<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧




2010.10.15 HiGE“サンシャイン”TOUR@なんばHatchレポ

a0041964_23445481.jpg

10月15日、なんばHatchであった髭ちゃんのライブに行ってきました♪
久々のワンマンでアルバム「サンシャイン」を引っさげてのこのツアー、
今までに行った髭ちゃんライブの中でもいちばん温かかったです。
いつも通り自己満覚え書きレポなので適当にすっ飛ばして下さい!

*++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

今回の整理番号は170番台だったので無理はせずになるべく
見やすい場所を探してたら斉藤さん前の2列目に辿り着いた。
元々真ん中付近で見やすいところにしようと思ってたので迷わずそこに。

開演の19時を少し過ぎた頃、フロアの照明が落とされてSEが。
やっぱり壮大すぎるバック・トゥ・ザ・フューチャーのテーマ曲。
ミラクルズには戻さないのかなぁ。あれ好きだったんだけど。

拍手に迎えられてメンバーが登場。

須藤さんは卍Tに黒パーカー、赤×青チェックパンツ、黒レザーの紐靴。
斉藤さんは黒カーデにモノクロのTシャツ、グレーの細いパンツ。
宮川さんは桜シャツにピンクT、黒デニム、青地にピンクの紐のコンバース。
フィリポは赤い花柄っぽいTシャツ?にカラフルな帽子、ハーフパンツ。
アイゴンさんは黒シャツに赤い蝶ネクタイ、黒で赤と緑の飾りがついたハット、
パステルカラーのペイントが可愛いダメージデニム。
コテさんは・・・あれ?何だっけ?黒いTシャツだったぐらいしか覚えてない・・・

一切セトリ見てなかったので最初は何がくるかなーと思ったら3.2.1.0!
イントロ聴いただけでわくわくする。ギターソロ明けのドラムもかっこいいよー。

意外だったのが2曲目がブラッディマリーだった事。
ララララ来週~♪って歌ってた。何回聴いても飽きるどころかどんどんハマる。

ペインキラーは“もう逃げられないんだ どこへも行けやしない ここから”って
言葉がやけに残った。自分に対して投げかけられたようでもあったし、
髭ちゃんに対して自分から投げかけてるようでもあって不思議な気分でした。

アコギに持ち替えた須藤さん。「三日月」は須藤さんの歌声も
みんなの楽器の音も優しくて、綺麗で、とろけそうになった。
初めて髭ちゃんのライブを観た2年前はこんなの、想像もしてなかったな。

かと思えば次に髭よさらばを持ってくる辺り、そんなに変わってないのかも。
フィリポがスティック持ってパッドを叩いたりヘドバンしたり大活躍。

ハリキリ坊やのあの前奏、ずるいと思う!めちゃくちゃ上がる。
ライブで聴きすぎてもうCDの音源では物足りない・・・

D.I.Y.はこの間ustで話してたラップが頭をよぎって吹きそうになった(笑)
多分結構押されてたと思うけど、全然気にならないぐらい楽しかったー。


須藤さん「ボーカル交代していい?ボーカル!フィリポ!コテイスイ!
ドラムはアイゴンさん。髭の中でいちばんビートがいいからね。アイゴンさん」

フィリポ「いつもアイゴンさんに俺が歌うとジャイアンのリサイタルみたいだって
言われてんだけど、俺だんだん上手くなってきてるから!
ステージが広くなったらここに土管三つ並べてやりたいね(笑)」

フィリポがジャイアンのマネをしてボエ~って。無邪気・・・かわい。

アイゴンさん「“アイゴンさん、俺歌上手くなったでしょ?”って
言ってくるんだけど、ずっと一緒だから(笑)」

須藤さん「ずっとツアーやってて17ぽん?(笑)18ぽん?やってきて
あと2本なんだけど、この人(フィリポ)ねぇ、いっつも遅刻してくんの!」

フィリポ「朝起きたらさぁ、今自分がどこにいるか分かんなくなる事ない?
昨日がどこどこで、一昨日がどこどこで・・・今どこだ?って」

フィリポの問いかけ、いまいち賛同を得れず(笑)

アイゴンさん「そんで、すっげー溶けそうな顔して集合場所に現れて
“遅刻するつもりはなかったんですけどぉ~、ちょっと起きれなくって・・・”って」
と、もごもごとフィリポの口真似をするアイゴンさん。超似てる(笑)

コテさん「川崎さんはね、大体ツアー中ホテルが隣の部屋なんだけど、
いつも勝手に俺の部屋に入ってきてくつろいでんの」

フィリポ「この人・・・あ、髭のアホな方のドラムね。いつも鍵開けっ放しなんだよ」

コテさん「俺東京の家にいる時もいつも鍵開けっ放しなんだよね。
(お客さん「危ないー!」)・・・危ない?危ないね。
で、家も玄関からベランダまで風が通るみたいな。お魚焼いたりね」

須藤さん「その話もう良くない?」
その後またフィリポを遮って話し始めるコテさん。
コテさん「うちの前を通る人も“あ、どうも”みたいなね」
須藤さん「その話もう良くない?しかも元々フィリポが喋ってたし!」←2回目(笑)

コテさん「大阪だけに、お魚!ってね」

・・・なんか不思議な空気になった瞬間を目撃してしまった気が(笑)

コテさんはマラカスを持って、フィリポはピンクのベビTを着て
ニコニコしながらマイクをお客さんに預けてみんなで歌う。
それを後ろで須藤さんが嬉しそうに眺めてたりして、
オニオン・ソングは最高にハッピーな空間が広がってました。
間奏の後、ぐだぐだでみんな笑っちゃってたけど、それも愛嬌!

次は何が来るんだろう、と思ったらここで青空。
青い光の下で青空を聴くと何だか急に色んな事を思い出した。
悲しかった時、辛かった時、この曲が救ってくれたから余計泣けた。
最後に須藤さんが「ひとりじゃないのさ」って歌いながら
ゆらゆらと首を振ってて、それがすごく心強かった。

Acousticは転調するとこのドラムの入り方がめちゃくちゃカッコ良かった。
ギターも3本になってより繊細になってた。
「愛してるぜ」なんて言葉を須藤さんの口から聞けるなんて意外だったな。
「僕達のメッセージ、聞こえてますか?」って言葉が耳に残った。

ドーナツに死すも何回聴いてもかっこいいー。頭がぐるっとする。
かーらーの溺れる猿!コテさんが端から端までステージを駆け回る。近い!
未だに合いの手の歌詞があやふやなんだけど、そろそろ覚えるべき?

熱くなったフロアにきらきらのサンシャイン。ひときわ優しかった。
須藤さん、胸をとんとんってしながら「君の不安 僕におくれ」って歌ってた。
なんかもう・・・かっこ良すぎるでしょ。あれは反則だと思う。
夕陽みたいなオレンジ色の光の下で聴くサンシャイン、ほんとに良かったなぁ。


須藤さん「大阪ありがとう。大阪は温かいね。温かく見守ってくれる。
大阪久し振りだね!・・・そうでもないんだけどね(笑)
7月ぐらいに来たからね。また今年中に大阪来れたら来たいです。
俺、今日道頓堀の“グリコのネオンよろしく”んとこ行ってきたんだけど、
そこよりも熱いから。俺、昔から盛り上がってるところにしか行かないんだけど、
今ここ大阪でいちばん熱いよ。大阪のホットスポットだよ。スウィートスポットだね」

スウィートスポットだね、って言いながらニヤッとする須藤さん。得意気(笑)

須藤さん「ツアーで全国回ってるけど、どこも楽しくて。
今日もこんなに人も集まってくれてるし、これからも仲良くやっていこうよ。
いつもほんとにありがとう。金曜の夜、楽しんで」

お世辞にも満員とは言えないフロアに向けたこの言葉に切なくなった。
皮肉じゃないよね?ってちょっと不安になったりもして。
相変わらず須藤さんが言う「ありがとう」はぺらっとしてて軽いな(笑)

B級プロパガンダやっと聴けて嬉しかった。髭ちゃん、ほんとにかっこいい。
囚人はイントロが鳴った瞬間すっごい押されたけど楽しかったなー。
宮川さんもグイグイ前に出て、跳びながらプレイしてて釘付け。
「ところで今一体何時?」のとこで斉藤さんが腕を指してた。

熱が冷めないうちにテキーラ!更に押されたけど更に更に楽しかったー。
気付いたらミラーボールが出現。指差してやっぱりどや顔の須藤さん(笑)
須藤さんがハンドマイクでステージの際まで来てくれて、
何かごそごそしてるなーと思ったら靴と靴下を脱いで裸足になってた。
ふと靴下を見ると、やたら凹凸が多くない?え、まさかの五本指ソックス?
履いてるところを見てなかったから確信は持てないけど五本指っぽかった。
脱いだ靴と靴下を足でどかして踊るスペースを確保する須藤さん。
歌中に手繋いでもらってた人いーなー。いーなー。

下衆爆弾もほんと熱かった。自分から下衆って呼ばせておきながら
「俺達の事を下衆って言ったね!」とか言ってた(笑)
「DAWN DAWN DAWN DAWN!!じゃないよ。俺達下衆だよ」って。
気付いたら斉藤さんがハンドマイクになっててびっくり。

本編ラストは虹。髭ブラの時と同じオレンジと緑の照明だった。
あの時は切ない歌に聴こえたけど、この日はすごくいい表情で歌っててそれが
すごく嬉しかった。歌い手さんの表情ひとつでこんなにも印象って変わるんだ。

曲が終わり、袖へはけるメンバー。すぐにアンコールの手拍子。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、再びメンバーがステージへ。

アイゴンさん「アンコールありがとう~!」
フィリポ「アンコールありがとう~!」
斉藤さん「サンキューな!」
須藤さん「アンコールありがとう。みんなここで喋りたがるよね(笑)」
フィリポ「だって斉藤くんのマイク高いんだもん(笑)」

須藤さん「さっきオニオンソング見てて思ったんだけど、
髭が髭たる所以は何回やっても上手くなんないとこだよね。
さっきだって、トロットロだったもん(笑)
ずっとツアーやってて、ようやくここに来て準備が整ったので
まだ披露してない曲を今日初めてやります」

斉藤さん「この曲は2、3年経ってから良さが出てくると思うんだよね」
須藤さん「そういう事はいいから!この曲の内情は(笑)」

そんな訳でAre you ハッピー??初出し!ハンドマイクでふわふわ踊る須藤さん。
「みんな幸せですか?みんなどんな時が幸せですか?俺は!生きてて楽しいよ!」
マイクをぐるぐる振り回しながらステージの際を練り歩く須藤さん。
正直アルバムで聴いた時はあんまりピンとこなかったんだけど、
ライブで聴くとちゃんとかっこ良かった。間奏のコテさんのドラムが秀逸。
宮川さんとコテさんがアイコンタクト取ってリズムを支えてた。

ツインドラム×3本のギター。黒にそめろ!
この曲だったかなぁ、アイゴンさんと須藤さんの絡みが素敵すぎた。
気付いたら斉藤さんが視界から消えてて、あれ?と思ったらひっくり返ってた(笑)

曲が終わり、ステージを後にする6人。またすぐに手拍子が起こる。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、缶ビール片手にメンバーが再びステージへ。
斉藤さんはキリンラガー、須藤さんはAsahiのスタイルフリー。

ギターを手にした須藤さん、イントロのコードを忘れてしまった模様。
「最初なんだっけ?」って言われて斉藤さんが持っていたビールの缶を
口にくわえて弾こうとするも、フィリポがピアニカで助け舟。
須藤さん「こういう時、鍵盤がいちばん早いっていうね(笑)」

斉藤さんがくわえてた缶、軽そうだったからほとんど飲んでたんだろうな(笑)

須藤さんが曲を始めようとするも、なぜか曲が始まらず。
「始めたら終わっちゃうじゃない?俺、終わらせたくないもん」って。
フロアのみんなと同じ気持ちを共有してくれてるんだって幸せだった。
ほんと、どこまで心を奪う気なんだ・・・須藤さん・・・

斉藤さん「今日は男子からの声援が多くて嬉しいです。
(指を折りながら)可愛いの、カッコいいの、不細工なの・・・
(男子の目を見ながら)あ、君がブサイクだって言ってる訳ではないからね。
色々いるけど俺は活きのいいのがいちばん好きです」

・・・!(笑)

須藤さん「気を付けて!斉藤くんの弟子になったら誰の顔も見えないような
真っ暗なクラブに連れてかれて、俺達が何も見えないねって言ってる時に
サーッて(肩を抱くポーズ)連れてかれるから!」

・・・!!(笑)

その後曲を始めようとするも、みんなニヤニヤしちゃって始まらない。
終わってほしくないから、みんな笑ってたのかもね。
須藤さんが弾こうとしても、斉藤さんが「そもそも俺まだピック持ってないからね」って。

須藤さん「何か段々ハードル上がってない?始まらないし終わらない!(笑)
ふざけちゃいけないところでふざけちゃう性分だからね」
斉藤さん「(須藤さんに)そんなお前が好っきゃねん!」
須藤さん「斉藤くんの口から関西弁が出るようになったらヤバいよ。相当きてるよ(笑)」

須藤さん「あんまりふざけてるとみんなあれだから。
最後の曲聴いてください・・・・・・でもやらないっていうね(笑)」

みんな新喜劇ばりのずっこけ!アイゴンさんはつんのめって、
須藤さんは両手上げてふわふわして、斉藤さんが仰向けにコケてた(笑)
何回もやってるうちに斉藤さんのコケ方がだんだん派手になってきて、しまいには開脚!
斉藤さん「(やっさんの真似で)怒るでしかし!」

なんばHatchに笑いの神様が降りてきた・・・!

須藤さん「最後の曲です。ハートのキング」
この曲の終わり、ぐわんぐわん脳が揺れる。痺れたー。
フィリポが立つと何だか嬉しくなる。フィリポが立った!現象?(笑)

最後もやっぱり高さのちょうどいい須藤さんのマイクでありがとうって。
そんなこんなでライブ終了。理屈抜きで楽しかったし温かかった。
こんなに髭ちゃんのライブって温かかったっけ?って思うぐらいのほっこり感。

そう言えば何かの曲で斉藤さんがリズムに合わせてじりっ、じりって
徐々にしゃがんでエフェクター触ってたのが地味に面白かった。
何の曲だっけ?今さら気になる。まあいいや。
Hatchのステージ推定140cmと推定身長180cm以上・・・
初めて斉藤さん前で観たけど、仁王立ちされたらすごい高かった!
あと曲中に歌メロじゃなくギターのフレーズを口ずさんでたり、
須藤さんと一緒に小躍りしたり、視線奪われまくりでした。

視線奪われまくりと言えばアイゴンさんもそう。
別に派手なパフォーマンスではないのについ見てしまう。
で、アイゴンさんとがっつり目が合うというオチ付き(笑)
須藤さんはお客さんの事をざっくりとしか見てない感じだけど、
コテさんとアイゴンさんはピンポイントで見てる気がする。

ライブ後にはTwitterのフォロワさん達にご挨拶。
超人見知りできょどってる私にも優しい皆さま・・・(´:ω:`)
やっぱり髭ちゃんのライブは楽しい!次はいつかなー!

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2010.10.15 HiGE“サンシャイン”TOUR@なんばHatchセットリスト

3. 2. 1.0
ブラッディ・マリー、気をつけろ!
ペインキラー
三日月
髭よさらば
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
D.I.Y.H.i.G.E.
オニオン・ソング (フィリポ & コテイスイ vs UK)
青空
Acoustic
ドーナツに死す
溺れる猿が藁をもつかむ
サンシャイン
B級プロパガンダ
ロックンロールと五人の囚人
テキーラ! テキーラ!
下衆爆弾


En1.

Are you ハッピー??
黒にそめろ

En2.

ハートのキング
[PR]



by pochi-17 | 2010-10-21 23:41 | Live | Trackback | Comments(8)

FM802 presents Precious Time with GLAY@京都新風館

10月9日、京都新風館で開催されたFM802の公開録音、
FM802 presents Precious Time with GLAYに行って来ました♪
TERUさん、TAKUROさんの楽しいトークに加え、アコースティックライブでは
WASTED TIME、Apologize、Precious、BELOVEDの4曲を聴かせてくれました。
話してる事はあくまでニュアンスなのでご了承を。

More
[PR]



by pochi-17 | 2010-10-12 22:51 | GLAY | Trackback | Comments(0)

髭ちゃんUST!

明日の21:00からUstreamで髭ちゃん生放送あるみたいです♪
詳しくはこちら→ HiGE_OFFICIAL @ USTREAM
ちなみにアーカイブでは京都ライブの様子と神戸の夜の映像が見れます。

ツアーも後半戦突入で今日は新潟!
そろそろ予習再開しなきゃ(笑)
[PR]



by pochi-17 | 2010-10-11 13:05 | 髭(HiGE) | Trackback | Comments(0)

「ゆりかご」と「革命」

昨日からandymoriの小山田さんがDJを担当するFM802の
MUSIC FREAKSが始まりました。フリークス、須藤さんの時以来久々に聴いた。
始まりと終わりが同時進行になってしまったのが何とも悲しいけれども。
結局その事についてはリスナーさんがメッセージで触れていただけで、
小山田さん本人の口から語られる事はありませんでした。
弾き語りのustは世界中で見れるけど、ラジオは関西でしか聴けないので軽くレポを。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

「大阪の皆さん、こんばんは。FM802 MUSIC FREAKS、
andymoriの小山田壮平です。今日から一年間、大阪の皆さんと
楽しい時間を過ごしていけたらいいなと思ってます。
今日はブースの外には色んな人たちが『大丈夫か?』みたいな野次馬になって・・・
土井ちゃんとかも来てるんですけど。こんな感じで追いつめられてます」

M1 22:01 KEEP ON THE SUNNY SIDE / CARTER FAMILY

「ちっちゃい頃から家族で聴いてて。邦題が『陽気にいこう』って曲で、
一曲目に選んでみました。最初、二週に一度大阪に来るっていうのが
すごいしんどそうだなと思ってちょっと迷ってたんですけど、
もうこういう事もないかもしれないし、ずっとラジオは好きで。
好きなDJの人に会いに行ったりして、すごいラジオっ子だったんですよね。
自分がこんな風に喋ってんのはすごいですけど」

M2 22:07 SUPERSTAR TRADESMAN / THE VIEW

SELECT×SELECTのテーマは「ワールドミュージック」でした。
ヨーデルに始まりケルト、キューバ、インドに沖縄民謡と地球を一周。
「民族音楽と気候」というテーマで卒論を書くために
色々な世界の音楽を聴くようになった、と話してました。
ちなみに小山田さんお勧めの海外旅行先は
「カルチャーショックを受けに行くならインドとかアフリカ、南米」だとか。

何通かメッセージを読んだ後「なんか、心配されてる感じですね。
確かにMCが短いから大勢の人に対して喋るのはそんなに
得意じゃないとは思うんだけど、昔児童会長みたいな事をやってて
全校生徒の前で喋ってたりしてたから頑張れると思います」
時々名前読み忘れてるんだもん。あと地名の壁。こっちまでドキドキするよ・・・

M11 23:01 グロリアス軽トラ / andymori
M12 23:03 HAPPINESS IS A WARM GUN / THE BEATLES
M13 23:07 夢の中へ / 井上陽水

ビートルズが流れたと思ったら井上陽水。なかなかのぶっ飛びよう。
曲をかける時に、おもむろに陽水さんが捕まった時の話をし始めて。
きっと今頃ブースの外では冷や汗かいてる人がいるんだろうなぁって(笑)

M16 23:22 STAND BY ME / BEN E.KING

この曲は今年カナダに行った時に他のバンドのメンバーと一緒に路上で
弾き語りをしたって話してました。英語の曲を歌ってると人が寄ってくるんだって。

M19 23:34 ゆりかご(STUDIO LIVE) / 小山田壮平(andymori)
M20 23:37 革命(STUDIO LIVE) / 小山田壮平(andymori)

23時台後半はustでの配信もあったスタジオ弾き語りライブ。
「ゆりかご」の歌い出し、ちょっと「わっ」って思ってしまった。
こういうの嫌いな人もいると思うけど、別にそこまで嫌ではなかったかな。
むしろ堂々としてて気持ちよかった。やっぱり小山田さんの声は優しい。

「革命」は声のしなやかさと歌詞がすごく印象的だった。

“百回 千回 一万回 繰り返して伝わらない想いは
百日 千日 一万日経った後できっと誰かの心に風を吹かすんだ”

曲の最後、こんな風に結ばれていました。

M23 23:53 CASSIOPEOA / JOANNA NEWSOM

「今日はテーマが『ワールドミュージック』だったから、
全体の雰囲気がよく分からない感じになって・・・楽しかったです。
それでは、おやすみなさい。小山田でした」
[PR]



by pochi-17 | 2010-10-05 00:27 | Radioレポ | Trackback | Comments(0)

Present

a0041964_23431259.jpg


最近ますます更新サボり気味です。遊びに来てくださってる方々ごめんなさい。
写真はこの間、敬老の日におばあちゃんにプレゼントした小物入れ。
箱をケーキに見立ててフエルトで作ったイチゴとクリームを乗せて、
チョコ色の犬も乗っけて、デコ用のパールで飾ってみました。

a0041964_2347208.jpg


中には手作りの生キャラメルを入れるつもりだったのに、
失敗してしまってとろけるどころかカリカリのチェルシー状態に・・・
それでもおばあちゃん、おいしいよって言ってくれました。優しい(´:ω:`)
今度こそはちゃんと生キャラメル持って行くから待っててね。

a0041964_2347476.jpg

チョコ色のわんこ。

[PR]



by pochi-17 | 2010-10-01 00:02 | Handmade | Trackback | Comments(2)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

2017.3.26 須藤寿 ..
at 2017-04-02 17:39
2017.3.25 ART-..
at 2017-03-31 00:19
2017.3.19 髭「G..
at 2017-03-31 00:15

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧