<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧




細美さん×PUFFY

細美さんがPUFFYに楽曲提供するって話。単純に聴いてみたい!って思った。
あのゆるふわ~な2人が歌うと細美さんの曲がどんな風に化けるんだろう?

細美さん自身も書いてたけど、中にはこういうのを嫌がる人もいるんだろうな。カバー曲もしかり。
ジターバグのカバーしてるバンドが知りたくて探してた時にたまたま目に入ったんですけど、
石田ミホコさんがカバーしてる事を快く思ってない人がいるみたいで、酷い事を書かれてて。
この間TVで見たのは、それを知った上でのコメントだったんだろうなぁって気付いた。

“みんなの「やらないで欲しい」”を優先させるあまり、自ら行動範囲を狭めてしまうのは
どうももったいない気がします。かと言って無視してほしくはないけど。

自分も含めて、とやかく言う権利なんてないのに言いたがる人達。
[PR]



by pochi-17 | 2009-04-29 23:30 | ELLEGARDEN/theHIATUS | Trackback | Comments(2)

大阪某所

髭ちゃんの「D.V.D.H.i.G.E.」リリース記念イベントに応募するか否か迷い中。

これってDVDは入場時に見せればOKなだけで、現時点で購入してなくても応募できるんですよね。
まだDVD買ってない私でも応募できちゃうと。しかも大阪某所でも開催ときた。
こういうイベントものって東京開催に偏りがちなので、非常に心惹かれます。

でも、当たったらDVD買わないと・・・今非常に懐が寒いのです。だから迷うんです(笑)
あとライブの2日後なので「また髭行くの!?」って冷ややかな視線も浴びそうで。

当たってから困ればいいかっていう気持ち半分、いやいや慎重に、っていう気持ちが半分。
しかも東京と同日開催だから誰が来るかは行ってみないと分からないし・・・(^^;)


あー、でもやっぱり行きたいかも・・・。


ナタリーでこの間の上映会の記事見たけど、記念写真とかいいなぁ。
[PR]



by pochi-17 | 2009-04-27 22:57 | 髭(HiGE) | Trackback | Comments(2)

増川家のルール

書こう書こうと思っててまだ書いてなかったBUMPのお話を。
FM802のスペシャルウィークにBUMPが登場するのはすっかり恒例なのですが、
今回もわりかし好き放題、春の嵐のように一週間ほぼ毎日登場してくれました(笑)

その中でも面白かったのがROCK KIDS802で話していた「増川家のルール」。
ポケベルや携帯がなかった頃、増川さんの家に電話をかけた藤原さん。


「待ってね。今、弘明と替わるからね」と増川さんのお母様。

5分後・・・電話は増川さんが出てくる気配もなく、そのまま放置されてる様子。
電話のそばでは「オニィ!」と言う増川さんの妹の声が。

“申し訳なくなって、そっと電話を切ってまたしばらくしてかけ直した”と藤原さん。
どうやら誰に対してもそうだったようで、これは「BUMP OF CHICKENのルール」と。
「俺達(増川さん以外の)3人のルールだよね」って(笑)


今回は珍しく升さんが進行役を務めてたりして、そういう意味でも面白かったです。

升さん「今夜の夕飯何食べた?」
3人「シチュー!!」「ハンバーグ!!」

一番声が大きかったチャマだけが拾われて、淘汰されちゃった小声な増川さんでした(笑)
[PR]



by pochi-17 | 2009-04-26 18:31 | Radioレポ | Trackback | Comments(0)

バギクラでandymori再び。

今夜のバギクラでこの間のJIROナイトの音源が流れてました♪
それも、流してくれないかな~と思ってた曲ばっかり3曲!
テンション上がったり、ライブと同じところでほろっとしてみたり。

「Iam xxx」の初回盤DVDにJIROナイトの「a boy」が収録されるんですが、
絶対またTERUさんの「この詩を」のところで泣くんだと思います(笑)

でもって、リクエストしてたandymoriも流してもらえましたー!
名前を連呼されてラジオの前で嬉しさのあまり、ふわふわゆらゆらしてました。
そうかー、「トリプルエックス」ではなかったか・・・(笑)
風邪引いてこの一週間テンション下がりっぱなしだったけど、ようやく復活できそうです。

JAPANを立ち読み。
[PR]



by pochi-17 | 2009-04-25 22:50 | Radioレポ | Trackback | Comments(0)

シャウエッセン

802のDELICIOUS FRIDAYに準レギュラー(笑)の細美さんが出てました。
細美さんは今NYなので収録だったんですが、マイペースな細美さんvs一生懸命な卓人さんの
図式がしっかり出来上がりつつあって、この頃ますますいい感じです。
細美さん曰くNYへは「もんじゃ焼きを食べに・・・」だそうです(^^;)

そうそう!この間のHedgehog Diariesでメール読まれてました♪
風邪でしんどかったので横になりながら聴いてたんですが、飛び起きそうになった。
それに詰まってた鼻までスースーしてるし!(何に作用してるんだか・・・笑)

いつも深く考えずにメール送るので、OAの頃には内容を忘れちゃってまして。
一瞬何送ってたっけ?と思ったらあれだったので、我ながらバカだ!って思いました。
バカなメールでも、細美さんが笑ってくれたらそれで十分。

余談ですが、メール送る時に何回も使ったから、ますます出る率は上がりました(笑)
[PR]



by pochi-17 | 2009-04-24 22:45 | Radioレポ | Trackback | Comments(0)

女性が歌うジターバグ

絶賛風邪引き中です。大した事ないと思いきや、奴は手強かった。
思えば2月の終わりに風邪引いて、そのまま花粉症突入→また風邪…。
喉にきててまともに喋れないのが一番不便です。早く治さないと。

今日、M-ONのNews&Clipsで髭ちゃんのコメントが流れてたのを発見しました。
ちょうどチャンネル変えたとこだったので、ほぼ見逃しましたが(^^;)
あれって明日も同じの流れるのかな?とりあえず録画してみよう。

同じ番組でELLEGARDENのジターバグをカバーしてる人のコメントも流れてました。
石田ナホコさん(だったっけな?)という方なんですが、ジターバグが
カバーされてる事自体は知ってたんですが、初めて音を聴きました。
個人的に、思い入れのあるアーティストほど軽々しくカバーしてほしくないので、
どうせ新人歌手の売名行為でしょ?ってすんごい嫌な感じで見てたら、
彼女が「自分の中でも思い入れのある大切な曲なので、大切に歌っていきたいです」と
話しているのを聞いて、さっきまでの横柄な態度を反省しました。

でも、ただやっぱり、細美さんが歌うジターバグには勝てないです。
結局はそれが言いたかっただけ。

ただ今802を聴きながらBUMP待ち中です。今夜はどんな話が飛び出すやら。
この間のヒロトさんの番組のコメントは酷かった。昼間っからまさかの下ネタ(笑)
[PR]



by pochi-17 | 2009-04-22 22:18 | Trackback | Comments(4)

GLAY Member Produce Live 2009 JIRO Produce「OSAKA CRASH NIGHT!!」レポ

GLAY Member Produce Live 2009 THE GREAT VACATION -extra-
JIRO Produce「OSAKA CRASH NIGHT!!」レポ

a0041964_236395.jpg


◆セットリスト◆

01.TWO BELL SILENCE
02.JUNK ART
<MC>
03.Trouble On Monday
04.a boy~ずっと忘れない~
05.HIT THE WORLD CHART!
06.COME ON!!~Power Never Mind
<MC>
07.FATSOUNDS
08.mister popcorn
09.Father&Son
10.またここであいましょう
<MC>
11.HIGHCOMMUNICATIONS
12.BLAST
13.MIRROR
14.つづれ織り
<MC>
15.VERB
16.SAY YOUR DREAM

アンコール
01.I am xxx
02.彼女の“Modern…”
03.SHUTTER SPEEDSのテーマ
04.ACID HEAD


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


4月15日、大阪厚生年金会館で行われたGLAYのライブに行ってきました!
FCもMSも全滅で諦めかけていた時にバギクラ枠で当選して行けることになったのですが、
JIROさんプロデュースの今回のライブは普段のライブよりもマニアックな選曲になっていて、
あの覆面バンドのまさかの復活もあったりとスペシャルな夜でした!
いつも通り緩ーいレポですが(笑)、会場の雰囲気が伝われば嬉しいです♪


1年振りのGLAYのライブだったので、そわそわが抑えきれず早々と到着。
いつもGLAYのライブは母(JIROさんファン)と行くのですが、今回は父と参加しました。
と言うのも以前バギクラでメンプロライブのアイデアを募集していた時に、
「親子限定ライブをやって欲しいです!その時にはいつも私がGLAYのライブに行くと言うと
一緒に行きたそうにしている父を誘ってみたいです!」とメッセージを送ったら読んでもらえまして。

…要するに後に引けなくなってしまった訳です。嘘はつきたくないし(笑)
前日の夜まで「腰痛いから立ってられないし…」と迷っていた様子だったのですが、
「もう誘うのは今回だけだから!」と言ったら「行ってもいいんか?」と。
そんなこんなで還暦にしてGLAYのライブデビューが決定(笑)
会場に着いても「浮いてるなぁ…」と私の陰に隠れようとする父(^^;)

時間になり、中に入るとまず目に飛び込んだのが「ジャンプ・タテノリ禁止」の看板。
どうやら近隣住民から苦情がきたようで…GLAYのライブで飛ぶなって言われても…。

重い扉を開けるとステージが見えました。装飾は一切なく、シンプルなセット。
オーケストラピットなのか、ステージの前にサブステージが繋がっていて、ステージが広い。
しかも最前列は手を伸ばせば触れちゃいそうな程近い!

今回は三階席で久々(4年ぶりぐらい?)のTAKUROさん側でした。
ステージの両脇には板張りの花道があったので割と近くに感じました。


開演前のBGMはJIROさんセレクトだったのか、VINESのRideなんかが流れてました。
開演時刻になった頃、BGMが「THE GREAT VACATION」に。まだ客電も付いたままなのに、
今か今かと待ちきれない様子の手拍子が自然と起こる。
きっとこの手拍子はステージ袖のメンバーにも聴こえてるんだろうなあ。
やっぱりGLAYファンってあったかくていいな…と、早くもじんとする。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

曲が終わる頃、明かりが消されて一斉に総立ちに。
ほの暗い中、メンバーが一歩一歩それぞれの立ち位置へと向かう。
すでに溢れんばかりの熱気と期待感が渦巻く客席。

一年の間に色んなライブに行ったけど、この空間に勝る場所はないなって思いました。
黄色い声に混じって、近くにいた男性が一言「G4ーーー!!!」と大絶叫。
空耳か?それとも「ジロウ」の聞き間違いか?とも思ったけど、確かにG4と。
その近辺に何とも言えない空気が広がったのは言うまでもなく…。


ちなみに衣装はTERUさんが白のボタンが付いた黒のつなぎに白のベルト、キラキラしたチェーン。
JIROさんは白地に黒のブロックチェックのノースリシャツに黒パンツだったかな?
TAKUROさんは黒のライダースジャケットに黒のパンツをブーツインしてました。
HISASHIさんはJIROさんのようなブロックチェックのロングシャツ。スカートみたいで可愛かった。
そんなHISASHIさんの足元にはエフェクターがいっぱい並んでいました。


ほんの僅かなギターの音が聴こえた瞬間、TWO BELL SILENCEだ!って確信しました。

今までリリースした全てのアルバムから演奏するとは聞いてたけど、この曲から始まるとは…
客席のあちこちから「えぇ~!」と意外な選曲にどよめく声が耳に入ってくる。
何で今まであまりライブでやってなかったのか不思議な程カッコ良かったです。

余韻が覚めやらぬ中、次に演奏されたのがJUNK ARTだったので、いい意味でぶっ飛びました。
皆で歌うところは何とか歌えたけど、所々歌詞が怪しかった(笑)
初めの2曲はアルバムを予習している時に、聴きたいけど多分やらないだろうな~と
思っていた曲が初っ端から聴けたので余計に嬉しかったです。


TERUさんが「大阪の皆待ってた?」と口を開く。
お客さん「待ってたー!」

TERUさん「3階席ー!」(イエーイ!!)「2階席!」「1階席!」


TERUさん「セットリストが決まった時にJIROに『ほとんど新曲だけど大丈夫?』って言われました」と
「昔の曲は全部新曲だ!」が口癖のTERUさんならではのMCも(笑)

「この曲の時、(笑わせようと思ってわざと高い声で)ダンスビッジョ~ン♪って
歌ったら、まだ早かったみたいで『展開飛ばさないで』って言われて(笑)」
TERUさんのほのぼのとしたMCと後ろで笑ってるメンバーに、ほっこり。

TERUさん「今日は懐かしい曲がいっぱい並んでます。最後まで楽しんでいって下さい。OK?
俺達が楽しんでる姿を見て、皆にも楽しんでって欲しいと思います」


MCの後はイントロがベース始まりのTrouble On Monday。
やじろべえみたいにピョコピョコ左右に飛んでリズムを取ってるJIROさんが可愛い。
楽しそうに演奏している姿を見て、プレイしていて楽しい曲っていうのが
今回のライブの選曲の裏テーマだったのかなって思いました。


明かりが消え、スタンドにセッティングされたアコギを持つHISASHIさん。a boy~ずっと忘れない~。
もしやこれが「コーラスのキーが高すぎて頭痛くなってくる」とJIROさんが言ってた曲?(笑)
「そんな時にはこの詩を」の所でTERUさんが広げた手を見ただけで泣けた…。
この曲を初めて聴いた時は幼すぎて何にも解ってなかったんだなぁって思いました。
今になって聴いてみると、自分の気持ちをなぞっているようで胸が支えました。


「1・2ー! 1・2・3ー!!」一転してHIT THE WORLD CHARTのカウントが!嬉しすぎる(>_<)
途中でふと気になって(と言うか思い出して?笑)ちらっと父を見たら
なんとなんと、ちゃんと手を上げてノってました。びっくらこいた(笑)

熱が冷めないうちにCOME ON!! TERUさん走るわ飛ぶわの大忙し!JIROさんもジャンプ♪
この曲で飛ぶなって言うのも酷な話だなぁ…。と思いながらも擬似ジャンプで我慢。
テンション上がりすぎて完全に壊れてました。楽しかった!!
曲が終わって次の曲に行くと思いきや、とある曲のフレーズが。



あれ、この曲って…まさか…ネバマイ!!!


ネバマイまさかのワンフレーズのみの復活。何この小ネタ挟む感じ(笑)



曲が終わりMC。TERUさん「じゃあ今夜のプロデューサーからひと言!」
JIROさん「こんばんは!」
お客さん「こんばんは!」
ひと言喋った後のお客さんのリアクションに「おっ!」とのけぞるJIROさん。


「今回の俺のプロデュースライブは、インディーズの頃のアルバムから順番に選曲してみました。
普段のライブだとコンセプトとかがあるけど、今回は流れを完全に無視してます。
さっきのネバマイとかはポカーンとしてる人もいたみたいだけど(笑)
忘れないようにと思ってこのセットリストの中で一番最初に選曲したんだよね」と。

TERUさん「ほんとにマニアックな選曲でね…置いてきぼりになってない?大丈夫?」
「灰とダイヤモンド、SPEED POP、pure soulときて次はどの曲がくるんでしょうね?」とJIROさん。


JIROさん「昔の曲コピーしてみて、改めて自分のプレイを振り返ってみると
昔はエゴばっかりで弾いてたなと。今のSAY YOUR DREAMなんて仙人のようですよ(笑)」
JIROさんのMC中、後ろで腕組みしながらうんうんと大きく頷くHISASHIさん(笑)
「そう思うとGLAYを通して成長させてもらったんだなって思います」とJIROさん。

JIROさん「今回はペア限定にしてみたんだけど、今朝までずっとTERUに『カップル限定』だって
言われ続けてて。カップルじゃなくてペアだ!って言ってるのに(笑)」とTERUさんの方をチラリ。
「GLAYの曲は割と壮大な愛をテーマにした曲が多いんだけど、今回はそうじゃなくて、
友達とか、恋人とか、家族だとか、そういうのもいいんじゃないかと思ってそうしてみました」

「カップル限定だとハードル高いしね(笑)」とTERUさん。
「ペア同士手繋いでみてくれる?」と突然の事態にあたふたして繋げず。と言うか、繋がず。
「ふーん、そういう感じなんだ」とTERUさん。
「ペア同士でどっちが盛り上がるか競争して、負けた方が帰りにアイス奢れ!」とTERUさん(笑)

JIROさん「今日は倍率高い中から来てくれてるんだと思いますが、楽しんでって下さい。
次の曲とか、すげぇバカになれる曲なんで、爆発して下さい。何か岡本太郎みたいだけど(笑)」と。


FATSOUNDSではTERUさんと一緒に「ひゃーーーーーー!!!」この曲も暴れすぎて覚えてません(笑)
日頃では考えられないような大きい声を出してスッキリ。ストレス発散!


mister popcornもそれこそ大阪ドーム以来だったのでノリを忘れてた(^^;)
今聴くと、歌い方も含めてすごいパンキッシュな感じがしました。
JIROさんとTOSHIさんの掛け合いでは、じらしにじらすJIROさん。
タイミングが微妙に合わず「TOSHI、下手になったんじゃない?」とJIROさん。ブランクを隠せず(笑)


普段のライブでは上がる曲が来そうなところでFather&Son。
月日が流れて実際に父親になったTAKUROさんは今、どんな気持ちで演奏してるのかなって思った。
そういう意味ではSAY YOUR DREAMにも通じるテーマの曲です。
この曲もそうだったのですが、静かな曲程JIROさんがリズムを刻んでる気がしました。
なのでJIROさんを見すぎるとノリノリな感じじゃない曲の時にノっちゃって、おっと!ってなります(笑)


SEIさんのピアノから紡ぎ出されたのはまたここであいましょうのイントロでした。
懐かしさに思わず胸がつまる。初めてこの曲を聴いた頃の気持ちを思い出したり。
「会いたくなったらまた会いに行くよ」この言葉を心の中でステージに向かって投げかけてました。


「大阪熱く行こうぜーー!熱い拳を見せてくれーーー!!」耳をつんざくギターはハイコミの合図!
ライブ用にアレンジしてあるのか、音源よりもベースラインがカッコ良かったです。
「あの曲は振り付けが難しかった」とは父の後日談(笑)


BLASTもめちゃくちゃ久々。ハイコミの時はアップライトベース(通称「棒ベース」笑)
使用でしたが、今回は珍しい木目のベースが登場してました。ギブソンのかなあ。
裏打ちされたスカのリズムが気持ち良かったです♪サビではメンバー+客席の大合唱。


この辺りから割と最近の曲ゾーンに。MIRRORはリズム隊の2人に釘付け。
AメロBメロはJIROさん、後半はTOSHIさんの演奏が迫力満点で鳥肌が立ちました。


しんとした空間に響き渡ったのは、つづれ織りのイントロでした。
SEIさんが演奏しているのは懐かしい音色のピアニカ。
この曲が聴けた嬉しさと感動、ひとつひとつのフレーズが涙腺を刺激する。
何かをすくい上げるかのようなTERUさんの手の動きを見て、更にうるうる。
最後は目を閉じて全神経を耳に集中させて聴いていました。

あちこちから鼻をすする音が聞こえてくる中、TERUさんが口を開く。
「俺、今皆の心を揺さぶったよね?(笑)」…どこまで無邪気なんですか、TERUさん(笑)


「次はもっと激しく皆の心を揺さぶります!」とTERUさん。
曲紹介の時に「バー」しか聞こえなかったので、もうBURST!?と思ったらVERBでした(^^;)
低い姿勢で開脚しながら歌うTERUさんはロックスターのようでした。
「どうして」の所が皆で歌うようになってたのが1年の間に変わった所でした。
途中で歌詞が怪しい感じになって、客席にマイクを向けるTERUさん。投げちゃった(笑)
この曲もAメロBメロのベースがビリビリしててやばかったです。


「ラストナンバー!SAY YOUR DREAM!!」TERUさんの声が高らかに響き渡る。

正直に言うと長い曲って演奏してる側も、聴いてる側も途中でだれてくるのでは…
なんて失礼な事を思ったりしてたのですが、全然そんな事はなかったです。
メンバーからはこの曲に込められた想いを届けたいという気持ちが伝わってきたし、
聴いてる側もそれを取りこぼさず受け取りたいという姿勢が感じられました。

この曲を最初聴いた時は、メンバー間での絆だったり近しい人への愛情を歌った曲という
印象が強かったのですが、ライブで聴いて印象が変わりました。
「愛情」はもっと外へも広がっていて、その中に私達も含まれてるのかなって。
前半のラストの合唱ではひとつの曲をそこにいる全員で作り上げている感じがしました。


TERUさんもトップランナーで見た時よりも声が良く出てて、より引き込まれた。
この曲でもJIROさんは前半は割と抑え目で、後半に動きのあるプレイをしてました。

ただひとつ残念だったのが、前半にTERUさんがステージの前方に来て歌ってた時、
マイクが思いっきりハウリングしてキーン!となってしまってた事。
シューティングが入ってたので、多分そっちのマイクと被ったんだと思いますが…
突然のアクシデントにTERUさんも思わずのけぞって苦笑い。

達成感からか、演奏し終えたメンバーの表情は晴れ晴れとしていました。


「サンキュー!」温かい空気に包まれたまま、ステージ袖にはけて行くメンバー。
ほどなくしてアンコールの声が起こる。すかさず父着席(笑)


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


しばらくしてふっと明かりが点り、JIROさんの姿が。
アンコール恒例の撮影タイム?と思いきや、今日は手ぶらのJIROさん。
その後ろから全員お揃いのJIROさんTに着替えたメンバーが(勿論リーダーは袖なし!笑)。

「今日は記念撮影の為にカメラマンの塁くんが来てくれてます!」とTERUさん。
塁コールに乗ってステージ袖から橋本塁さん登場。わー、本物だ。

TERUさんが「関西でも『はいチーズ』でいいの?」と言いながら6人がモニターの前に。
「はい!チーズやねん♪」とTERUさんの掛け声と共に客席をバックに記念撮影♪
そそくさと急ぎ足で去っていく塁さんに全員から拍手。
ここで上機嫌なTERUさんがありとあらゆるエセ関西弁を披露(笑)

それを見ていたJIROさん「アンプの後ろにいる(ローディーの)だっさんが
関西出身なんだけど、TERUの関西すげームカつくって」とチクッと報告。
「じゃあもう関西弁喋らない(笑)」と拗ねるTERUさん(笑)

TERUさん「だっさん歳いくつだっけ?1コ下?…年上を敬いなさい!(笑)
半分東京人半分函館人の俺から言わせると、函館弁で○○ってあるんだけど(忘れた…;)
東京人が言うと絶対違うんだよね~…どうでもいいかそんな事(笑)」

曲紹介の時もTERUさんに「次のナンバーはそんなだっさんがお送りする…」と言われて
笑顔&ピースで応えるだっさん。まさかの大フィーチャー(笑)


「GLAYは今年デビュー15周年を迎えるんですが、そのGLAYの誕生日にリリースされるI am xxxという
ナンバーを演奏したいと思います。デビュー記念日なのにこんなハードなナンバーなんですが…」と。

もちろんライブで聴くのは初めてだったのですが、想像以上に痺れました。
マイクをがっしり両手で掴んでシャウトしてるTERUさんにやられました。音源よりも良かった!
ギリギリの音程なのにちゃんと地声で歌っててびっくりでした。


彼女の“Modern…”は盛り上がらない訳がない!でもジャンプ&縦ノリ禁止だったので、
苦肉の策として踵を浮かせてふんわり着地するという技を編み出しました(笑)

歌詞に合わせてキスするTERUさん。頑張ってるな~と思ってしまった(^^;)
JIROさんは「留守電にkick!」のとこで後ろ蹴りを入れてました。可愛い…。
多分この曲だったと思うんですが、花道の先でツインギターの絡みも♪
TAKUROさんがカメラを覗き込んでたのもこの曲だったかな?
何かの曲でTERUさんはカメラにチューしてました(笑)


轟音ベースが鳴り響いたのはそう、SHUTTER SPEEDSのテーマ!!
上から下からのスライディングのいつも以上に気合いの入ったプレイにぞくぞく。
JIROさんがマイクの前に立つと会場のボルテージも最高潮!皆して壊れてました。
「人騒がせな~大阪!」って歌ってる後ろでマイクを奪う準備をしてるTERUさん(笑)
終わった後にベースを掲げてたので投げるのかと思ったけど投げませんでした。残念(>_<)


「ラストナンバー!ACID HEAD!!」という声に「えぇ~っ!」とざわつく客席。
TAKUROさんは2つのモニターにまたがってイントロのギターのリフを響かせる。そして反る(笑)
余力を残すまいと、ステージを駆け回るメンバー。TERUさんを見てたら自然とクネクネ。
TERUさんがHISASHIさんの首に腕を回しての「NO MORE HERO!!」。

最後の方にメンバー紹介をしようとするも、明らかに曲の残り時間が足りず(笑)
TOSHIさんとSEIさん、そしてとTERUさん自身のみの紹介でした。あらら…(^^;)


曲の〆にはこの日一番のTERUさんの大ジャンプ!
「私の為に!!」と心の中でキャーキャー絶叫(会報のイラストコーナー参照、笑)。



「愛してるぜ大阪ーーー!!大阪最強!!」とTERUさんから嬉しい言葉が。


ピック投げ中のJIROさんをよそに「今日のライブはバギクラでOAされるんじゃないの~?」とTERUさん。
「デビュー15周年で今年は沢山ライブがありますが、次は横浜かな?」とも。


メンバー全員がステージの前方へ。歓声が凄くて喋ってる事が聞こえない。
気付いたら知らない間にメンバーが手を繋いでました。…手繋ぐの?
お隣さんとはささっと繋いだものの、問題は右側。数秒の間に葛藤の嵐。
でも、繋がないと多分後悔する!と思って半ばヤケになりながら父の手首を握りました(笑)


ジャンプの掛け声はもちろんJIROさん。


「バギクラ聴けよ!」(客席「イエーイ!!」)
「最近メッセージ少ないんだよ!!」(客席「(笑)」)


「行くぜー!せーの!!!」


ジャンプ禁止だったけど、最後だけは飛ばせてもらいました。ごめんなさい(>_<)

笑顔で手を振ったり叩いたり、お辞儀をしたりと客席を労うメンバー。
去り際のTAKUROさんの力強い後ろ手のガッツポーズに大きな歓声が上がりました。


メンバーの姿が見えなくなってすぐにダブルアンコールを求める声。
機材の撤去の時間が迫ってたのか、残念ながら叶わぬ夢となってしまいましたが、
それでも十分すぎる満足感が胸を満たしてくれるライブでした。
過去の曲の違った一面も発見できたし、GLAYと共に歩んできた月日を振り返る事ができました。
あぁ、やっぱり私にはGLAYが必要なんだって改めて思った。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

会場を出るとお客さんの声を拾うバギクラのスタッフさんに遭遇。
あのインタビューって挙手制だったんですね。私?私は喋りませんでしたけど(^^;)

何の曲だったか忘れちゃったんですが、TERUさんがステージの前方に来て
戻ろうとした時に床がめくれちゃって、律儀にもちゃんと足で直してから戻ってました。
あと、マイクスタンド持ったまま花道まで来ちゃったり(笑)見てて飽きないです。


帰り道はGLAY話に花を咲かせながら父と2人、夜道をてくてく歩いたのでした。
プロデューサーのJIROさん、お疲れ様でした♪
[PR]



by pochi-17 | 2009-04-19 10:39 | Live | Trackback | Comments(6)

思い出に浸りつつ。

JIROさんプロデュースライブのレポを執筆中です。
思い出してはひとりニヤっとしたり、思い出し泣きをしてみたり。
個人的な感想文っぽくなっちゃいますが、なるべく早めに、
ライブの熱が冷めないうちにアップできればと思ってます。

今夜のHISASHIさんプロデュースのネット生中継ライブ、
うちの亀PCくんにはちょっと過酷だったみたいです(^^;)
絨毯が敷かれて、ロウソクの灯る格調高い雰囲気のライブでした。
[PR]



by pochi-17 | 2009-04-17 23:23 | GLAY | Trackback | Comments(0)

終わったー

さっき終わりました。あー、楽しかった!!!
久し振りのGLAYさん、めちゃめちゃ燃えました。
ダブルアンコールを求める声が止みませんでした。足ガクガク。これで三階分の階段は堪えます(笑)
[PR]



by pochi-17 | 2009-04-15 20:59 | Live | Trackback | Comments(0)

ジロウノ夜

a0041964_1742188.jpg

大阪厚生年金会館に来ちゃいました。
実はバギクラ枠でチケットが当選したのです。
今日の相方は父です。JIROさん、約束守りました(笑)
[PR]



by pochi-17 | 2009-04-15 17:42 | Live | Trackback | Comments(2)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17

最新の記事

2017.7.8 髭@恵比寿..
at 2017-07-21 22:12
2017.7.1 髭「すげー..
at 2017-07-06 22:30
2017.5.28 髭「すげ..
at 2017-06-09 17:58

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧