<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧




2017.9.22 Crypt City/discotortion/アルパカス@心斎橋CONPASS

2017.9.22 Crypt City/discotortion/アルパカス@心斎橋CONPASS

9月22日、心斎橋CONPASSであったCrypt City/discotortion/アルパカスの3マンに行ってきました。
ひたすら音と戯れていてレポとも呼べないレポも書ける気がしないので半分インスタから引用。
クリプトシティ中心のレポになってますが悪しからず。。

コンパスは初めて行くライブハウス。心斎橋筋のユニクロの角を曲がってふたつ交差点を越えた右手の地下。
1階はカフェ(ご飯屋さん?)だったけどライブ中に音漏れしたりしないのかな?

開場時間になるとスタッフさんが出てきて呼び込まれて中へ。
この日はプレイガイドが先でメール予約は後の呼び出しでした。
階段を降りると右にチケットをもぎるカウンター、その奥にロッカーがあった。ライブハウスは左。
中に入ると左手に物販があってその先にドリンクカウンター、右に進むとフロア。
フロアは火影ほどではないけど小さめで、BGMが鳴る薄暗い中でミラーボールが回ってた。
フロアの割にはステージは広かったけど高さはそんなにないから後ろだと見づらいかも。
まだ前列が埋まってなかったから下手の端最前に行けた。

+++

開演時間が近づくにつれて少しずつ人も増えてきて、機材のセッティングや音出しが始まる。
オープニングアクトを務めるのは高知のバンド、アルパカス。
ライブが始まる前にメンバーが出てきて、ベースの方が念入りな柔軟体操を始める。
ステージの上で柔軟やってる人初めて見たからえっ?って。

10分押しぐらいでライブが始まって、始まった瞬間のボーカルの方のスイッチの入り方がすごくてびっくり。
これは楽しい事になる予感。アルパカスって名前は可愛いのに音は全然可愛くない。でもそこが良かった!
ベースのコッピーさんのキャラが気になりすぎたからまたライブ見たい。。
MCを振られて短く刈り込んだ頭を自分でなでなでしながら「もうすぐ終わりますんで!」って。笑
スリーピースなのに意味わからないぐらい爆音でテンション上がった。
足元にあった手書きのセトリ、朦朧とか念仏とか曲名もひねりがあっていいなって思った。

+++

慌ただしく転換が始まる。転換の間、何気なく後ろを振り返ったら入口の外に戸高さんがいて焦った。
あんまりチラチラ見るのも気持ち悪いかなって思って我慢したけどそう思ってる時点ですでに気持ち悪いね。。

discotortionはツインギター、男女1人ずつのツインドラムの6人編成バンド。
最初は4人だけがステージに上がってたのかな、そしたらフロアの後ろからドラムの方が入ってきてそのままステージに。
ナオさんのドラムがすごい力強くて、終始つい目がそっちに行ってしまった。
見た目かわいらしい小柄な方なのにパワフルでアグレッシブで迫力がすごかった。
爆音鬼の名のとおり、でかいアンプから鳴る低音&爆音で体の中からビリビリきた。

+++

セッティングでディーンさん以外のメンバーが出てくる。エフェクターボードをセッティングしたり、アンプを運んだり。
そろそろ音出しが始まるかなっていう時に戸高さんがこっちに向かって何か話しかけていて。
聞き取れなくて、えって返したら「マジで音でかいんで耳気を付けてね」って。
耳栓してるんで大丈夫です!って答えたら少し笑ってくれたような。

音出しの段階から中尾さんも戸高さんもいい感じに歪んだ音で高まる。

ちなみにこの日のいでたちを。
ディーンさんは白いTシャツに薄手のジャケットを羽織ってお揃いのパンツにコンバースっぽい黒いスニーカー。
何気ないファッションだけどさすがモデルさんでもあるディーンさん、さらりと着こなしていてオシャレ。。

戸高さんはENVYの黒Tに黒いスウェットのサルエル、黒いスエード?のハイカット。
左手に大作戦のラババン重ね付けして右手は黒いリストバンドだったかな?

小松さんは赤っぽいオレンジ?のTシャツで中尾さんはChantのロンT。

サウンドチェックが終わってSEとかもなく、ライブはDebateからスタート。
イントロが鳴った瞬間、中尾さんも戸高さんもガンガン頭を振って激しくパフォーマンス。
それにしてもギターソロの目にも留まらぬ速弾き、ほんと凄まじい。。
人間の手ってあんなに速く動かせるものなのかと思ってしまった。

そのままNever Ever Careになだれ込む。徐々にギアが上がっていくこの感じがたまらない。
2番の頭だったかな、めずらしく歌詞を飛ばしてしまっていたけど、
ディーンさんのハイトーンボイスと轟音のギターリフとベース、タイトな小松さんのドラム、どれを取っても最強。
最後のサビのとこ一ヶ所リフが変化してるのがすごくたまらない。

小松さんのドラムにカウベルがあったから聴けるかなと思ってたUnder the Pillow。
ベースとギターが引っ張っていくドライヴ感がめちゃめちゃ気持ちいい曲。

DIGはもうイントロから戸高さんのギターに釘付けになってしまった。
ギターソロの、来るぞ来るぞ…来たーーー!みたいなあの瞬間のためにライブに行ってるところある。
髪を振り乱して一心不乱にギターを弾き倒してる姿が目に焼き付いてる。


ディーンさん「こんばんは、Crypt Cityです。Never Ever Careもう一回やりたい…」

中尾さん「アホか!」

小松さん「…あっ!」

中尾さん「どうかしました?」

小松さん「ビーターが割れた…」

中尾さん「え…小松さんのビスタライト、あまり手に入らないやつなんですよね」

小松さん「ヘッドも…ショック…」

ディーンさん「今はお酒飲む時間。みんなお酒飲もう!」

ディーンさん「小松さんは優しそうに見えるけど、前にコンビニ潰したからね。ファミリーマートの」

中尾さん「セブンイレブンね。植木鉢投げ込んで。ああ見えて壊し屋だから」

折れた金具をフロアに投げ込む小松さん。

中尾さん「小松さんそんなキャラでしたっけ?僕も一回のライブでペダル二個壊した事あります」

中尾さん「(小松さんに)インデアンカレー美味しかったですか?」

小松さん「美味しかったよ」

中尾さん「ライブ前にカレーとかあんまり食べれないから。今日は(アから始まる長いバンド)やロストエイジに行かずクリプトシティに来てくれてありがとうございます。(at the drive in)久しぶりに観たいな」

話には加わらずギターと戯れてエフェクターで不思議な音を出してる戸高さん

Psychedelic Invocationの中盤、ジャズマスターの透明な音色から
一気に歪ませて不穏なリフに突入するところ、無二なバンドだなあって思う。

ライブも後半、Chantで再び音の洪水に。小松さんのダイナミックなドラミング、戸高さんのスリルあるフレーズ、
体の芯まで響く中尾さんの低音バキバキのベース、ディーンさんのシャウトのような歌。隙がない。

Komatsu-Jukiのディーンさんの歌は何かを召喚してしまいそうな不思議な力がある。
小松さんはトラブルにも動じずめちゃめちゃカッコいい、いやカッコ良すぎるビートを刻んでて惚れ直しました。
戸高さんや中尾さんも小松さんのプレイを眺めていて、それも何か良かったな。


ディーンさん「久しぶりの大阪ライブ。なかなか来れなかったからね。
来年の1月にクリプトシティはレコーディングに入って、またツアーで大阪に来ます」


Night Walkは世武さんのイメージが強いけどディーンさんが歌ってもハマる曲。
途中から転調してグッとアクセルを踏み込むイメージでどんどん加速していく。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。
戸高さんは少し荒っぽくギターを裏返しに置いて去っていく。
そのジャズマスターの裏にはAppleのリンゴとCryptcity、ピンクフロイドの三角ロゴのステッカー。

3マンだとあまりアンコールはないけど、discotortionはアンコールがあったから自然と手拍子が始まる。
しばらくして、再びメンバーがステージに。

黒いギターに持ち替える戸高さん。Chantの曲は大体やったし何だろう…って思ったら、PAC-3!!
この曲めちゃめちゃ聴きたかったからやってくれて今年一番テンション上がった。
メンバー全員余力を残さない熱のこもったパフォーマンスにやられた。
演奏を終えたメンバーに温かい拍手が送られる。

轟音と爆音を浴びるように聴いて浄化された。。
頭でごちゃごちゃ考えず音で勝負だ!みたいな潔さがあってほんとカッコ良かった。

戸高さんはここ1カ月多分休みなくライブと移動の繰り返しだったと思うけど、
パフォーマンスが落ちるどころかむしろ実戦で鍛えられてタフになってて圧倒された。
ギターを文字通り引き倒してるっていう感じで凄まじかった…
引き出しが多くて、あんな風にギター弾けたら楽しいだろうなあっていつも思う。

ほんと3組とも最高だったしクリプトシティは来年の1月にアルバムのレコーディングするって
ディーンさん話してたし、早くまた関西に来てください!あんな最高のライブ観せられたらもう待てません!!

+++

Crypt City vs discotortion TOUR 2017
セットリスト(順不同、間違ってるかも。。)

Debate
Never Ever Care
Under the Pillow
DIG
Psychedelic Invocation
Chant
Komatsu-Juki
Night Walk

EN.
PAC-3
[PR]



by pochi-17 | 2017-09-30 16:45 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

2017.11.20 GLA..
at 2017-11-23 22:00
2017.11.9 髭×OG..
at 2017-11-19 21:50
2017.11.5 Scot..
at 2017-11-15 22:00

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧