<   2008年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧




週末雨上がって虹が空で曲がってる

夕方フジファブリックの「虹」を鼻歌で歌いながら、ふと窓の外を見たら
本物の虹が架かってて、一人でおお!凄い!って感動してしまいました。
ただの偶然だけど、何だか嬉しくなってしまう出来事。

さてさて今夜のバギクラは久々に東京からの生放送でした。
生になるとJIROさんのテンションが三割増しになるのが面白い!
ライブで演奏を間違えた時の話のテンションがびっくりするぐらい高かった(笑)
放送中はちょくちょくBBSにも書き込んでくれてました♪
噂のJIRO本はこれからじっくり時間をかけて読破いたします(^^;)
[PR]



by pochi-17 | 2008-11-30 00:08 | GLAY | Trackback | Comments(0)

犬と私の10の約束

  • 犬と私の10の約束
  • 川口 晴 / 文藝春秋

図書館でふと手にとって、何気なく借りてきたこの本。
ころころとした子犬と函館の街並みの写真に惹かれて読み始めたら、
最後にはすっかり術中にはまってしまい号泣でした。

言葉にしにくい気持ちが細かに描写されているので主人公の気持ちが
痛いほど伝わってきて、まるで自分の事のように感じてしまいました。
父親に対する反抗心とその裏で理解してあげたいと思う気持ち、
ソックスに対する思いはどこか自分と重ね合わせる事が多かったです。

滅多に本では泣かないんですが、ちょうど主人公のあかりちゃんが
犬のソックスと過ごした年頃が自分と重なり、余計に感情移入してしまって。
14歳になったうちの犬は一応まだ走れるし、歳の割には元気な方だけど、
筋力はやっぱり衰えてきてるし、ここ一年でお腹にぐりぐりとしたしこりも出来た。
歳をとってから家族に甘える事が増えた犬の姿を見ていると、
「私は10年くらいしか生きられません。だからできるだけ私と一緒にいてください。」
という「10の約束」の9つめの約束がすごくリアルに響くのです。


→「犬と私の10の約束」公式サイト
[PR]



by pochi-17 | 2008-11-29 00:01 | Blog | Trackback | Comments(0)

ジャムおじさん

遅まきながら髭ちゃんオフィより。

MTV LIVE JAPAN TOUR '09 WINTER played by Sony Ericsson
2009年2月月18日(水) ZEPP NAGOYA
2009年2月月24日(火) ZEPP TOKYO


名古屋と東京・・・。大阪でもあるみたいだけど髭は出ないようで。
それより「2月月18日」って月が一個多いし・・・
一日経てば修正されてるかと思ったらまだそのまんまでした(^^;)


さてさて今日は水曜日、髭よさらばの日♪
今日は須藤さんセレクトだったんですが、髭面アーティストの写真パネルに
ほっぺの赤丸を描き込んで「ジャムおじさんに似てる!」とか言い出すもんだから
宮川さんと斉藤さんが笑いこけて斉藤さんは笑い泣きしてました(笑)

来週の髭よさらばは“新展開!髭のライブに密着!”だそうです♪
もしやあの髭×フジのライブ映像も見れちゃったりするんでしょうか・・・?

そう言えばあの時のカメラさんのTシャツの腕の所にSのマークが付いてたような。
Sだからってスペシャとは限らないか~と思ってたんですが、それだったのかな?

早く来週の水曜日になればいいのに!!
[PR]



by pochi-17 | 2008-11-26 23:12 | 髭(HiGE) | Trackback | Comments(0)

レミオロメン「風のクロマ」

風のクロマ
レミオロメン






レミオロメンの「風のクロマ」やっとちゃんと聴きました。
珍しくフラゲしてたのに、10月から11月にかけてずっとライブモードで
PREDATORSと髭とフジファブリックしか聴いてなかったのです。
なので買った時に1回聴いただけでしばらく放置してました。


2年半ぶりともなるとラジオとかでは行く先々で大概「久しぶりですね」的な事を
言われたりしてたけど、某BUMPさん(笑)で待たされる事には慣れてるので
HORIZONが出てからいつの間にか2年半経ってたっていう感覚。

個人的な見解になってしまうんですが、「朝顔」は自分に向けて歌われていて、
「ether」でその対象が近しい人に変化して「HORIZON」でもっと広がって、
またこの「風のクロマ」で一巡りして戻ってきたのかな、という印象を受けました。
戻ってきたと言っても、あのアルバムに似てるとかそういう意味ではなくて、
それらを踏まえた上での「今」のレミオロメンが詰まったアルバム。

「透明」は初期の頃の物憂げな雰囲気と柔らかさが同居してて癖になる感じ。
「オーケストラ」から「ランデブータンデム」の流れはさすがに甘いな~って思ったけど(^^;)
キラキラしてて甘酸っぱい。かと思えば「青春の光」みたいなタイプの曲もちゃんとあって。
Wonderful&Beautifulツアーでの「蛍」みたいにライブで化けそうなのは「星取り」。
最初聴いた時は甘い恋の歌が多いなって思ったんですが、
2回目に聴いたら違う側面がどんどん見えてきて。表情豊かな曲達が並んでます。

ライブが観れるのは忘れてしまわないか心配になるほど先だけど、
聴いた後にチケット取っておいて良かったって思えるアルバムでした。
[PR]



by pochi-17 | 2008-11-25 00:03 | レミオロメン | Trackback | Comments(2)

平行な旅路の交差点で

今日やっと榎本くるみさんの「冒険彗星」のPV見ました。
流れてるのは知ってたけどなかなかタイミングが合わなかったり忘れたりで。

数字が出てくるとことか、BUMPのライブのオープニングを意識してるのかな?
BUMPのPVでお馴染みの番場さんが監督って聞いてたのですぐピンときました。
PVは見れたけど、実はまだアビス一回も見てません(^^;)
毎週やってるって言う安心感からつい後回しにしてしまって・・・今夜こそ録画しよう。
来週のMステに出るみたいなので忘れないようにしないと。
シングルの2曲目の「朝顔」と3曲目の「ぼくのうた」も早く聴きたいなぁ。
[PR]



by pochi-17 | 2008-11-23 00:13 | Music | Trackback | Comments(0)

フジファブリック×髭(HiGE)@11月14日ZeppOsakaレポ

11月14日、ZeppOsakaでの髭とフジファブリックのスプリットツアーに行ってきました!
本当はすぐにでも感想を書きたかったのに余韻に浸りすぎて遅くなりました・・・。
毎晩思い出しながら書いてたらテンション上がっちゃって寝付きが悪くなりました(笑)

かれこれ2年以上?髭ちゃんに恋してたんですが、やっと会えました(>_<)
セットリストが見つからなかったので髭ちゃんのは順番があやふやです。
また見つけたら修正しておきます~長いのでお暇な時にでも読んでください♪

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

今回ばかりは何が何でも遅れたくなかったので早めに着いてさっそくグッズ売り場へ。
コラボTもそそられたけど無難にハイジタオルとストラップだけ購入。
髭ちゃんファンの方が若干多かったのかな?それにしても女子が多かった。
早々とロッカーを確保したのは良かったものの、早すぎて半袖寒かった。。。
6時前に番号が呼ばれ、そそくさと入り口の前に移動。

今回の整理番号は・・・2番。キャパ2000人のZeppで2番・・・一生の運使い果たしました。
先週のPREDATORSで痛い目に遭ったので最前は危ないかなぁ・・・って思ったんですが
こんな機会二度となかろう!と腹をくくって最初から最前狙いでフロアに。
扉をくぐって、がらっがらのフロアに入ってくのはものすごーく快感でした。

東京では髭が先だったみたいなので、それならお花を目印にすればいいやと思ってたら、
ステージはもろにフジファブリック仕様になっててお花がなーい!!(笑)
焦りつつステージの床に張ってあった白いテープを見て多分この辺かなっていう位置に。
そう、完全に須藤さんのど真ん前狙い。すなわちフジの時は金澤さんの前でした。

時間が経つにつれてどんどん人が入ってくる。BGMがずっと流れてたけど、曲名が分かるのは
CMで流れてるThe kinksの「All day and All of the Night」ぐらい。何故か2回流れてた。


開演10分前ぐらいになってようやくフジファブリックのサウンドチェックが始まる。
ステージと客席の間の1mほどの通路にスタッフさんが立つ。
不思議とそんなに心臓バクバクになってなくて、割と平常心でした。
7時を少し過ぎた頃、フッと客電が落ちてBGMが鳴り止むと歓声が沸き起こる。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


ステージ向かって左側からフジファブリックのメンバーが登場。
その瞬間、皆の視線が山内さんの頭に集中(笑)帽子じゃなくてヘッドドレス?
羽やらスパンコールやらで装飾されたキラキラとした被り物を装着してました。
頭振っても落ちなかったので固定されてたのかも?あのキラキラ、一体どこで売ってるんだろう・・・

衣装は志村さんが黒いハットを被って白いストライプのシャツの上にグレーっぽい
秋冬素材の長袖を着て、その上に赤のチェック柄のベストを着てました。
コンバースっぽい形のスニーカーもチェックのお揃いでお洒落。
パンツはグレーのちょっとだぼっとした男子高校生風な感じでした。

山内さんは例のヘッドドレス(羽根&スパンコール付き)にピンクと黄緑の柄のシャツ、
金澤さんはうさぎ柄のTシャツにサロペット(白地に黒のストライプ)の上を下ろしてました。
ピンクのスニーカーを履いて、最初は黒いフレームのメガネをかけてました。
えっと、加藤さんとリョータさんはごめんなさい!あ、加藤さん髭が長かった。
間近で見る志村さんは細くてお顔がちっちゃかったです。


それぞれが立ち位置につき、ライブがスタート。
聴こえてきたのは「モノノケハカランダ」のイントロ!予想通り、ぐいっと後ろから圧力が。
志村さんはまだ喉が本調子でないのか、高いキーの所は目をつぶって歌ってました。
間奏で片足立ちでケンケンしながらドラムの方へ寄っていく志村さん。
しきりにメンバー同士でアイコンタクトをしながら演奏してました。

息つく間もなく、2曲目の「B.O.I.P」へ。
もうこのイントロ聴いた瞬間壊れた!これは暴れなきゃ損でしょ!と思って(笑)
この曲が特にそうだったんですが、サビの所でガーン!とギターの音量が上がるんですよね。
暴れてる割に「あ、あのペダルを踏んだらエフェクトがかかるのか」なんて冷静に見てたり。
曲の終わりに一回フェードアウトして、終わったと思ったらまた戻ってきて、
CDだとこれで終わりなのでお客さんもちゃんと拍手して、メンバーも水を飲んでたので
終わったと思ったら、またドラムが鳴って戻ってきました。痺れた!


ここで1回目のMC。主に喋ってるのは志村さん。「こんばんは、フジファブリックです!」
「フジファブリックは最近新曲がたくさん出来てるので早速新曲をやりたいと思います」

まだリリース前の新曲はフジファブリックらしさが詰まったライブ映えする曲でした。
ちょっとでも歌詞覚えておこうと思ったのに「アドレナリン」しか覚えてない・・・;

この曲だったかどうか定かではないんですが、速い曲の時に最後の〆の残響を残さないように
ドラムのリョータさんがドラムを叩き終えた瞬間にシンバルの部分に向かって
ガバッと飛びついて音を止めてて、思わず目が釘付けになりました。
普通音を止めるって言っても指先で触って止めるのが普通だと思うんですが、
それまで結構速いリズムで叩いてて、そのままの勢いで飛びついてたのが凄かったです。


曲が終わってMC。「改めましてこんばんは、フジファブリックです!」
「ここでメンバーを紹介したいと思います」と客席から向かって右側から順にメンバー紹介。
山内さん一言しか喋ってなかったけど、ちゃんと大阪弁のイントネーションでした。
ちなみにドラムのリョータさんは京都出身だそうです♪

「ダイちゃん!」と呼ばれた金澤さんがよそを向いていたマイクを引き寄せようとした瞬間、事件が。
勢い良くスタンドを引いた拍子にマイクがスタンドから外れて、ぷらーんと(笑)
突然の出来事に「あっ・・・」っていう顔をする金澤さん。
こらえ切れず思わず笑ったら、バツの悪そうな顔をした金澤さんと目が合いました(^^;)
それを見て金澤さんごめん!って思ったけど、後ろで志村さんも笑ってました(笑)
その後の金澤さんはやたらテンション高く喋ってた記憶があります。


すでに汗だくの志村さん。「全身から汁が・・・今日はこの汁を出し切りたいと思います」と。
「系統の違う曲をやりたいと思います」と演奏されたのは「マリアとアマゾネス」。
深い緑と紫のの照明が異次元な雰囲気で軽くトリップした気分に。
ギターの音がほとんど狂いもなく正確だったのにびっくり。

「地平線を越えて」は山内さんが上が6弦、下が12弦のダブルネックギターを使ってました。
ギターソロの所で志村さんと加藤さんがドラムの前に集まってリズムを刻んでました。

「今のはフジファブリックのダークゾーンでした」と志村さん。
「新曲が沢山出来ているので、また新曲をやりたいと思います」
MCの後に披露された新曲は裏打ちっぽいリズムで展開される曲は甘酸っぱくほろ苦い歌詞でした。
歌い始めが「週末映画に誘ったらふたつ返事でOK」みたいな感じでした(微妙に違うかも)。
フジファブリックが歌うこういう系統の曲大好きなので早く音源で聴きたいなぁ。

続いて演奏された「TEENAGER」はイントロが始まった瞬間めちゃくちゃ沸いた!
皆が暴れると後ろからもの凄い埃が飛んでくるので鼻がムズムズしました(笑)
「お腹はコーラでいっぱい♪」の所で志村さんがお腹をぽんぽんと叩いてたのが可愛かった。
間奏明けで金澤さんが手拍子を先導して、そっからバーって広がってったのがちょっと鳥肌でした。
歌いまくって(半分口パク?笑)気持ちよかったー。ちゃんと「AC/DC!!」って叫んできました♪

押せ押せのまま「TAIFU」。金澤さんの手元をガン見してました。
かなり高い位置から手を叩きつけるように弾いて、キーボードが傾くぐらいの勢いで弾いてるのに
それでも間違わないって凄い。あんなに激しくキーボード弾く人初めて見ました。
「虹色赤色黒色白!」って歌ってたら金澤さんと加藤さんに見られてた気がする。気のせいか?(笑)
どの曲だったか忘れたけど、志村さんが一曲のうちにピックを2枚客席に投げてました。

「Surfer King」はやっぱり押された。何となーくそんな予感はしてたんですけど、
「メメメメメリケーン!」で殊のほか押されてぐえっとなりました(笑)
間奏のアロハちっくな所で金澤さんがゆらゆら手を振ってました。


「今日は髭というバンドと対バンできて・・・この後髭もベストアクトを見せてくれると思います。
Club Queというライブハウスで髭と知り合った時はキャパが2、300人ぐらいだったのが、
今日は2000から3000人?一桁増えました。しかもSOLD OUTですからね」と。盛大に拍手。
「もし髭のライブの方が良かったら、フジファブリックのグッズ買って帰ります!」と。

突然「くーろーにーそーめーろー♪」と歌いだす志村さん。
「髭のオルタナロック『黒にそめろ』いい曲ですよね」と。会場大盛り上がり。
志村さんが歌う黒にそめろはちょっとキーが低くて新鮮でした。

MCの最中、足をごそごそしてる志村さん。何をしてるのかと思ったら、
モニターの所に貼ってあったセットリストの紙の端っこが剥がれて丸まってて、それを
一生懸命足で伸ばしてたみたいです。そんな所に貼ってたのか。文字までは見えなかったけど。
足元をちらっと見て「最後の曲になります。この後は髭がベストアクトを見せてくれると思います」。
「それではフジファブリックで『黒にそめろ』・・・じゃなくて『銀河』でお別れです」。


フジファブリックのライブのラストを飾ったのは「銀河」。
この曲はイントロの志村さんのギターの早弾きがめちゃくちゃカッコ良かったです。
曲の終り際に志村さんがギターのネックを客席に差し出して触らせてたんですが、お客さんが
ギターを離してくれなくて、ギターを放置して〆たのにはメンバーも笑ってました(^^;)

何曲か山内さんのギターソロの時に志村さんがドラム台の前に来て、加藤さんや金澤さんと
アイコンタクトしながら音とリズムを合わせてた姿が印象的だった。
まるでバンドを始めたばっかりのギターキッズみたいで、楽しそうでした。

「この後は髭がベストアクトを見せてくれます」(3回目)と言い残し、ステージを去るメンバー。
結局最後まで山内さんのキラキラ頭には誰も触れずじまいでした(笑)


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


フジファブリックのファンが移動した所にその倍ぐらいの髭ファンが入ってぎゅうぎゅう。
腰にぶら下げてた水を飲もうとするも手が届かず、やっとの思いで出したらしまえない状態に。

その間に次々と楽器がステージへ。オレンジ色のお花が付いたマイクスタンドが目の前に・・・!
サウンドチェックが始まると、ちゃんとトラメガもチェックしてたのが地味に面白かった。
そう言えば髭の時だけハンディ構えたスタッフさんが入ってたけど、あれは何だったんだろう?

2巡目を始めたSEが止んで照明が落ちると後ろからぐぐっと押される。
ステージの左側からメンバー登場!暗くて誰が誰なんだかパッと見
よく分からなかったけど、細長ーい斉藤さんはすぐに分かった(笑)
メンバーが登場する時のSEはJackson Sistersの「(I Believe In) Miracles」。

衣装は須藤さんがニットっぽい素材のグレーのカーディガンの中に白のアメカジっぽい
赤いロゴが入ったプリントTシャツ、下は青紫のてろてろの柔らかなパンツ。
最初はサングラス(カオスの)をかけてました。カチューシャみたくしたり。マニキュアはなし。

宮川さんはチェックの長いシャツ(以下覚えてないので省略・・・)最初はハットを被ってた。
斉藤さんは白黒の細かいチェックのシャツに細さがさらに強調される細身のパンツ。
フィリポさんはプリントTシャツにフルーティーなお色のカラフルチェックの半パン。
スペシャの番組と連動して伸ばしてるお髭も順調に伸びてました。黒々と。

コテイスイさんは黒のグラフィックTシャツにピンクのスニーカーがお似合いでした。
ちなみにライブ中、宮川さんのハットはフィリポさんのドラム台に置いてありました。
置いてあったと言えばフェザー×髭のコラボギターも2台置いてあった。
ステッカーがいっぱい貼ってあるフェンダーも置いてあったけど、メインは黒のテレキャスター。

それぞれ立ち位置につき、演奏が始まるかと思いきや機材のご機嫌がナナメなのか始まらず。
その間ずっとSEが鳴ってて須藤さんがふわふわ踊ってたら、客席から男性の声で
「外に『フジファブリック×髪』って書いてありました!」と報告(チクリ?笑)が。
それを聞いた須藤さん、一瞬固まった後にまた踊ってました。
絶対あの瞬間、須藤さんの背後にマンガみたいなギザギザのマークが付いてたと思う(笑)
須藤さんが楽しそうに踊ってるのを見て、斉藤さんまで踊ってました。貴重!


ようやくSEが止んでギターを構える須藤さん。ち・・・近ーーーい・・・
約1.5m先に生身の須藤さんが・・・須藤さんが・・・須藤さんが・・・かぶりつき!!
よく見えすぎてTV見てるみたいでした。じろじろ見たら悪いかなと思いながらも見てしまう(笑)
あまりの現実感のなさに気付けば何故か恋する乙女のようなポーズで須藤さんを凝視。
間近で見ると一層髪がサラッサラのツヤッツヤで、そこいらの女子よりよっぽどキレイでした。
10分と経たないうちに汗だくになってサラサラ感はすっかり消えてましたが。


聴こえてきたのは「髭よさらば」のイントロ。意外な選曲!
この曲でこそカミソリ型コラボギターの出番か?と思ったけど指一本触れず。
ただひたすら「髭よさらば」としか歌ってないのに徐々に生まれる不思議なグルーヴ。

続いて演奏されたのが「夢でさよなら」。斉藤さんがPVでフィリポさんの腕でやってる
あのネックを上げてキュイーンってやってるポーズが生で観れて感動。
何か須藤さんあんまり声が出てないなぁ・・・と思ったら、ガムを噛んでたみたいで。
喋りだした時に手でにゅ~っと伸ばしてました。あ、そのままの手でギター弾いちゃうんだ・・・。
その後もまたもう一回ガム伸ばしてました。よく伸びるガムだこと。

長い髪から汗がしたたり落ちる須藤さん「今日はフジファブ・・・フジファブリックと(噛んだ!笑)
一緒にライブが出来て嬉しいです。僕達対バンって初めてで、東京では一っ言もその事に
触れなかったから皆『あれっ?』ってなってたからね。どうしたらいいのかよく分からなくて」と。
あまりの暑さにカーディガンを脱ぐ須藤さん。右腕だけTシャツの袖を捲ってました。

「(いいライブを観せてくれた)フジファブリックに思い思いに拍手!」と皆で拍手。
「エイチアイジーイーにも思い思いに拍手!」とこれまた拍手。SAWAOを思い出す(笑)
「大阪は特別だよ。特別な2番目の夜だよ」って言うから「?」って思ったんですけど、
大阪だけ髭が後だったんですね。特別な夜、か。なるほど~。


「ここで一息、少し毛色の違う曲です」と「サマータイム・ブルース」へ。
照明が後ろから当たった須藤さんの姿がカートコバーンの生き写しみたいに見えて鳥肌。
最初の方は須藤さんばっかり見てました。キレイな指してるな~とか、もはや観察。

この曲はコテイスイさんがメインで叩いてたのでフィリポさんの出番なしか~と思って、
じゃあ曲中フィリポさんは何をしてるんだろう?と見てみると何かもぐもぐ食べて、
コーラを飲んで、軽くおさげを触って(笑)、もうする事はないだろうと思ったら、
おもむろにキーボードの前に移動して弾き始めたのでびっくり。

「黒にそめろ」で須藤さんがステージの前に来てくれたのでまた凝視。目の前でギターソロ!
後ろからの熱気が凄くて体の後ろ半分がじっとりしてくる(柵の下はメッシュで涼しい)。
サビ前のフレーズで須藤さんが張り切って踊ってました。真似したくなる動き。
須藤さんがメインで使ってた真っ黒のフェンダーのテレキャスターの音が個人的にツボでした。
「ドーナツに死す」はすっかり髭ちゃんワールド全開。カッコ良すぎる。
後半の所々、須藤さん歌詞を飛ばしてたような。


ギューン、ギューン♪と「溺れる猿は藁をもつかむ」のイントロが聴こえた瞬間、
後ろからぎぅーーっと押されてバーにアバラがめりこみました。でも痛さより楽しさが勝った!
コテイスイさんがトラメガ片手にステージの前を目にも留まらぬ早さで走る。
下から上に手をハイ!ハイ!ってやるポーズが楽しくてひたすら真似してました。
ドラムの音に合わせて手をグルグル回してパッと広げるポーズをしたり、
オネエポーズをしたり(笑)、おもちゃのお猿さんみたいでした。踊れるって素晴らしい。
あと何か「変なおじさん」的なポーズもやってたような。コテイスイさん大活躍。

「ヒサシ、カリメロ」はこの日のセットリストの中でも異色な曲。
演奏中に髪が顔にかかって気持ち悪かったのかギターを弾く手を止めて髪を払う須藤さん。
ピックを取って弾き始めたけど、しっくりこなかったのか足下に投げて新しいピックを使ってた。
フロアの熱気が水蒸気になって須藤さんのギターにまで水滴が付いてました。

何も言わず演奏が始まった「オーバーグランド、アンダーグランド」は新曲!
もしかしてこの曲知らないの自分だけ?と思ったら新曲だったとは。
コテイスイさんが後ろでトラメガ持って小細工してました。
サビら辺で一切合切って言ってた事ぐらいしか覚えてないという。割と楽しげな曲でした。


「みんな楽しんでるかい?僕はいい感じだよ。でももっと気持ち良くなれるんじゃないのかい?」
須藤さんの軽い挑発にフロアから歓声が起こる。
「他のの事はお巡りとオバマに任せといて、僕達だけの世界を創りませんか?」
「Dirty World! Yes I Can! Yes I Can!」と敬礼のポーズを取る須藤さん。
「Dirty World! Yes I Can!例えそこがダーティな世界だとしても・・・」

無数の拳がゆらめく中、ダーティーな世界へ引きずり込まれる。
間奏で目を剥いて歯を喰いしばり、頭を振りかざす宮川さんの後ろにいた斉藤さんが
恍惚とした表情で目を閉じて気持ち良さそうに演奏してたのがかなりシュールでした。
気が付けば宮川さんにつられて相当頭振ってました。気持ちよかった!


「君達はみんな寄生虫だよ」と演奏されたのは「寄生虫×ベイビー×ゴー!」。
もはや思考回路は壊れてて「君の事だよ」って指を差されても喜ぶ始末。
「伸びてるぜ鼻の下♪」の所で須藤さんが鼻の下をちょんちょんと触ってました。
両手の人差し指を上げてふわふわ踊る須藤さん。この曲は後奏が伸びてたような気が。
ラストのオーオー♪が最後にはめちゃくちゃ高い声で苦しかった(笑)

「ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク」は体が浮くほどの縦ノリ。息切れ寸前。
この曲でも須藤さん楽しげに踊ってたなぁ。テンション高かった!
ちらっとコテイスイさんを見たらめっちゃ下顎を出して叩いてて思わず笑ってしまった。
フィリポさんはメンバーを見渡しながら叩くのに比べると、我が道を行くタイプなのかな?


「白い薔薇が白い薔薇であるように」はこの日のハイライトじゃないでしょうか?
うかうかしてるとマインドコントロールされかねない怪しげな雰囲気に。

須藤さんが自由すぎて、宮川さんと斉藤さんとフィリポさんが須藤さんのいない所で
こっそり耳打ちをしてました。あれは・・・須藤対策会議?(笑)
マイクを放り出してコテイスイさんの所に行ったかと思えば、タンバリンを叩いてた
コテイスイさんの隣でキーボードを弾き、次にドラムを叩き、果てには歌詞を朗読。

でも意外と須藤さんのドラム、めちゃくちゃなようで意外といいセンいってたような。
ちゃんと足も使ってバスドラも叩いてたし!叩き終わった後、須藤さんがステージに
スティック放り投げたので、コテイスイさんは予備のスティックで叩いてました。
朗読し終わった後のドラムの入り方がヤバかったです。


「ロックンロールと五人の囚人」はフジ髭通して一番押された!人気あるのね・・・。
須藤さん2番の「巻き戻しても長くはないぜ」の所の歌詞を飛ばしてました。
流されないようにバーにしがみついてたら一瞬で終わった(笑)

何の曲だったか忘れたけど、斉藤さんがケンケンしながらステージの中央に行って
ギターソロを弾いてて、その様子を宮川さんじっと見つめていました。
あと同じく斉藤さんがジャンプしてステージの真ん中の方に素早く移動したのが面白かった(笑)


楽器を置き、ステージを後にするメンバー。すぐにアンコールが起こる。


しばらくして再びメンバー登場。須藤さんの手にはラガービールが(笑)
リラックスした表情で「ブラッディー・マリーには気をつけて!」
・・・まさかのブラッディー・マリー!!生で聴けるなんて嬉しすぎる(>_<)
須藤さんが「ささささ最中♪」って歌ってたのが可愛かったです。

コテイスイさんがトラメガを手にし、ラストの「ギルティーは罪な奴」へ!
フロアのテンションもボルテージも最高潮。ステージを所狭しと動き回るコテイスイさん。
この曲でもずっとコテイスイさんの真似してました。楽しいーー!
ステージのど真ん中で前屈した後に反り返ったりして、見てて飽きないです(笑)

最後にフィリポさんが斉藤さんのマイクで「今日はありがとうございました」と言って、
客席から名前を呼ばれた宮川さんが目を丸くして振り返りながらステージを後にしてました。

終演を告げるアナウンスが流れても鳴り止まないアンコールの拍手。
最後まで粘ってみたけど、結局マイクがもぎ取られた時点ですごすご退散。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


こうして夢の最前列、須藤さんのど真ん前で観たライブは幕を閉じたのでした。
髭ちゃんが始まった時は押されて「うー・・・苦しい!」ってなってたけど、
段々「苦しい・・・けど楽しい!」に変わって、最終的にはどういう精神状態になったのか、
「折るならアバラだ!」ってなってました。折れませんでしたが。骨って意外と丈夫なのね。
通路に携帯が転がってきたり、靴が落っこちたりで後ろも大変だったみたいです。

半年ほど前まではフジファブリックのフの字も知らないようなペーペーだったのが、
このライブがきっかけで聴くようになって。ほんとに出会いって不思議。

出会いに感謝。夢の時間に感謝。次はワンマンで会いましょう♪(予定は未定・・・)



◇◇◇2008.11.14 フジファブリック×髭(HiGE)@ZeppOsakaセットリスト◇◇◇


◆フジファブリック

01.モノノケハカランダ
02.B.O.I.P
03.新曲
04.マリアとアマゾネス
05.地平線を越えて
06.新曲
07.TEENAGER
08.TAIFU
09.Surfer King
10.銀河


◆髭(HiGE)

01.髭よさらば
02.夢でさよなら

(・・・以下順不同)

黒にそめろ
サマータイム・ブルース
ドーナツに死す
溺れる猿は藁をもつかむ
ヒサシ、カリメロ
オーバーグランド、アンダーグランド(新曲)
ダーティな世界(Put your head)
寄生虫×ベイビー×ゴー!
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
白い薔薇が白い薔薇であるように
ロックンロールと五人の囚人


ブラッディー・マリー、気をつけろ!
ギルティーは罪な奴
[PR]



by pochi-17 | 2008-11-21 00:00 | Live | Trackback | Comments(4)

COUNTDOWN JAPAN 08/09タイムテーブル発表

COUNTDOWN JAPAN 08/09のタイムテーブルが出てました(ココから!)
こういうのを見ると、もうこんな季節なんだーって思います。

行きたいけど、観たい人は上手い具合に散らばってるという。
テナーにフジにチャットモンチーの初日が惹かれるんですけど、チケット高いなぁ。。。
髭ちゃんとかのワンマンなら2回行けるし、GLAYさんですらお釣りくるし。
あー。微妙に迷う。行きたい気持ちと別にいいかっていう気持ちが半々(笑)

この間の髭とフジファブリックのレポは現在執筆中です。
今週中に上げれたら上げますので気長にお待ちを・・・(^^;)
[PR]



by pochi-17 | 2008-11-18 23:05 | Music | Trackback | Comments(0)

夢がさめないHO-HO-HO

ご報告が遅れました。昨日は無事生還いたしました(^^;)

フジファブリック×髭ちゃんの2マン、最初っから最後まで楽しすぎて
言葉では言い尽くせないほど幸せで夢のような時間でした。
まだ目を閉じれば髭ちゃんとフジファブリックの残像が・・・
今日一日、昨日の事を思い出してはニヤニヤしてました。

レポに書きたい事いっぱいあるのに記憶が散らばっててまとまらない。。。
なのでレポはどっぷり余韻に浸った後でゆっくり書こうと思います。あー幸せ。
[PR]



by pochi-17 | 2008-11-15 23:44 | 髭(HiGE) | Trackback | Comments(5)

心拍数上昇中

a0041964_17512138.jpg

もうすぐ中に入れます。半袖寒い(>_<)
ほんとにどーしよー…心臓が口からポロッと出てくるんじゃなかろうか。
もしくは身体の厚みが三分の一になるんじゃなかろうか。
[PR]



by pochi-17 | 2008-11-14 17:51 | Live | Trackback | Comments(0)

Zepp前から愛を込めて

a0041964_17211930.jpg

昨日の夜は802に髭から須藤さん、フジから志村さんと山内さんが出てました。
今日に備えて寝ようかと思ったけど、意地で聴きました(^^;)

そしたら、メッセージ読んでもらえました!一気に目が冴えた。
他愛もないメッセージなのに一生懸命話を広げてくれてありがたかったです(笑)
それにしても須藤さんのネギ話が面白すぎて、笑いを堪えるのに必死でした。
須藤さんの女臭い匂い、嗅ぎたいなぁ…(笑)
[PR]



by pochi-17 | 2008-11-14 17:21 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17

最新の記事

2017.7.8 髭@恵比寿..
at 2017-07-21 22:12
2017.7.1 髭「すげー..
at 2017-07-06 22:30
2017.5.28 髭「すげ..
at 2017-06-09 17:58

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧