<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧




2011.11.12 HiGE『TRAVEL IN WONDERLAND』@心斎橋BIG CATレポ

11月12日、心斎橋BIGCATであった髭ちゃんのライブに行って来ました!
春から始まったTRAVEL IN WONDERLANDツアーも残すところこの日を含めて5本。
5月に奈良で観た時も楽しかったけどさらに最高を更新してくれました。
楽しすぎて記憶が飛んじゃったので、この曲の時にどうだったとか覚えてない・・・
しかもセットリストが見つからなかったので色々曖昧ですが気にしないで下さい(^^;)
またセトリ見つけたらこっそり手直しするかもです。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

半年ぶりの髭ちゃん前夜はよく眠れず、のっそりと起きて準備をして4時ごろに難波に。
心斎橋駅でロッカー入れようと思ったら埋まってて焦ったけどちょうど空いて助かった・・・
結局会場に着いたのは開場15分ぐらい前でした。あぶない!

今回は先行で頑張ったので整理番号は4番。フロアに入ると下手にそそくさと。
開演まで1時間長いな~と思って何気なくTwitter見てたらフォロワーさんが
須藤さん前の最前!ってつぶやいてて、え!と思ったらまさかのお隣でした。世間狭すぎる・・・
返信したら声をかけて下さったのでご挨拶を。人見知りなんで無駄にあわあわしてしまった。
ライブ前のドキドキも相まってお腹痛くなってくるし・・・弱すぎる・・・

BIGCATに来るのは去年の週末ダイナーぶりだったけど、その時よりも狭く感じた。
ステージも近くで見るとこんなに狭かったんだって思った。

この日はローディーがいつものどらごんさんじゃなく別の方。
薄暗い中でつまづきかけててもマネージャー氏は相変わらず安定感抜群のイケメンでした。
BGMが止む度に期待が高まっていく。開演時間を少し過ぎた頃、ふっとフロアの明かりが落ちた。
すっかりお馴染みとなったDeep Purpleの「Barn」に乗ってメンバーが登場。ぎゅっと押される。
あれ、コテイスイさんがいない。須藤さんは白い口髭をつけてる。久々のサングラス姿。

えーっと先に恒例のファッションチェックを。ドラムのお二人かなり曖昧なんですが。
須藤さんは白い付け髭をして最近お気に入りの赤い柄シャツにぐるぐる眼鏡の人のTシャツ、
グレーのだぼっとしたルームウエアみたいなスウェットに黒い革のオールスター。
アンコールはチャコールグレーのPink Floydの三角グラフィックっぽい柄のTシャツ。

斉藤さんは麻っぽいしっかりした素材でポケットにジッパーが付いてるTシャツ(カットソー?)、
同じくジッパーが脚の所に付いてる茶色っぽい細身のパンツに黒いレザーのコンバース。

コテイスイさんはピンクのニット帽に黒地に黄緑ででっかくYESって書いてるTシャツ。

フィリポは黒いTシャツにグレーのノルディック柄のハーフパンツ、ドット柄のキャップ。

アイゴンさんはCA4LAのアイゴンさんモデルの赤い羽飾りが付いた黒のハットに
ベージュ地に茶色の柄が入った着流しみたいな襟のないシャツにデニム。

宮川さんは冬素材のクラシカルなハットにピンクと黒(紺色?)のストライプのシャツ、
黒のパンツ、黒い革の紐靴、右手人差し指と左手薬指にシルバーの指輪でした。みんなオシャレ!


SEがちょうどCMで言うところのタマホーーム!に差し掛かる辺りで鳴り止む。
須藤さん「ギルティーは罪な奴!」

ステージの袖から、マイクスタンドにトラメガをぶら下げたコテイスイさんが!
しかもそのトラメガを最前真ん中のお客さんに向けて歌わそうとしてた。
ギルティーの〆はコテイスイさん担当なんだけど、ほぼ何を言ってるのか
分からなかった中、唯一聞き取れたのが「ハムカツ」だったという(笑)

コテイスイさん「…ィロックンロォォーール!!」
「ロックンロールと五人の囚人」!すごい熱気。足元から湯気が噴き出してくる。
“…ナイフ、…レモネード、…テポドン、…ガンジー”と
言葉を浮かび上がらせるように断片的に歌ってたのがすごくかっこよかったな。

「ブラッディー・マリー、気をつけろ!」ですっかり気分が良くなる。
シラフでも楽しく酔えるのが髭ちゃんのライブ。

放射状に広がった弦が特徴的な黒いフェンダーのアコギに持ち替えた須藤さん。
アイゴンさんに借りたのかな? 汗がきらきらと光の粒になって滴り落ちる。「ダイアリー」。
ワンフレーズを歌っただけでフロアの空気が変わったのを感じた。
遠い日の事を思い起こさせるような儚げな鉄琴の音色に心がぎゅっとなる。

その流れで「せってん」。心のバランスが狂いそうな時、いつもこの曲に助けてもらってた。
曲を聴くとその時の気持ちに戻ってしまいそうで苦しかった。
でも、歌い終わった須藤さんの穏やかな笑顔を見て少し救われた気がした。


須藤さん「来たよ~ちゃん髭が!大阪に!帰ってきたよ~!ただいま!」
フロアの皆が笑顔で「おかえりー!」と応える。

須藤さん「今日は金曜日?・・・あ、土曜日か。俺たち曜日の感覚がないからさ。
月曜から夜遊びとかしちゃうから!大阪はイベンターが週末をあてこんでくるだろうと思ってさ。
今日は色んなバンドが大阪に来てるのに髭に来てくれてありがとう。
俺だったらここに来るね!ここがいちばんクールだと思うよ。MOSTグルーピー!」

アイゴンさん「昨日須藤くんがラジオに出てた時、僕達車で大阪に向かってて。
池田線?池田線って言わない?環状線?ラジオ聴いてたらちょうど曲が流れたから
こう(リズムに乗る)やってたら斉藤くんがバッて立ち上がって一緒に乗ってくれて。
自分達の曲で盛り上がってました。でも渋滞で車は進まないっていう(笑)」

斉藤さん「そんな俺たち素敵やん?(笑)」

須藤さん「そろそろ曲行きます?黒にそめちゃいます?まだいい?」
斉藤さん「いや、行こうよ。黒にそめちゃっていいですか!?Paint It Blaーーーck!!」
モニタに登って曲フリをする斉藤さんのテンションが尋常じゃなくて爆笑する須藤さん。
歌い始めてからもまだ笑ってたけど曲はめちゃくちゃカッコよかった。そこが髭ちゃんのいい所。

ループするベースラインと夢見心地なギターのフレーズがが印象的なのは
「嘘とガイコツとママのジュース」。須藤さんがくるくると華麗なステップで踊る。
この曲だったかなぁ、須藤さんがサンプラーを真面目な顔で触ってた。記憶に自信がない・・

寄生虫!って言いながらワクワクポーズを取る須藤さん。「寄生虫×ベイビー×ゴー!」
ふわふわしてたらラストのサビ前に炸裂するドラムで目が覚めた。

斉藤さん「・・・ちょっと休憩しよ。CM行きまーす。休む時は休まないと遊ぶ時遊べないからね」
フロアから飛ぶ『斉藤先生ー!』の声に応えて眼鏡をクイックイッと上げる斉藤先生(笑)

須藤さん「何?今日は斉藤くんの弟子でもいるの?小斉藤?」
お客さん「斉藤さん関西弁喋ってー!」
斉藤さん「・・・」
須藤さん「・・・喋んないんだ(笑)」

斉藤さん「(眼鏡を外して見ながら)眼鏡のつるが曲がっちゃってさ・・・」
須藤さん「さっき斉藤くん眼鏡飛ばしてたよね!?(笑)」

須藤さん「今日もそうだったんだけど、康一くんってリハーサルで全部出し切っちゃうよね。
囚人かっこ良く紹介してねっつったら『うぃっす!分かりました!』とか自信満々に
言ってるのに本番になると(肩を張って腕をだらりのビートたけし風ポーズでしゃくれながら)
「ィロックンロールとぉ~!?」ってなっちゃうんだよね(笑)
そういうのじゃないから!頭に『ぃ』とか付けなくていいから!!」

ごにょごにょと弁明するコテイスイさん。
アイゴンさん「康一くん喋る時、ずっと俺の方見てんだよね(笑)」
須藤さん「アイゴンさんなら笑ってくれると思ってんじゃない?」←ひどい(笑)

お客さんから『宮っTea~!』って声援が飛ぶ。
須藤さん「だから宮っTeaじゃないから!宮っTeaって誰だよ!宮川くんだから!」

宮川さん、喋らずに定位置に戻ってマイクを通さず「ありがとう!」って。
宮川さんは須藤さんに「ピンクのシャツなんか着ちゃって!」っていじられてた(笑)
須藤さん「康一くん、そのTシャツ何て書いてんの?」
コテイスイさん「YES!!」
須藤さん「NOじゃないんだ(笑)」

須藤さん「・・・もう曲行く?」
斉藤さん「すぐ弾けるように用意だけしてるの。いつでも!」

「ダブリン」は静かで緩やかなグルーヴからサビでスパークするところが好き。
カオスの頃はまだ髭ちゃんのライブに行ってなかったから、たまにやってくれて嬉しい。

否が応でも期待が高まるあのイントロ。そう「ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク」!
めちゃくちゃ押されて苦しいはずなのに、何であんなに楽しいのか謎。
アイゴンさんとツアー回るようになってから須藤さんや斉藤さんが
ギターを交換してる間も音が途切れなくなって曲間の流れが良くなった気がする。

「イカしてる俺はxxx」は須藤さんが最前のバーに足をかけて身を乗り出してた。
ライブで聴くとパフォーマンスのアグレッシブさも手伝ってロック色が濃くなる曲。
『イカしてる俺は?』“スーパースター!”ってみんな楽しそう。

「ペインキラー」のハイライトは何と言っても宮川さんの本気の煽り。しかも近い!
いまだかつて観た事がないぐらいの激しさにはわわ・・・ってなってしまった。
でも、定位置に戻ってく時にお尻ふりふりしてて可愛かった(笑)

「家」は久しぶりにライブで聴いたけど、やたらテンポが遅く感じた。
あれ?遅い?と思ったら途中からもっと遅くなってきて、そっちに気が行ってしまった・・・

須藤さん「俺は?ストウ?ヒサシ!」宮川さんの丸っこくて柔らかいベースの音が聴こえてくる。
「ヒサシ.カリメロ」はアンニュイな雰囲気な歌声にふわふわ揺れる。

宮川さんのベースから始まるPOPでカラフルなイントロは「MR.アメリカ」!
ちょっと緩くてリラックスしたサウンドが心地いい。

アルバムタイトルにもなってる新曲「それではみなさん良い旅を!」はすごい盛り上がり!
無条件にハッピーになれるのに、ほんのり切なさが見え隠れする曲。アルバム楽しみ。

須藤さんが勢いよく撒いたボトルの水がきらきら反射してた「テキーラ!テキーラ!」
ハンドマイクでステージを端から端まで踊りながら練り歩く須藤さん。
サビでみんなで歌うようになってたのにちょっと面食らったけど楽しかった!

「虹」のイントロが来た瞬間、色んな感情が押し寄せてきてちょっとうるっとしてしまった。
でも笑顔でET!って言いながらお客さんと指を合わせてる須藤さんを見てたら幸せだなーって。
“僕はそう思うね。君達もそう思うよね!?”って話しかけるみたいにして歌ってた。
この曲は須藤さんの投げKISSに全部持ってかれてしまった。惚れてまうやろー!
「愛してるよ!愛してるぜ大阪!!」とか、普通にさらっと言っちゃうんだもん。

須藤さん「みんな楽しんでる?」

須藤さん「この間のどこだっけ?(とアイゴンさんに聞く)あっ山口か。その時も僕達の最高を
更新したと思ったけど、今日はさらに更新したよ!俺の生涯ベストアクトだよ!
でも明日長野でまたその最高を更新するんだろうけどね!」と(笑)

曲が終わってちょっと静かになったりするとすぐ「斉藤さーん!」と声が飛ぶ。

須藤さん「小斉藤ッ!!!またお前か!!!」
もう笑いすぎてお腹痛い。ちらっと見えたセキュリティスタッフさんも微笑してた(笑)
須藤さん「小斉藤!この中でいちばんお前が輝いてるぞ!小斉藤は世界にひとつだけの花だよ!」

須藤さん「週一ぐらいでいいから俺の名前も呼んでよ。そしたら小須藤に昇格するよ!」
斉藤さん「何か俺が格下みたいじゃん(笑)」
須藤さん「だって小フィリポになってどうすんの!?もう斉藤くん大阪住めばいいじゃん(笑)」

須藤さん「今日はありがとう。最後の曲です。君たちの歌だよ。ハートのキング」

本編ラストに演奏されたのは「ハートのキング」。始めから終わりまで、その全てに引き込まれた。
現実と虚無の間を行き来するような言葉の羅列と低く地を這うような音圧、
力いっぱい連打されるツインドラムに体中が痺れた。
最後、須藤さんが優しい顔をしてたのを覚えてる。

音を轟かせたままメンバーが袖にはけていく。すぐに拍手とアンコールが起こる。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ビールを片手にゆる~く6人が再びステージに。

須藤さん「いっぱい汗かいちゃった。ビショビショだったよ」って着替えたTシャツの左腕をまくる。

須藤さん「大阪に住みたいって思ってんだよね。大阪って筋があるじゃん。筋。
その筋で見上げたらきっと青空が広がってるよ」出た!須藤さんのどや顔!ふー!

「青空」を聴くと色んな思い出がこみ上げてくる。須藤さんの声がまっすぐ響く。
言葉のひとつひとつが心の中にすっと染み込んで広がっていく。
6人の奏でる音が重なって、深い深い海の中にいるような気分になる。

須藤さん「上がりたい?それとも下がりたい?下がりたいって事はないか」
斉藤さん「ためといて最後に上がる感じがいいんじゃない?」
須藤さん「じゃあちょっとキープする感じで行こうか」

須藤さん「じゃあ次は・・・歌います。次の曲はすごく久し振りにやるんだけど」
久し振りの曲って聞いてそわそわする。曲に行こうとしてなぜかストップしてしまう。
「久々すぎて忘れちゃった。Cね」とアイゴンさんと宮川さんにコードを確認する須藤さん。

どの曲が来るのかと思ったら、ずーっとライブで聴きたかった「電波にのって」でした。
ライブで聴いてもっとこの曲が好きになった。Chaosの頃のツアーってどんな感じだったのかなぁ。
曲が終わって須藤さんが「リハーサルでこの曲ばっかりやってて君達の開場が遅れるところだったよ。
でもリハーサルでいっぱいやった時より今のがいちばん良かった」って。


須藤さん「みんな知ってるかな?ボニー&クライド!」
ボニクラのイントロって何であんなにわくわくするんだろう。ライブでも何度も聴いてるのに。
すっかり熱々になったフロアからまた熱気が押し寄せてくる。須藤さんがビールをお客さんに渡す。

須藤さん「(メンバーに向かって)みんな思い残した事とかない?曲行っていい?」
言い残した事、ではなく思い残した事?ってちょっと笑ってしまった。

須藤さん「皆踊り足りてる?修行します?扉を開けるよ!」

ラストは「ダーティーな世界」。毒と媚薬が溶け出したような、サイケな音の渦。
意識がどこか遠くに連れ去られそうなこの感覚は髭ちゃんのライブでしか味わえない。
最高の瞬間が何度も訪れて、曲が終わる頃には不思議な高揚感がありました。

須藤さん「俺たちまだ始まったばかりだよ!」
ぼーっとしてた頭に、この言葉だけが引っ掛かったみたいに残った。

須藤さん「僕は今でも皆の事を探してるよ!この深い霧の中で!」

お客さんを労うように拍手する斉藤さん。
フィリポは「おおきに~!」って無邪気に笑顔を振りまく。

ステージを後にするメンバー。
フロアの皆の拍手がアンコールを求める手拍子に変わったけど、
しばらくしてスタッフさんが退場を促してライブは終了。
鳴り止まない手拍子がこの日のライブを何より物語っていました。

何の曲だったか忘れてしまったので書けなかったけど、
須藤さんがモニタの上に乗って回りながら華麗に飛び降りたり、
アイゴンさんにコーラスのマイクを向けられても宮川さんが頑として歌わなかったり、
アイゴンさんと斉藤さん仲良く並んでギターソロ弾いてたり見どころいっぱいでした。

ほんと、楽しかったー!5月に見た時も楽しかった!って思ったけど、
須藤さんが言ってたようにまた最高を更新してくれました。

髭ちゃんが元々持っていた毒々しくてカオスでシニカルな雰囲気に
無邪気さと笑顔という新しい武器も加わって、もう無敵だ!と思いました。
すっごくかっこいいのにちょっと切なくて、ハッピーになれるライブ。
来月出るアルバムもRADIO CRAZYも1月のJASONも待ち遠しいです。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2011.11.12 HiGE『TRAVEL IN WONDERLAND』@心斎橋BIG CAT
セットリスト(曲目は合ってると思うけど順不同です)

ギルティーは罪な奴
ロックンロールと五人の囚人
ブラッディ・マリー、気をつけろ!
ダイアリー
せってん
黒にそめろ
嘘とガイコツとママのジュース
寄生虫×ベイビー×ゴー!
ダブリン
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
イカしてる俺はxxx
ペインキラー(for Pain)

ヒサシ.カリメロ
MR.アメリカ
それではみなさん良い旅を!
テキーラ!テキーラ!

ハートのキング

青空
電波にのって
ボニー&クライド
ダーティーな世界

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*
[PR]



by pochi-17 | 2011-11-22 00:39 | Live | Trackback | Comments(27)

CLUB JASON!

髭、新作のジャケ写に謎の老人。本日11・11FM802でタイトル曲を初OA&
来年初の『CLUB JASON』を大阪で開催


勢い余って更新です。髭ちゃんニュース!

13日の金曜日にだけ行われる恒例の『CLUB JASON』が、
ついに1月、大阪で開催されます!!
ずっと東京で開催されてるのを羨ましく思ってたから嬉しい。
場所は心斎橋JANUSだそうです。チケット取れますように!
仮装とか一切した事ないんだけど入れるかな・・・って気が早いか・・・

新しくなったアー写もスーツでびしっとかっこいい!
それにしてもアルバムのジャケ写のおじいちゃんいい顔してるなぁ。

土曜はBIG CATで5月以来の髭ちゃんです。どきどきする!
[PR]



by pochi-17 | 2011-11-11 00:34 | 髭(HiGE) | Trackback | Comments(4)

RADIO CRAZY第二弾&日割り!

たまーに更新したと思えばいつもこんなのでごめんなさい。
あれもこれも書こうと思いつつ後回しになってます。そのうちに。
という事で、RADIO CRAZY第二弾&日割り出ました!

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

【29日】

阿部真央 / avengers in sci-fi / andymori / 木村カエラ
9mm Parabellum Bullet / サンボマスター / ストレイテナー
SEKAI NO OWARI / Nothing's Carved In Stone
NICO Touches the Walls / ねごと / THE BAWDIES
MAN WITH A MISSION / ONE OK ROCK / and more

【30日】

androp / エレファントカシマシ / OKAMOTO'S
サカナクション / The SALOVERS / SHERBETS / [Champagne]
the HIATUS / THE BACK HORN / 髭 / フジファブリック
フラワーカンパニーズ / Base Ball Bear / and more

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

うーん思ったより分散しなかったけど、これはこれで被りそうな予感が。
両日行くのは色々厳しいのでどっちか一日だけ行くとしたら30日かなぁ。
でもandymoriとサンボマスターとテナーとカエラちゃん・・・
好きなバンド同士を天秤にかけるようでなんか複雑。
とは言えオカモトズとシャンペイン観たかったからちょうどいいかな。
とりあえずハイエイタスと髭ちゃんだけは絶対被りませんように!
[PR]



by pochi-17 | 2011-11-02 00:27 | Music | Trackback | Comments(6)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新の記事

2017.5.28 髭「すげ..
at 2017-06-09 17:58
2017.5.27 髭「すげ..
at 2017-06-05 22:30
2017.4.20 Umed..
at 2017-05-04 15:48

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧