<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧




髭(HiGE) 10th Anniversary Book ~素敵な闇~」リリース記念イベント@タワーレコードNU茶屋町店

素敵な闇 髭(HiGE) 10th Anniversary Book(CD付)

シンコーミュージック


11月12日、タワーレコードNU茶屋町店であった髭の「素敵な闇」発売記念の
ボーカル須藤さんのトークイベントに行ってきました。

本は持ってるし、トークだけでも聞きたいなって行ったら思ったより人が集まってた。
NU茶屋町店のイベントスペースって言ったらRX-72のイベントで
茂木さんとHISASHIさんがタコ焼き作ってた所だっけなって思い出しながら待機。

椅子が二つ置いてあって、誰が進行するのかと思ったらこの「素敵な闇」本の
ライターさんでもある梶原さんでした。優しそうな雰囲気の女性でした。

時間になって梶原さんから「すぐそこにいらっしゃるんですけど、
皆さんで『須藤さーん!』って呼び込みましょう!」という提案が。


\\(せーの!)須藤さーん!//


上手の出入り口から須藤さんが登場。
白のパーカーに足首丈の黒のパンツ、黒のスニーカーというラフな服装。
シンプルな服でも須藤さんが着るとお洒落に見える。
須藤さんは下手側に、梶原さんは上手側の椅子に着席。

須藤さん「梶原さんって、そういう事もできる人なんでしたっけ?(笑)」

11月は髭ちゃんがたくさん関西に来てくれてるという話になって、
「昨日のグリコライブに行かれた方!(結構いる)」「先週の京都に行かれた方!(これも多め)」
「学祭に行かれた方!(そこそこいた)」「先週の奈良!(多分私入れても5、6人しかいなかった)」

須藤さん「今、奈良の感じ出ちゃったね(笑)」
梶原さん「では10年前から髭を応援しているという方は?」

これが挙手ゼロで、思わずずっこける須藤さん。
「まぁ入れ替わってるんでしょうね。…もうこのシステムやめません?(笑)」って。

「最近、東京大阪間を車で何往復もしてるから東京大阪間の高速道路が
通勤路みたいになってきてて、パーキングエリアにも詳しくなって
ここのパーキングは食べ物が充実してるとかっていう風になってきてる」と須藤さん。


話題は「素敵な闇」本でのフィリポのインタビューに。
梶原さんがインタビューされた時、フィリポは「メンバーが目を通して、
いいって言ったらどこを使ってくれてもいいですよ」って言っていたそうで、
そのインタビューの時もいつものようにキャップにTシャツ、短パンのスタイルだったとか。

須藤さん「でもこれは中尾憲太郎さんに頂いたTシャツって言ってたんで、
彼なりの正装だったんじゃないですか?全然写ってないけど(笑)」

須藤さん「フィリポとは髭を脱退した後、一度だけ元マネージャー、前の前の現場マネージャーの
結婚式で会って、そこにはアイゴンさんも来てて7人の髭で演奏をしたんですけど、
その時もTシャツに短パンでしたよ。彼はその一着しか洋服を持ってないのかな?って(笑)
その結婚式ではダーティーな世界が聴きたいって言うんで演奏して…
他にも曲あるだろって思ったんですけどそれがいいって言うんで他の曲やるのも何だし。
前にも実はダーティーな世界を結婚式で演奏した事があって。でもその二人は離婚しました」

梶原さん「須藤さん、フィリポさんの話する時必ず真似をされますよね?(笑)」

須藤さん「これはアイゴンさんの影響なんですよ。アイゴンさんがいつもフィリポの
真似をしてたからうつっちゃって。斎藤くんはアイゴンさんが話してウケた事をそのまま
また同じ事言って、『それ、前にアイゴンさんが言ってたやつだよね?』って聞いたら
平気で『うん、そうだよ』って言われてまたもう一回笑うっていう(笑)
ほら、よくモノマネが上手い芸人さんのモノマネをする人いるじゃないですか。
いい例えが思い浮かばないんですけど(笑)斎藤くんはそういうタイプです」

梶原さん「Party Mustacheの時に『来年もフィリポを連れてきます!』っておっしゃってましたが…?」

須藤さん「その時のノリで言っちゃったので決まってはないですけど…
彼が来たいって言ってくれたら来てもらっても構わないし」

梶原さん「Party Mustacheは来年も開催されますか?」
須藤さん「まだ発表はできないんですけど、近々お知らせできると思います」

梶原さん「新年会は?」
須藤さん「新年会だとインターバルが…ひと月開かないじゃないですか(笑)
…2月に入ったら新年会じゃなくなっちゃうし」

梶原さん「須藤さんはParty Mustacheの翌日もタワーレコードの難波店で
トークイベントをされてましたよね。8月にはロフトプラスワンウエストでも」

須藤さん「そのロフトプラスワンウエストの店長さん、トークが終わって楽屋に戻ったらいきなり
『次いつにしますか!?年内もう一回やりましょう!』って来られて。お疲れ様でしたとか挨拶もなく(笑)」

梶原さん「前回のParty Mustacheの時には宮川さんとフィリポさんでDJユニット組まれてましたよね?」
須藤さん「何だっけ?(前のお客さんに教えてもらって)…ハードボイルズ?
それすらも…僕、見てなかったんですけど曲かけて踊ってただけでしょ?(笑)」

梶原さん「あの時の宮川さんが黒い服を着てサングラスをかけて、
首から白いタオルをぶら下げて、その道の人にしか見えなかったです…」

須藤さん「よくお客さんの前であれだけ酔えるよね。自分を解放して(笑)」
梶原さん「須藤さんは酔えないんですか?」

須藤さん「僕もお酒は飲むけどあそこまで人前で酔えない。飲んでる途中で
これ以上はやめておこうってなるし。ましてやチケット買って頂いてる
イベントなんだから、そこで僕が酔っ払って志村けんさんみたいにオロオロオロ…って
なってたら嫌でしょ?(笑)僕は宮川くんみたいに自分を解放できないですね」

梶原さん「メンバー皆さんとお話させて頂いたんですが、コテイスイさんはいつもあんな感じなんですね」

須藤さん「いつもあんな感じですね。茨城放送でコテイスイと一緒にラジオをやってるんですけど、
そこの先輩パーソナリティーさんでさとう一声さんという方がいらっしゃって、
ルックルックこんにちはのレポーターとかされてた方なんですけど、
その方が僕達の番組を聴いて髭に興味を持って下さって、
『曲も聴いたよ!あのMVは東武ワールドスクウェアで撮ったんでしょ?』って
話しかけてきて下さって『そうですよく分かりましたね!』って一声さんと喋ってたら
コテイスイがその会話の中の『東武』っていう所だけを拾って『東武動物園!カバ園長!』とか
言い出して意味分かんないし止めようと思ったらコテが『もっとやれ!』って
言われたと思ったらしくてコマネチしながら『カバ園長!カバ園長!』って言ってて(笑)
そのうち一声さんまで乗っちゃって『カバ園長!』って言い始めちゃって、
これがライブだったら最後に丸投げされて怪我するのはフロントマンの僕なんで
止めるんですけど、ライブじゃないから一歩下がって笑いながら見てました。
…茨城放送でこの後放送なので、ラジオも聴いてください」

梶原さん「コテイスイさんは今回のツアーの企画で闇DJをされてますよね」

須藤さん「毎会場違う選曲でDJやってて、その情熱をバンドに向けてくれよ!って
思うんだけど…まぁそれはコテイスイには言わないんだけど。
僕もコテイスイの選曲の幅広さには一目置いてて、開演前に聴いてて
いいなって思ったらShazamで調べてCD買ったりしてますよ」

梶原さん「Facebookにもプレイリストをアップされてましたね」

須藤さん「スタッフに『これ上げといて!』って渡してましたよ。
でも確か宇都宮の時、だんだん本人もよく分からない感じになってきて
『自分が嫌いな曲も流す!自分は嫌いでもお客さんが喜んでくれるならいい!』とか
言ってて、もうそうなったら本末転倒じゃないのって思ったんですけど(笑)」

梶原さん「この先も関西では神戸、大阪とありますが違ったプレイリストで聴けそうですか?
ツアー中、ライブのセットリストも変わったりしますか?」

須藤さん「ライブのセットリストは大きくは変わらないんですけど今、新曲を演奏していて。
昨日のライブでもing(アイエヌジー)という曲を演奏したんですけど、
出来た曲をどんどん切っていって、それをライブで育てていってほしいなと思ってますね」

梶原さん「普通、こういったアーティストブックというのは機材紹介だったり
ディスコグラフィーというものがあるんですがこの『素敵な闇』では
メンバーの皆さんの協力で色んな方々からコメントを寄せていただいて。
最後にひとつ、須藤さんのいい話をしようかなと思います。
須藤さんは本当に楽屋でお話していても本当にこのままの方で裏表がなくて、
このインタビュー記事のチェックもGATALIやイベントでお忙しい時にお願いしたんですが、
『忙しいからちょっと遅れます』とかそういう言い訳が全然なかったんですよね」

須藤さん「どこでいい話が出てくるのかと思ってたんだけど(笑)
人の話だと思って聞くといい話ですね。ナチュラルにそういうの出ちゃうんですよね」

梶原さん「やっぱりスターだから…!」
須藤さん「そのスターっていうのやめてもらえます?(笑)」

梶原さん「今日は本当にありがとうございました。髭の須藤さんでした!」


そんなこんなで30分弱ぐらいのトークイベントは終了。
もうちょっと喋ってた気がするけど記憶力の限界。

ここからサイン&握手会に突入。参加券ないので後ろでこっそり見物。
うっかり「今買っても間に合いますよ!」トラップに引っかかりそうで危なかった…。
かなりの人数が並んでたけど、それでもひとりひとりに話しかけて
ちゃんと両手で握手してあげてた。並んでるフォロワーさんを見つけて、
終わってから呼び寄せて何喋ってたのか聞き出すという(笑)

サイン会終わるまで見てたらだんだん仕切りの位置が前にずれて行って、
最終的にかなり接近できて、終わった後に須藤さんが皆で写真撮ろう!って。
「Twitterにアップするよ!」って言っておきながら「すぐ忘れるんだけどね!」って。
須藤さん近すぎてドキドキでした。緊張して顔ひきつった。

疲れてるはずなのに相変わらず須藤さんは笑顔を絶やさず低姿勢で。
イベントの中で2回ぐらい「皆さんに支えていただいてる」って話してたけど、
髭ちゃんにいつも支えてもらってるのはこっちの方なのにな。いつも本当にありがとう。

それで帰ろうとしたら梶原さんから素敵なフリーペーパーもいただいて。
素敵な闇本もそうだけど、どっちも愛情たっぷりで読んでてあったかい気分になる。愛されてるね、髭ちゃん。

次に髭ちゃんに会えるのはいつかな。神戸行きたいけどどうしよう…。
取りあえずお喋りな夜のチケットは取ったから楽しみだなー!
[PR]



by pochi-17 | 2014-11-17 00:30 | 髭(HiGE) | Trackback | Comments(0)

2014.11.6 髭「素敵な闇」ツアー@奈良NEVERLAND

11月6日、奈良NEVERLANDであった髭の「素敵な闇」ツアーに行ってきました。

3か月前にツアーの日程が発表になった時からずっと楽しみにしていた地元でのライブ。
前回奈良に来てくれたのは3年前の5月だったかな?その時はフィリポやアイゴンさんがいて、
今は謙介さんとgomesさんがいて。バンドは変化したけど変わらずいいライブでした。
セットリストが見つからなくて順番曖昧ですがレポみたいなものを。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

11月にもなるとさすがに開演を待つ間寒くなってきた。この日の整理番号は55番。
番号呼ばれて中に入るとコテさんによるDJが始まってて、コテさんタバコ吸いながらやるから
フロア中にコテさんのタバコの香りが。耳触りのいいメロディの綺麗な洋楽がたくさん流れてた。

どこで観ようか迷ったけど、須藤さんと宮川さんの間ぐらいの4列目辺りに。
NEVERLANDは家からいちばん近いライブハウスで、生活圏内にあるからいつもここで
ライブを観る時は半分日常、半分夢心地みたいな不思議な気持ちになる。
アンプの上にはガーベラ、コテさんのセットには鯉のぼり。
いつの間にかコテさんが姿を消していて、ステージにはスモークが焚かれてる。

ほぼ開演時間どおりかな、BGMが止んで照明が落ちていつものミラクルズのSEが鳴る。
キラキラしたサウンドがわくわくする気持ちをふわりと更に持ち上げてくれる。
ステージ上手からメンバーが登場。温かい拍手に迎えられる。

須藤さんは黒の七分袖のシャツ、斎藤さんは紺?のカーディガンに蝶の絵のTシャツ、
宮川さんは黒のハットに黒地にグレーの柄のTシャツ、コテさんは黒のバンT、
gomesさんは青いギンガムチェックのシャツ、謙介さんは黒のAKIRAのTシャツでした。
それぞれ定位置についてスタンバイ。宮川さんはその間に指先に息を吹きかけて温めてる。

1曲目はセメタリー。普段アッパーな曲で始まる事が多いからこういうのは新鮮。
気だるい歌い方、うねるようなグルーヴ。最後のギターの音が穏やかな余韻を残してくれる。
ライブハウスをあっという間に非日常の空間に変えてしまう。

ミスター・タンブリンマンのイントロは須藤さんによるもの。
重たくなった気持ちがふっと軽くなるような、やさしくほぐしてくれるような歌詞が好き。
謙介さんも時々口ずさみながらドラムを叩いてるのは観ていて嬉しくなる。

ブラッディー・マリー、気をつけろ!の曲中「奈良!」って叫ぶ須藤さん。
ただもうそれだけで胸が熱くなっちゃった。嬉しいな。

「この歌は4日後の朝の歌だよ」とサンデー・モーニング。
でも木曜日から4日後だったらマンデー・モーニングになるんじゃ…?(笑)
“やっと見つけた宝石たち”のところでフロアを指差す須藤さんにぐっときた。
サビに入るところの駆け上がるようなドラム、宮川さんのやわらかな音のベースが心地よい。


須藤さん「…奈良!奈良って言いにくいね。奈良奈良って4文字だったらトントントントンって
言いやすいんだけど。他の人は何て言ってるの?…奈良?そりゃそうだよね(笑)奈良最高だね!」

「みんなハリキってる?Are You Ready?ナビゲーターは斎藤くんとコテイスイ!」

斎藤さんとコテさんがコーラスで先導するハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2。
間奏明けの所、それまでゆらゆらしてたけどたまらなくなって夢中で手を上げた。

まぬけなクインテットのイントロに入る前、軽くギターを鳴らす須藤さん。
“君だっていつか僕の事 忘れてしまうのさ”という言葉にいつも心がちくちく痛む。
ギターのフレーズのひとつひとつにも感情を揺さぶられる。

せってんも個人的な思い入れが強すぎて唇をぎゅっと結んで聴いてたんだけど、
須藤さんは時々笑顔を浮かべながら歌っていてふっと肩の力が抜けた。
ちょっぴりシニカルでチャーミングな、今も昔も大好きな曲。


須藤さん「今回のツアーは週末とかにやって間が開くから忘れちゃうんだけど思い出してきたよ。
ツアーでいちばん今日がいいよ!まだ4本目だけどね。奈良が関西の1本目で良かったよ!
来週もグリコのイベントで大阪に来るけど、東京から大阪はいつも車移動だから
奈良に来るの近く感じたよ。もう着いちゃった!って。奈良に来る途中、高速でうっそうと
木が生い茂ってるとこ通るんだけど、あそこに差し掛かると奈良に行くんだなって思うよ」

須藤さん「奈良のみんなに聴いてもらいたくて新曲を持ってきました」

横浜と宇都宮でやってた半熟の新曲、ネバーランドって入ってたからここで聴けて嬉しかった。
タイトルはネバーランド・クルージングって言ってた。イントロのギターのうきうき感。
そこに斎藤さん宮川さん達のコーラスが入って、テケテケかわいいギターのリフ。
歌い始めは“空を飛び夢を見るティンカーベル”って歌詞だったかな?
“粉を撒き誘うティンカーベル”って聴こえた気もしたけどこれは空耳か?(粉って…?笑)
サビはAh ネバーランドウィークエンド、Ah ネバーランドミュージック、みたいな感じ。

黒にそめろでフロアの温度がじわっと上がる。でも奈良のお客さん大人しめだったな。
こういう曲はもっとぎゅっとなってぐちゃぐちゃになりながら聴きたい。
でも演奏はめちゃくちゃかっこ良かった。やっぱりツインドラムいいな。

ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョークは楽しすぎて飛び跳ねっぱなし。
ハリキリ坊やの踊れるアレンジ最強!謙介さんとコテさんの息もぴったり。

それではみなさん良い旅を!はさすがにみんなテンション高くてぎゅっと詰まった。
須藤さんが「奈良の時間だよーーー!!」って言ってくれて、あれはフーッ!ってなるよね。
横浜も宇都宮もほぼ見えなかったgomesさんの手元がしっかり見えたから鍵盤ソロで凝視。
須藤さんも身を乗り出して、なぜか持ってたピックを目の下にペタッと貼り付けて踊ってた(笑)
何かの曲で乗り出した時にピックくわえてた須藤さんかっこよかったな。


熱々になったフロアを冷ますように、メンバー紹介を兼ねた長めのMCタイムに。
須藤さんは自分のドリンクを飲み切ってしまったのか、宮川さんのをもらって飲んでた。

須藤さん「奈良は3年ぶりだっけ?来る度に形態が変わっててごめんね。
しかも、バンドの要であるリズム隊が替ってるっていうね。
普通10年だったら鉄壁のリズム隊なんだろうけど、うちはそこが替わるから(笑)
奈良は3年ぶりで、これが男と女の関係だったらきっともう
忘れちゃってるけど、俺達は音楽で繋がっちゃってるから!」

須藤さん「髭に昔の鶴瓶さんみたいな、ちっちゃい鶴瓶さんみたいな
人なんていたっけ?って思ってると思うので紹介します。gomes!」

gomesさん「昔の鶴瓶さんあんまり知らない…」

須藤さん「ジェネレーションギャップでちゃったね。俺もそんなに昔の鶴瓶さん知らないけど(笑)
…髭を久しぶりに観たって人は、あれ…髭のドラムってあんなに爽やかイケメンだったっけ?って
思ってると思うので紹介します。佐藤謙介FROM踊ってばかりの国!」

と、マイクのない謙介さんの元に自分のマイクを持って行こうとするもケーブルが絡まってて、
ぐいって引っ張ってつんのめる須藤さんにスタッフさんから救いの手が。

謙介さん「よろしくお願いします!」
須藤さん「ギター、斎藤祐樹!」

斎藤さん「NEVERLANDのスタッフさんのTシャツ、ニュージーランドかと
思ったら奈良の絵なんですね。奈良いい形してるね!
奈良は久しぶりですけど、だんだん奈良のこの感じ、思い出してきました」

須藤さん「ベース、宮川トモユキ!」
宮川さん「どうも鉄壁のベース、宮川です!」

須藤さん「宮川くんと謙介っていつも部活の先輩後輩みたいなノリでさ、
『二次会行くぞー!』『はい!!』みたいな、絶対混じりたくない(笑)
そうだ宮川くんさ、札幌のプロモーションの時、二日酔いで来なかったよね?
俺と斎藤くんとコテがラジオ終わって出てきたら宮川くんがいないんだよ」

宮川さん「元々は須藤と斎藤さんが2人でプロモーション行く予定だったじゃん。
本気で気分悪くて、少しでも寝たくてホテル探してました」

須藤さん「飲み過ぎなんだよ」
宮川さん「今日は一滴も飲みません!…嘘です!」

須藤さん「…サポート紹介したのに最初からいるコテイスイ忘れてた(笑)コテイスイ、前出てきてよ!」

須藤さん「奈良はスピリチュアルだよね。京都とか奈良とかって、昔から何回も
地震とかあったのにすごく昔の建物とか残ってるよね。いいとこだよね奈良。
裏の川もきれいだったよね。老後は奈良に住みたいな」

コテさん「(前に出てきて須藤さんのマイクで)新宿よりいいよね。東新宿だったらいいけど」
須藤さん「えっ何…?東新宿?(笑)」

コテさん「太陽が眩しい…石原裕次郎みたいになっちゃう。奈良は奈良漬けも美味しいね」
須藤さん「42にもなると奈良漬けね。奈良漬け美味しいよね。コテイスイこの間誕生日だったんだよね」
コテさん「42になって七三分けも似合う歳になりました」

と言いながら前髪を七三分けにするコテさん。国会議員みたいだとか何とか言い始めて、
「増税されたら奈良漬けの消費税も8%から10%になっちゃうね」って。

斎藤さん「(コテさんの顔が須藤さんに)近すぎて話が全然入ってこない(笑)」
思わずコテさんから逃れて宮川さんのマイクを借りる須藤さん。

須藤さん「この間、大阪芸術大学の学祭に呼んで頂いてライブしてきたんだけど、
コテイスイ、ダイブしようとして怒られてたよね。白髪の学長さんみたいな人に。
42のおじさんがおじいさんに怒られるっていう(笑)
カツオくんと波平さんがそのまま大きくなったみたいな(笑)
コテイスイはあの時41歳だったんだよね。怒られて禊が終わって42になったんだよね」

須藤さん「…ちょっとコテイスイ、盛り上げてよ!」
コテさん「(セットリストを見ながら)次はしっとりした曲だから…」
須藤さん「…えっ!?ほんとだ!!(笑)奈良のライブが楽しいから今日は早いなー、
もうすぐ終わりなんだと思ったら間違えてた(笑)この3曲は大きいよね。じゃあもうちょっと歌います」

須藤さん「(マイクスタンドを探って)ピックがない…
さっき目の下に涙みたいに貼り付けてたらなくなっちゃった」
斎藤さん「ここにあるよ(と足元を指差す)」


三日月の須藤さんの歌い方はすごく色気があって、gomesさんのコーラスは透明感があって無垢。
後奏の斎藤さんのギターを聴いているといつも心がとろとろと溶けそうでため息が出る。

gomesさんの深い鍵盤の音色に誘われるような、なんて素敵でいびつのイントロ。
きっとgomesさんがいなければこの曲は全然違ったものになってたんだろうな。
曲の前半はロングトーンのgomesさんのピアノと須藤さんの歌だけだから
この曲の中での存在感が際立っていて、曲の後半は謙介さんのドラムのリズムと
ギターとベースのフレーズにに引っ張られていく展開になっていって、最後にまた鍵盤に戻る。

須藤さんがぴかぴかの笑顔、ハンドマイクでフロアに身を乗り出す。虹。
手を伸ばしたら汗で濡れてひんやりした手首に触れた。
またあの胸からハート飛び出す仕草やってたけど、あれずるい!女子力高すぎ!
虹を聴くと今、目の前に広がってる光景に思い出を重ねてしまっていつもぐっとくる。

ラフにギターを掻き鳴らす須藤さん。ボニー&クライド。
謙介さんのドラムの方が音源より何となくかちっとしてるような。
宮川さんのベースラインが気持ち良くてずっと聴いてたくなる。


須藤さん「今からコテイスイがみんなの所にダイブします!!」
コテさん「いや、お客さんとお客さんの間に隙間があるから…」

須藤さん「夏が終わった後の汚いプール、そろそろ水抜かなきゃなぁっていう汚い水面に
秋の枯れ葉が舞い落ちるようにそっとダイブすればいいじゃん」
コテさん「そんなねぇ、お客様の頭の上を…」
須藤さん「お客様(笑)」
コテさん「隙間に落ちちゃうかもしれないじゃん。奈良駅に行って人呼んでこないと。
ダイブするんで支えてもらえませんか、入るのタダなんで!って」
須藤さん「そりゃ3年も来ないと動員も減るよ!」

斎藤さん「とりあえず先っちょだけ行ってみればいいじゃん。
それで落ちる時はストン!って(気をつけの体勢で)落ちたら大丈夫!」

宮川さん「俺、見つけちゃったんだけど携帯あそこ(ドラムの椅子)に置いてあるんだよね(笑)」


MR.アメリカ、様子を見もって行けそうだったら行くって言ってたコテさんが
一番のBメロにも行かないうちに枯れ葉のようにマトリックスの要領でそーっとダイブ(笑)
ちょうど通り道にいたから潰されるかもって思ったけど皆にちゃんと支えられてたから大丈夫だった。
でもフロアの真ん中には柱があるから、2mぐらい進んだとこでUターンして戻るという。
かと思ったらまたしばらくしてもう一回そーっとダイブするコテさん(笑)落ちなくてよかったね!

須藤さんがギター置くとあの曲かなって空気が変わるのを感じた。テキーラ!テキーラ!
音に踊らされる感覚、ゆらゆらと意識が遠ざかっていきそうな浮遊感、目が覚めるような熱さ、
気分の高揚とそこから離れていく時の寂しさ。この曲には全部詰まってる。
目の前には大好きな音楽があって何もかも忘れて、夢中になれるなんてしあわせだ。

須藤さん「ネバーランドを飛んだ(コテさん指して)ピーターパン!(フロア指して)ティンカーベル!」

須藤さん「飛ぶ前は渋ってたのにすぐ行ったね。しかも2回も」
コテさん「ジェットコースターに初めて乗った子供みたいな。
乗る前は嫌がってたのにお母さんお母さん!もう一回乗りたい!って」

須藤さん「デビューして10周年を迎えて今年、関西の出版社の方に記念本を作って頂いて。
…買ってくれた?ありがとうございます。メンバーの脱退もあって家で色々考えてた
時期もあったんだけど、今日ここに来て良かったよ、シンプルに続けて良かったよ」

「10年目だから書けた曲」と本編ラストは闇をひとつまみ。
この曲を聴いていると髭ちゃんのお蔭で出会えた大切な人達の顔が浮かぶ。
皆に出会えたのも、大嫌いだった自分から少しずつ変わっていってるのも髭ちゃんのお蔭だ。
感謝してもしきれないのにいつも髭ちゃんからはもらってばっかりで。
さっきの須藤さんの言葉、嬉しくて曲が始まる前に泣いちゃったよ。
バンドを続ける道を選んでくれたから今日この日があるんだ。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。すぐに始まるアンコールの手拍子。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

スタッフさんがギターのチューニングをして、しばらくして再びメンバーの姿が。

須藤さん「アンコールありがとうございます!」
リラックスした表情の須藤さんの手にはグリーンラベルの缶。

須藤さん「奈良最高だね!仙台とかで言うと思うよ、奈良すっごい良かったけど
ガラガラだったよ!って。ガラガラって事もないか(笑)
今日のライブが最高だったって事、こんな事言っててももしかしたら
忘れちゃうかもしれないけど、その時はまた来ればいいし」

今日だけで何回泣かす気なんだ。涙が出そうなぐらい嬉しい言葉。
きっと泣いてるのか笑ってるのか分からない顔して須藤さんの事を見てただろうな。

須藤さん「僕達10年もやってると曲もいっぱいあるんですけど、その中で
アレンジし直した曲があって。この曲はコテイスイがドラム叩きます!
気付いた?コテイスイがそこにいるの。…何?ドラム叩きたくないの?(笑)」

コテさんが謙介さんのドラムを叩いて謙介さんはコテさんのドラムを立ったまま叩く。
謙介さん、スティックを手に大きく振りかぶって叩く姿がちょっと和太鼓っぽかった。
イントロの勢い全開のギターリフが前のめりで、同じ曲とは思えないアレンジ。
コテさんのドラムは謙介さんより重くて、独特のグルーヴがあって個性的でかっこいい。

須藤さんが「…ロックンロール」って囁いてギターを掻き鳴らす。ロックンロールと五人の囚人。
押されて前に突っ込んだらぐちゃぐちゃになったけど、そんな事はもうどうでも良かった。

須藤さん「最後の曲です。ギルティは罪な奴!」
宮川さんがぐいぐい前に出てきて、煽りながら雄叫びを上げる。
コテさんも縦横無尽にステージを動き回る。文字通りの完全燃焼。
最後のコテさんのトラメガによる締めはまさかの「ダメよぉー、ダメダメ!」
まだ学祭のネタ引っ張ってるの!?って思ったけど楽しかったからいっか…(笑)

歓声に見送られるようにステージを去るメンバー。
余韻でいつもライブの後はふわふわしてしまう。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ライブが終わってすぐ、黒のニットに着替えた須藤さんはサイン会に。

何度お喋りしても緊張してしまって上手く喋れないけど、
直接感想だとか気持ちを伝えられる場があるだけありがたい。
舞い上がっちゃって何を喋ったのか思い出せないけど、
また奈良に来て下さいって言ったら「ありがとう、また来るね」って。

gomesさん宮川さんとも少しお話できた。gomesさんは想像通り優しい人で、
人柄が喋り方にもにじみ出てた。喋ってる時の声も素敵でした。
宮川さんには初めて握手してもらったけど手が冷たかった…
握手してもらって私より手が冷たかった人初めてかもしれない(笑)
斎藤さんにサインお願いしたらちょうど手が離せないところで話しかけてしまったみたいで、
ごめん後で!って言って、機材を片付けてわざわざ戻ってきてサインしてくれた。ごめんなさい。


セメタリーで始まって闇をひとつまみで本編が終わって、王ロバのリアレンジもあったりして、
10周年を迎えた髭の「今まで」と「今」が今回のツアーは色濃く出ていて、
もっと色んな人に髭を知ってほしい、ライブを観てもらいたいって強く思った。
須藤さんがギターを弾く曲もまた多くなったし、gomesさんもギターを弾いてる曲の方が
多いぐらいだったからトリプルギターの曲もたくさんあって、髭ちゃんらしくて良かったな。

そんなに本数も多くないツアーでわざわざ奈良に来てくれてありがとう。
またいつか奈良に来てくれたらいいな。何年先になっても、ずっとずっと待ってるよ!


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2014.11.6 髭「素敵な闇」ツアー@奈良NEVERLAND
セットリスト(順不同です)


セメタリー
ミスター・タンブリンマン
ブラッディー・マリー、気をつけろ!
サンデー・モーニング
黒にそめろ
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
まぬけなクインテット
せってん
新曲(ネバーランド・クルージング)
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
それではみなさん良い旅を!
三日月
なんて素敵でいびつ

MR.アメリカ
ボニー&クライド
テキーラ!テキーラ!
闇をひとつまみ


【EN】

王様のその後
ロックンロールと五人の囚人
ギルティは罪な奴

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

コテイスイさんによる闇DJのプレイリスト(Facebookより)

1.I SAW YOU/ARAB STRAP
2.Standing Next To Me/The Last Shadow Puppets
3.SUGAR/SHOUT OUT LOUDS
4.THE OCEAN IN-BETWEEN/Matthew Sweet
5.HELLO AGAIN/BMX BANDITS
6.HOW CAN I APPLY...?/THE TRASH CAN SINATRAS
7.COME BACK TO WHAT YOU KNOW/EMBRACE
8.Easier to sing/THE WANNADIES
9.Try Again Today/the charlatans
[PR]



by pochi-17 | 2014-11-16 00:28 | Live | Trackback | Comments(0)

2014.11.2 大阪芸術大学学園祭『Road Show』髭ライブ

11月2日、大阪芸術大学の学園祭『Road Show』のライブに行ってきました。

出演は空想委員会、DOBERMAN、髭。ちなみにステージは体育館の中。
せっかくだからお昼過ぎには着くように行って全部観てきました。

あいにくの雨だったけど、模擬店とかあちこちでバンドの演奏やってたりとか、
大道芸とか校内で映画や演劇?の上映をやってたり、芸大らしくライブペインティングや
ハンドメイドのアクセや造形の手作り市もやってたりして学祭の雰囲気も楽しかった。

以下完全に髭ちゃんメインのレポなので情報量の格差は否めませんがあしからず。
セトリも合ってるか分からないけど、多分こんな感じかなと。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


まず一組目、空想委員会。ギターボーカル、ギター、ベースの3人でドラムの方はサポートかな?
ボーカルさんがどことなくモノブライトの桃野さんみたいな雰囲気だなって思ってたら
今度対バンでモノブライトと一緒にやるって言ってた。キャラかぶらない?大丈夫?(笑)
曲は青春モノの甘酸っぱい系のポップなギターロックで爽やか。

MCでは学祭の模擬店ネタも混ぜつつ、学級委員的な雰囲気も漂わせつつでした。
曲名分からないんだけどベースさんがチョッパー弾いてて上がった。
ギターさんは途中でギター放り出して煽ってて楽しそうでした。


続いてDOBERMAN。どんなバンドなのか申し訳ないぐらい知らなかったんだけど、
最終的に気付いたら踊ってた。いや、踊らせられてたかな?楽しめました。
ボーカル、ギター×2人、ベース、ドラム、鍵盤にトロンボーンとトランペットの
ホーン隊2人を加えた8人のスカバンド。スカなんだけどロックの色も濃かったり、
民謡みたいに朗々と歌い上げるような船乗りの男、みたいな曲もあったり。
鍵盤のところに東北ライブハウス大作戦の前掛けがあった原さん、
ファンキーな方で飛び跳ねた拍子にサングラスが吹っ飛んでて某UK氏を思い出した(笑)

ボーカルさんが大阪芸大の出身だそうで(普段は「バカ田大学出身」だと言ってるんだとか)、
この間芸大出身のおじさんと居酒屋で喋ってたら「昔の芸大はめちゃくちゃやった」って話になって、
僕達の時代は校内を車が走り回ってたって言ったらおじさんに「パラグライダー飛んでたもんなぁ」って
返されて「いやさすがにそれは僕達の頃はなかった…」って思ったそうな。芸大すごいね…!
正直あんまり人が入ってなくて「こんな静かなとこでやるの嫌や!」って言ってたんだけど、
ライブは熱くて良かった。みんな観に来ればよかったのに!


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


そんなこんなでお目当ての髭ちゃん。気付けばすっかり夕方。
転換中にフジファブリックのBIRTHDAYが流れてた。

機材のセッティングが始まってしばらくして謙介さんが現れて、にこにこスタッフさんと
談笑しながら楽しそうにドラムのセッティング。宮川さんも出てきてベースのチューニング。
斎藤さんは自らコーラス用のマイクチェック。gomesさんも出てきてピアノとアコギのチェック。
コテさんのドラムと打楽器、トラメガのチェック。そしたら最後に「☆!※カンチョーーー!!」って
言ってからはけて行った…お呼ばれされた学祭でわざわざそんな事言わなくても…(笑)
最後に須藤さんも出てきてギターのチェック。後ろの男子の歓声に応えて手を振ってあげてた。

須藤さんは髭オウガの時の写真と同じ柄物のトップスにグレーのゆるいスウェット、黒のスニーカー。
ギターを弾く時に邪魔にならないように、左の袖口だけくるくると丸めてた。
斎藤さんは暖色系とグリーン系?の色の柄がボーダー状になったトップスに青い細身のパンツ。
宮川さんは黒っぽいハットに黒シャツ、赤いネクタイ、黒地に白のピンストライプのパンツ、素足?に革靴。
コテさんは黒のTシャツ、謙介さんは白のTシャツ、gomesさんは何だったかな…

ギターのアンプの上に須藤さんの紙コップとオレンジ、黄色のガーベラのお花。
時間になってそのまま「サウンドチェックを兼ねて新曲やります」と。
横浜と宇都宮でもやってた半熟の曲(ネバーランドの曲)を。
サウンドチェックだからか須藤さんの歌い方がゆるくて、それもまたかっこよかったな。

歌い終わって須藤さん「一旦引っ込んでまた出てくるのも何だからこのままやります。
引っ込んで出てきた時にこんな顔が険しくなってても嫌でしょ?(笑)」

オレンジ色の照明でミスター・タンブリンマン。いつも感情移入しすぎるから
今日はなるべくフラットに聴こうって思ったけど、曲が進むにつれて
聴き入ってしまって終盤のリフレインみたいなフレーズが沁みてため息が出た。

ブラッディー・マリー、気をつけろ!のイントロが鳴るといつもの髭ちゃんライブみたいに。
久々の最前だったから謙介さんコテさんもよく見えた。

須藤さん「こんばんは!髭です!今日は素敵な学園祭に呼んでいただいてありがとうございます!」

ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョークの時、おもむろに須藤さんが走り出して
ステージを降り、最前の柵によじ登る。スタッフさんが慌てて駆け寄ってたけどすぐもみくちゃに。
手を伸ばしても届かないなー…って見てたらこっち来てくれた。しかも来てくれる時、
手を伸ばしたら上から手を乗せられ握られて一瞬恋人繋ぎみたいに…
更に目の前で止まってゼロ距離で須藤さんを仰ぎ見るというありえない絵面…
両手上げた時に腹チラいただきました(青いパンツも見えました変態でごめんなさい)。
でも柵の手すりの幅が狭かったから須藤さん落ちそうになってヒヤッとした…
思わずがしっと足を掴んでしまったけど痛くなかったかな( ; ; )
おねだり上手なドロシーのポーズのところで須藤さんが絵に描いたようなセクシーポーズ
(片手は腰に、もう片方の手は頭の後ろに、みたいな感じ)してて可愛かった。

謙介さんとコテさんのツインドラムはわくわくする。黒にそめろ。
イントロの須藤さんのギター、間違えるまでは行かないけどちょっとよれた感じになってしまって、
やり直すのにもう一小節伸ばしてたんだけど斎藤さんがアドリブでギター入れててさすがでした。

ギターのイントロ、思わずフーッ!ってなったけど周りは静かで恥ずかしかった…。
それではみなさんよい旅を!…なんだけど、お洒落してもしなくても♪のところで
歌詞が飛んでしまって須藤さんが謙介さんに合図して演奏を途中で止めて、
「待って、テンポが速い!あと2ぐらい落とした方が音源に忠実だよ!」って
言ってて謙介さんも笑ってた。あたかも間違えてなんかいなかったかのような言い回し(笑)
ランチランチ時間だよ♪のところ、今日は何だろうって思ったら久々の通常バージョンだった!

虹の時も若干歌詞が怪しくなって、アルマジロが2匹出てきて笑っちゃった。
いつもひとりひとりの目をちゃんと見て、手を振りながら歌ってくれるのが嬉しい。
いつも須藤さん笑顔で両手でハート作ってるけどこの日は頭の上でハート作ったと思ったら
ぱかっと真っ二つに割れちゃってた(笑)この曲が生み出すハッピーな空気感は最高。

この時だったか、曲の終わりで須藤さんがステージに倒れこんで、そのまま這うように
ほふく前進でアンプの上のドリンクを取りに行ってて、くすっと笑いが起きてた。

須藤さん「暑いね!すごい湿気!…あれ、こんなに汗かいてるの俺だけ?みんなも汗かいてるよね?
(そう言う須藤さんの足元のエフェクターボード、屋内なのにビニールかぶせた防水仕様)
…もう外は暗くなってるのかな?(照明が消える)…暗いね(笑)
寒くなってきたから、みんな風邪ひかないように気を付けて帰ってね」

須藤さん「髭はデビューしてもう10年なんですけど、10年間なんてあっという間だよ。コテイスイ今いくつ?」
コテさん「42」
須藤さん「42って本厄?」
コテさん「いや、42は後厄」
須藤さん「本厄って42じゃなかったっけ?」

…っていうようなやり取りがあって、その後また須藤さんが「コテは本厄」みたいな事を言ったら
コテイスイさんがすかさず「後厄」って。それどっちでもいい…(笑)

話そろそろ終わるかなって思ったとこでコテさんが「ダメ、ダメ!」って言って、
須藤さんが「…今のもしかしてあれ?今流行ってるあれ!?(笑)みんな知ってる?流行ってるよね」って。
そしたらコテさんが「ダメよぉー、ダメ、ダメ」ってエレキテル連合のマネをして、
須藤さんにも「言ってみて!」って無茶振りするというカオスな展開に…。
「俺が言うの?…ダメよぉー、ダメ、ダメ」って言った後「オカマちゃんみたいになった」って須藤さん(笑)
須藤さんの言い方めっちゃ色っぽかった…何なのあの色気…。

須藤さん「さっき運営の方に案内してもらって園内?何て言うんだっけ?校内か。
校内を案内してもらったんだけど、すごいね。コスプレイヤーの人達。
ミリタリー系の人達は置いといて、アニメのこう…(前髪を真ん中だけ垂らす)
バッキバキに固めてね!遠くから見たらかっこいいんだけど
近くで見るとかっこ悪いみたいなの、今度のライブでやろうかな?(笑)
声優さん達がCD作ってたりしてさ、熱いよね。映画とかも撮ってるんでしょ?
映画出たいな。『真面目に演技する俺』、みたいな」

須藤さん「来週また大阪に戻ってきます。6日は奈良、7日は京都…間違えた!
大阪じゃなかった!大阪って言っといて飛ばすっていう(笑)
今日髭を観ていいなって思ってくれた人が来てくれたら完売するんで。
今日は呼んでくれてありがとうございます!来年も来るよ!呼んでもらえればね!」

須藤さん「次に演奏するのは今年できた曲なんですが、10年経ったから
書けた曲なのかなって思います。聴いてください、闇をひとつまみ」

曲の流れを生み出すような斎藤さんのギターとは対照的に須藤さんのギターはほんのわずか
弦に触れるぐらいのやさしいタッチで、滲み出すような音がメロディーの中に溶けていく。
それを支えるリズム隊との呼吸もぴったりで、今のバンドの空気感がよく出てる。

須藤さん「歌い上げる曲か上がる曲、どっちがいい?歌い上げてよく分かんない感じで
終わるのもいいと思うんだけどね。上がる曲?俺もそう思ってたんだよ!」

須藤さん「あと10分って出てる。今からコテイスイがダイブします!!」
コテさん「いやいやそこの間に落ちちゃうから!危ない(笑)」
須藤さん「そこのドラムの台のところから助走つけてボーン!って飛べばいいじゃん」
コテさん「怪我しちゃう。明日もライブあるからダメ、ダメ」
須藤さん「…それさっきのやつ?」
コテさん「ダメよぉー、ダメ、ダメ」
須藤さん「…ね、全然面白くない。…ダイブしようよ」
コテさん「ほら、スタッフさんがダメって!」
須藤さん「俺が怒られてる(笑)あと7分だって。コテが飛ばないから2曲減った!(えー!)」


MR.アメリカで前に出てきてくれた宮川さんに目を奪われてたら、下手側で斎藤さんが
いつの間にかステージを降りてた。でもセキュリティ上の理由で客席には
近づいちゃダメだったみたいで、運営さん数人に両脚がっちり押さえて確保されてた…(笑)
斎藤さんも「分かった分かった!」みたいなジェスチャーしてたんだけど、
離してもらえなくてそのままステージに戻るという悲しい感じに…。

ラストは謙介さんのカウントからテキーラ!テキーラ!
ギターのイントロを迎え撃つ須藤さんの佇まいがかっこいい。
ハンドマイクの曲だからかステージの下に運営さんの包囲網が出来てて、
降りてくれるなよ!みたいな感じですごい目が光ってた(笑)
gomesさんの鍵盤ソロも謙介さんのドラムもいいな。
学祭でも熱いコール&レスポンスやってくれて嬉しかった!


演奏を終えて、ステージを後にするメンバー。髭ちゃん最高ー!って叫んでた
後ろの男子めがけてめずらしくボトルを投げる須藤さん。すぐに起きるアンコールを求める手拍子。
すると、須藤さんが「僕達は何曲でもできるんだけど、学園祭は皆で作ってるものだからね。
今日はありがとうございました」って挨拶しに出てきてくれた。
その後ろでペコっと頭を下げるコテさん。髭ちゃんのこういうところ、好きだな。

あったかい気持ちでライブが終わる。フォロワーさんが声をかけてくれたけど、
ぼーっとしててちゃんと喋れなかった…ごめんなさい…。

ざわざわしてたから何だろうと思ったら、カーテンで仕切られてた楽屋エリアから
須藤さんが出てきてて、さっそく人に囲まれた。思わず寄って行ったら握手してくれて、
「こんなびしょびしょでごめんね!」って言いながら、がしっとハグしてくれた。
須藤さんの手、汗で冷たくなってた。寒くなかったかな…。汗を拭く間も
着替える間もなくそのまま物販に直行して、いつもの神対応。ほんと頭が下がる。

その後合流したフォロワーさんとちゃっかり並んでお話できた。
宇都宮のアンコールのMCがずっと心に残ってて、その事を話したら「ありがとう、覚えてるよ」って。
伝えたい事いっぱいあったけど上手く喋れなかったからまた手紙書こう。
それで、地元奈良なので奈良楽しみにしてますって言ったら
「奈良!また会えるの楽しみにしてるよ!」って。なんでこういうをさらっと言えるの…。
図々しくも写真も撮ってもらって(やっぱり緊張で顔引きつってた)、
フォロワーさんと駅までお喋りしながら帰ってきたのでした。行って良かった。楽しかったー!
大阪芸大実行委員の皆さま、お疲れさまでした&ありがとうございました。

髭ちゃんライブ、次はいよいよ待ちに待った奈良!たのしみ!


☆以下おまけ、収められなかったはみ出し箇条書きレポ。

・頭がくらくるする演奏に乗せて須藤さんが「O.S.A.K.A…O.S.A.K.A…」って囁く謎のくだりが。
・何の曲か忘れちゃったけど須藤さんギターのネックの先を銃口に見立ててお客さん撃ってた。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


2014.11.2 大阪芸術大学学園祭『Road Show』髭ライブ
セットリスト(大体こんな感じかな?順番曖昧です)


ネバーランドドリーム(サウンドチェック)
ミスター・タンブリンマン
ブラッディー・マリー、気をつけろ!
ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
黒にそめろ
それではみなさんよい旅を!

闇をひとつまみ
MR.アメリカ
テキーラ!テキーラ!
[PR]



by pochi-17 | 2014-11-06 00:14 | Live | Trackback | Comments(0)

2014.10.26 SSW14@大阪城野外音楽堂

10月26日大阪城野外音楽堂であったSSW14に行ってきました。

最終発表で小山田壮平って名前を見つけて、気になるけど…って思いながら
ライブ情報見てたらチケットプレゼントしてたので当たったら行こう、
当たらなかったら諦めようと応募したら当たった。RO69さんありがとうございます。

SSW14とは、公式さんのキャッチコピーをお借りすると、
“『SSW14』はシンガーソングライターによる、マイク一本の弾き語りフェス!”。
まさにそんなフェスでした。マイクとアコギ以外の楽器はなしで、
究極なまでにシンプルで、それでいて歌の力を感じるフェスでした。

メインのステージの他にサブステージ…とは名ばかりの、ステージの下、すなわち
ステージと客席の間のスペースでも転換中にライブが行われていて、聴き応えたっぷりでした。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


オープニングアクトは井上ヤスオバーガーさん。
ぱっと見ハナレグミの永積さんみたいな雰囲気もあるんだけど、
お喋りにも歌にも人柄が表れてて、最後に歌ってた好きなものを並べた歌がかわいかった。
麺類が好き、でもそうめんは嫌いパンチがないから。
お酒が好き、でもジントニックは嫌い。酔って気持ち悪くなったから、みたいな歌だった(笑)


一番手として登場した大石昌良さん。Sound Scheduleのボーカルさんだって事は
何となく把握してたんだけどイメージと違って爽やかなお兄さんって雰囲気でした。モテそう!
ルックス良し、歌良し、とにかくギターが上手い!非の打ち所がないとはこの事かと。
ギターが打楽器みたいにもなるしベースみたいな低音も出すし、あと乗せるのが上手い。
最後は耳が聞こえなくなった恋人を歌った悲しいバラードでしっとりと。


次は近藤晃央さん。歌はすごく良かったんだけど悲しい事が…
近くに座ってた女の子がライブ中ずーーーっと大きな声で喋ってて集中できなかった…。
周りの人にも迷惑だし、歌ってる人にも失礼だしイライラしてしまった。
あまりにもうるさいから後ろにいた人は席を移動してたし…途中でスタッフに注意されたみたいだけど。
ただただそれだけが残念でした。もう一回静かな環境で聴きたかったなぁ。


気を取り直していつかライブ観てみたいなぁって思ってたセカイイチの岩崎慧さん。
岩崎さんも声が素敵だったなぁ。カラッとしてるんだけど優しい声。「あかり」聴けて嬉しかった。
MCで「裏で壮平と会って、『会いたかったー!』って。今日は同窓会みたいな感じ」って。
マイクを2本使ってリアルタイムで声を重ねていって、コーラスみたいにしてて凄かった。


メインステージ唯一の女子、福島出身の片平里菜ちゃん。左手に大作戦のリストバンド付けてたのかな?
かわいくて強くてよく通る声。「お尻が痛かったら立ってもいいんだよー!」って
言ってみたものの大人しいお客さんが多くて「あれ、そんな感じですか…?(笑)」って。
「大柴さんとは東北のライブハウスを一緒に周ったんですけど、大柴さんの車に乗せてもらって、
しかもその時に私風邪をひいてしまって全然声が出なくなってしまって、
大柴さんに声が出るツボを押してもらってお世話になりっぱなしでした」ってエピソードも。
「女の子は泣かない」みたいな女子力の塊みたいな曲も聴かせる曲もあって良かった。


石崎ひゅーいさんの時、ステージと客席の間のところにファンの人達が集まって体育座りし始めて、
あれ?そんな感じなの?そんなのありなの?って。熱心なファンが多かったのかな?
シンガーソングライターというくくりに収まらないような熱いパフォーマンスで、
歌の途中でギター放り出してアカペラで歌ったかと思えばマイクを客席に向けて歌わせたり。
「夜間飛行」の時、袖で大柴さんがノリノリで踊ってるのが見えた。
何曲か歌った後、andymoriの「青い空」、ワンコーラス歌ってくれて客席がわって沸いた。
日も暮れて照明が灯ったステージや曲調も相まってドラマティックなライブだったな。

何気なく聴いてたサブステージの歌で「あ!この曲知ってる!」ってなったのが金木和也さん。
多分一度ラジオで聴いただけなんだけど歌詞にインパクトがあって覚えてた。
“君に彼氏がいなければあぶなく世界中がライバルだった”“ラッキーなくらいさちきしょう”
ポップでキャッチーで、かわいいラブソング。弾き語りのアレンジも良かった。

続いてメインステージに登場したのはダイスケさん。
ダイスケさんと言えばZIP!で犬と旅をしてた人、という事しかしらなかったんだけど、
本人曰く「旅のお兄ちゃんが片手間に弾き語りしてると思われがちですが、本業は歌手です」と。
隣にいたお姉さん方がダイスケさんのファンだったらしく、完璧な合いの手を入れてました。


歌に集中したかったんだけど、次だ、次だ…ってなったら緊張してきてあんまり入ってこなかった…。
位置的に舞台袖が丸見えで出演者がチラチラ通るのが見えちゃって。
それに小山田さんはまだ明るい時間帯、上手側の通路の方に出てたから気になってしまった。


ダイスケさんのライブが終わって転換中、やっぱりステージと客席の間に皆集まってきて、
うずうずしてたら隣のお姉さんが「行けばいいんじゃないですか?」って。
我慢できなくなって結局前に行って、体育座りで待機。

ステージにアコギがセッティングされて小山田さんの姿が見えると拍手が起きる。
グレーのカーディガン、青いTシャツ、黒のパンツにスニーカーというラフな服装。
サウンドチェックをしながらビートルズ(ブラックバードだったかな?)を口ずさむ。
ソロの弾き語りってどんな曲歌うんだろうって思ったらいきなり「投げKISSをあげるよ」。
聴き慣れたギターのイントロが鳴った瞬間、びっくりしたのと同時にずるい!って。
でも、いつものコーラスがない事にちょっと寂しさは感じたかな。。。
andymoriの野音の時は緊張した様子だったけど、この日はリラックスした雰囲気だった。

2曲目は「路上のフォークシンガー」。曲が進むにつれてエンジンがかかってくる感じ。
3曲目は新曲なのかな?メアリージェーンっていうフレーズが沢山出てくる曲。
歌い始めにガンジス川っていう言葉もあったし、インドでの旅を綴った曲なのかな?
サビの最後に“Everything's Gonna Be Alright”というフレーズが繰り返されてて、
大丈夫だよって伝えたいのかな、それとも言い聞かせてるのかなって。

小山田さん「こんばんは、小山田です。今日は素敵なイベントに呼んで頂いてありがとうございます」
そうかもうandymoriの、って言わないんだよねってまだ心がちくちくする。

小山田さん「今日はスペシャルゲストを。谷口貴洋!」
この後サブステージでのライブを控えた谷口さんが呼び込まれる。
小山田さん「たにぐっちゃんはこの後もう一回歌うっていうよく分からない感じになるんだけど(笑)
二人ともサッカーが大好きなんだよね。君にスルーパスって曲を作ったので歌いたいと思います」

と、ボールを蹴るジェスチャーをする小山田さん。一本のマイクを奪い合うみたいに二人で交互に歌う。
顔同士がくっつきそうな近さで楽しそうに、子供みたいにはしゃぎながら歌う小山田さん。
どんな曲だったか書きたいけど、視覚の情報が強すぎてよく覚えてないや…。

小山田さん「友達の長澤知之の曲を。大柴さんがこのイベントに出てくれって
一年間交渉してたらしいんですけど、なかなか腰の重い男で…(笑)」

と二人でカバーしたのが「コーデュロイ」。二人の裏声のコーラスが綺麗。
小山田さんはこういうラブソングの王道みたいな歌詞書かないから新鮮だったなぁ。

歌い終わってまたステージには小山田さん一人。
ギターを交換してシールドを挿そうとした時、シールドを挿す位置が分からなかったみたいで
「ひゅーい、どこにシールド挿すの?」って言ったらステージの下をひゅーいさんが走って来た(笑)
自分のギターだったら分かるだろうし、あのアコギはひゅーいさんのギターだったのかな?

「革命」は始めのワンフレーズだけで空気を変える歌。
歌が持つ力を、歌によって心は動かされるんだって改めて気づかせてくれる曲。

小山田さん「小学校の頃のナイスな友達、ゆうちゃんの事を歌った曲です」

“学校を休んだ僕にノートを写させてくれるゆうちゃん
因数分解分かんないバレーボールは下手くそ
朝、迎えに来てくれるけどまだ毛布にくるまってる”みたいな歌詞だった。かわいい。

演奏を終えて袖へ向かう小山田さん。
袖で迎えてくれた大柴さん達とハイタッチして抱き合ってるのが見えた。
それを見て、今日来てよかったなぁって。
ぽろっと話してた「幸せです」って言葉も含めて、元気そうでよかった。


暗くなる前からずいぶん時間が押してて、40分ぐらい押してしまっていて、
谷口貴洋さんは一曲だけの演奏に。それでも「一曲にすべて込めて歌います」って。


SSW14、大トリは主催者でもある大柴広己さん。

音止めが20時だったらしく、歌のピッチも上げて歌ってたみたいで気の毒だったんだけど、
「この5分間は皆が作ってくれた5分です。最後の方は一曲ずつ削ってくれて、
作ってくれた5分を俺が使ってもいいのかな」って出演者全員の名前を読み上げる大柴さん。
「SSWは10年前に俺が出たかったフェスです」という言葉にも、
「この曲はラジオでは流せないって言われて歌詞を変えろって言われたけど
変えずにレコード会社をクビになった。あれから5年になるけど、あの時歌詞を変えて
クビになってなかったらこの景色も見れなかった。自分を貫いてきて良かった」という言葉にも
このフェスにかける想いをひしひしと感じてぐっときました。

SSW、来年は二日間開催というアナウンスもあって(ひゅーいさんが先にばらしかけてたけど、笑)
「今年出てくれた皆は全員来年も出てくれると思うんで!」って。
初めて聴いた大柴さんの歌、力強くてあったかくて素敵でした。
きっとこんなに温かいフェスになったのもひとえに大柴さんの人柄がなせるものなんだろうなって。

晴れ渡った青空の下、一日中、音楽漬けになれた日。
SSW14、音楽っていいなぁって感じさせてくれるフェスでした。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


2014.10.26 SSW14@大阪城野外音楽堂 メインステージアクト

井上ヤスオバーガー
大石昌良
近藤晃央
岩崎慧(セカイイチ)
片平里菜
石崎ひゅーい
ダイスケ
小山田壮平
大柴広己

-------------------------

セットリスト

岩崎慧

01.あかり
02..Empty
03.Touch My Head
04.Daylight
05.バンドマン

小山田壮平

01.投げKISSをあげるよ
02.路上のフォークシンガー
03.メアリージェーン(新曲?)
04.君にスルーパス(新曲/with谷口貴洋)
05.コーデュロイ(長澤知之カバー/with谷口貴洋)
06.革命
07.ゆうちゃんの歌
[PR]



by pochi-17 | 2014-11-01 18:18 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

2017.4.20 Umed..
at 2017-05-04 15:48
2017.3.26 須藤寿 ..
at 2017-04-02 17:39
2017.3.25 ART-..
at 2017-03-31 00:19

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧