タグ:Ropes ( 3 ) タグの人気記事




2016.10.17 LOSTAGE/Ropes "其処ニ共鳴ル"@梅田クラブクアトロ

10月17日、梅田クラブクアトロであったLOSTAGEとRopesの
ライブ、其処ニ共鳴ルに行ってきました。

10日のthe HIATUS@ビルボードも行ったんですが、
箝口令が発令中なのでまた何か書ける時が来たら…ね。

++++++

Ropesのライブが関西であるだけで嬉しいのに、その日は
自分の誕生日。スケジュール見た時偶然にびっくりした。
しかもチケット取ったら整理番号が一桁…。
せっかくだから観たい場所で観ようと思って、
アチコさんと戸高さんのちょうど真ん中辺りで観た。

会場に入るとDAWAさんによるDJが始まっていて、
かっこいい曲が次々と流れていて、
ロイクソップの「Remind Me」
Tunngの「Bullets [Max Tundra Remix]」
Skylar Spenceの「Fiona Coyne」
などなど。開演直前にちらっとWeezerの
Say It Ain't Soのイントロが流れてたのが気になった。

++++++

10分押しぐらいでライブがスタート。
先行はRopes。

アチコさんは紺(黒?)のTシャツみたいな形のさらっとした
ラメ入りのトップス、ボーイッシュなデニム、白のスニーカー。
左手にきらきらのピンキーリング。

戸高さんは黒のスウェット(裾ジッパーで袖の後ろ側に文字入り)
黒の膝下丈のサルエルにグッズの靴下、黒のスニーカーといういでたち。
ギターは全曲で黒のSago Custom Modelを使ってた。

当たり前だけど最前だと近くてドキドキする。
戸高さんがギターを鳴らしてアチコさんが歌い始めた瞬間、
すーっとステージに惹きこまれていった。
SLOWのゆったりとした曲調にアチコさんの無垢な声。
優しく穏やか、やわらかなギターの音が心地いい。

続いてパノラマ。アイコンタクトを交わしながら音を紡ぐ
ふたりの間を流れる繊細な空気感がとてもとても素敵で、
まだ2曲目なのに思わず泣きそうになった。

アチコさん「はじめまして、Ropesです」

この日はアチコさんとトディさんに加えて
タブラ(&パーカッション)奏者のASA-CHANGさん、
スティールパン奏者のトンチさんを迎えて4人編成での
ライブでもあって、さっそくアチコさんが2人を呼び込む。

Driveの曲中、お客さんの手拍子に乗ってアチコさんがメンバー紹介。
自分を紹介した後、服の裾をつまんでお辞儀しててかわいかった。
いつもはエフェクターで1番のフレーズをループさせて2番は
別のフレーズを弾いてたけどこの日は2番もループさせずに弾いてた。
曲の終わり際、じりじりと戸高さんにいたずらっぽくにじり寄る
アチコさん。真剣にギターを弾きながらもつい笑う戸高さん。

アチコさん「いちばん難しい、来てほしくない時にね。
トディは喋らなくていいの?」

戸高さん「…こんばんは、今日はクアトロの素敵な
催しに呼んでいただいてありがとうございます」

Last Dayはより軽やかでジャズワルツのように変身してた。
サビ前でドラムのリズムに合わせてつま先でリズムを刻むアチコさん。
歌詞に雨粒って出てくる所のスティールパンの音色が
ころころと転がる雨粒みたいなイメージが膨らんでわくわくした。
この曲は特に、アチコさんの声の魅力が存分に発揮されていて、
音源も大好きだけどライブで聴く度にもっともっと好きになる曲。

いちばんがらっと曲の雰囲気が変わっていたのがusurebi。
跳ねるリズムギターがほんのりファンクでかっこ良かった。
戸高さんが弾くギターには色んな表情があって、
最後の一音まで目も耳も離せなくなる。

アチコさん「汗なんかかいちゃって。暑くなってきた。
五味くんほどではないけど(笑)五味くんはいつも一曲目から
すごいですよね。大阪着いたら蒸し暑くて。
最近涼しくなってきましたが自動販売機、私は缶コーヒーが好きで、
その中でもダイドーのデミタスコーヒーが好きで10年以上
デミタスコーヒーを飲んでいて、そろそろ
あったか~いに切り替わる頃かな…と思っていつも
見てるんですけど、まだつめたーいのままで。
今日は浮き沈みが激しいんですけど、秋の歌を」

話してる後ろでさらっとアルペジオみたいにイントロを
思い起こさせるフレーズを弾く戸高さん。Quiet。
この曲もドラムが入る事で音の輪郭がシャープになってた。
夕陽が沈む頃を思わせる照明と透明なギターの音色、
アチコさんの歌声はどれも言い表せないほど美しかった。

アチコさん「私はインターネットとかSNSをよく見るんですけど、
YouTubeに上がってるASA-CHANGの動画が好きで」

ASA-CHANGさん「あれはいいやつ!ちょっと告知してもいいですか?
今度ASA-CHANG&巡礼で関西で久しぶりにライブがあるので
もし良かったら来て下さい。さっきクアトロにあった誰かのポスターの
裏を使ってライブの詳細を書いたので見てください。慌てて書いたので
誤字脱字がひどくて、多分ぴあのコードも間違ってると思います(笑)」

アチコさん「ASA-CHANG&巡礼には在日ファンクの
後関くんもいるので、皆さんぜひ」

アチコさん「今回初めてRopesの物販で靴下を作りました。
ちゃんとボディから作って、女性用は普段24cmぐらいの
靴下を履いてる人ぐらいのサイズで。大きい?
縮むから大丈夫!乾燥機とか入れれば縮むから(笑)
カットユアロープスって書いてあって…決まった!って。
靴下ヴァージンを捨てました。今日はフーディも持って来ていて、
前にメンバーとスタッフ用に作ってて、販売しないんですか?って
言われてたんだけど時期的に今作ってもすぐ暖かくなっちゃうしと
思っていて、今回それもやっと作りました」

アチコさん「今日のために五味くんがポスターを描いてくれて、
それのシルクスクリーンもあるので良かったら。
LOSTAGEは骸骨で、Ropesはガスマスクしてる女性の絵で、
腕の所に刺青が入っててかっこいいよね」

戸高さん「アチコと同じだ」
(アチコさん無言で笑う)

戸高さん「みんな信じちゃった(笑)」

アチコさん「最近トディが優しいんだよね。歳も取ってきたし
あんまりいじめたらかわいそうかなと思って」

おもむろに立ち上がる戸高さん。
アチコさん「トディが立った…!」
戸高さん「ずっと座ってたら腰痛くなってきて」

アチコさん「今日はあと2曲なんですけど、dialogueという曲を聴いて下さい」

dialogueはバスドラのキックのビートで展開されていて、
明るくてうきうきする、ポップな感じになってた。
笑顔で歌うアチコさんを見てると幸せな気持ちになる。
Ropesのライブで感じる多幸感はここから来ているのかも。

演奏が終わってすっと座る戸高さん。
アチコさん「トディが座った…!」
戸高さん「暑くなったから」

最後はチューリップ。歌詞を連想させる薄桃色の照明。
この曲はアチコさんの歌に全部持っていかれた。
最後の戸高さんのギターも絶妙なタイミングで、
このままずっと聴いていられたらいいのになって。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。
アチコさんがもう一度最後にメンバー紹介をしたんだけど
トンチさんが先に帰ってしまっていて、トンチ!トンチ!って
呼んでもう一回トンチさんが慌てて出てくるという。
そういう所の雰囲気も含めて素敵なライブだったな。

いつものRopesの繊細さや心が浄化されるような美しさに、
遊び心とかっこ良さがプラスされた4人のRopes。
ステージに腰かけて歌うアチコさんもとびきりキュートだったな。


LOSTAGE x Ropes 其処ニ共鳴ル
2016.10.17 UMEDA CLUB QUATTRO
Ropesセットリスト

1.SLOW
2.パノラマ
3.Drive
4.Last Day
5.usurebi
6.Quiet
7.dialogue
8.チューリップ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ライブが終わってすぐにステージ転換。メンバー自ら撤収作業。
その間もDAWAさんによるDJ。
15分ぐらいして転換が終わってLOSTAGEのライブ。
こちらもメンバー自らセッティングしてたから一旦は
そのままライブを始めようとしたんだけど、
五味さんが「やっぱり一回はけます!」って。
セトリがないので順不同でざっくりと。

LOSTAGEは去年の大忘年会で観た以来だったけど、
一曲目のSurrenderから音の迫力がすごくて圧倒された。

手紙の熱のこもった演奏とパフォーマンス、
3人の呼吸とバランスにぐっときた母乳、
心の影の部分をそっとなぞるような深夜放送、
GEZANとのスプリット盤の曲と、新曲2曲も聴かせてくれた。

ひとつ目の新曲、ベース始まりの曲だったんだけど拓人さんが
ギターのチューニングを間違えて演奏ストップして、
チューニング待ちの時間があって、岳久さんが
「どっかでもこんな事あったな。今度間違えたらクビやで」って。笑

MCで岳久さんが沢山喋ってたけど、中でも印象に残ってる話がいくつかあって。

「クアトロは音がいいですね。みんなiPodでばっかり聴いてるから
耳がバカになってるかもしれませんが。吊ってあるものも
ネバーランドの10倍ぐらい金かかってるんじゃないですか?
(お客さん「あれはあれでいい!」)まあそうやな。
クアトロって言ったら週末なんかは今でも第一線の人達がやるような所で、
大阪には色んなライブハウスがあるけどクアトロが心斎橋にあった頃は
クアトロでライブをやるのがバンドマンのひとつの夢というか目標だったけど
今は土地柄なのか何なのか分かりませんけど、そうじゃなくなってきてる気がして」

拓人さんが横から喋ろうとして岳久さんがお前、今から悪口言おうとしてるやろって。
(昔心斎橋のクアトロで外国のバンドのオープニングアクトをやった時、
そのバンドのメンバーが心斎橋でギャルみたいな女の子引っ掛けて連れてきたという話)

岳久さん「この間僕らの機材車がダメになってしまったんですけど、
(お客さん「名古屋ー?」)先に言うな(笑)名古屋にライブで向かってる途中で
スリップして中央分離帯にぶつかって車見てもらったらもうダメですって言われて。
だから今日はレンタカーで来たんですけど。ハイエース探してたら
中古でも150万ぐらいするんですよ。150万もないじゃないですか、
ある訳ないじゃないですか、こんなバンドマンのところに150万なんて金が」

「最近流行りのクラウドファンディング?あれも怪しいなと思ってて。
最近どこかのライブハウスもやりましたね。ちゃんとした所に
お金が使われてるならいいですけどグレーじゃないですか。
それでアチコさんが今日のライブにTHROAT RECORDSに置いてある
Ropesの音源全部持ってきて、それが売れたら全部そのお金は
五味くんが使ってくれていいよって言ってくれたんですけど、
それはできないしそのお金はちゃんと作った人の所に行くべきだと思うし。
だからじゃないですけど、今日のライブのポスターをシルクスクリーンで
刷ってそれを持って来たんで良かったら買ってください」

「月曜から集まって頂いてありがとうございます。
こんなに来てくれると思ってませんでした。
みんな仕事とか学校とかあると思いますけど
今日のライブが糧になってくれたら嬉しいです。
いつかは休日のクアトロ完売できるようになりたいと思います」

バンド結成15年のLOSTAGEだからこそなのか、
紆余曲折ありながらも音楽を続けている五味さんの
MCを聞いてるとじーんとしてしまった。

顔をくしゃくしゃにして叫ぶように歌う岳久さんも、
拓人さんの男っぽいギターのフレーズも、
髪を振り乱してドラムを一心不乱に叩く岩城さんも、
何より本当にライブがかっこ良くて、いいバンドだなあって。
ライブの後半、袖からアチコさんが覗いてるのが見えた。

岳久さん「SNSとかでも言ってたんで知ってる人もいると思いますが、
アンコールはRopesとセッションします。
一旦はけるんで、出て来た時はどうするか分かってますよね?」

++++++

LOSTAGEのセットにASA-CHANGさん、トンチさん、Ropesの2人が加わり
予告通り、ラストは全員によるセッション。
この日だけの共演に大きな拍手が起こる。

缶ビールを片手に出てきたアチコさん、手がビールで濡れたのか
匂いを嗅いでパンツで拭いてたのがかわいかった。笑

岳久さん「FLAKE RECORDSのイベントでLOSTAGEとかくるりでやった時に
アチコもいて、また何かできたらって言ってたのが実現しました」

アチコさん「クアトロヴァージンです」

セッションする曲はそれぞれ1曲ずつ、RopesからはSNOW。
1番はアチコさんが歌って、2番は五味さんが歌ってたんだけど、
五味さんが歌詞をガン見しながら歌うから笑ってしまった。
拓人さんが割とゆったりしたトーンでギターを弾いてて
戸高さんが細かいフレーズを弾いてた。
楽しい気持ちで聴いてたけど最後のところの
"ひとりにしないで 夢よ終わらないで"はリアルに響いたな。。

岳久さん「元気出ると思います」とLOSTAGEからはNEVER LAND。
ライブの締めにふさわしい、みんなが笑顔になれる曲。
ドラムの岩城さんとアイコンタクトを取りながらギターを弾く戸高さん。
目の前に広がる光景が幸せすぎて目が二つじゃ足りない!って思った。

温かい空気に包まれてライブが終了。気付いたら22時20分を過ぎてた。
ぼーっと余韻に浸ってたらすぐ片付けに出てきた戸高さんを横目に
フロアを出たらグッズの列がすごい事になってて。
電車の時間も気になったけど何か買いたかったから並んで、
アチコさんから直接ラス1のトートをGET(でも緊張で話せなかった)。
戸高さんも途中から物販にいて、フーディ買う人にサイズのアドバイスしてた。
おしゃれだからさすがにアドバイスが的確だったな。
最終的にはASA-CHANGさんも物販に加わってお客さんをさばいてた。

次はいつRopesのライブ観れるかな、今年も大忘年会来てほしいなあ。
4人編成のRopesもとても素敵だったからまたライブ観たい!!
[PR]



by pochi-17 | 2016-10-22 00:01 | Live | Trackback | Comments(0)

2016.2.27 “Keishi Tanaka × Ropes”@奈良カナカナ

スコットさん弾き語りのレポ書きかけてたのに先に書いてしまった。

2月27日奈良町にあるカフェ、カナカナであったKeishi Tanaka×Ropesの
スプリットツアーの奈良公演に行ってきました。
この日のゲストはLOSTAGEの五味岳久さん。

開場10分前ぐらいに着いたらまだリハが終わってなかったみたいで、
五味さんの歌が外に聴こえていて、地図を見るまでもなく場所が分かった。
カナカナは路地裏にひっそりと佇む町屋を改装したカフェで、
土間と畳のスペースになっていて、演奏スペースも畳だった。
一段高くなった畳スペースの下手端っこに着席。
開演前も普通に出演者の皆さんがその辺りを行き来してた。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

まず最初に登場したのはLOSTAGEの五味岳久さん。
アコースティックギターの弾き語りなのが新鮮。
五味さんの声ってやわらかくて温かさも冷たさもあって独特だなあって思う。
なんとなんと、Ropesのカバーやりますってパノラマ歌ってくれた。
…なんだけど、歌い始めでいきなり間違えてその場が和んだ。
五味さんが歌うパノラマ、ちゃんと五味さんの歌になってたなあ。
1オクターブ下げて歌ってて、ほんのり哀愁が漂っててよかった。
Flowersはバンドアレンジも弾き語りもどっちもいいな。

「俺が奈良でばっかりライブとかやっててええんかな、一旦外に出て
持って帰ってくる方がええんちゃうかなって最近思ってて。でもやり続けます」と。

「さっき来たばっかりやねんけど、予約のリスト…皆電話したん?メール?メールか。
そのリスト見たら99%女性の名前やって。ひとりぐらい男の人の名前やったかな」って。
そしたらステージ横の控室にいたKeishiさんと戸高さんが曇りガラスの上に
身を乗り出すようにしてふたりで客席を覗き込んでた。男子中学生みたい。笑

「RopesのdialogueはTHROAT RECORDSからリリースしているんですが、
完売していたLPも追加分が入って今日持ってきてるので是非」

夏にGEZANとのスプリット7インチをリリースするそうで、
お互い「青」をテーマにした曲を作っているらしく、その新曲もひと足早く。
「My Favorite Blue」というその曲がすごく良かったからまた聴きたい。

スプリット盤の話をしてる時、お客さんの反応の薄さを感じ取ったのか、
「GEZAN知ってる?知らないよね、山を下りる下山って書くんだけど。
この話みんな興味ないね」って。私はもうちょっと聞きたかったんだけどその話…笑
最後はNAGISA。この曲の歌詞の世界観いいなあって。


***


ライブが終わって転換。戸高さん自ら機材をセッティングして2番手はRopes。
そろそろ始まるかな?っていうタイミングでアチコさんがいなかったから
五味さんが「相方どこ行った?」って。笑
声が後ろから聞こえるから振り向いたら知らない間に五味さんがいてびっくり。

アチコさんもステージに現れて、BGMに合わせて即興でスキャットを歌い出す。
顔は完全に笑わせにかかってるんだけどスキャットはめちゃくちゃ素敵で、
ギャップがすごかった。しょっぱなからアチコさんのキュートさにやられた。

この日はアチコさんも戸高さんも黒い衣装で、
アチコさんの前髪ピン留めしてたのかわいかった。
戸高さんは左手に大作戦の白のラババン着けてた。
ライブ直前に至近距離から戸高さんを激写するアチコさん。

アチコさんが「お水頂けますか?」って言ったらお店の方がお盆に乗せて
運んでこられて、それを正座して戸高さんにそっとお上品に差し出すアチコさん。

ライブはパノラマから。本物見したって!と五味さん。笑
一音目からすっと音の世界に惹き込まれる。
戸高さんが爪弾くギターの透明な音色とアチコさんのふわりと儚げな歌声。

アチコさん「この頃どんどん自分の中で性別がなくなってきてると思っていて…
神戸から移動してくる時は気をつけてたんですけど、みんなキラキラしてて羨ましいです」

Driveを歌う前、アチコさんが「この建物をひとつの乗り物だと思って…」って言ったら
戸高さんが「無理だろ」って容赦なくばっさり。笑
子供も来てたから「小さい子は乗り物好きだもんね」ってアチコさん。
「今日散歩しましたか?その時に見た景色や窓の外を流れる景色を想像しながら聴いて下さい」
流れるようなDriveのイントロ。ふくよかで包容力のある歌声が心地いい。
身を乗り出して歌うアチコさんの歌声は曲ごとに色んな表情を見せてくれる。
1番のフレーズをループさせて2番で違うフレーズを重ねる、職人みたいな戸高さんのギター。
黒のジャズマスターを弾く足元にはたくさんのエフェクターが。
最後のランランラン♪のところ、アチコさんが先導してみんなで歌った。

Quietはリズムトラックを流しながらの演奏。イントロのフレーズの刺すような冷たさと
悲しみを内に秘めたような歌声に心を奪われた。

アチコさん「今日でツアーも6本目で、折り返しを奈良で迎えることができて嬉しいです。
Ropesは奈良で五味くんがやってるTHROAT RECORDSから
レコードを出している事もあって何度か来ているんですけど。
今回のツアーでは先攻と後攻を交互にやってるんですが、
今日はRopesが先攻で良かったです。後攻だと…ね」
…と言いながらそっとお腹をさするアチコさん。
「時間通り進んでますか?」と控室のふたりに尋ねる。

「エモい曲を」とメトロ。アイコンタクトを交わしながら曲を織りなすふたりの間に流れる
空気感がたまらなく素敵で、それを見ているだけで幸せな気持ちになる。
それと同時に心の奥のほうまですっと入ってきてたまらなくなって涙をぐっとこらえた。

今日も今日とて、とアチコさんがメンバー紹介。
戸高さんもアチコさんもヒューヒュー歓声が上がって笑顔。

アチコさんは以前、下北沢のライブハウスで観たバンドがマイクスタンドを荒っぽく
動かしてまっすぐにして帰って行ったのを見てやってみたい!と思ったんだけど、
いつもマイクスタンドを使いこなせず、お客さんが見えない!ってなるんだそう。笑

「今日はこの曲をKeishiくんと一緒に歌いたいと思います」とアチコさんが紹介して
KeishiさんがRopesのライブに飛び入り。
歌詞が分からないKeishiさんはスマホ持参で。

アチコさんが「良かったら水でも…」ってKeishiさんに勧めたら
「それだとアチコさんと間接キスになっちゃうんで」って。笑

コラボ曲はdialogue。会場も沸いて、いつもとはひと味違う雰囲気に。
アチコさんが前で立って歌ってる隙に後ろの椅子に座るKeishiさん。笑

Keishiさん「アチコさんがすごい見てくる(笑)」
アチコさん「トディも嫌がるもんね」
(無言でこくこくと頷く戸高さん)
アチコさん「今日は今までにない、ひょうきんなdialogueになったと思います」

またふたりのRopesに戻って見えない窓。
深いリバーブがかかった低音のギターの音色が幻想的で、
そこに乗るアチコさんの澄んだ歌声の艶やかさが際立ってた。

聴きたかった大好きなLast Day、ライブで聴いてもっと大好きになった。
サビ前の一瞬の間の後、アチコさんがとんとんとん、って床を3回踏み鳴らして
それを合図に戸高さんがギターを弾き始めるのが素敵だなあって。
ギターとボーカルだけなのに、こんなに美しい風景を描けるなんて。
会場いっぱいに多幸感が満ちていて、うっかり涙がこぼれそうになった。

アチコさん「最後の曲はチューリップという曲なんですけど、
チューリップの生態を調べたらチューリップっていうのは夜閉じて朝開く、
その度に大きくなっていくって書いてあって。皆さんもぜひ調べてみて下さい」

ラストはチューリップ。ギターの音の重なりがどんどん増していって迫ってくるよう。
前後左右、音の渦の中にすっぽりと入りこんだような不思議な感覚だった。
戸高さんのギターも、アチコさんの歌声も、どこまでも優しくて温かかった。

戸高さん自身も話していたけどMONOEYESの時とは全然違う、
だけどMONOEYESとRopes、それぞれの世界観を引き出す
ギターの存在感はいつも心を奪われる。
アチコさんの歌声は尊くて手の届かない、触れられないと感じたり、
かと思えばすぐそばで歌ってくれているように感じたり不思議だ。
そして何より、ふたりが醸す空気感がたまらなく好き。

演奏を終えてステージを後にするふたり。
戸高さんは最後に客席に向かって手を合わせてぺこりとお辞儀。
THROAT大忘年会の後、ずっと毎日のようにRopesばかり聴いてたから、
ほんとうに至福のひと時だった…。もっと聴きたい曲があるからまたライブ観たいな。

セットリストは多分こんな感じ(間違ってたらごめんなさい)

パノラマ
Drive
Quiet
メトロ
dialogue
見えない窓
Last Day
チューリップ


***

この日のトリを務めたのはKeishiさん。

「五味さんとRopesが作ってくれた空気を壊さないように頑張ります」って。

最初は座って歌ってたけど「僕にはまだ座って歌うのは早かったみたいです、
一曲と少ししか持ちませんでした」って立って歌うスタイルに変更。笑
お腹の底から声を出してる感じが気持ちいいKeishiさんの歌声。
この日は「半袖のニットっていう、暑いのか寒いのか分からない格好」。
シンプルな服でもさらっと着こなしててモデルさんみたいに顔がちっちゃかった。。

「今回のツアーはRopesのdialogueと僕のHello, New Kicksのリリースツアーなんですが、
40何個あるんだっけ都道府県。その中で奈良だけ今までライブをやった事がなくて。
奈良でもしライブをやるんだったら五味さんと一緒にやりたいっていうのがずっとあって、
何年か前から話はあったんですけど、やっとそれが実現できて嬉しいです。
ライブハウスじゃなく、僕が思う奈良のイメージにぴったりな場所で演奏できて嬉しいです。
僕が言う事じゃないですが、僕の事もRopesの事も五味さんの事もこれからもよろしくお願いします」

ライブ中、何度も笑顔で五味さんと一緒にやれて嬉しいって話してた。
こんな素敵なライブを地元で観れるのも五味さんのお陰です。感謝。

「皆さん五味アイコンって知ってますか?僕もTwitterで五味アイコンを使ってるんですけど…
奈良の人はみんな知ってると思いますが。こんな偉そうに言うことじゃないですけど(笑)」と。
奈良の終電の時間をお客さんに聞いて、あと2時間ぐらいは大丈夫ですね!って。
奈良から他府県の終電の時間が思ったより早かった。隠しきれない田舎感。笑

「この間、打ち上げのお店を探してる時にアチコさんが『これがツアーの夜だね!』って…
(肩を揺らしながら意気揚々と歩く真似)これはイメージですけど(笑)
トディとは同い年で前から仲は良かったんだけど、一緒にツアー廻るようになって
打ち上げとかでご飯を食べてる時、表情だけでこのお肉は美味しいんだなって
いうのが分かるようになりました。鶏皮が好きなんだなとか(笑)」

「アチコさん何も大事な事喋ってない。物販の紹介した?今回のグッズは
いつもRopesのグッズのデザインをしている方にお願いして作って頂いたんですが、
トートバッグが2種類あって、一つは僕、田中啓史って言うんですけど
田中の田の字とRopesのRをデザインしてあって、もうひとつの田んぼのトートは
田んぼは僕、そこにいる女の子はアチコさん、それでRのUFOは
トディくんって事になってるんですがトディくんは嫌がってます(笑)」
トディさん、まさかのUFO…笑いのツボにはまってしまって苦しかった。笑

ライブ中盤「後ろが暗くてよく見えない。もしかしたら睨んでるかもしれないし、
前の方との温度差もなくした方がいいね」ってステージを飛び出し客席を歩いて
シールドの限界点、客席の真ん中まで行ってマイクも使わず一曲歌ってくれた。
近いどころじゃない程近くにいたお客さん、びっくりしながらも嬉しそうだったなあ。
歌い終わって「距離感間違えた、近すぎた。3D!」って。笑

さっきの逆、Keishiさんのライブに今度はRopesが飛び入り。
Keishiさん曰く「数々のライブに飛び入りしてきたけどさっきのは緊張した。
TOSHI-LOWさんのライブに飛び入りするぐらい緊張した」って。そんなに!?笑
この飛び入り企画は移動中の車内の会話がきっかけだったんだって。

「アチコさんにコーラスに参加してもらったアルバムがあるんですけど、
アチコさんが参加してない曲をやります」と。
戸高さんが譜面を手にKeishiさんにコードと流れを確認。
めずらしく不安を口にする戸高さん、一カ所だけ間違ってたけど、
それも場の空気を和ませてKeishiさんのアコギと戸高さんのジャズマスターの
音色の重なりにアチコさんのコーラス。贅沢な瞬間だった…。

「ツアー中に曲を書いて、ツアーが終わるまでに完成させようと思っていて、
最初はAメロBメロだけとかだったんだけど、歌わせてもらってもいいですか?」と
歌詞をダッシュで二階に取りに行く。その間に子供が泣いちゃって、
戻ってきたKeishiさんが「ごめんね泣いちゃうよね」って。
もうずいぶんと完成形に近づいていて、ぱっと聴いてKeishiさんの曲だ!って
分かるような、Keishiさんのメロディーセンスが光る曲だった。
「奈良で初めて手拍子が起きました!」って。嬉しいな、こういうの。
アンコールもすぐそこにいたからって本当にすぐ出てきて笑った。

はずかしながらKeishiさんの曲はあまり知らなかったのだけど、
それでも分かる曲、Floatin' GrooveとかHello, New Kicks、夜の終わりも聴けた。
ハンドクラップにシンガロング、みんなでライブを作り上げてく感じが温かかった。
今度はgomesさんもいるバンドセットでのライブも観たいな。


***

静かな住宅街という事もあって音出しは21時まで。
生まれ育った街でこんな素敵なライブが観れるなんて幸せ。
五味さんやRopes、Keishiさんのお陰で奈良のことがまた好きになった。

ライブが終わった後に戸高さんとお話することができたんだけど、
緊張のあまり自分でも引くぐらい噛み倒しすし日本語喋れてないしへこむ。

「年末のTHROAT大忘年会で初めてRopesのライブ観たんですけど、
そこから大好きになって毎日アルバム聴いてます」ってお伝えしたら、
「じゃあLOSTAGEとかから入ってくれたって事?」って聞かれて、
(期待に沿えなくて申し訳ないっていう気持ちでいっぱいになりながら)
「いや、MONOEYESからなんですけど…」って言ったら
「あんまりライブハウスの前の方とかで観てる感じに見えないけど後ろの方で観てるの?」
と言われたから「前の方も行きますよ、端っこですけど…」って答えたら
「いつも端っこの方とか見れてないんだけど大丈夫かな?ちゃんと届いてる?」って。

「そんな事ないですよ、大丈夫ですめっちゃかっこいいです!」って
勢い余って返球で暴投して軽く笑われてしまった…つい本音が…
でも戸高さん、MONOEYESのライブの時難しいフレーズ弾きながらも
端っこの方までちゃんと見ててすごいなあっていつも思ってたから、
それでもそんな風に思ってたんだって意外だったし、何かちょっとぐっときてしまった。
こんな挙動不審なファン相手に2回も丁寧に握手してして頂いてありがとうございました。。

帰り際アチコさんとも少しお話できて、地元に来てくださってありがとうございました、
Last Day大好きな曲なので聴けて嬉しかったですってお伝えしたら
奈良が地元で羨ましいって言ってくださって、Last Dayは私も好きな曲なんですって。
お話しできた事も、そう言っていただけた事もとてもとても嬉しくて
ほかほかと温かい気持ちでカナカナを後にしたのでした。

(外に出て写真撮ったりしてたら戸高さんが出てきて、焦ってぺこぺこ
会釈だけして逃げるように帰ったのは消したい記憶。笑)

このツアー、関西は姫路と奈良だけだったから奈良だけ行く事にしたけど、
他にも行きたくなってしまうぐらい良いライブだった。またRopesのライブ観に行こっと!
[PR]



by pochi-17 | 2016-03-03 00:49 | Live | Trackback | Comments(0)

2015.12.27 THROAT RECORDS PRESENTS” 大忘年会2015″@奈良NEVERLAND

12月27日、奈良NEVERLANDであったTHROAT大忘年会に行ってきました。
レディクレ初日も惹かれたけど地元でRopesを観たくて。

地元だからすぐ行けるし、某ブックオフでうろついて開場5分前に行ってみたら
自分を含めてまだ3人しかいない。え、時間間違ってないよね?って不安になりつつ
外で待ってたら「リハが押してて開場遅れます、寒いから中で待ってて」って
五味さん(兄)が出てきて入口のカウンターのスペースに入れてくださった。。
少し漏れ聴こえてたリハの音がRopesっぽかった。

再入場のスタンプを手の甲に押してもらってお目当てのバンドを聞かれて、
手持ちのチケットの整理番号がBだったからきっと遅いんだろうなって思ってたら
5番目ぐらいに入れてしまったのでこんな機会もないと思って上手の最前に。
多分というか確実にLOSTAGEがトリだからその時は下がってファンの方にお譲りしようと決めて。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

1組目は奈良の5人組バンドAYNIW TEPO(アイニウテポ)。
ボーカルと鍵盤の女性2人、ギター、ベース、ドラムは男性という編成で、
奈良の風景をイメージして作った曲も。
多国籍感があって不思議な世界観だった。
最後鍵盤の女性が手品みたいに花を次々と出してて和んだ。
アルバム発売日当日という記念日のライブでした。


2組目はTONE DEAF。スクリーモって言うのかな、ボーカルはがっつり叫んでるんだけど
それよりギターの音がでかすぎてボーカルの声が一切聴こえないっていう。笑
ほんと音でかすぎて耳がやられた、、いい加減耳栓買うべきか。
ギターの方が脱退してしまうそうで、この日がラストという節目のライブは
ボーカルの人がフロアに飛び出してお客さんと一緒に走り回ってたり、
演奏する側も観てる側も自由なライブだったなあ。


3組目はOORUTAICHI+YTAMO。オオルタイチさんに鍵盤ボーカル女性を加えた編成。
盛り上がったところに冷や水を浴びせにきましたってオオルさん。笑
ネバーランドの方には昔からお世話になっててタダ券やるから
練習しに来いって言ってもらったりバイトさせてもらったりしてたそうで。
フォーキーで棘のない歌声と味のあるギターが優しくて柔らかい音楽でした。

4組目はskillkills。転換中に運ばれてきたタンスみたいなでかさのベースアンプにびっくりした。笑
上手にドラムにあったから間近で見れた。ドラムを近くで見るってありそうでないから面白かった。
独特な変拍子をストイックに刻んでてかっこよかったなあ。
こういうジャンルの音楽は普段自分から聴かないしましてやライブも観ないから何もかも新鮮だった。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

5組目はこの日のお目当てRopes。
他のアーティストさん同様戸高さんアチコさんも自分でセッティング。
アンプがひっくり返したビールケースに乗せられたりするのがネバランっぽい。
戸高さんのエフェクターボード、色んなエフェクターのスイッチやペダルがついてて、
ギター弾ける人はこういうの見れるの楽しいんだろうなあって思った。

セッティングしてる時点でありえない程近くて緊張。
どのくらい近いかというと約1m弱、戸高さんが
動いた時に起きた風が吹きかかるぐらいの距離。。
しかもステージが膝ぐらいの高さしかなくて椅子に座って
演奏するから目線の高さが同じになるという。。

ギターは黒のフェンダーのジャズマスターかな?
ピックは白、左腕に白の大作戦ラババンをはめてて
青のニット帽、黒のスウェット(裾がジッパーになってた)、
アチコさんは黒のハイネックのワンピース。
アチコさんの髪型かわいい。明るめのカラーがよく似合ってた。

セッティングが終わって戸高さんがアチコさんにひと言「やるか」って。

1曲目のパノラマ、アチコさんが歌い始めた瞬間、歌の世界観に惹き込まれた。
やわらかくて優しいけど、存在感のある歌声。
戸高さんはピックを口にくわえて丁寧に指弾きしていて、最後の1音だけピックを使って弾く。
極限までシンプルなボーカルとギターのみという編成は
お互いが声や音色を照らし合っているような、とても繊細なのに凛とした強さもあった。
足下のエフェクターの踏む音もアンプを通さない弦の音も聴こえるし、
アチコさんと目が合うと照れくさくて逸らしてしまいそうになる。

Driveは一度通してフレーズを弾いてそれをエフェクターでループさせて、
上からリアルタイムで別のフレーズを重ねてて、こんな事もできるんだって。
透明なギターの音色とメロディーを自由に行き来する風のような歌声にため息が出そうだった。

空気を変えるようなドラマティックな展開にぐっと惹き込まれたのはQuiet。
冷たさの中にハッとするような美しさがあって最後の一音まで耳が離せなかった。

アチコさんが「お酒ないの?」って最前のお客さんから一口お酒をもらって
なんとも言えない表情でうん、ってすぐ水を飲む。笑

アチコさん「私の声ちょっと下げて」
戸高さん「こっちは逆にアチコの声もうちょっとほしい」

水取ってきていいですか?ってアチコさんに尋ねる戸高さん。いいよ、取っておいでってアチコさん。

アチコさん「今月大阪ではLOSTAGEとAYNIW TEPOと共演して。
1月には東京でワンマンをやるのでお時間ある方は来てください。
RopesはTHROAT大忘年会3年連続皆勤賞です。
今回ナカケンは来れなかったけど奈良はいつか住みたいぐらい大好きな街です。
ようやくお酒を飲まなくてもライブができるようになりました。
五味さんも今日は飲まないって言ってたので飲みません」

戸高さん「五味さんさっき後ろで飲んでたよ」
戻ってきた戸高さんからまさかの最新情報が。笑

戸高さん「時間押してるみたいだから曲行こうか」

戸高さんが機材を触ってたら突然アップテンポなリズムトラックが流れて、
アチコさんが「次そんな曲だっけ?」って言ったら
戸高さんが「今のは完全に事故です」って。笑

メトロの澄んだギターの音色とふわりと風をはらんだような
アチコさんの歌声はずっと聴いていたくなる心地よさ。
ふたりでアイコンタクトを交わしながら音の糸を織りなしていくよう。

dialogueのイントロ、最初の一音を弾いてすぐ「間違えた、なんだっけ」って
音を探る戸高さん。3つぐらいコードを弾いて探り当てる。

最後の曲を歌い始めたら今度はアチコさんが間違えて、
「さっき飲んだお酒のせいだ!」って。一口しか飲んでないのに。かわいい。。

戸高さん「やり直そう。アチコ明日くるりやろ?
俺も明日大阪でRADIO CRAZYでRopesは今日が
ライブ納めだからちゃんとやり直した方がいい」

最後の曲で戸高さんがおもむろにニット帽を脱いで
足下に置いて髪をわしゃわしゃっとする。

アチコさん「皆さんに暖かい春が訪れますように」とラストはチューリップ。
温かさを運んできてくれるアチコさんの歌と戸高さんが爪弾くギター。
空気をはらんだようなアチコさんの声の魅力が詰まった曲。

一曲終わるごとにため息が出そうになる、とろけそうな至福のひと時だった…。
ライブが終わって片付けてる戸高さんに隣にいた方が話しかけていて、
セトリを貰っていたんだけど、物販の値札か何かの再利用の紙だったらしく
裏に値段が書いてあって戸高さんが渡すときに「2500円!」って。笑
ちゃっかり写真に撮らせていただいたのでセットリストは間違いないです。
(暗くて手こずってたら携帯で照らして下さったりしてその節はありがとうございました…)

Ropesセットリスト

1.パノラマ
2.Drive
3.Quiet
4.メトロ
5.dialogue
6.チューリップ

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


最後はもちろんLOSTAGE。
LOSTAGEは後ろの方でゆったり観る事に。
出番を終えた皆さんもPAブースでライブを観てた。
恥ずかしながら初めてLOSTAGEのライブを観たんだけど、
地元にこんなにかっこいいバンドがいる事を誇らしく思った。

お客さんのぐだぐだなダイブとモッシュも愛に溢れていたし、
後ろから突っ込んできた人に飛ばされそうになっても不思議と嫌な気分にはならなかった。
手紙とかSURRENDERとか、BLUEも良かったなあ。

曲の合間には五味ー!って名前を呼ぶほろ酔いの声が飛んできて、
拓人さんが「同級生も観に来てるけど五味って呼ぶのは同級生で。
(同窓会ー!の声)今日は同窓会ちゃう、大忘年会や!」って。笑

「世の中には色んな音楽があるけど大体はいい音楽や。
たまに訳分からんのもあるけど(笑)」って
言葉は拓人さんの音楽に対する愛情を感じた。

アンコール最後のNEVERLANDはベースにAYNIW TEPOの堀さん
(チューニングでけへんやろ、って五味さんがやってあげてた)と
「アチコおるやん!」ってアチコさんを加えて。

「歌える人は一緒に歌って、歌えない人は来年までにカラオケに入ってると思うから
カラオケで練習しといて、歌ってくれたら印税入ってくるから!」って。笑

NEVERLANDで聴くNEVERLAND、説明するまでもなく最高だった。
そこはかとなくハッピーで皆が笑顔で、音楽を愛している人しかいない空間。
何よりそんなライブを地元で観れたのが嬉しかった。また来年も行けたら行きたいなあ。
[PR]



by pochi-17 | 2016-01-06 00:51 | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

2017.11.20 GLA..
at 2017-11-23 22:00
2017.11.9 髭×OG..
at 2017-11-19 21:50
2017.11.5 Scot..
at 2017-11-15 22:00

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧