2017.11.16 GLAY ARENA TOUR2017 "SUMMERDELICS"@大阪城ホール

2017.11.16 GLAY@大阪城ホール

11月16日、大阪城ホールであったGLAYのライブに行ってきました。
記憶が薄れないうちにと思って奈良のレポを先に書いたら燃え尽きて放置してしまった。
GLAYのライブに行ったのは去年1月のホールツアーのオリックス劇場ぶり。
こんなに長く開いたのは久しぶりじゃないかな。
大阪城ホールに行くのも久々で、駅前の景色も様変わりしていて。
ちょうど17年前の同じ頃に初めてGLAYのライブを大阪城ホールで観たから
ちょっと感慨深いものもありました。以下ネタバレの覚え書きを。

注意!ネタバレです。

+++

最寄駅に着いて、ちょっと時間があったから公園を散策。
木々も色付いて夕陽に照らされてきれいだった。
サイン&写真入りのツアトラを記念撮影して、グッズを買いに行ったら
お目当てのGOLDEN EGGSコラボタオルは売り切れ。。
結局違うものを買って、人だかりができてたパネルは横から撮って終了。
ずっとTwitterでやりとりしていたフォロワーさんともお会いできて嬉しかった。

+++

陽も暮れてきた頃、開場が始まって寒くなってきたので中へ。
最近のGLAYさんのライブは席によってチケット代が違っていて、
一番安いA席でもいっか…後ろでも楽しめるし!って思ったら
ほんとに一番遠いスタンドの最後列(22列目だったかな?)で分かりやすすぎて笑った。
ちなみにこの日は立ち見も出てたみたいで後ろに女の子達が。

ステージ幅はアリーナいっぱい使って横に長く、中央からは花道が伸びていて
アリーナ10列目ぐらいの前に小さなセンターステージが。
開演前の注意事項を伝えるアナウンスが終わるとBGMがGLAYの曲
(the other〜だったはず)になって手拍子が起こる。
そうそう、この感じがGLAYのライブだ!って懐かしかった。
髭ちゃんのライブは10分ぐらい普通に押すからほぼ定時で始まって逆にびっくりした。

ステージ奥の巨大ビジョンにオープニング映像が映し出される。HISASHIさんが手がけたのかな?
映像の色味とか世界観が割と独特な感じでダークな感じとか虫嫌いにはちょっとつらい場面も。。
そうこうしている間にオープニング映像が終わり、いよいよメンバーの登場。
どこから出てくるのかと思ったらステージや花道の4箇所が歌舞伎の舞台でいうところの「セリ」になっていて、
さっきまで誰もいなかったところに気付いたらメンバーがいるという粋な演出でした。
衣装は覚えられないので割愛させてください…多分他と同じなのでどなたかのレポで。

1曲目で少し意外だった聖者のいない町。TERUさんの声の迫力がすごくて距離を感じさせなかった。
GLAYさんがステージに立っている姿を見ているだけで込み上げてくるものがあった。
そんなTERUさんがイントロでギターをかき鳴らすデストピアはHISASHIワールドへの入口。
I am xxxはめちゃくちゃ久しぶりに聴いた気がするけどロック色が強くてかっこいい。
TERUさんのシャウトするような歌と転調するところのベースラインが素敵。

超音速デスティニーでHISASHIワールドは更に加速。
ステージ上にダンサーの女性が登場して迫真の舞が繰り広げられて度肝を抜かれた。
小さい子が見たら泣きそうな感じで、今までにこういう演出はなかっただけに
賛否ありそうだけど、常に新しい事をする姿勢を見れた気がした。

これぞ王道GLAY!なロングラン。ライブで聴くと歌詞がよりダイレクトに刺さる。
空が青空であるためには、TERUさんがここにいる皆の為に歌ってくれているという気持ちがすごく伝わってきた。

今回のツアーのハイライトのひとつがSUMMERDELICS。
TERUさんは手を斜め上に交互にひらひらさせながら踊る謎のダンスを披露して客席がどよめく。笑
曲の途中でGOLDEN EGGSのアニメがビジョンに現れる。
JIROさんのキャラにズームアップしてそのままJIROさんのMCタイムに。
「マッチ棒みたいなリーダーTAKURO!」って言われるリーダー(衣装が全身真っ赤!)。

JIROさん「いやあ、いいですねHISASHIさん」

HISASHIさん「みんなGLAYファンのプロだね!」

JIROさん「GLAYのライブは光るペンがないからみんなが輝いて見える。いい顔してる!」

JIROさん「プレデターズ用に書いたオルタナティブロックな曲をGLAYでやって
カッコ良くなったのに、あの振りなに!?俺が思ってたのと違う!」と、
さっきのTERUさんのダンスにさっそくクレームが。笑
でもJIROさん、アンコールで薄暗い中TERUさんの踊りをマネしてた!

JIROさん「実はモノマネできるんだよね。人前でやった事ないんだけど、自分では
結構似てると思ってて。(裏声で)こんにちは!ようこそディズニーランドへ!」

モノマネ披露する前にオフマイクで練習してるJIROさんがかわいすぎてですね…
TERUさんが対抗してドナルドダックの真似して、曲がまた再開した後、
終わって暗くなった中でグワッグワいっててまたざわつく。笑

微熱Ⓐgirlサマーはライブですごく盛り上がって楽しかった!
メンバーが花道に出ると目が足りない!ってなる。
HISASHIさんのギターソロは相変わらず華麗でいつまでも聴いて&観ていられる。

メンバーが花道先端のセンターステージへと移動してアコースティック形式に。
TOSHIさんは残っていて、TERUさんが「いじめてるわけじゃなくてイヤモニの関係上」と説明。
TOSHIさーん!って呼ばれたのか「TOSHIが色気づくかもよ?」とTERUさん。
サブステで披露する曲は、ちゃんと曲ごとに立ち位置を変えていて
どの位置でも見えるようにしていてホスピタリティが素晴らしいと思いました。

そこで披露されたのは春を愛する人。GLAYさんを好きになったきっかけがこの曲だったから沁みた。
長く一緒にいるからこその感情ってあると思うんだけど、年々涙もろくなってるな。。

TERUさん「泣いている人もいればニコニコしながら聴いてくれてる人もいて嬉しいなと思いながら歌っていました」

台湾ライブが城ホクラスの会場である事と、半分埋まればいいと思ってるとか、
ちょっと不安だと話すTERUさんに「俺たち3人は不安に思ってないけど」ってJIROさん。

続いて演奏されたのはずっと2人で…。TERUさんの歌は力強くも温かくて、とてもいい歌でした。

TERUさん「前に進めなくなった時にTAKUROと二人で生い立ちとか色々語り合ってできた曲」と軌跡の果て。
初期の頃の曲もいろんな困難を乗り越えてきた先にある今になって聴くとより説得力が増す。
新曲のあなたといきてゆくは、どこか懐かしいような温かさが魅力。
メンバー全員で丁寧に曲の世界観を描くように演奏しているのが印象的だった。

Way of Differenceも懐かしさに浸りながら聴いていたら後半に
ダンサーの女性が再び出てきてまたびっくりした。
Dragon AshのATSUSHIさんみたいに、身体をめいっぱい使って表現するダンサーさん。

パンク色の強いScoopは拳を上げたくなる一曲。
大きいアリーナもいいけど、こういう曲はライブハウスで聴いてみたい!
HISASHIさんとTAKUROさんによるギターソロがめちゃめちゃカッコ良かった。

お楽しみタイムはここから、シン・ゾンビ。
YouTuberのヒカキンさんのオマージュ(ちゃんと許可は取ってるらしい)のHISASHI TVが始まる。
ヒカキンさんの動画見た事ないから知らなかったんたけどジングルも似せて作ったのかな?
HISASHIさんが自ら撮影したツアーリハの模様はJIROさんのメガネ姿が映っていたり
ファン垂涎ものの映像だったので映像化してほしいところ。

今回のツアーではレジェンドに敬意を表してカバーのコーナーがあってこの日はXでした。
イントロのHISASHIさんによる速弾きがやばかった。GLAYの曲ではないから貴重なものを聴けた!
ちゃんと間にXジャンプを挟みつつ、またシン・ゾンビに戻ったと思ったら
今度はステージにゲーセンにある太鼓の達人が出てきてHISASHIさんがドコドコ叩く。
フルコンボを達成して「フルコンボ!」ってゲームでおなじみのあの声がこだまするっていう山盛りな演出。

TERUさんが声高らかに曲名を叫んで始まったBEAUTIFUL DREAMER。
ちゃんと投げチューもあったよ。曲終わり「ずっと夢見ていこうぜー!」ってTERUさん。
「夢見ていこうぜー!」の意味も重みも聴くたびに違っていて、
でもTERUさんの言葉は力強くていつも背中を押してくれる。

会場がハンドクラップの音に包まれるSupernova Express 2017。
メンバーが花道へ移動するとアリーナのみんなが羨ましくなった。

lifetimeはライブで聴いたらたまらなくなるだろうなって思っていたけどやっぱりそうだった。
ファンの暮らしに想いを馳せて、それを歌にしてくれるバンドなんてそうそういない。
だからこそ嬉しさとか愛おしさとかがごちゃまぜになって涙が溢れてくる。

本編ラストはthe other end of the globe。
大きなアリーナに映えるスケールの大きな曲だけどGLAYらしさもちゃんとあって。
音源を初めて聴いた時はあんまりピンと来なかったんだけどライブで聴くとすごく良かった。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。
JIROさんがひとり残って撮影タイムに。

ハイチーズ!もミッキーの声マネでやったと思ったら、

「しまった大事なこと思い出したわ。俺たちUSJ派だった!!
3分後に会えるかまた来年になるかは、みんなにかかってます!」


+++


しばらくして、ツアーTに着替えたメンバーが登場。
TAKUROさんだけ上着を脱いだシャツ姿で登場。

TERUさん「アンコールありがとうございます!」

JIROさん「もっと暴れたいんじゃない?マッチ棒に火をつけようぜ!」

JIROさんがセンターに。そう、SHUTTER SPEEDSのテーマ!
ちなみにマッチ棒というのはリーダーの事です(前半のMC参照)
しばらく聴いてなかった気がするけどやっぱり盛り上がってたな。
歌い終わったJIROさんが自由に動き回ってて楽しそうだった。

そのままなだれ込むようにACID HEAD。
にょーもーひーろー!ってTERUさんがHISASHIさんの首に手を回す。
初めてGLAYのライブを観た時も確かACID HEADはやってたと思う。

TERUさん「みんながヒーローになれる曲を!」

明るい光に照らされてHEROES。
テープが飛んだのはこの曲だったかな。アリーナがカラフルになってキレイだった。

ラストはXYZ。湿っぽく終わらないのがGLAYのライブのいいところ。
どこまでも晴れやかなXYZはラストナンバーにぴったり。


ステージも客席も明るくなって演奏が終わる。
TERUさんが声高らかに「Thank you!」って感謝の気持ちを伝える。


最後は恒例のあのお見送り。


TERUさん「行ってきまーーーーーす!!」
お客さん「行ってらっしゃーーーーーい!!」
TERUさん「ほんまにやでーーーーー!!」
お客さん「イエーーーーーイ!!」
TERUさん「なんでやねん!(笑)」

TERUさん「Thank you大阪!愛してるぜーーーーー!!」


TAKUROさんのyes!はJIROさんが代わりにやってたのかな?
およそ2時間半に及ぶライブも終了。

メンバーがいなくなったステージに、あなたと生きていくが流れる。
スタッフのクレジットやメンバーの写真が投影されるエンドロール。
全てが終わるまで席を立つお客さんもあまりいなかった。

久しぶりのGLAYさんのライブはやっぱり楽しかった。
色んな事を思い出して、一緒に過ごした時間の長さを感じました。
温かいのにカッコ良くて、いつも大きな背中を見せてくれる。
これからもずっと大好きなバンドです。



+++

2017.11.16 GLAY ARENA TOUR2017 "SUMMERDELICS"
@大阪城ホール セットリスト


1.聖者のいない町
2.デストピア
3.I am xxx
4.超音速デスティニー
5.ロングラン
6.空が青空であるために
7.SUMMERDELICS
8.微熱Ⓐgirlサマー
9.春を愛する人
10.ずっと2人で…
11.軌跡の果て
12.あなたといきてゆく
13.Way of Difference
14.Scoop
15.シン・ゾンビ
16.BEAUTIFUL DREAMER
17.Supernova Express 2017
18.lifetime
19.the other end of the globe

EN.

20.SHUTTER SPEEDSのテーマ
21.ACID HEAD
22.HEROES
23.XYZ
[PR]



by pochi-17 | 2017-12-01 21:50 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://dizzylife1.exblog.jp/tb/238038071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

2018.4.13 ART..
at 2018-04-21 15:00
2018.3.23 髭「LO..
at 2018-04-06 21:30
2018.3.18 ART-..
at 2018-03-27 21:31

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧