暗いですねって、まあ直接暗いって言わないで他のアプローチで
言われるんだけど暗いって言われてちょっと嬉しかったけど今はそうでもないな。gomesはどうだった?今の曲」

gomesさん「ビートルズは好きだけどこの曲は自分の中では割と
どうでもいい曲だったんだけど、演奏してみていい曲だなって思った」

須藤さん「gomesはビートルズが好きすぎて『ジョージは…』とか
『こういう時ジョンは』とかまるで自分もメンバーみたいに話すの(笑)」

gomesさん「インタビュー読みすぎて…」

MCの間、少し席を外す長岡さん。

須藤さん「gomesの所にはいつまでサンタクロース来てたの?いつまで信じてたの?」

gomesさん「小学生の時なんだけど、ある年に誕生日でもないのに12月23日に
お父さんが野球のグローブを買ってくれたの。それで24日になって、3つ下の弟が
いるんだけど、その弟の所にはサンタさんが来てたんだけど僕には来なくて、
『何でお兄ちゃんの所にはサンタさん来てないの?』って言われて、
『お兄ちゃんはもう大人になったからサンタさんは来ないんだよ』って」

ちょうど私がいた場所からお母さんに連れられて来てた幼稚園ぐらいの男の子が
ずっと見えてたからきわどい話になったけど大丈夫かなって思ってたら。

長岡さん「(客席の男の子に)さっき並んでトイレしたよね。昨日サンタさん来た?
(頷く男の子)いい子の所には来るんだよ。おじさんの事忘れないでね」

須藤さん「昔、クリスマスプレゼントにドラクエ2のソフトを買ってもらって、
当時人気があったから友達がみんな遊びに来てドラクエやってたの。
なかなか帰らないなあと思ってやっと帰った後見たらそのソフトがなくなってたの!
誰かが隠して持って帰っちゃったみたいで。結局返ってこなかった。
皆RPGとかやる?俺昔RPGやっててある時『このレール敷かれてんな』って気付いたの。
だってスライム倒し続けてたらレベル99まで行けるもん。そうでしょ?
だからちょっと前にモンハンが流行ってた時も俺はやってなかったもん。
最近の若いバンドの奴とかモンハンばっかりやってて、どこかで会っても
『(一切顔を上げないで)須藤さんチャーッス!』って感じだよ?
思い出したんだけど昔、友達がRPGの登場人物に自分の名前と
好きな女の子の名前を付けて毎晩意味もなく宿屋に泊まってたよ」

長岡さん「新しい楽しみ方だね」

須藤さん「昨日言おうとして言わなかった話があるんだけど」
長岡さん「ああ、これは明日話そうって言ってたね」
須藤さん「亮介は人の悪口でしか笑ってくれないから。ボーカリストって毒舌だよね。
三人とも毒舌だからね。gomesとかもう悪すぎて紫色のオーラが出てるから!」

須藤さん「去年あるフェスに髭としてじゃなくゲストボーカルとして
自分だけが呼ばれた時があって、そういう時ってスタッフさんとかも
付いてこないから自分ひとりで会場まで向かってたんだけど、
お客さんが乗るシャトルバスと同じように出演者用のバスもあって、
それに乗ったの。時間も時間だったから自分ひとりしか乗ってなくて、
誰もいないから運転手さんの後ろの席に座っちゃおうと思って座ってたの。
そしたら発車する間際になって誰か乗ってきたの。ちらっと見たら
すごい重そうな人が乗ってきて完全にバスが傾いちゃってるの。
スタッフさんもいたから全部で10人ぐらいいたかな、○○○風の人だったの」

「それで一番後ろに座って欲しかったのにそういう時に限ってすぐ後ろに座られて。
前ばっかり重くなってこれ後輪浮いちゃってるんじゃないの?って思って(笑)
俺、その時イヤホンしてたけどメンバー同士の会話が聞きたくて外したもん。
『終わったらどこ行く?』とか喋ってて、これ(小指)かな?とか勝手に想像して
どんな人が座ってるのかと思ってこうやって(伸びするふり)振り返っちゃったりして(笑)
見たら前後に並んで座って背もたれのとこに両腕置いて覗き込んで前の人と喋ってて。
この辺(目のぎりぎり)までバンダナ巻いた人とかもいて、
その人は細いんだけど全身タトゥーだらけで、うわーって思って」

「それで会場に着いて自分の出番が終わってまだ時間あるしどうしようと思った時に
…そうだ!○○○風観よう!って思って(笑)こんな機会でもないと観れないし
インビも貰えないだろうしと思って、袖から観たんだよ。特等席じゃん袖なんて。
それでSEが鳴ってお客さんはもうウワー!ってなってるわけ。それでメンバーが遠くから
ドドドドド!って走って来て袖でピタッと止まって。止まるんだ!って思って(笑)
俺こんな所にいてもし気付かれたらどうしようと思って観てたんだけど、
そこでオリャァーー!みたいなの始まっちゃって。うわすっごいなって思って。
それで3曲目ぐらいの時に…(長岡さん「もうライブ始まってるの?」)
飛ばしちゃった(笑)始まってる始まってる。若○○さんが『お前ら持ってんだろうな?』って
言い出して、何かと思ったらお客さんがみんなグッズのタオル持ってるのね。
忘れもしない黄色のタオル!それを振り回して。わー、きれいだなあと思って見てたんだけど
何かもやあっとしてて、え、何これ?って思ってよく見たらホコリだったの。
みんなそんな所に居合わせた事あります?すごいよね、あれ!
買ったばっかりの洗ってないタオルだから毛羽毛羽がすごくて。
俺、ハウスダストアレルギーで古着屋とか行ってもクシャミ出るから袖でずっと
クシュッ!クシュッ!って(笑)髭でもタオル回しますって言ったらタオル売れるかな?
でもクシャミ出るからダメか。あれ、俺髭のライブ観に来たのに真ん中のボーカルが
ずっとクシャミしてるって思われるか(笑)クシュッ!クシュッ!って。
みんな黄色のタオルなんだけどたまに違う色の昔のタオルとか持ってたら
それはすごいなって思われるの?アイツやるなみたいな(笑)」

長岡さん「風、吹いてた?」
須藤さん「吹いてた!」

このくだりだけで多分15分近く喋ってた。
須藤さんの描写がいちいち細かいのがツボにはまって
笑いすぎて涙ぼろぼろ出てきたんだけど。笑

GATALIバージョンのダイアリー、gomesさんのピアノの音色が優しくて温かかった。
ジョゼもシンプルなアレンジで聴くとより歌詞がストレートに響いた。

クリスマスだから、とポールマッカートニーのカバーでWonderful Christmastime。
赤と緑の照明が小粋だった。こんな曲を聴けるのもクリスマスのライブだけだから嬉しかったなあ。

騒々しいバナナ、曲の終盤に須藤さんが「バナナバナナ♪バナナバナナ♪」って突然
腕をふりふりしながら踊る(練り歩く?)から思わず笑ってしまった。3人でハモるところが好き。

今度のカバー曲は千ちゃぷのエンディング曲でもあるCan't take my eyes off you。
男性が歌うのもありだなあ。とっても素敵だった!

本編ラストは僕はゲリラ。いつも曲の終盤のフレーズにぐっときてしまう。
gomesさんと長岡さんの演奏がこれがまたいいんだ。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

アンコールの手拍子に応えて再びメンバーがステージへ。

須藤さん「アンコールありがとう!」

須藤さん「今日はめずらしくアコ、アコでグランドピアノとアコースティックギターでね」
長岡さん「指が痛くなっちゃった」
須藤さん「みんな歌えるっていいね。髭のメンバーが歌えないからダメって意味じゃないけど(笑)
また今度はケイタくんのシュー!聞きたいね。GATALIで地方細かく回ったりしたいね」

「今年作った曲を」とラブヘイト。音源のアナログっぽい音作りも素敵だけど、ライブでの
アレンジもまた素敵だった。須藤さんの歌に全部持って行かれて涙が出そうだった。

「最後しっとりテキーラいこうか」ってラストはテキーラ!テキーラ!
しっとりなのかはよく分からなかったけど、どことなくラテンっぽいgomesさんのピアノソロに負けじと
長岡さんの指先にも力がこもって目移りする間奏だった。曲の途中で歓声が上がるぐらいすごかった。
観てる方も白熱するね。座って観てるだけなんだけど気持ちが燃えてくるというか。

須藤さん「ピアニスト、gomes!ギター、長岡亮介!」
長岡さん「ボーカル、須藤寿!」

お客さんもメンバーも皆笑顔でライブが終了。贅沢な、至福のひと時だった。
どの曲も素敵すぎて一曲終わるごとに溶けてしまいそうだった。
gomesさんは「ピアニスト、gomes!」っていう言葉がぴったりな音楽の魔法使いのようで、
長岡さんのギターの音色は曲によって様々な表情を見せてとても魅力的だったし、
須藤さんは皆で歌う曲でお客さんにマイク向けて歌わせようとしたり、
ストンプ踏み鳴らして苦情くるかな?って言ったりしてたのも須藤さんっぽくていいなあって。

かと思えばMCはいつも以上に18禁な感じで、女性を押し倒す瞬間の緊張感の話したり。
(見てないTVでNEWS23が流れて、いい感じになった時ってやっぱり男から
行かなきゃダメなんでしょ?押し倒す瞬間緊張するんだよね。もう倒しちゃったら
こっちのものなんだけど。ちょっと、って言われる時もあるけど…みたいな感じだった)
生々しいわ!反応に困るわ!まあ面白かったけど。笑
長岡さんも「今日は最初から最後まで際どかったね」って言ってたしね。
でもこんなに大笑いしたのいつぶりだろ?っていうぐらいには笑った。
MC端折って書いてこれなので実際はもっと喋ってる。記憶力の限界。。

終演後は物販に須藤さんが出てきてくれて、また地元アピールしてしまった。
「GATALIでも奈良に行きたいなー、その時は来てね」って言ってくださったので
行きます!って即答。来るなって言われても行きます!笑
ならまちの町屋カフェとか似合うと思うんだけどなあ。いつか来てほしいな。

あといつも言いたい事を言えないから最近は手紙に書いて渡すんだけど、
キモいんで引かないでくださいって言いながら渡したら、
「そんな事ないよ!ありがとう」って。。すごく嬉しかったんだけど、
いや須藤さん、その手紙の真のキモさに気付くのは読む時ですからって思った…笑

ほんとに髭ちゃんもGATALIもどっちも最高だなあ。2016年はまた5人のGATALIが
観れたらいいなあ。あと新作も待ってるしカバーアルバムの夢も諦めてないから!


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2015.12.25 須藤寿GATALI ACOUSTIC SET
@心斎橋Music Club JANUS セットリスト


僕についておいで
サンシャイン(sunset)

太陽の季節
素敵な時間旅行
This Boy (ビートルズカバー)
せってん
チョコレートドリーム
Yes It Is(ビートルズカバー)
ダイアリー
ジョゼ
Wonderful Christmastime(ポール・マッカートニーカバー)
騒々しいバナナ
Can't take my eyes off you
僕はゲリラ

en
ラブヘイト
テキーラ!テキーラ!
[PR]



by pochi-17 | 2016-01-11 00:57 | Live | Trackback | Comments(0)

2015.12.28 RADIO CRAZY

あけましておめでとうございます。

昨年も一年間、ひたすらライブレポを書き綴っていくだけと化した
このブログにお付き合いいただきありがとうございました。
年末にまとめ的な記事を上げようかと思ったもののレポを先に書いてしまった。
しかもGATALIとTHROAT大忘年会のレポも書いてない。。
今年もマイペースで思ったことを忘れないように記録していく所存です。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

12月28日、FM802のロック大忘年会、RADIO CRAZYに行ってきました。
MONOEYESと髭ちゃんが同日って発表になった時に行くしかない!と思いまして。
25日から謎の年末ライブラッシュでレポをまとめる時間が足りないのでさくっと感想を。
本命のMONOEYESと髭ちゃんだけはちゃんと書いたつもり。
セトリは拾い物、分かる範囲で載せてます。間違ってたらごめんなさい。

個人的には2年ぶりのレディクレ、知らない間にステージも増えればクロークの場所も変わってて
敷地内のいちばん奥、ビル3階分の高さの坂道を登らないと辿り着けないという
なんとも鬼のような状況になってて萎えたけど休む時間もなくぎっちり詰め込んで
ナッシングス→サンボ→バクホン→KING ALL STARS→モノアイズ→バースデイ→
髭→ピロウズ→健さん→スカパラと途中からのものもあるけど色々観れた。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

まず一発目はNothing's Carved In Stone。
ライブの前に802DJの中島ヒロトさんが登場して前説的なMC。

びっくりしたのが一音目からいきなりかっこいい。間奏もいちいちかっこいい。
エルレ休止以降はじめて生ウブさん観たけど相変わらず、
いやあの頃よりもっとすごいギタリストになってるなあって
ちょっと遠い存在に感じたりもしたけど今もペースを落とさず
活動してくれているのは嬉しいなとかそんな事を思ったりした。
ひなっちのベースは無二の存在感でずっと見てても全然飽きないなあ。
大喜多さんも村松さんも含めてプロ集団、百戦錬磨のバンドだった。

1.Isolation
2.Milestone
3.MAZE**
4.きらめきの花
5.Out of Control
6.Spirit Inspiration

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

そのままサンボマスター。 2柵目にいたのに序盤から押しがすごくて後ろに退散。
そしたら最後のスカパラまで体力残そうとするんじゃねえぞ!ってMCが…笑
アホ年末コールもすごかったけど、最後のMCだったかな、
それまでまくし立てるように矢継ぎ早に言葉を発してた山口さんが
真面目なトーンで勝手に死ぬんじゃないぞって言っててぐさっと刺さった。
それにしてもサンボマスターはみんなが歌えるキラーチューンをたくさん持ってるバンドだなあ。
竿後のロックンロールイズノットデッドがよかった。すごく。

1.ミラクルをキミとおこしたいんです
2.世界をかえさせておくれよ
3.愛してる愛して欲しい
4.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
5.できっこないをやらなくちゃ
6.ロックンロールイズノットデッド

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ささっと昼食を挟んで移動の後THE BACK HORN。
LOVE FOR NIPPONのイベントで山田さんの弾き語りは観た事あるけど初めて観た。
マツさんが最初のMC、引っ張るような感じでしゃべってた。
後ろで観てたんだけど近くにいたウェイウェイ系男子のノリがうざくて
曲中に変な合いの手入れてて最低だった。聴く気ないなら出て行ってよ…。
ライブ自体は山田さんの男っぽい歌いっぷりも岡峰さんの歪んだベースもかっこ良かった。
菅波さんは何だろう、イメージしてたまんまだった。裏切らないキャラクター。笑
そんなに曲知らないやって思ってたけど知ってる曲が多くやってくれた。

1.声
2.刃
3.罠
4.美しい名前
5.その先へ
6.真夜中のライオン
7.コバルトブルー

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

また移動して加山雄三さん率いるTHE King ALL STARS。
佐藤タイジさん、ウエノコウジさん、武藤昭平さん、古市コータローさん、タブゾンビさんなど、
バンドメンバーがまずすごい。そうそうたる顔ぶれ。
すでにサウンドチェックが始まっていてウエノさんがウッドベース持ってて、わ!って。
加山さんはサウンドチェックで登場しただけで拍手が起きるほどのオーラと貫録をまとっていて、
マイクチェックはフランス語で行っててそれがまた素敵だった。

TVの中の人という感じなのに、ちゃんと会場の隅々まで目を配って歌われてたし、
ウエノさんが一曲目からウッドベース弾いてて釘づけになったけど、
continueは武藤さんボーカルで、加山さんの往年のヒット曲である夜空の星も歌ってくれたり、
Misirlouのギターなんかもう現役バリバリだったしタブさんとの絡みが最高だった。
曲中タイジさんの弦が切れたのを加山さんが見つけて指でつまみ上げて、
「タイジは偉い、弦が切れてもちゃんと演奏してる!」って。笑

最後は「フランク・シナトラの生誕100周年で録音された音源と共演する事ができたん
ですけども、この曲は若い皆さんも聴いたことがあると思います」とMy Way。
これがほんとに圧巻で、大人の上質な音楽ここにありというステージだった。
こういう機会でもないと観れないし、いいものを観させていただきました。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

そのまますぐそこのステージで始まるKeishiさん観たかったけどMONOEYESの
規制が怖くてZステージに移動。そしたらBIGMAMAですでに規制かかってて焦った…。
しばらく並んで何とか入れたので3、4曲だけBIGMAMAも聴けた。
華があってキャッチーで、そりゃ人気出るわ!って感じだった。ハマるかどうかは別として。
ライブ終わって出ていくお客さんと入れ替わりで上手の端4列目ぐらいまで行けた。

すぐにメンバーが出てきて自らセッティング。細美さんがピンスポが眩しいって
照明の調整をしたりチューニングしたりしてからサウンドチェック。
昨日すぐ目の前にいた戸高さんがこんな大きいステージに立ってるのが不思議だった。
サウンドチェックの時は黒のスウェットだったけど本番では
THROAT RECORDSの黒のドクロT着てたのが何だか嬉しかったな。
細美さんはいつもの(お風呂で洗ってるって言ってた)真っ赤なTシャツ、黒のワークパンツ。
スコットさんは赤と白のチェックのシャツにデニム、一瀬さんは白いTシャツ姿。
細美さんの「サウンドチェック行きます」の声で始まったのはWhat I Left Today。
本番さながらのテンションにお客さんのボルテージもぐいぐい上がっていく。

曲が終わって最後に一瀬さんが「俺ドラム叩けてる?」って確認。
そしたら細美さんが「大丈夫叩けてる。先輩、いっせの髪型大丈夫?」って。
その時に一瀬さんが「板前でーす!」って言ってて笑った。

メンバーが一旦ステージを後にしてライブが始まる前に802DJの大抜卓人さんが出てきてMC。
「番組準レギュラーとして月に一度出演していただくようになって早いものでもう8年、
バンドを休止した細美これからどう動くのかというのを伝えたいというきっかけで
始まりましたが今では細美さんの第一声を聞くだけで今日は調子がいいな、今日は調子が悪いなと
いうのが分かるようになりました。細美さんがいいって 言ってくれるうちはずっとこのコーナーを
続けていきたいと思っています。とにかくみんなと楽しみたいと始めたバンド、
今年はMONOEYESとして初めてのRADIO CRAZY出演です。Ladies and gentlemen!MONOEYES!!」

RADIO CRAZYのジングルが流れてビジョンにMONOEYESの文字が映し出されると大歓声に包まれる。
いつの間にかタイムリーになってたスターウォーズのテーマに乗ってメンバーが登場。

期待と緊張が入り混じった空気の中、最初の音を鳴らす。
スコットさんはベースの弦をノックして歪んだ音を広々とした空間いっぱいに響かせる。
1曲目はCold Reaction。音の厚みとサビでスパークするようなサウンドが気持ちいい。
その流れでLike We've Never Lost。イントロからいきなり心を掴まれる
流れるような指使いが美しいギターのリフ。気付けば合唱が起こっていて
皆の腕がステージに向かって伸びてる。狭くて空気が薄いライブハウスも、
こんな大きいステージもどっちも似合ってしまうバンドだなあ。

細美さん「こんばんはMONOEYESです!」
When I Was A King、一瀬さんの怒涛のツービートがめちゃくちゃかっこいい。
自然発生的に手拍子が広がっていくのはフロアから見ていてもわくわくする。
まっすぐにフロアを見据えて歌う細美さんがすごくいきいきとしていて眩しかった。

細美さん「ちょっと興奮しすぎてるね、興奮しすぎてるわ。…俺が」
MC中にスコットさんがフロアに水を撒く。どうやったらあんなに勢いよく飛ぶんだろ。

細美さん「メンバー紹介。ベース、スコット!スコーットマーフィー♪
スコーットマーフィー♪スーコスコスコスコットマーフィー♪
スコットマーフィーフロムシカゴ!シカゴから日本に来てくれました」

スコットさん「(手裏剣&忍者ポーズ)もうかりまっか?そんなにもうかってない?(笑)」
細美さん「スコット今年どうだった?」
スコットさん「友達とバンドやって毎日一緒にいて、
こんな幸せな事はないと思います。来年もよろしくね!」

細美さん「来年もよろしく!ギター、戸高賢史!」
戸高さん「…マスオさんやる?」
細美さん「それやっても(目の前を指して)ここら辺の人しか分からないよ(笑)」
戸高さん「エェ!?(笑)」

細美さん「ドラム、一瀬正和!」
一瀬さん「髪を切りすぎました一瀬正和です!(X JAPANのポーズ)」
細美さん「武道館の時の俺よりはマシだから。
音響、東北ライブハウス大作戦本部長、SPC西片明人!」
スコットさん「そしてギターボーカル、細美武士!」

細美さん「今年はいっせの○○○にバナナを突っ込んでバナナ味の
○○○を舐めました。来年も捕まらない程度に楽しい事をしたいと思います。
負け犬の歌、マイ・ファッキン・インスタントソング」

前列のメンバーもお客さんも一斉に飛び跳ねる。My Instant Song。
今年はほんとにこの歌にいっぱい助けてもらったなあ。
苦しみも悲しみも全部包み込んで光に変えてしまう魔法の歌。
明日公園で、ベースを銃に見立ててフロアを撃つスコットさんが無邪気でかわいかった。
戸高さんが下手側、スコットさんが上手側に入れ替わって演奏してたんだけど、
戸高さんのマイクでコーラスするスコットさんの声がいつもより大きく聴こえた気がする。
立ち位置に戻る時に二人がハイタッチを交わしてたのに思わずぐっときてしまった。

細美さん「2015年あと4日、終わり良ければすべて良し、残りも楽しもう!
また明日からみんな別々の所に戻るけど、迷った時は光のあたる場所に出てきて。
俺たちはいつもステージの上にいるから。こっからラストパートに入るけど怪我しないように楽しんで」

Run Runの重厚なイントロのグルーヴの中で、もう少しでライブが終わってしまうんだって
気持ちがどんどん大きくなってきて、まだ終わってもないのにロス症状が出そうだった。
細美さんめずらしく2番頭の歌詞飛ばしてて、その後のラジオで「やってもたー…」って言ってた。笑
Remember Meを聴くとBIGCATの事を思い出す。2番のAメロでフロアを指してるのを見ると
すぐ泣きそうになるんだけど、曲が終わる頃には清々しい気持ちになってるから不思議。
最後はグラニート。歌詞にあるように、心に風が吹き抜けるようなイントロのサウンド。
間奏の所で細美さんが「ギター、トディ!」って。そのギターソロがまたとびきりかっこいいんだ。
最後、細美さんスコットさん戸高さんがこの日いちばんの大ジャンプを決めてライブが終了。

細美さん「ありがとうございましたMONOEYESでした!良いお年を!」

笑顔でステージを後にするメンバー。最後に戸高さんがフロアにボトル投げこむ。
一年の締めくくりにふさわしいMONOEYESらしいステージ。
2015年はいっぱいMONOEYESの音楽に救ってもらったなあ。来年もいっぱいライブ観れたらいいな。

SC.What I Left Today

1.Cold Reaction
2.Like We've Never Lost
3.When I Was A King
4.My Instant Song
5.明日公園で
6.Run Run
7.Remember Me
8.グラニート

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらく余韻に浸ってたかったけどそそくさと移動してThe Birthday。
いつの間にかすっかり暗くなってた。3曲目の途中ぐらいから観れた。
思いがけず前に行けたから肉眼でもはっきりと見える距離で堪能させていただきました。
まずフロアに足を踏み入れた瞬間にチバさんの声の存在感と佇まいに圧倒されそうになった。
フロントエリアにはメンバーと同世代ぐらいの男性も多かった。

MCでクハラさんが「大掃除終わりましたか?今年の汚れは今年のうちに」って何かのCMみたいな事を。
チバさんはRADIO CRAZYという単語が出てこない様子だったのに
「クレイジーラジオでもいいね」ってかっこ良くまとめてた。ずるい。笑
チバさんのハープ曲も聴けたし、くそったれの世界も最強にかっこよかった。
最後クハラさんがスティック投げ込んで終了。

1.MOTHER
2.FULLBODYのBLOOD
3.I KNOW
4.くそったれの世界
5.LOVE SHOT
6.Shan Shan
7.涙がこぼれそう

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

今年は大きめのステージだった髭ちゃん。
バースデイの撤収が終わってすぐ謙介さんと宮川さんが出てきてセッティング。
しばらくして他のメンバーも出てきて最後に須藤さんが出てきたんだけど
須藤さんの時だけみんな須藤さん…!ってなってた。笑白のスウェット着てた。
サウンドチェックでダリアをワンコーラスと囚人を一曲全部。え、囚人は本編じゃないの?
ナイフ、レモネードって置くように歌うバージョン久々に聴けた。
サウンドチェックが終わって一旦ステージを後にするメンバー。
須藤さんが笑顔でフロアを見ながらはけていく。

ジングルの後いつものSEが鳴って手拍子が起きる。メンバーが登場。
須藤さんはアーティストパスを首からぶら下げて白のTシャツに
黒の足首丈のてろてろ素材のサルエル、黒のコンバース。
宮川さんは多分この間のクアトロと同じ、斉藤さん赤のブロックチェックのシャツ。
gomesさんのアメカジっぽいスウェット可愛かった。謙介さんはTシャツ、
コテさんはバンTの上にサテンみたいな生地のマント羽織ってた。

一曲目いきなりダリア始まりでめっちゃ上がった。毒っ気のある
怪しいサウンドでじわじわとフロアを揺らしていく。

須藤さんがギターを掻き鳴らす。おもちゃ箱をひっくり返したような
ポップなイントロのボニー&クライドは以前802のヘビロテにもなってたから
802関連のライブではほぼ必ず演奏する律儀な髭ちゃん。
謙介さんとコテさんのツインドラムが鉄板な黒にそめろ。
やっぱり盛り上がるなあ。あくび殺した?って振られると叫ばずにはいられない。
須藤さん何度もモニタの上に飛び乗ってたんだけど、下から見ると
1.8mぐらいあるステージの結構手前にモニタって置いてあるから
落ちないでねって思いながら見てた…。須藤さんは高い所平気なのかな?

須藤さん「僕たち今日がライブ納め!楽しもう!」

少しクールダウンするようなネヴァーランド・クルージングの
緩やかなBPMが心地良い。アウトロのアレンジの自由さが素敵。

テキーラ!テキーラ!の勝手に踊らされるようなベースはほんとずるい。
斉藤さんのギターもめちゃくちゃかっこいいし最高だった。須藤さんはいつもみたいに
ふわふわと踊っていて、大きいステージでもそのままの自然体だった。

コテさんが赤と青に光るペンライトとトラメガを手に前に。ギルティーは罪な奴!
ペンライトを股に押し当ててて苦笑いするしかなかったけど楽しかった。笑

須藤さん「今年もありがとうございました!来年は僕たちと大阪の友情がもっと深まると思います。
大阪ーーー!大好きです!エブリバディ!イノセント、what's going on!」
ラストは意外にも*イノセント (What’s going on?)*。
サンキューサンキューサンキュー!サンキュー大阪!サンキュー!って
何度も何度も感謝の気持ちを言葉にする須藤さん。
笑顔でフロアを見渡してる時、目線いただきました(ありがとうございます!)
曲の途中のワオ!がめっちゃ(あざと)可愛くて最高でした。
謙介さんがめちゃくちゃいい顔して叩いてて嬉しくなった。
最後口に水を含んで噴射する須藤さん。なぜこのタイミングで…?笑

時間押してたのかMCも少なめだったけど髭ちゃんがどこまでも髭ちゃんで安心したし
今年最後に大阪で、しかもこんなに大きいステージでライブを観れて嬉しかった。
また来年もたくさん同じ時間を過ごせたらいいなあ。

1.テーマ・フロム・ダリア
2.ボニー&クライド
3.黒にそめろ
4.ネバーランド・クルージング
5.テキーラ!テキーラ!
6.ギルティーは罪な奴
6.*イノセント (What’s going on?)*

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

髭ちゃん終わりで体力の限界に近づいてたけど気力だけでダッシュしてピロウズへ。
タイテかぶってたから聴けたのは4曲目の途中からですでに後ろまでいっぱいの人。
ちょうど次の曲がフラッドの佐々木さんとのコラボ曲で、さわおさんに呼び込まれて
出てきた佐々木さんは新しい革ジャン着用という気合の入れよう。笑
ロックな歌声のミュージシャンでまず思い浮かんだのが佐々木さんだったんだって。
その話を聞いてる佐々木さんが嬉しそうで、ほんとに大好きなバンドなんだろうなって。
「ピロウズ好きですか!俺の方が好きだ!」って言ってたし。笑
802のオファーを受けて書き上げた新曲、ラジオへの愛がピロウズ節に乗せて歌われてて良かった。

その次の曲も佐々木さんとのコラボで、歌い終わって佐々木さんがはけた後に
さわおさんが「イヤモニの自分の声が100だとしたら亮介の声は65ぐらいで
お願いしてたのにあいつ声でけえ!」って顔をしかめてた。笑
その後セトリにはないんだけどさわおさんがおもむろにラジオをテーマにした曲を弾き語り始めて。

“インターネットが普及してラジオはもう終わりかなって思った
でも違ったTVからは流れないピロウズも流れてくる”

“802は26周年ピロウズも26周年 音楽は自分の為 でも今日は君のため”と会場を沸かす。

そこからファニバニに持って行くなんてずるい。最後の歌詞、好きな場所へ行こう
”僕らは”それができるって歌ってて思わず視界がぼやけた。
佐々木さんがピロウズの曲にずっと支えられてたって話してたのもこの曲を聴くとよく解る。
サードアイもめちゃくちゃかっこ良くて、当時よく聴いたなあって懐かしかったし、
最後のハイブリッドレインボウも心を掴まれた。
髭ちゃんとかぶってなかったら全部観たかった…。また近いうちにピロウズ観たい。

1.この世の果てまで
2.LITTLE BUSTERS
3.インスタント ミュージック
4.About A Rock'n'Roll Band
5.レディオテレグラフィー
6.Blues Drive Monster
7.Funny Bunny
8.サード アイ
9.ハイブリッド レインボウ

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ピロウズ終わりで一旦クローク行って、その時点で健さん5分前だから急いでそっちに。
当然もう始まってたけど聴きたかったのは大体聴けたかな。

Ken Yokoyamaの横山健ですって言っててややこしいなって思ったら俺にとっては
Ken YokoyamaはバンドだからKen Yokoyamaの横山健ですって。
途中のMCでの下ネタがひどい。笑 妖怪○○毛散らしって知ってる?
朝、鏡を見たら眉毛の上に毛が乗ってて二度見した、みんなもあるでしょ
こんなと所に落ちてるって時。それは妖怪○○毛散らしの仕業だからって。笑
曲間のギターチェンジの時は新作ギターの宣伝もしてた。
怪我なんかしてお正月入院したら切ないから怪我しないようにとか、
あとInter fmで番組やってるって言ってたけど他局なのにいいの?系列局なの?笑

I Won’t Turn Off My RadioはRADIO CRAZYってイベントにぴったりだったな。
最後の曲前、あと3分しかないってメンバーに伝えられるもそれでもまだ
曲に行かないで一曲削りますって。笑 時計ばっかり気にしてるような奴は
そういう時間に縛られた生き方しかできないんだよってさすが健さんだったけど
「時間押したらスカパラ兄さんにシメられるから曲行きます」って。笑
最後は昔のアルバムに入ってる曲、歌詞は知らなくても曲聴けばメロディぐらい
分かるかもしれないから歌って。俺が1.2.3.4.5って数えたら歌ってくださいってBeliever。
来年も出たいって話してたし、またライブ観れたらいいな。

1.Ten Years From Now
2.Maybe Maybe
3.Save Us
4.How Many More Times
5.Somewhere Over the Rainbow
6.I Won’t Turn Off My Radio
7.Punk Rock Dream
8.Believer

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2015年のライブ納めはスカパラ。
ずっと観たかったから念願叶って観れて嬉しかった。
楽しさもかっこよさも想像以上だった!
のっけからルパン三世でもう皆テンション振り切ってたよ。
もうキラーチューンの連発で、荷物抱えたまますぐ帰れるように
出口付近で大人見するつもりが気付いたら踊ってた。笑

コラボも豪華でまず最初に登場したのは片平里菜ちゃん。
曲中のセリフを「大阪から帰れなくなっちゃった」に変えてたんだけど
流し目で小悪魔っぽくてめちゃくちゃ可愛かった。
谷中さんの「戦うように楽しんでいってくれ!」っていう言葉にも、
ゴッドファーザーのテーマもかっこ良すぎて痺れた。
歌詞もない曲、楽器ひとつでこんなにも人の心を揺さぶるなんて
音楽の持つ力ってすごいなあって思った。いつか見たコーチェラの映像で
現地のおじさまが心の底から楽しんで踊っていたのを思い出した。

その後のコラボ曲ではバースデイのチバさんが出てきたのもびっくりした。
白のシャツに着替えてハット被ってサングラスもしてたから一瞬誰か分からなかった。笑
チバさん+スカパラなんてかっこ良くない訳がない。最高だった。。

SKA ME CRAZYの後、聴き覚えのあるイントロが演奏されて「!!」ってなってたら
ステージにKEMURIのふみおさんとホーン隊が…!これ聴きたかったやつ!!
ふみおさん腕に黒のテープで802とSKAの文字を描いていて、
ひたすらもう楽しかった。その後のペドラーズも反則でしょ。
谷中さんの「戦うように楽しんでくれて本当にありがとう!」って男前な言葉もぐっときた。

最後のAll Good Ska is One、袖にいた出演者とDJを呼び込んで、
「谷中のお願いです。全員で肩を組んでくれ!」って。
気付いたら隣にいた全然知らない人と肩組んで踊ってたよ。素面で。笑
(その状況でも802DJのかとまきちゃんがGATALIの猫T着てたのを見逃さなかった!)

ステージに登場したのはコラボした面々に加えて横山健さん、802DJの大吾さんやヒロトさん、
あと若いバンドマンっぽい人もいたけど誰なのか分からなかった。。
健さんが唐草模様の風呂敷を持って来てて最初ギターの加藤さんの首に巻いたんだけど
その後チバさんの帽子と首に巻いて更には谷中さんの首に巻いてた。笑
しかも里菜ちゃんの衣装のファーも谷中さんの首に。
最終的には健さんが谷中さんの首に抱きついてくるくる回してもらってた。女子か。笑

後ろまでぎっしりの人が皆笑顔で踊ってて、なんてピースフルでハッピーな空間なんだろうって。
スカパラ兄さんのお陰で最高のライブ納めができました。ありがとう!

1.ルパン三世'78
2.スキャラバン
3.DOWN BEAT STOMP
4.嘘をつく唇(featuring 片平里菜)
5.Love Theme from The Godfather
6.カナリヤ鳴く空(featuring チバユウスケ)
7.SKA ME CRAZY
8.Pride Of Lions(featuring 伊藤ふみお)
9.ペドラーズ
10.All Good Ska is One

[PR]



by pochi-17 | 2016-01-02 00:27 | Live | Trackback | Comments(2)

2015.12.4 髭「ねむらない」ツアー@梅田クラブクアトロ

12月4日、梅田クラブクアトロであった髭のワンマンに行ってきました。
ねむらないツアー、ほんとはもっと行きたかったけどJASONに行ったから今回は大阪だけ。

クアトロは何回か行ってるから地図見なくても大丈夫かと思ったけどまた迷って
時間ぎりぎりに着いたから根拠のない自信を持つのはやっぱりやめようと思った。笑
最近特にどこで観るか決めてなくて気分次第でふらふらしてるけどこの日は宮川さん前に。
髭ちゃんのライブは待ち合わせとかしなくてもフォロワーさんに会えて嬉しい。
開演はちょっと押してたかな、それまで流れてたBGMが止んで照明が落とされてライブが始まる。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

おなじみのミラクルズのSEに乗って下手側からメンバーが登場。温かい歓声が起きる。

一応恒例のファッションチェック。
須藤さんは黒のスウェット(インナーに白いトップス)に黒の足首上丈の
サルエルっぽいだぼっとしたパンツ、黒いレザーのコンバース。

斉藤さんは白地に黒の細いボーダーロンT(左下に青と白の切り替え)ベージュのドット柄?の
チノパン、靴下も同系色の柄物黒地に赤いステッチみたいなラインが入った黒のレザーっぽい靴。

宮川さんは黒のハット、白いボタンのソフトレザーの黒のジャケット、
黒のVネックのTシャツ、黒のパンツ、革靴でびしっと。

コテさんは黒のバンヘイレンTシャツ、謙介さんは白のアキラTに大きめのフープピアス、
gomesさんは紺地に赤のパイピングっぽいラインが入ったジャケット。


それぞれが定位置について一瞬の静寂に包まれる。
gomesさんにスポットライトがあたってジョゼ。
丁寧に歌を紡いでいく須藤さんの声に一瞬で惹きこまれる。

2曲目はアルバムの曲順通りネヴァーランド・クルージング。
曲中に「う・め・だ!」って須藤さん。今までより後奏が長くなってて
斉藤さんが木のスティックを使ってギターをバイオリンみたいに弾いてた。

S.S.みたいなふわっと気持ちを上げてくれる感じは髭ちゃんの得意技。
転調する時のスパッとキレのある謙介さんのドラムが曲のアクセントになってて良かった。

ドーナツに死すのイントロ、ラフにギターを弾く須藤さんのかっこ良さよ。
グランジの香りがする斉藤さんのギターも良かった。
サビの渦の中に巻き込まれていくようなグルーヴがやみつき。

爽やかでキャッチーなイントロは檸檬。出だしを一小節早く歌いそうになってた。
フリーハンドで歪ませたベースをかき鳴らすようにラフに弾く宮川さんに釘付け。
曲の終わり際にコテさんが前に出てきて、ふたつのトラメガを向かい合わせにくっつけて
パトカーのサイレンみたいな音を出してた。あんなテクニックあるんだ。

そのままコテさん曲へ。溺れる猿が藁をもつかむ。
それまで大人見してた皆もテンション上がって後ろからぐっと押しがきた。
謙介さんのドラムに合わせて横向きのピースやコマネチを次々と繰り出すコテさん。
この曲終わりだったかな、コテさんがふざけてトラメガを股に押し当ててたら
後ろから須藤さんがいたずらっぽくギターのヘッドでそのトラメガを押してた。笑

上がる曲が続いてボニー&クライド。この曲のベースの天才的な心地よさよ。
目の前で大好きな音楽が爆音で演奏されてると日常のもやもやが洗い流されていくようだった。


須藤さん「こんばんは髭です!今まで最高の意味を
分かってなかった!最高ってこういう事を言うんだね!」


gomesさんのやさしくて丸みのあるピアノのイントロからなんて素敵でいびつ。
聴いている間に色んな感情がめまぐるしく変化していく曲。
曲が終わりに近づくにつれて胸に迫ってきて息をするのも忘れそうになる。
斉藤さんが一生懸命コーラスしてたのも印象的だった。

コテさんの緑の棒振り回す須藤さん。ハンドマイクで歌い始めたのはダブリン。
アレンジが原曲とはがらりと変化していてびっくり。
ポップなのにどこかサイケデリックで、この色は髭ちゃんにしか出せない。

テーマ・フロム・ダリアの頭が重だるくなるような脳がとろけそうなトリップ感は最強。
打ち込み×生音のいいとこ取りのドラムと須藤さんのリフレインみたいな歌い方。


須藤さん「みんなと出会えてよかったよ!」


ingはいつの間にか最初のダブステップ ダブステップのミュージックの所を
須藤さんが歌うように変わってた。今でもingを聴くと歌詞が自分の気持ちだとか
少し前のバンドの状況に重なって心の奥がぎゅっとなる。


須藤さん「最高だね!でも次の曲に行くとまたひとつ終わりに近づいちゃう」
お客さん「次の曲も最高!」
須藤さん「じゃあ早くその最高を感じにいこうか!」


彼で前に出てきたコテさんに向かってコテイスイのアホ!!って
歌詞を変えて歌う須藤さんが最高だった。関西人だからか個人的には
バカよりアホの方が愛情感じてしまうんだけど。笑
賛美歌みたいな神聖さすら感じる歌い始めと中盤からのわちゃわちゃ感のギャップがすごい。

謙介さんとコテさんの息の合ったツインドラム。黒にそめろ。
髭ちゃんかっこ良すぎでしょ。もはや無敵。須藤さんの煽りでフロアも熱くなる。

止まらない勢いのままハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク。
クアトロが文字通りガンガン揺れる。謙介さんがめっちゃ笑顔で
ドラム叩いてて観てる方まで幸せな気分になった。
須藤さんの腰に手をあてたドロシーのポーズもコテさんの
パーカッションの音も民族音楽みたいで可愛かったなあ。

去年の素敵な闇ツアーでも披露されてた王様のその後がまた聴けて嬉しかった。
ギターから始まって謙介さんのカウントから転がっていくあのイントロいいな。
須藤さんのシャウトがキレッキレでめちゃくちゃかっこ良かった。あれは上がる。

斉藤さんのギターから飛行機みたいな音色。テキーラ!テキーラ!
ハンドマイクでゆらゆらと踊りながら歌う須藤さん、途中若干歌詞が怪しかったような?笑


「みんなダーティーな世界覗いてみない?ナビゲーターは相変わらず僕、須藤寿だよ」


イントロのベースが鳴った時から別の世界へ繋がる扉が開いていたダーティーな世界。
音の洪水を浴びて宇宙の果てまでワープしそうなトリップ感が最高だった。


10年前にタイムスリップしようか、と須藤さん。闇をひとつまみ、
この日たまたま観ていた位置が去年の宇都宮の時と同じような場所だったからか、
曲を聴いているうちにあの日に戻ったような、ほんとにタイムスリップしたような感覚になって
色んな事を思い出したり思ったりして涙が止まらなくなった。
斉藤さんのギターと須藤さんの歌が優しくて余計に泣けてしょうがなかった。

本編ラストはイノセント。ハンドマイクでステージの端から端まで歩きながら歌う須藤さん。
まださっきの闇をひとつまみを引きずってぐずぐずしながら見てたら不意に須藤さんが
覗き込むみたいにしてこっちを見てて目が合ってドキッとした。
えっ?ってびっくりしてたら笑い返してくれて、そんな事されたら誰でも惚れるわ!って思った。
横浜で聴いた時も良かったけど、更に良くなっててぐっときた。
きっとライブで演奏される度にもっともっと良くなっていくんだろうな。

演奏を終えてはけて行くメンバー。
すぐにアンコールの手拍子が始まる。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


しばらくしてステージに照明があたってメンバーが再び登場。
須藤さん「アンコールありがとう!」
ハイネケンの缶を頭にのっけようとする須藤さん。


斉藤さん「最初にクアトロに来たのはまだ心斎橋にあった頃で、それから何度か来てますが
やっと最高だなって思いました。エンジンかかるの遅いからね。ネムラナーイ!」

須藤さん「おもしろいね斉藤くん」
斉藤さん「今のは須藤のマネ」
須藤さん「今夜はねむらないよ!」
斉藤さん「いや、そこはちゃんと寝ようよ」


イントロのギターを掻き鳴らすと見せかけて、すぐに止めて
いたずらっぽく笑う須藤さん。ロックンロールと五人の囚人。
皆の楽器がこれ以上ないぐらい気持ち良く鳴っていて、ずるい!って思うほどかっこ良かった。

いそいそと前に出てくるコテさん。ギルティーは罪な奴。この曲のライブでの爆発力はすごい。
宮川さんがぐいぐい前に出てきてたから触らせていただきました。脚を…(ややセクハラ。笑)

曲が終わってステージを後にするメンバー。
姿が見えなくなってすぐ始まるアンコールの手拍子は鳴り止まない。
しばらくして、再びメンバーがステージへ。


須藤さん「アンコールありがとう!どうする?なぜなら僕達にはたくさんの曲があるから。
踊れるやつか、暗ーい青空、どっちがいい?爆弾落としちゃう?下衆爆弾落としちゃう?」


ラストは下衆爆弾。間奏のところでヒゲダンスする須藤さん可愛すぎ。
下衆爆弾やっぱり盛り上がるなあ。楽しかった!
余力を残さない全力のプレイでライブは終了。

帰っていく時、須藤さんが笑顔で「今胸にあるこの気持ちを忘れないように大事にするよ!」って。
きっと観ている側と同じように、そんな風に思ってくれた事が嬉しかった。


ライブが終わった後の皆の顔がきらきらしてて、それがすごく良かったなって。
終わった後、フォロワーさんと駅までお喋りしながら帰ったのでした。
次にクリスマスのGATALI、それと年末はRADIO CRAZY。
今月はいっぱい関西に来てくれて嬉しい。髭ちゃん、いつも本当にありがとう!


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


2015.12.4 髭「ねむらない」ツアー
@梅田クラブクアトロセットリスト


1.ジョゼ
2.ネバーランド・クルージング
3.S.S.
4.ドーナツに死す
5.檸檬
6.溺れる猿が藁をもつかむ
7.ボニー&クライド
8.なんて素敵でいびつ
9.ダブリン
10.テーマ・フロム・ダリア
11.ing
12.彼
13.黒にそめろ
14.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
15.王様のその後
16.テキーラ!テキーラ!
17.ダーティーな世界 (Put your head)
18.闇をひとつまみ
19.*イノセント(What’s going on?)*

アンコール1

20.ロックンロールと五人の囚人
21.ギルティーは罪な奴

アンコール2

22.下衆爆弾
[PR]



by pochi-17 | 2015-12-21 00:40 | Live | Trackback | Comments(0)

2015.12.2 MONOEYES Cold Reaction Tour2015@Zepp Namba

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]



by pochi-17 | 2015-12-15 00:02 | Live

2015.11.13 髭「CLUB JASON」@横浜赤レンガ倉庫一号館ホール

11月13日の金曜日、横浜赤レンガ倉庫一号館ホールであった
髭のCLUB JASONに行ってきました。

いつもならドレスコードが仮装のライブが多いけど、
今回はアコースティックライブと聞いて行きたくなって。
普段ほとんど遠征しないから、たまにしか会えない人と会えたのも嬉しかった。
お洒落なカフェに連れて行っていただいたり、ライブの後も打ち上げたり、
返りはお見送りまでしていただいて本当にお世話になってありがとうございました…。
おかげさまでライブ以外の時間も楽しく過ごすことができました。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

会場となる赤レンガ倉庫に着く頃には辺りもすっかり暗くなって、
海辺の赤レンガ倉庫もライトアップされていて綺麗だった。

透明な階段を上った廊下の先に入口があって、中に入ると物販が。
JASON限定の斉藤さんのハンドペイントハイジキーホルダーは売り切れてた。
Tシャツあったら買おうかと思ってたけどスウェットとかしかなかった。
ドリンクは赤い缶のバドワイザー、レッドアイ、ローズティーと赤で揃えられてた。

客席は全席指定で縦に17列ぐらいかな、通路で3つに分かれてて。左側の11列目でした。
ライブが始まるまでの間も初めましてのフォロワーさんともご挨拶できた。
フロアだけでなくステージにも白い椅子が置かれていて座って演奏するスタイル。

開演時間を少し過ぎて客席の照明が徐々に暗くなっていき、ステージが真っ赤に染まる。
いつものSEもなく拍手に迎えられて上手側からメンバーが登場。

白黒ストライプのジャケットに黒のジャケット、赤いパンツと靴の斎藤さん。
白いシャツの腕に赤いJASONグッズの赤いハンカチーフを巻いたgomesさん。
同じく黒いTシャツの首元にバンダナみたいに赤いハンカチーフを巻いた謙介さん。
白シャツに黒のセットアップ、赤いネクタイ、胸元にお花を付けたコテイスイさん。
黒のスーツの上下に真っ赤なシャツ、黒いハットの宮川さん。
だぼっとしたオーバーサイズなカジュアルな白シャツに黒のパンツ、胸元に花を挿した須藤さん。
それぞれのキャラクターにぴったりな“赤”のドレスコード。

須藤さんがアコギを構えて静かに演奏が始まる。温かな音色。僕についておいで。
その場の空気をみるみるうちにやわらかくしていく。少し間を取った宮川さんのベースの音。

アコースティック形式でのライブとは言え斉藤さんはエレキギター。ミスター・タンブリンマン。
真剣な表情を見せたかと思えば時々口ずさみながら楽しそうにドラムを叩く謙介さん。

イントロを聴いてはっとした、嬉しいサプライズだったのは100%太陽。
両手の人差し指を立ててゆらゆらと踊りながらリラックスした雰囲気で歌う須藤さん。

gomesさんのピアノだけで始まり、そこへ他のメンバーが加わり展開していくなんて素敵でいびつ。
畳みかけるように歌われる後半のフレーズは身動きできないほどの迫力だった。
最後にまたgomesさんのピアノの音が優しく余韻を残してくれる。

久々にライブで聴けたサンシャイン、コテさんが間奏でお客さんの手拍子を先導してタンバリンを叩く。
前はフィリポがやってたなあって少し切なくなったけどコテさんの楽しそうな笑顔に救われた。


須藤さん「CLUB JASONへようこそ!今日のこの会場は元々ライブをやる為に
作られたのではないと思うんだけど、音が響いてお風呂の中で歌ってるみたいで気持ちいいです。
ライブが終わる頃には皆も裸になってるんじゃないかな?
今日のドレスコードは赤っていう事で皆色々赤い仮装とかしてきてくれてる人もいて。
昨日、ドレスコード赤で赤レンガ!って気付いてメンバーとスタッフに
一斉送信したんだけど、反応がなくて。俺そういうところあんまり気付かないんだよね」

「次にやる曲は毎年やっている髭のラズベリーアワードという不人気曲の投票ライブで
毎年一位になる曲です。またやったら来てよ。皆が嫌いな曲ばっかりやるライブなんだけど」

そう、まさかのガイジン。…なんだけど小洒落たアレンジになってて面食らった。
声も張り上げてシャウトする感じじゃないしガチャガチャしてないしちゃんと歌う感じになってた。

ダーティーな世界のサビがgomesさんと斉藤さんと須藤さんのコーラスになっててびっくり。
着席でじっと聴いてるのがもったいなく感じてしまう、体が揺れる妖しいリズム。

須藤さんが赤い表紙の本をぱらぱらとめくり朗読し始める。無題。初めて聴いた。
神々しさすら漂っていて、言葉の端々にちらばる棘と染み出してくる毒にやられそう。
ダーティーも無題も、後光が射してるような照明のせいもあって宗教っぽい雰囲気。

音の広がりがとびきりドリーミーにも心のさざ波のようにも聴こえる闇をひとつまみ。
最後のフレーズ、須藤さんの声がかすれて余計に切なかった。

さっきのガイジンもだけど下衆爆弾も意外だった。着席のアコースティックライブなのに
須藤さんが立ってガンガン煽ってて、物足りないレスポンスに「声がちっさい!!!」って。笑
アレンジの変化が大きくて歌い始めるまで何の曲か分からなかった。

いつの間にかステージは二人だけに。gomesさんのピアノと須藤さんのボーカルだけで2曲。
少しくぐもった丸みのあるピアノの音色が須藤さんの声によく似合う君のあふれる音。
ピアノバージョンのジョゼもピアノだけで曲の世界観を表現しきっていてすごく素敵だった。
須藤さんの歌も丁寧に声を響かせるように歌っていてそれも良かったなあ。

再びメンバーが戻ってバタフライ。サビから後奏にかけてのベースラインがほんとうに素敵。
シンプルに指弾きしているように見えて曲を引っ張っていて。宮川さんのベースの魅力再発見。
音響の関係かアレンジの関係か、他の曲もいつもよりベースが際立ってた。

久しぶりに聴けた青空、やっぱり好きだなあって思った。この音は髭ちゃんにしか出せない。
曲の最後の斉藤さんのギターのフレーズが迫ってきて心を揺さぶられた。

イントロ聴いた時、まだ何の曲かも分からないのにこのアレンジ好き!って
直感的に思ったのがアップテンポなリズムでポップになった電波にのって。
サビの歌い始め、須藤さんがちょっと早く入りそうになって、
すかさず謙介さんの方振り返るもんだから謙介さん思わず笑ってた。
このライブでは数々の曲が原曲とはがらりと印象を変えていたけど、
JASONの為だけのアレンジだとしたらなんて贅沢なんだろう。髭ちゃんのリアレンジ力、すごい。

虹も最近演奏してなかったからか須藤さん歌詞が若干ふわっとしてたね…?笑
この曲も含めて何曲もぐっとくる瞬間があって涙をこらえるのが大変だったなあ。
いつもライブで虹を聴くと髭ちゃんの事がいとおしくてたまらなくなる。

須藤さん「次が最後の曲になってしまうんですが…(えー!)
いつものあれ、手拍子してくれたら出てくるから。
来年の13日の金曜日がいつあるのかまだ把握してないんですけど、
またこうして皆と楽しく過ごせたらいいなと思います。
最後に歌うのは魔法の部屋という曲なんですけど、この曲はgomesが
俺の知らなかったコードを教えてくれて、そのコードを使って書いた曲です」

そう話す須藤さんの後ろで少し照れたような、でも得意げな表情のgomesさん。

本編ラストは魔法の部屋。クラシカルな鍵盤のフレーズと須藤さんの甘くてやわらかい歌い方、
赤レンガ倉庫ホールの雰囲気が相まって溶けてしまいそうなメロウさ。

演奏を終えて袖へはけるメンバー。去り際に謙介さんがスマホで客席を撮影。
メンバーの姿が見えなくなってすぐにアンコールの手拍子が始まる。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、再びメンバーがステージに。
須藤さんの手にはビールの缶。

須藤さん「アンコールありがとう!赤いバドワイザー。今日のコテは
パチンコ屋さんの店長の仮装だよね?前に来て見せてよ」

前に出てくるコテさん「確率変動!つってね!」
須藤さん「もう下がっていいよ」

相変わらずコテさんの扱いが雑。笑
コテさんの胸元のお花の下に白い布が付いていて、
入学式とか卒業式に付けるあれにしか見えなかったんだけど…。

須藤さん「斉藤くんは真っ赤な靴履いてるんだよね」
足を上げて赤い靴を見せる斉藤さん。靴下も斜めボーダーみたいなお洒落な柄。

斉藤さん「今日はしっとりした感じだけどツアーでは暴れるから。
今日もソウルでは暴れてるけど、フィジカルでね」

須藤さん「さっき謙介写真撮ろうとしてたよね?せっかくだから撮ろうよ!
皆だけ撮る?俺達も入った方がいい?謙介が撮るから謙介は写らないね!」
すかさず気を利かせたスタッフさんが来て全員で記念撮影。

須藤さん「来れなかった人達が悔しがるような写真撮ろう!
発狂してワーッ!みたいな。ダブルピースとかして!」

その後ろでコテさんがいつものダブルピース(横向きして目元に持っていくやつ)してて、
出たー!って思って笑ってしまった。千ちゃぷのTwitterでよく見るやつ。笑


いつもは須藤さんの歌きっかけで演奏が始まるせってん、この日は謙介さんのカウントから
始まる予定だったらしく須藤さんが「せっ…せーっ…せってん♪」って
出だしを思いっきりとちってて吹き出してしまった。まさかせってんで笑う日が来るとは。
相変わらずコテさんのパーカッションとコーラスかわいかったなあ。

須藤さん「本当はさっきの曲で終わる予定だったんだけどもう一曲だけ」

客席に赤い花束を持った2人組の女の子を見付けた須藤さん。投げて!って言って
投げたんだけど全然前に飛ばなくて、人づてに受け取って「一生枯れない花だね」って。

須藤さん「こういう事すると皆可愛いって思ってくれるでしょ?分かってるから!あざといよね」

そんな事を言いながら花を右耳の上に挿したと思ったらすぐに落ちちゃって、
斉藤さんが「さっきからバタバタしてるね」って。

須藤さん「皆は純粋?純真無垢?…こっちは反応ないんだ」
最終的には花を口にくわえたまんま「今日はありがとうございました」って。

ラストはイノセント (What's going on?)。
コテさんのセットにあったコンガはこの曲の為だったのね。

Acousticにも通じるゆらゆらして歌える牧歌的な雰囲気が期待以上だった。これはいい…。
それに謙介さんのドラムもほんと良くて存在感があって、このままずっと聴いていたかった。


演奏を終え、ステージを去るメンバー。
ダブルアンコールの手拍子も止まなかったけど、時間の関係か叶わず。
それでも横浜まで来てよかった!って思えるライブでした。
照明も凝ってたしホールの雰囲気も大人っぽくて素敵だったし、
何よりその歌と演奏が素晴らしかった。
本当にこのアレンジ聴けるの一回きりだったとしたら惜しいから音源化してほしい…!
ライブも楽しかったし帰り道に見たみなとみらいの夜景も綺麗だったなあ。

髭ちゃんのお陰で色んな人との出会いがあって、遠征先でも温かく迎えていただいて
楽しい思い出をいくつも作らせてもらって。いつも本当に感謝しています。

次に髭ちゃんに会えるのは大阪でのねむらないツアー。
アルバムの曲がどんな風になるのか楽しみ。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

『CLUB JASON』横浜公演セットリスト
2015/11/13(FRI.) 横浜赤レンガ倉庫 一号館ホール
セットリスト(公式Facebookより)

01.僕についておいで
02.ミスター・タンブリンマン
03.100%太陽
04.なんて素敵でいびつ
05.サンシャイン
06.ガイジン
07.ダーティーな世界 (Put your head)
08.無題
09.闇をひとつまみ
10.下衆爆弾
11.君のあふれる音
12.ジョゼ
13.バタフライ
14.青空
15.電波にのって
16.虹
17.魔法の部屋

en.
18.せってん
19.*イノセント (What's going on?)*
[PR]



by pochi-17 | 2015-11-17 00:19 | Live | Trackback | Comments(0)

2015.11.1 怒髪天presents響都ノ宴 〜なんも、札幌でやればいいっしょ〜@京都磔磔

11月1日、京都磔磔であった怒髪天主催のイベント、響都ノ宴に行きました。
プレデターズの出演が発表になってすぐ行きたい!と思ったものの
自力ではチケットが取れず、フォロワーさんに声をかけていただいたお陰で
参加することができました。本当にありがとうございます…!

開場の少し前に磔磔に着くともうすでにたくさんの人が。
外には物販の他にカレーや唐揚げの屋台も出てていい匂い(と言うか中は匂いが充満してた)。
紅白のテントの下では振る舞い酒もあったけどお酒ダメだから飲めなくて残念。
番号は200番台後半だったから真ん中より少し後ろの下手側で待機。
いつもプレデタのライブでは下手側行かない(ガチなジロヲタ様が怖いから)し
対バンとかイベントの時はジロヲタだと悟られないようになるべく
誰のファンだか分からないような服装で行くけど、
今日はプレデタファンばかりじゃないし、たまにはいいよねと思って。
やっぱり磔磔は独特な雰囲気があっていいなあ。40周年なんだって。私より年上だったの!
以下ゆるいレポもどきですがほぼプレデタと怒髪天の事しか書いてませんのであしからず。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

開演時間を過ぎて、初めに怒髪天のドラムの坂さんが
赤い提灯片手にカラオケを歌いながら登場して開会宣言。

最初のライブアクトはBAZRA。男っぽい骨太で迫力のあるサウンドで、
速い曲も多くて男子が好きそうな感じのバンド。
めずらしくドラムが下手側だったから人の間から見れた。

転換の後、また坂さんが歌いながら登場してBAZRAへの感謝の言葉と次の出演者の紹介。
坂さん「俺もBAZRAみたいなドラム叩きたいけど多分一小節もたないでしょうね!」

続いては磔磔の雰囲気にもぴったりな射守矢雄(bloodthirsty butchers)と平松学(fOUL)。
2本のベースのみによるインストという無二の存在。
木の床から足の裏にベースだけと言ってもギターのようなフレーズも音も出てて、ベースの概念が変わった。
伝わってくる細かな振動が心地よくてそのまま寝てしまいそうだった…。
ふたりの息がぴったりで、大人のインストという感じだった。

転換の後、また坂さんが歌いながら登場して感謝の言葉と次のバンドの紹介。
もうすでにカラオケが流れた時点で出オチ感満載の坂さん。笑
坂さん「射守矢くんとは北海道の頃からの仲でもう半世紀近くの付き合いがあります。
あ、四半世紀?俺いくつだ。射守矢雄&平松学ってさっき紹介したけど
&いらなかったんですね。詳しくはwebで!」

続いてBUGY CRAXONE。一応ライブ前に出るバンドはYouTubeで
何曲か聴いてたんだけど、このバンドはライブの方が断然良かった。
MCでボーカルのゆきこさんが「昨日京都に来て磔磔に楽器を置かせてもらって、
今まで響都ノ宴に出た時どんな気持ちだったかなって思い出したら、
悔しかった思い出ばかりで。でも今日は烏丸通を闊歩して帰れそうです!」って話していて、
怒髪天やファンだけじゃなくて他の出演者にとっても特別で大事なライブなんだなあって。
その後の最後の曲のLesson 1の“自信持って、胸を張って”という歌詞で
ゆきこさんの目が潤んで鼻が赤くてるの見てもらい泣きしそうになった。
全身で目一杯歌を届ける姿が印象的だった。


プレデターズは楽器のセッティングの時に高橋さんだけ出てきてドラムのチェック。
軽く叩いてるだけでかっこよくてずっと聴いていたかった。
転換の後にまたまた坂さんが歌いながら登場。
俺たちとは違ってスマートな方向に進化したロックンロール!と
紹介されたのはお待ちかねのTHE PREDATORS!

PREDATORSのライブが磔磔で観れる日が来るなんて夢じゃないよね?
いつものSEが鳴ってフロア後方の階段をさわおさん、高橋さん、JIROさんの順に降りてくる。
JIROさんが姿を見せた瞬間、磔磔が磔磔じゃないみたいに錯覚するような黄色い歓声。笑
通路脇の柵の近くにいた人が押し寄せてくるからJIROさんちょっとびっくりしてた。
その頃には結構フロアが詰まってきてて人の間から頑張って見る感じに。
それでもこの距離で観れるなんてもう最初で最後かもって思うぐらい近かった。
さわおさんは柱の陰で見えなかったけど…。意外と高橋さんがちらちら見えた。

ツアーを思い出させるNightless Cityで始まってグッと上げるSHOOT THE MOON。

さわおさん「今日は北海道出身のバンドマンが集まってる中、高橋くんはどこ出身なんだい?」
高橋さん「東京都です」
さわおさん「なーにぃーーー!やっちまったな!!高橋くんは今日から
俺の養子となりました。今日から山中だ!(笑)
この磔磔のイベントには3年前にも一度出させてもらって。淳のドッキリの時だったかな。
その時に観に来てたJIROくんと高橋くんもステージに上がってもらって」

さわおさん「俺とJIROくんはさっき、一時間ぐらい前に京都に来たところで。楽屋で髭剃ってそのまま出てきました。
それでもうスイッチが入るんだからやっぱりロックスターは違うな!」
高橋さん「さわおさんもJIROさんも、いつでも出れるって言ってたんですけど二人とも耳にイヤモニ着けてなかったです」

MCのシメにさわおさんが言った「俺達PREDATORS、仲良くしようぜ!」のかっこよかった事。
ワンマンにも負けないテンションでBRAIN CALLY。ぐんぐん熱気が立ち込めてくる。
TRIP ROCKの合いの手もばっちりでプレデタファンの多さを実感。
Smoky Surf Shop Boogieのベースライン、ほんといいなあ。体が勝手に揺れる。

さわおさんはビール持参でステージに上がっていたんだけど途中でビールがなくなったらしく、
「俺の有能なスタッフ、ビール持ってきて!」と催促。すかさずJIROさんも「俺も!」って。
そしたらジロヲタさんからキャーッ!って悲鳴が上がって、
さわおさんが「俺の時もキャーッて言ってよ!」って。笑

JIROさん「さわおさん今日衣装忘れて来たんですよね?」
さわおさん「ちょっと長くなるけど話してもいい?プレデターズのツアーで
高橋くんが物販のとは違うVネックのTシャツを特別に作ったんだけど
高橋くん着てみたら小ちゃくてLサイズも作ってもらって。
その着れなかったMサイズのは俺が貰って、今日それを来てこようと思って
出して吊ってたんだけどJIROくんはきっと自分の作ったTシャツ着るでしょ?
でも高橋くんは絶対何も考えずに同じの着てくるからそうすると二対一に
なっちゃいけないと思って着てこなかったの。そしたら二対一になってる!!
めちゃくちゃ俺目立ちたいみたいじゃん!!…これでスターの事をじっくり見てもらえたかな?
高橋くんはスターじゃありません。高橋くんはビニ傘とバナナとTシャツを持って京都に来ました」

JIROさん鑑賞タイムを設けてくれたさわおさん、ビールを飲みすぎてゲップが出そうになる。笑
ツアーの時のJIROさんのあだ名はミスター栗饅頭だったけどこの日は二郎丸って呼ばれてて、
(五郎丸選手の)あのポーズやってよ!って無茶振りするさわおさん。
だけどもさわおさんがお手本として見せたポーズが若干違ったらしく、
「それそれだとお尻にぐさっ!みたい(笑)」とJIROさん。
さわおさんが次にやったポーズ見て今度は「カエル?」って。

JIROさんが静かにベースを弾き始めてMonster In My Head、
タイトなドラムがかっこいいTyrant、タイトルとは裏腹にご機嫌なCrazy Babarと続く。

さわおさん「ツアーファイナルで次は2、3年後だな!って言ったんだけど、今日の事完全に忘れてたな!」
JIROさん「音楽サイトの見出しでそれ見ましたよ(笑)」

さわおさん「俺、今日が初日だと思ってなくて増子さんを飲みに誘ったら明日もあるからって
言われてそれでシミさん誘ったら尿酸値高いからダメだって断られて(笑)」

さわおさん「パンクロックが魂を貫く夜 柵を乗り越え産声を上げろ!」
高橋さんの鬼ドラムのイントロが最強なHurry up! Jerry!、JIROさんのコーラスも
聴きどころの爆音ドロップ、ラストは狭いライブハウスの空気感にぴったりなWILD TIGER。

ライブを終えてまたフロアを通って帰って行くメンバー、かなりもみくちゃな感じに。
それにしても、もうこんな距離では観れないんじゃないかと思うほど近かった…。

そしてトリはもちろん怒髪天!熱いライブ、お客さんの一体感、もはや職人芸なMC、どこを取っても最高だった!
2曲目だったかな、シミさんが下手側の足場に乗って煽ってたのがかっこよかったなあ。
増子さんは口に含んだ水を豪快に噴射してた。

怒髪天の時は後ろに下がって観てたんだけど、階段のところで出番を終えた
出演者の方達がライブを観ていて、プレデターズも全員観てた。
さわおさんはビール片手にサングラスも外してリラックス。

増子さん「今日持ってきたサッポロクラシック、この間北海道に行った時に
坂さんがビール持って帰ろうとしたらドラムの機材が缶に刺さってビール漏れてきて、
空港で呼び出されたんだよね。坂詰カツヒロ様ーって。名前間違ってたんだけど俺ピンと来て。
そしたらガラガラがビニールに覆われて出てきてすみませんすみませんって」

増子さん「坂さんが出番前にも出ていいですか?って正気か?
どんだけ出たがりなんだうちのわんこ!もうカリカリあげませんよ」
坂さん「エサ代かかりますよ。子供もついてくるし」
増子さん「ダイエットフードだ!この間かわいいボストンテリア見かけてね。あのハーネスみたいなの着けたい」

増子さん「今日はみんなスターのJIROくん観れてもう元取れただろ!存在確認できただろ。
JIROくんの方ばっかり見て誰もさわおの事なんか見てなかったな!」
シミさん「山中!そんなことないぞ!」
増子さん「うちのシミさんだって北海道出身の金髪のベースなのにな!」
シミさん「盛り上がっていこうぜー!」
増子さん「普段そんな事言わないじゃん。黄色い歓声はバンドマンの栄養だからな!
俺ら栄養が足りてないから髪も抜けてきちゃって。モニタって分かる?
バカじゃないからそれぐらい分かるか。ロックの神様から愛されてるJIROくんが乗っても
傾かないけど俺らが乗ったら傾いてステージから落っこちるよ。
今日はみんな北海道出身の奴らが集まってくれてな。高橋だけ東京なんだな!」
ちらっと後ろ見たら高橋さんいい顔して笑ってた。
増子さん「BAZRAなんかこんな目ぇして、何回か目玉落っこちてたな!」

MCでは休む間もなく笑わせて、曲はばっちり決まってて時々うるっとさせられて。
若いバンドにはない、出せないかっこよさだったなあ。
本編が終わってすぐ手拍子か始まって、階段のところではさわおさんが
手拍子に合わせてビール持って踊ってた。笑

すぐにアンコールが始まって階段降りて来て増子さんが開口一番「例のごとく時間ぎりぎりだよ!
9時過ぎたら近所の住民が槍持って周りを囲むんだろ?」って。それは大変だ!

ラストはプレイヤーI。何だろうな、この感じ。上手く言葉にできないんだけど心をぎゅっと握られるような、
だけど聴き終わる頃には元気になってるような力強さがあって。いいライブだったなあ。

恥ずかしながら初めて怒髪天のライブを観たんだけど、また観たいなって思った。
それにしても、怒髪天が出演者にもお客さんにも愛されてるのを
ひしひしと感じたし、その理由が分かるライブでした。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2015.11.1 怒髪天presents響都ノ宴
〜なんも、札幌でやればいいっしょ〜@京都磔磔セットリスト

THE PREDATORS


01.Nightless City
02.SHOOT THE MOON
03.BRAIN CALLY
04.TRIP ROCK
05.Smoky Surf Shop Boogie
06.Monster In My Head
07.Tyrant
08.Crazy Babar
09.Hurry up! Jerry!
10.爆音ドロップ
11.WILD TIGER


怒髪天

01.独立!俺キングダム
02.ホトトギス
03.酒燃料爆進曲
04.俺達は明日を撃つ!
05.オレとオマエ
06.ジャガイモ機関車
07.ひともしごろ
08.孤独くらぶ
09.宜しく候

ENプレイヤーI
[PR]



by pochi-17 | 2015-11-15 16:09 | Live | Trackback | Comments(0)

2015.10.10 MINAMI WHEEL EXTLA EDITION@なんばHatch

10月10日、なんばhatchであったMINAMI WHEEL EXTLA EDITIONに行ってきました。
二部制とはいえオールナイトで結構きつかったけどお目当ての髭ちゃん以外にも楽しめた。
全部はレポできないので、髭ちゃんメインのざっくりレポを。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

5Fに上がった時に細美さんの声が聴こえてきたから何だろって思ったら
ステージで卓人さんがDJやっててELLEGARDENのMissing流してた。
他にもドラゴンアッシュとかテレフォンズとか、フェスっぽい曲を次々と。

ライブのトップバッターはねごと。
そのイメージからは想像できないような演奏力と迫力。
特にドラムの小夜子ちゃんとギターの瑞紀ちゃんがかっこよかった!
幸子ちゃんの声はポップでキュート、DISTINYだったかな、
佑ちゃんがくるくる回りながら楽しそうにベース弾いてたのが印象的だった。
メルシールーとかカロンとか懐かしい曲も聴けて良かった。


続いてThe Mirraz。
いつかライブ観てみたいなとは思ってたけどやっと観れた。
畠山さんのマシンガン的な歌詞の乗せ方はやっぱすごいな。
新曲のタイトルがなかなか衝撃的だったけど曲は良かった。
MCではミナホのスポンサーがプレステな事に触れてゲームの話をしたり、
ジョークで次の曲はプレイステーション4って曲ですって紹介したり。
後ろで観てたけど前の方は若い子が多そうで盛り上がってた。
ラストナンバー聴けて嬉しかったな。好きだったんだ、あの曲。


前半ラストはWHITE ASH。
髭ちゃんとの対バンぶりに観たけど更にかっこ良くなってた。
激しい中にも美しいメロディがあって、英語と日本語を自在に行き来するような
歌詞も独特で、また次に観る時はもっと進化してるんだろうなって思った。
曲が終わってギターを替える時にのび太さんのストラップが絡まってスタッフさんに
直してもらってたのがお父さんに服を直してもらってる子供みたいでかわいかった。笑
その時にのび太ー!って呼ばれて「はいっっ!」って返事してたのも。愛されてるね。
ちなみに新曲はプレステのソフトのタイアップだそう。すごいな。


ここで前半が終わって一旦ハッチを出ようとしたらフォロワーさんとばったり会って、
無理やりご飯に付き合ってもらいました。ありがたや。
その後しばらく休憩して22時前ぐらいにハッチに戻ったのかな、
ヒトリエのライブを少しだけ観て、荷物重くて体力無駄に消耗するからロッカーに。


ドレスコーズも初めて観たけど、志摩さんて実在するんだな…って思った。
何だろう、不思議な存在感のある人。魅せるのが上手。
この日のドレスコーズはドラムが少年ナイフから一旦籍を抜いた野良ドラマー
(志摩さん談)のえみさん、ギターがねごとの瑞紀ちゃんと豪華な編成。
志摩さんはフロアに2回ダイブして、その度に慣れた手つきでマイクのケーブルを
さばくスタッフさんが鵜飼の鵜匠さんに見えた。笑 志摩さん、ダイブしておきながら
怪我しないように楽しもう、大人だから分かるだろ?って。22時過ぎてもまだここにいて
トイレに隠れてる未成年もいるだろ?そんな奴らに歌いますって言ってた。


続いてcero。802でもCSでもよく流れてたから何となくは知ってたけど、
流行りのシティポップって言うのかな、洗練されていて職人の集まりといった感じ。
もう10月だけどって言いつつサマーソングも演奏してくれた。
前日は韓国でのライブで、その時のMCのカンペがまだ残っていてそれを、とカムサハムニダ!って。


さあ次はお待ちかねの須藤さん百々さんの公開収録!ってそわそわしながら待ってても
転換が進むだけで一向に始まる気配がない。時間確認したらもう始まってる頃だし
嫌な予感がしてTwitter見たらもうすぐ始まります!って3Fのステージの写真が上がってて、
絶望しながら何とか外に出て急いで向かったけどほとんど終わってた……。
3Fでやるなんてそれまで書いてなかったよ。ひどい。

着いた時にはふたりともスケッチブックを手に同じ質問に
同時に答えるコーナーをやってたみたいで、ドライブデートの話をしていて須藤さんが
「自分は運転ができないから相手に運転してもらってストコちゃんは助手席!」とか言ってた。笑
「ナビゲーションもできないから、助手席で盛り上げる!」って。
土井ちゃんが「オープンカーとかどうですか?」って言ったら百々さんが
「オープンカー乗ったことないから…」って言って、話そこから!?って突っ込まれてた。笑

あと髭とモーサムのメンバー、ひとりだけもし交換or加入してもらうなら?っていう質問で
須藤さんがモーサムからひとり選ぶならあえてドラムの勇さんだと(最近はドラムじゃないけど)。
髭は最高3人同時にドラマーがいたからねって須藤さんが言ったら土井ちゃんが
そんなにいたっけってびっくりしてた。百々さんが髭から選んだのはフィリポ。
すると須藤さんが「そこナイーブな話題だから」って。うん、フィリポ元気にしてるかなぁ…。

最後にラジオを聴いてる人に、とメッセージを求められた須藤さん。
「ほんとに大阪の人が大好きなんで…」って言ったら
「福岡でも同じこと言ってんだろ!」って百々さん。お察しの通りです。笑
百々さんは11月にあるツアーの大阪公演の告知をしようとしたんだけど日にちが分からなくて、
そしたらお客さんから4日!とか8日!とか聞こえてきたんだけど正確には6日だったらしく、
「お前ら10枚ずつチケット買えよ!!」って百々さん。笑

そんな感じで公開収録は終了。遅刻したせいで少ししか見れなかった…( ; ; )
あ、ストコちゃんこと須藤さんは白スウェットできらっきらしてました。


その後ぶらぶらしながら水曜日のカンパネラをほぼ音だけ聴いて、
(きっびっだーん♪きびっきびっだーん♪も歌ってた)中に入ってBLUE ENCOUNT。
ライブ前に土井ちゃんが出てきてダイブ、モッシュ、水撒きなど周りに危険を及ぼす行為は
禁止ですとアナウンス。もしそういう行為をした場合は退場してもらいます。
もう電車ないし雨降ってるしつらいよー、って。他のバンドではそういう注意はなかったから
激しいんだろうなー、けど言うこときかない人もいるんだろうなーって思ってたら
案の定ダイバー続出してた。盛り上がるのは自由だけど、ワンマンじゃないんだから。
MCで好きなように楽しんで、みたいな事を言ってたのも勘違いした人多そう。
マナーの悪い客に萎えて楽しめなかった。曲は…10年くらい前だったらはまる要素はあったかなあ。


前に行ってももうそこまで押されたりしないだろうと踏んで上手前に移動して片平里菜ちゃん。
サウンドチェックは本人達がやるんだけど、その時に伊澤一葉さんが出てきてびっくり。
その日岡山でソロライブだったから最初まさかね、似てる人かなって思ったけど
前にも里菜ちゃんのサポートやってたし、と思ったら本人でした。
みんなそれぞれバンドを表しているようなSEを流して出てくるんだけど
この時だけ流れなくて、それが逆に印象的だった。
この時間帯にシンガーソングライターが出てきて、眠気を促してしまうかもって里菜ちゃん。笑
一葉さんと里菜ちゃんのふたりだけで演奏された煙たいが極上だった…。
その後のBAD GARLも一葉さんの鍵盤が曲に彩りを添えていて素敵だったなぁ。
コール&レスポンスの声が小さくて、さっきはもっと声出てたでしょ?って。
一葉さんの鍵盤聴いたらハイエイタスに会いたくなってしまった…。
今度いつ会えるかな。いつもの鍵盤弾きながらスタンド?に脚をかけて
あぐらかいてるみたいなちょい悪スタイル見れて嬉しかった。


続いてMO'SOME TONEBENDER。
いつだったか忘れるぐらい前にRCで観た事はあったけど、それ以来。
武井さんが発光するサングラスに総柄のガウンみたいなコートを纏って派手に登場。
途中で脱ごうとしてたんだけど、すっと脱げなかったのがちょっと面白かった。
しかもひとりだけマイクカッコつけたやつだし。笑
なんだけど、極限まで歪ませたベースも力強くて走ってるドラムもギターも
百々さんの歌も煽りもパフォーマンスもめちゃくちゃ良くて。
正直曲も知らないしどんな感じなのかなって思ってたけど、
ちょっともう訳が分からないぐらいモーサムかっこよかった。じっとしてる暇なかった。
「先週からツアーが始まってまして明日は磔磔です」とツアーの告知。
今度はちゃんとシャングリラの日付もばっちり。何回も前に出て煽ってくれた。
ストロボライトに照らされた百々さんがストップモーションみたいに見えて非現実の世界みたいで、
ラストは未来は今。百々さんがアンプからシールド引っこ抜いてギター鳴らしたまま
去って行ったのがほんとかっこよすぎでやられた。モーサムはまたライブ観たい!


続いてお待ちかね、ほんとお待ちかねの髭ちゃん!
幕が閉じたまま転換とサウンドチェックが始まって、幕と床の間の2cmぐらいの隙間から
何か見えないか覗いてみたけどやっぱり無理だった。笑
須藤さんによるマイクテストがやたら色っぽかったんですけど………。
サウンドチェックではブラッディ・マリー演奏してくれた。わくわくが止まらない。
転換が終わって一旦はけてSEが鳴って幕が開く。
薄暗い中、ステージに向かうメンバーの姿。須藤さんは最後に出てきたのかな?
それぞれ立ち位置について、ミラクルズのSEに乗ってゆらゆら踊る須藤さん。

需要あるか知らないけど恒例だから一応ファッションチェックを。
須藤さんは黒のだぼっとした長袖くるぶしたけのだぼっとしたパンツ、足首見せてた。
斉藤さんは縦横斜めの線が幾何学模様っぽい黒地に白の模様のシャツ。
宮川さんは黒のゆるいシルエットのジャケットインナー白のトップス、黒のゆるパンツ。
コテさんは黒のバンT、
謙介さん白のTシャツ、
gomesさんは白のシャツだったかな?(だんだん雑になっていく…)

一曲目がいきなりアルバムからの新曲のテーマ・フロム・ダリアで不意打ちくらった。
打ち込みドラムに暗めの照明、そこに浮かぶハンドマイクの須藤さんのシルエット。
明け方4時、サイケデリックなグルーヴにくらくらした。
曲中須藤さんがマイクスタンドの脚に体重をかけて傾けて
キャッチしてたのはパフォーマンス?それとも偶然?

そのまま黒にそめろ。曲中、斉藤さんがコテさんのところに来て
ふたりでニコニコしながら演奏してたのが何だかすごくぐっときてしまった。
全然泣くような曲じゃないのにね。笑

3曲目はボニー&クライド。この曲のラスサビ前のうねるベースが好きすぎて宮川さんを凝視。
フロアを眺めて嬉しそうな笑顔を浮かべる斉藤さん。須藤さん最後笑顔で手を広げてた。

須藤さん「こんばんは!髭です!」

「今日は朝方に夜の本気ダンスが観れるよ!僕たち髭は先日ねむらないという
アルバムをリリースしました(聴いたよ~)…ありがとう。
そのアルバムからもう一曲やりたいと思います。また今年中に
大阪に帰って来るのでライブにも来て下さい。ネヴァーランド・クルージング」

斉藤さん、gomesさん、コテさんのさらさらと耳触りの良いコーラスが重なる。
跳ねるリズムとの相性も抜群。楽しいのに切なくなるような不思議なバランス。

須藤さん「Are You Ready?オーサカー!」

須藤さんがギターを掻き鳴らす。ロックンロールと五人の囚人。
この日はダーリーーーンありでテポドン普通バージョンだった。
最後メンバーが謙介さんの方を向いて力強くドラムでシメ。

須藤さん「サンキュー!オーサカ!」

エフェクトが効いた斉藤さんのトリッキーなギター。
須藤さんがハイジのタオルを顔の前にぶら下げて、そのまま
幕が落ちるようにすとんと落とす。テキーラ!テキーラ!
コテさんは左手スティック、右手マラカスという変則スタイルでドラムを叩いてた。
間奏でミラーボールの光に向かって手を伸ばす須藤さん。
コール&レスポンスの後、急にクールになるとこがいいな。

演奏を終えてステージを去るメンバー。イベントだからアンコールもなくて
余計短く感じたけど楽しかった!ダリアが最高にかっこよかった。


その後途中からだけど久々にLEGO BIG MORL。力強くてキレのあるドラムと
鉄壁のアンサンブル、美しい歌声はそのままに打ち込みの要素の
ある曲も新たに加わったりしていて印象が変わってた。
MCではギターのヒロキさんが実家からハッチに来る途中、堺の辺りで
スピード違反で捕まって罰金18000円取られてゴールド免許もなくなって、
ここにいる誰よりも高い入場料払って来ました、今日はその気持ちを
曲に込めて演奏します、と。パトカーで追いかけられて、
俺?俺!?って思って。まぁ俺しかおらへんかってんけどな。って言ってた。笑
最後はRAINBOWをみんなで歌ってライブを締めくくる。

トリの夜の本気ダンスも気になったけど限界だったからここで私のミナホエクストラは終了。

フロアを出ると屍と化したキッズ達がそこら中に転がってたんだけど、
ロッカーの上によじ登って寝たりゴミ散らかしたりマナー最悪だった。
もしロッカー固定されてなくて何かの拍子に倒れて人が下敷きになったりでもしたらどうするの?
そんな事してたら来年以降ライブなくなっちゃうよ。ここは君らの家じゃないんだよ。

最後に愚痴が出てしまったけどライブ自体は楽しめました。
もっと人少ないのかと思ってたけど最後まで結構入ってたし。
フェスみたいに色々観れるのはやっぱり面白い。
でも結局は髭ちゃんのワンマンが恋しくなったのでした。早くツアー行きたいな。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2015.10.10 MINAMI WHEEL EXTRA EDITION
@なんばHatch 髭セットリスト

SC.ブラッディー・マリー、気をつけろ!
1.テーマ・フロム・ダリア
2.黒にそめろ
3.ボニー&クライド
4.ネヴァーランド・クルージング
5.ロックンロールと五人の囚人
6.テキーラ!テキーラ!
[PR]



by pochi-17 | 2015-10-15 23:54 | Live | Trackback | Comments(0)

2015.10.4 THE PREDATORS ROCK'N'ROLLPANDEMIC TOUR@なんばHatch

10月4日、なんばhatchであったTHE PREDATORSのライブに行ってきました。
THE PREDATORSのライブも3年振りだったけどなんばhatchに行ったのも久々。

今回整理番号は4桁だったから暇を持て余して人間観察ばっかりしてたら
やっぱりJIROさんファン多いな…。思ったより痛い人は見かけなかったけど。
先にドリンク交換も済ませて、どうせ始まったら動くだろうけどPA卓の辺りに。
開場BGMでラモーンズのBonzo Goes To Bitburgが流れてた。
(ちゃんとアプリで聴き取って調べたから合ってるはず!笑)
いつものようにレポらしきものを。MCの順番とかタイミングは曖昧です。

開演10分前に携帯オフったから正確な時間は分からないけど、少し押してたかな?
BGMの曲が終わる度に来るかな?って感じで皆一瞬静かになるからそわそわ感が増した。
フロアの照明が落とされると一気に前方に押し寄せるからスペースが空いてさわおさん側に。
SEとか鳴ってたんだろうけど歓声がすごくて覚えてない。
ただ暗闇の中、後ろから光を浴びた三人が歩いてきた姿は覚えてる。
需要あるか分からないけど一応ファッションチェックを。
さわおさん黒のライダースっぽいジャケット(布っぽい素材)に黒のツアーT、黒?のパンツ、
高橋さん白のツアーTシャツにデニム、JIROさんレイドバックTに濃いネイビーのデニム、
黒と白のコンバース髪アッシュ系ブラウンで洗いっぱなしみたいなラフな髪型。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

アルバムと同じNightless Cityでライブはスタート。
ツアーも終盤に差し掛かり、三人の息もぴったり。

アッパーなSHOOT THE MOONで早くもモッシュが起きる。
踊ったり拳をあげたり歌ったり、みんな思い思いに楽しんでる。


さわおさん「大阪!3年ぶりにロックンロールを鳴らしに来たぜ!」

MCでは近況を。他にも何か喋ってた気がするけど忘れた。笑

さわおさん「俺はマッサージのお店に行くのが好きで、マッサージも整体とか接骨系のと
アロマ系のがあるんだけど俺が好きなのはアロマ系のマッサージで、
行くとよくスウェットのハーフパンツに着替えて下さいって用意されてるじゃん。
なんだけどその店には薄い紙のパンツしか置いてなくて、こんなの履くのかよ、
しかも後Tバックみたいになってるし横は紐で履いてる方が恥ずかしいわ
それだったら全裸のほうがいいわっていうパンツが置いてあって。
それしか置いてないから仕方なく履いたんだけど、どう見ても
俺のアフロが見えてて…俺のブロッコリーが見えてる訳よ。
でも次にその店に行ったら普通のハーフパンツが置いてあって。
それで気づいたんだけど前のは女性用だったんだよ。
スタッフの人がドア開けた瞬間あっ!ってなったんだけど言えなかったんだろうね」

「JIROくんの髪の色、高級な栗まんじゅうみたいだね(笑)
プレデターズは普段ピロウズのライブにはいない出待ちのファンがいるんだけど、
車はスモークが貼ってあるから中は見えなくて、最低でもここはさわおかな、
高橋はいいやって感じで見てるんだけど(笑)、誰がどこにいるか見えなかったんだろうね、
『あーん誰か分からない!!』って言われて。その状況であーん!って言えるのかと思って。
俺のの心に刺さった名言一位はチャップリンの名言でLife is desire, not meaning、
2位は仙台の出待ちファンの一言、あーん誰だか分からない!これでしばらく楽しませてもらいました」


痺れるイントロのBRAIN CALLY。高橋さんの豪快なドラムの
叩きっぷりがスカッとする。JIROさんのコーラスも見もの。

イントロのリフに合わせてオーディエンスが歓声で応えるTRIP ROCK。
ループするベースのフレーズが癖になる。

Smoky Surf Shop Boogieは体が勝手に反応する。
合いの手を入れるのも楽しかった。加速していくグルーヴがたまらない。

WALK ON THIS WAY!だったかな、さわおさんがギターのネックを
銃に見たててフロアを撃ってたのがかっこよかった。

暗闇の中から浮かび上がるようなイントロのMonster In My Head。
ラスサビ前の高速ドラムに目を奪われた。

Risky Revolutionのイントロはやっぱり髭ちゃんのさよならフェンダーに似てる。
さわおさんも曲作った時にそれを自覚して須藤さんに了承を得たと前に言ってたけど。笑
歌い始めてすぐやめて演奏をストップさせるさわおさん。
モニターがおかしい、と上手袖のスタッフさんの元に。

高橋さん「今の、さわおさんが歌詞を間違えたって可能性もゼロじゃない」
JIROさん「俺の髪の色の事を馬鹿にするからじゃない?(笑)」

さわおさん「大丈夫?このままやるの不安なんだけど…ちょっと返ってきた」
高橋さん「俺の所にも返ってきました」
さわおさん「お前のところには返らなくていいわ」

「何事もなかったように」とおもむろにMonster In My Headのアウトロの締めを
リプレイして曲に繋げるさわおさんのアドリブにも瞬時に応えるJIROさんと高橋さん。

タイトルとは裏腹にご機嫌なCrazy Babar。
この曲のさわおさんのギターソロ、キャッチーでいいなぁ。

“パンクロックが魂を貫く夜 柵を乗り越え産声を上げろ”と
さわおさんが語ってLAID BACK BOY'S BLUE。
間奏で高橋さんの方を向いてアイコンタクトを取りながらベースソロを弾くJIROさん。
二人の息のあったコーラスが何だかとても嬉しかった。

プレデターズのダークサイド、ROCK'N'ROLL LAY DOWN。
さわおさんのシャウトにも似た歌い方に心を掴まれた。

さわおさん曲のBite And Fight!は音源よりライブの方が良かった。
熱気が立ち込めてゆらゆらする頃に聴く、様々な表情を見せるさわおさんの歌声が素敵。

男っぽくて疾走感があるTyrantは言わずもがなフロアがぐちゃぐちゃになる。
目の前にある音楽だけに身を委ねて夢中になれる空間。


曲が終わり、暗くなると声援が飛ぶ。

\さわおさーん!/
\JIROー!/
\高橋ー!/
\俺も高橋ぃぃー!/

さわおさん「今面白い事言った奴がいるな(笑)」

「スターと一緒にいると声援のお裾分けって言うか、ピロウズのライブだと
曲が終わってチューニングとかしてると皆帰っちゃったのかな?ってぐらい
静かなんだけどすごいね。一回ここにいる全員で俺の名前叫んでみてくれない?」

\\さわおさーん!//
さわおさん「結構これは心持ってかれるな!(ご満悦)」

\\高橋ー!//
さわおさん「高橋コールはソロの方がいいな(笑)」

さわおさん「札幌にはGLAYのTERUくんとスカボロのkyokoちゃんが来てくれて。
ピロウズのメンバーなんて東京でも来ないぞ。まあ誘わないけど(笑)
その日ちょっと思うところがあったけどライブ終わった後にTERUくんから
メッセージが来て、失敗も調味料ですよ!って書いてて。今日も調味料多めでお送りしました」

「プレデターズは元々ライブの時間が短いんだけど、今回NIRVANAに寄せた曲を外したら
もっと短くなってしまったので仙台で新曲を作ってきました。
スカボロやピロウズだと一時間半ぐらいだけどGLAYは2時間半とかやるじゃない?
そしたらJIROくんを見に来た人からえ、もう終わりなの?って思われるから。
この間岡山のライブで客席で倒れちゃったお客さんがいたんだけど、
出してもらって運ばれて行くのを見てJIROくんが
『さわおさん、これでライブの時間が延びましたね!』って」

JIROさん「さわおさんがそういう事言うと本当だと思われるからやめて下さい(笑)」
さわおさん「ロックンロール界隈の最後の良心が…」
JIROさん「言ってない!」(と、さわおさんにピック投げつける)
ピックがさわおさんの近くに落ちてそれを拾おうとするも床にくっついて取れない。笑
さわおさん「俺の前にいるけどJIROくんの事しか見えてないって奴!」

誰よりも早く挙手した人にさわおさんがお客さん伝いにピックを贈呈。
JIROさん「俺の事見てるって言っときながらあの人HISASHIプロデュースのタオルしてるんですよ」
(本人からKEMURIのタオル!と訂正)
さわおさん「KEMURIのタオルなの?KEMURIって言ったらエルレの方が近いから
じゃあ高橋くんのファンじゃないの?(本人はGLAYファンです!と。笑)
これで俺のことも気になっただろ?」さわおさんかっこいー!

さわおさん「Mr.栗まんじゅうは今回のツアーどう?」
JIROさん「推しますね(笑)俺の経験上、盛り上がった次のライブは失敗するから集中してやります」

さわおさんが恒例の新曲の歌詞を書いたカンペをお客さんに持たせる。
その後ろで高橋さんが無言で「閉じちゃえ!」みたいなジェスチャー。笑
JIROさん「裏に『勝訴』って書いて途中で裏返しちゃえ!(笑)」

タイトルのTRINITYには三位一体、三人組という意味もあるので
このタイトルにしました、と新曲のTRINITY。

ピロウズを彷彿とさせる切なくて温かい世界観の歌詞のミディアム曲は
三人の結びつきや信頼感が見て取れて、余計にぐっときた。

さわおさんが「まだまだ暴れ足りないだろ?」と、
聴こえてきたのはアメコミのテーマ曲みたいなHurry Up! Jerry!のイントロ。
どんどん加速していく爆裂ドラムと少しふにゃっとしたファニーなさわおさんの歌が最高だった。

ラストに向けてここからフルスロットルで爆音ドロップ。
初期曲の中でもやっぱり人気があるみたいで一番押しがきて気付いたら4列目。
間奏前のピシッと締まった高橋さんのドラムが反則並みにかっこいい。

そのままの流れでWILD TIGER。イントロのベースが速くなっていく鼓動に重なる。
さっきの新曲じゃないけど、このアンサンブルを観ていたら三位一体という言葉がしっくりきた。

ラストはTHIS WORLD。この曲もドラムが豪快でほんと気持ち良くて
高橋さんばっかり見てしまった。JIROさんのコーラスもいい!

演奏を終え、ステージを後にするメンバー。
高橋さんがスティック投げようとしてたのはこの時だったかな、
すぐアンコールを求める手拍子(ライブハウスっぽい速いやつ)が始まる。
しばらくして再びステージにメンバーが。
アンコールでは三人ともお揃いの白のツアーTに着替えてた。

一曲目は高橋さん曲のSTART!この曲はキーを少し上げて歌ってた。
プレデターズにはめずらしいタイプの高速ツービートで、ELLEGARDENの
曲みたいな高橋さんのドラムは文句無しだしJIROさんのベースラインも光ってた。
ゴールテープを切った時がスタートさ、って歌詞も含めて大好き。

イントロでのさわおさんのギターの鳴りが心地良いTyphoon Jenny。
あと少しでライブが終わってしまうっていう実感が急に押し寄せてきて切なくなってしまった。

演奏を終えてステージを後にする三人。
またすぐに手拍子が始まる。場内にはNightless Cityが流れてる。

しばらくして、お揃いの白いツアーTシャツに着替えメンバーがそれぞれビールを手に登場。

(お客さんから「飲みたいー!」の声)
さわおさん「飲みたい人は自分でちゃんとお金を出して買ってください」
乾杯の後、くつろいだ様子でドラム台に腰掛けるさわおさん。億劫そうに立ち位置へ。
高橋さん「なかなかギター持たないからいつやるんだろうと思ってました」

ライブのラストを飾ったのはJIROさんのベース始まりのLIVE DRIVE。
ベースのプレイも歌もドラムソロも全部最高だった。何より楽しかった!
THE PREDATORSのライブは変に感傷的になったりしなくていい。

ライブの後半にさわおさんが「次はいつになるか分からないけど、
曲作ってまたライブやるわ!」って言ってくれたのが嬉しかったな。
次はまた3年後とか言わず、いつでも帰ってきてね。
磔磔もフォロワーさんのお陰で行ける事になったから今から楽しみ!


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


2015.10.4 THE PREDATORS ROCK'N'ROLLPANDEMIC TOUR
@大阪 なんばHatch セットリスト(セトリ共有サイトより)

Nightless City
SHOOT THE MOON
BRAIN CALLY
TRIP ROCK
Smoky Surf Shop Boogie
WALK ON THIS WAY!
Monster In My Head
Risky Revolution
Crazy Babar
LAID BACK BOY'S BLUE
ROCK'N'ROLL LAY DOWN
Bite And Fight!
Tyrant
Trinity
Hurry Up! Jerry!
爆音ドロップ
WILD TIGER
THIS WORLD

EN
START!
Typhoon Jenny

EN2
LIVE DRIVE
[PR]



by pochi-17 | 2015-10-15 23:47 | Live | Trackback | Comments(0)

2015.03.29 ABENO CIRCUS

3月29日、あべの一帯であったサーキット型ライブイベント、ABENO CIRCUSに行ってきました。
髭ちゃんレポメインで書いてるので他はかなりざっくりしてます。ごめんなさい…。
まあ髭ちゃんのレポもいつも通り曖昧な記憶を頼りに書いてるので完璧ではないけども。

2時過ぎにリストバンド引き換えのために安倍乃荘に。敷地内に桜が咲いてた。
去年は道に迷ってすごく彷徨った記憶がある安倍乃荘に奇跡的に迷わず行けた。
阿部野橋駅の東口?(ドラッグストアのある方)からまっすぐだったのになぜ去年あんなに迷ったのか…。
その後一旦キューズモールぶらついて、ROCK TOWNでザ50回転ズ。

まだお客さんの入りも少なめだったけど、とりあえずいちばん後ろで観ることに。
幕が閉まったままサウンドチェックをして、しばらくしてライブがスタート。
ライブを観るのは初めてだったけど、熱くて直球なロックンロールが気持ちよかった。
何も考えないで気づいたら踊らされてる感じがいい。
お客さんもまだあったまってなかったから、声が小さい!そんなんじゃ髭も出てこないぞ!って(笑)
天王寺エレジーっていう曲だったかな、ダニーさん自ら照明さんにあれこれ指示を飛ばして
ピンクの照明にミラーボールを回してもらって歌いはじめたのは笑った。
動き回ってぐしゃぐしゃに弾いてるようでいて演奏が乱れないのはすごいなぁって。

終わってすぐ安倍乃荘に移動して髭のサポートメンバーでもあるgomesさんの弾き語り。
着いたらまだ前の方のライブ中だったから入るのを待ってたら廊下でgomesさんがバンドのメンバーとお話されてた。
中に入ったらフォロワーさんを見つけて一緒に観ることに。せっかくだからって前に行ったら
2列目(前には誰もいなかったから実質最前)のど真ん中というめちゃくちゃいい位置に…
去年はそんなのなかったけど今年は転換中にお笑い芸人さんの卵が漫才をされていて、
いきなりの事でみんな出てきた瞬間に笑ってしまって出オチみたいになって申し訳なかった(笑)

gomesさんのライブはバイオリン、カホン、ギター、鍵盤(gomesさん)という編成で、
バイオリンのしおりさんはバンドセットの時はベースを弾いてるそう。かっこいい!

セッティングが終わってライブが始まってgomesさんが歌い始めた時、空気が変わるのを感じた。
透明でさらさらとしていてやわらかな歌声と美しいメロディーに一瞬で引き込まれた。
失礼ながら予習はできてなかったんだけど、一曲目は何年か前にACのCMで流れてた曲だった。
今まで髭のサポートをしているgomesさんしか知らなかったけど、こんなに素敵な歌を歌う人だったんだって。
地声とファルセットを自由自在に行き来して、魔法みたいにきらきらとした曲ばかりだった。
「ジュビルディルビ・ルビダディダバ」という曲だと思うんだけど(歌詞がそんな感じだった)、
gomesさんの声って楽器みたいだなぁって。GATALIの時もすごいと思ったけど、また更に思った。
この曲の終盤のリズムが変化するところ、ジャズっぽいアレンジになるのがたまらなかった。
一曲終わるごとに思わずため息が漏れてしまいそうな空間でした。またライブ観たい!

MCでは大広間が温泉みたいだねって話していたり、パソコンのデータが消えてしまって大変だったけど
なんとかCDができましたって話していたり。普段ほとんど話さないgomesさんが話してたのも新鮮だった。


2015.03.29 ABENO CIRCUS
gomes with ピルバグス

1.魔法のように
2.ジュビルディルビ・ルビダディダバ
3.ステップ
4.ストラップシューズ
5.リトルビットモア

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ふわふわした気分でこの後どうしようかな、シネマ行くのも微妙な時間だなって思って
とりあえず一階に行ったらスタッフさんと一緒にいる謙介さんとすれ違った。
後からTwitterでgomesさんのライブを観に来てた事を知って、そうだったの!って。
それでキューズモールに戻ってROCK TOWNを偵察しに行ったらそこでまた謙介さん発見。
ちょうど下でアイドルのイベントやってたのをスタッフさんと一緒に眺めてたみたい。
その後フォロワーさんと休憩。髭ちゃんトークしてお腹痛いぐらい笑った。楽しかったー。
時間を見計らってROCK TOWNに戻ったら入ってすぐ宮川さんが通りかかったからみんなで手を振ってみたり。
フロアの中に入って行ったけど見失った。宮川さんはいずこへ。通り抜けただけ?

ちょうどライブ終わったとこだったからライブ待ちの間にまたお喋り。
続いてTHE TOKYOのライブ、これも初見。お揃いの衣装でキメた正統派のロックバンド。
メンバーのうちの一人がファッション誌のモデルさんのようで、
どおりでしゅっとしてる!(お洒落な人に対する関西人の最上級の褒め言葉)
途中ヒートアップして自分のマイクを倒してしまってベースの人のマイクで横から歌ってた。
安倍乃荘と分散してるのか満員とは言えないフロアを見て何となくやりづらかったのかなって
思うところもあったけど、演奏はかっこ良かった。
終わった後、フォロワーさんがメンバーの人が某芸人さんに似てたって言ってて、
それ聞いたらもうそうとしか思えなくなってツボにはまってつらかった…(笑)

転換の後、THE BOHEMIANS。SEが妖しい雰囲気。
ボーカル、ギター、ベース、ドラム、ピアノという5人編成のバンドでみんなお洒落。
古き良き時代のロックに憧れてる感じのビジュアルと音がかえって新鮮。
下手側の2列目で観てたけど、メンバーそれぞれ違った個性を持っていて、
目を奪われることがたくさんあった。ボーカルの平田さん、真っ赤な革ジャンを脱ごうとしたんだけど
汗で張り付いて脱げなくて脱ぐのをやめて、後でやっぱり脱ぎなおして力いっぱいぶん投げてた。
ビートりょうさんが腕ぐるぐる回しながらギター弾いてたのも熱かったな。
バギクラでたまに流れてるのを聴いた事があるぐらいだったけどまた観たいなって思った。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

さてさて、ABENO CIRCUSのトリを飾るのはお待ちかねの髭ちゃん。
幕が閉まったままサウンドチェックが始まってブラッディーマリーを途中まで。
すぐそこにいるのに音だけってすごいじらされてる感じがする。

イベントのトリだとどうしても時間が押してしまって21時過ぎてたかな?
だからなのかいつものSEもなく、ふっと照明が落とされて幕が左右に開いて、
そしたらそこにもうメンバーがスタンバイしていて「闇をひとつまみ」。
そのほんの少しいつもと違う始まり方が映画のワンシーンを観ているようだった。
ツアーでは本編のラストに演奏されてたけど、一曲目だとまっさらな気持ちで聴けて
全てを赦してくれるような斉藤さんのやさしいギターの音色もより沁みた。

恒例の衣装チェック、須藤さんは首周りを切った白のトム・ペティTシャツ、赤青チェックの
スカートみたいなパンツ、黒のコンバースハイカット。髪は手ぐしを通したラフな感じ。
斉藤さんは青とピンクのギンガムチェックのシャツ、青のさらっとした素材の模様の入ったパンツ。
宮川白黒ギンガムチェックのロングシャツを羽織って中に黒っぽいTシャツ、黒のパンツ?
コテさんは白のバンT、謙介さんは黒のマリリンマンソンのTシャツ、
gomesさんは紺のテイラードにサルエルっぽいシルエットのパンツ。

続いて「虹」。ありがとー!サンキュー!ってきらっきらの笑顔で手を振る須藤さん。
まだ2曲目なのにハートも飛び出すライブ終盤みたいなサービスっぷり。最後跪いて両手を広げてた。
この曲には何度も力をもらってるな。その時々の心情で響く歌詞も違う。
ちょっとくらい不安定な方が遠く飛べるぜ、って言葉に背中押してもらった。

須藤さん「こんばんは!髭です!ここの近くにあるあべのハルカスって日本一高いビルなんだってね?
皆が普通に知ってる事を俺はさっき知りました!でもそんなに高く見えないよね。
今日新世界に行ってきたよ!串カツ!(空中で何かを串刺しにするようなジェスチャー)
将棋…囲碁かな?を指してる人がいてね。ニュースでよく見るあいりん地区って
あべのから近いのかな?今度行ってみたいなって思ってます。
時間が押してて喋ってたら曲削らなきゃいけないから歌います!トリの悪いところ!」

宮川さんのベースで「ボーナストラック」のイントロが来てめちゃくちゃテンション上がった。
Bメロまでギターを休ませてる斉藤さんが目を閉じたままゆらゆら踊る。
2番の前、一小節伸びてた気がしたんだけど、もしかして歌詞思い出しタイムだったのかな…?

そのまま「黒にそめろ」。謙介さんとコテさんのツインドラムのリズムに身を委ねる。
間奏だったかな、斉藤さんがすっと音もなくステージから降りて目の前でギター弾いてくれた。
でも斉藤さんがあまりにも真顔で思わず笑ってしまったよ。素敵な人だ。

須藤さん「髭は今、アルバムを制作中なんだけど、ここから新曲続きます!壮大な練習!
ジョゼという曲とスティーブン・スピルバーグ。スティーブン・スピルバーグは
もういいよってぐらいスティーブン・スピルバーグって言ってる歌です。
またツアーで大阪に戻って来るよ!きっとその時にこの曲もまた歌うからね。…楽しめ!!(笑)」

「ジョゼ」では宮川さんがめずらしくピック弾きしてた事に気付いた。
和音の広がり方が水面に一滴の雫が落ちた時みたいに綺麗で、ずっと音に身を委ねていたくなる。
じっくり聴けば聴くほど、歌詞に心を持っていかれる。2番のAメロの歌詞、あれはずるい。いい。

ループするギターのフレーズがキャッチーな「スティーブン・スピルバーグ」。初めて聴けた!
須藤さんがハンドマイクでステージの前に出て煽る。上手側のスピーカーに乗ろうとして、
「『絶対に乗らないでください!(って書いてある!)』」って(笑)
サビの歌詞にほんとにスティーブン・スピルバーグって出てきて、
顔を左右に小刻みに揺らしながら歌って声を震わしてたのがかわいかった。
曲の最後、溺れる猿のラストみたいなバキバキのドラムの連打がかっこよかった。

須藤さん「クルージングしよう!」

素敵な闇ツアーでもおなじみだった「ネバーランドクルージング」。この曲のコーラスが好きすぎて、
宮川さんの前にマイクがないか探してしまう変な癖がついちゃった(でもやっぱりマイクはなかった)。
まだ音源化されてないのが不思議なぐらい、もうすっかり歌えてしまう。

ステージセンター、腕まくりして一歩前に身を乗り出す須藤さん。この流れは囚人かな?って思ってたら
須藤さんが弾いたのは「それではみなさん良い旅を!」のイントロだった。かっこ良すぎでしょ。
2番の歌詞が怪しかったからあべのの時間だよー!とかはなかったけど(笑)
gomesさんのピアノから間奏に入って行くところで手拍子を先導する須藤さん。
楽しくて時々ちょっぴりぐっときて、気付いたら両手上げて踊ってる。いつだって最高だ。

「ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク」で更にテンション上がる。
フフッフー!ってぴょんぴょん飛び跳ねてたら斉藤さんがにこにこ笑顔で見てくれた。
この曲の楽しさは異常。頭おかしくなりそうなぐらい楽しい!
良い旅だったかこの曲だったか、斉藤さん下手のスピーカーにしれっと乗ってたね…?

須藤さん「あべの最高だね!あべのサーカスでしかあべのに来ることもないんだけど(笑)
もっと来たらいいのにね。今日のライブが今までライブやって来た中で一番盛り上がってるよ!
あざーす!今時あざーす!って言うバンドもいないでしょ?
いつも思うんだけどさ、関西弁ってかわいいよね。なんでやねん!不公平やで!!
俺も関西弁使いたいと思ってるよ、東京で。
…青木って奴があべのサーカスのトップなんだけど、いつも皆で写真撮る時、
思いっきりカッコつけるからね!お前じゃねえだろ!!(笑)
いや、今年も呼んでくれてありがとうございます。来年もお願いします!」

ボトルの水を口に含んで、勢いよく噴射する須藤さん。
久しぶりに見た!ひゅー!って思ったけど須藤さん自身にもかかったらしく顔が濡れてた…(笑)

須藤さん「たとえば、こんなお酒はどうかな?」

ミラーボールがきらきらとした光の粒をフロアに降らせる。「テキーラ!テキーラ!」。
2番のBメロ、歌詞飛ばしちゃってお客さんが代わりに歌ってるのを見た須藤さんが
「それだ!」みたいに笑いながら指差したのを見て斉藤さんも笑ってた。
この曲だったかな、須藤さんが指を輪っかにしてメガネみたいにしてフロアを見渡してた。
最後、謙介さんと斉藤さんアイコンタクトを交わして曲をしめるのがいいな。

須藤さん「ing、今の歌。NOW」

ラストは「ing」。ふわふわと踊りながら時折笑顔を見せて歌う須藤さん。
“今は今を信じよう君と見たこの眺めを”の言葉が心に迫ってきて泣きそうだったけどふっと楽になった。
謙介さんのドラムがパキッとしててかっこいい。デジタル寄りなサウンドによく似合うな。
最後、騒ごうロックンロールミュージックって歌ってた気がするんだけど歌詞変わったのかな?

演奏を終え、ステージを去るメンバー。
広げたタオルに顔を押し当てて凹凸を浮かび上がらせる須藤さん。

ライブが終わってすぐアンコールの手拍子が起こってたけど、時間が押してたせいかそのまま終了。
アンコールはなかったけど、11曲中4曲が未発表曲という攻めのセトリでした。

ドリンクを引き換えて外でフォロワーさんとお喋りしてたら須藤さんの姿が遠くに見えたから
手を振ってみた(というか無意識で振ってしまった)らそれに気付いて振り返してくれた。優しいな。
それで、エレベーターに乗って帰っていくメンバーを遠くから見送って家路についたのでした。
帰りの電車の中でも楽しかった事だとか笑った事を思い出して、口元が緩んで危なかった。

何の曲の時だったか須藤さんがこっち見てくれてるって気付いた時、反射的に笑ったんだろうな、
そしたら須藤さんも笑い返してくれて。些細なことだけどそれがすごく嬉しかった。
“確かめたいんだ君の笑顔で笑顔の僕を”っていう闇をひとつまみの歌詞みたいだなって。
ライブが終わった後、こんなに心があったかくてふわふわするのは髭ちゃんのライブだけだ。

2年目のこのイベント、安倍乃荘が今月いっぱいで営業終了するみたいで。来年はどうなるんだろう…?
去年はROCK TOWNがリストバンド引き換え場所だったのに今年は安倍乃荘に変わってて、
そのアナウンスがほとんどなかったからフォロワーさんもROCK TOWNに行ってしまったって話されてて。
数日前に発表されたタイムテーブルも見づらくて、その辺は不親切だったかな…。
何となく身内ノリというか、よく言えばアットホームなんだけどそう感じるところもあって。
長く続いていくイベントになってほしいから、そこは改善して来年も開催してくれたらな。

色々書いたけどライブ自体はどれも良かった。
大好きな音楽があればそれだけでしあわせな気持ちになれるよ。いつもありがとう。



2015.03.29 ABENO CIRCUS 髭セットリスト

SC ブラッディー・マリー、気をつけろ!(途中まで)

01.闇をひとつまみ
02.虹
03.ボーナス・トラック
04.黒にそめろ
05.ジョゼ
06.スティーブン・スピルバーグ
07.ネバーランド・クルージング
08.それではみなさんよい旅を!
09.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
10.テキーラ!テキーラ!
11.ing
[PR]



by pochi-17 | 2015-04-08 00:39 | Live | Trackback | Comments(0)

2015.3.24 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET「愛と憎しみ」ツアー@大阪心斎橋Music Club JANUS

3月24日、心斎橋Music Club JANUSであった髭のボーカル須藤さんの“ガタリ”ライブ、
須藤寿 GATALI ACOUSTIC SETの愛と憎しみツアーの大阪公演に行ってきました。
セットリストはいただきものです(ありがとうございます)。
MCは覚えてる限り書いたけど多分もっと喋ってたと思う…

ギターに元東京事変でペトロールズの長岡さん、ドラムにSAKEROCKの伊藤大地さん、
ベースに元BEAT CRUSADERSでWUJA BIN BIN(ウジャビンビン)のケイタイモさん、
鍵盤には髭のサポートも務めるgomesさんという4人編成のバンドを従えてのツアー。
(もちろんGATALIなので今回も須藤さんは演奏しないスタイル)

整理番号はぎりぎり2桁で5列目のセンター寄りに着席。
未だに座ったままライブを観るっていうのが慣れなくて不思議な気分。
今回も上手の長岡さんの位置にはソファーが置いてあって、
センター奥には観葉植物も置かれてホテルのラウンジのような雰囲気。
須藤さんの所にもスツールのような椅子、それと歌詞が書いてあるのか譜面台。

開演を少し過ぎた頃、明かりが消えると同時に須藤さんが一人でステージに。
須藤さん「こんばんは!須藤寿です!」
白のスウェットに黒の足首丈パンツ、黒のスニーカーという服装の須藤さん。

須藤さん「いつも先に出てきてメンバーを呼び込むんだけど。
僕をサポートしてくれるメンバー、サポーターを。
サポーターじゃないか。それだと別の人になっちゃうか。いつも大体呼び込む順番って
決まってるんだけど今日は逆に呼んでみよう!逆にね!…ギター、長岡亮介!」

まず最初に呼ばれたのは長岡さん。…って前もそうだったんじゃ?(笑)
長岡さん、相変わらず個性的でお洒落。つるんとしたキャップ(ボーラ型っていうのかな?)に
シルバーに見えるサテンっぽい素材のグレーのトップスに白のパンツ。

須藤さん「ベース!ケイタイモ!」
アウトドア系の帽子に白地に紺のボーダーのトップス、黒のパンツのケイタイモさん。
須藤さん「ケイタイモ!2児の父!一昨年子供が産まれました!今日、本番前にこうやって髭整えてたよね」
ケイタイモさん「昨日もやってた」
須藤さん「昨日もやってたんだ?(笑)ダリみたいなね。キーボード、gomes!」

コカコーラのロゴが入ったグレーのスウェットにデニムのgomesさん、秒速で着席(笑)
須藤さん「ドラム、伊藤大地!」
呼び込む順番いつもと変わんないじゃんって言われて、逆の逆をいったら表になっちゃったって。

須藤さん「フルネーム言いたくなる名前だよね、伊藤大地は。伊藤だけだとワサビみたいに
鼻に抜けるんだけどダで止まる感じがいいよね。声に出して読みたい」
伊藤さん「長岡亮介もフルネームで読みたくない?」
長岡さん「俺の名前は退屈だからね」
須藤さん「そんな事もないけど…(笑)亮介は、まぁーネガティブなんだよね」
伊藤さん「しかも人に攻撃してくるタイプのネガティブ(笑)」
須藤さん「今日も機嫌が悪いからどうしたのかな?って思ったら
『あー!ぐちゃぐちゃしてる!』って絡まったケーブルに怒ってんの(笑)
分かるかな、電車とかで知らない人同士が喧嘩してるあの感じ。ドキッとするのね。
朝だとこっちのテンションも低いから、何か機嫌悪いなーって(笑)」


ひとしきり喋ってから演奏に入るというリラックスした雰囲気でライブがスタート。
一曲目はスローに「太陽の季節」。位置的に座ったまま演奏する長岡さんが見えづらい…。
長岡さんが爪弾くギターに導かれるように曲が始まって、須藤さんの歌とgomesさんのコーラスが乗る。
2番の途中から伊藤さんのドラムが入るところはハッとするような音の強さで迫力がある。
生で聴くとベースやドラムの低音が足元から伝わってくる。ふわっと色っぽい須藤さんの歌。

「楽しい時間旅行」の軽やかなイントロの口笛はケイタイモさん。
間奏は長岡さんや伊藤さんgomesさんも吹いてたのかな?
長岡さんのファンクなギターのフレーズからgomesさんの鍵盤に移るところは
マチュピチュ、タヒチ、ポンペイ、台湾…って歌詞みたいに目の前に広がる景色が変わるよう。
間奏の小気味いいリズムと浮遊感は空から街並みを眺めてるようでわくわくする。
ラストに転調してあそびいこうのフレーズをメロディを変えて歌ったと思ったらそのまま「あそびいこう」。
この曲の低くて渋いコーラスいいなぁ。椅子に座ってても自然と体が揺れる。
この後だったかな、須藤さんがコーラスの真似をして自分でゴスペラーズみたい!って。

須藤さん「キーボード、gomes!」
gomesさん「白と黒の須藤くん!」
須藤さん「…せやねん。白黒やねん。これ発音合ってる?(笑)
よく行く好きな服屋があって、最近モノトーンが好きなんだけど須藤の好みを分かって
くれてるみたいで白と黒の服ばっかり置いてあるんだよね。20代の頃はそれこそ
原色の服ばっかり着てたんだけど、その反動で白とか黒にばっかり目が行くの」

思わずあれやこれやの須藤さんの衣装ヒストリーが脳裏をよぎる。

須藤さん「最近白とか黒が好きなんだけどでもこの間真っ青なセットアップ買ったよ。
セイランって言うの?学ランの青いやつみたいな色の。青空みたいな真っ青なスカイブルーのやつ」
ケイタイモさん「モノトーンが好きって言って原色も買ってんじゃねぇか(笑)」

須藤さん「それで鼻歌なんか歌っちゃったりして10着ぐらい持って行って試着して、
そのブルーのやつもこれはさすがにないだろって思って着てみたら、まぁー似合うな!って」
伊藤さん「いいね。俺試着して自分で似合うと思った事ないよ(笑)」

須藤さん「大阪に着て来ようかと思ったんだけどこれ着てたらおのぼりさんみたいだなぁと
思ってやめたの。クラブとかで目だけ隠すような時に着ようかな。
そういう時は俺、むしろ下は何も着ないで裸の方がいいと思ってるけどね。
皆着なくなった服とかどうしてる?こういう皆と会えるライブとかの時に売ろうかな?(笑)
ケイタイモさん「額に入れてこれはいくらですってやれば?」
須藤さん「それ長嶋茂雄さんクラスならいいけど俺がやるとこんなとこで何やってんのってなるでしょ(笑)」

須藤さん「…曲行こうか。サンシャイン」

Sunsetバージョンの「サンシャイン」はgomesさんの無垢で穏やかなピアノと
長岡さんが爪弾くギターの音色が美しくてため息が出る。抑えたトーンの須藤さんの歌声が切ない。

ライブで聴く「ウィークエンド-Theme From The Great Escape-」は打ち込みの音源と違って
伊藤さんの生ドラムで、メリハリのあるビートがかっこ良かった。

長岡さんがさらりと弾くフレーズはどれも心憎いぐらいセンスがいい。「ハーイ!ゴメス!」。
gomesさんに語り掛けるみたいにしておどけて歌う須藤さん。gomesさんも思わず笑顔。
楽しい気分で聴いてたけど“忘れてしまえ 昔の痛み”ってフレーズに心がずきっとした。
いきなり“突き抜けたーい♪ SAY!!”って振られてびっくりしたり。

須藤さん「ハーイ!ゴメス!はgomesが落ち込んだら嫌だなって思って作った曲です。
スーゴメって10回言ってごらんっていう曲もあって、それもgomesの事を歌ってるんだけど
その曲はgomesが死んじゃった時の事を想像して書いた曲で、gomesが祭壇場?何て言うの火葬場か。
火葬場で焼かれて青い空に煙が立ち上って、そこにgomesの顔が浮かんで…(笑)
その曲は今回のツアーグッズの缶バッジのダウンロードコード?よく分かんないんだけど、
それで聴けるのでライブで聴いて耳触りが良かったら聴いてみてください。
この曲はgomesがエンジニアやってくれたんだよね。どうだった?
夜中にスーゴメスーゴメ…って聴きながら作業するのストイックだった?
このスーゴメはないなとか、このスーゴメはコピペして使おうとかあった?」

ふふっと笑うgomesさん。

須藤さん「この曲の話したからもうやっちゃう?やっちゃっていいか。
またこの曲の番が来たらもう一回やろうよ。サビが来たらみんなスーゴメって歌ってね」

ぴょんぴょん飛び跳ねるようなgomesさんのピアノ始まりの「スーゴメって10回言ってごらん」。
この曲のピアノのアレンジ可愛い。幼児番組とかで流れてそうな音とサビの
スーゴメスーゴメ…ってメンバーのシュールなコーラスのギャップがいい。

須藤さん「次に歌うのは髭の新曲なんだけど、今制作中で歌詞ができてなくて
考えてたらこんなスニーカー履いてきちゃって(と足を上げて見せる)」
長岡さん「今日買いに行かなかったの?」
須藤さん「忘れてた。寒いなーと思って中にいたら忘れちゃって。
亮介は大阪の街に繰り出して10分前ぐらいに戻ってきたよね」

GATALIバージョンの「ジョゼ」、須藤さんが歌ってgomesさんがピアノを弾いているのに
長岡さん、ケイタイモさん、伊藤さんの個性が溢れてちゃんとGATALIの音になってた。
ケイタイモさんのベースのフレーズがすごく心地よくて曲の世界観に合ってた。
それにしてもこの曲の歌詞は悲しくて切ない。髭ちゃんの曲でも今までにないタイプ。

須藤さんが小さい頃に聴いていたという「チョコレート・ドリーム」のカバー。
ポップで女性的な歌詞の曲でも歌いこなしてしまうのは須藤さんのキャラクターのなせる業。
歌はかわいらしいけど演奏はきっちりかっこいいっていうのがGATALIのすごさ。


須藤さん「今日雪降ってたよね?岐阜と滋賀の間ぐらいで吹雪いてたよ。
でも大阪に着いたらいい天気で。俺、すっごい晴れ男なんだよ!ライブで雨降った事ないもん。
ライブって言っても外でやる時ね。フジロックフェスティバルっていう、新潟県だっけ?
そこはちょっとよく分かってないんだけど(笑)その新潟県の山の中みたいな所でやる
フェスがあるんだけど、山だから天候が変わりやすくて雨が多いの。
でも俺フジロック3回出て2回晴れたもん!(笑いが起こる)
ちょっと待って。今、一回降ってるじゃんって思ったでしょ?最後まで人の話聞かないで!
その雨が降った一回っていうのは屋根のあるレッドマーキーの時だったの。そこしか屋根がないから
結果としてみんなそこに雨宿りする為に集まって来て髭ちゃん人気出ちゃったの。
雨が降るとチケット持っててもみんなライブ行かないでしょ?
逆にいい天気だと行くつもりじゃなかった人もライブ行こうかな?ってなるから動員が増えるの。
俺が晴れ男だから髭は人気出たんだよ。…いや言うほど売れてないか。
サマーソニック、サマーソニックフェスティバルの時も、あれ幕張だっけ?
(長岡さん「うん幕張」)ビーチステージだったんだけど雷ドッカーーーン!!って鳴ってて、
もう本当にすごくて真上で鳴っててこの近くに落ちてるなって感じのドッカーーーン!!だったの。
前のバンドは危ないからって中止になっちゃったの。それで俺達も中止になっちゃうのかなって
思いながら裏の動線を移動して、バンから降りた瞬間にサーッて晴れたの!
(お客さん「虹出てた!」)…えっ虹出てた?俺より詳しい人がいた(笑)
みんな知ってる?雨が降った後の夕焼けってすっごく綺麗なんだよ!
その時もきっともう出てたからあの歌うたってたんだろうね、僕を見ておくれ♪ってね」

長岡さん「そのきらっきらの笑顔でね」
須藤さん「両手広げて跪いてね。でもその時は本当に僕を見ておくれって思ってるんだよ。
ギタリストが好きとかベーシストが好きとか皆色々好みはあっても
大体バンドだったらボーカル見てるかもしれないけど(笑)
俺がきらっきらの笑顔で僕を見ておくれ♪って歌ってるとみんなも『須藤さんかっこいいな』って。
分からないけどね。今のは向こうの気持ちを汲み取って言っただけだから(笑)
今もライブの後にサインとかハグとかしちゃったりしてね。まあそれもいいんじゃないかな」

ケイタイモさん「あのさー…」
須藤さん「…ここで喋るって事はこれ以上の話を持ってるって事だろうね!?」
ケイタイモさん「この話、サンシャインの前にすれば良かったのになって思って」

須藤さん「今回のツアーでTシャツを作ったんだけど、前にGATALIで作った
Tシャツが全然売れなかったの。それでその原因を考えたんだよね。
デザインかな?って思ったんだけどいつもと変わらないし。
それで分かったんだけど、GATALIって座ってるから汗かかないでしょ?だからだよ。
ペトロールズはいつもすっごく素敵なTシャツ作ってるじゃん」
長岡さん「(リラックスしてたのに背筋を伸ばして)ありがとうございます」

須藤さん「だから今回のTシャツはこだわって作ろうと思って。
お店でボディから選んで、花瓶を投げて割っちゃう先生みたいに
『違う!これじゃない!』ってビリビリ破いて。でもちゃんと後で弁償するっていうね」
長岡さん「陶芸家みたいにね」

須藤さん「今回Tシャツのデザインを一度に二個も頼まれたんだよね。
Photoshopとかイラストレーターとか使えるからやってたんだけどいいのができなくて、
人に会ってインスパイアされたいなって思って。人がどんなインスパイアを
受けてるのかなって、だから人が受けたインスパイアにインスパイアされるって事だね。
俺と同い年の昔からよく知ってる、ハイジのデザインもしてくれて他にも色々髭のデザインを
してくれた友達のデザイン事務所に行ったんだけど、Tシャツのデザインの話する前に
『今日AKIRAの爆音上映会があって面白そうだから行こうよ!もう時間ないし!』って言われて、
『え…!?』ってなったんだけど、事務所も会場も駅の近くだったからすぐに着いて。
こういうイベントスペースみたいな所に人がいっぱいいて、中に入ったらこんなじゃないよ、
それこそさっきのサマソニみたいなでっかいスピーカーが何個も置いてあって、
うわぁこれ大丈夫かな…って思って周り見たら変な人ばっかりなの。
そりゃ平日の昼間の5時からだもん、変な人ばっかりだよね。
その中でもKING OF 変な人だったんだけどね(自分を指して)
それで始まる前に主催者のおじさんみたいな人が出て来ちゃって挨拶し始めて。
聞くとあちこちでやってるみたいで、音響とかでもすごいこだわりがあるんだって。
クラブに行ってもスピーカーの位置とかこだわりのある人いるけどそういう感じなんだろうね。
上映会がいよいよ始まって、最初にいきなり東映の波がバッシャーン!!みたいな映像が出て。
もう本当にバッシャーン!!ってすごいの音が。それで始まるのかな?って思ったら、
シャーッ!!てすごい変な音がするの。それ、フィルムの音だからね?
爆音すぎてフィルムを送る音すらうるさいの(笑)AKIRAなんていきなり『ワーッ!!』とか
叫んだりするのに大丈夫かなって思ってたんだけど不思議と耳は痛くならなかった。
多分そのおじさんが音響とかこだわってるからなんだろうね。
爆音上映会、あちこちでやってるみたいだから近くでやってる時は行ってみてください」

須藤さん「(客席がざわついて)…あ、Tシャツ?いいと思うよ。上出来!でも持って来てた分が
もう完売しちゃったみたいで、通販できるようにしてもらうのでぜひ買って下さい」
ケイタイモさん「昨日着て汗でびっちゃびちゃになって一日発酵したのならあるけど」
須藤さん「逆にそれ欲しいっていう人いるかもしれないよ?」

須藤さん「みんなDoorsって知ってる?今回のツアーは自分の音楽のルーツを
辿る旅にしようかなと思って、俺が10代20代の時に聴いていた曲を演奏していて。
今の中学生とか高校生とかの若い子はYouTubeで2曲だけ聴いて
アルバム聴いたような気になってるよね。やれユーチューバーですとかね。
僕が10代の頃ってひとつのアルバムを何回も何回も聴いてたんだけど、
そういう皆がびっくりするようなアルバム作りたいと思ってるんだよミュージシャンは。
よし、GATALIでフルアルバム作ろう!皆がびっくりするようなやつ!」

確かにそうなんだろうなぁって頷きながら聞いてたらちょっといい話になって
不意打ちでぐっときてしまった。でも私は今も同じアルバム何度も聴いてるよ。髭ちゃんのアルバムを。

須藤さん「次に歌うのも自分のルーツの曲なんだけど。Doorsで『Light My Fire』」

髭でもカバーしていた「Light My Fire」、この曲のgomesさんのピアノソロが圧巻だった。
息をするのも忘れそうな迫力で、曲中に歓声が上がるほどだった。gomesさんってすごい人だったのね…。
須藤さんもちょっと得意げだったな。ご機嫌でリズムに体を揺らしたりビール取りに行ったり。
かと思えば長岡さんケイタイモさん伊藤さんも負けてなくて、須藤さんの歌も最高だった!
あんなピアノソロを弾いておいて、自分の番が終わったら照れくさそうに小さくなって座ってるgomesさん。

元々ここで演奏する予定だった「スーゴメって10回言ってごらん(2回目)」。
「さっき歌ったから(サビでスーゴメスーゴメ…って歌うのは)分かるよね?」って。
そしたら須藤さんと一緒に長岡さんも大きな声でAメロから歌ってた(笑)

須藤さん「この曲のすごいところはスーゴメって言ってごらん?って
10回言い続けてたら最後はゴメスになるとこだよね!」

スタッフさんが長岡さんのところにビールを届ける。
須藤さん「あっ、ビール…」
長岡さん「持ってきてくれたからいいよ」
須藤さん「忘れてた。俺こういうとこあるから」
長岡さん「いいと思うよ」

須藤さん「次に歌う曲はさっきのスーゴメって10回言ってごらんと同じで
配信でダウンロードして聴ける新曲です。『ラブヘイト』」

先にライブで聴いたフォロワーさんからインテルのCMで水原希子ちゃんが歌ってた曲だったよって
教えてもらって気になってた「ラブヘイト」やっと聴けた。曲の原型はその頃からあったのかな?
アレンジも変わっていたけど、歌い出しの“ヘビが嫌い”ってフレーズのメロディが同じだった。
穏やかなトーンで曲が進んで行って聴き入ってたら最後の方に“私、私が嫌い”って歌詞があって、
急に涙が溢れそうになってこらえるのに苦労した。その時の気持ちとあまりにも同じだったから余計にね。

「騒々しいバナナ」の明るいトーンは座って聴いてるとうずうずする。
伊藤さんが刻むリズムと長岡さんのギターのフレーズが絶妙。
最後に転調する所でちょっと乱れて須藤さんが「止めよう!止めよう!」ってストップ。

須藤さん「…ゴメスー!?」
gomesさん「はいっ!(先生に怒られた生徒のように反射的に立ち上がる)」
須藤さん「gomesやっちまったな!罰ゲーム!クールポコのモノマネ!」
gomesさん「クールポコ…?なぁーにぃー?」

須藤さん「もし俺がかまやつさんとかと一緒にやる事になってかまやつさんが間違えたとしても
ちゃんと言うよ?忙しいからっていって練習しないで間違えたりしないでくださいって。
まあそんな機会ないだろうけど(笑)俺、弱いものには強いよ!違う間違えた!弱いものには優しいの。
gomesなんかウサギだと思ってるよ。愛でたいもん。皆知ってる?雨の日はgomesのもじゃもじゃが
ちっちゃくなるから外の天気が分かるの。今日gomesの頭小ちゃいな…外は雨か!って」

須藤さん「さっきのクールポコじゃないけどお笑い芸人さんも大変だよね。
この間Yahoo見てたらラッスンゴレライの人の事が載ってて、
コメント見てたら『俺は一度もそのネタで笑ったことなんてない』とか
『俺は初めから面白いとは思ってなかった』とか面白くない自慢みたいに書かれてて」

相変わらずYahooっ子な須藤さん。やたら詳しい(笑)

須藤さん「こういう展開なんだっていうのは今ので分かったと思うからもう一回最初からやろうか」
そんなこんなでやり直しの「騒々しいバナナ(2回目)」。コーラスがすごくきれい。
踊る須藤さんの腹チラいただきました!(変態でごめんなさい)

ケイタイモさん「…良心の呵責に耐えかねて言わせてもらうと、
さっきgomesが間違えた事になってたけど実は俺も間違えた」

須藤さん「え、クールポコやりたいの?(笑)そういう事だよね?」
ケイタイモさん「なぁーにぃー?」
長岡さん「それ普通にケイタイモだから」

「僕はゲリラ」の“悪い奴がどこにもいない”のところ、フロアを指す須藤さん。
この曲のピアノのアレンジも長岡さんのギュイーン♪ってなるギターもいいなぁ。
長岡さんのギターはどれもピカピカに磨かれていて音もフォルムも綺麗なのばかり。

須藤さん「あと一曲なんですけど…(えー!)俺もえー!だよ。でも思ってるより時間経ってるよ?(笑)
さっきDoorsのカバーやったけど、これも俺が衝撃を受けたNIRVANAの曲で
『Smells Like Teen Spirit』(イントロが聴こえてきて)…静かに始まるよ」

ライブを観ていて時々須藤さんの佇まいにカートを感じる事があったから聴けて嬉しかった。
DoorsのカバーもNIRVANAのカバーもすごく贅沢で素敵だった。
前のツアーで演奏してた邦楽のカバーもこれもいつか音源化してほしいな。

演奏を終えて舞台袖へ向かうメンバー。
長岡さんは後ろ手で手を叩きながらはけて行く。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、須藤さん以外のメンバーがステージに。
少し遅れて須藤さんもステージに。

須藤さん「みんな立とうか!スタンドアップ!」

髭のカバーで「テキーラ!テキーラ!」。gomesさんのピアノのアレンジがオリエンタルな雰囲気。
曲の合間の“…テキーラ”も、ゆらゆらと漂うようなリズムも大人っぽくて別の曲のよう。

ラストは新曲の「例えばユートピア」。長岡さん曲の魅力全開のお洒落でアーバンなサウンド。
そのままペトロールズの曲として長岡さんが歌っているのも聴いてみたい。
ギターソロ、立ち上がった長岡さんがスポットライトを浴びてる姿は
ここがライブハウスだって事を忘れそうになるようなオーラがあった。

演奏が終わり、笑顔でステージを後にするメンバー。ライブ終了。

しばらくして須藤さんの声がしたと思ったら出てきて、
ちょうど通り道にいたから、ありがとう!って言って握手してくれた。
そのまま出口の所でひとりひとりに声をかけながらお見送りしてくれた。
そんな状況で素通りする事はできないので列に並んで、
ステージにいる須藤さんならいくらでも見続けられるのにいざ目の前に立つと
きらっきらの笑顔が眩しくて直視できなくて、気の利いた事も言えず
「カバー曲も新曲も良かったです」とか普通の言葉しか出てこなかった。
「ライブ観て元気出ました」って言ったら「良かった、いつもありがとう!」って。
こちらこそいつもありがとうございます。ほんとにね。

友達にプレゼントする為にステッカーにサインと名前をお願いしたら
その友達の事を覚えててくれて伝言を託してくれたのがすごく嬉しかった。
そんなこんなで嬉しい言葉と温かい気持ちを心の中に大切にしまって帰路についたのでした。

あんなにいっぱい笑ったのいつぶりだろ?って思うぐらい笑わせてくれて。
何の話の時だったか話の反応薄くて「曲いこうか。こういう時便利だよね音楽って。
音楽ってこういう時の為にあるんじゃない?皆もデートしてて
会話がなくなった時は音楽聴けばいいと思うよ」って。いやいやいや…(笑)
ほんと、いちバンドマンに留めておくには惜しいよ須藤さんは…。
でも歌ったらその場の空気を一瞬で変えてしまうんだからずるい。
GATALIのライブを観て、あらためて私は須藤さんの作る、
歌う歌が好きなんだなって思った。至福のひと時でした。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2015.3.24 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET「愛と憎しみ」ツアー
@大阪心斎橋Music Club JANUSセットリスト

01.太陽の季節
02.楽しい時間旅行
03.あそびいこう
04.サンシャイン(Sunset)
05.ウィークエンド-Theme From The Great Escape-
06.ハーイ!ゴメス!
07.スーゴメって10回言ってごらん
08.ジョゼ
09.チョコレート・ドリーム
10.Light My Fire(Doorsカバー)
11.スーゴメって10回言ってごらん
12.ラブヘイト
13.騒々しいバナナ
14.僕はゲリラ
15.Smells Like Teen Spirit(NIRVANAカバー)

ENCORE

01.テキーラ!テキーラ!(髭カバー)
02.例えばユートピア(新曲)
[PR]



by pochi-17 | 2015-03-30 23:29 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

2017.9.22 Cryp..
at 2017-09-30 16:45
2017.7.8 髭@恵比寿..
at 2017-07-21 22:12
2017.7.1 髭「すげー..
at 2017-07-06 22:30

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧