<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧




2013.7.15 WHITE ASH presents “HATTRIX”@umeda AKASOレポ

7月15日、梅田AKASOであったWHITE ASHの企画イベントに行ってきました。
“HATTRIX”と名付けられたこのイベント、大阪のゲストは髭ちゃんでした♪

先月のツアーファイナルで告知されたもののWHITE ASH聴いた事ないし、
どうしよう・・・って迷ってたけど、行って良かった!行かなかったら絶対後悔してた。
やっぱり私には髭ちゃんのライブが、音楽だけに浸れる時間が必要なんだって思った。
レポは相変わらず曖昧で後半かなりざっくりしてますがあしからず。

初めて行く場所だから早めに向かったけど案の定道に迷ってしまった。梅田の地下は迷路。
ホワイティの泉の広場に辿り着くのも一苦労。なぜか全然違う方向に歩いてた。
梅田AKASOはHEPの赤い観覧車が間近に見えるアーケード街の近くにあって、
手前の細い路地を歩いてたら寿司屋の前で黒塗りの高級車のドアが開いて、
怖そうなスーツ姿の男性が降りてくるような大人の街でした。

AKASOには無事着いたものの、開場前に再集合って言われて近くのTSUTAYAに。
まだちょっと早いかな・・・って待ってたらフォロワーさんにばったり。
開場10分ぐらい前に戻って待つ事約30分、やっと中に入れた。

AKASOさんロッカー500円もするし、入る時にフライヤー配るし、
コインで替えれるソフトドリンクは小サイズの水しかないし何だかな・・・
雰囲気的には京都MUSEに似てた。MUSEよりは広かったけど。
整理番号が189番で遅かったからどこで観ようか迷う。床の高さが3段になってたから
前より見やすいかなと結局下手側2段目のいちばん前の空いてたとこに。
ファンの割合は半々、もしくは若干髭ファンが多かったのかな?

何だかワクワクしてくるBGM。ステージのセッティングからして、先攻は髭ちゃん。
須藤さんのマイクにはオレンジと黄色のガーベラ。
BIG CATの時にコテイスイさんが持ってた緑の棒もまだ置いてあった(笑)

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

開演時間の頃にようやくサウンドチェックが始まる。音が大きくて耳やられそう。
10分ぐらい押してたのかな、BGMが止んでフロアの照明が落とされてSEが鳴る。

歓声が起こって薄暗いステージにぞろぞろとメンバーの人影が。
人数多すぎてもはやどれが誰かを瞬時に判別できない(笑)
さすがに私がいた所では押されなかったけど前の方はちょっと詰まったみたい。

えっと、恒例のファッションチェックはあまり覚えてない(と言うか見えなかった)けど・・・
須藤さんは羽根の付いたベージュのハットに黒いだぼっとしたシルエットのテディベアのTシャツ。
斉藤さんはピンクと青の柄シャツに細身のパンツ。
宮川さんは黒いハットに紺色から水色っぽい青系のグラデーションのシャツ、黒のパンツ。
アイゴンさんはストローの中折れっぽいハットに水色のシャツ、紺色っぽいネクタイ。
コテイスイさん、フィリポ、謙介さんはいつもの感じ(ごめんなさい)。

ライブが始まる、どんな音が耳に飛び込んでくるんだろうっていうその瞬間がたまらない。
メンバーがそれぞれ位置について鳴らされたのは「白い薔薇が白い薔薇であるように」のイントロ!
まさかこの曲がオープニングを飾るなんて思ってもなかった。いきなりの反則技にやられる。

コテイスイさんがゴミ箱のフタを被ってひょこひょこ踊ってた。
一見特撮ものの敵みたいな見た目なんだけど、よく見ると「ペットボトル・カン」って書いてた(笑)
そんなコテイスイさんに須藤さんが何やら耳打ちをしたと思ったらコテイスイさんが視界から消えて
お客さんに近付いたかと思ったらWHITE ASHファンの男の子を背負って出てきて、
そのままステージの上をぐるぐると歩き回るコテイスイさん。アイゴンさんに接近する(笑)
白薔薇のサビ前の一瞬静寂が訪れる所、オレンジ色のライトに後ろから照らされた
須藤さんのシルエットがすごくかっこ良くてぞくぞくした。

ステージの前に出てくる須藤さん。この間はもしや!と思ったら「ロックンロールと五人の囚人」!
ちょっと展開早すぎるでしょ今日!WHITE ASHファンも巻き込んで文字通り狂喜乱舞の形相。
大人しく観てるなんて無理!って思って様子を伺いながらちょっとずつ前へ。

アッパーなナンバーが続いて熱気が立ち込めてくる。「それではみなさん良い旅を!」
斉藤さんアイゴンさんのギターの乾いた音がよく似合う。
「ランチランチ、違う!梅田の時間だよー!」の歌詞変えに歓声が起こる。
ツアーも髭パでのDJもGATALIも、この曲には楽しい思い出しかない!

ふわりと吹く風のような温かくて開放感のあるギターのイントロ。「ブラッディ・マリー、気をつけろ!」
この曲、Twitter対談でのび太くんが好きだって言ってたなぁ・・・と思ってたら、ステージに乱入!
でものび太くん、すっごいナチュラルに入ってくるからしばらく気付かなかった(笑)
嬉しそうに歌ってる姿を観れて何だかこっちまで幸せな気分になっちゃった。

須藤さん「のび太!WHITE ASH!」

須藤さん「大阪最高だね!梅田(のび太みたいな発音)あ、発音違う?梅田か。一回潜るやつね。OKOK。
俺、梅田くんみたいな名前の友達多いからそっち行っちゃう。梅田ね、梅田。
大阪いつ来ても楽しい!大阪が一番最高かも。他の土地なんて行く価値もない!」

行く価値もないって言われちゃった(笑)
何だろう、嫌な事を言っても全然嫌味に聞こえないこの須藤マジックは。

須藤さん「髭のツアーがこの間終わったばっかりなんだけど、半月でまた大阪に戻ってこれて嬉しいです。
ツアーが終わるとなかなか来れないんで。今日は呼んでくれてありがとうございます!
ほんと最高だね!WHITE ASHのお客さん、いい人しかいない!
今日は初めてWHITE ASHのライブが観れるので楽しみです」と無邪気に笑う須藤さん。

「WHITE ASH。あれでしょ?ガッチャマンの曲でしょ?儲かってるんじゃないの?
(と言いながら指で輪を作る、笑)でも同じバンド内でも曲作ってるか
どうかによって配分違うからね。今度WHITE ASHが儲かってるところ見に行っちゃおうかな?」

MCでバンド内の収入格差を語るとは(笑)

須藤さん「次に演奏する曲はすごく久しぶりにやるから・・・」

久々の曲って聞いてそわそわした。聞こえてきたのは「僕らのさいご」のイントロ!!
でも始まってすぐに須藤さんがタイムを発令して宮川さんの元に(笑)
そしたら須藤さんが「やり直し!久しぶりだからね!」って。
この曲大好きだからイントロ2回聴けてむしろ嬉しかった♪フィリポが鍵盤弾いてた!
泣いてもさいご~♪って涙を拭う仕草する須藤さんが可愛すぎた。
何の曲だったか、歌詞に全然関係ないとこで力こぶ作ってアピールしてたり(笑)
この間はどぼどぼってなってた水を口に含んでの噴射も成功してた。

「ドーナツに死す」のイントロ、斉藤さんのリフを追うように入っていく須藤さんのギター。
髪から滴り落ちる汗がやけに色っぽい。この曲の独特なグルーヴは無限ループに思えてくる。

「ボーナス・トラック」の宮川さんのベースのフレーズを聴くと体が勝手に踊りだす。
エレクトロな鍵盤みたいな音がトリッキーなギターになってるライブアレンジの方が好きかも。
3対1で2点のビハインドのとこ、指で3、1、2ってやる須藤さん。最後は前に出てきて煽ってた。

須藤さん「WHITE ASH、髭、ここにいる皆。僕達と皆との事を歌った曲です」

そんな風に言った後で「せってん」やるなんてずるい。かっこ良すぎでしょ。
伏目がちに歌う須藤さんを見てたら急に昔の事を思い出してステージを見れなくなった。
悲しい時、よくこの曲聴いてたな。いっぱい助けてもらった。
間奏の前の須藤さんと斉藤さん、アイゴンさんのギターのフレーズが切ないんだまた。

タオルに顔をうずめてたら聴こえてきたのは「Acoustic」のイントロ。
この曲もまた今のアレンジの方が断然いい。
須藤さんが下手のお客さんに「E.T!」ってやってた。いいなー!
その一部始終を見てた斉藤さんがニカーッてすごいい顔して笑ってた。
最後の方、須藤さんが前に来て「まだまだ!」「気合だー!」って煽ってた(笑)
そう言えば後奏の歌詞があるようなないような歌い方のところ、何て歌ってたんだろう?

須藤さん「終わらないパーティー始めようよ!」

速いドラムのカウント。もしやDIY?と思いきや「髭よさらば」!
ドラムがスパークするとこで我慢しきれなくなってモッシュゾーンに突っ込んだ。
でもWHITE ASHの男子ファンのモッシュがすごくて結局4列目ぐらいの須藤さん前で自主規制。
髭ちゃんのライブって何であんなに楽しいんだろ。ストレスなんて一瞬で吹っ飛ぶ。
フィリポがハイジ印のフラッグ持って前でニコニコしながら振ってた♪

フィリポがアイゴンさんの隣でコーラスをする「ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2」
皆で一緒にコーラスに続く。ツアーの時とはちょっとノリが違って面白かった。
間奏でフィリポが前に出てタンバリンを左手の二の腕にあてて叩いてた。
ハリキリ2を聴くといつも転調する所で謙介さんを凝視してそわそわしてしまうんだけど、
「雪になる」のところで須藤さんがばっと手を広げてそっちに目が行った。
イントロとアウトロではまるで別の曲みたいになる。その場の空気をがらっと変える曲。

須藤さんのMC中、メガネを外して汗を拭く斉藤さん、わしゃわしゃと髪を整えて
ベースを拭いて、ピックをくわえて手をぶるぶる振る宮川さん。

須藤さん「HATTRIXってのに掛けてのび太から『PK戦やりませんか?』って言われたんだけど断った!
俺、サッカーやった事ないし、慣れないトーキックとかして足の親指痛めて
東京帰るのも嫌だなと思って。でもそのお陰で各バンドの持ち時間が増えました!
俺はNOと言える日本人だから!でも次はこんな曲。MR.アメリカ」

「MR.アメリカ」ポップでカラフルなイントロは髭ちゃんの得意技。フロアの皆も楽しそう。
この曲が持つ一体感、同じ方向に転がっていく感じはいつ聴いてもわくわくする。

一瞬の間の後の「テキーラ!テキーラ!」のイントロはまさに、きたーーー!!って(笑)
最近テキーラ熱がやばい。須藤さんが踊りながらステージの前を練り歩く。
乗り出した時に皆がわーっとそっちに流れて、その反動でこけそうになった。
けど、そんなの全然気にならないぐらい楽しかった!!

髭ちゃんのターン、ラストは「虹」。イントロ聴いただけでもうね、泣きそうになる。
須藤さんがすごくいい顔して歌ってるのを見ただけでぐっとくる。

「サンキュー!愛してます!愛してるよー!」後ろの人にも見えるように大きく手を振る須藤さん。
キスしておくれのとこ、髪を耳にかけてから頬をトントンってしてた。
斉藤さんがギター弾きながら気持ち良くなってどんどん反っていってた(笑)
あー、終わってしまうんだって実感と感謝の気持ちとが入り混じる。


演奏を終え、ステージを後にするメンバー。
すぐに慌しくWHITE ASHの機材のセッティングが始まる。

体力消耗しちゃったし、あとは後ろで観ようと下がったら物販にアイゴンさん発見。
何か買ってサインお願いしようかなって思ったけど小心者なので近づけず。
フォロワーさんを見つけた瞬間、二人して「僕らのさいごー!!」ってなって笑った。

15分か20分ぐらいして、再びフロアが暗くなってWHITE ASHのステージが始まる。
(東京のセトリしか見つからなかったのでかなりざっくりしてます。ごめんなさい)


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


WHITE ASHのお客さんは若い子が多かったけど、30代ぐらいの男性もちらほら。
フロントエリアのお客さんの待ちきれない感がひしひし伝わってくる。

序盤はアッパーな曲が続く。シンプルなロックサウンドなんだけど、
メンバーそれぞれの演奏が際立って、それでいてメロディアスでかっこ良かった。
のび太くんのルックスからは想像できない曲調ばっかりでびっくりした。
「Thunderous」かな、ちょっと9mmっぽいなぁって思う曲もあったり。

「Kiddie」の“歌い出せ はじまりの合図”の一体感はちょっと羨ましくなった。
「Paranoia」の低く潜るAメロBメロからサビで突き抜ける感覚が気持ちいい。

新曲の「Crowds」はガッチャマンの曲らしいんだけど、のび太くん曰く
関西ではOAされてないらしく「ガッチャマン見てください!とか言えない」と(笑)

「Stranger」みたいな曲だと曲を知らなくてものりやすかった。
「Velocity」はさすがに予習してたので大丈夫でした。

のび太くん「今日は憧れの先輩である髭の皆さんに出て頂けて本当に嬉しいです。
須藤さんとは去年のRUSH BALLで初めて会ったんですけど、
『須藤さんだ!!』って思ったら『よー!のび太!』って来てくれて(笑)
須藤さんはロックスターでカリスマ性があって・・・
さっき須藤さんが『せってん』の前のMCですごい上手い事言ってて、
僕もそんな風にMCしたいんですけど、僕は須藤さんじゃないし・・・
そしたら山さんが『のび太はのび太でいいよ』って言ってくれて(笑)
自分の大好きなバンドが自分達が企画したイベントに出てくれるなんて、
人生悲しい事もありますけど生きてるといい事もありますね」

のび太くんのMCは何だか応援したくなる。こんな風に言って貰えて嬉しかった。

のび太くん「HATTRIXは髭の皆さん、WHITE ASH、ここに来てくれた皆さんがいて
初めて完成するライブなので今日は来てくれて本当にありがとうございます。
HATTRIX!またやります!!明日!間違えた!来年!!」

次回は明日(笑)明日もやろうよ!もちろんゲストは髭ちゃんで!

のび太くん「・・・来年!次の準備させて!(笑)」

じらしてじらして最後に「Jails」持ってくるのずるいなぁ。上がるでしょこれは。
東京のセトリと多分大体同じで中盤、MCの後にバラードとミディアムが並んでたけど、
これが個人的にはいちばん好みでした。こういう曲も意外と似合う。

本編が終わって一旦ステージを後にする。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


しばらくして、ビブスに着替えたWHITE ASHのメンバーが出てくる。
のび太くん「ありがとうございます!ここでゲストを・・・須藤さん!」

須藤さんが再びステージへ。ステージ袖に髭メンの姿が見えてた(笑)

須藤さん「皆何着てるの?」
のび太くん「須藤さんも着ます?」
須藤さん「着たいよ!!」

のび太くんが自分が着てたビブスを脱いで須藤さんに着せる。

のび太くん「須藤さん、何でも似合いますね!」
須藤さん「オシャレ番長!」

須藤さん「WHITE ASH。のび太。しずちゃん。しずちゃんが
『もう、のび太さんのエッチ~!』って言わないと曲行かないよ?」

そしたら、ステージ袖で携帯片手に動画を撮ってた宮川さんが
スタスタと走ってきて何やら須藤さんに耳打ちする。

須藤さん「しずちゃん、『のび太さん、またなの?』だって!」

宮川さんの俊敏さと細かさ吹いた(笑)

のび太くん「須藤さん、悪ノリが過ぎます!(笑)しかもしずちゃんって・・・
彩ちゃんですから。せめてしずかちゃんって呼んで!」

須藤さん「だってあの人がそう言うんだもん。すごく詳しいよあの人!」

彩さん「・・・・・・もう、のび太さんのエッチ~!」

最後は須藤さんが好きだという「Pretty Killer Tune」をセッションしてくれました。
ポップでノリのいい“yeah yeah yeah yeah yeah”ってフレーズが耳に残る曲。
どこまでもハッピーな空間。楽しかったー!

須藤さんが「写真撮ろう!」って言って髭のメンバーを呼び込む。
アイゴンさんは先に帰ったみたいだったけど二階席で観てた謙介さんもステージへ。
フィリポもビブス着せてもらってた。フィリポ似合う!

フィリポ「yeah yeah yeah yeah yeah~♪」

皆「\yeah yeah yeah yeah yeah~♪/」

フィリポ「yeah yeah yeah yeah yeah~♪」

皆「\yeah yeah yeah yeah yeah~♪/」

フィリポ「待って!どうしたらいいのか分からない!(笑)」

須藤さん「写真どこで撮る?下降りる?」
あれこれと仕切る須藤さん、自分で「俺、今ジャイアンみたいだった!」って(笑)

スタッフさんがカメラ持って、記念撮影!と思ったらのび太くんが
「待って!今須藤さんがちょうど汗拭いてた!って!」と。須藤さん、そのタイミングで・・・(笑)

無理やりビブスをWHITE ASHのメンバーに返却するフィリポ。
熱い抱擁を交わす須藤さんとのび太くん。いい光景だったなぁ。

ステージを後にする髭、WHITE ASHのメンバー。皆笑顔でした。
どっちのライブもかっこ良かったし楽しかった!


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


・・・といつもならここでまとめてレポ終了なんですが続きがありまして。

終演後にフォロワーさんとそのお友達さんとしばらくお喋りしてたら
物販に須藤さんが出てきてくれて、こんなチャンス滅多にないから
グッズを買って須藤さんにサインしてもらいました( ; ; )
ベージュのハットに黒のモリッシーTシャツにグレーのスウェット、
黒のレザーのコンバース姿の須藤さん、きらきらオーラがやばかった。

待ってる間もう緊張しすぎて震えた。フォロワーさんに先どうぞ!って無理矢理順番代わってもらったし・・・
他の人を見てたら大胆にもハグしてもらってる人がいて、そんなのあり!?って思ったら
フォロワーさんが「私もお願いしようかな・・・私が行ったら皆行く?」って・・・ヽ(;▽;)ノ
フォロワーさんが須藤さんにハグしてもらった時は思わず皆で拍手してしまいましたヽ(;▽;)ノ

次に私の番になって、後ろに並んでた別のフォロワーさんから「頑張って!」って。妙な連帯感が(笑)
もうほんとに何を喋ればいいのか、須藤さんを前にすると頭が真っ白になった。


須藤さん「そのTシャツかわいいね!(ニコッ)」


もう第一声からハート撃ち抜かれて粉々ヽ(;▽;)ノ粉砕ヽ(;▽;)ノ


さり気なく、握手の手を差し出してくれる須藤さん。温かくて柔らかかった。

私「あっ・・・(サイン)お願いします・・・」
須藤さん、バッジを受け取りサインを書き始める。

私「ライブめちゃくちゃ楽しかったです。髭のライブを観てる時がいちばん幸せです」

須藤さん、サインの手を止めて笑顔で「ほんと?ありがとう!」って。

私「また奈良にも来てください!」

須藤さん「(ぱっと目を開いて)・・・奈良!奈良に前に行った時、お寺とか
色々回ったんだけど、ああいうの好きなんだよねー。また行きたい!」

私「また来てください!NEVERLANDで待ってます」

須藤さん「ありがとう!」

バッジを渡して、また握手の手を差し出してくれる須藤さん。

私「あの・・・」

須藤さん「んっ?」

私「・・・ハグしてください!」

須藤さん「もちろん!」

もうその後の記憶がない( ; ; )
ちゃっかり須藤さんの背中に手を回してたような・・・

須藤さん「ありがとう!気を付けて帰ってね!」

須藤さんの天使っぷりたるや・・・( ; ; )( ; ; )( ; ; )

フォロワーさん達も一緒に喜んでくれて泣きそうだった( ; ; )


その後、帰るに帰れなくて一部始終を見てたら今度は写真を撮ってもらってる人がいて、
またもや「そんなのあり!?」ってなって、皆でそーっと須藤さんに近付きまして。

私「写真お願いしてもいいですか?」

須藤さん「撮ろう!」

何ていい人なの( ; ; )( ; ; )( ; ; )

須藤さん、ルービー片手に写真に収まってくれました。
写真撮る時、須藤さんがこれまたさり気なく肩に手がヽ(;▽;)ノ
近すぎて完全に顔引きつってた・・・

写真撮ってもらって「何度もすみません・・・ありがとうございます!」って言ったら
逆に「ありがとう!」って言われちゃったよ( ; ; )どこまで優しいの( ; ; )
あんなの好きになるなっていう方が無理だ( ; ; )

物販にはのび太くんもいて、フロアには佐藤さんもいたけどほぼ須藤さんしか見えなかった・・・

ライブだけでも胸いっぱいだったのにもう髭ちゃんへの愛がだだ漏れでつらい・・・
そんなこんなでAKASO出たのが22時。
でもライブ前よりライブ後の方が断然元気になってました。髭ちゃんパワー恐るべし!
これからライブに行くか行くまいか迷った時は行こう!って心に決めました。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2013.7.15
WHITE ASH presents “HATTRIX”@umeda AKASO

髭セットリスト

01.白い薔薇が白い薔薇であるように
02.ロックンロールと五人の囚人
03.それではみなさん良い旅を!
04.ブラッディ・マリー、気をつけろ!
05.僕らのさいご
06.ドーナツに死す
07.ボーナス・トラック
08.せってん
09.Acoustic
10.髭よさらば
11.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
12.MR.アメリカ
13.テキーラ!テキーラ!
14.虹

---------------------------------------------

WHITE ASH HATTRIX@東京セットリスト

M1.Deadmans On The Dancefloor
M2.Thunderous
M3.Kiddie
M4.New Wave Surf Rider
M5.Paranoia
M6.Crowds
M7.Stranger
M8.Velocity
M9.Jails

encore
en1.Pretty Killer Tune
[PR]



by pochi-17 | 2013-07-23 23:43 | Live | Trackback | Comments(0)

2013.6.28 髭"QUEENS, DANKE SCHON PAPA!" TOUR 2013 ツアーファイナル 大阪BIGCATレポ◆前編

6月28日、心斎橋BIG CATであった髭のライブに行ってきました。
先月の磔磔からまる一ヶ月ぶりの髭ちゃんライブは何とツアーファイナル。
関西でファイナル迎える事ってめずらしいから本当に嬉しかった!
いつも通りなゆるゆるレポですがご了承ください。

難波のタワレコに行ってandymoriのサイン入りパネルを見て
TSUTAYAでスカパラと細美さんのフリペもらって、
Tigerでお髭グッズを物色してFOREVER21でも一目惚れした
お髭ネックレスを手に入れていざBIG CATへ。
京都ではスルーしてたグッズはパステルカラーのハイジタオルを購入。
開場15分前まで解散命令が出たからうろうろしてまた会場へ。

階段のとこで何人かフォロワーさんを発見。今回の整理番号は10番。
焦りすぎて入口でリアルメンのキーワードを言いそびれる凡ミス。
ドリンクを光の速さで交換して最前の宮川さん前辺りに滑り込む。
フロアの天井からはミラーボールのきらきらした光がステージ奥の壁に模様を描いてた。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

BGMは謙介さんセレクトだったみたい。
突然流れたPUFFYのアジアの純真にどよめきが。洋楽メインでビヨークとかも流れてた。
開演まで時間を持て余してたらお隣の女の子が声をかけてくれて少しお喋りしたり。
二人とも色違いでベビホT着てて、お揃いですねって。
これなら心斎橋歩けるって思って着て来たっていう理由まで同じだった(笑)

開演までTwitter見たりしてたけど落ち着かないしお腹痛いし疲れてくるし。
でもローディーさんのサウンドチェックが始まるとそわそわ。

誰かがTigerで仕入れて来たのか、お髭柄のテープがお立ち台、
フィリポの機材とアンプとドアに貼ってあった。
開演がちょっと押してたみたいでなかなか始まらない。
一通りのチェックが終わった頃、不意に袖から「おーっ!」って
気合いを入れてるような声が聞こえてきて周りがざわついた。

ふっと照明が落とされて、イッツショータイム。
真っ先に目に飛び込んできたのはTigerの髭柄の傘で
相合傘してるフィリポとコテイスイさん!か、かわいい・・・!
他のメンバーもぞろぞろとステージに。人数多くて目が散る(笑)

覚えてる範囲で恒例のファッションチェック。

斉藤さんは濃いピンク地に黒の三角柄のシャツ、黒っぽいデニム?のスキニー。

コテイスイさんはYESって書いてある黒のTシャツに緑のパンツ、黄色っぽいNBのスニーカー。

須藤さんは羽根の付いたベージュのハットに赤いチェックのテーラード襟のロング丈のシャツに
黒いロックT(バックに何とかTOUR1992ってプリント)グレーのスウェット、黒のレザーのコンバース。

宮川さんは黒のハットに黒地に白のストライプのシャツ、赤紫のネクタイ、黒のパンツ。

アイゴンさんは原色のメキシコっぽいカラフルな柄シャツ、黒のパンツ、黒のレザーの紐靴、
両手薬指にシルバーの指輪、左手首に黒いレザーにAIDAスタッズ入りのブレスレット。
(このブレスレットはTwitterのフォロワーさんのお父様の手作り品なのだとか!)
アイゴンさんギターもヒョウ柄のと「デザインあ」のステッカー貼ってあって可愛い上に
エフェクターとペダルを繋ぐケーブルがビビッドなピンクでこれまた可愛かった。
マイクにはトーキングモジュレーターがセッティングしてありました。

謙介さんは薄いイエローのトムとジェリーみたいなイラストのTシャツ、黒っぽいスキニー。

フィリポが持ってたベルをリーン!と高らかに鳴らす。
「ベルボーイの方はいませんかー!チェックアウトしたいんですけどー!」

そしたら皆で\ベルボーイ!ヘルプミー!/ってコールして、ライブの始まり始まりー!
一曲目とは思えない明るさとテンションとハッピーな空気に包まれる。
フィリポが傘を持って目の前に来てくれて、傘を突き上げたりくるくる回したりしてて、
その姿がリアルにトトロで癒された。傘をクラブに見立ててゴルフの素振りもしてた。
途中、下手にいたコテさんのとこに行って、交代交代!みたいな感じで強引にどかして(笑)
コテさんが今度は上手に!BIG CATって通路が狭くてステージも高くないから眺めがめちゃくちゃいい。
近くに来てくれたコテさんに手を伸ばす。コテさんちょっと照れたような笑顔で返してくれた♪

テオドアのイントロの心拍数が上がってく前のめりのビートは
タイトな謙介さんのドラムのスタイルにぴったり。
ドゥーワー♪のとこ、皆で一緒にコーラスするのが楽しかった!
須藤さんも前に来て煽る。どさくさに紛れて触れたー!
確かこの曲だったと思うんだけど、須藤さんが通路にマイク落としちゃって
思いっきりボン!ってなって、・・・あ!って顔してた(笑)

いつもライブのハイライト的な役割のAcousticが3曲目っていう流れが新鮮。
イントロが鳴った瞬間、歓喜の声があちこちから上がってた。
気怠いAメロからドラムがドン!って入るBメロの緩急がすごくかっこいい。
何度も繰り返される「このメッセージ聞こえるかい?」のフレーズを聴いてるうちに、
現実と空想を隔ててる壁がなくなってくような感覚に襲われる。
曲の終わりでマイクのケーブルをつまんで振り回して、手元に戻ってきた時にシュッと掴んでた!

須藤さん「大阪ー!!」

須藤さん「まさかの大阪ファイナル!これは迎えるしかないよね、オーガズム。
ファイナルをやるのに最も考えられないのが東京!」

ホワイトノイズのヒリヒリ、ビリビリするスリルのあるギターの歪んだ音と
須藤さんのシャウトするような歌い方、ほんとにかっこいい!
この曲だったか、須藤さんが目の前のバーに足をかけて乗り出した時、ぐらぐらしてたから
反射的に支えなきゃ!って思って、がっちり左足を掴んでしまったのだけど、
今になって自分のキモさに引いてる・・・須藤さんごめんなさい・・・
あと、須藤さんが水を口に含んだから霧状に噴射するのかと思いきや、どぼどぼって口からこぼれてた(笑)
一気に駆け抜けるような展開に置いていかれないようにフロアの皆も熱い演奏に応える。

さっきまでの空気感をがらっと変える、ポップでゆるいサウンド。寄生虫×ベイビー×ゴー!
歌いながらの須藤さんの一挙手一投足がいちいち可愛い。
サビの爆発力とエネルギーがやばかった!謙介さんのドラムが効いてる。縦ノリ楽しいなー。
サビのとこで斎藤さんがエビ反りの大ジャンプをキメててびっくりした!!
掛け合いのとこ、フィリポが椅子に上って指付きの指し棒で音程に合わせて指揮してた♪

寄生虫からのスローリーな地獄でもうテンション上がっちゃってギャー!って(笑)
AメロBメロの宮川さんのベースのフレーズがほんと気持ちいい!
この曲だったかな、宮川さんがベースソロで前に出て来た時にアイゴンさんが後ろから来て、
キメ顏でベース弾いてる宮川さんの頬を左からつんつん突ついてた(笑)
これには宮川さんも思わず笑っちゃって、定位置に戻った後に
アイゴンさんがごめんね!みたいな感じで笑ってた。アイゴンさんお茶目。

須藤さん「ゆっくり時間かけてやろうよ。明日皆休みでしょ?皆って事はないけど大抵の人はさ。
例えばこのくらいBPM落としちゃってもいいんじゃない?」

加速していくフロアをなだめるかのように、ゆるりとキングスバリー・マンクス。
髭ちゃんのサウンドは変幻自在でくるくると表情を変える。
高ぶって振り切りそうな時、照れ隠しみたいにさっと身を翻す。

アイゴンさんがブルースハープを吹く。昔のバージョンのサマータイムブルース!
リズムに乗って皆がクラップ。和やかでハッピーな空気に包まれる。
これがもし夢だとしても、目が覚めたりしないでって思った。

須藤さん「黒にそめちゃいます?」

このツアーでの黒にそめろは謙介さんとコテさんのツインドラム。
後ろからぐっと押される。 だんだん余裕がなくなってきて、ステージ見るのも
ままならなくて結構いっぱいいっぱいだったけど最高にかっこよかった!

須藤さん「ギルティーは罪な奴!」

コテさんがいそいそと前に出てくる。若干タイミングが早かった気が(笑)
上手に踊りにきてくれて嬉しかったな。あの一体感ったらない。
曲の終わりでコテさんがステージに仰向けになって、それを見つけた須藤さんが
コテさんの両足を持って謙介さんのドラムのとこまで引きずって行って、
バスドラに足を乗っけさせた状態でバーーン!って終わって笑った。


須藤さん「メンバー紹介!佐藤謙介FROM踊ってばかりの国!」
お客さんから\けんちゃーん!/と声援が。謙介さんがありがとうって応える。

須藤さん「ギター!アイゴン!」

アイゴンさん「今日、ここに来る時BIG CAT♪BIG CAT♪って歩いてって
楽屋に行くと『くるり』って書いてあるのね。
隣見たら『OKAMOTO’S』って書いてあって・・・BIG CATに行ったつもりが
なんばハッチに行っちゃってたの。俺、今度はくるりに加入すんのかと思った(笑)
・・・ずっとFOO FIGHTERSのタオル持ってる人がそこにいて。
俺もFOO FIGHTERS好きなのでさっきからずっと気になってます(笑)」

須藤さん「ベース!宮川トモユキ!」
宮川さん「(フィリポのマイクでフィリポの方を向きながら)皆さんこんばんは!」
フィリポ「何でこっち向いて喋るの?(笑)」
宮川さん「(マイクから離れて地声で)ありがとう!」

須藤さん「ドラム、フィリポ!」
フィリポ「大阪の皆さんこんばんは~!」
と、喋るフィリポの背後にさっきの傘を差したコテイスイさんが。

それに気付いた須藤さん「フィリポ!後ろ後ろ!」
フィリポ「(振り返ってコテさんを発見するやいなや)今いい!」
めずらしくあまりにもバッサリ斬ってて笑ってしまった。

須藤さん「ドラム、コテイスイ!」
コテイスイさん何喋ってたっけ・・・忘れてしまった・・・

須藤さん「ギター、斉藤祐樹!」
斉藤さんが高々とギターを放り投げてキャッチする。
斉藤さん「これぐらいテンション上がってます!」

斉藤さん「プライベートな話で悪いんですけど、
今日は俺の大事な友達が来てるんで紹介していいですか?」
何やらそわそわした様子の須藤さん。

斉藤さん「・・・須藤寿!」
目を輝かせて、キター!みたいな表情を浮かべる須藤さん。

須藤さん「名前呼ばれてこんなに喜ばれるなんて!嬉しいー!
ご紹介にあずかりました髭の須藤寿です!」とハットを胸にお辞儀。

須藤さん「最高だね大阪!大阪に来て、また関西ローカルの番組見ちゃった。
皆は小さい頃からああいう番組見てんでしょ?皆は純粋培養なんでしょ?いいなー。
あれでしょ、パ・パ♪って鳴ったらずっこけるんでしょ?
怪我しない上手なコケ方があるんだってね。俺も練習しよっかな?
ほんと、大阪に来るといっつも楽しい!
皆は大阪とかに住んでるからもしかしたら楽しくない時もあるかもしれないけど、
俺はいつ来ても大阪楽しい!観光気分のおのぼりさんだからかな?
大阪に来ると薄味のうどんとか食べたくなっちゃうんだよね」

須藤さん「今回は大阪に三日間いる!昨日来たでしょ?今日帰るのか。あれ?」
フィリポ「二泊三日!」
須藤さん「それが言いたかった!」

須藤さん「日曜の朝に作った曲。もしくは、明後日の朝の事」

軽やかなギターの透明なイントロ。サンデーモーニング。
歌い出しの須藤さんの優しい声を聴いてると思わず感情の波が押し寄せてきそうになった。
空を飛ぶように、波間を漂うようにゆらゆらと揺れながら聴いた。
後半の斎藤さんアイゴンさんのギターのフレーズがきらきら輝いてた。

なんとなくベストフレンドは今ツアーで聴いて印象が変わった曲。こんなにかっこいい曲だったんだ!って。
初期の頃の髭のサウンドに更に磨きがかかって、唯一無二の存在感を放ってる。
宮川さんのベースを合図に転調するとこがぞくぞく。思わずフー!って言っちゃうあれは。
間奏のところで宮川さんと謙介さんがアイコンタクトを交わしながら演奏してた。

かーらーの、ベース始まりのボーナストラック!宮川先生祭!
この曲もライブのアレンジの方が断然かっこいい。サイケデリックなギターが痺れる。
これだけわくわくできる曲もそうそうないってぐらいテンション上がる。大好き!

須藤さん「大阪に来る途中、すっごい雨降ってて雷とか落ちちゃったりしてて
大丈夫かな・・・って思ってたんだけど降らなかったね。俺は雨降っても全然いいんだけどね!」

何となく、皆の間で次はあの曲だなだなって空気が広がり始める。
だけど上手い事言いたい須藤さん「ちょっと待って考える!」って(笑)
少しして喋り始めたんだけど、やたら回りくどくて皆がくすくすし始めた頃、
ようやく!って感じになって「今そこのコーナー曲がったよ!」って(笑)
結局上手い事言ってたのかどうかよく分からなかった・・・

さっきあんなに笑いこけてたのにおかしいな・・・歌に引き込まれてうるっときた。
“同じ事の繰り返しさ 気がつけばもう にわか雨も通り過ぎた”って歌った時、
須藤さんが不意に優しく微笑んで余計に泣けた。

須藤さん「僕はカリメロ。名前は寿って言います」

長いフライトで疲れたよ、の歌い方はいつ聴いてもいいなぁって思う。ヒサシ.カリメロ。
謙介さんのドラムに合わせてフィリポがにこにこタンバリンを叩く。

須藤さん「アメリカに行きたいかー!」

コテさんがピンク色の細長い刀型のシャボン玉が作れるおもちゃを持って須藤さんの元へ。
コテイスイさん「虫よけ当番~♪虫よけ当番~♪」

須藤さん「コテイスイ!」
コテイスイさん「面白い物を持って来ました!」

須藤さん「それ先に言っちゃう!?自分でハードル上げてどうすんの!(笑)」
コテイスイさん「ツアー中色々買い足していって。小道具より楽器を買わないと(笑)」

ヘルメットを装着したコテイスイさんにサングラスを手にしたフィリポが迫る。
ヘルメットの上からサングラスをかけようとするも当然かけられなくて、
のけぞるコテさんがステージから落っこちないかひやひやした(笑)

あと、コテさんがどこのマイクで喋ろうか迷ってる時に
須藤さんが「斉藤くんのマイクで喋れば?」って言ったんだけど案の定届かなくて
一生懸命背伸びしてたのが個人的にかなり可愛くて萌えました。
須藤さんに「マイク下げれば?」って言われて最終的にマイクが下げられてた(笑)

須藤さん「次の曲では康一くんが客席にダイブするんでしょ?」
コテイスイさん「AXで飛ぼうとしたら思いのほか通路が広くて(笑)」
須藤さん「康一くん、背中から飛んでよ!」
コテイスイ「いやそれは危ないんじゃないかなぁ・・・」

須藤さん「飛ぶの?飛ばないの?」
斎藤さん「まぁ予定調和だから。ほら、Tシャツに『YES』って書いてあるじゃん!」
コテイスイさん「・・・斎藤さんも飛びます?」
斎藤さん「いや俺は遠慮しとく(即答)」

コテイスイさん「これ(さっきの刀)もやりたいし・・・」
須藤さん「それは後でいいから!曲が始まったら飛んで!」

渋るコテイスイさんを強引に説得した須藤さん。
コテイスイさん「飛びます!飛びます!」

MR.アメリカのイントロが始まるや否や、コテさんが客席にダイブ!
もみくちゃになるコテさん。5列目ぐらいで敢えなく沈む(笑)
その後は全然見えなくなっちゃった・・・コテさんも皆も大丈夫だったのかなぁ・・・
間奏のところ、手拍子してたらフィリポと謎に見つめあってしまった。

コテさん不在のままハリキリ坊やのイントロ。
あれ、いなくてもいいの?と思ったけど誰も何も触れない。
じわじわとパワーゲージをフルに溜めての爆発力は凄まじい。

次のアルペジアのあたりでようやくコテさんが帰還。
フロアの隙間を縫うように歩いて戻ってきた。

須藤さん「思いっきり頭叩かれてるけど(笑)」
コテイスイさん「ヘルメット被ってるんで安全です!」

アルペジアのドリーミーな空気感は暖かくて心地よくて、どこか遠い場所に連れ去られそうになる。
この曲だっけ、コテさんがさっきの刀を取り出してシャボン玉を飛ばしてたんだけど、
筒が細いからなかなか液が付けれなくて、真面目な顏で四苦八苦してるのがおかしかった(笑)

曲が終わってコテイスイさん「・・・手がせっけん」
須藤さん「・・・何?何言ってんのか全然分かんない!」

須藤さん「さっきの二曲で足りてるの?皆の足腰壊しちゃおうかな?」

フィリポがハイジ印の旗を手に目の前に。髭よさらば!
旗を振るフィリポのチラチラ見えるお腹と、切りっぱなしの旗から時々落ちて来る糸屑が気になる(笑)
フィリポご機嫌に踊ってて、お尻ふりふりしててかわいかった~
あとフィリポの被ってたキャップを投げると見せかけて投げないっていうのは何プレイですか?
終わり際の宮川先生のベースも鬼のようにかっこよかった!

ステージ中央の前に出てきた須藤さん。一瞬ためてギターを掻き鳴らす。ロックンロールと五人の囚人!
あれは絶対確信犯!歓声が上がった時にフロアの皆を見てめっちゃいい顔して笑ったもん。
ま、そんなところも好きなんですけど。ずるいずるい!
この曲の盛り上がり方はやっぱりすごい。熱気が後ろからむわっと押し寄せてきた。

須藤さんの横にコテイスイさん、アイゴンさんの隣にフィリポが立って、皆でコーラス。
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2。メンバーと一緒に皆も歌う。
あの、雪になるのところのフレーズは本当にいつ聴いてもぐっとくる。
音と一緒に感情も溢れ出してくる。 謙介さんのドラムから目が離せなくてずっと見てたら、
この日も顔をくしゃくしゃにして叫ぶような表情でドラムを叩いてた。
でも、落ち葉の歩道にのとこで落ちてくる髪が邪魔だったのか、叩く度に直してた(笑)

フィリコテコンビが再びステージの前に。本編ラストはダンケシェーン・オブリガード!
やっぱりあの振り付けかわいいよ~ダンケッ(`_´)ゞシェン!(`_´)ノ

BABY BABYってAメロの入りもかわいい。音源ほしい!オーサカオブリガード!
サビ前の須藤さんの「・・・ダンケシェン」から音がスパークするところもかっこよすぎる。
・・・と思ったらフィリポが目の前のバーに上って、伸ばしてた私の手をがしっと掴んで超接近。
立ち上がったフィリポと私と隣の女の子の三人でなぜか恋人繋ぎみたいになってしまった・・・
これがもし須藤さんだったらなぁって思ったのは内緒。でも楽しかったからいい!

間奏のあたりで宮川さんがコテさんのグラサンをおもむろに装着してたんだけど、
サビが来て一発振りかぶった瞬間に綺麗に吹っ飛んで、一部始終を見てた謙介さんが爆笑してた。
その後でまたアイゴンさんが拾ってかけたものの置き場所に困ってるし(笑)笑いすぎて涙出た。

何の曲だったか、須藤さんが少し前Twitterに写真を載せてた変な目が描いてある
メガネをかけてて、正直気持ち悪い・・・とか思ってたらおもむろにそのメガネを
カチューシャみたいに頭に乗っけたんだけど、一瞬にしてめちゃくちゃ素敵に見えて
膝から崩れ落ちそうになった・・・何だったんだあれは・・・

曲が終わり、ステージを後にするメンバー。
すぐにアンコールの手拍子が起こる。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*
[PR]



by pochi-17 | 2013-07-04 23:59 | Live | Trackback | Comments(0)

2013.6.28 髭"QUEENS, DANKE SCHON PAPA!" TOUR 2013 ツアーファイナル 大阪BIGCATレポ◆後編

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、袖に明かりが見えて再びメンバーがステージに。手にはスーパードライ。

フィリポ「ありがと~」
須藤さん「各地で言おうと思ってたのに言い忘れてた事があって。今日はちゃんと言います。写真撮ろう!」

メンバーがぞろぞろ前に集合する。ステージに寝転がるアイゴンさん、
リラックスして座る斎藤さんを尻目に腹筋ポーズをキメるコテさん。
須藤さん、謙介さん、フィリポはステージを降りて通路に。謙介さん宮川さんが目の前に。近い!
謙介さん細い!ゴールドの透かし模様の三角ピアスしてて髪さらさらだし女の子みたいだった。
宮川さんはビール持ったまま降りてきちゃって、邪魔になるからお客さんに持たせてた。
ビールちょうだいって言われて「写真撮る人に怒られるからダメ」って。
コテさん、なかなか撮らないから腹筋ポーズで「つらい・・・」って漏らしてた(笑)
宮川さんが至近距離すぎて顔が引きつりそうだった。30センチぐらいのところにいた!
写真撮影が終わって宮川さんがビールを回収してステージに上がる。
背が高いからステージに腰掛けてそのまま足を上げるだけで上がれてた。

須藤さん「この写真は覚えたてのFacebookとかTwitterに載せるからね!」
斎藤さん「俺の携帯で撮ったから写真ほしい人はメールください!」

須藤さん「チケット代払って観てもらってるのなんて本編まで!アンコールは遊び!皆が大好きな遊び!」
斉藤さん「須藤の悪いとこ出た!(笑)」

何とも須藤さんらしいと言うか、敵を作りそうで作らないこの感じ好きだなぁ。

斎藤さん「胸が熱いです。ファイナルとか別にいいんですよ。皆が楽しんでる顔を見れたら。なんちて!」

頭上で振り回すと音が鳴る緑カーブしたの長い筒(メロディーパイプと言うのだそう)を
斎藤さんが振り回す。須藤さん「斎藤くん、ありがとう~♪って言ってるの?」

須藤さんも「皆がいい顔してて嬉しい!」って言ってくれたけど、
それはきっとステージにいるメンバーがすごく素敵な笑顔だから自然と皆にもうつるんだよ。

須藤さん「ほんと、大阪に住んじゃおっかな。大阪にはまたすぐに来れるんだけど」
斎藤「これは俺から言わせて。7月15日、15日で合ってる?(袖のスタッフに確認する)
梅田AKASOでWHITE ASHとふたつでやります。なので7月にまた来日します」
須藤さん「WHITE ASH。のび太知ってる?のび太の目が3になるまでいじめてやろうって思ってます」


須藤さん「あまりツアーでやってなかった曲を」

そわっとしたけど京都でも聴いたツァラトゥストラだった・・・
この曲、決して派手ではないんだけど内に秘めた感情の
揺れ動きみたいなのが透けて見えて時々苦しくなる。

一瞬の静寂の後に響いたのはテキーラ!テキーラ!のイントロ。
これは一番テンション上がったヽ(;▽;)ノ歓喜ヽ(;▽;)ノ

BIG CATで聴くミラーボールから悪魔の子守唄は格別。踊りまくった!
近くにいる須藤さんの手に触れそうで触れないなぁ・・・って思ってたら、
こっち見てニコッとしてくれた(;_;)惚れる(;_;)

須藤さん「俺が言いたいのは、それではみなさん良い旅を!ってこと!」

ジャキジャキのギターのイントロ。言うまでもなく、それではみなさん良い旅を!
ランチの時間だよー!のところを地名に変えるテクずるい!絶対上がる!
宮川さんも上手のお立ち台に上って目の前でベース弾いてくれた♪
アイゴンさんも近かった~左手の指のタトゥーもよく見えた。

すごくすごく楽しいんだけど、頭の片隅でもうすぐライブが
終わっちゃうんだなぁって実感が急にふつふつと湧いてきて切なくなる。

演奏を終え、ステージを後にするメンバー。
またすぐにアンコールを求める手拍子。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、メンバーが再び登場。

須藤さん「このツアー、まだどこもやってない曲を。ちゃんと出来るかなぁ?」

イントロが鳴った瞬間、わぁっと歓声が上がる。夢でさよなら。TIWツアーの奈良ライブぶり。
久しぶりに聴いたけど、いいなぁこの曲も。僕らはどこまでも行けるさ、って言葉をずっと信じてたい。
ふと謙介さんの方に目をやると、ドラム叩きながらずっと歌ってた。

ツアーファイナルのラストを飾ったのは虹。カラフルなライトがステージを照らしていて、
キンブラとの対バン、同じBIG CATで初めて虹を聴いた時の事を思い出した。
あれから3年が経つけど、今も変わらず(人数は増えたけど)
こうしてステージに立ってくれてる事が何より嬉しかったなぁ。

須藤さん、心配しないで 慌てないで くつろいで♪の、くつろいで♪のとこ、
ほんとにステージの上で素早くごろ寝ポーズ取っててめちゃくちゃ可愛かった・・・
ふと袖の方を見たらスタッフさんがコテさんのグラサンをかけてて、スタッフさんの愛を感じました。
須藤さん、何度も何度も愛してるよー!って言ってくれたけど愛してるのはこっちの方だよ(;_;)
遠くの人にも見えるように、笑顔で大きく手を振る須藤さん。
かと思えば「そこのいちばん可愛い子!」って屈託なく笑ってる。

須藤さん「ありがとう!アルバム作ってまた大阪に来るよ!」

ステージを後にするメンバー。謙介さんがフロアにスティックを投げ込む。

斉藤さんとアイゴンさんがステージに残る。
二人してギターの残響にエフェクトをかける。斎藤さんの音に合わせて
アイゴンさんがカクカクとパントマイムみたいに踊ってたの可愛かったなぁ。
先にアイゴンさん、最後に斉藤さんがステージを去る。
ギターの残響がステージをひとり占めする。

ローディーさんがやってきて、アンプの電源を落とすとライブもおしまい。
フロアが明るくなり、SEの魔法の部屋が流れる。

ひとり、またひとりとフロアから人が減っていく。
魔法が解けたみたいに皆が別々の場所に戻っていく、
JASONのパーティーの後に感じた寂しさみたいだなぁってふと思い出した。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

フロアから出ると物販のところにアイゴンさんがいた。
でも時計を見るともう21時45分だったから帰ってきちゃった・・・

ライブの帰り道はライブのことで頭と心がいっぱいになる。
いつも同じ事しか言えないけど、ありがとう!って伝えたくなる。
楽しくて、かっこ良くて、お茶目で、たまにうるっとさせられる。
ライブを観る度に、前よりもっともっと髭ちゃんの事が好きになる。本当に魅力的なバンド。
髭というバンドに出会えて本当に良かった!と実感したツアーファイナルでした。



"QUEENS, DANKE SCHON PAPA!" TOUR 2013
ツアーファイナル 大阪BIGCAT セットリスト

ベルボーイ!ヘルプミー!
とても愉快なテオドアの世界
Acoustic
ホワイトノイズ (Tokyo)
寄生虫×ベイビー×ゴー!
スローリーな地獄
キングスバリー・マンクス
サマータイム・ブルース
黒にそめろ
ギルティーは罪な奴
サンデー・モーニング
なんとなくベストフレンド
ボーナス・トラック
青空
ヒサシ. カリメロ
MR.アメリカ
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
アルペジア
髭よさらば
ロックンロールと五人の囚人
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
ダンケシェーン・オブリガード

ツァラトゥストラ
テキーラ!テキーラ!
それではみなさん良い旅を!

夢でさよなら


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

BGM PLAYLIST (before and after the gig of HiGE)

< Fri 28 June >
Selected by KENSUKE SATO

ugly pray / 54-71
... HEY FUCK YOU / beastie boys
P / odd futuer
Everybody's on the run / noel gallagher's high flying birds
RISE TO THE SUN / alabama shakes
the race / cajun dance party
Blue cassette / friendly fires
Kids / mgmt
Baby / devendra banhart
アジアの純真 / PUFFY
the wilhelm scream / james blake
unravel / bjork
unravel / pop etc
web of me / the internet
typical / mutemath
wait until tomorrow / the jimi hendrix experience
live it up / pop etc
I still remember / bloc party
free salute / little barrie
Weird fishes/Arpeggi / radiohead
Georgia / yuck

魔法の部屋 / 髭
cinema nostalgia / 久石譲
let down / radiohead
夕日の瀬 / terry king
66db / yuki
aqua / 坂本龍一
アシタカとサン / 久石譲
close to you / the carpenters
don't know why / norah jones
videotape / radiohead
[PR]



by pochi-17 | 2013-07-04 23:58 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

2017.11.16 GLA..
at 2017-12-01 21:50
2017.11.20 GLA..
at 2017-11-23 22:00
2017.11.9 髭×OG..
at 2017-11-19 21:50

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧