<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧




2014.1.25 髭「Party Mustache」@大阪JANUSレポ前編

1月25日心斎橋JANUSであった髭のオールナイトイベント、Party Mustacheに行ってきました。
いやー、とにかく濃かった。大好きな人達と大好きな音楽と過ごす夢みたいな時間でした。
私にとっては髭のフィリポを観る最後のライブで、参加する前はどんな気持ちで行けばいいのか
正直整理が付かなかったけど、やっぱりアイゴンさんの時みたいに明るく見送りたいなって。
記憶が色々吹っ飛びすぎてレポとも言えないレポですがお許しを。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

雨の心斎橋、深夜24時。
日付が変わった頃、大人だけが参加する事を許されるイベント、それがParty Mustache。

入場待ちの時にフォロワーさんを発見。皆お洒落だし可愛かった!
薄暗いフロアに入ると飯室さんがDJブースで曲を流してた。
割と最近の洋楽中心のプレイリストだった気が。
番号遅かったからどこで観ようか迷ったけど斎藤さん側の端に。
ステージ中央にはガーベラが飾られた須藤さんのマイク。

開演時間を過ぎてしばらくした頃、DJが終わってライブが始まる。
お馴染みのミラクルズのSEが鳴ってざわめきが消えて、少しフロア内の密度が上がる。
続々と登場するメンバー。暗くて誰か分かりにくかったけど斎藤さんと須藤さんはすぐ見つけた。
メンバーも割とフォーマルっぽい衣装で素敵でした。須藤さんの青緑のシャツが目を引く。
斎藤さんや須藤さんがお揃いでフェザーバッジ着けてた。
フィリポ、丸っこいハットと黒ベースのクラシカルな衣装が可愛い。

分かってはいたけど6人になった髭ちゃん、ステージにアイゴンさんはもういない。
JANUSは雰囲気は好きだけどステージ低くてドラムが見づらいのが難点。
アイゴンさんがいた位置にパーカッションと簡易的なドラムセットのフィリポが。
各々が立ち位置についたらライブが始まる合図。

聴こえてきたのは「MR.アメリカ」のポップでカラフルなイントロ。
夜の雰囲気に染まっていたステージをみるみる明るく変えていく。
フィリポがにこにこしながら前に出てきたのを見て、今日は楽しもう!って決めた。
皆お洒落して来てるから押しはなかったけど、すぐにフロアが熱くなってきた。
「ブラッディ・マリー、気をつけろ!」の頃にはすっかりハッピーな空気に包まれてた。

コテイスイさんが会釈しながらいそいそと前に出てくる。
「溺れる猿が藁をもつかむ」。宮川さんのイントロのベースがドキドキ感を煽る。
もうすっかりいつもの髭ちゃんのライブ。気付けば手を上げてた。

須藤さん「こんばんは、髭です!」

「ART-SCHOOLとの対バンで福岡、広島、名古屋に行って
一旦大阪を通り過ぎて戻ってきました!(おかえり!)ただいま!
東京でParty Mustacheやって、ART-SCHOOLとの対バンで
三ヶ所廻ってやっとハイハイができるようになった。
アイゴンさんが抜けて六人になっても立てるんだなって。
東京のParty Mustacheはギター弾くのに必死だったもん」

「…フィリポ!もうすぐ髭を脱退します!」

フィリポ「2月いっぱいで髭を辞める事になりました。
大阪には何度も何度も来て、関西弁も上手くなったしタコ焼きも食べ飽きました。
髭をやめる理由はー、ドラムひと筋でやっていきたかったからです」

須藤さん「フィリポが脱退するって知って、それこそ泣いちゃうファンの子とかもいたかも
しれないじゃない。フィリポはさ、脱退しようって思った時、むせび泣いたりしなかったの?」

フィリポ「泣かなかったね。ビールもう一杯飲もうかな、みたいな」

須藤さんのフィリポへの雑な話の振り方もある種の愛情表現なのかな、なんて。
ちょっとぐらい泣こうよフィリポ!って思ったけど、案外大人なのね。
フィリポ、今日はライブが終わったら飲める!って嬉しそうだった。

やっと須藤さんの口から3月の阿倍野ライブの告知も。

須藤さん「3月に阿倍野でイベントに出ます。その時は今日以上にお洒落して来てね。
他のバンドから『あれ?髭のファン、あれ…?』って思われるぐらいに」と。

「ここからの5曲はDECADEのアンケートで人気のあった曲を」

何が来るんだろう、と思ったら「夢でさよなら」!
でも何度もライブでは聴いてるし、それほど驚きはしなかったんだけど、
聴いているうちに今までとは違った響き方になってる事に気づいて色々込み上げてきた。
今聴くと胸に迫ってくるフレーズだらけだった。僕らはどこまでも行けるさ、って。

「テキーラ!テキーラ!」のイントロでわー!ってなったんだけど、
アイゴンさんがいなくなって、須藤さんがギター弾きながら歌うようになってた。
見慣れてないからすごく不思議な感覚。いつも須藤さんがふわふわ踊りながら歌ってたから。
いつの間にか斎藤さんが楽しくなっちゃってスイッチ入って須藤さんの代わりに踊ってた。

「虹」でも須藤さんがギター弾きながら歌ってた。嬉しいようなちょっと寂しいような。
近くにいた女の子がこの曲で思いっきりヘドバンしてて思わず二度見してしまった…
“確かめよう時は満ちた 怖いものは何もないよ”って言葉が今のバンドの状況と重なった。
いつもこの曲を聴くと笑顔なのに涙がこぼれそうになる。髭ちゃんの事が愛しくなる。

「僕たちと皆の歌です」と須藤さん。歌い始めたのは「せってん」。
思い出しただけでその時の気持ちが溢れそうになる。
泣きたくなくて目を閉じてうつむいて、優しい音にくるまれてた。
ふとステージを見上げると斎藤さんが心地よさげな表情でギター弾いてたっけ。

須藤さんの語りから流れるように歌に入る「ヒサシ.カリメロ」。
“日本中を旅してきました。ナビゲーターは僕、須藤寿です!
大阪!!好っきゃねん!長いフライトで疲れたよ~♪”

これにはさすがに吹き出してしまったら斎藤さんも顔をくしゃっとして笑ってた。
フィリポも前に出てタンバリンで皆とひとつになってリズムを作ってた。

前に出てくるコテイスイさんとフィリポ。「オニオン・ソング」聴けて嬉しかったんだけど
同時にすごく切なくなってしまった。皆笑顔で楽しかった分だけ余計に。
ニコニコしながらお客さんにマイクを向けるフィリポ。それを笑顔で眺めるメンバー。
オニオンソング久しぶりに聴いたけど、相変わらずコテイスイさんの歌い方がロックしてて笑った。
あと須藤さんが早口で「エビバデレツゴー!」って言ってたのすごい可愛かった。

でも「それではみなさん良い旅を!」を聴いてたらまた気持ちも少し軽くなって、
やっぱり髭ちゃんのライブって楽しいなぁって。テンション上がりすぎて両手上げてた。
須藤さん“ランチランチ、ディナーの時間だよー!”って。

コテイスイさんが再び前に出てくる。「下衆爆弾」久しぶりに聴けた!
斎藤さんの低くうねるギターが最高にクール。コーラスも歌ってた。
よく見えなかったけどこの曲は謙介さんとフィリポでドラム叩いてたのかな?
歌が終わった後、ドラムに戻るコテさんの背中をすれ違いざまにフィリポが笑顔で労うように叩いてた。

ライブもいよいよ終盤。「ロックンロールと五人の囚人」の須藤さんのギターの入り方いいなぁ。
そういう気持ちで聴いてたからかこの曲の歌詞も、何だかいつもとは違って聴こえた。
この曲だったっけ、フィリポがハイジの旗持ってきて振り回してた。

ラストは「ダーティな世界」妖しいギターの音色がゆらめいて、異世界へワープしそう。
体が勝手に動くあの感覚。ヒール履いてたのも忘れて踊った。

須藤さんが「ありがとう。まだまだ夜はこれからだよ!」って。

斎藤さんは「JANUSはご飯も美味しいからぜひ食べて行って下さい。
…今夜は俺の奢りで!とは言えないけど」と。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。
しばし休憩と転換を兼ねた歓談タイムに。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ライブが終わるとライブ前とはまた違うざわめきがフロアに戻ってくる。
3、40分ぐらいしてからかな、幕が開いて今度はトークタイムに突入。

…なんだけど、出てきた宮川さんが完全に出来上がってた(笑)
そんな短時間でそんな風になる?ってぐらい目の周りまで真っ赤。
お客さんの宮っTeaコールに応える宮川さん。
昔は宮っTeaじゃない、小さい「っ」はいらん!宮Teaだ!とか言ってたのにな~
(あれ?宮Teaとか言ってたのは須藤さんだったかな…記憶が…)

トークタイムの司会は二年前に引き続きFM802DJの飯室大吾さん。
進行役の補佐としてムーミンに出てくるニョロニョロの被り物をした人もステージに。

座り順ちゃんと覚えてないけど左から飯室さんコテさん斎藤さんフィリポ
須藤さん宮川さん謙介さんだったかな?フィリポの手にはビール。
ニョロニョロがトークテーマが書かれたカンペを持っててそれをめくっていく形でした。

「10周年おめでとうございます!」という話で大阪から人気に火が付いたって須藤さんが言ってた。
「10年間の事件簿」というテーマで皆がじっと考えてる中、フィリポが即答で思い出した!って。

フィリポ「何かのフェスで会場入りする時に渋滞に巻き込まれて、
ライブの20分ぐらい前に会場に着いて走って行ってそのまま即本番って事がありました」

須藤さん「ラブシャかな?SWEET LOVE SHOWERだったよね確か」

斎藤さんは「昔のマネージャーが何かと問題の多いマネージャーで、
初めて大阪に来た時にちょっと人と肩がぶつかっても怒らないようにって
先に注意してたのにも関わらず、すぐ通行人と肩がぶつかって
何だテメェおら!ってなって代わりにすみませんって謝りました」と。

斎藤さん「あと初めてフジロックに出た時にクーラーボックスに缶ビールを
いっぱい詰めて会場入りしようとしたらスタッフパス下げてるのに止められて、
だったら上にタオル被せてビール見えなくすればいいじゃん?って
中学生的な発想でもう一回行ってみたけどやっぱり止められた」と。

ひと通り話したところで斎藤さんが「これ話しちゃってもいいかな?」って。
「ツアーで札幌に行った時にフィリポがキャバクラにはまってて、
道で売ってた綿飴を買って持って行こうとしたら道が凍ってて思いっきりこけて。
前に倒れるんじゃなくて綺麗に後ろに転んだよね(後頭部が危なそうなこけ方だった)」

フィリポ「その時に手をついたらぐねって。でもそんな事でドラム叩けなくなったなんて
言えないから本当は痛かったけど痛くない振りして叩きました!」

須藤さん「何で綿飴買って行こうと思ったの?」
フィリポ「いやー、喜んでくれるかなぁと思って(笑)」

須藤さん「康一くんも肋骨折った事あるよね」
コテイスイさん「福岡のライブでステージから落ちて。その時は大丈夫だったんだけど
次の日の朝息を吸ったら痛くて病院行ったら折れてました」

須藤さん「漫画とかで穴に落ちる瞬間、足がこう(何重にも前後してる)なってるのあるでしょ?
あの時の康一くん、まさにあれだった(笑)フィリポもステージから落ちて脚骨折したよね?」

飯室さん「こんなにリズム隊が骨折してるバンドもいないですよ(笑)」
須藤さん「俺とか斎藤くんとかだったらこれ以上行ったら危ないなってステージの
ギリギリの距離感が分かるんだけど、この2人は分かってないから(笑)
あと、ライブ中は足元に踏んじゃダメなやつとかいっぱいあるのに、
フィリポが通るとフィリポが通った痕跡が残ってる」と。

話の途中でフィリポが立って、須藤さんがどこ行くの?って聞いたら「ビールなくなった」って。
でも袖に向かったのにすぐ戻ってきて「スタッフさんが注いでくれるって!」と。
フィリポのコップを見た須藤さん「まだ半分入ってるじゃん!(笑)」

続いてのトークテーマは「フィリポ太った?」

須藤さん「フィリポに太った?って聞いても絶対に太ってない!って言うんだけど太ったよね?」
フィリポ「家に体重計がないから分からない。でもただ太ったんじゃなくて、
この10年間、お金をかけて少しずつ太ったんですって事を言いたい!」

トークではお客さんからの質問コーナーもあって「好きなお酒は?」という質問が。

謙介さんは「日本酒」と。須藤さんが「この間、謙介が日本酒と
焼酎の水割りを交互に飲んでて70年代の男前かと思った」と。
「梅酒とかは?」って聞かれて「梅の味が苦手で…」と謙介さん。

宮川さんの好きなお酒はシャンパンだとか。
フィリポが「またかっこつけちゃって~宮川くんがシャンパン飲んでるの見た事ない!」って。

宮川さん「外ではあんまり飲まないけど、家でパスタ作ってシャンパン開ける」
フィリポ「家でシャンパン開けたら栓が飛んで蛍光灯割れちゃうんじゃない?」
飯室さん「今時蛍光灯剥き出しの家ってあんまないですけどね(笑)」
斎藤さん「事務所みたいなやつ?」
フィリポ「うちがそれなの!!」

リアルフィリポの部屋が目に浮かんだ(笑)

須藤さんの好きなお酒は「周期があって今はレモンサワー。甘いお酒が苦手なんだよね」と。
フィリポは「普段はグリーンラベルの70%オフ」
宮川さん「あとファミチキ」
フィリポ「500を四本飲んでから寝る。外ではかっこ付けて
(忘れたけど横文字のお酒)飲むけど、本当はグリーンラベルが飲みたい」と。

斎藤さん「俺はウイスキー。ビールだとすぐ酔っちゃうけどウイスキーだと長くいける」と。
須藤さん「斎藤くん家に遊びに行くと、昼の3時頃から間接照明だけになって、
ウイスキー出てくるからね。俺とか宮川くんは『早いよ!』ってなる」

飯室さん「康一さんは?」
コテイスイさん「僕は飲めないんで…」
須藤さん「康一くんはツアー先ではどこ行ってもパチンコだよね」
コテイスイさん「大阪に来たら郷ひろみさんのパチンコワンツースリー。東京にはないから。
マルハンとかはあるけど、ワンツースリーは関西だけですよね?」

飯室さん「さっきから気になってたんですけど、パチンコイチニッサンですよね?」
コテイスイさん「そうなの?」

須藤さん「そう言えばART-SCHOOLの対バンの打ち上げで、髭と飲んでると獣といるみたいだって言われた」
宮川さん「勇さんに二軒目誘われて皆行く風だったから行ったら来たのが俺と勇さんの
2人だけで、ワインちょっとだけ飲んで、出ようか…ってすぐ出てきた」

須藤さん「ART-SCHOOLのサポートでモーサムのメンバーが二人入ってるんだけど、
今度は髭とモーサムで対バンやりたいねって話になって」

飯室「この二組のライブは熱いですよ。皆大丈夫ですか?」
須藤「大阪で対バンしたら皆来てくれますか?(いいともー!って拳を上げる須藤さん)」

いいともー!の一体感というか関西人の笑いに対する瞬発力というか。関西人の嗅覚すごい。
モーサム好きのフォロワーさん嬉しかっただろうな~良かったね!

続いてのお客さんからの質問は「須藤さんは何のシャンプーを使ってるんですか?」

「俺の髪、サラッサラなの!」と言いながら最前のお客さんに髪を触らせてあげる須藤さん。
ちなみに使ってるシャンプーはアジエンスだとか(アジエンスのどの種類かは分からない!と)
その流れでフィリポはシャンプー何?って聞いたらリンスインシャンプーだって。
「ちゃんリンシャンだ!」って飯室さんに茶化されて、それは旅先だけで家でTSUBAKIだって熱弁してた。

須藤さんがフィリポの髪の匂いをかいで「臭い!漫喫のソファーの匂いがする!」って。
フィリポそば通った時、確かに汗の匂いはしたけど…斎藤さんはふわっといい匂いがした。
香水付けてるのかな?須藤さんは無臭だったような…近くにいた時、多分息するの忘れてた。

何の話の時だっけ、シェルター最終日は須藤さんの誕生日って流れかな?記憶が曖昧なんだけど
須藤さんが「今でも23歳ぐらいの感じでいる。その辺の23歳の男子と比べても遜色ないよ。
歳いくつ?って聞かれたら23歳ですって言うよ?」って話してた。そうか23歳だったのか…

あと翌日の飯室さんの番組の公開収録の告知で、今タワレコのポイント12倍って宣伝してて、
「12倍?3倍とかじゃなくて?」って須藤さんが驚いてたっけ。

緩~いトークコーナーもお開きになって続いてビンゴ大会に。

気になるビンゴの景品はDIYの撮影で使用したVANSのスニーカーが5足と、
斎藤さんの自宅で録音したという未発表音源のCDが3枚。
CDはちゃんとParty Mustacheのロゴがあしらわれた封筒?に入れられてた。

ビンゴって当たらないって思っててもそれなりにワクワクするから楽しい。
ちなみに一番初めに当たった人は須藤さんの履いてた靴、その後は割とCDが人気でした。
メンバー皆、誰がどの色の靴を履いてたか全然覚えてないという。
途中、まだ景品が半分ぐらい残ってる時にリーチかかったけど怖くて挙手できなかった…(笑)

ビンゴは箱の中から番号が書いてある紙を座り順に引く形だったんだけど、
100番というキリのいい数字を引いたコテイスイさんがはしゃいだもんだから、
当たった人が出たのかと勘違いしたメンバーに「紛らわしい!」って言われてた(笑)
進行がぐだぐだすぎて斎藤さんがビンゴ当たった人に「今渡されても邪魔になるから」って
景品の引換券を自ら渡してた。斎藤さんがいなかったらビンゴ大会成立しなかったよ…。

そんなこんなでビンゴ大会もおしまい。
ドリンクを引き換えて一人でふらふらしてたらフォロワーさんを見つけて合流。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*
[PR]



by pochi-17 | 2014-02-09 23:27 | Live | Trackback | Comments(0)

2014.1.25 髭「Party Mustache」@大阪JANUSレポ後編

ビンゴ大会の後、しばらくしてメンバーによるDJタイムに突入。
コテイスイさんのDJは新しめの洋楽メインでした。カサビアン良かったな~
(ちなみにプレイリストが髭の公式Facebookにアップされてます)

宮川さん、背も高いしグラサンかけてるし首からタオル下げてるし声でかいしひと際目立ってた。
すっかり酔っぱらってて、乾杯してもらって写真お願いしたら宮川さんが悪ノリして
カメラにずんずん接近していって、どうしていいか分からず黙って見てたら
「そういう時は、私が写らなくなるからどいて!って言わなきゃダメでしょ!」って怒られた(笑)
あと「ツーショットは嫁に見つかるからTwitterとかには載せるなよ!」って(笑)
それとiPhoneで撮ってたのを見て「それiPhone5?」って聞かれたけど気の利いた返しができず。
宮川さんと撮ってもらった写真、面白すぎて須藤さんの写真とは別の意味で直視できない…。

宮川さんほんと絶好調で、くわえタバコでヤンキー座りしたり、
女子を両脇に従えてポーズ取ってたり、見る度に爆笑してた記憶が。
明け方4時ごろにタオル振り回して踊ってたとこなんてキレッキレで完全にピークだった(笑)

コテイスイさんのDJの次は宮川さんとフィリポによるDJユニット、ハードボイルズの出番。
こっちは洋楽邦楽、様々なプレイリストで途中フィリポのカラオケ状態になってた(笑)
NIRVANAのBreedとかblurのSong2からユニコーン、H2oの思い出がいっぱいまで。
思い出がいっぱいの時、歌わせようとしたけど飯室さんが「意外と歌詞が分からない!」って。

DJ中、お酒を取りに来たっぽい須藤さんはあっという間にお客さんに囲まれて人垣ができてた。
ひとりひとりちゃんと写真を撮ってあげて、握手とハグまでしてた。
こんな機会めったにないし、フォロワーさんに後押ししてもらって写真撮ってもらった。
写真お願いしてもいいですか?って言ったら「もちろんもちろん!」って。
言いたい事いっぱいあるのにいざ須藤さんを目の前にしたら何も言えなかった…。

写真撮ってもらう時、近すぎてドキドキしてたら写真をお願いした物販のスタッフさんが
操作を間違えたみたいで、その間ずっと須藤さんと密着してて倒れるかと思った…。
ちょうどハードボイルズがDJでブルーハーツのキスしてほしいを流しててドキドキ倍増。
あと須藤さんが差し出してくれた握手の手を両手で握り返してしまった事を思い出して消えたい。
何も言わなくてもハグしてくれるし(勢い良すぎてびっくりした)ファンサービス完璧。

その後謙介さんもカウンターに来たところを捕まえて写真撮ってもらったけど、
謙介さんの写真の写り方、女子力高すぎて完敗。横に並んだの失敗だった!
お酒のせいもあるかもだけど謙介さんも須藤さんみたいにフランクな感じで意外だった。

その間もずっと須藤さん写真撮ってあげてて、結局2時間近く割いてたんじゃないかな…。
コテイスイさんとフィリポも写真撮ってもらえば良かったなぁ。
フォロワーさん達と写真を撮ったりしながらハードボイルズのDJを聴きつつ、
ハグ会と化した須藤さんのファンサービスを遠くから見てた。

ハードボイルズのDJが楽しそうな事になってたのでフロアに戻ると、
すでにDJとは思えないほどノリノリな宮川さんとご機嫌なフィリポが。
時間が時間なだけに眠そうなお客さんもいたけど、テンション上がって目が冴えていく。
いつの間にかDJブースに飯室さんもいてひとしきり盛り上げた後、斎藤さんDJの番に。

ステージも解放されてたから、上ろう!って言われて、ステージの上でふわふわしてみたり。
メンバーはいつもこんな景色を見てるんだ、ステージの照明って熱いんだなぁ、なんて。

斎藤さんのDJはかなりこだわりのプレイリストで、the HIATUSのライブの
SEみたいなトライバルな雰囲気の曲もかけたりしてた。
須藤さんもしばらくしたら戻ってきて、DJブースでお酒片手にゆらゆらと。
斎藤さん、DJ中時々ブースから出てきてフロアに行ったりしてた(音のチェック?)。

フロアから宮川さんが「おい須藤!!」ってDJブースの須藤さんを呼ぶ声のでかさ吹いた。
もうお客さんもかなりいい感じになってきててステージ上でラインダンスしてたり。
須藤さんが「皆と一緒にいて音楽をかけるって、こんなに楽しい事はない」って。
最後、BPM遅い曲を斎藤さんがかけてて「斎藤くんがじらしてます!」と須藤さん。

斎藤さんが持参したアナログレコードが尽きてDJタイムも終わりかと思いきや、
鳴り止まないアンコールに応えて急きょ宮川さん?のiPodの曲を流す事に。
慣れない手つきでケーブルを差す宮川さんがデジタル機器に悪戦苦闘するお年寄りに見えた(笑)
ようやくケーブルを差したと思ったら今度は「コネクタどこ!」って。
宮川さん声でかすぎてステージにいても余裕で聞こえる。

今度は髭ちゃん選曲でサマータイムブルース(初期の方)、ボーナス・トラック、
あと良い旅とかも流してたかな?気づいたら斎藤さんがすぐ真横で踊っててびっくりした。
斎藤さーん!って握手してもらったらその流れでハグしてくれた。斎藤さん細かった…。

ipodでのDJは音が飛んだり止まったり正直ぐだぐだだったけど、それでも楽しかった。
フィリポやコテイスイさんもステージに上がってきて、DJブースやフロアの皆を眺めたり。
近くに来たフィリポに手を差し出したら力強く握り返してくれました。
でも目の焦点が合ってない気がして、思わず目の前で手を振って大丈夫か確かめてしまった(笑)

じっと遠くを見つめたまま固まるフィリポ。須藤さんが「フィリポ泣いてるの?」って。
フィリポ「前田敦子の事は嫌いになってもAKBの事は嫌いにならないでください!!」

ステージに上がって来て、フィリポを力いっぱいハグする宮川さん、斎藤さん。
宮川さんが歌い始めた「贈る言葉」をステージの上の皆で歌う。
DJブースにいた飯室さんが「フィリポは腐ったミカンじゃない、最初から腐ってるんだー!」って。
そしたらその横にいた謙介さんが「腐ってない!!」って。

気づいたら宮川さんが近くにいた男子に肩車されてて叫んでた。
ぐらぐらしてて危なかったから思わず支えに行った。

フィリポがDJブースに戻って最後に挨拶。
と思いきや、with斎藤さんのボイパでラップを披露してくれました。
フィリポ「俺は♪髭を♪やめるけど♪髭は♪まだまだ続くので♪よろしくお願いしまーす♪」

フィリポ「今日は本当にありがとうございました。皆がこんな風に送り出してくれると
思ってなくて…もっと悪いように考えてたんだけど、温かく送り出してくれてありがとう。
俺は髭から離れますが、今後とも髭をよろしくお願いします。
また機会があれば髭で叩きたいと思ってるので、その時はまた遊んでください!」

ラップすごい字余りだったけど、フィリポべろべろだったけど、気持ちは伝わってきた。
須藤さんが「フィリポ大好きだよ!!」ってフィリポを抱きしめてて、思わずぐっときてしまったよ。

「フィリポ早く帰らないとかっこ悪くなるよ!」って言われて、DJブースの扉から帰っていく
フィリポが最後に「ありがとうありがとうありがとうありがとうありがとうありがとう!」って。

DJタイムがアンコールに次ぐアンコールで何度もやったけど、最後はついに須藤さんが
「あと1曲やろうと思ったんだけど、もう絶対ダメって言われた!大阪市から怒られるやつ!」と。

須藤さん「分かった!来年もフィリポ呼ぼう!もう髭じゃないフィリポ連れて来よう!」
斎藤さん「まだまだ足りない。来年は昼までやろう!13時間ぐらいやろう!!」

それでも皆帰らないから「須藤さんが皆の事を愛してるって言ったら帰るんじゃないですか?」って
飯室さんが無茶振りして須藤さんが「皆の事、愛してるか愛してないかで言ったら愛してます!」。
夢の中にいるみたいだったParty Mustache、終わって時計を見たら6時過ぎてた。

帰り際ブースに残ってた斎藤さんに「さっきのボイパかっこ良かったです!」って伝えたら
「ボイパ…?俺、ボイパなんてしてた?」って言われた(笑)
写真お願いしたら「俺、この状態で写真に写るかな?」って。
ちゃんと私の身長に合わせて屈んだ姿勢で写真に収まる斎藤さんの優しさ。
謙介さんにも声かけたけどお互いふわふわしてたから何喋ったのか覚えてない。

駅までの道をフォロワーさん達とお喋りしながら帰る。
駅の改札でお別れしたらホームに別のフォロワーさんがいて、お疲れさまでしたって。
全然飲んでなかったのに酔っ払いみたいなテンションで話しかけてごめんなさい…。

ほんとに、ほんとに楽しかった。
大好きな音楽と大好きな人達と一緒に過ごせた時間。
フィリポとのお別れは悲しいけど、新しい旅の始まりなんだってやっと思えるようになった。
最高のサンデーモーニングを迎えられたよ。いつもありがとう、髭ちゃん。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2014.1.25
髭 Party Mustache@大阪JANUS セットリスト

MR.アメリカ
ブラッディ・マリー、気をつけろ!
溺れる猿が藁をもつかむ
夢でさよなら
テキーラ!テキーラ!

せってん
ヒサシ.カリメロ
オニオン・ソング
それではみなさん良い旅を!
下衆爆弾
ロックンロールと五人の囚人
ダーティな世界
[PR]



by pochi-17 | 2014-02-09 23:26 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

最新の記事

2017.11.16 GLA..
at 2017-12-01 21:50
2017.11.20 GLA..
at 2017-11-23 22:00
2017.11.9 髭×OG..
at 2017-11-19 21:50

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧