<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧




2016.12.28 RADIO CRAZY@インテックス大阪

2016.12.28 RADIO CRAZY@インテックス大阪

行ってきましたRADIO CRAZY。

今年はベボベ、グドモ、OKAMOTO'S、Suchmos、スカパラ×健さん、
クリープハイプ、KANA-BOON、the HIATUS、サカナクションという流れ。

RADIO CRAZYはチケット取るのも大変だし、行くまではしんどいし
行ったら今度は入場規制に悩まされるけど、それでもやっぱり楽しいフェス。
こういう機会でもないと観ないバンドも色々観れたし、
あんまり好きじゃないと思ってたバンドが良かったりして新しい発見があった。

+++

11時頃に着いたから並ばずに入れて、まだ少し時間があったから
神社とかがあるブースを覗きに行って一発目はR-STAGEでBase Ball Bear。

…の前に802DJによる前説があって出てきたのが飯室さんとばんちゃんで、
飯室さんと言えば髭のライブでしょっちゅうお見かけするから変な感じだった。笑

ギターの湯浅さんが脱退してサポートで弓木さんが入ってたんだけど、
見た目ふわっとした女子力高めなのにギター弾くと男前でかっこよかった。
小出さんが「今日出てる中でも一番ギターが上手いと思います」って
話してたけどほんとお上手で目も耳も奪われた。
関根さんのベースも結構男性的だし相性も良かったのかな。
小出さんはいつ観ても、いい意味で変わらないなあって思う。

+++

そのままR-STAGEでグッドモーニングアメリカ。
たなしんさんがサウンドチェックで出て来た時ざわついてたの面白かった。
(多分ピチピチの短パン履いてて脚細くてキレイだったから笑)
本番で出てきた時ピコ太郎の仮装してて、あれはいい出オチだった…。すぐ脱いでたけど。

グドモの曲はキャッチーなのにグッとくる歌詞が不意に出てくるのがいいなって。
あんまり知らないながらも知ってる曲やってくれて嬉しかった。
裏がフォーリミだったから途中で抜ける人も多くてそれをネタにしたりしてた。
あとグドモには声とテンションが高い人が二人いたのか…という発見。
途中で抜けて移動するつもりだったけどライブが良かったから最後まで観た。

+++

L-STAGEに移動してOKAMOTO'S。もうすでに人がいっぱい。
ステージあんまり見えなくて端の方で映像メインで観てたんだけど、
若いのに音だけ聴いてたらどこのおっさんが鳴らしてるのかっていう渋さがすごい。

ご両親ゆずりなのか、802でDJやってたからかハマくんのMC上手いなあって思った。
「配られてるタイムテーブルのところに802で番組やってた人は印が付いてるんですけど
OKAMOTO'Sのところには印がついてませんでした。ひどいよね、SNSで広めて下さい」って。笑

あと曲の途中のコール&レスポンスで「うまくやれ」って連呼するところで
「『うまくやれ』って曲なんです、付き合って下さい」って言ったりとか。
自分の中では観るものに迷ったらOKAMOTO'Sっていうところがある。
OKAMOTO'SはRADIO CRAZY唯一の皆勤賞なんだって。
どおりで何度も観てるはずだ!(確かALが出てた年のミートでも観た)

+++

一旦出てお昼ごはんを特急で済ませてまたL-STAGEでSuchmos。
Suchmosも人いっぱいでぎゅうぎゅうだった。もはやL-STAGEでは手狭なのでは…
あふれ出るオシャレ感にあてられてぐうの音も出なかった。
こういう音楽を聴くには自分自身もオシャレでなきゃいけないんじゃとか思ってしまう。
サウンドの作りも見た目もMCも全部洗練されててダサいところが見つからないというか。

MintとかSTAY TUNEとか、ラジオやCMでもすっかりおなじみの曲も聴けた。
演奏は良かったけど淡々としてるというかクールというか、そういう印象も受けたかな。

+++

東京スカパラダイスオーケストラfeat.Ken Yokoyamaを観にZ-STAGEに向かって
ぞろぞろ歩いてる途中、入口の近くでthe HIATUSのRadioが流れててドキッとした。

人が多くて入口に着いた時にはゴッドファーザーのテーマが聴こえてきてて、
やばい始まってる!って急いで前方へ。真ん中のブロックは埋まってて端のブロックに。
そこでも端に少し花道みたいな作りになっててギターの加藤さんとかが来てくれてた。
谷中さんはひとり真っ赤なシャツにジャケットで、健さんもスカパラメンバーと
お揃いのジャケットにハーフパンツですっかりスカパラの一員だったし、
スカパラのメンバーたちはKen Bandの一員のような雰囲気だった。

健さん「ちょうど一年前に…ちょうど一年前にって虎舞竜みたい!
ちょうど一年前に~♪(笑)これ曲に繋がる!」

嬉しそうにきゃっきゃとはしゃいでる健さんがかわいすぎてですね…。

健さん「ちょうど一年前にRADIO CRAZYの喫煙所で谷中さんと会った時に
谷中さんが難しい顔してて、体調でも悪いのかなって思ったら
歌詞に悩んでたみたいで『俺、横山健の人生背負いすぎた』って言われて。
それがちょうど一年前に~♪この道を通った夜~♪道なき道、反骨の」

と、もちろんあのコラボ曲も披露してくれた。

トランペットのNARGOさんがインフルエンザで不在で、
谷中さんが「スカパラも長くやってると色々あります。
これだけ一人の存在を大きく感じたのは初めてです」と。

百戦錬磨のスカパラメンバーに負けじと、
加藤さんとギター競演してた健さんかっこ良かったな。
Punk Rock Dream聴けたのめちゃめちゃテンション上がった。
今回できなかった谷中のお願い(肩組み)は今度絶対リベンジする!

+++

スカパラ終わってどうしようかなって思ったけど規制かかりそうだったし
せっかくだから観た事ないの観てみようかなって思ってそのままクリープハイプ。

正直あまり好きなタイプではないと思ってたんだけど、ライブを観てみると
あれ、そうでもないぞ…っていう感じでこれも新しい発見だった。
特に5パーセントという曲が良かったかな。静かで穏やかなバラード。

クリープハイプはバンドなんだけどガチャガチャした音じゃなくて
繊細に組み合わされたアンサンブルという感じで、曲の世界とも合ってて良かった。
MCの時、尾崎さんが「さっきエゴサをしたら『クリープは大人見する』って
書いてあって、大人見があるんだったら大人なコール&レスポンスを」と言って
ささやくように「…イェーー!」ってやってたのがじわじわきた。

+++

クリープの後はKANA-BOON。テナー観たかったけどこれがフェスのダメなところ。。

KANA-BOONっていうとTVにもいっぱい出てるし売れてるけどメンバーは謙虚で好感が持てた。
TVで耳にする事も多いけど、802のスタッフさんへの気持ちも伝えてたりして。
それに演奏もしっかりしてて曲もキャッチーでノリが良くて、そりゃ人気あるよね。
フルドライブとかかなり盛り上がってた。客層は若い子が多かったかな。
新曲もガンダムの曲になったらしく、すごいな売れてるバンドは違うなーって。

+++

KANA-BOON勢が抜けたところにするっと収まっていちばんのお目当てthe HIATUS。

機材のセッティングで出てきたmasaさんが黒いTシャツに革ジャン着てて
黒いTシャツめずらしいなって思ったら本番では安定の白のタンクトップだった。笑
細美さんは黒の無地T、ウエノさんはバックにピストルのラインストーン?が入ってるレザー。

サウンドチェックで軽くドラムを叩く柏倉さんがすでに素晴らしかった…。
他のドラマーさんとは叩き方というか音が全然違う。軽やかでしなやかなドラム。
ギター諸々のチューニングが終わって細美さんが「サウンドチェックで1曲やります」と。
そしたら拍手が起きて「サウンドチェックで拍手もらえるって贅沢だよね」って。
さらっと流す感じでCloneを演奏してくれたんだけど、masaさんのギターかっこよかったなあ。

一旦メンバーはステージを後にして、前説で今年も802DJの卓人さんが登場。
細美さんとの付き合いはELLEGARDENの休止前、Zepp Osakaの楽屋から始まって
最初の音源、アルバム、今年出たアルバムに至るまで番組でずっと追い続けてきて、
Radioのサンプル盤を聴いた卓人さんが802で最初にOAさせてください!と
細美さんに直談判した事とか、とにかく熱く、愛情たっぷりに話されていたのが心に残った。

今年のツアーでも使われていた柏倉さん作の痺れるSEの後、下手からメンバーが登場。
曲が始まる前にじっとベースを抱きかかえるようにしているウエノさんをいつも見てしまう。
一曲目からぐっと惹きこまれるGeraniumでツアーを思い出した。
貫くような芯の強い歌声、深く美しい鍵盤、耳をつんざくようなイントロのギター、
心臓の鼓動みたいなドラム、グルーヴ感自在にを操るベース。端から端までかっこいい曲。

二曲目がStorm Racersで身構えたのも一瞬、モッシュの波に飲まれて気付いたら
周りが壁みたいな男子だらけでここにいたら最後までもたないと思って脱出。
ライブでのこの曲の爆発力はすごいものがある。みんな楽しそう。

その流れのままThe Flare。ステージの熱がフロアにダイレクトに伝わってくる。
間奏での一葉さんの鍵盤からの流れはいつ聴いてもゾクゾクする。

イントロの一音聴いただけでハッとするBonfire。一葉さんの鍵盤がやばい。。
鍵盤とドラムに耳が行きがちだけどウエノさんの間の取り方も絶妙。
曲の終わり際の柏倉さんのリズムが変化していて、二度と同じ風にはならないんだろうなって。

細美さん「こんばんは、the HIATUSです!今年も一年ありがとうございました。
熊本の地震の時もいち早く物資を届けてくれてありがとうございました」

フロアからの「ウエノー!」の声に応えてウエノさんがひと言挨拶。
そしたらmasaさんが「ウエノさんの事呼び捨てにしやがって!」と。

細美さん「俺は別に先輩のこと呼び捨てでもいいと思ってるからいいけど、
呼び捨てがダメって奴もいるからまあどっちでもいいんじゃない?」

細美さん、シンジさんにビール持ってきて!って言ってたけどSCの時からアサヒ飲んでた。笑

ハンドマイクの細美さんが間奏で楽しそうに踊りながら音をコントロールしていたUnhurt。
この曲のベースラインはほんとに気持ちいいポイントを突いてくるし、
柏倉さんのドラムに気付いたら体が勝手に踊り出してる。

きらきらとした光に照らされてRadio。息を吸い込む音も声の揺れも全部リアルに伝わってくる。
今年はこの曲がいちばん心に響いたし、何度も助けてもらったなって思いながら聴いてたら
どうしても涙が溢れてきてしまったけど、一年の終わりにもう一度ライブで聴けて良かったなって。

細美さん「タクティとは8年の付き合いだけど、ライブ前に後でやる曲バラさなくても良くない!?」

「今年も大阪にはお世話になりました。今年は1日も無駄にせずやってこれたと思います。
また来年もHIATUSとかMONOEYESとかでお世話になると思うのでよろしくお願いします。
来年も気の向くまま、新しい事をできたらいいなと思ってます」

「次に大阪に来るのは半年後とかになると思うんだけど(えー!)
それまでは他のバンドのライブに行くといいよ。10-FEETとか…
あの唇の分厚いTAKUMAって奴、結構いい事言うよ。それかBRAHMANのライブに行くと
TOSHI-LOWが弱ってるお前らの頭を上から踏んづけてくれる」

Insomniaのイントロ、柏倉さんのドラムはいつも心を鷲掴みにされる。
ライブだとストリングスの部分が鍵盤になってて、そのアレンジもとても好き。
今のInsomniaは力強くて、どこへでも高く上って行けそうで無敵。

ラストは紺碧の夜に。もうすぐ終わってしまう実感が急に込み上げてきて寂しくなった。
演奏も歌もめちゃめちゃかっこ良くて、ギターソロの前まで「masa!」って調子よかったのに
後半歌詞がとっ散らかって「僕らは月の影にそって歩き続けるんだ…間違えた!」って。笑
そういうとこも含めてライブだし、これもきっと思い出の一部になるはず。

「ありがとうございました!良いお年をお迎え下さい!」と笑顔でステージを後にする細美さん。

2016年はたくさんHIATUSのライブが観れて幸せだった!
RADIO CRAZYでのライブを観て、やっぱり私の中で細美さんは永遠のヒーローだなって。
ずっとこの日感じた気持ちを忘れないで来年も頑張ろうって思った。

the HIATUS@RADIO CRAZYセットリスト

01.Geranium
02.Storm Racers
03.The Flare
04.Bonfire
05.Unhurt
06.Radio
07.Insomnia
08.紺碧の夜に

+++

RADIO CRAZYのシメはサカナクション。

サカナクションのライブはRADIO CRAZYで何度か観た事があるけど、
観る度にスケールアップしててエンターテイメント性がどんどん増していってる。

そんなにサカナクションに関して詳しくない私ですら知ってる曲の連発で、
夜の踊り子では踊り子さんが登場して舞を披露したり、
新宝島では派手なレーザーで染め上げたり。
演出だけでなく演奏面も良くて、相変わらず草刈さんのベースかっこいいなって。

「人の記憶のほとんどは18歳頃までのものらしいんですけど、
大人になると色んな事が一瞬で通り過ぎてしまうから
楽しかったことも辛かったことも噛みしめて生きていきたい」

アンコールの時、山口さんがこんな風に話していたのが心に残った。
大きいステージのトリにふさわしい、堂々としたライブだったな。

+++

一日中、時間も忘れて休む間も惜しんで音楽を浴びるように聴いて。
RADIO CRAZYに来るとやっと年末だー!っていう実感が湧く。

2016年もいいライブをいっぱい観れて良かった。
2017年もいいライブがいっぱい観れますように!
[PR]



by pochi-17 | 2017-01-06 23:29 | Live | Trackback | Comments(0)

2016.12.23 THROAT大忘年会@奈良NEVERLAND

2016.12.23 THROAT大忘年会@奈良NEVERLAND

今年も行ってきました、4回目を数えるTHROAT大忘年会。楽しかった!
出演はAYNIW TEPO、bed、Age Factory、achico、
TheSpringSummer、ビートさとし、LOSTAGE。

+++

入場してすぐ、右手のベンチで五味さんとアチコさんが
座って談笑していらしてそわそわ。
物販の脇にはLOSTAGEとtoeの対バンの告知ポスターが貼ってあって、
これは…と思わずチケット買いそうになったけど保留。。

ライブの前には恒例の岳久さんによる開会宣言。
シャンパン持ってきて、栓を開けようとするもお客さんが怖がってて。笑
キーボードにかかったらごめんな、って言ったら「弁償してもらいます」って。
打ち上げで貰ったけど飲み切れなかったお酒を振舞うとのこと。
みんなで乾杯したらいよいよ大忘年会が開幕。

+++

去年に続いての出演となったAYNIW TEPO、
オリエンタルな雰囲気もありつつ和の雰囲気もある不思議なバンド。
ギターの方が長岡さんみたいな感じだった(イメージ的に)。
来年はさらに良い波に乗って行きたい、とラストに演奏されたSurfin'がよかった。

+++

bedは京都の4人組バンドでツインボーカルの編成。
上手の山口さんかな、そっちの方の声が結構好みだった。
がっしりしていて重めのサウンドが心地よかった。

+++

Age Factoryは地元奈良のバンドっていうだけで応援したくなる。
見た目の雰囲気はバラバラな3人だけど音を出すとしっかりしたバンド。
西口さんのベースがすごいダメージ感だったけどあれはダメージ加工なのか
使っていくうちにそうなったのか気になってしまった。。
ボーカルの清水さんの横顔が小出恵介の若い頃に似てるってちょっと思ったけど
正面から見たら別に似てなかった。あれ?渇いててかすれた声が曲に合ってた。
今回出てた若手バンドの中では個人的にいちばん好みだったバンド。
Pukeという曲のリズム感とベースライン、パフォーマンスがツボだった。

+++

寒かったから黒いコートを羽織ってセッティングに現れたアチコさん。私服もかわいい。
キーボードやマイクをセッティングする姿もまだ初々しくて試行錯誤。
ギターは意外にも黒のエレキギター。アルペジオ弾けるかなあ…って小声で漏らすアチコさん。
セッティングが終わって、黒のカットソーにスウェットっぽいグレーのパンツ、
蛍光イエローのリーボックのラフな姿のアチコさんが登場。

「お耳汚しになるかもしれませんがよろしくお願いします。生き恥さらします」

キーボードを弾きながら歌うアチコさんの声にぐっと惹き込まれた。
まるくて優しい、やわらかくて包み込まれるような素敵すぎる歌声。
歌ってた曲の歌詞もかわいくてアチコさんにぴったりだなあって。
キーボードもまだ慣れないのか、ひとつひとつ慎重に確かめながら弾いてて。

歌い終わって「今歌った曲はTofubeatsの『しれない』っていう曲で、
SoundCloudにあります。歌詞がかわいくて歌ってみたいなと思って」

ギターを弾く曲では椅子に座って脚を組んで歌うんだけど、その姿も新鮮だったな。
曲名は分からなかったけどアチコさんが英詞の曲を歌ってるのも初めて聴いた。
曲の途中でアルペジオを弾くところがあって、所々止まりながらもなんとなく弾けてた。
ギターを間違えたりすると「くやしい、今に見てろよー!」って。

「8月に30人弾き語りに出ないかって誘われて、ギター弾けないしって言ったら
練習したら弾けるようになるよ!って当たり前のことを言われて。
それで練習を初めて3ヶ月ぐらい経つんですが…こればっかりは現場をこなすしかない。
年内にアルペジオ弾けた!って言いたくて。今のでアルペジオ弾けた!って言える?
後で『アチコさんアルペジオ弾けてたよ』ってツイートしておいてください。何となく弾けてたよって」
(ツイートしたら即いいねとリツイートしていただけて嬉しかった…!)

「ちょっと前に引きこもってたんですが、久しぶりに外に出て友達と会った時に、
応援っていうリアクションが必要だよって言われて、その言葉がスポンジのようにシュッ!ってなって。
応援してくれたらできる。来年は王舟くんのお胸を借りてライブをやります。
私はあれなのに相手がどんどん大きくなっていくんだけど…もしお時間があれば来て下さい」

「時間大丈夫?この間30分って言われてたのに50分喋ってたから」とアチコさん。

「割と今までずっと青春の続きみたいに生きてこれたなって思っていて。
魂があればいつでも輝ける。おばさんになってもときめく事はできる!私がおばさんになっても」

アチコさんの言葉の選び方というか表現というか、そういうところも素敵だなって思う。

「来年は私がギターを弾いてトディが歌う曲も作って次の作品に入れたいなと思っています」と
来年のRopesが楽しみになるお話も聞かせてくれた。

「冬だからこの曲を。冬じゃなくてもやるけどね」とラストはSNOW。
途中、鍵盤のフレーズを間違えて「やり直していい?」って。
曲中に後から出るバンドの紹介を織り交ぜながら朗らかに歌う姿がとても良かった。

RopesからはDriveとSNOWの2曲やってくれたんだけどいつもの軽やかな
Driveとはまた違って深いロングトーンの鍵盤の音色で雰囲気がガラッと変わってた。
思うように弾けず「トディとやりたい!だって自由なんだもん!」っていうアチコさんがかわいすぎた。

「今日聴いてくれた皆さんありがとう愛してます。また奈良にも来ます!」

ずっと聴いていたい心地よい歌声と初々しい演奏の弾き語りでした。

機材の片付け中にちゃっかり物販の宣伝をしてるのすらかわいかった。
10月のクアトロの時、ライブ中絶対に100回はアチコさんの事「かわいい…」って思ってるなって
思ってたけど、冷静に考えてみたら100回どころじゃなかったな…。

+++

TheSpringSummerはちょうどこの日にTHROAT RECORDSから新しい音源を
リリースして、そんな日に大忘年会に出ることができて嬉しいって。
大阪のバンドで見た感じ普通のお兄ちゃんたちっていう雰囲気なんだけど、
ライブが始まった瞬間の音圧がすごくておわ!ってなった。
ただ音がでかいだけじゃなくて、分厚くて壁みたいなサウンド。
演奏もしっかりしてて、このバンドも良かった。

+++

NEVERLANDのステージにドラムが2台横並びでセッティングされてビートさとしさん。
ドラムひとつ、身ひとつでこんなにも無限のリズムを刻めるなんてすごいな。
skillkillsを去年観た時もドラムばっかり見てしまっていたんだけど、
さとしさんのドラム、ほんとツボだった…。
ちょっとリズムの重心が後ろにあるというか、溜めのある感じのノリが良くて。
途中、機材トラブルで打ち込みの音が出なくなって中断してしまったのは残念だった。
最後はLOSTAGE岩城さんも加わってツインドラムでセッション。
岩城さんは割とタイトでがしっとした表のリズムを刻んで、
さとしさんはグルーヴ感のある裏のリズムを刻んでいてめちゃめちゃ良かった。

+++

ラストはもちろんLOSTAGE。
セッティングが終わってライブが始まる…!っていう絶妙なタイミングで
ステージ脇の扉が開いてほろ酔いの堀さんが出てきて追い返されてたのめっちゃ笑った。

NEVERLANDの雰囲気がそうさせるのか、お客さんとの距離感がそうさせるのかはともかく、
ネバランで観るLOSTAGEはほんとにいい!10月にクアトロで観た時よりも良かった。
セトリに鉄板曲が並んでるのもあるけど、それを差し引いてもいい雰囲気だった。
順番忘れたけどRED、SURRENDER、母乳、手紙、My Favorite Blue…あと何かあったかな?

お酒が入って時々ヤイヤイやじってくるお客さんとの掛け合いも面白かったな。

拓人さん「この間大阪でライブあった時、ライブまで時間あるからって
飲みに行ったら兄貴こない(ぐでんぐでん)なってて」
岳久さん「そんななってたか?」

みたいなやり取りの後にちょっと真面目な来年のビジョンみたいな話になったのに、

岳久「ここにおる皆なんて俺らがどこに向かってるのかなんて
どうせ誰も分かってへんやろ?どこに向かってるかって、2軒目や!」って。え?笑

マザコン兄弟の話からの手紙(歌い始めが「母さん オレはもう忘れちまった」だから)は
さすがにどうかと思ったけど曲はかっこいいからギャップがすごかった。

岳久さんは前の方にいるお客さんを見渡してオバハンばっかりやとかって言ってて
(それも気心知れた顔なじみだからなせる技だと思うんだけど)

岳久さん「岩城さんかっこいい!って女子高生が1人ぐらいいたらねえ」
拓人さん「こんなおっさんに誰も寄ってこーへん」

みたいな、終始こういうゆるーい空気なのに演奏が始まるとスイッチが入って、
その切り替え方が絶妙だなって思いながら観てた。何にせよ良かった。
途中の2曲、Cinema Staffからギターの辻さんが飛び入りでギター弾いてたんだけど、
辻さんが出てくる時にテキーラのショットグラス持ってきてメンバーに配ってて、
拓人さんが「うわ、テキーラやん…」って言ってラガービールで流し込んでた。笑

アンコールはAge Factoryから清水さん、AYNIW TEPOから掘さん、シネマの辻さん、
アチコさんを加えてセッションで「NEVERLAND」。
「毎年歌ってんねんから歌詞覚えてきてや」と岳久さん。おっしゃる通りです!笑

アンコールで呼び込む時にアチコさんが見当たらなくて探しに行く岳久さん。
しばらくしてアチコさんが来て、外で飲んでたって言ってたのかな?
堀さんは馬の被り物をして上半身裸でなんともカオスな雰囲気だった。
ベースの手元が見えないから途中で演奏がぐだぐだになって岩城さん笑ってたし
異音を察知した岳久さんも振り返って堀さんの事を見てた。笑

アチコさんは途中で身を乗り出してフロアにマイクを向けてたと思ったら姿が消えた。
ネバランでよくあるバンドマンの煽りのポーズかっこ良かった…!
大忘年会のシメにふさわしい、温かい空間だったな。
堀さんが帰って行く時、足元見えなくて手探りでフラフラしてたら
清水さんが来て手を引いてあげてた。優しい後輩とゆるキャラのような先輩の図…笑

+++

ライブの後には物販にいたアチコさんともお話できて嬉しかった。
「もっと家で練習してる時みたいにできたらいいんだけど…」ってお話を聞いて、
いっぱい練習してくださったんだろうなあって思うと感謝の気持ちでいっぱいになった。
来年はもっとギターを弾けるようになりたいっておっしゃってて来年の楽しみが増えました。
戸高さんボーカルの曲も聴きたいです!っていうお願いもしておいた。

大忘年会やっぱり今年も行って良かった!LOSTAGEとTHROAT RECORDS、ネバランは奈良の宝です。
[PR]



by pochi-17 | 2017-01-06 23:26 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

2017.9.22 Cryp..
at 2017-09-30 16:45
2017.7.8 髭@恵比寿..
at 2017-07-21 22:12
2017.7.1 髭「すげー..
at 2017-07-06 22:30

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧