タグ:Live ( 195 ) タグの人気記事




2017.11.20 GLAY HALL TOUR2017"AUTUMNDELICS"@なら100年会館

11月20日 GLAY HALL TOUR2017"AUTUMNDELICS"@なら100年会館


10年間待ち続けたGLAYの地元公演は夢みたいな時間でした。
TERUさんやJIROさんが「奈良!」って言ってくれるだけで嬉しくて涙が出た。
以下いつも通りなゆるい覚え書きを。もちろんネタバレです。
曖昧な記憶を基にしたレポなのでニュアンスの部分もあります。。

+++

せっかくの地元ライブ、グッズもちゃんと並んで城ホで買いそびれた
GOLDEN EGGSのタオルを手に入れようと思ったんだけどまさかの欠品。
それで結局買うつもりがなかったARTDELICSを購入。
トランポが会場の前に停まってるのを見た時、やっとライブの実感が湧いた。
大阪では撮らなかったパネルの写真も撮って頂いた。。JIROさんとHISASHIさんに挟まれて。

何年振りかに三条通りを歩いてお茶をして(おしゃれなお店ができてる事も知らなかった)、
開場時間ぐらいに100年開館へ戻って。この日の相方は久々に母。
何年か前まではよく一緒にGLAYのライブにも行ってたものの、
立ちっぱなしがしんどいとか何とかで最近行ってなかったけど地元だからって。
ファンクラブの先行で取れたチケットは9列目、ほぼ真ん中でTERUさんの正面だった。
席に着く頃にはもうサウンドチェックが始まっていた。
ステージの奥にAUTUMNDELICSという幕がある以外はいたってシンプルなセット。
JIROさんのアンプは目玉のキャラがあしらわれ、TAKUROさんの立ち位置の後ろには
マーシャルのアンプが横3台×縦2台で6台鎮座してた。TERUさんのアンプもあるのかな。

+++

ざっくりとした衣装チェック(覚えられない)
TAKUROさんは赤いハットに赤いジャケット、パンツ。
TERUさんは黒のジャケット(インナーは白い服)に黒のパンツ。左腕に腕章。
JIROさんは黒地に蛍光色のペンキを吹き付けたみたいな柄の衣装にコンバースっぽい柄のあるスニーカー。
HISASHIさんは白のジャケットだったかな。。(曖昧)髪を後ろで結わいて美人さんでした。


開演前のアナウンスの後にthe other end of the globeが流れ始めると
待ちきれないお客さんの手拍子が始まって曲が終わると同時に客電が落ちた。
アリーナみたいな舞台装置はなく、下手側からメンバーが登場する。
一番前を歩いていたのはTOSHIさんだったかな?
思った以上に近くてメンバーの表情も良く見えて目線も分かる距離。

一曲目は聖者のいない町。TERUさんの歌がほんと良くて最初から圧倒された。
まだGLAYが目の前にいるの事を信じられなくて夢の中にいるみたいだった。

ギターを持つTERUさん。デストピアはHISASHIさんのスリルと華のあるギターがカッコいい。
すでに客席はみんな手を上げていて、すっかりいつものGLAYのライブがそこにあった。

I am xxxはTOSHIさんのバキバキのドラムとJIROさんのグルーヴィーなベースがいい。
TERUさんの歌は気迫がこもっていてぐっと惹き込まれた。
後奏のギターはTAKUROさんが弾いてたのかな。大人っぽい艶のあるギターが素敵だった。

今回のアルバムはHISASHIさんカラーが強いけど超音速デスティニーみたいな速い曲はやっぱり上がる!
HISASHIさん自らコーラスをしている曲も多くて、どこを見ていいか迷う。目が足りない。
I am xxxもこの曲も、男っぽいギターの音がカッコいい。


TERUさん「10年ぶりの奈良!待たせたね!」


この一言が本当に嬉しくて、ずっとGLAYのファンでいて良かったって思った。

TERUさんの温かい歌声のロングラン、早口で歌うところでJIROさんがTERUさんに
視線を送っていたんだけど子供を心配する親みたいだなあって思ってほっこりした。
これぞGLAY!というサウンドに前向きな歌詞はどこか懐かしくもあり優しかった。


TERUさん「10年振りの奈良に来ましたが皆さん10年分歳をとってますからね。
10年前は高校生だった子達も今では…うそうそ、今日も皆さんお綺麗ですよ。
10年前も来たって人!嬉しいねえ。3階席、2階席、1階席、よし覚えた!
みんなの心に青空が広がりますようにという願いを込めて」

アコギを弾きながら歌うTERUさん。空が青空であるためにでは最後の部分を
「奈良が青空であるために」と歌詞を変えて歌ってくれた。

アリーナツアーでもひとつの見せ場になっているSUMMERDELICS。
ギターのカッティングと一癖あるベースラインがカッコいい。
もちろんホールでも曲の間にMCを挟むという不思議な事をやってのけるのがGLAYさん。
TAKUROさんがTERUさんの足元のモニタの上に立ってギターを弾いていて。

JIROさん「リーダー!」
TAKUROさん「何だいJIROちゃん」
JIROさん「あんた一番デカいんだからそんな所に立たなくても見えるよ!」

JIROさん「リーダー今日も赤いね」
TAKUROさん「JIROちゃん人の事赤い赤い言うやんかー。
今日はどうか分からないけどアリーナでは自分も真っ赤やんかー」
JIROさん「それ何弁?何語?(笑)」
TAKUROさん「みんなJIROちゃんの笑い話聞きたいやんかー!」

JIROさん「奈良には3月に鹿にせんべいをやりに来ましたが、がっつくよね!
まるで今日ここにいる皆さんみたいながっつき方でしたよ。
『(低い声で)TERUちゃーん!!』って。いや、すべってないよ(笑)」

TERUさん「奈良には昨日入りました。お蕎麦食べてスーパーも行きましたよ。焼き鳥買った。20円引きの(笑)」
JIROさん「TERUじゃなく小橋照彦に戻ったんですね(笑)」
TERUさん「TERUちゃん♪」

JIROさん「何で奈良に来るの10年も開いたんだろうね、TERUちゃん」
TERUさん「奈良って大阪近いやんか?京都も近いやんか?だから…(えー!)」

JIROさん「あーあTERUちゃんすべった(笑)でもちなみに今回ホールツアーで
奈良に行きたいって言ったのこの人(TERUさん)ですからね」

TERUさん「奈良が一番最初に浮かんだの。奈良は学祭で来た事があって。
初めて学祭ライブをして学生さん達に怒られた(笑)」

(※多分ミスコンを見に行きたい!って言って怒られたというエピソードの事)

JIROさん「この間の大阪城ホールではミッキーのモノマネをやりましたね。
その後TERUがドナルドかぶせてきて美味しいとこ全部持っていかれた!」

JIROさん「(やってー!って言われて高い声で)『やあ僕ミッキー!皆はニヤニヤランドの住人だよ!』
TERUさん「奈良って言えばせんとくん?」
JIROさん「せんとくんはできないよ。みんなできる?せんとくんって喋るの?喋らないよね?(お客さんに聞く)」
…そろそろ曲行かないとHISASHIさん退屈してるから!」

(イラついた顔で足のつま先を鳴らして退屈アピールをするHISASHIさん)

こんな感じで曲再開!この曲だったか次の曲だったかで曲終わりに左右に振る手がどっち側で止まるか
楽しみにしておいて下さいみたいな話をするTERUさん(??)無邪気。

ワイパー曲が続いて微熱Ⓐgirlサマー。HISASHIさんの流れるようなギターのフレーズから
JIROさんのアクセント的なベースに行くところが好き。盛り上がりがすごくて床が揺れる揺れる。
HISASHIさんもJIROさんも客席を隅々までよく見ているなあって思った。


「20年前の曲なんですが、大切なところで歌ってきた曲です」とTERUさんが話して軌跡の果て。
メンバーも思い入れがある曲だけに、丁寧に紡ぐように演奏されていたのが印象的だった。
後半TERUさんが歌詞を飛ばしてしまって一瞬悔しそうな顔をしたんだけど、
その後の歌はより気持ちがこもっていて心に迫ってきた。


「たくさんの愛情を詰め込んだ曲」とTERUさん。あなたといきてゆく。
この曲を聴いていると新曲なのにもう何年も一緒に過ごしてきたような不思議な感覚になる。

"あなたがいたから生きてこれたんだ 大袈裟に言うとそんなこと"
"あなたがいるから生きてゆけるんだ 大袈裟じゃなくてそんなこと"という歌詞は
私にとってのGLAYや音楽そのもので、重ね合わせて聴いているうちに涙が出てきた。

大阪でも披露されていたけどWay of Differenceのイントロにはやられた。
HISASHIさんの透明感あるギターの音色と少しくぐもったJIROさんのベースのコントラストが素敵。
TERUさんの歌はほんとに表情が豊かで、切なく少しかすれた繊細な声がこの曲によく合っていた。

歌い上げる曲が続いた後にギアを上げるScoop。赤い照明がステージを照らす。
メンバーが立ち位置を離れて動き回って、行く先々で歓声が上がる。
5人だけだとシンプルなバンドサウンドが際立つしロック色も強くてScoopがよく映える。

すっかりシン・ゾンビ=お楽しみ曲みたいになってる。HISASHIさんワールド前回なナンバー。
この曲のBメロのベースラインがめちゃめちゃ好き!
さすがに太鼓の達人は出てこなかったけど間奏のお楽しみタイムでHISASHIさんが喋る。

HISASHIさん「TwitterやFacebook、Instagramもありますけど自分の番組もあって
そのアンケートに15歳の女の子から『HISASHIさんの言ってる事が全然分かりません。
でも茂木さんとHISASHIさんが楽しそうなので良かったです』って来て。
俺の小ネタ伝わってないんだな。おじいちゃんの元気な姿を見て孫が喜ぶみたいな。誰がおじいちゃんだ!」

JIROさんがあはは!ってくしゃくしゃの笑顔で笑っていて和む。

HISASHIさん「みんなはあの映画観た?『僕のワンダーランド』じゃない!『僕のワンダーライフ』。
観た人!あれ、意外といない。ペットを飼っている人は観た方がいいですよ。
涙腺が決壊して初めて映画館で映画を観て泣きました。滝!
タイトル言うだけでちょっと泣きそうになるもん。それは言いすぎか。またこうやってハードル上げる」

(※ちなみにHISASHIさんが話してた映画、正しくは「僕のワンダフル・ライフ」です)

HISASHIさん「今回のツアーでは色々やってるんですがホールではできなくて。さっきのあの曲とかあの曲とかね。
(アンプの上のバットを手に取り)これはウォーキングデッドでニーガンが持ってるルシールね。海外ドラマの」

HISASHIさん「曲ではゾンビゾンビ言ってますけどね。色々小ネタを仕込んで。
HISASHIの半分は小ネタでできてるんですよ。あとの半分?優しさ。尺このぐらいでいい?はい、次!」

こんな感じでシン・ゾンビ再開。そう言えばこの曲のMC前だったかな?HISASHIさんが両膝を
ステージについて姿勢を低くしてギターを弾いていて美しさに見とれてしまった。
(HISASHIさんが言うにはバック・トゥ・ザ・フューチャーのエピソードワンの某シーンだそう)
MCコーナーであとはLINE LIVEやります!っていう告知もあったかな。

TERUさんが「BEAUTIFUL DREAMER!」と高らかに叫ぶと疾走感あるあのイントロが聴こえてきた。
今まで数々のライブで思い出を作ってきた曲。TERUさんの投げKISS受け取りました。
TERUさんの投げKISSはキャー!っていうよりほっこりする。何でだ。笑

曲の終わり「一緒に夢見て行こうぜー!」ってTERUさん。
大阪の時は「ずっと夢見て行こうぜー!」だったんだけど、一緒にっていうのがまた嬉しかった。

ドラムの台に上って明るくなる前から手拍子を先導していたJIROさん。Supernova Express2017。
ファンファーレのようなHISASHIさんのギターにみんなの笑顔が弾ける。

TERUさん「アリーナツアーでは歌詞が出てるんだけど今日ここにいるみんななら
歌詞を見なくても大丈夫だと思います。一緒に歌ってください」とlifetime。

この曲はもうイントロ聴いた瞬間にダメだって思った。
歌詞が自分の気持ちに重なって聴いているうちにどんどん泣けてきてしまって。
客席をじっと見つめながら演奏しているJIROさんや手拍子をしながら歌うTERUさんを見てると余計に。

TERUさんが先導してみんなでLifetime Of Happinessって歌うところ、
TAKUROさんが前に出て指揮者みたいに指を振っていたっけ。

本編ラストはthe other end of the globe。TOSHIさんの力強いドラムはバンマス感がある。
AメロBメロでHISASHIさんが弾いてるフレーズがすごく緻密で目も耳も奪われた。
この曲の歌詞も温かくそっと背中を押してくれて、ライブで聴く度に好きになっていく。


演奏を終えてステージを後にするメンバー。
最後にJIROさんだけがステージに残ってドラムセットの近くからカメラを持ってきて撮影タイム。

JIROさん「ステージにいる俺達に色んな感情をぶつけてくれてありがとう。
lifetimeで泣いてる人もいれば笑って手拍子をしてくれている人もいて、
俺いい曲作ったなって(笑)こんな曲になると思わなかった。
こんな風に思えるなんてほんとに奈良に来て良かったよ。何だろう今日は感謝しか出てきません。
次は10年開けずに来れるように、バギクラに『また奈良に来てぇぇぇ!!!』って送ってよ」

「今日楽しいね!みんなとの距離がすごい近くてさ。みんなの顔がよく見えますよ。
みんな笑っててさ。ありがとうさ。…ありがとうさ?(笑)
ここの会場の造り面白いよね。あそこの三角の所客席がないんだよ。贅沢だよね。
写真撮るから何らかの事情で顔が写ったらまずい人は自分で隠しといてね。
タオル持ってる人は後ろの人の邪魔にならないように下げて下さい」

ハイチーズ!ハイチーズ!と写真を撮るJIROさん。
途中ミッキーの声でハイチーズ!って言っててめっかわでした。

最初に撮った写真の露出がオーバー気味だったのか、
「飛んじゃったからもう一回。飛ばしといた方がいいのか(笑)」って。

「いつも言ってるけど、5分後に会えるかまた来年になるかは皆さんにかかってるのでよろしく!」


+++


JIROさんがステージを後にしてすぐアンコールの手拍子とコールが始まる。
色んなライブに行くけど、アンコール!アンコール!って声出すのはGLAYさんだけだな。
ライブハウスだとひたすら速めの手拍子するだけなんだけどこれも文化の違いなのかな。

アンコールではメンバーが物販のTシャツやパーカーに着替えて登場。
TERUさんはKozikのTシャツに黒のパーカー。
HISASHIさんはゾンビ子ちゃんのパーカー。
JIROさんはTopdogのTシャツと明るい茶色のスカジャンに着替えて腰に黄色いタオルをぶら下げてた。
TAKUROさんはえっと何だったかな…Tシャツじゃなくてジャケットの中に着てたシャツだったかな。。

TERUさん「アンコールありがとうございます」

TERUさんパーカーのフードを被っていて、あざとかわいいやつかと思ったら
「暑いよね?汗かいたら寒くなってきて」って。

「アリーナツアーも残り少なくなってきてあとは福岡と名古屋、埼玉もあるのか」と。埼玉の扱いが雑。笑

ベースをTopdogの初号機に持ち替えるJIROさん。
Tシャツとお揃い!って感じでTシャツを指差してにこにこ嬉しそう。

TERUさん「今日は本当にありがとうございます。
歳を重ねるとね、毎日が宝物のようになってくるんですよ。
次はそんな愛情のこもったナンバーを」

春を愛する人みたいな初期の曲はやっぱりTopdogがしっくりとくる。
こういう昔の曲を聴くとGLAYと共に過ごした日々を思ってぐっときてしまう。

「あまり演奏してない大切な曲を」と都忘れのイントロが鳴った時は思わず小さく叫んだ。
GLAYの数ある曲のなかでも3本の指に入るぐらい大好きな曲を地元で聴けるなんて。

"階段を昇る時も 降りるその日が来たとしても
変わらない優しさを胸に秘めて胸に秘めてこの足で歩けたなら"

2番のサビ前の歌詞を聴くといつもたまらなくなる。
この曲は特にピアノが印象的な曲だからSEIさんがいたらなあって。
他の曲ではストリングスの音も入ったりしてたから音はかぶせてるのかな。

暗転してる中、男性の声で「TAKURO」って素な感じで呼ばれて笑いが起きて、
TERUさんだったかな?「いい曲作るね」って言ったら
TAKUROさんがTERUさんに「いい歌歌うね。これ打ち上げの会話じゃん!」って。

大阪では聴けなかったFAME IS DEADも聴けてテンション上がった。
メンバーそれぞれ前に出て下手と上手に行って、JIROさんは上手に行ってたんだっけ。
TAKUROさんの「フェイッッ!」を聴くとGLAYのライブに来たって感じがする。

ステージ中央のマイクの前に立つJIROさん。
「みんなの声を聞かせてください!まだ最後の曲じゃないけど(笑)」

JIROさんのベース始まりのSHUTTER SPEEDSのテーマ!
どんぴしゃの正面でJIROさんが生声で叫んでくれて最高過ぎてテンションおかしくなった。

いつも「大阪ー!」とか地名を言うところで「奈良奈良!」ってJIROさん。
奈良って語呂が悪いんだけどその手があった…!


TERUさん「あいつが駄々をこねるー♪」
TAKUROさん「こねるのか?こねるのか?こねないのか?」
TERUさん「こね…ない!」
TAKUROさん「こねないの!」


ベースソロではネックの上から指を持ってきて滑らせるようにしたり色んな弾き方をしてた。
その姿がとても楽しそうで生き生きとしていて、いいなあって。

この曲だったか別の曲だったか忘れてしまったんだけど、
曲の終わりにTOSHIさんの見せ場があってピンスポも当たっている時に
TERUさんが「TOSHI!」って言いながらTOSHIさんに被る位置に立ってたら
JIROさんがTERUさんの肩を掴んで「邪魔だよ!」みたいな感じで
後ろにズルズル引っ張っていってたのが面白かった。笑

あとどの曲か忘れたけどハットを脱いだTAKUROさんの髪が風でふわーっとなって、
リーダーは風さえも操れるのかと思った(冷静に考えたら吊るしてた演出道具用の風かな)。

ライブはラストスパートに差し掛かってHEROES。
この曲は変拍子みたいになってるからサビで手を振ってるとどんどんずれてきて難しい!
TERUさんの歌詞はどこまでもストレートで心にすっと入ってくる。

10年振りの奈良ライブ、ラストを飾ったのはXYZ。
突き抜けるような疾走感のあるギターのフレーズが心をすっきりと晴らしてくれる。
終わって欲しくないという気持ちとライブの楽しさで泣き笑いみたいな顔になりながら手を上げた。

それでもいつかはライブが終わってしまう。

TERUさん「Thank you奈良!愛してるぜー!」
客席に手を振りながら別れを惜しむメンバー。
近くにTAKUROさん?のピックが飛んできたけど見失う(斜め前の方がGETしてた)。

他のメンバーが手を振ったりしている時、JIROさんがTAKUROさんのアンプの上にあった
赤いハットをTOSHIさんに被せるもTOSHIさん嫌がってすぐ脱いじゃってた。笑



TERUさん「また奈良に来る日まで。行ってきまーーーーーす!!」

\行ってらっしゃーーーーーい!!/



ステージからひとり、またひとりとメンバーが去っていく。
TOSHIさんとJIROさんが最後まで残っていて、帰ろうとするTOSHIさんの後ろから
JIROさんが両腕を掴んで、そのままどこかで見たようなポーズを取らせようとする。


そう…yes!!


TOSHIさんはJIROさんの操り人形状態でyes!のポーズを取って帰っていったのでした。
JIROさん最後までにこにこご機嫌で可愛すぎたんですけど!笑

ホールではスクリーンはないから曲だけだったけど、あなたと生きてゆくが流れていて。
ライブ後の拍手がそのまますぐにダブルアンコールの手拍子へと変わった。

ローディーさんが途中でアンプの電源を切りに来たから、ああ…って思ったけど
それでも手拍子は止まなくて、曲が終わってもずっと続いていて。
客電が点いて女性のアナウンスが聞こえてきてもまだ誰も帰ろうとしなくて。
しばらくして男性の声で今度はこんなアナウンスが。


「只今を持ちまして本日の公演は全て終了致しました。
今後ともGLAYの応援をよろしくお願い致します」


そこでダブルアンコールの手拍子が今度は温かい拍手に変わって。
みんなが奈良でのライブを待ち望んでいた気持ちが伝わってくる感動的な終演だった。

ライブ中ずっと夢の中にいるみたいに幸せで、終わって一気に気が抜けてしまった。
10年間ずっと待ち続けたGLAYの地元ライブはやっぱり特別で最高だった。
この日のためにFC更新してたと言っても過言ではないけど、
また奈良に来てもらえる日を夢見てこれからもGLAYファンでいようと思った。
一緒に行った母も楽しんでくれていたみたいで良かったな。

それで帰り道、ライブ後にアップされたHISASHIさんのツイートを見て心が温かくなった。

"奈良100年会館終了!ダブルアンコールの声は楽屋まで届いていました!また今度次回は10年も空けずに!"

閉館が21時半だったみたいだからダブルアンコールは時間的に叶わなかったけど、
みんなの声や気持ちが届いていたんだって思うと嬉しかった。

いつも大阪や京都に埋もれてなかなか来てもらえない所だから、
好きなアーティストさんが来てくれるのは本当に嬉しい。
しかも9列目の真ん中っていう席で観れて、目が合った!って思う瞬間もあって。
近くで見ると楽器の細かいところや表情もよく分かってやっぱり良かったな。

TAKUROさんは前まではレスポールのイメージが強かったけど最近は
色んなギターを使っていて、SGも使ってたのは意外だった。
HISASHIさんはゼマティスが似合うし音色も素敵だなあって。

色々書いてしまったけど、つまりは最高だったって事です。
お会いできた皆さんもありがとうございました。
GLAYさん、奈良に来てくれてありがとう!



+++



2017.11.20 GLAY HALL TOUR"AUTUMNDELICS"
@なら100年会館セットリスト


01.聖者のいない町
02.デストピア
03.I am xxx
04.超音速デスティニー
05.ロングラン
06.空が青空であるために
07.SUMMERDELICS
08.微熱Ⓐgirlサマー
09.軌跡の果て
10.あなたといきてゆく
11.Way of Difference
12.Scoop
13.シン・ゾンビ
14.BEAUTIFUL DREAMER
15.Supernova Express 2017
16.lifetime
17.the other end of the globe

【EN】

18.春を愛する人
19.都忘れ
20.FAME IS DEAD
21.SHUTTER SPEEDSのテーマ
22.HEROES
23.XYZ
[PR]



by pochi-17 | 2017-11-23 22:00 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.11.9 髭×OGRE YOU ASSHOLE@京都磔磔

2017.11.9 髭×OGRE YOU ASSHOLE@京都磔磔

髭ちゃんのツーマンツアー京都編、オウガとの対バン最高だった…
磔磔とオウガの相性がすごく良くて、頭が重だるくなってトリップしそうな不思議な感覚になった。

一曲目からぐっと引き込まれて、メンバー各々の音を丁寧に重ねたようなアンサンブルに聴き入った。
最後に大阪でワンマンがあるという話をしていたぐらいてMCもほぼなしで
淡々とストイックに演奏していたのがまた良かったし、曲のつなぎのアレンジも秀逸で圧倒された。

オウガのライブを初めて観たのは7、8年前ハイエイタスの対バンだったけど出戸さんほんと変わらないなあ。
出戸さんは前髪が気になるのか、何度も触ってたのは癖なのかな。
曲名が分からないんだけど、馬渕さんのギターがぐわっと熱くなる曲があって釘付けになった。

ライブ終わった後に物販にメンバーが立っていて、そういうところもいいなって。
出戸さんがグッズを渡したりしていて、馬渕さんがお金の管理をしてた。


+++


オウガが転換込みで一時間ちょっとぐらいだったかな、お馴染みのSEに乗って髭ちゃんが登場。

須藤さんは黒い長袖の下トムペティの白いTシャツグレーのスウェットパンツ。
宮川さんは柄シャツにVネックの白いインナー、
謙介さんはファクトオブライフのTシャツにデニム?
コテさんは黒いバンTにデニム、
斉藤さんはゆったりしたシルエットのグレーのカットソーだったかな。


後攻の髭ちゃんは黒にそめろからスタート。これはめずらしい。
そのままの流れでイントロが始まった時、度肝を抜かれた。テオドア!
アルバムのツアー以来に聴いた気がする…謙介さんのドラムがバキバキでカッコよかったなあ。
この曲だったか次の曲だったかで、お客さんが須藤さんに手を振ってて
須藤さんがそれに気づいてほぼ真顔で振り返してたの笑ってしまった。

ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョークは思わず踊り出しそうになる鉄板のアレンジ。
トラメガを手に前に出てくるコテさん。ラオチュウはいつも一瞬で終わる。斉藤さんのギターが最高。
この曲だったかな、コテさんがダイブするでもなくフロアに降りて
小走りで駆け回ってステージに帰還したの自由なわんこみたいで可愛かった。

せってんは磔磔独特の柔らかい音によく似合う。ずっと聴いていたくなる心地良さ。
久しぶりに聴いたイノセントもすごく良くて惹き込まれた。


須藤さん「こんばんは、髭です!久しぶりの京都!オウガと一緒に来れて嬉しいです。
今日はよろしくね!ゲストに出てくれたオウガに大きな拍手を!
さっき出戸に久々に会ったから元気?って言ったら「元気」って返ってきた。
オウガとは昔から一緒にやってる気がするんだけど、京都一緒に来れて嬉しいです。
ところで話は大きく変わるんだけど、みんなはキスしたいと思う事ない?俺は時々すごくキスがしたくなるんだよ」


どういう話の展開かなって思ったけどこれぞTHE須藤寿って感じでよかった。
口に両手の指突っ込んでいーって伸ばすやつとか、カモン的な手招き(下から上に)をする須藤さん。
この新曲、斉藤さんのギターから始まって謙介さんのドラム、後半の転調がめちゃめちゃカッコいい。
須藤さんはコテさんの首筋にキスした後(!)、フロアを見渡して上手側のお客さんに狙いを定めるも玉砕。
その間楽しそうにアイコンタクトを交わす宮川さんと謙介さんに癒された。謙介さんはコーラスもしてた。

カラッとドライな音が気持ちいいもっとすげーすげー。
斉藤さんのダンスを楽しみにしてる自分がいるんだけどこの日はチューニングタイムでした。
でも別の曲で両手の拳を握り締めたり振り上げたり関節柔らかそうな動きしてた。

そこからDEVIL'S ODD EYEへ。雰囲気を自在に操る。
サイケデリックな世界観のままS.O.D.A.に変化していったのが痺れた。
イントロに入る前、斉藤さんのギターが鳴り響く中、須藤さんの語りから始まったのが最高だった。
ヘビのぬいぐるみを首にかけて歌ってるのに須藤さんがカッコ良く見えてしまうという。
本編はここで終わってメンバーが一旦楽屋へとはけていく。


しばらくして再びステージに戻ってきてアンコールはテキーラ。
ビールを口に注ぐようにして上からドボドボ飲む須藤さん。
音出しが21時までで、この時点で残り10分切ってたのかな。いつもより語りは少な目で曲へ。

須藤さん「今度はライブの日に泊まるよ!その方がみんな京都の街にいるでしょ?
外でみんなと会ったらテキーラ奢るよ。こんなビールみたいなチンケなものじゃないよ、テキーラを!
カラオケもテキーラも僕の奢りだよ!全財産はたくから!でもカラオケで曲入れないよ?演奏できるもん」

テキーラはマイクを上からぶら下げて唇に乗せて歌ってた。相変わらず自由。
こんな感じでライブは終了。時間は21時ぴったりだった。

ツーマンは新しい音楽との出会いがあって楽しいけどやっぱりワンマン観たくなる!
セトリに古い曲ではないけど超久々に聴けた曲があって当時より更にパワーアップしてるし、
新曲もすげーすげーの曲も脂が乗っててほんとカッコ良くてライブが短く感じた。
好きな音楽を浴びるように聴くのってほんと幸せで贅沢な時間だなあ。すげーツーマン大阪編も楽しみ!


+++


2017.11.9 髭「すげーツーマン」
髭×OGRE YOU ASSHOLE@京都磔磔セットリスト

OGRE YOU ASSHOLE

01.ひとり乗り
02.タニシ
03.頭の体操
04.ヘッドライト
05.フラッグ
06.見えないルール
07.ワイパー



01.黒にそめろ
02.とても愉快なテオドアの世界
03.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
04.CLASH! LAOCHU!
05.*イノセント (What's going on?)*
06.KISS KISS MY LIPS(新曲)
07.もっとすげーすげー
08.DEVIL'S ODD EYE
09.S.O.D.A.
EN.テキーラ!テキーラ!


[PR]



by pochi-17 | 2017-11-19 21:50 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.11.5 Scott Murphy SOLO ACOUSTIC LIVE@奈良カナカナ

2017.11.5 Scott Murphy SOLO ACOUSTIC LIVE@奈良カナカナ

11月5日、奈良町のカナカナであったスコット・マーフィーさんの弾き語りに行って来ました。
スコットさんの弾き語りは京都のSOLE CAFEで観た以来2回目で、奈良に来て下さって嬉しかった。
会場に着いたらすでに沢山のお客さんが待っていて、中ではまだリハ中でスコットさんの姿が見えた。

この日の整理番号は15番。電話予約だったんだけどなかなか繋がらなくて、
148回ダイヤルしてやっと繋がって取れたのがこの番号。どうしても行きたかったから頑張った。
電話予約の日が自分の誕生日だったからいい誕生日プレゼントになりました。

中に入ると2列目の端が空いてたからそこに座らせてもらう事に。カナカナさんのコーヒー美味しかったな。
畳敷きになってる小上がり?みたいなところがステージになっていて、すでに機材はセッティングされていて。
楽屋は2階にあるみたいで、開演時間の頃にお店のスタッフさんが呼びに行って
しばらくして上手側の扉からひょっこりスコットさんが登場。

現れたスコットさんはシカゴカブスのラグランロンT(かわいいイラスト入り)にデニム、
黒地にカラフルなドットの靴下というカジュアルないでたち。

畳敷きだから靴下だったんだけどスリッパを履いていて、え?ってみんながクスッと笑ったら「何で笑うの?」って。
「ペダル踏むために借りた靴下のままだと痛いからここでスリッパ借りたの」と。
吊るしてある照明で頭をぶつけて「終わるまでに何回打つだろう…」って。

演奏を始める前、シールドを挿してなかったらしくて照れ笑いを浮かべながらシールドを挿すスコットさん。
「念のためにチューニングも…」ライブが始まる時って緊張する事が多いんだけどこの日はリラックスした雰囲気だった。

「今日はアコースティックだけど手を叩いたり歌ったり、裸になったり楽しんで!」と。え、裸??笑
セトリが覚えられない人なので曲順違うと思うけど、ここからはざっくりとしたメモ兼レポを。

+++

一曲目はスコリバのHOMELY GIRLで和やかにライブがスタート。
ちゃんとお客さんも手拍子で応えてとてもいいムード。

「7月から、なぜかパリにも行ってMONOEYESのツアーでずっとアイツらと一緒にいたから終わって寂しい。
行った事のない所はあと7つあって、今日で奈良はコンプリート。
みーちゃんはハイエイタスで忙しいしトディはアートスクール、いっせはアスパラガス。
僕だけ何もないから弾き語りで今年中に全部回りたい」

普段アイツらなんて言わないのに、強がってるのかなって思ったりして。

「今年リリースしたMONOEYESのアルバムは3曲僕が書いた曲があって。
みーちゃんの家でシャンパン飲みながらリスニングパーティーして100曲以上聴いて。
最初は別の曲がアルバムに入る予定だったんだけど、あっちの曲にするかってみーちゃんが言って、
え!?そっちにするの!?ってなった曲です」とCarry Your Torch。

iPadと2本のマイクを使って、その場でリズムやコーラスを録って重ねてループさせていて。
マイクをトントン、手拍子をして今度はコーラス、それでiPadでベースも入れたりして。
音楽が出来上がっていく過程を間近で見る事ができてワクワクしたし、ミュージシャンってすごいなあと感心した。

「ほんとだったら今日は幕張にいるつもりだった。リンキン・パークのライブで。
でもチェスターが亡くなってキャンセルになって。でもそのお陰で奈良に来れた。
だからリンキン・パークのカバーやっていい?」とカバー曲も。
曲名が分からないんだけど、心を込めて歌っていてチェスターへのリスペクトが伝わってきた。

MONOEYESでは僕は歌ってないんだけどって言いながら歌ってくれた
Two Little Fishesのカバーは聴けるといいなあって思ってたから嬉しかった。
お客さんも一緒に歌ったりして、MONOEYESのツアーの事を思い出しながら口ずさんだ。

「今年20周年のALLiSTERってバンドをやってて。MONOEYESが忙しくてお祝いとかできなかったけど…
家と家具を揃えた途端みーちゃんから電話があって
「ソロアルバム作るからスコット手伝ってくんない?」って言われて日本に来て、
幡ヶ谷のラコスバーで飲んでてドラム誰にする?ってなった時にRaccoさんっていう人が
いるんだけどラッコさんが「俺ドラム叩けるよ」って言ってて。
みーちゃんが『叩けるんだったらRaccoにやってもらおう』って言ってて、
でも僕は『ドラム聴いてからの方がいいんじゃない?』って言ったんだけど
みーちゃんに『いや、叩けるっていうから大丈夫でしょ』って言われて。
最初は女の子がギターやるつもりで、僕と女の子とRaccoだったら
ジョークバンドになっちゃうでしょ。だからいっせとトディで良かった。
最初はシカゴと日本を行き来しながらやるつもりだったんだけどレコーディングして
ツアー日程見たら12月まで埋まってて『いつシカゴに帰れるの?』って言ったら
みーちゃんが『帰るつもりなの?』って。それで日本に来て3年目になります。これからもよろしくお願いします!」

「RUN AWAYって歌ったらRUN AWAYって歌ってね。START TONIGHTって歌ったら
START TONIGHTって歌って。練習しなくて大丈夫?信じます!」

ALLiSTERのRUN AWAY、スコットさんの作るメロディの気持ち良さがアコースティックでも出てた。
お客さんがコーラスを返すとスコットさんが嬉しそうに笑うのが癒された。

「この曲は去年ヒラリーか変な髪型のあいつのどっちかが大統領になるって時に書いたアンチソング。
今日ちょうどその人が日本に来てるから遠くに来た」

「ニューアコでみーちゃんが『レッツゴー!レッツゴー!レッツゴー!』って(拳を上げる)
何回もやって全然集中できなかったから今日は一回だけ!」と始まったBorders & Walls。
一回だけって言うからみんな張り切ってレッツゴーしたら「強すぎて…」って笑うスコットさん。
スコットさんによるニューアコの細美さんの再現がおかしくて笑いが止まらなかった。

「カバー曲、楓と川の流れのようにどっちがいい?(とアンケートを取ると楓が多くて)じゃあ楓!
日本に来たばかりの頃、お客さんに日本の有名なアーティストのアルバムをもらって、
その中にあったスピッツのベストアルバムを聴いて好きになった曲です」

楓のカバーもすごく良かった。スコットさんの日本やJ-POPへの愛を感じた。
それにしてもスコットさん、声量もあって歌が上手くてびっくりする。

「弾き語りに来た事がある人は知ってるかもしれないけど、休憩があります。待っててね!帰らないでね!」

そんな…帰ったりしないよ…という心の声が漏れそうになったよね。
こんな感じで前半が終わって休憩。
カナカナのスタッフさんが空きカップの回収に来て下さってありがたかった。


+++


休憩が終わるとライブも後半に突入。
引き戸を開けてみんなちゃんといるか確認するスコットさん。


「意外と英語上手いから」ってジョークを飛ばすスコットさん。
リハでもちらりと聴けたRoxetteは弾き語りバージョンも良かったなあ。
元々スコットさんボーカルの曲だからしっくりくる。

「もう一人の変な外国人と一緒にScott&Riversっていうユニットをやってて4月に
アルバムリリースしたんだけど聴いてくれた?その中から一曲」とカリフォルニア サンシャイン。

歌い始めのフレーズを聴いた瞬間、肩の力がふっと抜けて気持ちが軽くなっていくのを感じた。
落ち込んだ時にそばにいてくれるような、こういう曲が自分の中にあるといいよね。
曲の途中、歌詞を飛ばしてしまってフフフーンって歌って「英語のところを忘れちゃった」って。
どこまでもナチュラルに日本に馴染んでるスコットさん。

二曲ぐらい歌い終わってから「スリッパ履くの忘れてた」って。

意外なカバーだったのがエド・シーランのShape of You。
ロックなイメージが強いスコットさんだけどこれがめちゃめちゃカッコ良かった!

この曲だったかな、トラックを作るのに少し手間取ってしまって。
「何か面白い事喋って!いつもみーちゃんが何も言葉が浮かばないから
スコット面白い事喋って!って言うんだけど、いきなり面白い事喋れないよね」って。

「最初はMONOEYESっていうバンド名じゃなくてTalk About Kevinってバンド名で、もうツアーグッズとか
ウェブサイトも作りかけててインタビューもその名前で一個受けてて。
インタビューの後にみーちゃんに『スコットはこのバンド名じゃない方がいいと思ってるでしょ』って言われて。
この間整理してたらウェブサイトのトップページになるはずだった写真が出てきたんだけど…」
と最初のアー写にTalk About Kevinのロゴが入った仮のトップページの画像を見せてくれて。
「僕の弟の名前がケビンだからMONOEYESになって良かった」っていう最高のオチまであって笑った。

「来年はMONOEYESアルバムは出さないけどツアーやろうって言ってて…」と。
ここだけの話として来年が待ち遠しくなる話が聞けた。

「(ツアーがあるって言っても)奈良があるか分からないよ?
本当に好きだったら電車乗って京都とか大阪に来て!」って。いや行くけどそうじゃなくて…!笑
奈良でMONOEYESのライブを観るのは私の夢なのです。ELLEGARDENとthe HIATUSは来てくれたからね。

「アルバムも作らないって言ってたけど一昨年もそう言ってたからどうなるか分からない」とも。
「MONOEYESのツアーでも歌ってなかった曲を」とMoth To Flame。
普段はトディさんが鳴らしているギターのフレーズもアコギで聴くと新鮮だなあ。

「15年前、初めて日本に来た時に奈良にも来て、東大寺、東大寺寺。東大寺のじは寺だよね。
鹿にせんべいあげて腕を噛まれて。痛いよね。それで東大寺の柱の穴もくぐって。
穴をくぐるといいことあるんだよね?あの頃は細かったからくぐれたけど今はどうか分からない(笑)
みーちゃんがツアー中ムキムキになって、僕もライブハウスの弁当を
肉と野菜と豆腐だけにしたらツアー中に4キロ痩せた。
でもおいしいものいっぱい食べて戻りそう。太っちゃってもライブ来てね」

ALLiSTERのSomewhere On FullertonはMONOEYESのライブでもお馴染みの曲。
アコースティックバージョンでもじっと座って聴くのはうずうずする。
ギターソロで「トディ!」って叫ぶスコットさん(※もちろんトディさんはいません)。

「15歳の時、家から5分のところにWEEZERが来てライブを観て。面白い写真があるんだけど見る?」
と言ってiPodで当時?のツーショット写真を見せるスコットさん。リヴァースさんがまるで別人。笑

「その後ギターを買って弾けるようになった3つのコードで曲を作って。音源にもなってない
マカデミアナッツに対するラブソングです。聴いて下さい。ワンフレーズしかないけど(笑)
だから今でもリヴァースから電話がかかってくるとびっくりする」

素敵なエピソードと共に聴かせてくれたマカデミアナッツの歌がかわいすぎて撃沈。
この曲が聴けるのはライブだけですよ皆さん…!これはライブに行った人の特権かな。

「何やろうかな…クリスマスの曲?また来月来てね(笑)
(楓しかやらなかったら)怒られるから川の流れのようにのカバーもやります」と
川の流れのようにも歌ってくれたんだけど、演奏の前に曲にまつわるエピソードがあって。

「BRAHMANと一緒にカラオケに行ったんだけど…大船渡に行った時に。
この曲を歌ったらみーちゃんが泣いてて、歌い終わった後でハグされて何で?って思って。
カラオケは上手いんだけど弾き語りになると下手でごめんね」

下手だなんてとんでもない、熱のこもった歌にグッと来てしまって細美さんの気持ちが分かった。
スコットさんにはいつも日本の良いところを教えてもらってるなあって思った。

ラストはMy Instant Song。みんなで一緒に歌ってMONOEYESのライブみたいに笑顔でいっぱいだった。
素敵な時間を過ごす事ができて、終わって欲しくない!って思った。

演奏が終わって「奈良初めてだからどんな風かと思ったけど良かった!また来ます!」って嬉しかったな。
ほーんと楽しかった!スコットさんの事は大好きだったけどもっと大好きになったよ。また行きたい!


+++

SOLE CAFEでライブを観た時に奈良にも来て下さい!って言ってたのが実現して幸せでした。
(ちなみにその時のレポはコチラ

ライブが終わった後もひとりひとり写真やサインに丁寧に応えてくれるし、
歌ってる時はカッコ良くてMCではかわいくてお話すると優しいとか完璧かな…

スコリバのジャケットに描かれてるスコットさんのイラストを消しゴムスタンプにして
プレゼントしたら「すごい!めっちゃいいじゃん!」って喜んで下さって嬉しかった。

それでちゃっかりMONOEYESのCDを持って行ってたんだけど、
細美さんに書いてもらったサインを見て名前呼ばれてドキッとした。
細美さんとトディさんのサインを見て「僕だけ?いっせもか」って。
書いて頂いたサインも撮って頂いた写真も宝物です。ありがとう。
また近いうちにスコットさんに会えるといいなあ。次はレディクレかな?


+++

セットリスト(順不同。抜けてる曲あるかも…)

HOMELY GIRL(Scott&Rivers)
Carry Your Torch(MONOEYES)
(Linkin Park)
Two Little Fishes(MONOEYES)
RUN AWAY(ALLiSTER)
Borders & Walls(MONOEYES)
楓(スピッツ)


Roxette(MONOEYES)
カリフォルニア サンシャイン(Scott&Rivers)
Shape of You(Ed Sheeran)
Moth To Flame(MONOEYES)
Somewhere On Fullerton(ALLiSTER)
マカデミアナッツの歌(オリジナル未発表曲)
川の流れのように(美空ひばり)
My Instant Song(MONOEYES)
[PR]



by pochi-17 | 2017-11-15 22:00 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.10.20 プププランド「プププインザワンダーランド3」プププランド×髭

10月20日、神戸VARIT.であったプププランドと髭のツーマンに行ってきました。
これはプププランド主催の「プププインザワンダーランド3」で、
神戸っ子のプププランドがホスト役で髭ちゃんがお呼ばれしたというもの。
7月のすげーツアーファイナル以来の髭ちゃんやっぱり楽しかった!

ライブ前には心斎橋で期間限定オープンしているGLAYのLIBカフェへ。
今までにも何回かLIBカフェは開催されていて、それほど行きたい!ともならず
ひたすらスルーしていたもののファイナルと聞いて行ってきました。
カフェではGLAYの曲名にちなんだメニューが提供されていて、
彼女の“Modern・・・” 焼き風モンブランタルトと空が青空であるためにソーダを注文。
タルトはプラス250円で陶器製のオリジナルボウルがついてくるのでそっちに。
モダン焼き風と言うだけあって、黒いプレートとコテに乗って出てきて、
ソーダは芝生コースターが添えられて灰色の雲を青空色のソーダをかけて溶かすというもので、
これがインスタ映えというものか…と思いながら食べました。美味しかったよ。
カフェ内には写真も色々と展示されてあって、TERUさんが大阪ライブの時の訪れた痕跡もあちこちに。
ビートルさんとGLAYトークやら髭ちゃんトークやらできて楽しかった。

その後三宮へ移動してVARIT.へ。
6時前ぐらいに着いたのかな、着いたらまだ髭ちゃんのリハが続いていて、
せってんとサンシャインを聴いてしまい、このままではネタバレがやばいので避難。笑
ドンキとかロフトをうろうろしてハロウィングッズを見学(?)したり。
開場時間前に戻るとマイクを持った男性がお客さんに街頭インタビューしてた。
事情がさっぱり分からなかったのだけど、FM神戸のインタビューだったらしくて、
翌日にラジオで流れていたのでした。インタビュアーさんは奈良テレビに出てる人だった。

番号は140番台だったけど、早い番号で入って行く人が少なくて思ったより前に行けた。
でもフロアの中ほどぐらい、たまには真ん中で観る事に。隣は恵比寿ぶりに再会しためぐみちゃん。
髭ちゃんのライブに行くと知り合いが多くて嬉しい。
フロア後方にテーブルが出てたけど開演が近づくと少しずつ人も増えてきて。
開演時間を少し過ぎたころ、静かに照明が落とされてミラクルズのSEが鳴る。

+++

ステージ上手側からメンバーが登場すると手拍子が拍手に変わる。
隣にいためぐみちゃんの須藤さんに対する反応を見て、私にはこの女子力が足りないと思った。笑

ちなみにこの日の衣装。

須藤さんは黒のニット?スウェット?の長袖にグレーのスウェットパンツ。
斉藤さんは黒地に白で幾何学模様みたいなラインが入ったカットソーに細身のパンツ。
宮川さんは赤っぽいチェック柄のシャツ、コテさんは黒のバンT。
謙介さんは物販のA FACT OF LIFEのTシャツ。

SEが止んで、少しの静けさの後に聴こえてきたのはMR.アメリカのポップでカラフルなイントロ。
一曲目だけど結構手も上がっていて、髭ちゃんファンも多いのかな?って。

2曲目のD.I.Y.H.i.G.E.はぐっとギアを上げる良い選曲。
コーラスの斉藤さんが「D.I.Y.」のYをずっと「ゥワィ」って感じで歌ってるのが個人的に結構ツボだった。
この日だけじゃなくて多分毎回こんな感じで歌ってるので気になった方はチェックしてみて下さい。笑

いそいそと前に出てくるコテさん。CRASH! LAOCHU!
タイトでスリルのある謙介さんのドラムがひたすらカッコいい。

そのままの流れでユーは13?14?に行ったのがめちゃめちゃ上がった。
コテさんもぐいぐい前に出てきて、プププファンと思しき男性の肩を借りるコテさん。ご、ごめんなさい!笑


須藤さん「こんばんは、髭です!暑いから脱いでいい?暑そうでしょ?」
そう言っておもむろに服を脱ぎだす須藤さん。長袖着てたから暑かったんだろうな。

「髭ちゃんが関西に降臨したでぇ!神戸に来たで!俺、東京で一番関西弁が上手いって言われてるんやで。
プププランドの事、俺間違えてププププランドって言ってたら須藤さんプが一個多いですよって言われて。
プププランドってどこで区切るの?ププ・プランド?もしププ・プランドが武道館に行ったらその時は前座に呼んでよ。
あの時ソールドアウトしなかった神戸で一緒にやった仲じゃんって言うよ。
こんなところにまで来てくれてる皆なら来てくれるよね?楽しいと思うよ?
武道館こない奴がいたら住所特定してピンポンダッシュするからな!」


サンシャインの時、間奏の前にGATALIバージョンみたいにサンシャインって須藤さんが歌ってた。
それで間奏のところで須藤さんが後ろを向いて、謙介さん、宮川さん、コテさん、斉藤さんって順に目を合わせて、
振り返った時に須藤さんがすごくいい笑顔だったのがグッときてしまって泣きそうになった。
サンシャインの頃、バンドの危機を迎えてたっていう話もあったから余計に今こうして楽しくライブしてくれてるのが嬉しくて。
「君の不安僕におくれ」のフレーズをフロアにいるみんなの目を見ながら歌ってくれたのも良かったな。

せってんはいつもだったらこれも泣きそうになる曲なんだけど、目を閉じて幸せだなあって噛みしめながら聴いてた。
コテさんのコーラスも斉藤さんのギターも優しくてちょっとかわいらしくもあって、ずっと大好きな曲。

対バン仕様のセトリなのか黒にそめろも演奏されてて、やっぱり髭ちゃんカッコいい!って。
すげーツーマンからコテさんのバスドラが復活したのも嬉しい。もっと昔みたいにがっつりツインドラムやろうよ…!

もっとすげーすげーの時、斉藤さんのフリーダムさが突き抜けていて、ほぼサビまでギター弾かずに踊って(舞って?)たのが最高だと思った。
動きが独特で、笑っちゃうから須藤さんの方を見ようとするんだけど、つい見てしまってまんまとツボにはまった。笑

噂には聞いていた問題の新曲、この日タイトルは言ってなかったけどKISS KISS MY LIPSかな?
誰かがMolly's Lipsっぽいって言ってたけどシンプルでガレージ寄りのロックな音が好みだった。
歌詞が好きとかメロディが好きとかはよく思うけど、この音好き!ってなる曲はあんまりない。
曲はいいんだけど、須藤さんのパフォーマンスが衝撃すぎてここには書けない。。
これは現場で。私は無理だなあ色んな意味で。。みんな凄いけどいいのか?いややっぱりダメだよ…!
最終的に須藤さんはシールドをつまんでマイクを頭の上でぶらぶらさせてキスがしたい♪って歌ってて、なんかもう情報過多だった…

ロックンロールと五人の囚人は百戦錬磨の鉄板。この日は間奏開けのとこ、置くようにして歌う好きな歌い方だった!
もう相当ライブでこの曲聴いてきてめちゃめちゃ今更なんだけど宮川さんのベースカッコ良すぎじゃないですか…?


須藤さん「今度街で会ったらテキーラ奢るよ!これだけの人数に奢ったら結構な額になると思うけど、
それぐらいのお金は持ってるよ!でもその辺にいるだけの奴には奢らない。
だってそれはその辺にいるだけの奴だもん。俺の話長いと思ってるでしょ?謙介が大変だよね」って
須藤さんが振って謙介さんのドラムソロ!あれはほんとにかっこいい。
でもその後また元のリズムに戻って淡々と須藤さんに付き合う謙介さん。笑

「みんな知ってる?2拍って。うん、うん!(拳を握り締める)
俺が歌が上手いところを聞かせてやる!汗ばむ僕らの手ーのーひら♪」

返りが小さくて「今日はワンマンじゃないの忘れてた!すっかりワンマンのつもりでやってた。
自分達のライブの体でやってたけどプププランドのファンもいたね!
プププランドのファンは一拍遅い!お前プププランドのファンだろ!見ない顔だ!俺の方がよく見えてるから。
僕達繋がってるね!今は分からなくてもそのうち分かるようになるよ。俺はここにいる全員に自分の事を好きになってもらいたい」


ラストはテキーラ!テキーラ!新曲の衝撃に比べたらすごく安心して見たいられたよね…
歌詞に合わせてミラーボールが回る演出が粋だったな。フロアいっぱいにきらきらした光の粒が降り注いで綺麗だった。
そのミラーボールを見上げて嬉しそうな顔をしてる須藤さんが何だかよかった。

鼻の下を得意顔でごしごししたり、小首を傾げたり、お願いポーズしたり、ひざまずいたり
最後力こぶ作ったり、須藤さんはずっと見てても飽きないな。

そんなこんなで髭ちゃんのライブが終了。
髭ちゃんのレポで尽きたのでプププが超ざっくりになってますがあしからず。。


+++++


プププランドは初めて観るバンドで、前日にYouTubeでMVを見るまでどこの誰と間違えたのか
全員ロン毛のバンドだと思ってたんだけど全然違った。SEが吉田拓郎でフォークが好きなのか、
そのいう70年代のフォークっぽい曲とかシンプルなロックとかファンクっぽいのに
歌謡曲みたいな曲とか色々雑食な感じが面白かったしライブも良くて、
予習してる時にいいなと思ったメトロが一曲目で嬉しかった。
新曲もいい感じだったしまた機会があれば観たいな。指弾きのベースがとても好みだった。

ボーカルのタツヤさん?のキャラ迷子な感じとか面白かったし、
何かにつけて「あ〜〜真夏のジャンボリ〜〜♪」って湘南乃風を歌うから
(しかもちゃんと歌詞覚えてる)色んないい曲聴いたのに印象が持って行かれた。笑
プププランドはどことなくandymoriにも通じるところがあって、
andymoriのライブに行っていた時の事を思い出したりもした。

タツヤさんが「髭先輩、あんなんずるいわ!」ってべた褒めしてくれてたのが嬉しかった。

髭ちゃんもプププランドも、楽しそうに演奏してるのを見てバンドっていいなあって思ったのでした。
髭ちゃんのすげーツーマン、来月のオウガとシャムキャッツも楽しみ◎


+++++

2017.10.20
プププランド「プププインザワンダーランド3」
髭セットリスト


01.MR.アメリカ
02.D.I.Y.H.i.G.E.
03.CRASH! LAOCHU!
04.ユーは13?14?
05.サンシャイン
06.せってん
07.黒にそめろ
08.もっとすげーすげー
09.新曲
10.ロックンロールと五人の囚人
11.テキーラ!テキーラ!
[PR]



by pochi-17 | 2017-11-09 23:15 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.9.22 Crypt City/discotortion/アルパカス@心斎橋CONPASS

2017.9.22 Crypt City/discotortion/アルパカス@心斎橋CONPASS

9月22日、心斎橋CONPASSであったCrypt City/discotortion/アルパカスの3マンに行ってきました。
ひたすら音と戯れていてレポとも呼べないレポも書ける気がしないので半分インスタから引用。
クリプトシティ中心のレポになってますが悪しからず。。

コンパスは初めて行くライブハウス。心斎橋筋のユニクロの角を曲がってふたつ交差点を越えた右手の地下。
1階はカフェ(ご飯屋さん?)だったけどライブ中に音漏れしたりしないのかな?

開場時間になるとスタッフさんが出てきて呼び込まれて中へ。
この日はプレイガイドが先でメール予約は後の呼び出しでした。
階段を降りると右にチケットをもぎるカウンター、その奥にロッカーがあった。ライブハウスは左。
中に入ると左手に物販があってその先にドリンクカウンター、右に進むとフロア。
フロアは火影ほどではないけど小さめで、BGMが鳴る薄暗い中でミラーボールが回ってた。
フロアの割にはステージは広かったけど高さはそんなにないから後ろだと見づらいかも。
まだ前列が埋まってなかったから下手の端最前に行けた。

+++

開演時間が近づくにつれて少しずつ人も増えてきて、機材のセッティングや音出しが始まる。
オープニングアクトを務めるのは高知のバンド、アルパカス。
ライブが始まる前にメンバーが出てきて、ベースの方が念入りな柔軟体操を始める。
ステージの上で柔軟やってる人初めて見たからえっ?って。

10分押しぐらいでライブが始まって、始まった瞬間のボーカルの方のスイッチの入り方がすごくてびっくり。
これは楽しい事になる予感。アルパカスって名前は可愛いのに音は全然可愛くない。でもそこが良かった!
ベースのコッピーさんのキャラが気になりすぎたからまたライブ見たい。。
MCを振られて短く刈り込んだ頭を自分でなでなでしながら「もうすぐ終わりますんで!」って。笑
スリーピースなのに意味わからないぐらい爆音でテンション上がった。
足元にあった手書きのセトリ、朦朧とか念仏とか曲名もひねりがあっていいなって思った。

+++

慌ただしく転換が始まる。転換の間、何気なく後ろを振り返ったら入口の外に戸高さんがいて焦った。
あんまりチラチラ見るのも気持ち悪いかなって思って我慢したけどそう思ってる時点ですでに気持ち悪いね。。

discotortionはツインギター、男女1人ずつのツインドラムの6人編成バンド。
最初は4人だけがステージに上がってたのかな、そしたらフロアの後ろからドラムの方が入ってきてそのままステージに。
ナオさんのドラムがすごい力強くて、終始つい目がそっちに行ってしまった。
見た目かわいらしい小柄な方なのにパワフルでアグレッシブで迫力がすごかった。
爆音鬼の名のとおり、でかいアンプから鳴る低音&爆音で体の中からビリビリきた。

+++

セッティングでディーンさん以外のメンバーが出てくる。エフェクターボードをセッティングしたり、アンプを運んだり。
そろそろ音出しが始まるかなっていう時に戸高さんがこっちに向かって何か話しかけていて。
聞き取れなくて、えって返したら「マジで音でかいんで耳気を付けてね」って。
耳栓してるんで大丈夫です!って答えたら少し笑ってくれたような。

音出しの段階から中尾さんも戸高さんもいい感じに歪んだ音で高まる。

ちなみにこの日のいでたちを。
ディーンさんは白いTシャツに薄手のジャケットを羽織ってお揃いのパンツにコンバースっぽい黒いスニーカー。
何気ないファッションだけどさすがモデルさんでもあるディーンさん、さらりと着こなしていてオシャレ。。

戸高さんはENVYの黒Tに黒いスウェットのサルエル、黒いスエード?のハイカット。
左手に大作戦のラババン重ね付けして右手は黒いリストバンドだったかな?

小松さんは赤っぽいオレンジ?のTシャツで中尾さんはChantのロンT。

サウンドチェックが終わってSEとかもなく、ライブはDebateからスタート。
イントロが鳴った瞬間、中尾さんも戸高さんもガンガン頭を振って激しくパフォーマンス。
それにしてもギターソロの目にも留まらぬ速弾き、ほんと凄まじい。。
人間の手ってあんなに速く動かせるものなのかと思ってしまった。

そのままNever Ever Careになだれ込む。徐々にギアが上がっていくこの感じがたまらない。
2番の頭だったかな、めずらしく歌詞を飛ばしてしまっていたけど、
ディーンさんのハイトーンボイスと轟音のギターリフとベース、タイトな小松さんのドラム、どれを取っても最強。
最後のサビのとこ一ヶ所リフが変化してるのがすごくたまらない。

小松さんのドラムにカウベルがあったから聴けるかなと思ってたUnder the Pillow。
ベースとギターが引っ張っていくドライヴ感がめちゃめちゃ気持ちいい曲。

DIGはもうイントロから戸高さんのギターに釘付けになってしまった。
ギターソロの、来るぞ来るぞ…来たーーー!みたいなあの瞬間のためにライブに行ってるところある。
髪を振り乱して一心不乱にギターを弾き倒してる姿が目に焼き付いてる。


ディーンさん「こんばんは、Crypt Cityです。Never Ever Careもう一回やりたい…」

中尾さん「アホか!」

小松さん「…あっ!」

中尾さん「どうかしました?」

小松さん「ビーターが割れた…」

中尾さん「え…小松さんのビスタライト、あまり手に入らないやつなんですよね」

小松さん「ヘッドも…ショック…」

ディーンさん「今はお酒飲む時間。みんなお酒飲もう!」

ディーンさん「小松さんは優しそうに見えるけど、前にコンビニ潰したからね。ファミリーマートの」

中尾さん「セブンイレブンね。植木鉢投げ込んで。ああ見えて壊し屋だから」

折れた金具をフロアに投げ込む小松さん。

中尾さん「小松さんそんなキャラでしたっけ?僕も一回のライブでペダル二個壊した事あります」

中尾さん「(小松さんに)インデアンカレー美味しかったですか?」

小松さん「美味しかったよ」

中尾さん「ライブ前にカレーとかあんまり食べれないから。今日は(アから始まる長いバンド)やロストエイジに行かずクリプトシティに来てくれてありがとうございます。(at the drive in)久しぶりに観たいな」

話には加わらずギターと戯れてエフェクターで不思議な音を出してる戸高さん

Psychedelic Invocationの中盤、ジャズマスターの透明な音色から
一気に歪ませて不穏なリフに突入するところ、無二なバンドだなあって思う。

ライブも後半、Chantで再び音の洪水に。小松さんのダイナミックなドラミング、戸高さんのスリルあるフレーズ、
体の芯まで響く中尾さんの低音バキバキのベース、ディーンさんのシャウトのような歌。隙がない。

Komatsu-Jukiのディーンさんの歌は何かを召喚してしまいそうな不思議な力がある。
小松さんはトラブルにも動じずめちゃめちゃカッコいい、いやカッコ良すぎるビートを刻んでて惚れ直しました。
戸高さんや中尾さんも小松さんのプレイを眺めていて、それも何か良かったな。


ディーンさん「久しぶりの大阪ライブ。なかなか来れなかったからね。
来年の1月にクリプトシティはレコーディングに入って、またツアーで大阪に来ます」


Night Walkは世武さんのイメージが強いけどディーンさんが歌ってもハマる曲。
途中から転調してグッとアクセルを踏み込むイメージでどんどん加速していく。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。
戸高さんは少し荒っぽくギターを裏返しに置いて去っていく。
そのジャズマスターの裏にはAppleのリンゴとCryptcity、ピンクフロイドの三角ロゴのステッカー。

3マンだとあまりアンコールはないけど、discotortionはアンコールがあったから自然と手拍子が始まる。
しばらくして、再びメンバーがステージに。

黒いギターに持ち替える戸高さん。Chantの曲は大体やったし何だろう…って思ったら、PAC-3!!
この曲めちゃめちゃ聴きたかったからやってくれて今年一番テンション上がった。
メンバー全員余力を残さない熱のこもったパフォーマンスにやられた。
演奏を終えたメンバーに温かい拍手が送られる。

轟音と爆音を浴びるように聴いて浄化された。。
頭でごちゃごちゃ考えず音で勝負だ!みたいな潔さがあってほんとカッコ良かった。

戸高さんはここ1カ月多分休みなくライブと移動の繰り返しだったと思うけど、
パフォーマンスが落ちるどころかむしろ実戦で鍛えられてタフになってて圧倒された。
ギターを文字通り引き倒してるっていう感じで凄まじかった…
引き出しが多くて、あんな風にギター弾けたら楽しいだろうなあっていつも思う。

ほんと3組とも最高だったしクリプトシティは来年の1月にアルバムのレコーディングするって
ディーンさん話してたし、早くまた関西に来てください!あんな最高のライブ観せられたらもう待てません!!

+++

Crypt City vs discotortion TOUR 2017
セットリスト(順不同、間違ってるかも。。)

Debate
Never Ever Care
Under the Pillow
DIG
Psychedelic Invocation
Chant
Komatsu-Juki
Night Walk

EN.
PAC-3
[PR]



by pochi-17 | 2017-09-30 16:45 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.7.8 髭@恵比寿LIQUIDROOM

7月8日、恵比寿リキッドルームであった髭の「すげーツアー」ファイナルに行ってきました!

今回のツアーは関西が初日の京都、2日目の神戸、7月1日の大阪と3カ所あったから
遠征しない代わりに関西は全部行こう!と思ってたのに、行けば行くほどもっと行きたくなって、
大阪のライブが最高すぎてファイナル行きたくなってしまって、急遽前日に新幹線とライブのチケットを取って。
ぎりぎりまで迷ってたけど、行かないで後悔するのは嫌だったから暴挙に出てしまった。

この日はニコ生の中継もあったからレポ書かなくてもいいかなって思ったんだけど、
後から振り返った時に何も残ってないのはやっぱり寂しいから自分用の備忘録として。
MCはニコ生から書き起こせば完璧なんだけど、途中で力尽きたそうになったのでざっくりと。
記憶だけで書いたところもあるから間違ってたらごめんなさい。。

+++

いつも安いこだまばっかり乗ってるからのぞみが速く感じた。緑の田んぼに飛行機雲、
窓の外はずっと見てても飽きない。海側の席だったから富士山は見えなかったけど浜名湖きれいだったな。

せっかく東京に行くならと思ってずっと行きたかった六本木のスヌーピーミュージアムへ。
原画がたくさん展示してあって見ごたえがあった。ミュージアムだし、どちらかと言うと大人向けかな。
一周する間に散々心の中でかわいい!ってなって、最後にショップがあるのはよく分かってらっしゃる。。
原画のレプリカ欲しかったけど持って帰るの大変だし飾る所もないし断念。
六本木から恵比寿まで近くて良かった。リキッドの場所分からなかったから連れて行って頂いてありがたかった。

関西のライブだと名前は知らないけど顔見知りの人がいっぱいいるけど、東京だと知らない人が多くて、
そこでようやく東京のライブに来たんだなあって実感が沸いてきた。

前日にチケット買ったから番号は遅かったけど、7列目ぐらいの下手寄りで観ることに。
誰かいないかなあってきょろきょろしてたらライブが始まる直前に後ろに入って来た人が
某バンドマンに似てる気がして、でも遠目だったから自信なくて気のせいかな?って。

この日も開演ちょっと押しててBGMの曲が終わる度にそわそわしてしまった。
立ち位置はいつも通りだけど謙介さんのドラムが新しい赤いドラムだった(初めて見た!)。
開演時間を10分近く過ぎた頃、ふっと暗くなっておなじみのSEがフロアに響き渡る。

+++

SEに乗って踊って手拍子を先導する須藤さん。神戸の時に着てた大きな顔の写真のTシャツにグレーのスウェット姿。

ノイジーなギターから王道ロックンロールにシフトするイントロがかっこいい「もっとすげーすげー」。
「D.I.Y.H.i.G.E」は入り方がやたらかっこ良くなってるし、ぐんぐん加速していく感じが良かった。

「ドーナツに死す」で須藤さんの肩がTシャツから出てたんだけどノンストップで行くから直せないのね。。
曲の途中で須藤さんがサングラスを外して頭の上に乗っけてたんだけど、昔の須藤さんってこんな感じだったな。

「それではみなさん良い旅を!」で東京ーーー!とか\恵比寿の時間だよー!/って聴けて、
わあ!東京だ!って。まあ当たり前なんだけど。笑 謙介さんの怒涛のドラムも、全部テンション上がる!
わちゃわちゃ感が楽しい「CLASH! LAOCHU!」からそのままコテさん曲が続いて「ユーは13?14?」。
コテさんがフロアにダイブしたんだけど、やっぱり優しいふわっとダイブだった。笑

曲が終わって須藤さんが「サンキュー!」って。その流れのまま「なんとなくベストフレンド」。
さっきまでとは打って変わって、妖しい雰囲気に。須藤さんがハイジタオルを顔の前に垂らして、
「ゾンビ!」ってオバケみたいなポーズを取ってたのがかわいかった。
初期の曲だけど今の方がかっこいい。びしっと5人の息が合った時はぞくぞくするよね。

須藤さん「ほんとの事言うと会いたかったです!!みんなと会うために
今まで生きてきたのかな?大事な大事なみんなに贈りたい曲です!」

こっから寄生虫歌い出すのほんと笑っちゃうんだけど、何か憎めないと言うか、
何やっても許されてしまう須藤さんずるいなって思う(確実に褒めてます)
曲の最中、ステージに跪いて両手を広げてたのも、コール&レスポンスは知ってる?
やってみよう!って疑問形の「おーっお?」ってやってたのもいいなって。

「溺れる猿が藁をもつかむ」ではコテさんの新しい小道具、サイリウムが登場。
この曲で2回目のダイブをキメてたんだけど、落ちたくないのか詰めて詰めて!ってやってから
慎重に飛んで(というか身を任せて)たのがコテさんらしくて笑った。

須藤さん「こんにちは、髭です!」

「今日はすげーツアーのファイナル公演です。東京でファイナルを迎えられて嬉しく思っています。
色んな所全国ツアーで回ってきたんだけど、今まで回って来たとこには悪いけど今夜が一番いい予感がしてるよ!
ニコ生見てるみんなごめんね!今日が一番良さそうだよツアーで。今日はみんなに会えて嬉しいです。
『すげーすげー』っていうアルバムは5月に出たばっかりなんですけど30分しかない短いアルバムで、
ストーが額面通りに受け取ってすげーすげーしかやらなかったらと30分で帰らなきゃいけないから水増ししてるわけ。
ここまで9曲やったけどさ、まだ3曲しか見せてないから!やっぱこれがキャリアのなす技っていうか。
みんな気付かなかったでしょ?ちょっと知ってる曲ばっかやるなってぐらいだったでしょ?
次の曲からは純度100%のすげーすげーをお送りします」


「TOMATO」の"君をそっと"の「そっと」がほんとにそっと歌ってたのにやられた。
シャウト系の曲も歌い上げる系の曲も、ミディアムも全部いいのが髭ちゃんの強み。

「U4」のイントロが音源通りだった大阪とは違って、イントロの前にもうワンフレーズあって、
ツアー中にアレンジを練り直してどんどん新しい事をやっていくのがすごいなあって思った。
この曲で謙介さんが口を大きく開けて満面の笑顔でドラムを叩いてて、そういうの見るとぐっとくるんだよね。

澄んだギターの音色に須藤さんの少しフォーキーな声がよく似合う「スターマイン」。
ハンドクラップの時、フロアのみんなを見て少し笑顔を浮かべてた須藤さんを見ていいなあって。


須藤さん「改めまして髭です!やばいね今日いいね!ツアーファイナル、みんなに会う事ができてよかった!」

斉藤さん「いらっしゃい!」

須藤さん「(お客さんからピーチって呼ばれて)定着してきたって事?嬉しい!生まれて初めてあだ名ができたよ。
(チャーチって呼ばれて)それはおじいちゃんが付けたやつ。どうですか?今日みんな」

斉藤さん「いらっしゃい」

須藤さん「斉藤くんがいらっしゃいしか言わない。そういうとこ長けてるから!
何も出てこないなって分かる。じゃあ何もなさそうだから次行こう!
みんなヘルシンキは好き?ちなみに僕は行った事もないよ」

「へルシンキ」ではマラカス担当のコテさん。やっぱりドライブ感があって気持ちいい一曲。
その流れのまま須藤さんがステージの前に出てきてギターを掻き鳴らす。「ロックンロールと五人の囚人」!
そこから更に「黒にそめろ」で畳みかける感じ、時間が一瞬で過ぎていく感覚。

ステージが緑一色に染まって、ギターの音に全てが支配されたかのようなイントロからの「S.O.D.A.」
ライブを通してこの曲がいちばん痺れた。やばいぐらいかっこ良かった。

そこからの「テーマ・フロム・ダリア」は髭ちゃんの毒っ気が存分に発揮されていて、
非日常的な危ない雰囲気とトリップ感があってくらくらした。

そのままノンストップで「DEVIL'S ODD EYE」に行くこの流れはほんとずるい。
須藤さんはハンドマイクで踊れる感じなのに、ロックスター感があって惹きつけられた。
何度だって言うけど、須藤さんのシャウトは世界一だと思う!

曲が終わって須藤さんの口から秋のツーマンツアーが発表に。
秋って言うから9月ぐらいかと思ってやばい他とかぶる!って思ったら大阪は11月だった。
全国回るって言ってたのに九州は…?という気はしたけど大阪来てくれてありがとう。

須藤さん「今日最高だな!俺はすげーツアーでスキルアップしてきたんだよ。
もうギターもベースもいらない!ドラムだけでいい!次に来る時に3人になってたらそれは俺のおごりだよ。
俺だけがスキルアップしたんじゃない。みんなと一緒にスキルアップしてきたんだよ」

こんな事を口にしてアカペラでテキーラのメロディをなぞる須藤さん。
何度目からかお客さんとのコール&レスポンスみたいになっていく。

「ビール持ってる人いない?」って言いながらフロアを見渡す須藤さん。
ちょうど私の斜め後ろぐらいにビールを飲んでる女性がいたんだけど「あげない!」って。笑
でも須藤さんの押しに負けてビールがステージまでリレーされていって。

須藤さん「人のビールを勝手に取る!(一気飲みしてカップを投げ捨てる)
人のビールを勝手に取ったよ!でも俺は思うわけ。そんな事友達じゃないとできないって。
俺は友達じゃない奴からはビールは取らない!友達だと思ったからビールを取ったんだよね。
そしてみんなも俺がビールを飲んでたらもちろん取ってよ。だってそれは友達じゃん。
俺は怒ったりしないよ。ただ謙介が長えなって思ってるだけだよ」

汗だくになっててスタッフさんに顔をごしごし拭かれる謙介さん。
それを見てた宮川さんも自分のところにあったタオルで拭いてあげてた。優しい。笑

須藤さん「今度俺にテキーラ一杯奢ってよ。今度みんなにもテキーラ一杯奢るよ。
今日のところはこの曲で勘弁してよ。Are You Ready?」

この振りに対するお客さんの反応がイマイチだったから「まばらだったな」ってやり直し。
そこからすっかり定番になった2拍置いてからのレスポンスにチェンジ。

「テキーラ!テキーラ!」ではフロアにあったミラーボールもきらきらと輝いて、
ライブハウスいっぱい光が降り注いできれいだったな。
モニタに上がったり、最前のお客さんの手を取ったりコミュニケーションも忘れない須藤さん。

曲が終わってお客さんからの「ありがとう!」って声が飛んで。

須藤さん「ありがとうを言うのは俺の方だよ。本当にありがとう。ライブもあっという間です。
次の曲が最後の曲です(フロアからえーーー!って声)
俺もえーっ!って思ってるよ。心の中で『え~~っっ!!』って(女子力高いポーズで)。
Tシャツが引き裂かれちゃうよ。引き裂いちゃうよ。今これ(Tシャツ)と同じ顔してるだろ?」

えっと、この時の須藤さんがかわいすぎてですね。。涙がちょちょぎれるかと思ったわ。

本編ラストは「あうん」。丁寧に歌を紡ぐ須藤さんと歌を引き立たせるメンバーの演奏。
静かな中にも感情の揺れ動きだったり波があって、曲に吸い込まれそうだった。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。フロアから温かい拍手が贈られる。

+++

拍手がそのままアンコールの手拍子に変わって、しばらくしてまたステージが明るくなる。
スーパードライかな?ビール缶片手に斉藤さんがにこにこと話し始める。

斉藤さん「拍手ありがとうございます」

「リキッドルームは何回もお世話になってるんだけど、いいっすね。
みんなの立ってる床も踊りやすいように工夫されてて。帰る時に床に手を置いて
触ってみて下さい。いつもフロアでもお世話になってます、斉藤です」

須藤さん「アンコールありがとう!改めて今日はほんとにいい夜になりました。
ほんとにありがとうございます(って言いながらWピースする)
アンコール色々考えたんだけど、昔の曲やるのはすっ飛ばしてこれからの曲やろうかなと思って。
すげーすげー書いた後に家で1人で作ったわけ。アルバムは短くて物足りなかったと思うから、
俺たちの来年の可能性をみんなに知ってもらおうと思って。新曲聴いて下さい。
曲名はA FACT OF LIFE。意味はちょっと分からないんだけど。
俺ぐらいになると意味分かんなくてもいいからさ。意味は調べてもらって。現実って言うのかな」

須藤さんの話を遮るように謙介さんが元気いっぱいに「1.2.3.4!」ってカウントに入ったから笑ってしまった。
何だかこれも、シリアスになりがちなテーマも飄々と歌えてしまう髭ちゃんぽいなあって。
「U4」の"躁鬱な感情はまるでジェットコースター"っていう歌詞もそうだけど、
いつでもフラットでシリアスになりすぎない髭ちゃんの音楽に救われる事が多いから余計にそう思ったのかな。

ライブの最後は「電波にのって」。終わってしまう寂しさも吹き飛ばしてくれるような熱のこもった演奏。
メンバー同士の呼吸やグルーヴもがっちりとひとつになっていて、いつまでも聴いていられそうだった。
髭ちゃんの曲はライブで様変わりしているものも多いけど、この曲のアレンジほんと秀逸だから音源化してほしい。

演奏を終えたメンバーの表情は充実感があって、不思議と寂しい気持ちにはならなかった。
ファイナルだからダブルアンコールもあるかと思ったけど、すべての力を最後の曲で
出し尽くしたっていう感じだったからなくても物足りなさはなくて。
終わった後に何も言葉が出ないような、抜け殻みたいな気分になったのは久しぶりだった。
それにしてもアルバムのリリースツアーで更なる新曲をやってのける髭ちゃん、ほんとにすげー!

友達を探してきょろきょろしてたら開演前に見かけた某バンドマンらしき方が歩いてきて、
スタッフさんらしき人と一緒に関係者入口に入って行って固まった。
サングラスかけてたけど似すぎなぐらい似てるしもはや本人なのでは?と思ったら本人だった(後日談)。
こんな事関西のライブでは考えられないから東京ってすごい街だなってライブの記憶が軽く飛んだ。
千ちゃぷスタッフの方にも初めてお会いしてお話しできて嬉しかったな。
公開収録やって下さい!って言うのは簡単だけどやる側は大変な事を言ってしまってごめんなさい…。
いつか実現したらいいなあ。そのためにも千ちゃぷが続いていくようにメッセージ送るよ。

普段あまり遠征できないけど、久しぶりに会う友達だったり、一週間ぶりに会う友達だったり、
ひとりで行っても心強くてライブ以外の時間も楽しく過ごせて本当に感謝してます。
髭ちゃんやみんなのお陰でまたひとつ忘れたくない思い出が増えました。いつも本当にありがとう!


+++

2017.7.8 髭@恵比寿LIQUIDROOM セットリスト

01.もっとすげーすげー
02.D.I.Y.H.i.G.E.
03.ドーナツに死す
04.それではみなさん良い旅を!
05.CLASH! LAOCHU!
06.ユーは13?14?
07.なんとなくベストフレンド
08.寄生虫×ベイビー×ゴー!
09.溺れる猿が藁をもつかむ
10.TOMATO
11.U4
12.スターマイン
13.へルシンキ
14.ロックンロールと五人の囚人
15.黒にそめろ
16.S.O.D.A.
17.テーマ・フロム・ダリア
18.DEVIL'S ODD EYE
19.テキーラ!テキーラ!
20.あうん

EN1.A FACT OF LIFE(新曲)
EN2.電波にのって
[PR]



by pochi-17 | 2017-07-21 22:12 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.7.1 髭「すげーツアー」@梅田クラブクアトロ

2017.7.1 髭「すげーツアー」@梅田クラブクアトロ

行ってきました、髭ちゃんのすげーツアー大阪公演。ツアーの初日が京都、2日目が神戸で関西は3カ所目。
全部で8本のツアーで3回も関西に来てくれるなんて嬉しいな。
最近は大阪と言えばクアトロというぐらい通ってるのに未だに道に迷いそうになる。

+++

この日は70番台だったからどこで観ようか迷ったけど3列目の真ん中に。真ん中で観るの久々。
開演は少し押してて開演時間から10分遅れぐらいでライブがスタート。

おなじみのSEに合わせてお客さんが手拍子をする。
下手から出てくるメンバー。斉藤さんが最初に出てきたのかな。

SEの手拍子が長く続いてて、そろそろ始まりそうだからやめようかと思ったら須藤さんが手拍子を始めて、
そのまま歪んだギターの音が聴こえ始めて謙介さんのカウントから「もっとすげーすげー」。
一曲目からすでに斉藤さんがにっこにこの笑顔でジャンプしてて、思いがけず腹チラ頂きました。笑
君がどんなに小さくても見つけてみせようっていうところ、フロアを見つめながら歌う須藤さん。

ちなみにこの日の服装は。。
須藤さんは黒の襟元切った目玉柄?のTシャツに白のスカーフみたいな柄のパンツ。
斉藤さんは黒のモモンガ袖カットソーにグレー地に白のピンストライプのパンツ、黒の革靴かな?
宮川さんは半袖の黒っぽいシャツに白のインナー、黒のパンツだったかな。
コテさんはアーケイドファイアの黒のバンTにゆるっとした形のデニム。
謙介さんはすげーツアーのTシャツ(蛍光)を着てた。

京都と神戸とはセトリを変えてきてて、2曲目に「D.I.Y.H.i.G.E」が来てたの上がった。
今の髭ちゃんの勢いはこの曲によく似合ってた。

曲の後に須藤さんが「こんばんは、髭です!」って短く話してそのまま曲に。

ちょっと久しぶりに聴いた「ドーナツに死す」がやたらかっこ良くなっててびっくりした。
「それではみなさん良い旅を!」は大阪の時間だよー!だったかな?この日は歌詞大丈夫だった。笑

「CLASH! LAOCHU!」はコテさんの煽りも鉄壁のリズム隊も最高。いつも謙介さんのドラムに目を奪われてしまう。

「ユーは13?14?」のおもちゃ箱をひっくり返したみたいなガチャガチャ感は無条件に楽しい。
譜面に起こせなさそうなエキセントリックな斉藤さんのギターソロも上がる。
この曲で斉藤さんが白いスライドバー使ってたんだっけな。

息つく間もないセトリですでに汗だくになってるメンバーとお客さん。

「なんとなくベストフレンド」でゾンビ!って言いながらゾンビポーズの須藤さん。
クールダウン、クールダウン…って言うけどやっぱりむしろ体温上がる。
なんとなくなんとなくなんとなく♪ベストフレンドベストフレンドベストフレンド♪って歌い方いいな。
須藤さんのカッティングからのベース、いつ聴いても最高すぎてフーッ!ってなる。

須藤さん「みんなの事を歌った曲だよ!寄生虫、ベイビー…ゴー…」
それってみんなが寄生虫って意味?もう何でもいいや。笑
須藤さんのくるくる変わる表情、ずっと見てても飽きない。

トラメガを手にいそいそと前に出てくるコテさん。「溺れる猿が藁をもつかむ」!
この曲だったか忘れちゃったんだけど曲終わりに帰って行く時、
ちっちゃい声でありがとうって言いながら帰って行くコテさんがかわいかった。
あと須藤さんがおもむろにコテさんの股間に顔をうずめてたの笑った。


曲が終わってようやくMC(という名の給水タイム)。
須藤さん「あっつ!!これはまだ9曲目のギターじゃない!」

見るとギターは汗でびしょびしょ。スタッフさんがギターを拭く。
この後少しだけ冷風が来てクアトロさんの優しさを感じたんだけど一瞬だったね。。

宮川さん「俺、このツアーで初めて半袖着てきたんだけど、長袖着てると袖が汗を吸って
止まるっていう事を身をもって体感しました。ベースが汗でコーティングされちゃってるもん」

斉藤さん「宮川くん朝二日酔いだったよね(笑)」
宮川さん「もう抜けた!今ので抜けた!」

須藤さん「今この状態では実家帰ったら『あなた何の仕事してるの?』って言われちゃうね。
そしたら『ライブっていうのをしてきたんだよ』って言おうかな」

須藤さん「メンバーを紹介します!サポートドラム、佐藤謙介!あとはいつもの4人!」
斉藤さん「正社員です」
謙介さんが両手を広げてポーズしたら拍手が鳴り止まなくて「今のはいい拍手だよ!」って須藤さん。
そしたら宮川さんが「これぐらいやらないと!」ってさっきのポーズにダメ出しして、
斉藤さんがそれを真似たら胸を押さえて「痛くした」って。嘘でしょ!?笑
須藤さんもやってー!って言われて何を?これ?って言いながら軽くやってた。

須藤さん「すげーすげーツアー…違う、すげーツアーなのに、ここまで何とアルバムの曲を
3曲しかやってません!すげー水増しせたからね。ここからは混じりっ気なしのすげーすげーで行くよ!」


音楽って作った人のキャラクターが表れると思うんだけど「TOMATO」は絶対須藤さんにしか
書けないだろうなって思う。楽しそうにドラムを叩いてる謙介さんを見てると嬉しくなる。

アルバムの曲の中でライブで聴いた時にいちばん刺さったのが「U4」。
イントロのフレーズだけでたまらなくなって泣きそうになる。。
神戸では斉藤さんがギターをまるっと飛ばしたって言ってたけど大阪では完璧でした◎

「スターマイン」のイントロのギター、ずっと聴いていたいぐらいどこまでも透明で綺麗な音色。
ハンドクラップのところ、お客さんが手を叩くとコテさんが嬉しそうにするのがかわいい。
終わっていく時のきらきらと切ない感じが花火と重なって、素敵な曲だなあって。
スターマインとU4は斉藤さん同じギターを弾いてたのかな?テレキャスじゃない方の。

曲が終わってMC。

須藤さん「テンポ良く行きたいんだけど待って、汗が止まらない。汗ってどうやって止めるんだっけ?」

そんな須藤さんの元にお客さんからハンカチが(拭いていい?って拭いた後ちゃんと返してた)。
須藤さん「斉藤くんがいつもこれくらいの小さいハンカチで汗拭いてるんだけどおかまちゃんみたいだなと思って」
斉藤さん「ロックンロールは性別を超越しますからね。TMなんとかみたいな扇風機がほしい」

須藤さん「会えない間、みんな何してた?僕たまに思うんだよね。窓開けて流れ星を見て
(指を組んでお願いポーズで)大阪のみんなどうしてるかなあって。
他はどうでもいいんだよ、大阪のみんながどうしてるのかなって。汗拭いてる間にここにいる
一人ひとりに聞いていこうかな、5人目ぐらいで『よし曲行こう!』ってなると思うけど」
汗でTシャツが伸びちゃって「初めて家に泊まりに来た女の子みたい」って須藤さん。
あまりの暑さに「もう飲みに行っちゃおうか!」って斉藤さん。

須藤さん「次にやる曲はヘルシンキって曲なんだけど、ヘルシンキってどこにあるんだっけ?
前調べたんだけど忘れちゃった。歌ってるのに。なに?フィンランド?
(両手でバサバサ扇ぐ?仕草)サウナね。フィンランドに行かなくてもここは十分サウナだね!」
僕たちまだ始まってもいないよね?上がりたくない?上がるしかないでしょ?」


AメロからBメロへの流れと宮川さんのベースラインが気持ちいいヘルシンキ。
音源もいいけどライブがやっぱり最高な一曲。斉藤さんのギターのフレーズが癖になる。

須藤さんがギターを掻き鳴らしながらモニタに足をかける。一瞬の静寂のあと「ロックンロール」。
そのまま「ロックンロールと五人の囚人」へ。この流れがまさにロックスターでカッコ良かった。
いつもすぐかわいい!とか言ってしまうけど、この日の須藤さんはほんとロックスターだったよ。

囚人から「黒にそめろ」の鉄板の流れ。熱さのせいなのか夢中になってたせいなのかあまり記憶がない。。
この後の「S.O.D.A.がめちゃくちゃカッコ良くて本当に痺れた。
ベースをラフに弾いてる感じなのがまた良くて、クリームソーダ色の照明と相まってトリップ感あったし、
須藤さんのシャウトも一度静かになった後に盛り返してくるアレンジも全部最高で完璧だった。

しかもその後「テーマ・フロム・ダリア」と「DEVIL'S ODD EYE」って流れが更にやばい。素晴らしくやばい。
ダリアも頭がクラクラするようなトリップ感があったし、オッドアイは須藤さんが全力で
フロアに向かってくるような熱さもあればどこか神々しさすらあって、
髭ちゃん教(もしくは須藤教)があったら間違いなく入信するところだった(ありません)。


曲終わりで須藤さんたちは水を飲んでたけど、ずっとリズムを刻み続けてる謙介さんがかなりきつそうで、
スタッフさんがタオルで顔をごしごし拭いてたり、ストロー付きのボトルで水を飲ませてあげたり。

須藤さん「謙介にドラムずっと叩かせてるけどこういうプレイだから。
たとえば、こういうのはどうかな?もう僕はギターもベースもいらないよ。
汗ばむ僕らの手ーのーひーら♪次に来る時は3人になってたりしてね」
笑った後、負けじとドラムの音を強くして応戦する(?)謙介さん。

須藤さん「みんなビールとか持ってないの?お茶ばっかり持ってさ!!
じゃあ、今度街でみんなに会ったら僕がテキーラを奢るよ!」

テキーラはいつ聴いても楽しませてくれる曲だけど、この日は曲の途中で須藤さんが頭からつま先まで
床にぺたんと寝そべって眠るように歌うのを放棄して、そこから煽りに来た時の目が鋭くて痺れた。
須藤さんのこういうところ、エンターテイナーだなあって。気に入ったのか2回やってたのはかわいかった。
あとミラーボールが回り始めた時、須藤さんが笑顔になったのもかわいかったですとても。
何かの曲で頭ぽこぽこ叩きながら「あ♪あ♪あ♪」って歌ってたのもかわいかったですとても。
テキーラの後、メガネを拭く斉藤さんに須藤さんが「汗ばむ僕らのメーガーネ♪そういう事じゃないの?」って。


須藤さん「次が最後の曲です(えー!)…時計持ってる人は見たら分かると思うけど、
結構時間経ってるからね?みんなにとってこのライブに3800円の価値があればいいなって思ってます。
そこの後ろにいる人とかつまんないって思ってない?大丈夫?
今日が過去最高のライブだよ!僕達の演奏がいいだけじゃない、みんながいるからだよ。
みんな次に会う時まで元気でいてね。先に言っておかないと、歌い終わったら帰らなきゃいけないから(笑)
最後に歌うのはあうんって曲なんだけど、自分のソングライティングの中でも気に入ってる曲です。


本編ラストは「あうん」。イントロが始まってすぐ須藤さんが演奏を止めて「手が攣った」って。
「この前もこの曲で攣ったんだよね。攣り癖ができちゃって。パブロフの犬みたくなってたらどうしよう」

斉藤さん「この謎は…一年後ぐらいに解けるかもしれないね」
手を振って様子を見る須藤さんに「指反らした?」と宮川さん
斉藤さん「奇跡が起こるか…?」
須藤さん「奇跡なんて起こらなくていいよ、もう十分奇跡みたいな事あったよ。
夢なんてそんなに簡単には叶わないよ。叶う夢もあるけど。
感動的な話になってきたね、そうでもないか。このまま曲行ったら感動的だよね
僕はあの、耳の大きい…なんだっけ、ミッキーマウスなんだよ。魔法使えるよ?
みんな大丈夫?倒れそうな人とかいない?あと10分やるんだったら
もたないなって人とか。僕はそんな感じなんだけど」

須藤さんのもう十分奇跡みたいな事あったよって言葉、たまたまお客さんの中に
治療をしてくれる人がいた仙台の事なのか、それとも別の事を指してるのかなって。
指が攣ってしまうのは脱水だよね。。ポカリ飲んでたけどあれだけ汗かいたら足りてなかったんだろうな。。

少し須藤さんの指が心配だったけど、歌が始まるとすぐ引き込まれた。
髭ちゃんのこういうタイプの曲、大好きだなあ。
この間ラジオでいい曲過ぎる曲はボツにするって話してたけど、それもらしいなって思った。


何とか無事に演奏を終えてステージを後にするメンバー。
姿が見えなくなってすぐにアンコールの手拍子がはじまる。

+++


しばらくしてビールを片手にメンバーが再びステージへ。
斉藤さん「ハンドクラップありがとう!」

須藤さん「アルバム出した後に新曲を作ってて。
他に聴きたい曲もあると思うけど新曲やってもいいかな?」

まさかアルバムのリリースツアーで更なる新曲を聴けるとは。これには驚いた。

須藤さん「FACT OF LIFEっていうタイトルの曲で(カンペが出てくる)
こんなおっきい字でタイトルが書いてある!」って。笑

髭ちゃんの生まれたてライブ初披露の新曲は、ほど良く肩の力が抜けたような
ご機嫌でキャッチーな曲で、一度聴いただけで口ずさめそうだった。
曲中、須藤さんが笑ってて演奏が終わった後に
「すげー間違えた!いい練習になったわ!こんなに間違えるんだ!」って。
初披露の新曲だから言わなきゃばれないのに正直でいいなって思った。

ラストは「電波にのって」。急に終わっちゃうんだって実感が湧いてきたけど
その寂しさも吹き飛ばしてくれるような熱のこもった演奏だった。
全員でアイコンタクトを交わしながら向かい合っていたのにぐっときてしまった。
宮川さんの変則的なベースラインも、斉藤さんの泣きのギターも、
謙介さんとコテさんのリズム隊も、須藤さんの歌も全部最高だった。

もうこれ以上髭ちゃんの事を好きになれないぐらい好きだったけどもっと好きになった。
京都も神戸もあれだけ最高だったのに大阪の方がもっと最高だった!


+++


2017.7.1
髭「すげーツアー」@梅田CLUB QUATTROセットリスト

01.もっとすげーすげー
02.D.I.Y.H.i.G.E
03.ドーナツに死す
04.それではみなさん良い旅を!
05.CLASH! LAOCHU!
06.ユーは13?14?
07.なんとなくベストフレンド
08.寄生虫×ベイビー×ゴー!
09.溺れる猿が藁をもつかむ
10.TOMATO
11.U4
12.スターマイン
13.へルシンキ
14.ロックンロールと五人の囚人
15.黒にそめろ
16.S.O.D.A.
17.テーマ・フロム・ダリア
18.DEVIL'S ODD EYE
19.テキーラ!テキーラ!
20.あうん

EN1.A FACT OF LIFE(新曲)
EN2.電波にのって
[PR]



by pochi-17 | 2017-07-06 22:30 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.5.28 髭「すげーツアー」@神戸VARIT.

5月28日に神戸VARIT.であった髭の「すげーツアー」二本目に行ってきました。
前日、初日の磔磔がすごく良かったから二日目はどうだろう?と思ったら
軽々と最高を更新してしまうという、バンドの底力を見せられたライブだった。
ある意味初日より初日みたいなところもあった神戸のゆるレポを。ネタバレ注意!

+++

去年のツアー以来、二度目のVARIT。
道に迷う予感しかなかったけど、何とか迷わず行けた。
山側の北口から道路渡ってマツキヨの角を左折したらあとは大丈夫(自分用メモ)
道に迷わなかった分、時間があったから生田神社に寄り道。
その後髭友さん達と合流してVARITへ。初めましての方もありがとうございました。

最近行きたいライブが被りまくるからライブの被りを恐れて一般で取ったVARIT。
チケットもぎりのお姉さんがBRAHMANのTシャツ着てた。
番号は100番過ぎてたけど、VARITは狭いから真ん中辺りでも近い。
狭いステージに5人だと全体を見るのは難しいから下手から斜め見する事に。

この日も開演ちょっと押してたのかな、おなじみのSEが鳴るとライブが始まる合図。

須藤さんは外国人の男性の顔(チャプリンじゃないか、誰だろう?)が
大きくプリントされたTシャツに新しいMVで履いてたペイズリー柄のパンツ。
斉藤さんは紺色?のシャツ、宮川さんは黒のシャツとパンツ、ハット。
コテさんは黒のバンTにデニム、謙介さんは物販の蛍光T、耳には小さめのピアス。

「もっとすげーすげー」のイントロはライブの始まりにもぴったり。
一曲目からいきなり宮川さんのベースがトラブるアクシデントも振り切るテンション。
間奏では宮川さんと斉藤さんがふたり揃って前で煽ってた。

ラズベリーから久々に復活した「3.2.1.0」のイントロも聴くだけでわくわくする。
間奏辺りの謙介さんのドラムがダイナミックでかっこいい。

肩の力が抜けた気だるさは髭ちゃんの魅力のひとつ。
「ネアンデルタール Punks Fuck Off!」はコテさんのパーカッションの音がかわいい。

「それではみなさん良い旅を!」のいつものは兵庫だった。神戸じゃないの!?笑
斉藤さんも宮川さんもぐいぐい煽っててテンション上がった。
端っこで見てたし遠慮なく両手広げちゃったよね。最高!

そのままぐっと加速して「CLASH! LAOCHU!」やっぱこの曲ライブ映えするなあ。
ロックなんだけどパンクみたいな雰囲気もあって息つく間もなく一瞬で終わる。

「ユーは13?14?」で前に煽りに来たコテさんがステージ前にあるバー?につかまって
身を乗り出したり引っ込んだりしてたんだけど、それを見てた斉藤さんも真似してた。
何かもうめちゃくちゃな雰囲気でも、いいぞもっとやれー!っていう気になる曲。

やっぱり全然クールダウンできなかった「なんとなくベストフレンド」。
ベースとドラムのリズム隊が最強すぎてフゥゥー!って歓声が上がる。
宮川さんと須藤さんが向かい合って演奏してたらそこに斉藤さんが加わって、
三人で楽しそうに演奏していたのはちょっとぐっと来てしまった。

「ペインキラー(for Pain)」は男っぽいリフと骨太なドラムが聴きどころ。
合いの手を入れるところはアンバランスなほどポップで絶妙なバランス。

須藤さん「こんばんは、髭です!髭ちゃんですよー!」
斉藤さん「白昼夢が見える…」

見ると斉藤さんのメガネが熱気にやられてすっかり曇ってて、
斉藤さんのタオルはおしぼりだから拭けないってお客さんに渡して拭いてもらったんだけど
更に曇って「拭き上げが甘い!」ってまさかのダメ出し。笑

斉藤さん「昼間とかにもやーっと白昼夢見える事ない?今そんな状況です」


「溺れる猿が藁をもつかむ」ではコテさんは自分の立ち位置で煽ってたんだけど、
引き戸を開ける仕草(?)みたいな謎のアクションがおもしろかった。

「TOMATO」の最初、須藤さんがギターをラフに鳴らして歌い始めるところが好き。
こういう聴かせるタイプの曲もいいっていうのはずるい(褒めてる)。

斉藤さんの不思議なギターリフが癖になる「ヘルシンキ」。
聴いてるうちにどんどん気持ち良くなってくる。須藤さんの「ワオ!」もかわいい。

磔磔とはセトリを変えていて「ブラッディ・マリー、気をつけろ!」が増えてた。
ポップでハッピーなのにどこか毒っ気があるカラフルな髭ちゃんワールド。

「スターマイン」の"歌い始めたよベースライン"のところ、音源では分かりづらいけど
ライブだと歌詞に合わせて宮川さんのベースラインが変化するの粋だなあって思う。

やっぱりまだ「U4」を聴くとたまらなくなって込み上げてくるものがある。
終わりを歌ってるんだけど、どこかで始まりと繋がっているように思える不思議な曲。
演奏もそつなく見えたんだけど、歌い終わった後に須藤さんが
「こっち側ではいろんな事が起きてたよ!アンコールで
もう一回やらないと今日の教訓が活かされない」って。え、そうだったの??笑

また斉藤さんのメガネが曇って「みんなが美男美女に見えるよ!」って言ったら
須藤さん「俺は曇ってないけどみんな美男美女だよ!」
斉藤さん「こりゃモテるわ」って。

須藤さん「こっからどんどんすげーすげーを薄めていくよ!
でもそれは悪いことばかりじゃない、みんながよく知ってる曲が聴けるんだから」

須藤さん「…ぶっ殺す!!!本気だよ?明日ニュースにならないように気をつけてね」

モニタに足をかけてかっこ良くギターを掻き鳴らす須藤さん、ミスる。
気を取り直して煽る所からやり直してもう一度ギターをかき鳴らす須藤さん。またミスる。笑
自分でも「二回目はないな」って言ってたけどちょっと和んだ。
そんなこんなで仕切り直しからの「ロックンロールと五人の囚人」。
テポドンガンジーのとこ、久々にあの置くように歌うバージョンが聴けて嬉しかった。

スピードを緩めることなく「黒にそめろ」。フロアの温度がまた上がる。
間奏のとこで竿部隊がぐいぐい前に煽りにくるのが熱い。

「S.O.D.A.」のライブアレンジがほんとかっこいいから音源化してくれないかなあ。
須藤さんのシャウトとか一旦抑えたところからの爆発力とか、全部いい!

「テーマ・フロム・ダリア」大好きだからツアーのセトリに入ってて嬉しい。
あの目がくらむようなトリップ感は他じゃなかなか味わえない。

サイケデリックとパンクが混ざったような「DEVIL'S ODD EYE」。
この曲は聴く度にカッコ良くなっていってる気がする。宮川さんのベースが秀逸。


須藤さん「テキーラなんてないよね?」
(最前から差し出されるテキーラ瓶を見て一瞬固まる)
須藤さん「…テキーラ!」

ショットグラスを受け取ってテキーラを飲む須藤さん。
「今までみんなに嘘をついてた。テキーラ飲んでもいないのにテキーラ!って」

謙介さんのドラムに乗ってアカペラで歌い始める須藤さん。
「音楽にはメロディなんていらないんだよ!」

「テキーラ!テキーラ!」の2番のはじめ、須藤さんが一瞬固まったんだけど
テキーラが回って気分が悪くなったのかと思ってひやっとした。
間奏でももう一杯飲んで結局二杯か三杯飲んでたと思うんだけど、
あんなに汗かいた状態でテキーラ飲むのは心配だからできればやめてほしい。。
でも差し出されたら飲まない訳にもいかないだろうし、難しい。。


須藤さん「みんな、もうアルバムは聴いてくれた?
今回のアルバムは曲を書いて早い段階で5人でスタジオに入ってたんだけど、
スタジオに入ってると曲が短くなるって訳でもないんだけど、曲が短くなって。
でも残念なのは狙って短くした訳じゃないからインタビューで訊かれても困るんだよね」

斉藤さん「でも聴きやすかったですよ」
宮川さん「自分のアルバムなのに他人事みたいに言うんじゃないよ!」
斉藤さん「だから『聴きやすくてさあ』って風には言ってないじゃない(笑)」

須藤さん「次に演奏するのが最後の曲なんだけど(えー!)
ここが一番いいタイミングだと思うんだよね。
こっからあと5曲ぐらいやったら『かーえーれ!かーえーれ!』ってなるんでしょ?
そうなる前にやめておくのがいいと思うんだよ」

5曲でも10曲でも、何なら最初からもう一回聴きたいぐらいだけどな。
フォーキーな「あうん」は曲の世界観にすっと惹き込まれる。
須藤さんの声によく似合ってるなあって思う。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。
メンバーの姿が見えなくなってすぐにアンコールの手拍子が。


+++


しばらくして再びメンバーが登場。

須藤さん「アンコールありがとう!今日はみんな関西のいろんな場所から
集まってくれてると思うんだけど、ありがとうございます。
神戸最高だね!ここが大阪でもそう言うんだけど言わせて。神戸最高!」

お客さん「須藤さん最高ー!」

須藤さん「俺は2番目ぐらいに最高だよ。一番は神戸、その次は須藤、その次は滋賀、
三重…分かんないけど(笑)俺は関西の地名じゃないのに2番目に入ってるからね。
神戸に来て神戸の街を散策して中華街にも行ったんだけど、
北京ダックって立ったまま食べれるんだね!食べなかったけど。
あの北京ダックって調理法の割に高いよね?」

「昨日は京都に泊まって朝、ホテルを出た時に雲ひとつない青空で。
神戸って東京みたいに高いビルがないから空が広く見えるんだよね。
それで『雲ひとつない青空が広がってるよ!』ってツイートしようとして
後ろを振り返ったら雲が立ち込めてたの!それで俺は学んだよ、
SNSに書く時は周りを見渡そうって。何でも多角的な視点が必要なんだよ。
例えば、例えば…こういう時例えが浮かばないんだよね。
何にしてもそうだよ。見方を変えたら違うものが見えてくる。
…ちょっと変な感じになってきちゃった。これが須藤の悪いとこだって言われるんだけど」

須藤さん「何でもそう、もっと良くなるはずだって思うんだけど、
この神戸のみんなを見るとそれで良かったんだって思うんだよ」

斉藤さん「さっきテキーラの瓶が見えた時、キラッと光ってて品があるなって思ったんだよね」
須藤さん「何の話!?(笑)」
斉藤さん「神戸のお客さんは上品だなって。テキーラでもアルコールの味しか
しないやつあるじゃん、そうじゃなくてちゃんとおいしいやつだよね」
須藤さん「おいしかった」

斉藤さん「各地のイベンターさんに言われるんだよ、髭のファンは品があるんだよねって」
須藤さん「…初めて聞いた!!そう、俺たち品があるんだよ。
スタジオで集まっても品の話してるんだよ!(ドヤ顔で)」

宮川さん「俺、品があると思うんだけど」
須藤さん「いや、宮川くんは5番目か4番目だよ」
宮川さん「俺、寝てる時めちゃくちゃ品あるよ(手を胸の前でクロスして)こうやって寝てるし」

須藤さん「ビジュアルの話?それでいびきかいてるんでしょ。
前に宮川くんを怒った事があるんだけど、気が狂いそうだからやめてくれって。
宮川くんが寝てていびきかくから宮川くん!って言ったらカッ!って止まるの。
でも耐性がついてすぐまたいびきかき始めて、宮!って言ったらまたカッ!って」

斉藤さん「止まるんだよね(笑)」
須藤さん「それで、み!って言ったらカッ!って(笑)」

斉藤さん「宮川くんさあ、動物園に行ったら?」
宮川さん「え?」

斉藤さん「動物園に行ったら人気者になるんじゃないかと思って。
子供に人気出そうじゃない。カッ!っていう動物として」

宮川さん「動物園に行って動物を見るんじゃなくて俺がケースに入るんですか?」
須藤さん「戯言は終わり!戯れるな!!」

須藤さん「今の話なんにも関係ないんだけど。汚い世界に行こうか」

磔磔のせってんも良かったけど、更に上がる感じにセトリが変わってて
「ダーティーな世界(Put your head)」が来たのはびっくりした。
こんなの聴かされたら上がるしかないよね。最っ高だった!
それにしてもいい話でうるっと来てたのに最終的には爆笑してたよね。

ラストは「電波にのって」。後奏がかなり長くアレンジされてるんだけど
長さを感じず、ずっと聴いていたいって思った。
このアレンジも残してほしいなあ。ライブ映像出してくれないかな。。
根がオタクだからすぐ残して欲しがるんだけど、出してほしい人沢山いると思う。


演奏を終えてステージを後にするメンバー。
謙介さんが投げたスティックを髭友さんがキャッチしてた(すごい!)

この日も二時間あるかないかぐらいでライブは終了。
かと言ってダブルアンコールが始まる事もなかったんだけど、
ライブが良くなかったんじゃなくて完全燃焼したからだと思った。
実際終わった後自分も含めてみんなテンション高かったしね。

ベストフレンドで前の三人が集まって演奏してたのも、
別の曲で斉藤さんの肩に腕を乗せて須藤さんが歌ってたのも素敵だなって。
Tシャツの顔を指して「みんな笑顔だよ!」って須藤さんが言ってたのも
なぜだか分からないけどちょっとぐっと来てしまった。

初日も2日目も最高すぎて、他ももっと行きたくなってしまったよ。
それぐらい今の髭ちゃんのライブはすげーのです。
とりあえず次の予定は7月の梅田クアトロ。今すぐ観たいぐらい楽しみ!


+++


2017.5.28 髭「すげーツアー」@神戸VARIT.セットリスト

01.もっとすげーすげー
02.3.2.1.0
03.ネアンデルタール Punks Fuck Off!
04.それではみなさん良い旅を!
05.CLASH! LAOCHU!
06.ユーは13?14?
07.なんとなくベストフレンド
08.ペインキラー(for Pain)
09.溺れる猿が藁をもつかむ
10.TOMATO
11.へルシンキ
12.ブラッディ・マリー、気をつけろ!
13.スターマイン
14.U4
15.ロックンロールと五人の囚人
16.黒にそめろ
17.S.O.D.A.
18.テーマ・フロム・ダリア
19.DEVIL'S ODD EYE
20.テキーラ!テキーラ!
21.あうん

EN1.ダーティーな世界(Put your head)
EN2.電波にのって
[PR]



by pochi-17 | 2017-06-09 17:58 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.5.27 髭「すげーツアー」@京都磔磔

5月27日、京都磔磔であった髭の「すげーツアー」初日に行ってきました。
この頃どうしたのか髭ちゃんのライブがとてもとても良くて、
この日もすごく期待して観に行ったけど、期待以上に良かった!
そんな訳でいつも通りレポとも呼べないレポもどきを。
記憶を頼りに書いてるので、色々曖昧だけど覚え書きとして。
もちろんネタバレなので見たくない方はすっ飛ばして下さいな。

+++

5月の良く晴れてからっとした京都はツアーの初日にぴったり。
京都では久々の髭ちゃん友達にも会えてうれしかった。
いつもこんな私に声をかけてくれる皆さんありがとうございます。
根が人見知りなので表には出てないと思うけどあれでも喜んでます。。

最近先行で取ってもチケットの整理番号微妙でこの日も70番台。
後ろで観るか端で観るか迷ったけど柱より前の下手側の端の方へ。
始まる前に冷房が効きすぎててちょっと寒いなって思った。

開演は10分近く押してたかな、静かに照明が暗くなっていつものSEが。
磔磔はプロレス入場方式なので皆の視線が階段に集まる。
拍手に迎えられたメンバーが下手の端を通って次々とステージへ。

ちなみにこの日の衣装は、須藤さんが襟ぐりざっくりのグレーのTシャツに
白地にスカーフっぽい柄のパンツ、昔かけてたサングラスしてた。
宮川さんは黒のシャツ(インナーは白のタンクトップかな?)
黒っぽいパンツ、黒のハットをかぶってた。
斉藤さん黒字に大きめのドット(銀ラメ)のサマーニット、細身のパンツ。
コテさんは黒のバンTにデニムだったかな、謙介さん物販のグレーのTシャツ。

メンバーが登場した時から歓声がすごくて今日はいいライブになる予感がした。

一曲目はアルバムの一曲目でもある「もっとすげーすげー」。
斉藤さんのギターから始まるイントロから心を掴まれる。
楽しそうに口ずさみながらドラムを叩く謙介さん。

肩肘張らないリラックス感とバンドのグルーヴのバランスが絶妙な「3.2.1.0」。
ラズベリーで復活したこの曲、皆で一緒に盛り上がれる曲が序盤にあるのは嬉しい。
この曲終わりだったかな、須藤さんがサングラスを外してた。

「ネアンデルタール Punks Fuck Off!」は大好きだけどあんまり聴けないからテンション上がった。
ジャキジャキのギターと宮川さんのベースのフレーズがクセになる。
すでにフロアもステージも熱気が立ち込めてきていてハットを脱ぐ宮川さん。

「それではみなさん良い旅を!」では須藤さんが「京都京都京都京都京都!」って
京都を連呼しててヒートアップ。この日は歌詞もばっちりだった◎笑

「CLASH! LAOCHU!」は音源より攻撃力高め&コテさんの見せ場があって熱い。
謙介さんの高速ドラミングと宮川さんのうねるベースラインが最高。
序盤から速い曲をノンストップで畳み掛けてくるからびっくりした。

「ユーは13?14?」のおもちゃ箱をひっくり返したみたいなガチャガチャ感も楽しい。
目も耳もふたつじゃ足りない!ってぐらい間奏もめちゃめちゃカッコ良かった。
やっぱりコテさんが前に出てぐいぐい煽る曲は上がる。

「なんとなくベストフレンド」は宮川さんと謙介さん、コテさんのリズム隊に釘付け。
宮川さんのベース最高すぎてフゥゥー!って自然に出ちゃうよね。
曲の頭で須藤さんが「クールダウン、クールダウン」って言ってたけど無理だから!

バキバキのドラムがかっこいい「ペインキラー(for Pain)」。
須藤さんBメロの歌い方変えてるのいいな。ちょっとクセのあるギターソロもいい。


ここまでノンストップで飛ばしてきてやっとMC。すでに汗だくのメンバー。
普段あんまり汗をかかない斉藤さんや宮川さんもびっしょり。メガネを外して汗を拭く斉藤さん。

須藤さん「こんばんは、髭です!髭ちゃんですよー!」

「今日はアルバムのツアーの初日、アルバムの曲だけやってたら
30分で終わっちゃうから昔の曲もやります!」


「溺れる猿が藁をもつかむ」では宮川さんがピックを使って弾いてるんだけど、
角があるというか、よりビリッとした音になっててカッコいい。とか頭の片隅で思いながら
実際は張り切ってコテさんとじゃんけんしてた。楽しい!笑

「TOMATO」の歌詞は本当に須藤さんにしか書けないだろうなあ。
ユーモアがあって、でもほろっと切なくて。歌詞もメロディもとても素敵な曲。
ライブで聴くと最後そんなにギターがキュインキュインしてないから音源聴いて意外だった。
オレンジが混じった赤いトマト色の照明も粋な演出だったな。

「へルシンキ」もライブで聴く方が断然いい!音源もいいけど、やっぱりライブ。
言葉にするのが難しいけどイントロからサビにかけての音の広がりがすごく気持ちいい。

斉藤さんのギターの音色が澄みきっていてとても綺麗な「スターマイン」。
パッパー パッパッパパパパー♪のところ、ドラムを叩きながら楽しそうに口ずさむ謙介さん。

意外と早いタイミングで演奏された「U4」、聴いてるうちにたまらなくなって泣けてきた。
歌詞もそうだけど、ステージに立ってるメンバーみんないい顔してたから余計に。

アルバムの話をしてたんだったかな、須藤さんがコテさんのところに置いてあった
ヘビのぬいぐるみを持ってきて顔の横でパペットみたいに動かしてたの和んだ。
いつもと言っていいほど泣かせる曲の後、須藤さんは笑いを取ったりはぐらかすんだよね。
あれってたまたまなのかな、それともあえてそうしてるのかなあ。
でもそうしてくれる事で救われてる部分はある。さっきまで泣いてたのに笑ってる。
ヘビを元の位置に戻した時、コテさんが微調整してたのが面白かった。謎のこだわり。。


一瞬ためた後に須藤さんがギターを掻き鳴らす「ロックンロールと五人の囚人」。
囚人はいつ聴いても間違いないし、夢中になっているうちに一瞬で終わってしまう。

謙介さんとコテさんのツインドラムの「黒にそめろ」。
須藤さんの挑発的な煽りに負けじと全力で応えるお客さん。
磔磔って住宅街のど真ん中にあるけど、家にいていきなり「淫売ヒッピー!!」とか
叫び声が漏れ聴こえてきたら住民の方も何事かと思うだろうな。笑

「S.O.D.A.」では宮川さんと斉藤さんがコーラス。宮川さん前にマイクあったけど
確認できた限りこの曲でしか使われてなかったような…(むしろ謙介さんの方が歌ってる)
音源で聴いた時もこれ好き!ってひと聴き惚れしたけどライブだと更に良かった。
ほんのりサイケなトリップ感とグルーヴがたまらない。須藤さんのシャウトに痺れた。

ちょっと妖しくて危ない雰囲気の「テーマ・フロム・ダリア」のトリップ感は格別。
この色が自然に出せるのって髭ちゃんだけなんだよね。日本のバンドじゃないみたい。

その流れのまま「DEVIL'S ODD EYE」はずるいと思った。
この曲、前回のツアーで聴いた時よりずっとパワーアップしていい感じになってる。

須藤さんがリズムに乗って語ってる間、ずっとドラムを叩いてる謙介さんが汗だくで、
見かねた宮川さんが汗を拭いて水も飲ませてあげる宮川さんの優しさ。。

「テキーラ!テキーラ!」のコール&レスポンスも定着してきた感あるけど更に進化。
須藤さんが唐突に「テキーラ持ってる人いない?」って言い出したんだけどいなくて、
「じゃあお酒!」ってなってお客さんからお酒を回してもらって、
「女の人が飲んだ後のお酒を飲んだよ!女が飲んだ酒を!」っていう謎な展開に。
途中でタンブラーが回ってきた時、開け方も中身も分からない須藤さんがかわいかった。

須藤さんがサングラスをかけて「ぶっ殺す!!」って言った後に
「最近ぶっ殺されにライブハウスに行く人なんていないでしょ?」って。
ライブでのテキーラは最高にかっこ良くて熱さでぼーっとしてる頭によく効く。


須藤さん「みんなの事大好きだよ!(男の人が返事して)僕もだよ!
このTシャツを見てくれ!この重くなったTシャツがそれを証明してる!
皆の声を僕のiPhoneで録音してサンプリングしたい!
次の作品にはサンプリングした皆の声を使おうかな?」

「決まってるのはここまで、次は最後の曲です(えー!)
そりゃそうだよ、もう20曲もやってるんだもん。詰めすぎたんだよ」
後ろで顔をくしゃくしゃにして笑ってる謙介さん。確かに。。

「最後に歌うのは『あうん』って曲なんだけど、この曲はすぐに書けたよ!」


本編のラストは切ないギターのイントロから心を掴まれる「あうん」。
須藤さんの抑えめな歌い方がまたグッとくる。
優しいギターソロに人間味がにじみ出てて、すごく斉藤さんらしいなあって。


演奏が終わり、また下手側からステージを後にするメンバー。全員汗びっしょり。
階段のカーテンが閉まってすぐにアンコールの手拍子がはじまる。


+++


しばらくして、再びメンバーが登場。須藤さんは黒いカットソーに着替えてた。

須藤さん「さっき着てたTシャツが道着みたいに重くなってて、
脱いでびっくりした。オラ、脱いだらすっげ軽くなった!」

宮川さん「今日は最初っから体力持ってかれたけど気力は持ってかれてないぞー!」

自分から喋ったのにびっくりしたんだけど、「須藤みたいにキマらないね」って。
そしたら須藤さんが「そりゃそうだよ、僕みたいにはキマらないよ!」って。

斉藤さん「もうこの辺の空気が見えるもん。京都でここが一番最高!」

須藤さん「ツアーの初日が京都で良かったよ。
大成功!ありがとう!またすぐに京都に来ます!」

そんな風に言ってもらえたのも、関西を初日に選んでもらえたことも
本当に嬉しくて、温かい気持ちになった。


曲に入る前、須藤さんが鳴らしたギターを聴いてもしかして、と思ったら「せってん」。
謙介さんは口ずさみながら楽しそうにリズムを刻んでいて、ステージの上のメンバーも
お客さんもいい顔してライブを楽しんでいるのを見て、幸せだなあってしみじみ思った。
今までこんな気持ちでこの曲を聴けた事がなかったから、いつもとは違った意味で泣けた。

最後は「電波にのって」。ちょこちょこライブでも披露されてる曲だけど、
またアレンジが進化していて驚いた。曲後半の宮川さんのひと癖あるベースライン良かったなあ。
須藤さんの歌もすごく自由で、どこまでも飛んでいけそうで心地良かった。
曲の途中、斉藤さんが何かを受信したみたいになってたのは少し笑ってしまったけど。。


演奏が終わり、笑顔でステージを後にするメンバー。
須藤さん「またすぐに帰ってくるよ!その時まで元気でいてね!」

時間にして2時間あるかないかぐらいだったけど、不思議と短いとは思わなかった。
初日という事もあるとは言え、9曲目までノンストップだったのはびっくりしたし、
ステージもフロアもすごい熱気で、こんなに髭ちゃんで汗かいたの久しぶりだった。

初日からこんなに最高なライブでファイナルはどうなっちゃうんだろう。
最近の髭ちゃん、ほんと「すげー」です。必見!


+++

2017.5.27 髭「すげーツアー」@京都磔磔セットリスト

01.もっとすげーすげー
02.3.2.1.0
03.ネアンデルタール Punks Fuck Off!
04.それではみなさん良い旅を!
05.CLASH! LAOCHU!
06.ユーは13?14?
07.なんとなくベストフレンド
08.ペインキラー(for Pain)
09.溺れる猿が藁をもつかむ
10.TOMATO
11.へルシンキ
12.スターマイン
13.U4
14.ロックンロールと五人の囚人
15.黒にそめろ
16.S.O.D.A.
17.テーマ・フロム・ダリア
18.DEVIL'S ODD EYE
19.テキーラ!テキーラ!
20.あうん

EN1.せってん
EN2.電波にのって

[PR]



by pochi-17 | 2017-06-05 22:30 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.4.20 Umeda Club Quattro 5th Anniversary SCOOBIE DO×髭

2017.4.20 Umeda Club Quattro 5th Anniversary/SCOOBIE DO×髭

4月20日、梅田クラブクアトロであったSCOOBIE DOと髭の対バンに行ってきました。

かつては心斎橋にあったクアトロが梅田に移転して5周年という事で
錚々たる、本当に錚々たる対バンが連日組まれていて、LOSTAGEとペトロールズとか
他のも行きたかったけど厳選してこの日の対バンだけ参加する事に。
最近クアトロ率かなり高いのに何回行っても行く度道に迷う。
着いた頃には結構な人数のお客さんが。対バンだからいつもの髭ちゃんライブより男性も多かった。
レポ遅い上に髭ちゃんの事ばっかり書いてしまってごめんなさい。。

入場したらドラムセットがふたつばっちり組まれてて髭ちゃんが先攻なんだって。
微妙な番号だったし後ろでいいかなって思って先にドリンクも替えて
上段のカウンターが空いてたからしばらくそこにいたんだけど、
あんまり前埋まってなかったから前行っちゃおうかな?って気が変わって下手側の2列目に移動してみた。

対バンだからいつもとは開場BGMも違う雰囲気でCharさんの曲とか流れてた。
ステージの両脇にはクアトロ5周年のネオン看板が。

+++

この日も開演は少し押してたのかな、19時を少し過ぎた頃、BGMが止んでいつものSEが鳴り響く。
下手側からメンバーが登場。コテさんの頭にはサメのぬいぐるみのかぶり物(かわいい)。
須藤さんはツェッペリンの黒Tだったんだけど、背中が破れてチラ見えしてた。
スカーフみたいな柄のパンツが似合う。足元はレザーのスニーカー。
斉藤さんも宮川さんもコテさんも3人とも黒のトップスでめずらしいなって。
謙介さんはラズベリーの時のグッズ、グレーのTシャツ。

演奏が始まる寸前、宮川さんがメンバーとアイコンタクトをした後に
笑ったのを見て、今日は絶対いいライブになる!って予感がした。

一曲目はMR.アメリカ。のっけからコテさんはトラメガを手にぐいぐい前に出て煽っていて、
あっという間にカオスでハッピーな髭ちゃんワールドに連れて行ってくれた。

そのままのテンションでそれではみなさん良い旅を!
宮川さんと斉藤さんがふたり一緒に前に出るの絵になるなあ。
ちなみに梅田の時間かと思いきや大阪の時間だよー!で、須藤さん僕らの事って2回歌ってたね…?笑

何かめっちゃ懐かしい曲きた!サンシャインでRIZEのあっくんがドラム叩いてた曲だ!
思ったより歌詞覚えてる!いやちょっと待ってカッコ良すぎでは??って思ったのに、
とうとうライブ終わるまで曲名が思い出せなかったペインキラー…老いとはこういう事か…

クラッシュラオチュウではコテさんが再びトラメガを手に前へ。
コマネチとか太極拳みたいなスローな動きをひたすら披露。
コテさんのわちゃわちゃに目が行きがちだけど息つく間もない演奏がやばい。


須藤さん「こんばんは、髭です!今日はクアトロの5周年をお祝いできて嬉しいです!」


TOMATOはライブではすっかりおなじみの一曲になってる。
須藤さんの声だとか髭ちゃんのキャラクターにぴったりな曲だなあって聴く度に思う。


須藤さん「次はみんな寄生虫だよって曲!さっきのTOMATOの事はもう忘れて!
寄生虫×ベイビー×ゴーゴゴゴゴゴゴ…」

寄生虫も最近あまりライブで聴けないからテンション上がった。
この曲のゆるくてハッピーなコール&レスポンスの空気感が好き。

須藤さん「今日は大好きだったSCOOBIE DOと一緒にやれて嬉しいです」

大好き「だった」とか言うから周りの人がくすくす笑ってて、
つられて笑ってしまったんだけど、そしたら「何か間違ってた?」って。

「楽しくなってきた!ワンマンの時はみんな仲間だから最初から
フルスロットルなんだけど対バンの時はみんなも構えてるでしょ!?」

「クアトロ5周年おめでとうございます。これさっき話したな…意外と話す事がない!
…じゃあこういうのはどうだろう?5月に新譜を出してツアーをやります!
その時は京都の磔磔と神戸のVARITにも来るので来てください。
こっからすぐでしょ?すぐだよね?分からないけど(笑)
3800円の価値はあると思うよ!その時は最初からフルスロットルの須藤が観れます!」

何を思ったのか、突然水を口に含んで噴射する須藤さん。
「ビニールシート貼ってあるから水かかっても大丈夫!」って言ってたけど
下手に向かって噴射してたから微妙に宮川さんにかかってるように見えたし、
謙介さんのドラムにもかかってたのかシンバル拭いてたよ。。

あと対バンなのにお客さんに向かって「ぶっ殺す!!!」とか言い始めて、
「俺はコンプライアンスとか気にしない男だからね!」って。須藤さんどしたの?笑

須藤さん「次に聴いてもらうのはアルバムに収録される新曲で『もっとすげーすげー』って
曲なんだけど、みんなが上手く踊れるか、僕達が間違えないか勝負だ!!」


あの言葉は振りだったのかな?って思うぐらい見事に歌詞をすっ飛ばして
「…ね?」って首をかしげて得意顔な須藤さんには愛おしさしかなかった。。

ライブもラストパートに突入してボニー&クライド。
ポップな曲なんだけど後半の宮川さんのベースがめちゃめちゃカッコ良くて釘付け。
須藤さんが歌ってる時ずっと左足でリズムを刻む癖かわいい。

謙介さんとコテさんのツインドラムの黒にそめろ。これぞライブ!っていう雰囲気。

須藤さんがおもむろに近くに置いてあった黒いガムテープを手に取り、
その端をめくった状態でテープをスタッフさんに渡す。
そしたら須藤さんはくるくると回って自ら両手が縛られた状態に。
こういう何をし始めるのか分からない、この人大丈夫?みたいな須藤さんの感じ久々だったな。

そのままの格好でDEVIL'S ODD EYEだったんだけどこういう時どう反応すればいいの…
曲の後半、ストロボみたいな照明はすごいトリップ感あったし、
ラスサビ前で力任せにガムテを引きちぎる須藤さんかっこ良かったな。
宮川さんが前に出てきてくれた時、手を伸ばせば届きそうな近さだった。

須藤さん「(ガムテの先を釣り糸みたいに垂らして)これはみんなと僕達をつなぐ綱だよ!」
お客さんがガムテを掴んだ途端「返せ!!」って。気に入ったのかこのくだり二回やってた。

「ガムテープって便利だね!みんなと僕達をつなぐ綱にもなるし、使いようによってはミサイルにもなる!」
そう言いながら宮川さんの方にガムテを投げたら宮川さんが無言でサッと拾って袖に捨てに行ったの笑った。


須藤さん「最後の曲です!俺がイェー!って言ったら2拍置いてイェー!って返してね。
OK?イェー!(…イェー!)違う!2拍っていうのは『ん!ん!』って息を2回飲むの!OK?Are You Ready?」


ラストは謙介さんのドラムからテキーラ。ゆるゆる、ふわふわ、だけど音はやたら分厚くて、ハッピーなのにほろ苦い。
間奏のコール&レスポンスの最後に須藤さんが「答えは最高!」って言ってたけど、ほんと最高!
この曲には髭ちゃんのいいところが全部詰まってる。きらきら降り注ぐミラーボールの光の粒が綺麗だったな。

演奏が終わってはけて行く時、須藤さんが小走りで宮川さんの前をすり抜けて小っちゃい声でありがとう!って。
その間待っててあげてる宮川さん、手を上げて歓声に応える姿がお父さんみたいだった。
コテさんは愛想よくていつもニコニコ顔ではけて行くから癒される。
何の曲だったか忘れちゃったけど、曲中コテさんと通じ合った瞬間があって嬉しかったな。
ずっとライブ観てるけどそれにしても最近の髭ちゃんは最強だと思う。アルバムが楽しみ!


2017.4.20 Umeda Club Quattro 5th Anniversary
髭セットリスト


01.MR.アメリカ
02.それではみなさん良い旅を!
03.ペインキラー
04.CRASH! LAOCHU!
05.TOMATO
06.寄生虫×ベイビー×ゴー
07.もっとすげーすげー
08.ボニー&クライド
09.黒にそめろ
10.DEVIL'S ODD EYE
11.テキーラ!テキーラ!


***


髭ちゃんのライブが終わってすぐ慌ただしく転換が始まる。
スクービーファンの方に前を譲って全体を眺めたいなと思って後ろに下がる。

サウンドチェックではMOBYさんも出てきて、お客さんに名前を呼ばれたりして人気者だった。

転換は15分か20分ぐらいかかってたのかな?BGMが止むとライブが始まる合図。
最初にリーダー、MOBYさん、ナガイケさんが出てきたんだけどシュウさんの姿が見えない。
何だろう?って思ってるうちに演奏が始まって、歌い始めるタイミングでシュウさんがステージへ。

一曲目からインパクト抜群の「Roppongi」。スクービーと向井秀徳さんの共作のこの曲、
「夜は六本木 朝はお前ん家」っていうひとつのフレーズで引っ張っていくその引力がすごい。
ギター、ベース、ドラムとそれぞれの演奏も大人の魅力が溢れてて一気に引き込まれた。

スクービーのメンバーはシュウさんが白いスーツに黒シャツ、他のメンバーは
赤いスーツでリーダーは普通のネクタイ、MOBYさんは蝶ネクタイ、
ナガイケさんはリボンという風にお揃いでびしっときめてて、
髭ちゃんはこういうお揃いの衣装ってないから新鮮だった。

ライブに向けて予習をしていた時にかっこいい!って思ったアウェイが2曲目で上がった!
ナガイケさんによる間奏のベースソロがめちゃめちゃ素敵で釘づけ。


シュウさん「梅田クアトロ5周年おめでとうございます!
今日はロックンロールバンド、髭と初めて一緒にライブをやれて嬉しいです。
クアトロは昔、心斎橋にあったんだけどみんな知ってる?そこでライブやった時、
打ち上げでいきなり『今度クアトロ移転するんですよ』って言われて、
移転先決まってるんですか?って聞いたら『いや…』って言われてシーンとした事があって」

「今日髭とスクービーを選んでくれたみんなはセンスがいい!
センスがいいっていうのは人生を楽しむセンスがあるって意味でね。そこ(上段)に髭のTシャツ着た
お客さんが見えるんだけど、楽しんでくれてるの伝わってきます。ありがとう!
みんな会社とか学校では仮の姿なんだろ?今日は集まってくれてありがとう。タイム&マネー&ソウルに感謝!」


永遠と赤いバラの前だったかな、シュウさんが「2017年一番きてるドラムのフィル、
『ダチーチーチー!』モビー、分からない人のためにゆっくりダチーチーチーやってあげて」って、
抑えめのダチーチーチーからの「次はダチーチーチーがふんだんに散りばめられてる曲をやります!」
めちゃめちゃ素敵な曲なのに「ダチーチーチー…」って思う度に笑いが…

13年ぶりにリリースした新曲のensembleは大人の恋愛ソング。
「一度だけお願いです。シングル買ってください!一度買って何度も聴いて下さい!」と。

13年間シングルを出してなかった背景も出した理由も知らないけど、純粋にいい曲だなって。
打ち込みのリズムトラックに生ドラムを重ねてるからモビーさんがヘッドホン着けてて、
そのせいでアフロがちっちゃくなってたのが可愛かった。

真夜中のダンスホールはまさにフロアがダンスホールと化していて怖いぐらい揺れてた。。
普段縦ノリのライブにしか行かないから、お客さんがステップ踏んでたのもびっくりした。
どの曲だったか忘れたけど、モビーさん以外の3人でEXILEみたいなダンスも披露してたっけ。


「ライブやってると楽しくてさ、頭おかしくなっちゃうんだよ。
もう22年もやってるから大分頭おかしくなってるんだけど、
みんなも頭おかしくなりたいからライブ観に来てるんでしょ?俺は死んでる事にも
気が付かないぐらい、笑ったままの顔で棺桶に入りたいと思ってるんだよね」


Back Onのお客さんも巻き込む、踊らずにはいられない感じはさすがだなあって。
ギターとベース、それぞれ見せ場があるのも良かった。

本編のラストは新しい夜明け。最初から最後まで惹き込まれる、惹きつけられるライブだった。
演奏が終わってすぐにアンコールを求める手拍子が始まって、しばらくして再びメンバーが登場。

+++

アンコールはGet Up。3人の完璧なアンサンブルとシュウさんの力強いボーカルにぐっときた。

SCOOBIE DOはほとんど曲も知らずライブも初めて観たけど、またライブ観たいな。
曲は大人っぽいのにシュウさんのMCは熱くて、そのギャップもまた良かった。
どことなく細美さんのMCにも通じるところがあるなあって。
フロアをよく見てるなって思ったんだけどあの大きな目で見られるとたじろぎそうになる。
曲に行く時の「間違ってもいいから歌って下さい!」っていうのも熱くて良かった。

ダブルアンコールを求める手拍子は続いていたけど、あえなくライブは終了。
髭ちゃんとのセッションは次にお預け。また対バンやってほしい!


2017.4.20 Umeda Club Quattro 5th Anniversary
SCOOBIE DOセットリスト

01.Roppongi
02.アウェイ
03.Beautiful Days
04.永遠と赤いバラ
05.つづきのメロディー
06.ensemble
07.真夜中のダンスホール
08.The Thing
09.Back On
10.新しい夜明け

EN.Get Up
[PR]



by pochi-17 | 2017-05-04 15:48 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

2017.11.20 GLA..
at 2017-11-23 22:00
2017.11.9 髭×OG..
at 2017-11-19 21:50
2017.11.5 Scot..
at 2017-11-15 22:00

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧