<   2015年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧




2015.3.24 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET「愛と憎しみ」ツアー@大阪心斎橋Music Club JANUS

3月24日、心斎橋Music Club JANUSであった髭のボーカル須藤さんの“ガタリ”ライブ、
須藤寿 GATALI ACOUSTIC SETの愛と憎しみツアーの大阪公演に行ってきました。
セットリストはいただきものです(ありがとうございます)。
MCは覚えてる限り書いたけど多分もっと喋ってたと思う…

ギターに元東京事変でペトロールズの長岡さん、ドラムにSAKEROCKの伊藤大地さん、
ベースに元BEAT CRUSADERSでWUJA BIN BIN(ウジャビンビン)のケイタイモさん、
鍵盤には髭のサポートも務めるgomesさんという4人編成のバンドを従えてのツアー。
(もちろんGATALIなので今回も須藤さんは演奏しないスタイル)

整理番号はぎりぎり2桁で5列目のセンター寄りに着席。
未だに座ったままライブを観るっていうのが慣れなくて不思議な気分。
今回も上手の長岡さんの位置にはソファーが置いてあって、
センター奥には観葉植物も置かれてホテルのラウンジのような雰囲気。
須藤さんの所にもスツールのような椅子、それと歌詞が書いてあるのか譜面台。

開演を少し過ぎた頃、明かりが消えると同時に須藤さんが一人でステージに。
須藤さん「こんばんは!須藤寿です!」
白のスウェットに黒の足首丈パンツ、黒のスニーカーという服装の須藤さん。

須藤さん「いつも先に出てきてメンバーを呼び込むんだけど。
僕をサポートしてくれるメンバー、サポーターを。
サポーターじゃないか。それだと別の人になっちゃうか。いつも大体呼び込む順番って
決まってるんだけど今日は逆に呼んでみよう!逆にね!…ギター、長岡亮介!」

まず最初に呼ばれたのは長岡さん。…って前もそうだったんじゃ?(笑)
長岡さん、相変わらず個性的でお洒落。つるんとしたキャップ(ボーラ型っていうのかな?)に
シルバーに見えるサテンっぽい素材のグレーのトップスに白のパンツ。

須藤さん「ベース!ケイタイモ!」
アウトドア系の帽子に白地に紺のボーダーのトップス、黒のパンツのケイタイモさん。
須藤さん「ケイタイモ!2児の父!一昨年子供が産まれました!今日、本番前にこうやって髭整えてたよね」
ケイタイモさん「昨日もやってた」
須藤さん「昨日もやってたんだ?(笑)ダリみたいなね。キーボード、gomes!」

コカコーラのロゴが入ったグレーのスウェットにデニムのgomesさん、秒速で着席(笑)
須藤さん「ドラム、伊藤大地!」
呼び込む順番いつもと変わんないじゃんって言われて、逆の逆をいったら表になっちゃったって。

須藤さん「フルネーム言いたくなる名前だよね、伊藤大地は。伊藤だけだとワサビみたいに
鼻に抜けるんだけどダで止まる感じがいいよね。声に出して読みたい」
伊藤さん「長岡亮介もフルネームで読みたくない?」
長岡さん「俺の名前は退屈だからね」
須藤さん「そんな事もないけど…(笑)亮介は、まぁーネガティブなんだよね」
伊藤さん「しかも人に攻撃してくるタイプのネガティブ(笑)」
須藤さん「今日も機嫌が悪いからどうしたのかな?って思ったら
『あー!ぐちゃぐちゃしてる!』って絡まったケーブルに怒ってんの(笑)
分かるかな、電車とかで知らない人同士が喧嘩してるあの感じ。ドキッとするのね。
朝だとこっちのテンションも低いから、何か機嫌悪いなーって(笑)」


ひとしきり喋ってから演奏に入るというリラックスした雰囲気でライブがスタート。
一曲目はスローに「太陽の季節」。位置的に座ったまま演奏する長岡さんが見えづらい…。
長岡さんが爪弾くギターに導かれるように曲が始まって、須藤さんの歌とgomesさんのコーラスが乗る。
2番の途中から伊藤さんのドラムが入るところはハッとするような音の強さで迫力がある。
生で聴くとベースやドラムの低音が足元から伝わってくる。ふわっと色っぽい須藤さんの歌。

「楽しい時間旅行」の軽やかなイントロの口笛はケイタイモさん。
間奏は長岡さんや伊藤さんgomesさんも吹いてたのかな?
長岡さんのファンクなギターのフレーズからgomesさんの鍵盤に移るところは
マチュピチュ、タヒチ、ポンペイ、台湾…って歌詞みたいに目の前に広がる景色が変わるよう。
間奏の小気味いいリズムと浮遊感は空から街並みを眺めてるようでわくわくする。
ラストに転調してあそびいこうのフレーズをメロディを変えて歌ったと思ったらそのまま「あそびいこう」。
この曲の低くて渋いコーラスいいなぁ。椅子に座ってても自然と体が揺れる。
この後だったかな、須藤さんがコーラスの真似をして自分でゴスペラーズみたい!って。

須藤さん「キーボード、gomes!」
gomesさん「白と黒の須藤くん!」
須藤さん「…せやねん。白黒やねん。これ発音合ってる?(笑)
よく行く好きな服屋があって、最近モノトーンが好きなんだけど須藤の好みを分かって
くれてるみたいで白と黒の服ばっかり置いてあるんだよね。20代の頃はそれこそ
原色の服ばっかり着てたんだけど、その反動で白とか黒にばっかり目が行くの」

思わずあれやこれやの須藤さんの衣装ヒストリーが脳裏をよぎる。

須藤さん「最近白とか黒が好きなんだけどでもこの間真っ青なセットアップ買ったよ。
セイランって言うの?学ランの青いやつみたいな色の。青空みたいな真っ青なスカイブルーのやつ」
ケイタイモさん「モノトーンが好きって言って原色も買ってんじゃねぇか(笑)」

須藤さん「それで鼻歌なんか歌っちゃったりして10着ぐらい持って行って試着して、
そのブルーのやつもこれはさすがにないだろって思って着てみたら、まぁー似合うな!って」
伊藤さん「いいね。俺試着して自分で似合うと思った事ないよ(笑)」

須藤さん「大阪に着て来ようかと思ったんだけどこれ着てたらおのぼりさんみたいだなぁと
思ってやめたの。クラブとかで目だけ隠すような時に着ようかな。
そういう時は俺、むしろ下は何も着ないで裸の方がいいと思ってるけどね。
皆着なくなった服とかどうしてる?こういう皆と会えるライブとかの時に売ろうかな?(笑)
ケイタイモさん「額に入れてこれはいくらですってやれば?」
須藤さん「それ長嶋茂雄さんクラスならいいけど俺がやるとこんなとこで何やってんのってなるでしょ(笑)」

須藤さん「…曲行こうか。サンシャイン」

Sunsetバージョンの「サンシャイン」はgomesさんの無垢で穏やかなピアノと
長岡さんが爪弾くギターの音色が美しくてため息が出る。抑えたトーンの須藤さんの歌声が切ない。

ライブで聴く「ウィークエンド-Theme From The Great Escape-」は打ち込みの音源と違って
伊藤さんの生ドラムで、メリハリのあるビートがかっこ良かった。

長岡さんがさらりと弾くフレーズはどれも心憎いぐらいセンスがいい。「ハーイ!ゴメス!」。
gomesさんに語り掛けるみたいにしておどけて歌う須藤さん。gomesさんも思わず笑顔。
楽しい気分で聴いてたけど“忘れてしまえ 昔の痛み”ってフレーズに心がずきっとした。
いきなり“突き抜けたーい♪ SAY!!”って振られてびっくりしたり。

須藤さん「ハーイ!ゴメス!はgomesが落ち込んだら嫌だなって思って作った曲です。
スーゴメって10回言ってごらんっていう曲もあって、それもgomesの事を歌ってるんだけど
その曲はgomesが死んじゃった時の事を想像して書いた曲で、gomesが祭壇場?何て言うの火葬場か。
火葬場で焼かれて青い空に煙が立ち上って、そこにgomesの顔が浮かんで…(笑)
その曲は今回のツアーグッズの缶バッジのダウンロードコード?よく分かんないんだけど、
それで聴けるのでライブで聴いて耳触りが良かったら聴いてみてください。
この曲はgomesがエンジニアやってくれたんだよね。どうだった?
夜中にスーゴメスーゴメ…って聴きながら作業するのストイックだった?
このスーゴメはないなとか、このスーゴメはコピペして使おうとかあった?」

ふふっと笑うgomesさん。

須藤さん「この曲の話したからもうやっちゃう?やっちゃっていいか。
またこの曲の番が来たらもう一回やろうよ。サビが来たらみんなスーゴメって歌ってね」

ぴょんぴょん飛び跳ねるようなgomesさんのピアノ始まりの「スーゴメって10回言ってごらん」。
この曲のピアノのアレンジ可愛い。幼児番組とかで流れてそうな音とサビの
スーゴメスーゴメ…ってメンバーのシュールなコーラスのギャップがいい。

須藤さん「次に歌うのは髭の新曲なんだけど、今制作中で歌詞ができてなくて
考えてたらこんなスニーカー履いてきちゃって(と足を上げて見せる)」
長岡さん「今日買いに行かなかったの?」
須藤さん「忘れてた。寒いなーと思って中にいたら忘れちゃって。
亮介は大阪の街に繰り出して10分前ぐらいに戻ってきたよね」

GATALIバージョンの「ジョゼ」、須藤さんが歌ってgomesさんがピアノを弾いているのに
長岡さん、ケイタイモさん、伊藤さんの個性が溢れてちゃんとGATALIの音になってた。
ケイタイモさんのベースのフレーズがすごく心地よくて曲の世界観に合ってた。
それにしてもこの曲の歌詞は悲しくて切ない。髭ちゃんの曲でも今までにないタイプ。

須藤さんが小さい頃に聴いていたという「チョコレート・ドリーム」のカバー。
ポップで女性的な歌詞の曲でも歌いこなしてしまうのは須藤さんのキャラクターのなせる業。
歌はかわいらしいけど演奏はきっちりかっこいいっていうのがGATALIのすごさ。


須藤さん「今日雪降ってたよね?岐阜と滋賀の間ぐらいで吹雪いてたよ。
でも大阪に着いたらいい天気で。俺、すっごい晴れ男なんだよ!ライブで雨降った事ないもん。
ライブって言っても外でやる時ね。フジロックフェスティバルっていう、新潟県だっけ?
そこはちょっとよく分かってないんだけど(笑)その新潟県の山の中みたいな所でやる
フェスがあるんだけど、山だから天候が変わりやすくて雨が多いの。
でも俺フジロック3回出て2回晴れたもん!(笑いが起こる)
ちょっと待って。今、一回降ってるじゃんって思ったでしょ?最後まで人の話聞かないで!
その雨が降った一回っていうのは屋根のあるレッドマーキーの時だったの。そこしか屋根がないから
結果としてみんなそこに雨宿りする為に集まって来て髭ちゃん人気出ちゃったの。
雨が降るとチケット持っててもみんなライブ行かないでしょ?
逆にいい天気だと行くつもりじゃなかった人もライブ行こうかな?ってなるから動員が増えるの。
俺が晴れ男だから髭は人気出たんだよ。…いや言うほど売れてないか。
サマーソニック、サマーソニックフェスティバルの時も、あれ幕張だっけ?
(長岡さん「うん幕張」)ビーチステージだったんだけど雷ドッカーーーン!!って鳴ってて、
もう本当にすごくて真上で鳴っててこの近くに落ちてるなって感じのドッカーーーン!!だったの。
前のバンドは危ないからって中止になっちゃったの。それで俺達も中止になっちゃうのかなって
思いながら裏の動線を移動して、バンから降りた瞬間にサーッて晴れたの!
(お客さん「虹出てた!」)…えっ虹出てた?俺より詳しい人がいた(笑)
みんな知ってる?雨が降った後の夕焼けってすっごく綺麗なんだよ!
その時もきっともう出てたからあの歌うたってたんだろうね、僕を見ておくれ♪ってね」

長岡さん「そのきらっきらの笑顔でね」
須藤さん「両手広げて跪いてね。でもその時は本当に僕を見ておくれって思ってるんだよ。
ギタリストが好きとかベーシストが好きとか皆色々好みはあっても
大体バンドだったらボーカル見てるかもしれないけど(笑)
俺がきらっきらの笑顔で僕を見ておくれ♪って歌ってるとみんなも『須藤さんかっこいいな』って。
分からないけどね。今のは向こうの気持ちを汲み取って言っただけだから(笑)
今もライブの後にサインとかハグとかしちゃったりしてね。まあそれもいいんじゃないかな」

ケイタイモさん「あのさー…」
須藤さん「…ここで喋るって事はこれ以上の話を持ってるって事だろうね!?」
ケイタイモさん「この話、サンシャインの前にすれば良かったのになって思って」

須藤さん「今回のツアーでTシャツを作ったんだけど、前にGATALIで作った
Tシャツが全然売れなかったの。それでその原因を考えたんだよね。
デザインかな?って思ったんだけどいつもと変わらないし。
それで分かったんだけど、GATALIって座ってるから汗かかないでしょ?だからだよ。
ペトロールズはいつもすっごく素敵なTシャツ作ってるじゃん」
長岡さん「(リラックスしてたのに背筋を伸ばして)ありがとうございます」

須藤さん「だから今回のTシャツはこだわって作ろうと思って。
お店でボディから選んで、花瓶を投げて割っちゃう先生みたいに
『違う!これじゃない!』ってビリビリ破いて。でもちゃんと後で弁償するっていうね」
長岡さん「陶芸家みたいにね」

須藤さん「今回Tシャツのデザインを一度に二個も頼まれたんだよね。
Photoshopとかイラストレーターとか使えるからやってたんだけどいいのができなくて、
人に会ってインスパイアされたいなって思って。人がどんなインスパイアを
受けてるのかなって、だから人が受けたインスパイアにインスパイアされるって事だね。
俺と同い年の昔からよく知ってる、ハイジのデザインもしてくれて他にも色々髭のデザインを
してくれた友達のデザイン事務所に行ったんだけど、Tシャツのデザインの話する前に
『今日AKIRAの爆音上映会があって面白そうだから行こうよ!もう時間ないし!』って言われて、
『え…!?』ってなったんだけど、事務所も会場も駅の近くだったからすぐに着いて。
こういうイベントスペースみたいな所に人がいっぱいいて、中に入ったらこんなじゃないよ、
それこそさっきのサマソニみたいなでっかいスピーカーが何個も置いてあって、
うわぁこれ大丈夫かな…って思って周り見たら変な人ばっかりなの。
そりゃ平日の昼間の5時からだもん、変な人ばっかりだよね。
その中でもKING OF 変な人だったんだけどね(自分を指して)
それで始まる前に主催者のおじさんみたいな人が出て来ちゃって挨拶し始めて。
聞くとあちこちでやってるみたいで、音響とかでもすごいこだわりがあるんだって。
クラブに行ってもスピーカーの位置とかこだわりのある人いるけどそういう感じなんだろうね。
上映会がいよいよ始まって、最初にいきなり東映の波がバッシャーン!!みたいな映像が出て。
もう本当にバッシャーン!!ってすごいの音が。それで始まるのかな?って思ったら、
シャーッ!!てすごい変な音がするの。それ、フィルムの音だからね?
爆音すぎてフィルムを送る音すらうるさいの(笑)AKIRAなんていきなり『ワーッ!!』とか
叫んだりするのに大丈夫かなって思ってたんだけど不思議と耳は痛くならなかった。
多分そのおじさんが音響とかこだわってるからなんだろうね。
爆音上映会、あちこちでやってるみたいだから近くでやってる時は行ってみてください」

須藤さん「(客席がざわついて)…あ、Tシャツ?いいと思うよ。上出来!でも持って来てた分が
もう完売しちゃったみたいで、通販できるようにしてもらうのでぜひ買って下さい」
ケイタイモさん「昨日着て汗でびっちゃびちゃになって一日発酵したのならあるけど」
須藤さん「逆にそれ欲しいっていう人いるかもしれないよ?」

須藤さん「みんなDoorsって知ってる?今回のツアーは自分の音楽のルーツを
辿る旅にしようかなと思って、俺が10代20代の時に聴いていた曲を演奏していて。
今の中学生とか高校生とかの若い子はYouTubeで2曲だけ聴いて
アルバム聴いたような気になってるよね。やれユーチューバーですとかね。
僕が10代の頃ってひとつのアルバムを何回も何回も聴いてたんだけど、
そういう皆がびっくりするようなアルバム作りたいと思ってるんだよミュージシャンは。
よし、GATALIでフルアルバム作ろう!皆がびっくりするようなやつ!」

確かにそうなんだろうなぁって頷きながら聞いてたらちょっといい話になって
不意打ちでぐっときてしまった。でも私は今も同じアルバム何度も聴いてるよ。髭ちゃんのアルバムを。

須藤さん「次に歌うのも自分のルーツの曲なんだけど。Doorsで『Light My Fire』」

髭でもカバーしていた「Light My Fire」、この曲のgomesさんのピアノソロが圧巻だった。
息をするのも忘れそうな迫力で、曲中に歓声が上がるほどだった。gomesさんってすごい人だったのね…。
須藤さんもちょっと得意げだったな。ご機嫌でリズムに体を揺らしたりビール取りに行ったり。
かと思えば長岡さんケイタイモさん伊藤さんも負けてなくて、須藤さんの歌も最高だった!
あんなピアノソロを弾いておいて、自分の番が終わったら照れくさそうに小さくなって座ってるgomesさん。

元々ここで演奏する予定だった「スーゴメって10回言ってごらん(2回目)」。
「さっき歌ったから(サビでスーゴメスーゴメ…って歌うのは)分かるよね?」って。
そしたら須藤さんと一緒に長岡さんも大きな声でAメロから歌ってた(笑)

須藤さん「この曲のすごいところはスーゴメって言ってごらん?って
10回言い続けてたら最後はゴメスになるとこだよね!」

スタッフさんが長岡さんのところにビールを届ける。
須藤さん「あっ、ビール…」
長岡さん「持ってきてくれたからいいよ」
須藤さん「忘れてた。俺こういうとこあるから」
長岡さん「いいと思うよ」

須藤さん「次に歌う曲はさっきのスーゴメって10回言ってごらんと同じで
配信でダウンロードして聴ける新曲です。『ラブヘイト』」

先にライブで聴いたフォロワーさんからインテルのCMで水原希子ちゃんが歌ってた曲だったよって
教えてもらって気になってた「ラブヘイト」やっと聴けた。曲の原型はその頃からあったのかな?
アレンジも変わっていたけど、歌い出しの“ヘビが嫌い”ってフレーズのメロディが同じだった。
穏やかなトーンで曲が進んで行って聴き入ってたら最後の方に“私、私が嫌い”って歌詞があって、
急に涙が溢れそうになってこらえるのに苦労した。その時の気持ちとあまりにも同じだったから余計にね。

「騒々しいバナナ」の明るいトーンは座って聴いてるとうずうずする。
伊藤さんが刻むリズムと長岡さんのギターのフレーズが絶妙。
最後に転調する所でちょっと乱れて須藤さんが「止めよう!止めよう!」ってストップ。

須藤さん「…ゴメスー!?」
gomesさん「はいっ!(先生に怒られた生徒のように反射的に立ち上がる)」
須藤さん「gomesやっちまったな!罰ゲーム!クールポコのモノマネ!」
gomesさん「クールポコ…?なぁーにぃー?」

須藤さん「もし俺がかまやつさんとかと一緒にやる事になってかまやつさんが間違えたとしても
ちゃんと言うよ?忙しいからっていって練習しないで間違えたりしないでくださいって。
まあそんな機会ないだろうけど(笑)俺、弱いものには強いよ!違う間違えた!弱いものには優しいの。
gomesなんかウサギだと思ってるよ。愛でたいもん。皆知ってる?雨の日はgomesのもじゃもじゃが
ちっちゃくなるから外の天気が分かるの。今日gomesの頭小ちゃいな…外は雨か!って」

須藤さん「さっきのクールポコじゃないけどお笑い芸人さんも大変だよね。
この間Yahoo見てたらラッスンゴレライの人の事が載ってて、
コメント見てたら『俺は一度もそのネタで笑ったことなんてない』とか
『俺は初めから面白いとは思ってなかった』とか面白くない自慢みたいに書かれてて」

相変わらずYahooっ子な須藤さん。やたら詳しい(笑)

須藤さん「こういう展開なんだっていうのは今ので分かったと思うからもう一回最初からやろうか」
そんなこんなでやり直しの「騒々しいバナナ(2回目)」。コーラスがすごくきれい。
踊る須藤さんの腹チラいただきました!(変態でごめんなさい)

ケイタイモさん「…良心の呵責に耐えかねて言わせてもらうと、
さっきgomesが間違えた事になってたけど実は俺も間違えた」

須藤さん「え、クールポコやりたいの?(笑)そういう事だよね?」
ケイタイモさん「なぁーにぃー?」
長岡さん「それ普通にケイタイモだから」

「僕はゲリラ」の“悪い奴がどこにもいない”のところ、フロアを指す須藤さん。
この曲のピアノのアレンジも長岡さんのギュイーン♪ってなるギターもいいなぁ。
長岡さんのギターはどれもピカピカに磨かれていて音もフォルムも綺麗なのばかり。

須藤さん「あと一曲なんですけど…(えー!)俺もえー!だよ。でも思ってるより時間経ってるよ?(笑)
さっきDoorsのカバーやったけど、これも俺が衝撃を受けたNIRVANAの曲で
『Smells Like Teen Spirit』(イントロが聴こえてきて)…静かに始まるよ」

ライブを観ていて時々須藤さんの佇まいにカートを感じる事があったから聴けて嬉しかった。
DoorsのカバーもNIRVANAのカバーもすごく贅沢で素敵だった。
前のツアーで演奏してた邦楽のカバーもこれもいつか音源化してほしいな。

演奏を終えて舞台袖へ向かうメンバー。
長岡さんは後ろ手で手を叩きながらはけて行く。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、須藤さん以外のメンバーがステージに。
少し遅れて須藤さんもステージに。

須藤さん「みんな立とうか!スタンドアップ!」

髭のカバーで「テキーラ!テキーラ!」。gomesさんのピアノのアレンジがオリエンタルな雰囲気。
曲の合間の“…テキーラ”も、ゆらゆらと漂うようなリズムも大人っぽくて別の曲のよう。

ラストは新曲の「例えばユートピア」。長岡さん曲の魅力全開のお洒落でアーバンなサウンド。
そのままペトロールズの曲として長岡さんが歌っているのも聴いてみたい。
ギターソロ、立ち上がった長岡さんがスポットライトを浴びてる姿は
ここがライブハウスだって事を忘れそうになるようなオーラがあった。

演奏が終わり、笑顔でステージを後にするメンバー。ライブ終了。

しばらくして須藤さんの声がしたと思ったら出てきて、
ちょうど通り道にいたから、ありがとう!って言って握手してくれた。
そのまま出口の所でひとりひとりに声をかけながらお見送りしてくれた。
そんな状況で素通りする事はできないので列に並んで、
ステージにいる須藤さんならいくらでも見続けられるのにいざ目の前に立つと
きらっきらの笑顔が眩しくて直視できなくて、気の利いた事も言えず
「カバー曲も新曲も良かったです」とか普通の言葉しか出てこなかった。
「ライブ観て元気出ました」って言ったら「良かった、いつもありがとう!」って。
こちらこそいつもありがとうございます。ほんとにね。

友達にプレゼントする為にステッカーにサインと名前をお願いしたら
その友達の事を覚えててくれて伝言を託してくれたのがすごく嬉しかった。
そんなこんなで嬉しい言葉と温かい気持ちを心の中に大切にしまって帰路についたのでした。

あんなにいっぱい笑ったのいつぶりだろ?って思うぐらい笑わせてくれて。
何の話の時だったか話の反応薄くて「曲いこうか。こういう時便利だよね音楽って。
音楽ってこういう時の為にあるんじゃない?皆もデートしてて
会話がなくなった時は音楽聴けばいいと思うよ」って。いやいやいや…(笑)
ほんと、いちバンドマンに留めておくには惜しいよ須藤さんは…。
でも歌ったらその場の空気を一瞬で変えてしまうんだからずるい。
GATALIのライブを観て、あらためて私は須藤さんの作る、
歌う歌が好きなんだなって思った。至福のひと時でした。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2015.3.24 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET「愛と憎しみ」ツアー
@大阪心斎橋Music Club JANUSセットリスト

01.太陽の季節
02.楽しい時間旅行
03.あそびいこう
04.サンシャイン(Sunset)
05.ウィークエンド-Theme From The Great Escape-
06.ハーイ!ゴメス!
07.スーゴメって10回言ってごらん
08.ジョゼ
09.チョコレート・ドリーム
10.Light My Fire(Doorsカバー)
11.スーゴメって10回言ってごらん
12.ラブヘイト
13.騒々しいバナナ
14.僕はゲリラ
15.Smells Like Teen Spirit(NIRVANAカバー)

ENCORE

01.テキーラ!テキーラ!(髭カバー)
02.例えばユートピア(新曲)
[PR]



by pochi-17 | 2015-03-30 23:29 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

2017.11.16 GLA..
at 2017-12-01 21:50
2017.11.20 GLA..
at 2017-11-23 22:00
2017.11.9 髭×OG..
at 2017-11-19 21:50

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧