タグ:RADIO CRAZY ( 22 ) タグの人気記事




2016.12.28 RADIO CRAZY@インテックス大阪

2016.12.28 RADIO CRAZY@インテックス大阪

行ってきましたRADIO CRAZY。

今年はベボベ、グドモ、OKAMOTO'S、Suchmos、スカパラ×健さん、
クリープハイプ、KANA-BOON、the HIATUS、サカナクションという流れ。

RADIO CRAZYはチケット取るのも大変だし、行くまではしんどいし
行ったら今度は入場規制に悩まされるけど、それでもやっぱり楽しいフェス。
こういう機会でもないと観ないバンドも色々観れたし、
あんまり好きじゃないと思ってたバンドが良かったりして新しい発見があった。

+++

11時頃に着いたから並ばずに入れて、まだ少し時間があったから
神社とかがあるブースを覗きに行って一発目はR-STAGEでBase Ball Bear。

…の前に802DJによる前説があって出てきたのが飯室さんとばんちゃんで、
飯室さんと言えば髭のライブでしょっちゅうお見かけするから変な感じだった。笑

ギターの湯浅さんが脱退してサポートで弓木さんが入ってたんだけど、
見た目ふわっとした女子力高めなのにギター弾くと男前でかっこよかった。
小出さんが「今日出てる中でも一番ギターが上手いと思います」って
話してたけどほんとお上手で目も耳も奪われた。
関根さんのベースも結構男性的だし相性も良かったのかな。
小出さんはいつ観ても、いい意味で変わらないなあって思う。

+++

そのままR-STAGEでグッドモーニングアメリカ。
たなしんさんがサウンドチェックで出て来た時ざわついてたの面白かった。
(多分ピチピチの短パン履いてて脚細くてキレイだったから笑)
本番で出てきた時ピコ太郎の仮装してて、あれはいい出オチだった…。すぐ脱いでたけど。

グドモの曲はキャッチーなのにグッとくる歌詞が不意に出てくるのがいいなって。
あんまり知らないながらも知ってる曲やってくれて嬉しかった。
裏がフォーリミだったから途中で抜ける人も多くてそれをネタにしたりしてた。
あとグドモには声とテンションが高い人が二人いたのか…という発見。
途中で抜けて移動するつもりだったけどライブが良かったから最後まで観た。

+++

L-STAGEに移動してOKAMOTO'S。もうすでに人がいっぱい。
ステージあんまり見えなくて端の方で映像メインで観てたんだけど、
若いのに音だけ聴いてたらどこのおっさんが鳴らしてるのかっていう渋さがすごい。

ご両親ゆずりなのか、802でDJやってたからかハマくんのMC上手いなあって思った。
「配られてるタイムテーブルのところに802で番組やってた人は印が付いてるんですけど
OKAMOTO'Sのところには印がついてませんでした。ひどいよね、SNSで広めて下さい」って。笑

あと曲の途中のコール&レスポンスで「うまくやれ」って連呼するところで
「『うまくやれ』って曲なんです、付き合って下さい」って言ったりとか。
自分の中では観るものに迷ったらOKAMOTO'Sっていうところがある。
OKAMOTO'SはRADIO CRAZY唯一の皆勤賞なんだって。
どおりで何度も観てるはずだ!(確かALが出てた年のミートでも観た)

+++

一旦出てお昼ごはんを特急で済ませてまたL-STAGEでSuchmos。
Suchmosも人いっぱいでぎゅうぎゅうだった。もはやL-STAGEでは手狭なのでは…
あふれ出るオシャレ感にあてられてぐうの音も出なかった。
こういう音楽を聴くには自分自身もオシャレでなきゃいけないんじゃとか思ってしまう。
サウンドの作りも見た目もMCも全部洗練されててダサいところが見つからないというか。

MintとかSTAY TUNEとか、ラジオやCMでもすっかりおなじみの曲も聴けた。
演奏は良かったけど淡々としてるというかクールというか、そういう印象も受けたかな。

+++

東京スカパラダイスオーケストラfeat.Ken Yokoyamaを観にZ-STAGEに向かって
ぞろぞろ歩いてる途中、入口の近くでthe HIATUSのRadioが流れててドキッとした。

人が多くて入口に着いた時にはゴッドファーザーのテーマが聴こえてきてて、
やばい始まってる!って急いで前方へ。真ん中のブロックは埋まってて端のブロックに。
そこでも端に少し花道みたいな作りになっててギターの加藤さんとかが来てくれてた。
谷中さんはひとり真っ赤なシャツにジャケットで、健さんもスカパラメンバーと
お揃いのジャケットにハーフパンツですっかりスカパラの一員だったし、
スカパラのメンバーたちはKen Bandの一員のような雰囲気だった。

健さん「ちょうど一年前に…ちょうど一年前にって虎舞竜みたい!
ちょうど一年前に~♪(笑)これ曲に繋がる!」

嬉しそうにきゃっきゃとはしゃいでる健さんがかわいすぎてですね…。

健さん「ちょうど一年前にRADIO CRAZYの喫煙所で谷中さんと会った時に
谷中さんが難しい顔してて、体調でも悪いのかなって思ったら
歌詞に悩んでたみたいで『俺、横山健の人生背負いすぎた』って言われて。
それがちょうど一年前に~♪この道を通った夜~♪道なき道、反骨の」

と、もちろんあのコラボ曲も披露してくれた。

トランペットのNARGOさんがインフルエンザで不在で、
谷中さんが「スカパラも長くやってると色々あります。
これだけ一人の存在を大きく感じたのは初めてです」と。

百戦錬磨のスカパラメンバーに負けじと、
加藤さんとギター競演してた健さんかっこ良かったな。
Punk Rock Dream聴けたのめちゃめちゃテンション上がった。
今回できなかった谷中のお願い(肩組み)は今度絶対リベンジする!

+++

スカパラ終わってどうしようかなって思ったけど規制かかりそうだったし
せっかくだから観た事ないの観てみようかなって思ってそのままクリープハイプ。

正直あまり好きなタイプではないと思ってたんだけど、ライブを観てみると
あれ、そうでもないぞ…っていう感じでこれも新しい発見だった。
特に5パーセントという曲が良かったかな。静かで穏やかなバラード。

クリープハイプはバンドなんだけどガチャガチャした音じゃなくて
繊細に組み合わされたアンサンブルという感じで、曲の世界とも合ってて良かった。
MCの時、尾崎さんが「さっきエゴサをしたら『クリープは大人見する』って
書いてあって、大人見があるんだったら大人なコール&レスポンスを」と言って
ささやくように「…イェーー!」ってやってたのがじわじわきた。

+++

クリープの後はKANA-BOON。テナー観たかったけどこれがフェスのダメなところ。。

KANA-BOONっていうとTVにもいっぱい出てるし売れてるけどメンバーは謙虚で好感が持てた。
TVで耳にする事も多いけど、802のスタッフさんへの気持ちも伝えてたりして。
それに演奏もしっかりしてて曲もキャッチーでノリが良くて、そりゃ人気あるよね。
フルドライブとかかなり盛り上がってた。客層は若い子が多かったかな。
新曲もガンダムの曲になったらしく、すごいな売れてるバンドは違うなーって。

+++

KANA-BOON勢が抜けたところにするっと収まっていちばんのお目当てthe HIATUS。

機材のセッティングで出てきたmasaさんが黒いTシャツに革ジャン着てて
黒いTシャツめずらしいなって思ったら本番では安定の白のタンクトップだった。笑
細美さんは黒の無地T、ウエノさんはバックにピストルのラインストーン?が入ってるレザー。

サウンドチェックで軽くドラムを叩く柏倉さんがすでに素晴らしかった…。
他のドラマーさんとは叩き方というか音が全然違う。軽やかでしなやかなドラム。
ギター諸々のチューニングが終わって細美さんが「サウンドチェックで1曲やります」と。
そしたら拍手が起きて「サウンドチェックで拍手もらえるって贅沢だよね」って。
さらっと流す感じでCloneを演奏してくれたんだけど、masaさんのギターかっこよかったなあ。

一旦メンバーはステージを後にして、前説で今年も802DJの卓人さんが登場。
細美さんとの付き合いはELLEGARDENの休止前、Zepp Osakaの楽屋から始まって
最初の音源、アルバム、今年出たアルバムに至るまで番組でずっと追い続けてきて、
Radioのサンプル盤を聴いた卓人さんが802で最初にOAさせてください!と
細美さんに直談判した事とか、とにかく熱く、愛情たっぷりに話されていたのが心に残った。

今年のツアーでも使われていた柏倉さん作の痺れるSEの後、下手からメンバーが登場。
曲が始まる前にじっとベースを抱きかかえるようにしているウエノさんをいつも見てしまう。
一曲目からぐっと惹きこまれるGeraniumでツアーを思い出した。
貫くような芯の強い歌声、深く美しい鍵盤、耳をつんざくようなイントロのギター、
心臓の鼓動みたいなドラム、グルーヴ感自在にを操るベース。端から端までかっこいい曲。

二曲目がStorm Racersで身構えたのも一瞬、モッシュの波に飲まれて気付いたら
周りが壁みたいな男子だらけでここにいたら最後までもたないと思って脱出。
ライブでのこの曲の爆発力はすごいものがある。みんな楽しそう。

その流れのままThe Flare。ステージの熱がフロアにダイレクトに伝わってくる。
間奏での一葉さんの鍵盤からの流れはいつ聴いてもゾクゾクする。

イントロの一音聴いただけでハッとするBonfire。一葉さんの鍵盤がやばい。。
鍵盤とドラムに耳が行きがちだけどウエノさんの間の取り方も絶妙。
曲の終わり際の柏倉さんのリズムが変化していて、二度と同じ風にはならないんだろうなって。

細美さん「こんばんは、the HIATUSです!今年も一年ありがとうございました。
熊本の地震の時もいち早く物資を届けてくれてありがとうございました」

フロアからの「ウエノー!」の声に応えてウエノさんがひと言挨拶。
そしたらmasaさんが「ウエノさんの事呼び捨てにしやがって!」と。

細美さん「俺は別に先輩のこと呼び捨てでもいいと思ってるからいいけど、
呼び捨てがダメって奴もいるからまあどっちでもいいんじゃない?」

細美さん、シンジさんにビール持ってきて!って言ってたけどSCの時からアサヒ飲んでた。笑

ハンドマイクの細美さんが間奏で楽しそうに踊りながら音をコントロールしていたUnhurt。
この曲のベースラインはほんとに気持ちいいポイントを突いてくるし、
柏倉さんのドラムに気付いたら体が勝手に踊り出してる。

きらきらとした光に照らされてRadio。息を吸い込む音も声の揺れも全部リアルに伝わってくる。
今年はこの曲がいちばん心に響いたし、何度も助けてもらったなって思いながら聴いてたら
どうしても涙が溢れてきてしまったけど、一年の終わりにもう一度ライブで聴けて良かったなって。

細美さん「タクティとは8年の付き合いだけど、ライブ前に後でやる曲バラさなくても良くない!?」

「今年も大阪にはお世話になりました。今年は1日も無駄にせずやってこれたと思います。
また来年もHIATUSとかMONOEYESとかでお世話になると思うのでよろしくお願いします。
来年も気の向くまま、新しい事をできたらいいなと思ってます」

「次に大阪に来るのは半年後とかになると思うんだけど(えー!)
それまでは他のバンドのライブに行くといいよ。10-FEETとか…
あの唇の分厚いTAKUMAって奴、結構いい事言うよ。それかBRAHMANのライブに行くと
TOSHI-LOWが弱ってるお前らの頭を上から踏んづけてくれる」

Insomniaのイントロ、柏倉さんのドラムはいつも心を鷲掴みにされる。
ライブだとストリングスの部分が鍵盤になってて、そのアレンジもとても好き。
今のInsomniaは力強くて、どこへでも高く上って行けそうで無敵。

ラストは紺碧の夜に。もうすぐ終わってしまう実感が急に込み上げてきて寂しくなった。
演奏も歌もめちゃめちゃかっこ良くて、ギターソロの前まで「masa!」って調子よかったのに
後半歌詞がとっ散らかって「僕らは月の影にそって歩き続けるんだ…間違えた!」って。笑
そういうとこも含めてライブだし、これもきっと思い出の一部になるはず。

「ありがとうございました!良いお年をお迎え下さい!」と笑顔でステージを後にする細美さん。

2016年はたくさんHIATUSのライブが観れて幸せだった!
RADIO CRAZYでのライブを観て、やっぱり私の中で細美さんは永遠のヒーローだなって。
ずっとこの日感じた気持ちを忘れないで来年も頑張ろうって思った。

the HIATUS@RADIO CRAZYセットリスト

01.Geranium
02.Storm Racers
03.The Flare
04.Bonfire
05.Unhurt
06.Radio
07.Insomnia
08.紺碧の夜に

+++

RADIO CRAZYのシメはサカナクション。

サカナクションのライブはRADIO CRAZYで何度か観た事があるけど、
観る度にスケールアップしててエンターテイメント性がどんどん増していってる。

そんなにサカナクションに関して詳しくない私ですら知ってる曲の連発で、
夜の踊り子では踊り子さんが登場して舞を披露したり、
新宝島では派手なレーザーで染め上げたり。
演出だけでなく演奏面も良くて、相変わらず草刈さんのベースかっこいいなって。

「人の記憶のほとんどは18歳頃までのものらしいんですけど、
大人になると色んな事が一瞬で通り過ぎてしまうから
楽しかったことも辛かったことも噛みしめて生きていきたい」

アンコールの時、山口さんがこんな風に話していたのが心に残った。
大きいステージのトリにふさわしい、堂々としたライブだったな。

+++

一日中、時間も忘れて休む間も惜しんで音楽を浴びるように聴いて。
RADIO CRAZYに来るとやっと年末だー!っていう実感が湧く。

2016年もいいライブをいっぱい観れて良かった。
2017年もいいライブがいっぱい観れますように!
[PR]



by pochi-17 | 2017-01-06 23:29 | Live | Trackback | Comments(0)

2015.12.28 RADIO CRAZY

あけましておめでとうございます。

昨年も一年間、ひたすらライブレポを書き綴っていくだけと化した
このブログにお付き合いいただきありがとうございました。
年末にまとめ的な記事を上げようかと思ったもののレポを先に書いてしまった。
しかもGATALIとTHROAT大忘年会のレポも書いてない。。
今年もマイペースで思ったことを忘れないように記録していく所存です。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

12月28日、FM802のロック大忘年会、RADIO CRAZYに行ってきました。
MONOEYESと髭ちゃんが同日って発表になった時に行くしかない!と思いまして。
25日から謎の年末ライブラッシュでレポをまとめる時間が足りないのでさくっと感想を。
本命のMONOEYESと髭ちゃんだけはちゃんと書いたつもり。
セトリは拾い物、分かる範囲で載せてます。間違ってたらごめんなさい。

個人的には2年ぶりのレディクレ、知らない間にステージも増えればクロークの場所も変わってて
敷地内のいちばん奥、ビル3階分の高さの坂道を登らないと辿り着けないという
なんとも鬼のような状況になってて萎えたけど休む時間もなくぎっちり詰め込んで
ナッシングス→サンボ→バクホン→KING ALL STARS→モノアイズ→バースデイ→
髭→ピロウズ→健さん→スカパラと途中からのものもあるけど色々観れた。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

まず一発目はNothing's Carved In Stone。
ライブの前に802DJの中島ヒロトさんが登場して前説的なMC。

びっくりしたのが一音目からいきなりかっこいい。間奏もいちいちかっこいい。
エルレ休止以降はじめて生ウブさん観たけど相変わらず、
いやあの頃よりもっとすごいギタリストになってるなあって
ちょっと遠い存在に感じたりもしたけど今もペースを落とさず
活動してくれているのは嬉しいなとかそんな事を思ったりした。
ひなっちのベースは無二の存在感でずっと見てても全然飽きないなあ。
大喜多さんも村松さんも含めてプロ集団、百戦錬磨のバンドだった。

1.Isolation
2.Milestone
3.MAZE**
4.きらめきの花
5.Out of Control
6.Spirit Inspiration

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

そのままサンボマスター。 2柵目にいたのに序盤から押しがすごくて後ろに退散。
そしたら最後のスカパラまで体力残そうとするんじゃねえぞ!ってMCが…笑
アホ年末コールもすごかったけど、最後のMCだったかな、
それまでまくし立てるように矢継ぎ早に言葉を発してた山口さんが
真面目なトーンで勝手に死ぬんじゃないぞって言っててぐさっと刺さった。
それにしてもサンボマスターはみんなが歌えるキラーチューンをたくさん持ってるバンドだなあ。
竿後のロックンロールイズノットデッドがよかった。すごく。

1.ミラクルをキミとおこしたいんです
2.世界をかえさせておくれよ
3.愛してる愛して欲しい
4.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
5.できっこないをやらなくちゃ
6.ロックンロールイズノットデッド

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ささっと昼食を挟んで移動の後THE BACK HORN。
LOVE FOR NIPPONのイベントで山田さんの弾き語りは観た事あるけど初めて観た。
マツさんが最初のMC、引っ張るような感じでしゃべってた。
後ろで観てたんだけど近くにいたウェイウェイ系男子のノリがうざくて
曲中に変な合いの手入れてて最低だった。聴く気ないなら出て行ってよ…。
ライブ自体は山田さんの男っぽい歌いっぷりも岡峰さんの歪んだベースもかっこ良かった。
菅波さんは何だろう、イメージしてたまんまだった。裏切らないキャラクター。笑
そんなに曲知らないやって思ってたけど知ってる曲が多くやってくれた。

1.声
2.刃
3.罠
4.美しい名前
5.その先へ
6.真夜中のライオン
7.コバルトブルー

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

また移動して加山雄三さん率いるTHE King ALL STARS。
佐藤タイジさん、ウエノコウジさん、武藤昭平さん、古市コータローさん、タブゾンビさんなど、
バンドメンバーがまずすごい。そうそうたる顔ぶれ。
すでにサウンドチェックが始まっていてウエノさんがウッドベース持ってて、わ!って。
加山さんはサウンドチェックで登場しただけで拍手が起きるほどのオーラと貫録をまとっていて、
マイクチェックはフランス語で行っててそれがまた素敵だった。

TVの中の人という感じなのに、ちゃんと会場の隅々まで目を配って歌われてたし、
ウエノさんが一曲目からウッドベース弾いてて釘づけになったけど、
continueは武藤さんボーカルで、加山さんの往年のヒット曲である夜空の星も歌ってくれたり、
Misirlouのギターなんかもう現役バリバリだったしタブさんとの絡みが最高だった。
曲中タイジさんの弦が切れたのを加山さんが見つけて指でつまみ上げて、
「タイジは偉い、弦が切れてもちゃんと演奏してる!」って。笑

最後は「フランク・シナトラの生誕100周年で録音された音源と共演する事ができたん
ですけども、この曲は若い皆さんも聴いたことがあると思います」とMy Way。
これがほんとに圧巻で、大人の上質な音楽ここにありというステージだった。
こういう機会でもないと観れないし、いいものを観させていただきました。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

そのまますぐそこのステージで始まるKeishiさん観たかったけどMONOEYESの
規制が怖くてZステージに移動。そしたらBIGMAMAですでに規制かかってて焦った…。
しばらく並んで何とか入れたので3、4曲だけBIGMAMAも聴けた。
華があってキャッチーで、そりゃ人気出るわ!って感じだった。ハマるかどうかは別として。
ライブ終わって出ていくお客さんと入れ替わりで上手の端4列目ぐらいまで行けた。

すぐにメンバーが出てきて自らセッティング。細美さんがピンスポが眩しいって
照明の調整をしたりチューニングしたりしてからサウンドチェック。
昨日すぐ目の前にいた戸高さんがこんな大きいステージに立ってるのが不思議だった。
サウンドチェックの時は黒のスウェットだったけど本番では
THROAT RECORDSの黒のドクロT着てたのが何だか嬉しかったな。
細美さんはいつもの(お風呂で洗ってるって言ってた)真っ赤なTシャツ、黒のワークパンツ。
スコットさんは赤と白のチェックのシャツにデニム、一瀬さんは白いTシャツ姿。
細美さんの「サウンドチェック行きます」の声で始まったのはWhat I Left Today。
本番さながらのテンションにお客さんのボルテージもぐいぐい上がっていく。

曲が終わって最後に一瀬さんが「俺ドラム叩けてる?」って確認。
そしたら細美さんが「大丈夫叩けてる。先輩、いっせの髪型大丈夫?」って。
その時に一瀬さんが「板前でーす!」って言ってて笑った。

メンバーが一旦ステージを後にしてライブが始まる前に802DJの大抜卓人さんが出てきてMC。
「番組準レギュラーとして月に一度出演していただくようになって早いものでもう8年、
バンドを休止した細美これからどう動くのかというのを伝えたいというきっかけで
始まりましたが今では細美さんの第一声を聞くだけで今日は調子がいいな、今日は調子が悪いなと
いうのが分かるようになりました。細美さんがいいって 言ってくれるうちはずっとこのコーナーを
続けていきたいと思っています。とにかくみんなと楽しみたいと始めたバンド、
今年はMONOEYESとして初めてのRADIO CRAZY出演です。Ladies and gentlemen!MONOEYES!!」

RADIO CRAZYのジングルが流れてビジョンにMONOEYESの文字が映し出されると大歓声に包まれる。
いつの間にかタイムリーになってたスターウォーズのテーマに乗ってメンバーが登場。

期待と緊張が入り混じった空気の中、最初の音を鳴らす。
スコットさんはベースの弦をノックして歪んだ音を広々とした空間いっぱいに響かせる。
1曲目はCold Reaction。音の厚みとサビでスパークするようなサウンドが気持ちいい。
その流れでLike We've Never Lost。イントロからいきなり心を掴まれる
流れるような指使いが美しいギターのリフ。気付けば合唱が起こっていて
皆の腕がステージに向かって伸びてる。狭くて空気が薄いライブハウスも、
こんな大きいステージもどっちも似合ってしまうバンドだなあ。

細美さん「こんばんはMONOEYESです!」
When I Was A King、一瀬さんの怒涛のツービートがめちゃくちゃかっこいい。
自然発生的に手拍子が広がっていくのはフロアから見ていてもわくわくする。
まっすぐにフロアを見据えて歌う細美さんがすごくいきいきとしていて眩しかった。

細美さん「ちょっと興奮しすぎてるね、興奮しすぎてるわ。…俺が」
MC中にスコットさんがフロアに水を撒く。どうやったらあんなに勢いよく飛ぶんだろ。

細美さん「メンバー紹介。ベース、スコット!スコーットマーフィー♪
スコーットマーフィー♪スーコスコスコスコットマーフィー♪
スコットマーフィーフロムシカゴ!シカゴから日本に来てくれました」

スコットさん「(手裏剣&忍者ポーズ)もうかりまっか?そんなにもうかってない?(笑)」
細美さん「スコット今年どうだった?」
スコットさん「友達とバンドやって毎日一緒にいて、
こんな幸せな事はないと思います。来年もよろしくね!」

細美さん「来年もよろしく!ギター、戸高賢史!」
戸高さん「…マスオさんやる?」
細美さん「それやっても(目の前を指して)ここら辺の人しか分からないよ(笑)」
戸高さん「エェ!?(笑)」

細美さん「ドラム、一瀬正和!」
一瀬さん「髪を切りすぎました一瀬正和です!(X JAPANのポーズ)」
細美さん「武道館の時の俺よりはマシだから。
音響、東北ライブハウス大作戦本部長、SPC西片明人!」
スコットさん「そしてギターボーカル、細美武士!」

細美さん「今年はいっせの○○○にバナナを突っ込んでバナナ味の
○○○を舐めました。来年も捕まらない程度に楽しい事をしたいと思います。
負け犬の歌、マイ・ファッキン・インスタントソング」

前列のメンバーもお客さんも一斉に飛び跳ねる。My Instant Song。
今年はほんとにこの歌にいっぱい助けてもらったなあ。
苦しみも悲しみも全部包み込んで光に変えてしまう魔法の歌。
明日公園で、ベースを銃に見立ててフロアを撃つスコットさんが無邪気でかわいかった。
戸高さんが下手側、スコットさんが上手側に入れ替わって演奏してたんだけど、
戸高さんのマイクでコーラスするスコットさんの声がいつもより大きく聴こえた気がする。
立ち位置に戻る時に二人がハイタッチを交わしてたのに思わずぐっときてしまった。

細美さん「2015年あと4日、終わり良ければすべて良し、残りも楽しもう!
また明日からみんな別々の所に戻るけど、迷った時は光のあたる場所に出てきて。
俺たちはいつもステージの上にいるから。こっからラストパートに入るけど怪我しないように楽しんで」

Run Runの重厚なイントロのグルーヴの中で、もう少しでライブが終わってしまうんだって
気持ちがどんどん大きくなってきて、まだ終わってもないのにロス症状が出そうだった。
細美さんめずらしく2番頭の歌詞飛ばしてて、その後のラジオで「やってもたー…」って言ってた。笑
Remember Meを聴くとBIGCATの事を思い出す。2番のAメロでフロアを指してるのを見ると
すぐ泣きそうになるんだけど、曲が終わる頃には清々しい気持ちになってるから不思議。
最後はグラニート。歌詞にあるように、心に風が吹き抜けるようなイントロのサウンド。
間奏の所で細美さんが「ギター、トディ!」って。そのギターソロがまたとびきりかっこいいんだ。
最後、細美さんスコットさん戸高さんがこの日いちばんの大ジャンプを決めてライブが終了。

細美さん「ありがとうございましたMONOEYESでした!良いお年を!」

笑顔でステージを後にするメンバー。最後に戸高さんがフロアにボトル投げこむ。
一年の締めくくりにふさわしいMONOEYESらしいステージ。
2015年はいっぱいMONOEYESの音楽に救ってもらったなあ。来年もいっぱいライブ観れたらいいな。

SC.What I Left Today

1.Cold Reaction
2.Like We've Never Lost
3.When I Was A King
4.My Instant Song
5.明日公園で
6.Run Run
7.Remember Me
8.グラニート

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらく余韻に浸ってたかったけどそそくさと移動してThe Birthday。
いつの間にかすっかり暗くなってた。3曲目の途中ぐらいから観れた。
思いがけず前に行けたから肉眼でもはっきりと見える距離で堪能させていただきました。
まずフロアに足を踏み入れた瞬間にチバさんの声の存在感と佇まいに圧倒されそうになった。
フロントエリアにはメンバーと同世代ぐらいの男性も多かった。

MCでクハラさんが「大掃除終わりましたか?今年の汚れは今年のうちに」って何かのCMみたいな事を。
チバさんはRADIO CRAZYという単語が出てこない様子だったのに
「クレイジーラジオでもいいね」ってかっこ良くまとめてた。ずるい。笑
チバさんのハープ曲も聴けたし、くそったれの世界も最強にかっこよかった。
最後クハラさんがスティック投げ込んで終了。

1.MOTHER
2.FULLBODYのBLOOD
3.I KNOW
4.くそったれの世界
5.LOVE SHOT
6.Shan Shan
7.涙がこぼれそう

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

今年は大きめのステージだった髭ちゃん。
バースデイの撤収が終わってすぐ謙介さんと宮川さんが出てきてセッティング。
しばらくして他のメンバーも出てきて最後に須藤さんが出てきたんだけど
須藤さんの時だけみんな須藤さん…!ってなってた。笑白のスウェット着てた。
サウンドチェックでダリアをワンコーラスと囚人を一曲全部。え、囚人は本編じゃないの?
ナイフ、レモネードって置くように歌うバージョン久々に聴けた。
サウンドチェックが終わって一旦ステージを後にするメンバー。
須藤さんが笑顔でフロアを見ながらはけていく。

ジングルの後いつものSEが鳴って手拍子が起きる。メンバーが登場。
須藤さんはアーティストパスを首からぶら下げて白のTシャツに
黒の足首丈のてろてろ素材のサルエル、黒のコンバース。
宮川さんは多分この間のクアトロと同じ、斉藤さん赤のブロックチェックのシャツ。
gomesさんのアメカジっぽいスウェット可愛かった。謙介さんはTシャツ、
コテさんはバンTの上にサテンみたいな生地のマント羽織ってた。

一曲目いきなりダリア始まりでめっちゃ上がった。毒っ気のある
怪しいサウンドでじわじわとフロアを揺らしていく。

須藤さんがギターを掻き鳴らす。おもちゃ箱をひっくり返したような
ポップなイントロのボニー&クライドは以前802のヘビロテにもなってたから
802関連のライブではほぼ必ず演奏する律儀な髭ちゃん。
謙介さんとコテさんのツインドラムが鉄板な黒にそめろ。
やっぱり盛り上がるなあ。あくび殺した?って振られると叫ばずにはいられない。
須藤さん何度もモニタの上に飛び乗ってたんだけど、下から見ると
1.8mぐらいあるステージの結構手前にモニタって置いてあるから
落ちないでねって思いながら見てた…。須藤さんは高い所平気なのかな?

須藤さん「僕たち今日がライブ納め!楽しもう!」

少しクールダウンするようなネヴァーランド・クルージングの
緩やかなBPMが心地良い。アウトロのアレンジの自由さが素敵。

テキーラ!テキーラ!の勝手に踊らされるようなベースはほんとずるい。
斉藤さんのギターもめちゃくちゃかっこいいし最高だった。須藤さんはいつもみたいに
ふわふわと踊っていて、大きいステージでもそのままの自然体だった。

コテさんが赤と青に光るペンライトとトラメガを手に前に。ギルティーは罪な奴!
ペンライトを股に押し当ててて苦笑いするしかなかったけど楽しかった。笑

須藤さん「今年もありがとうございました!来年は僕たちと大阪の友情がもっと深まると思います。
大阪ーーー!大好きです!エブリバディ!イノセント、what's going on!」
ラストは意外にも*イノセント (What’s going on?)*。
サンキューサンキューサンキュー!サンキュー大阪!サンキュー!って
何度も何度も感謝の気持ちを言葉にする須藤さん。
笑顔でフロアを見渡してる時、目線いただきました(ありがとうございます!)
曲の途中のワオ!がめっちゃ(あざと)可愛くて最高でした。
謙介さんがめちゃくちゃいい顔して叩いてて嬉しくなった。
最後口に水を含んで噴射する須藤さん。なぜこのタイミングで…?笑

時間押してたのかMCも少なめだったけど髭ちゃんがどこまでも髭ちゃんで安心したし
今年最後に大阪で、しかもこんなに大きいステージでライブを観れて嬉しかった。
また来年もたくさん同じ時間を過ごせたらいいなあ。

1.テーマ・フロム・ダリア
2.ボニー&クライド
3.黒にそめろ
4.ネバーランド・クルージング
5.テキーラ!テキーラ!
6.ギルティーは罪な奴
6.*イノセント (What’s going on?)*

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

髭ちゃん終わりで体力の限界に近づいてたけど気力だけでダッシュしてピロウズへ。
タイテかぶってたから聴けたのは4曲目の途中からですでに後ろまでいっぱいの人。
ちょうど次の曲がフラッドの佐々木さんとのコラボ曲で、さわおさんに呼び込まれて
出てきた佐々木さんは新しい革ジャン着用という気合の入れよう。笑
ロックな歌声のミュージシャンでまず思い浮かんだのが佐々木さんだったんだって。
その話を聞いてる佐々木さんが嬉しそうで、ほんとに大好きなバンドなんだろうなって。
「ピロウズ好きですか!俺の方が好きだ!」って言ってたし。笑
802のオファーを受けて書き上げた新曲、ラジオへの愛がピロウズ節に乗せて歌われてて良かった。

その次の曲も佐々木さんとのコラボで、歌い終わって佐々木さんがはけた後に
さわおさんが「イヤモニの自分の声が100だとしたら亮介の声は65ぐらいで
お願いしてたのにあいつ声でけえ!」って顔をしかめてた。笑
その後セトリにはないんだけどさわおさんがおもむろにラジオをテーマにした曲を弾き語り始めて。

“インターネットが普及してラジオはもう終わりかなって思った
でも違ったTVからは流れないピロウズも流れてくる”

“802は26周年ピロウズも26周年 音楽は自分の為 でも今日は君のため”と会場を沸かす。

そこからファニバニに持って行くなんてずるい。最後の歌詞、好きな場所へ行こう
”僕らは”それができるって歌ってて思わず視界がぼやけた。
佐々木さんがピロウズの曲にずっと支えられてたって話してたのもこの曲を聴くとよく解る。
サードアイもめちゃくちゃかっこ良くて、当時よく聴いたなあって懐かしかったし、
最後のハイブリッドレインボウも心を掴まれた。
髭ちゃんとかぶってなかったら全部観たかった…。また近いうちにピロウズ観たい。

1.この世の果てまで
2.LITTLE BUSTERS
3.インスタント ミュージック
4.About A Rock'n'Roll Band
5.レディオテレグラフィー
6.Blues Drive Monster
7.Funny Bunny
8.サード アイ
9.ハイブリッド レインボウ

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ピロウズ終わりで一旦クローク行って、その時点で健さん5分前だから急いでそっちに。
当然もう始まってたけど聴きたかったのは大体聴けたかな。

Ken Yokoyamaの横山健ですって言っててややこしいなって思ったら俺にとっては
Ken YokoyamaはバンドだからKen Yokoyamaの横山健ですって。
途中のMCでの下ネタがひどい。笑 妖怪○○毛散らしって知ってる?
朝、鏡を見たら眉毛の上に毛が乗ってて二度見した、みんなもあるでしょ
こんなと所に落ちてるって時。それは妖怪○○毛散らしの仕業だからって。笑
曲間のギターチェンジの時は新作ギターの宣伝もしてた。
怪我なんかしてお正月入院したら切ないから怪我しないようにとか、
あとInter fmで番組やってるって言ってたけど他局なのにいいの?系列局なの?笑

I Won’t Turn Off My RadioはRADIO CRAZYってイベントにぴったりだったな。
最後の曲前、あと3分しかないってメンバーに伝えられるもそれでもまだ
曲に行かないで一曲削りますって。笑 時計ばっかり気にしてるような奴は
そういう時間に縛られた生き方しかできないんだよってさすが健さんだったけど
「時間押したらスカパラ兄さんにシメられるから曲行きます」って。笑
最後は昔のアルバムに入ってる曲、歌詞は知らなくても曲聴けばメロディぐらい
分かるかもしれないから歌って。俺が1.2.3.4.5って数えたら歌ってくださいってBeliever。
来年も出たいって話してたし、またライブ観れたらいいな。

1.Ten Years From Now
2.Maybe Maybe
3.Save Us
4.How Many More Times
5.Somewhere Over the Rainbow
6.I Won’t Turn Off My Radio
7.Punk Rock Dream
8.Believer

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2015年のライブ納めはスカパラ。
ずっと観たかったから念願叶って観れて嬉しかった。
楽しさもかっこよさも想像以上だった!
のっけからルパン三世でもう皆テンション振り切ってたよ。
もうキラーチューンの連発で、荷物抱えたまますぐ帰れるように
出口付近で大人見するつもりが気付いたら踊ってた。笑

コラボも豪華でまず最初に登場したのは片平里菜ちゃん。
曲中のセリフを「大阪から帰れなくなっちゃった」に変えてたんだけど
流し目で小悪魔っぽくてめちゃくちゃ可愛かった。
谷中さんの「戦うように楽しんでいってくれ!」っていう言葉にも、
ゴッドファーザーのテーマもかっこ良すぎて痺れた。
歌詞もない曲、楽器ひとつでこんなにも人の心を揺さぶるなんて
音楽の持つ力ってすごいなあって思った。いつか見たコーチェラの映像で
現地のおじさまが心の底から楽しんで踊っていたのを思い出した。

その後のコラボ曲ではバースデイのチバさんが出てきたのもびっくりした。
白のシャツに着替えてハット被ってサングラスもしてたから一瞬誰か分からなかった。笑
チバさん+スカパラなんてかっこ良くない訳がない。最高だった。。

SKA ME CRAZYの後、聴き覚えのあるイントロが演奏されて「!!」ってなってたら
ステージにKEMURIのふみおさんとホーン隊が…!これ聴きたかったやつ!!
ふみおさん腕に黒のテープで802とSKAの文字を描いていて、
ひたすらもう楽しかった。その後のペドラーズも反則でしょ。
谷中さんの「戦うように楽しんでくれて本当にありがとう!」って男前な言葉もぐっときた。

最後のAll Good Ska is One、袖にいた出演者とDJを呼び込んで、
「谷中のお願いです。全員で肩を組んでくれ!」って。
気付いたら隣にいた全然知らない人と肩組んで踊ってたよ。素面で。笑
(その状況でも802DJのかとまきちゃんがGATALIの猫T着てたのを見逃さなかった!)

ステージに登場したのはコラボした面々に加えて横山健さん、802DJの大吾さんやヒロトさん、
あと若いバンドマンっぽい人もいたけど誰なのか分からなかった。。
健さんが唐草模様の風呂敷を持って来てて最初ギターの加藤さんの首に巻いたんだけど
その後チバさんの帽子と首に巻いて更には谷中さんの首に巻いてた。笑
しかも里菜ちゃんの衣装のファーも谷中さんの首に。
最終的には健さんが谷中さんの首に抱きついてくるくる回してもらってた。女子か。笑

後ろまでぎっしりの人が皆笑顔で踊ってて、なんてピースフルでハッピーな空間なんだろうって。
スカパラ兄さんのお陰で最高のライブ納めができました。ありがとう!

1.ルパン三世'78
2.スキャラバン
3.DOWN BEAT STOMP
4.嘘をつく唇(featuring 片平里菜)
5.Love Theme from The Godfather
6.カナリヤ鳴く空(featuring チバユウスケ)
7.SKA ME CRAZY
8.Pride Of Lions(featuring 伊藤ふみお)
9.ペドラーズ
10.All Good Ska is One

[PR]



by pochi-17 | 2016-01-02 00:27 | Live | Trackback | Comments(2)

2013.12.28 RADIO CRAZY@髭

◆M-STAGE 21:00- 髭


お待ちかねの髭ちゃん。髭ちゃんの為にRADIO CRAZYに来たようなもの。
BUMPと被って少し迷ったけど髭ちゃんを選んでよかった。
年内でバンドを勇退するアイゴンさんの関西でのラストライブ、
とってもハッピーで少しだけ切なくて、すごーーーく楽しかった!
いつも通りなレポですが、少しでもその場の空気感が伝われば。
(ちなみに良い旅の前のMCやたら細かいのは802で流れてた音源を起こしたからです)

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

テナーを最後まで観た後、M-STAGEに移動。
そしたらフォロワーさんを早速見つけてご挨拶。
途中からだけどPHONO TONES観れた♪インストだけど素敵な音色。
スペアザ辺りのサウンドに近いけど、他の曲も聴いてみたいなぁ。
アジカンの伊知地さんのドラムもあんなに至近距離で見れる機会も貴重。
(ライブの終盤、髭の須藤さんが袖からステージを覗き込んでました)

ライブが終わり、転換のタイミングでするっとアイゴンさん側の最前に滑りこむ。
ずっとライブを見てると時間の感覚がなくなってきて、本当にもう9時前なの?って。
しばらくすると謙介さんとフィリポとコテさんが出てきてドラムと機材のチェック。
謙介さんはドラムを念入りにチェック、フィリポはパーカッションとカオスパッドのチェック、
コテさんはドラムとトラメガのチェック。軽く笑いを取る事も忘れない。

スタッフさん達によるマイクやギター、ベースのチェックが終わって時間が迫ってくると
メンバーが全員ステージに出てきてサウンドチェックを兼ねたリハーサル。
リハとは言え、もう皆待ってる状況だからブラッディー・マリーやってくれるサービスっぷり。
本番ではないって分かってても本番さながらの演奏に気持ちが浮き立つ。

一通り確認を終えると曲は途中でおしまい。演奏中、須藤さんの後ろを通ろうとした
スタッフさん、須藤さんが予期せぬタイミングで後ろに下がったみたいで手でどけようとして、
そこでやっと須藤さんが気付いて「あ!」って顔してたのが面白かった。

会場内は寒いからアイゴンさんが温かそうなウール地っぽいコート着てた。あとはCDJと同じ。
黒のコートに黒の丸みのあるハット、鮮やかなブルーの蝶ネクタイに黒地に白の柄のパンツに革靴かな?

須藤さんは白地に黒で沢山の猫が描いてあるTシャツ(襟ぐり切ってあって鎖骨チラリズム仕様)、
赤のタータンチェックのわりと細身のパンツ、黒の紐靴(革靴?)。髪が切りたてみたいで綺麗だった。

宮川さん、噂には聞いてたけど思った以上にハットの下から見える髪が短かった。
黒のハットにジャケット、太いストライプ柄のシャツに黒のパンツでびしっと。

斉藤さんは原色の黄色いジャケット(?)に白地に黒い模様のトップス、デニムだったかな?
ヒョウ柄の靴だったのはもしかしてアイゴンさんのギターとお揃いだったのかなぁなんて。

コテさんはアウトドアショップで売ってそうな帽子にカラフルなブルゾンが可愛い。
フィリポもTシャツにカラフルなパンツが可愛かった。赤いKENZOのキャップは下ろしたてかな?
謙介さんは黒のAKIRAのTシャツでした。前に見た時より髪が伸びた。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

一旦メンバーが袖に帰って、いよいよRADIO CRAZYのジングルが。
軽快なギターの音のクレイジーマンのテーマに続いておなじみのミラクルズのSEが流れる。
疲れなんてどこ吹く風、待ってました!と言わんばかりの拍手が起こる。

真っ先にステージに現れたのはふたり仲良く肩を組んだアイゴンさんとフィリポ。
もうこの時点でちょっとぐっと来ちゃってどうしようかと思った。
ぞろぞろと登場する7人の髭ちゃん達。もうこのメンバーでのライブが観れるのも最後。

各々が定位置に着くとライブが始まる秒読み段階。
須藤さんが小さくロックンロールって囁いて振りかぶってギターを掻き鳴らす。
髭ちゃん達の本気具合が伝わってくる、一曲目から「ロックンロールと五人の囚人」!
ギターをアンプに近づけてハウリングさせるアイゴンさん。かっこいい!
1サビ前から「ダーリーーーン!」って飛ばす須藤さん。
“ナイフ・・・レモネード・・・”って久々に聴けて上がる。

いそいそと前に出てくるコテイスイさん。本当にいそいそと言う言葉がぴったりな、
少し遠慮がちに、お客さん達に挨拶してる感じが何とも微笑ましい。
「溺れる猿は藁をもつかむ」のイントロが鳴るとまるでライブハウスみたいな空気に。
ステージの際ギリギリを練り歩くコテイスイさんの振りを真似するのが楽しい!
曲終わり、アイゴンさんの足元にスライディングしたコテイスイさんの
おしり目がけて須藤さんがギターのヘッドをぐさっと刺してた(笑)

バッと両手を広げて笑顔の須藤さん。「ボーナス・トラック」きた!
音源で聴くよりグルーヴがあって、自然と体が動いちゃう大好きな曲なんだけど、
須藤さん、いつになったら歌詞ちゃんと覚えるんだろう・・・(笑)
AメロBメロは大丈夫だったから安心してたらサビで間違えてアイゴンさんも笑ってた。

この曲の時の斎藤さんの尋常じゃないテンションにつられて(ギターそっちのけで踊ってた)、
アイゴンさんがギターほっぽり出して斎藤さんの所に行って、コテイスイさんの
緑の音の鳴る棒を持って帰ってきて、ギター弾こうとしたら邪魔になったみたいで
ズボンのウエストの部分に無理やり引っ掛けて弾こうとしてた(笑)
斉藤さんがアイゴンさんの所に来た時に上手を煽っていい笑顔で返してくれたの嬉しかったな。
コール&レスポンスでの須藤さんの本気の煽り、体育会系で熱い!

あと何の曲だったか、アイゴンさんがギターを持とうとしたら手を滑らせて
ギターが落ちそうになったけど顔色ひとつ変えず演奏する姿にプロ意識を見ました。


須藤さん「こんばんは、髭です!大阪!RADIO CRAZY!
・・・皆ハリキってる?皆で行っちゃいます?ナビゲーターは俺。低空飛行で」

てっきりフフッフーの方のハリキリ坊やだ!と思ってたら2の方のハリキリ坊やだった。
マイクを持って歌いに来たフィリポのキャップを斜め被りにしようとするアイゴンさん。
キャップがちょっと大きめでズルッとなってしまって斜めにならず無念(笑)
イントロでコーラス隊と皆が一緒に歌ってる時、須藤さんが指揮者風にタクト振る真似してた。
いつもこの曲の間奏の後の所で、せき止められてた感情がどばっと溢れそうになる。
聴き間違いじゃなかったら須藤さんが最後の所「君が雪になる」って歌ってた。歌詞変え珍しいな。

須藤さんがステッカーを貼ってない方のストラトを弾きながら歌う「ハートのキング」。
無意識でベースの音とドラムのリズムを追ってしまう。斉藤さんは目を閉じて自分の世界に入ってる。
間奏を聴いているうちに、どんどん無になっていく。7人でひとつの世界を描いているよう。
黒いキャンバスに色んな方向からバケツに入ったペンキを浴びせるようなイメージ。
曲が終わると同時に、ふっと力が抜けそうになるぐらい惹きつけられた。


須藤さん「大阪大好きです!好きです大阪!このRADIO CRAZYもほんとに俺達にとってもすごく
思い出深いフェスなんだけど、4年前のフェスの時に・・・RADIO CRAZY、4年前も出てたの。そう。
その時にねぇ、裏でアイゴンに会ったんだよ。それでアイゴンがこのフェスをきっかけに
髭に入る事になったんだよ。そのアイゴンが抜けます。・・・抜けます!!」

アイゴンさん「そんです」
須藤さん「抜げます!」

アイゴンさん「大阪ではもう今日最後です。ありがとうございます。
本当にお世話になりました。(拍手が起きて)いやいやいやいや・・・」

須藤さん「ガツッとちょっとみんなでアイゴン見送ろうか。ガツッと!(ドラムを鳴らす謙介さん)」


「それではアイゴン、良い旅を!」


ジャキジャキした入りのギターの音がちょっとずれてたのも気にならなかった。
そんな事より、何気ないひと言にもアイゴンさんへの愛が込められてて胸が詰まった。
途中、目の前で宮川さんとアイゴンさんが一緒に演奏してくれて二人とも楽しそうだったなぁ。

“大阪の時間ですよー!”“ランチランチ、ランチと言うよりはディナーの時間だよ!”
最後は「それではみなさん、アイゴン、良い旅を」と締めくくる須藤さん。

ライブではお馴染みの、わくわく感たっぷりにアレンジされたあのイントロ。
「ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク」の爆発力ったらない。皆でジャンプ!
もうライブも終盤なんだなって気付いたけど、もう思いっきり楽しもう!って。
気付いたらリハの時はコートを羽織って出てきたアイゴンさんもハットを脱いで汗を拭いてた。

テンション冷めやらぬまま、ラストは「テキーラ!テキーラ!」。
須藤さんがハンドマイクで動き回るからスタッフさんがケーブルをさばくのに急がしそう。
何だかこの日のテキーラは少しテンポが不安定で、こんな事はめずらしいなぁって思った。
斉藤さんとアイゴンさんのギターソロ×須藤さんのコール&レスポンスはいつ観ても最強。
間奏の後の“ミラーボールから悪魔の子守唄”で両手を上げてゆらゆらと揺らめく須藤さん。


演奏を終えてステージを後にするメンバー。
去り際に須藤さんが水を口に含んで噴射!
・・・したのは良いんだけど、
ステージの下に立ってたセキュリティの人に水がかかったみたいで後でそっと拭いてて、


申し訳ない気持ちでいっぱいになった・・・何かすみません・・・。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらくして、と言う間もなくアンコールの手拍子に応えてステージにメンバーが。

須藤さん「光よりも速く!光よりも何よりも速くアンコール戻って来ました!
今年も大阪に沢山来れて。来年も大阪に来れるのを楽しみにしています。・・・アイゴン!」

アイゴンさん「僕もまた大阪来ますので。隙があればまた髭にも・・・」

須藤さん「・・・アイゴンさんは僕達のプロデューサーでもあり、同じバンドの
メンバーでもあり、隣のおじさんでもあり(笑)・・・ありがとうございました」

言葉の微妙なニュアンスに寂しさが滲んでて、胸がぎゅっとなった。
隣のおじさんでもあり、って須藤さんが言った時にアイゴンさんがフフッて。


須藤さん「みんなで行こうよ!あの虹の向こう側まで!」


RADIO CRAZY、M-STAGEのトリを務める髭ちゃんのライブのラストを飾ったのは「虹」。
この選曲、すごく髭ちゃんらしいなって思った。今日の日にこれ以上似合う曲もない。

本当に終わってしまうんだって実感が沸いてきて、泣いてんだか笑ってんだか分からない顔で
ずっとアイゴンさんの事を見てたら、視線に気付いたアイゴンさんが笑い返してくれて。
アイゴンさん側で観る機会が多いっていうのもあるけど、髭ちゃんのライブに行くと
一回はアイゴンさんと目が合う。それぐらい、いつもお客さんの事をちゃんと見てくれてる。

斉藤さんがアイゴンさん、謙介さん、宮川さんに順番に近付いて笑顔で演奏してる。
それがすごくいい笑顔で、残り少ない時間をめいいっぱい楽しんでるようでじーんときた。

2番のAメロBメロの所、須藤さんがモニタに腰掛けて髪をかき上げたり、ポケットに指先を
突っ込んだりしてて、そういうひとつひとつの細かい仕草も魅力的な人だなぁって思った。
キスしておくれのほっぺアピールも毎回毎回、ずるいぐらい可愛い。
後ろの人にも見えるように大きく手を振る須藤さん。アイゴンさんも皆の事を見てる。
演奏が終わる頃には皆が笑顔になってて、いつも光の中に連れて行ってくれる曲。

温かい拍手に見送られてひとり、ひとりと袖へ向かうメンバー。
アイゴンさんはありがとうって言ってぺこぺこ会釈をしながらゆっくりステージを去る。

最後に残ったのはフィリポ。にこにこの笑顔でハイジ印のフラッグを振ってから
斉藤さんのマイクの所まで行って、背伸びして「ありがとうございましたー!」って。
わざわざ背の届かない斉藤さんのマイクを使うあたりが可愛いな。

ステージに誰もいなくなってすぐにダブルアンコールの手拍子が起きたけど、
フェスで持ち時間が限られているからか撤収準備が始まって残念ながらライブはおしまい。

終わってから会う約束をしていたフォロワーさん達の顔を見た途端、
会えた嬉しさとかほっとした気持ちとか、終わっちゃった実感が
一気に押し寄せてきて、人目もはばからず思わず抱きついてしまった。
(うわごとみたいに「アイゴンさんが~!アイゴンさんが~!」と、その節は失礼しました)

その後ちょっと落ち着いて一緒に東北ライブハウス大作戦のブースを見に行ったり、
記念に写真を撮ってもらったりして、そろそろ帰らないとと思って出ようとしたら、
フライヤーを配ってるお兄さんがいて、素通りしようとしたら髭の文字が見えて、
条件反射的に「それ一枚ください!!」って言ってた。完全に無意識で。

お兄さん「ぜひ来てください!」
私「・・・多分行きます!」
お兄さん「お願いします!」
私「任せて下さい!」

・・・勢いって怖い。しかも任せて下さいってどういうつもりで言ったのか意味不明。

それですごい人込みの中、色んなお話をしながら駅に向かったまでは良かったんだけど、
駅の手前で人の列が動かなくなり、そのまま寒風吹きつける外で一時間。。。
お二人がいてくれてほんとに良かった。一人だったらもう心折れてた。

それでやっとの思いで電車に乗ったのに、まさかの長田止まりで終電を逃して
(アナウンスはあったはずだったけど須藤さんのチャック全開TLに気を取られて気付かず)
駅で途方に暮れてたらRC帰りの人が生駒まで帰るからって一緒に送って下さって、
深夜に生駒まで家族に迎えに来てもらって、何とか家まで帰れました。。。
(白のプリウスに乗ったマサユキさんとそのお母様、本当にありがとうございました)

体力的にはすごく疲れたけど、行けて良かった。
やっぱり髭ちゃんが、髭ちゃんのライブが大好きって改めて実感しました。
最後になってしまったけどアイゴンさん、今まで本当にありがとうございました。
アイゴンさんがいた髭の事、ずっと忘れません。いつかまたどこかで会えるのを楽しみにしています。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

と、のらりくらりとレポを書いて、そろそろアップできるかなぁと
思った矢先に届いたフィリポ脱退という悲しいお知らせ。
アイゴンさんの脱退は何となく入った時から早かれ遅かれいつかはバンドを
離れる時が来るんだろうなって思ってたけど、初期メンバーの脱退はショックが大きい。

須藤さんがFacebookでその事について書いてるのを読んで、
どういう気持ちで綴ってたんだろうっていたたまれなくなった。
このRADIO CRAZYのライブの後、そんな話し合いがあったなんて想像もしてなかった。

思えばアルバムのサンシャインが出た頃、メインのドラマーがフィリポから
コテイスイさんになって、フィリポの役割が段々とパーカッションにシフトしてきて、
謙介さんがサポートで入るようになってから更にバンド内でのフィリポの位置が変わって、
この先フィリポが前みたいにドラムを叩く事はあるのかなって心のどこかで
ずっと気がかりだったんだけど、こういう風にはなってほしくなくて、
気付いていながら見て見ぬふりを続けていたのかもしれない。

ドラムが叩けなくてもそこにいてほしいって思う気持ちが
フィリポを苦しめていたのかもしれないとも思う。
誰も悪くないし、誰を責めるつもりもない。
ただ、分岐点に差し掛かっただけの事なのかもしれない。

これから髭ちゃんのライブを観に行ってもアイゴンさんもフィリポも
いないって全然実感が沸かなくて、それが余計に悲しい。
シェルター5DAYSも行けそうにないから、大阪のParty Mustacheが最後になりそう。
チケット取った時はすごく楽しみだったのに、こんな事になるなんてさ。

それでもずっと髭ちゃんの事を好きな気持ちは変わらないし、応援していきたい。
少しでも長く同じ時間を共有して、同じ景色を見ていたい。


*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2013.12.28 RADIO CRAZY@髭セットリスト

01.ロックンロールと五人の囚人
02.溺れる猿が藁をもつかむ
03.ボーナス・トラック
04.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
05.ハートのキング
06.それではみなさん良い旅を!
07.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
08.テキーラ!テキーラ!

ENCORE

01.虹
[PR]



by pochi-17 | 2014-01-15 00:03 | Live | Trackback | Comments(0)

2011.12.30 RADIO CRAZY◆HiGE編

L-STAGE 20:50-
■髭(HiGE)

1.それではみなさん良い旅を!
2.さよならフェンダー
3.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
4.ボニー&クライド
5.青空
6.ネアンデルタール Punks Fuck Off!
7.ロックンロールと五人の囚人
8.テキーラ!テキーラ!
9.虹
~encore~
1.ギルティは罪な奴
2.ダーティーな世界 (Put your head)

さっきのハイエイタスの時点でかなりよれよれになってしまったので、
これはやってしまったかも・・・と思いきや髭ちゃんが登場したら見事復活(笑)
我ながらどこにそんな体力が残ってたのか不思議なんですが現金なものです。
細美さん側の上手にとどまっていたので初めて斉藤さん側で観ました。

サウンドチェックでフィリポが出てきたと思ったらこれまた紙コップ片手に
宮川さんも出てきて、もうその時点でかなりにやにやしてしまった・・・
その後に須藤さんが颯爽と出てきて声援に軽く応えてた。
最後に斉藤さんも揃った所でサウンドチェックがてらラブファントム!
ずしっと重いギターサウンドに適度に力が抜けたボーカルがめちゃくちゃかっこ良かった~
歌い終えて『ありがとう』とステージを後にする須藤さん。

RADIO CRAZYのSEに続いてミラクルズのSEが!やったー!またミラクルズに戻った!
やっぱりディープパープルのBurnよりこっちのがしっくりくる。

かろうじて保っていた理性も須藤さんがフィリポとコテイスイ小脇に従えて
肩組みしながら登場したところであっけなく吹っ飛びました・・・
しかもブラッディーマリーのPVのヘルメットと黄色いサングラス姿!
でも衣装はスペシャのNEXUSで着てた、それどこで買ったの?っていうような
派手な柄のあのトップスだった(笑)あと青紫?のパンツ。

アイゴンさんは青味がかったピンクのガウンみたいなコート、
宮川さんはグレーのチェック柄の英国紳士風のロングジャケットに赤のパンツ。
斉藤さんはグレーのナイロンパーカでした。あとは知らない(笑)

須藤さん「それではみなさん良い旅をー!」いきなり!たのしい!
イントロのドラムがド・ドドン!って鳴った瞬間スイッチが入りました。
後半ツインドラムが競い合うようにスピードを増してくのがすごくかっこ良かった!

『さよならフェンダー』はやらないかもなぁと思ってたら演奏してくれました。
ほんのり切なくて温かみのある髭ちゃん流のロックンロール。
間奏のとこだったかな、斉藤さんがケンケンするみたいにして踊ってたっけ。

これは・・・と思ったら『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』!
心なしかイントロがいつもより控えめだったような(笑)
もうとっくに理性なんて吹っ飛んでたので全力でフフッフー!してきました。楽しかったー!
須藤さんが「三年経ってもクレイジーな俺と大阪!」って歌ってくれたのも嬉しかったな。

続いてかつて802のヘビーローテーションにも選ばれていた『ボニー&クライド』!
でも、この曲の“もっと飛ばして~♪”の直前で斉藤さんの眼鏡がきれーに吹っ飛ぶ→
スタッフさんの手によってアンプの上に眼鏡がそっと置かれる→変形していたのかつるを
曲げ直してからかける→〆の直前でまたジャンプして飛ばすの流れはさすがに爆笑してしまった(笑)
面白すぎて柵に突っ伏しちゃって曲どころじゃなかったです。斉藤さん側見どころ多すぎる・・・

須藤さん「どーも髭ちゃんですよ!」

「皆、2011年もお疲れ様でした!今日はどんな一日だった?(\最高ー!/)
僕達も最高だよ。最高の最高をまた更新したよ!
ずっと年末に大阪でやりたいって思ってたんだよね!計らずもここでね!
僕、夢見た事は大抵叶っちゃうから!君達も夢叶っちゃう系でしょ?」

「朝起きた時はまだ東京だったんだけど、カーテン開けたら青空が広がっていたよ」
出た!須藤さんのドヤ顔!ふー!

『青空』はいつも聴いてると様々な出来事を思い出してしまう。今年も色々あったけど、
いつもそばに髭ちゃんの音楽があって、いつもそばにいてくれたなぁってぼんやり思ったから
後で須藤さんが「いつでも僕らはそばにいるよ」って言ってくれた時、ドキッとした。
柵にもたれてじっとステージを眺めていると、穏やかに歌う須藤さんや真剣な面持ちで
鉄琴を演奏してるフィリポ、歌うようにギターを弾く斉藤さんの姿がありました。

須藤さん「RADIO CRAZYって明日もあるの?今日が最終日?(\最終日ー!/)
今日が最終日なので普段やらない曲もやっちゃおうかな。踊りたい?」

どの曲がくるのかワクワクしてたらまさかの『ネアンデルタール』ひゃー!!!
まさかこの大舞台でネアンデルタールが演奏されるとは1mmも予想してませんでした。
こんなにかっこいい曲なのに何でもっとライブでやらないんだろう・・・
曲の最後、須藤さんが“すべてはここから始まるよ”って言ってたのが頭の中でぐるぐる巡った。

続いて『ロックンロールと五人の囚人』でフロアの熱気が上昇していく。鉄板!
いつの間にかサビで皆で歌うのも定着した模様。

腰にくる独特のリズムは『テキーラ!テキーラ!』我を忘れて踊り狂う。
須藤さんステージから降りてきてくれないかな~と思ったけどステージが高すぎたな・・・
ステージの手前に設置された照明に座ろうとするも、可動式だったため
座ろうとすると動いちゃって上手く座れなくて結局諦めてた(笑)
しかも照明にマイクの線が絡まっちゃってて後でスタッフさんに救出されたという。
「大阪ぁー!」からのコール&レスポンスと「最高だぜお前ら!」の煽り、
「離ればなれさ~♪残念だけどね!愛してるぜー!君の事だよ。大阪ぁー!」もさることながら
この日のハイライトと言えば須藤さんのリアルなキス顔かな・・・ご馳走さまでした・・・

本編ラストを飾ったのは『虹』でした。今年もいっぱいお世話になった一曲。
「誰よりも高く手を上げろー!」の声に一生懸命腕を伸ばした。
一人一人の目を見ながらに話しかけるように歌う須藤さんの
「君もそう思うでしょ?」に思わずうなずいてしまいそうになった。
投げKISSとかピョンピョン飛び跳ねる度にお腹がチラチラ見えるのにいちいちきゅん。
笑顔でフロアを見渡して、手を振る姿が目に焼きついてます。

あったかくて、居心地が良くて、最高に楽しい時間が過ぎていく。
須藤さん「皆にとって来年が良い年になると良いね。僕はいつもそう思ってるよ」

ステージを後にするメンバー。斉藤さんはお客さんを労うように拍手してた。

すぐにアンコールを求める拍手が起こる。
しばらくしてメンバーが再びステージに姿を現す。

フィリポ「どうもありがとう~!」
斉藤さん「サンキュー!」
この斉藤さんのひと言に歓喜する周囲の斉藤ギャルが微笑ましかったです。

須藤さんがステージの袖の近くで何やらごそごそと。
よく見たらスタッフさんの手を借りて黄色い蝶の羽らしきものを装着してた(笑)
しかもそれがどう見ても上下逆さまでそこもまた萌えポイントでした・・・

そろそろ演奏が始まるかな~というタイミングで、赤いヘルメットを被って
トラメガを持ったコテイスイさんが須藤さんの周りをうろうろ。

須藤さん「何やる?・・・あれ、歌うの?」←嫌そう(笑)
コテイスイさん「・・・歌います!」

という事でアンコール一発目は『ギルティーは罪な奴』!
コテイスイさんがステージの際ぎりぎりまで来て踊りながら煽る煽る!
曲の〆はコテイスイさんがフィリポのマイクを借りてひと言。
「髭!2011年もありがとうございました!来年も盛り上げて行きますのでよろしくお願いします!」

須藤さん「今年はほんとにどうもありがとう。今年もやっぱり色々な事があったね。
来年もきっといっぱい沢山の事があると思うけど、その時はまた一緒にいよう。
僕は皆の事が大好きだよ!そしてきっとこうだろう。
皆も僕達の事が大好きだろ?(\大好きー!/)きっとそうに違いないよ!」

「ところで今から最後一発ダーティーな世界行っとく?
皆で一緒にダーティーな世界行っとく?Are you ready?
じゃあナビゲーターは僕だよ。髭の須藤寿だよ。皆で一緒に行こう。
例えこの世界がダーティーな世界だとしてもね。もう誰も置いていかないからね」

「始まりはないよ。だって終わりがないんだよ?僕は大好きな君と一緒に死んだよ。
ねぇ皆、ダーティーな世界の調子はどう?僕はもうちょっと行けそうだと思ってたとこだよ。
もう一発きっついの行っとく?一緒に行こうぜー」

熱狂と冷静さの間を自由に行き来するような展開にくらくらする。
宮川さんがベースソロで前に出てきた時、須藤さんが宮川さんの横に来て
ベースのネックをいかにもジャマそうにかわしてたのにはちょっと笑った。

須藤さん「サンキュー!サンキュー!俺の手にありあまるサンキュー!また来るよ。大好きな街だからね」

アイゴンさんと斉藤さんがエフェクターをいじって残響をとどろかせる。
強烈なインパクトと余韻を残してライブが幕を閉じる。
ダブルアンコールを求める手拍子の後、まるでありがとうって言ってるような拍手になった。
また最高を更新して2011年、最高のライブ納めができました。
RADIO CRAZYのLステージという大舞台でも髭ちゃんは相変わらず髭ちゃんで安心した。
蝶の羽しょったりステージを這いずり回る須藤さんを見て他バンドのファンはどう思ったんだろ(笑)
最近の髭ちゃんのライブはあったかくて笑顔になれる。元気を分けてもらえる。

2011年もいっぱい音楽にはお世話になりました。
2012年もいっぱいお世話になります!
[PR]



by pochi-17 | 2012-01-03 18:30 | Live | Trackback | Comments(4)

2011.12.30 RADIO CRAZY◆the HIATUS編

L-STAGE 19:30-
■the HIATUS

1.Deerhounds
2.Superblock
3.Bittersweet/Hatching Mayflies
4.The Flare
5.Monkeys
6.Insomnia
7.Souls
8.shimmer
9.紺碧の夜に
10.ベテルギウスの灯

ほい!お待ちかねのハイエイタスですよー!
2週間前に観たとは思えぬワクワク感で待機。上手の2列目まで行けた。

サウンドチェックの時に紙コップ片手に柏倉さんが出てくる。
それまでローディーさんが事務的にとはいえ叩いていたものと
同じドラムとは思えない音を出していて、うわー・・・ってなった。

細美さんの立ち位置には三段積みのラックがあって、上からPCとサンプラー?と
二段目に鍵盤、三段目にもまたサンプラーのようなものがありました。
マイクは普通の曲用と声を変える曲用の二本使い。
衣装はMTVの番組でも着てたニットに黒いロックT、細身のパンツ。
左耳のピアスまで見える距離にどきどきする。

masaさんもアンプの裏で何やら準備して後から堀江さんと細美さんも合流して音出し。
リラックスした雰囲気で『Little Wing』を歌ってた。
歌い終えるとフロアから拍手が起きて「ありがとう」って。
袖にはけて行く時に一度手を打って拳を握り締めて、気合いを入れてた。

RADIO CRAZYのSEに続いていつものSEが鳴って、ぐっとフロアの人口密度が上がる。
ステージに5人が現れる。ぴりっとした緊張感に包まれてライブが始まる。
一曲目の『deerhounds』から5人が奏でる音にすーっと引き込まれた。
日常の何もかもから開放されて、目の前にある音楽と向き合える時間。

この間のMUSEでは手元が良く見えなかったから気付かなかったけど『Superblock』でも
細美さんも鍵盤を弾いてた。さすがに二色のシールまでは見えなかったけど(笑)
間奏のアコギとキックの音にウエノさんのベースが乗る瞬間がたまらない。
何か気になる事でもあったのか、ささっとイヤモニを外す細美さん。
いつの間にかニットも脱いでTシャツ姿になってた。

『Bittersweet/Hatching Mayflies』でほんとうに気持ち良さそうにのびのびと
細美さんが歌っているのを見て、こっちも心地良くなってしまった。
歌い方が変わって、こういう曲も似合うようになったなぁ。
曲の終わりでウエノさんがベースをぎゅっと抱きしめてる姿にきゅん。

細美さん「こんばんはthe HIATUSです!すっげぇ人いんのに静かだなー
(お客さん\細美ー!/)いや、そういうの要求した訳じゃないんだけど(笑)
前俺がエジプト行った時に5人もいればうるさくてしょうがなかったのに静かだなーと思って。
今年、日本人の奥ゆかしさとかが見直されたじゃない?そういうの大事にしていこうよ」

MCを挟んでの『The Flare』は後ろから熱気が押し寄せてきた。
ぎゅうぎゅうになりながらも手を上げて皆と一緒に歌う。
それに応えるように5人の音がぶつかり合って、ステージの上も熱を帯びる。

『Monkeys』はイントロが鳴った瞬間テンションが上がりすぎて記憶にない(笑)
ダイバーがごろごろ転がってて、スタッフさんが忙しそうにしてたっけ。
身体中を震わせるようなリズムが響く。息つく間もなく『Insomnia』
もっと高く高く駆け上がっていく。漲るエネルギーをぶつけるように歌う細美さん。
堀江さんの鍵盤は曲によって全く違った表情を見せる。

細美さん「ふぇー。大阪の人達ってちょっと冷たい印象があったんだけど、
なんだよーお前ら年末でお祭気分だな(笑)あったけーなー!お前らの事愛してるぜー」

え!何この展開!意外すぎる!
細美さんがこんな事言うなんて珍しいな。それだけ気持ち良かったんだろうな。

「昨日前乗りして昔よく行ってたライブハウスに行ったんだけど・・・
・・・やっぱやめます。disりそうな気がするから(笑)新譜からもう一曲やります」

打って変わって軽やかなリズムが響き渡る『Souls』フロア全体を見渡しながら、
呼吸するように柔らかな声で歌う細美さん。いい顔してたなー。
柏倉さんのドラムと2本のアコギが重なり、立体感のある音が綺麗でした。
ピンク色の照明もこの曲だと違和感がないから不思議。

キラキラとしたピアノのイントロから始まる『Shimmer』でも、細美さんも
鍵盤を弾いてました。たどたどしくて、見てると何だか応援したくなる。
間奏開けのアルペジオが心の中にすっと入ってくる。

細美さん「別におべっかとかそんなんじゃなくて俺なんかに好かれても
あれかもしれないけど、お前らの事結構好きだぜ」

えええ!どうしちゃったの今日!
びっくりしたけど嬉しかった。ふわふわ体が浮いてしまいそうなドキドキ感。

「また大阪で長い時間ゆっくり一緒に過ごせたらいいなと思います。
今日はありがとうございました!the HIATUSでした!」

『紺碧の夜に』では堀江さんが立ち上がって鍵盤をすごい勢いで弾いてた。
細美さんのイヤモニの調子が悪かったみたいで、それを直しに来たローディーさんが
今それどころじゃねぇんだよ!みたいな感じで突き飛ばされて苦笑いしてたっけ。
ライブ中は理性なんてどっか行っちゃうのはメンバーも同じなんだなって嬉しくなった。

なぜかラスト一曲で裸になるmasaさん。すごい熱気だったんだろうな。
最後は『ベテルギウスの灯』を皆で歌う。いい加減歌詞覚えないとね・・・
皆あやふやな所は急に小声になるもんだから笑いそうになっちゃった。

フロアに高揚感を残したままステージを後にするメンバー。
ほんと楽しかったしメンバー自身も楽しそうだったなー。
いいライブが観れた!すごく幸せな時間でした。
[PR]



by pochi-17 | 2012-01-03 18:27 | Live | Trackback | Comments(0)

2011.12.30 RADIO CRAZY◆夙川/[Champagne]/OKAMOTO'S/フジ/エレカシ/サカナ編

12月30日、RADIO CRAZY二日目に行って来ました。
夙川→シャンペイン→OKAMOTO'S→フジ→エレカシ→サカナ→ハイエイタス→髭と、
今回は奇跡的に好きなバンドがほぼ被らなかったので全部見れて良かったー!
初めて観るバンドもあって、どのライブも楽しめました。
とりあえず公式のセトリを基にざっくりとレポ書きます。あくまでもざっくりと。
バンドによって全然情報量が違いますが気にしないで下さい(笑)
あと曲によってやたら詳しくMC書いてるのは802で流れてた音源を起こしたものです。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

R-STAGE12:00-
■N'夙川BOYS

1.プラネットマジック
2.Candy People
3.物語はちと?不安定
4.死神DANCE

夙川BOYSは初めまして。
シンノスケさんがお子様用の三輪車に乗って登場。
マーヤさんとリンダさんはローラースケートで颯爽と登場・・・と思いきや、
慣れてないのか今にも転びそうな危なっかしい。
リンダさんの背中にはドラムのスティックが入った黒いランドセル。

演奏はかなりゆるゆるで荒削りな感じでしたが、そこが逆に味になってて
MCも気取ってなくて親近感が持てました。マーヤさんとリンダさんの
掛け合いが夫婦漫才っぽくて微笑ましかったです。
基本的にはリンダさんがドラムだけどシンノスケさんもドラム叩いてて、演奏中に
かけてた「2008」の形のサングラスを真上にポーン!って投げてて面白かった。

マーヤさんが「こんなに大勢の前でやるのは初めてです!だ、最前列が遠い!俺が権力者なら
この柵をどうにかしたいけど、どうにかしたら俺がどうにかされるからやめる!」って(笑)

30分で4曲です、って言った後に「喋るのやめたらいいじゃんって言われたけど、
言葉にしないと伝わらない事もあるので喋ります!」って熱く語ってた。
曲はセットリストの半分ぐらいしか知らなかったけど楽しめました。リンダさんの声可愛いなー。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

夙川が終わったのでLステージに移動したらまだベボベがやってて最後の1曲半だけ聴けた。
青春真っ只中みたいな甘酸っぱい曲にきゅんとしました。

ベボベファンが出たところで真ん中辺りまで行ってスタンバイ。

L-STAGE 13:20-
■[Champagne]

1.For Freedom
2.Yeah Yeah Yeah
3.Rocknrolla!
4.Cat 2
5.Don't Fuck With Yoohei Kawakami
6.spy
7.city

サウンドチェックでメンバーが出てきて軽く演奏が始まったかと思ったらおもむろに
OasisのDon't Look Back In Angerを歌いだして会場が湧いた。

本編が始まって登場した川上さんも黒いジャケットに白のシャツで完璧でした。
庄村さんはおなじみの豹柄のパンツだったけど(笑)
シャンペインも初めてライブ観たけど、ギターの白井さんのプレイが熱くてびっくりしました。
どの曲もほんとカッコ良かった!自分のスタイルを貫いてるバンドだなぁって思った。
自分がかっこいいと思ったものをとことん追求しているようなストイックな感じがした。

曲の合間、川上さんがアンプの上に置いてある蜂蜜をうにゅ~って搾り出して飲んでるのが
ビジョンに大写しになって笑いが起こってた。この季節は固まって辛いよね蜂蜜・・・

MCで川上さんが「今年は色んな事があったけど、来年は人類史上最高の年にしましょう」って。
あと「最初は皆が敵に見えてたけど、ライブの終わりに近付いてくると愛しちゃうんだわ。
もう一晩過ごしたみたいになってます」とも言ってました。ふー!

「最後の曲です!この素敵な街に捧げます!cityー!」と川上さん。
去り際にギターにキスしてたけど、こんなキザな事をしても絵になるんだな・・・
カメラに舌出して寄ってってたりもしてたけど、かっこ良すぎてむかつく(笑)
ドラムの庄村さんのプレイもバンドの毛色に合っててすごく良かった。
あの曲もあの曲も聴きたかったなーっていうのがあったのでまた機会があればライブ観たいなぁ。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

R-STAGE 14:10-
■OKAMOTO'S

1.アイのテーマ
2.恋をしようよ
3.Run Run Run
4.笑って笑って
5.どぉなっちゃってんだよ
6.マダラ
7.欲望を叫べ!!!!

シャンペイン観てのこのこRステージに行ったらすでに始まりかけてた・・・危ない・・・
MTWB以来のOKAMOTO'Sでしたが期待通り、期待以上に楽しかった!
端っこの人の少ないところでひたすら踊ってました。

「どうも改めまして新宿からやってきましたOKAMOTO'Sです!
せっかくだからハマくんひと言!」って振られて、ハマくんが
「せっかくの意味もよく分からないんですけど・・・」と言いつつも
「またここでRADIO CRAZYできて嬉しいですね」とそつなくまとめてて、
さすがMUSIC FREAKSで一年間DJを務めただけあるなぁと思いました(笑)

途中、岡村靖幸さんのカバーも飛び出して、レイジくんも歌ってた!
しかも深緑の大阪のおばちゃん風のスーツの上下着てるし、しまいには踊り出すし(笑)

メンバー全員のキャラが濃すぎてもう・・・でも演奏もすごく良かった。
演奏がしっかりしてるから間奏が長く続いても飽きないし、
『笑って笑って』のベースラインがあんなにカッコ良かったとは・・・
最後は『欲望を叫べ!!!!』でフィニッシュ。爽快に駆け抜けたライブでした。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

OKAMOTO'Sが終わってそそくさとさっむい屋外へ移動。
目的はくまモンとシャンペインによる餅つきの見学!
始まる前に出てきた802DJの中島ヒロトさんがすっごい寒そうな顔してた(笑)
くまモンは愛想が良くて自分の見せ方を知ってるアイドルでした。
ヒロトさんは熊本出身でくまモンと同郷なんだとか。

シャンペインのメンバーはライブを終えたばかりとは思えない爽やかさで、
私服もみんなお洒落でした。間近で見た川上さんの脚が長すぎて笑った・・・
ベースの磯部さんが前日お誕生日だったみたいで、メンバーから
「何歳になったの?31?30?」「29です!」というやりとりが(笑)

餅つきは川上さんとくまモンが担当してて、川上さんが餅ついてる時に
ドラムの庄村さんがくまモンに襲いかかろうとしてた(笑)
メンバーを至近距離で見れてくまモンにハイタッチもしてもらってほくほく。
軽くご飯を食べてLステージにそそくさと移動!

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

L-STAGE 15:40
■フジファブリック

1.STAR
2.夜明けのBEAT
3.Splash!!
4.地平線を越えて
5.虹
6.TAIFU
7.ECHO

Lステージに行くとすでに人だかりが出来ていて、たくさんの人達が
今か今かとメンバーの登場を待ちわびていました。
その光景を見ただけでじんわりと心にこみ上げてくるものが・・・
2009年のRADIO CRAZYの事を思い出すと今でも心が痛む。

SEに続いて登場した3人、とドラムはくるりのサポートでおなじみのBOBOさんでした。
山内さんは白地に装飾のあるシャツがお洒落。金澤さんは洋風の探偵みたいな
シルクハット風のハットにグレーのマントみたいなストール?ポンチョ?を羽織ってた。
加藤さんはいつも通りな感じであの帽子も被ってて見ててほっとする(笑)

一曲目は何がくるんだろう・・・とドキドキしてたら『STAR』からライブが始まりました。
曲が進むにつれ光が溢れ出して加速していく。懐かしいフジファブリックの音。
山内さんの歌声はまっすぐで、すっと心に入ってきた。
それなのに目の前で何回も携帯で写真を撮ってる女の人がいて悲しかった。
いけない事をしてまで撮った写真を後から眺めて何が楽しいんだろう・・・
ここにいると楽しめないと思ったので悔しいけど移動。

次に演奏されたのが『夜明けのBEAT』で一気にフロアのテンションが上がった。
あぁ、紛れもなくフジファブリックのライブなんだって思った。
『Splash!!』の頃にはかなり盛り上がっていてワンマンに来たのかと錯覚するほどでした。

怪しげなイントロが流れたと思ったら『地平線を越えて』だった・・・!
BOBOさんのドラムもしっかり馴染んでいて、プロって凄いなーって思いました。

MCでは「金澤さん、今年はどんな一年でしたか?」って山内さんに急に振られて、
金澤さんが「えっ?あっ・・・」ってあたふたしてた(笑)
「フジファブリックとしてはアルバムも出してツアーにも出れて充実した年でした」と山内さん。

一転して『虹』でそれまでの空気を塗り替えるような明るさに満ちた雰囲気に。
何か途中曲の展開が怪しかった気がするけど気のせいですね!
「まだまだ行くぞー!」ってそのまま『TAIFU』!うれしい!
金澤さんの鍵盤が乗ると魔法がかかったみたいにメロディーがみるみる表情を変える。
間奏で鍵盤の後ろに回りこんでガーッて弾いててめちゃくちゃかっこ良かったー!

ラストはじっくりと聴かせる『ECHO』でした。
山内さんの歌声と歌詞が相まって何度もうるっとしてしまったけど、
今日この場にフジファブリックと一緒にいられてほんとに良かったなと思えるライブでした。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

L-STAGE 17:00-
■エレファントカシマシ

1.今宵の月のように
2.悲しみの果て
3.ワインディングロード
4.俺たちの明日
5.東京からまんまで宇宙
6.パワー・イン・ザ・ワールド
7.so many people
8.ガストロンジャー

去年はサカナクションと被ってて観れなかったエレカシのリベンジに密かに燃えてました。
PA席の辺りまで人がぎっしりだったので後ろの方で大人見する事に。

一曲目がいきなり『今宵の月のように』で心をわし掴みにされてしまいました。
宮本さんの歌はエネルギーの塊みたいで、聴いてるとすごく元気がもらえる。
それにやたらと説得力があって、心にぶすぶすと突き刺さってくる。
歌声も、それを支える演奏も力強くて男気たっぷり。

宮本さん「毎日色々生きてるとあるけどよ、素敵な日々がやってくるぜ、
いや、やって来てるんだぜってそんな歌です」
このMCの後が『悲しみの果て』で、ぐっときてしまった。
特に今年はこの曲が頭の中で鳴った日が多かったから、聴けてすごく嬉しかった。
「一番新しい曲を」と演奏された『ワインディングロード』もエレカシらしくて良かったな。

「次に歌う曲はダメな奴でもまあ頑張ろうぜって、そんな曲です。
完璧な人間なんていないんだけどさ。そんな奴らに向けた歌です。
色んな事があるけど辛い事は忘れて今日は楽しんでいって下さい」と始まった
『俺たちの明日』では宮本さんが急に「ごめーん!」って演奏をストップさせて、
「二番の歌詞忘れちった・・・プロとしてあるまじき・・・」って頭抱えてました(笑)
「いい歌うたうから許してくれ!」って最初から歌い直すというハプニングもありつつ。

曲名をもじって「大阪からまんまで宇宙ー!!」と新しいシングルから更に一曲。
最後は『ガストロンジャー』で熱くライブを締めくくっていました。
エレカシのライブを初めてだったけど、すごく良かった。去年も観れば良かった・・・

「今年は色んな事があったけど、悲しい事があればその逆の事もあって。ここにいる皆に捧げます」
という宮本さんの言葉も心に残ったライブでした。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

L-STAGE 18:10-
■サカナクション

1.RL
2.モノクロトウキョー
3.アルクアラウンド
4.エンドレス
5.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
6.DocumentaRy
7.ルーキー
8.アイデンティティ

大勢の人でパンパンに膨れ上がったLステージでサカナクション。
RADIO CRAZYでサカナクションを観るのは3回目ですが、年々スケール感が増してます。

レーザービームを多用した照明もエンターテインメントとして見応えがあるけど、
それ以上にバンドとしての底力が増していて、演奏でハッとする事が多かったです。
メンバー個々の見せ所が随所にあって、うわ、かっこいい!って思う瞬間が何度もありました。
何より、演奏される曲全てがキラーチューンとも言えるような盛り上がり方!
この後に備えて、じっと見るつもりが気付けばかなり前まで行ってました。楽しかったー。
[PR]



by pochi-17 | 2012-01-03 18:23 | Live | Trackback | Comments(0)

RADIO CRAZYレポ@2010.12.30 ◆いろいろ

◆L-STAGE 14:40- MO’SOME TONEBENDER

1.To Hell With Poverty(Gang Of Fourのカバー)
2.youth
3.Junk
4.未来は今
5.We are Lucky Friends
6.Lost In the City
7.Hammmmer

Twitterのフォロワーさんにモーサム好きの方が多かったので気になって
曲もろくに知らないくせに、この機会にと思って観てみました。
PAブースの前で大人見を決め込んでたけど、体が勝手に揺れた。
轟音×ポップな音色=変幻自在の踊れるロック。
4曲目に演奏されてた「未来は今」が個人的に好みでした。
ベースの武井さんの演奏そっちのけのライトセーバーさばきも素敵。
最後にステージ上でボトルの水を頭からかぶる百々さんが男前でした。
(そう言えば百々さん腰の骨折ってたんだとか・・・お大事に)

------------------------------------------------------------------------

◆L-STAGE 15:50- THE BAWDIES

1.I’M A LOVE MAN
2.KEEP ON ROCKIN’
3.IT’S TOO LATE
4.EMOTION POTION
5.I’M IN LOVE WITH YOU
6.B.P.B
7.JUST BE COOL
8.HOT DOG
9.YOU GOTTA DANCE

モーサム終わりでそのままPAブース前で。どんどん人が増えてくる。
あっという間に身動きができないほどの人で溢れ返る。すごい人気!
BAWDIESを観るのも初めてで、知ってる曲もそんなに多くはなかったけど
それでも全員を巻き込んで楽しませるその勢いに飲まれた。

ROYくんの「今日ここに日頃のストレスを声にしてぶつけてくれませんか!」って
煽ってからの「はぁ、そんな程度ですか。平和ですねぇ!」という
茶目っ気(と言うかSっ気?笑)たっぷりのMCも上手かった。
パフォーマンスも派手だから大きいステージでもよく映えてたし。
聴きたかった「IT'S TOO LATE」と「HOT DOG」も聴けて満腹。またゆっくり観たいな。

------------------------------------------------------------------------

◆R-STAGE 16:10- ONE OK ROCK

BAWDIESを途中で抜けてandymoriが控えるRステージに行くとまだ
ワンオクのライブの最中で最後の2曲だけ観れた。
思ったよりワイルドで熱い感じで、ボーカルの森・・・もとい、TAKAくんが
ライブの最後、フロアにダイブしてもみくちゃにされてた。
お客さんも割と若い子が多かったからフロントはぐちゃぐちゃになってた・・・

------------------------------------------------------------------------

◆R-STAGE 18:30- MONOBRIGHT

HIATUSが観たかったからMONOBRIGHTは最初しか観れなかったけど、
ヒダカさんの姿をひと目でも拝めてよかった。
新曲が映画の主題歌になって、PVの撮影で吉高由里子ちゃんと会ったらしく
記念写真を撮ってもらったら「どう見ても俺が一番ニヤついてた」とヒダカさん。
ヒダカさんも桃野さんも喋りが上手いからもっとMC聞いてたかったなー。
それにしても、ヒダカさんの存在感はさすがでした。

------------------------------------------------------------------------

◆R-STAGE 19:40- サンボマスター

HIATUS終わりで余韻を引きずりつつサンボマスターに移動。
後ろまで人がぎっしりで、いちばん後ろの入口しか開いてなかった。
何よりびっくりしたのが山口さんの口数の多さ(笑)
あれ覚えてレポ書ける人がいたら尊敬します。きっとすごい文字数になるよ。
右から左状態になってあんまり覚えてないけど、ひとつ残ってるのが
「世界中の独裁者にこの光景を見せてやりたいよ」という言葉。
何度も口にしてたLOVE&PEACEって言葉がぴったりの光景だった。
みんなキラキラした目でステージを見てて、どんな景色より美しかった。

観れたのはラスト2曲だけだったけど、「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」と
「できっこないをやらなくちゃ」が聴けたから十分。また観たい!

------------------------------------------------------------------------

◆R-STAGE 20:50- サカナクション

1.Ame(B)
2.セントレイ
3.アドベンチャー
4.Klee
5.ホーリーダンス
6.マレーシア32
7.ネイティブダンサー
8.アルクアラウンド
9.アイデンティティ
en.ナイトフィッシングイズグッド

エレカシと迷いに迷ったけど結局そのままRのサカナクションに。
RADIO CRAZYで去年も観たけど、さらに逞しく、貫禄すら漂ってた。
サカナクションのステージは照明も凝ってて綺麗。見ててワクワクする。
躍らせる曲と聴かせる曲のバランスも良かったです。
山口さんの真面目さが伝わってくるMCは音楽に対する真摯な気持ちがこもってたし、
「セントレイ」や「アイデンティティ」でのフロアの一体感は壮観だった。
「アルクアラウンド」のサビも四つ打ちっぽくてカッコよかったなぁ。

でも、本編終わった時点で出ちゃったから、いちばん聴きたかった
「ナイトフィッシングイズグッド」聴き逃した・・・早まった・・・
しかも今更それを知ってちょっとショック受けてるという(遅すぎ、笑)。
Rステージは柱があって後ろからだとステージが半分隠れちゃうから前で観たかったかな。
「集大成とこれからのサカナクション」という言葉通りのステージでした。
[PR]



by pochi-17 | 2011-01-14 00:10 | Live | Trackback | Comments(2)

RADIO CRAZYレポ@2010.12.30 ◆the HIATUS

◆L-STAGE 19:20- the HIATUS

セットリスト

1.The Ivy
2.My Own Worst Enemy
3.Monkeys
4.Storm Racers
5.Walking Like A Man
6.The Flare
7.ベテルギウスの灯
8.Twisted Maple Trees
9.Insomnia


元BEAT CRUSADERSのヒダカさんが電撃加入したMONOBRIGHTの頭2曲ぐらい見て
the HIATUSが控えるLステージにそそくさと移動。
まだSOUL FLOWER UNIONがライブやってて、お祭状態で皆楽しそうだったなぁ。
ハイエイタスが始まるまでじっとウエノさん側の横の柵にもたれて待機。

クレイジーマンのSEの後、いつものトライバルなSEに乗ってメンバー登場。
ざーっと目の前を人が流れていくのを横目にしばし様子見。

ライブが始まると共に音の洪水が溢れ出す。「The Ivy」にただただ圧倒される。
5人の生み出す音が、あっという間に空気の色を塗り替えてしまう。

「My Own Worst Enemy」ここまでは予想通りの流れ。
伊澤さんの繊細なピアノの音色と柏倉さんの軽やかなのに
スパッ、スパッと切り込んでくるようなドラムが曲のアクセントになってる。

次に来たのが「Monkeys」。本格的に温まってきた。ほんっとカッコいい!
でも豪快にヘドバンしてる人が目に入って気が散るなぁ・・・と思ってたら
「Storm Racers」・・・きたー!もう我慢できなくなってモッシュゾーンに飛び込む。
ほんとに危なそうな一歩手前まで行って何も見えなくなったけど、でも楽しい!
サビ前の「1・2・3・4!」でいつも理性が吹っ飛ぶ。

細美さん「こんばんは!the HIATUSです!」

「大阪のお客さんに面白い話をしたいとか言うと『またぁ!』とか
言われちゃうかもしんないんだけど・・・昨日大阪に前乗りしたんですが、
期せずして○○責めに遭いまして。あ、夢の中でなんだけど。ウォシュレットが
どう考えても10代の女の子の声で『ここやばくない!?』って(笑)」

・・・あーもう相変わらずだなぁ(笑)

そんな話を後ろで何食わぬ顔をしてベースを抱きながら聞いている
ウエノさんを見て、そのギャップに思わず笑いそうになってしまった。
しかもその流れで「Walking Like A Man」とか何ですか(笑)
変なテンションなのは自覚してたみたいで、落ち着けてから曲に行ってた。

さっきとはまるで別の場所にいるような静けさに包まれる。
囁くような歌声と、必要最小限の音色だけが作り上げる異次元の空間。
ビジョンにサンプラーを操る細美さんが大写しになる。
あのワープしそうになる感覚はハイエイタスのライブでしか体感できない。
ライブは生き物で二度と同じものはないんだってこの曲を聴くと特に思う。

細美さん「うけるといいなと思ってた曲がうけると嬉しいね。
今年もいっぱい感謝したい人達がいます。支えてくれたスタッフの方達にも
感謝しています。今年もRADIO CRAZYに呼んで下さってありがとうございます」

ラフなセッションから流れるように「The Flare」。
何度聴いても、聴く度に違う表情を見せてくれる不思議な曲。
細美さんがフロアを指差してたのってこの曲だったっけな。
2番のサビのリズムが四つ打ちっぽくなってたのがまたテンション上がった。
「キーボード・伊澤一葉!」って紹介された伊澤さんの鍵盤も素敵だったなぁ。

曲終わりの拍手がそのままハンドクラップに変わる。「ベテルギウスの灯」。
ハンドクラップが広がっていく様子を細美さんが嬉しそうに見つめる。
それでもまだ「来い!来い!」って煽られて、叩く手にも力がこもる。

「Twisted Maple Trees」を聴いてライブが終盤だって事に気付いた。
この曲の始めは恒例のウエノさんのベース抱きタイム。
細美さんが見えなかったからずっとベースを抱いてるウエノさんを見てた。
5人が5人とも全力でぶつかり合って、重なった音が大きくうねる。
柏倉さんが目をギュッと閉じ、口を大きく開けて渾身のドラムを響かせる。
最後のmasaさんの穏やかなギターでやっと我に返るぐらい引き込まれた。

ラストに演奏されたのは「Insomnia」。重い歌詞だけど、少しも悲壮感はない。
JAPANのインタビューで言われたように、この曲の細美さんは誰よりも開放されてる。
がっしりとマイクを両手で掴んで、ありったけの声で歌い、叫んでる。

細美さん「ハイエイタスでした!ありがとうございました!」

オーディエンスに拍手を贈って、組んだ掌を振って労う細美さん。
最後は深々とゆっくりお辞儀をしてステージを後にしていました。

↓はライブ後にアップされた細美さんのブログ。
同じ時間を、同じ気持ちを共有できた事が何より嬉しかった。

-------------------------------------------------

大阪→幕張!
TAKESHI HOSOMI (December 31, 2010 3:31 AM)

今日のRADIO CRAZY、ほんっとーに楽しかった!!!
みんなありがとう!!!
明日は今年最後のライブ!
やったるぞおおおおおお!!
おやすみなさい!

-------------------------------------------------
[PR]



by pochi-17 | 2011-01-06 23:45 | Live | Trackback | Comments(6)

RADIO CRAZYレポ@2010.12.30 ◆andymori

◆R-STAGE 17:20- andymori◆

セットリスト

革命
FOLLOW ME
ベンガルトラとウィスキー
Transit in Thailand
1984
楽園
僕が白人だったら
CITY LIGHTS
everything is my guitar
新曲


メンバーの脱退と加入を経て生まれ変わったandymoriの関西初ライブ。
ワンオクが終わるまでにRに移動して、お客さんがはけるのを見計らってそそくさ前へ。
何が何でも今日は前で観たい!って思ってたから最前の柵にかじりつく。
いつもは後藤さん側で観てたけど、初めて藤原さん側に行ってみた。
ドラムがステージ中央の奥にセッティングされるのを見て、ちょっと切なくなる。

機材が入れ替わってスタッフさんが慌しく動き回る中、サウンドチェックの為
メンバーがステージに現れる。そういえば去年もこうだったって思い出した。
小山田さんは黒パーカに白いTシャツ。藤原さんは白いTシャツにグリーンのカーデ。
新メンバーの岡山さんは黄色いTシャツ。どことなく甲本ヒロトさんに似てる気がする。
ギターを肩からかけた小山田さんが体に馴染ませるように小さくジャンプしてる。
Lに比べてRステージは暖房が効いてなかったから、藤原さんが寒そうにしてた・・・
そう言えば藤原さんが蒸しタオルでベースの弦を拭いてたけど何の効果があるのかな。

チューニングやセッティングが進む中、マイクテストをする小山田さん。
「ツェ、ツェ、レディオクレイジー、レディオクレイジー」って。こういうの嬉しいな。
1984のイントロとかeverything is my guitarのフレーズも弾いてたっけ。

サウンドチェックとリハを兼ねた演奏がおもむろに始まる。まだ心の準備が!
新生andymoriの音として初めて耳に飛び込んできたのは「ハッピーエンド」。
ズドン、ズドン、と体の芯、お腹の底までずっしりと響くドラムの音。

ハッピーエンドは“夕暮れの井の頭公園で”の所でOKが出て終わっちゃった。
次に演奏されたのが「僕がハクビシンだったら」でひゃー!って思ったけど、
まだこれはサウンドチェックだから大人しくしてた。本編で聴きたかったな・・・
「また後で出てきます」と小山田さんが言い残してステージを後にする3人。

しばらくしてクレイジーマンのSEの後、いつものThe End of the Worldが流れる。
拍手に迎えられて登場したメンバーがそれぞれ定位置につく。
小山田さんがSE下げて、という風にスタッフさんに合図を送る。

最初に演奏されたのはMUSIC FREAKSの初回で弾き語りをしていた「革命」。
この曲ほんと大好きで何回も何回も聴いてたから一緒に口パクで歌ってしまった。

「FOLLOW ME」はライブでは必ず演奏される曲だけど、初めて聴くみたいだった。
岡山さんの叩くドラムはシンプルで力強くて男っぽい。
どんどん加速していく様に「行け!行け!」って無意識のうちに
心の中でメンバーの背中を押したがってる自分に気付いた。

「ベンガルトラとウィスキー」今年もやってくれて嬉しかったなぁ。
去年RADIO CRAZYでこの曲を聴いた事が全ての始まりだったから。
駆けていくように、転がるように、たまに息を整えながらライブが進む。

「Transit in Thailand」は高速ビートとジャキジャキしたギターの絡みが痺れる。
リズムに揺られるのが楽しくて、頭の中が空っぽになっていく。

曲が終わって「ありがとう」と小山田さん。
この“ありがとう”のイントネーションが大阪弁っぽくて和んだ。

小山田さん「今年は色んな事があって・・・ドラムの脱退とか・・・秋からは
802でラジオも始まりました。大阪は庭みたいなもんです」って。
「新メンバー、岡山健二!」と振るも、マイクがオフになってて喋れず(笑)


「1984」で陽が落ちる直前みたいなオレンジ色の灯に照らされるステージ。
今までと同じように、でも今までとは違う3人の声が重なる。
目を閉じて聴きたいな、とも思ったけど目に焼き付けたい気持ちが勝って
じっと三人の姿を見てた。見てるうちに色々込み上げてきてしまう。

「楽園」はアッパーな曲に生まれ変わっててびっくりした。カッコよかった!
ドラムの前に集まって息を合わせて熱のこもった演奏が繰り広げられる。

「僕が白人だったら」は聴けないと思ってたからテンション上がった。
多分、相当ニヤついて気持ち悪かったと思う・・・ごめんなさい。自覚してます・・・
だってスリリングでベースがブリブリしててほんとにカッコ良かったんだもん!

「CITY LIGHTS」は最初の一音だけで空気が変わるのが分かった。
ピースサインと笑顔で埋め尽くされるフロアはいつ見ても最高にハッピー。

「everything is my guitar」ラストスパートに突入しても最後まで全力疾走。
何かもう、楽しすぎて頭ぐらぐらしててあんまりステージ観てなかった気がする・・・

ラストは意外にも聴いた事のない、まっさらなミディアムテンポの新曲でした。
音符と音符の間を自在に行き来するような、小山田さんの独特な歌い方がはまってた。
歌い始めの「大丈夫ですよ」って言葉がやさしくて、心の中にするすると入ってきた。
サビは「なんにも考えなくていい 投げキッスをあげるよ」って歌詞だったけど、
投げキッスって単語、久々に聞いた。でもそれをごく自然に歌えるってすごいなぁ。


演奏を終えて袖へはけていくメンバー。
迷ったけど、来て良かった。やっぱり来るべきだったと思えたライブだった。

andymoriの音楽はいつだって否定せずに、固くなってしまった心を
やさしく解きほぐしてくれる。代わりのいない、とても大切な存在なのです。

今までみたいに一直線ではなく三角形に3人が並んでいるのを見て、
少し寂しくもなったりもしたけど、まだまだ旅は始まったばかり。

新曲から始まって新曲で終わるという「これから」を感じさせるライブに、
前を向いて歩き続ける事の大切さを教えてもらいました。
[PR]



by pochi-17 | 2011-01-05 23:48 | Live | Trackback | Comments(0)

RADIO CRAZYレポ@2010.12.30 ◆チャットモンチー

12月30日、インテックス大阪であったRADIO CRAZYに行ってきました。
2年目となるこのイベント、去年参加して楽しかったので今年も行っちゃいました。

開場の20分前ぐらいに着いたらすでに人・人・人のものすごい行列が。
取り出すのに時間のかかるクロークに預けたくなかったから、並びながら
ロッカー空いてますようにロッカー空いてますようにって心の中でお祈り。
無事ロッカーも空いてたので荷物を入れてLステージへ移動。

ちなみに今年はこういう感じで動いてみました。全部はレポできないので少しだけ。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

◆L-STAGE 12:20- チャットモンチー(全曲)
◆L-STAGE 14:40- MO’SOME TONEBENDER(全曲)
◆L-STAGE 15:50- THE BAWDIES(8割ぐらい)
◆R-STAGE 16:10- ONE OK ROCK(ラスト2曲)
◆R-STAGE 17:20- andymori(全曲)
◆R-STAGE 18:30- MONOBRIGHT(最初の2曲)
◆L-STAGE 18:10- SOUL FLOWER UNION(ラスト1曲)
◆L-STAGE 19:20- the HIATUS(全曲)
◆R-STAGE 19:40- サンボマスター(ラスト2曲)
◆R-STAGE 20:50- サカナクション(全曲)

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

◆L-STAGE 12:20- チャットモンチー◆

セットリスト

1,青春の一番札所
2,親知らず
3,Last Love Letter
4,ここだけの話
5,染まるよ
6,シャングリラ
7,風吹けば恋
8,少年のジャンプ(新曲)


ずーっとライブを観てみたかったチャットモンチー。
厳密に言えば08年の京都大作戦にも出てたけど、
遠すぎて観たと言える感じでもなかったので念願叶ってようやく観れた!
早めに入ったので人もまだ少なめで、あっこちゃん側の3列目に。
クレイジーマンのSEが流れていよいよライブがスタート。

「こんにちは。チャットモンチーです。」
えっちゃんが発したひと言に一瞬で心を持ってかれた。かわいすぎる。

衣装はえっちゃんがシルバーのスパンコールがついた黒Tシャツ、
あっこちゃんはスノー柄のニットにカーゴっぽいスカートにブーツ。
ベースにはドット柄のストラップ。クミコンはサッカー選手みたいに
おでこにヘアバンド巻いてたのしか覚えてない・・・

まずは「青春の一番札所」でゆるりと始まって、郷土愛を感じる。

続いて演奏されたのが「親知らず」。親知らすはチャットモンチーの中でも
いちばん好きな曲だったのであの場所で聴けてほんと嬉しかった。
2曲目にして不覚にも何度も鼻の奥がつーんとしちゃった。

「Last Love Letter」はイントロ終わりのくみこんのカウントが素敵。
ドラム台に登ってベースを弾くあっこちゃんも最高にカッコいい。
そんなリズム隊を後ろから煽るようなえっちゃんのギターにも痺れた。
でも、なぜかサビでもないよく分からないタイミングで流されて萎えた・・・

あっこちゃん「今年を振り返ってみると始めにバンドとして初めての
アメリカツアーがあり、その後にシングルのカップリングしかやらない
ツアーをやったんですけど、カップリングの曲でも本気で演奏すれば
ちゃんと盛り上がってくれるっていうのが分かったし、
あと秋には徳島でレコーディングしたミニアルバムが出ました。
実家から通いながら作ったんですけど、絵理子のお母さんが手料理作ってくれて。
でも久美子は愛媛出身だから、一人マンスリーレオパレスに住んで
レンタカー借りてスタジオまで通ってたんだよね(笑)」

「ここだけの話」は素朴なイメージとは裏腹に曲が進むにつれて
アンサンブルがどんどんがっしりしてきて、やわらかいようでいて
実は芯がしっかりしているチャットモンチーの特徴がよく出てる曲でした。

ほのかな灯の下での「染まるよ」はゆらゆらと穏やかに揺れながら聴いた。
ふっと消えてしまいそうな、えっちゃんの甘くて儚い声が曲によく合う。

あっこちゃんがクミコンに話を振って、なぜか謎かけコーナーが始まる(笑)
「2011年の大阪とかけまして!忘年会に欠かせない人と説きます!」

みんな「その心は!」

「めっちゃいいかんじ!」

おぉ~(パチパチパチ)

クミコン「あ!大阪弁ぽく言えば良かった(笑)でも二回言うのはやめておきます。
いつも二回言ってだだすべりになるパターンを散々経験してきたので(笑)」

ラストスパートに突入して、お待ちかねの「シャングリラ」きたー!
カウント2の時にピースサインからちらっと覗くあっこちゃん可愛かったー。
もうこの辺から相当な盛り上がりで、ラスト3曲はあんまり覚えてない。
完全になめてた・・・チャットモンチー・・・意外と激しいのね。

「今日は2010年最後のライブという事なので、来年のチャットモンチーは
こんな風になるよっていうところを少しお見せしたいと思います」とあっこちゃん。

その言葉どおり、最後に演奏された新曲はアッパーでどこまでも気持ちいい曲。
過去の自分と今の自分を客観的に見つめているような歌詞も印象的でした。

「いつもこういうフェスは緊張してたけど、やっとできるようになった」って
照れながらぽつりと呟くえっちゃんが可愛かったなぁ。

チャットモンチー、カッコよかった。また観たい!
[PR]



by pochi-17 | 2011-01-04 23:40 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

2017.9.22 Cryp..
at 2017-09-30 16:45
2017.7.8 髭@恵比寿..
at 2017-07-21 22:12
2017.7.1 髭「すげー..
at 2017-07-06 22:30

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧