2017.12.17 GLAY ARENA TOUR2017 SUMMERDELICS@名古屋日本ガイシホール

2017.12.17 GLAY@名古屋日本ガイシホール


思い返せば、初めて名古屋に行ったのは13年前のGLAYのライブ。
USJでのEXPOの後のextremeツアーで、関西のチケットが取れなくて無理矢理行ったんだっけ。
今も相変わらずこうしてGLAYのライブに行く事ができてるのは幸せだなあ。
という事で、行ってきました。GLAYのツアーファイナル!
最初は大阪4days(2day×2)のうち1公演分のチケットしか取ってませんでした。
それがホールツアーで地元の奈良ライブがあり、名古屋にも行って。
1年半以上GLAYのライブを観れていなかったのに1ヶ月で3回も行ったのは反動かな…

名古屋はちょっとした事件簿もありつつ、ライブ自体はとても素晴らしくて
ツアーファイナルにふさわしいライブでした。
GLAYに関しては他にもレポをしてくれてる方がいると思うのでざっくりと。


+++


名古屋行きを決めたのは奈良で観たライブが忘れられなかったから。
地元っていう特別感も手伝って、すっかりGLAY熱が戻って気付いたらチケットを探してた。
運良く貴重なチケットを譲って下さる方が見つかって参加できる事になりました。


よく晴れた日曜の午後、薄れた記憶を辿りながらガイシホールへ。
GOLDENEGGSのタオル欲しかったけどまたもや完売だった…
前に来た時はレインボーホールって名前だったけど、UFOみたいな見た目がかわいい会場。
トランポを写真に収めて、ライブをお供してくれる友人とも合流。
あまり馴染みのない場所で知ってる人と会った時の安心感たるや。

この日はプレイガイド枠のS席でGブロックの20列台。
譲って頂かない限り滅多に行けない下手側!笑

客電が落ちるとみんな一斉に立ち上がって歓声が起きる。
ほぼ定刻に開演して、オープニング映像がビジョンに映し出される。
映像の内容もそうだけど、色味もちょっとダークな感じでカッコいい。

今回のツアーはお芝居の舞台装置でいうところの「せり」が花道先端とステージ奥、
両サイドの花道の先にあって、JIROさんが下手、HISASHIさんが上手、
TAKUROさんがドラムの後ろ、そして最後にTERUさんが花道先から登場。
TERUさんは片膝を付いてたのかな?しゃがんだ状態で出てきてひときわ目立ってた。

赤いハットにスカーフと柄のロングジャケットはTAKUROさんだから着こなせる衣装。
ファンの間では絨毯とか言われてたけど…笑
他のメンバーの衣装については他の方がどこかで説明して下さってると思うので割愛!


一曲目は荘厳な雰囲気すら漂う聖者のいない町。
ツアーファイナルと思えないTERUさんのハイトーンボイスにいきなり圧倒された。
TAKUROさんのギターは存在感があって、花道とステージ奥の火花がステージを赤く染める。

ステージが赤いライトで染まってデストピア。
HISASHIさんがイントロでふにゃふにゃ歌ってたのが可愛かった…猫みたい。

I amxxxではJIROさんがリズムに合わせてステップを踏むように激しめのパフォーマンス。
TOSHIさんのドラムもバキバキでかっこいい!こういう曲はライブハウスでも似合いそう。

超音速ディスティニーでダンサーの女性が登場。
大阪より花道が短いからか、花道を駆け下りて通路まで行ってて鬼気迫る雰囲気。

打って変わって明るい照明でロングラン。王道のGLAYという雰囲気で安心感がすごい。
空が青空であるためには、TERUさんが最後のところを「名古屋のみんなが幸せであるように」と歌ってた。


男性の声でTERU-!って名前を呼ばれてどうした?ってTERUさん。
サマデリはJIROさんによるMCコーナーも健在。

JIROさん「リーダーはギターもMCも上手だね!今日は楽屋で大笑いしたからテンション高いです!」


曲の映像がGOLDEN EGGSのコラボで、TAKUROさんが「映像の中では手をニギニギしてるじゃないですか。
監督もそうして下さいって。それをTERUさんは勝手に変えて振ってますよね?」

TERUさん「その方が分かりやすいかなーって思って」

JIROさん「母さんがTAKUROのバンドはなんて名前だ?って聞いてましたよ。TAKURO?」

TAKUROさん「ボンジョビみたいな?皆さんボンジョビ知ってますか?
80年代を代表するバンドですけど、メンバーからは不満は出なかったのかな?」

JIROさん「佐藤とか?」

TAKUROさん「今日からGLAYも改名する!HISASHだ!…俺、脱退する!」

HISASHIさん「俺も脱退する!俺今回いじられすぎじゃない?また後であるけど、
俺の名前で笑われて、笑わせるのはいいけど笑われるのは嫌だ!」

TAKUROさん「HISASHIの名前でスベるとHISASHIがケガをして、ウケけると俺達が得をするっていう」

HISASHIさん「俺なにも得しないじゃん!!」

TAKUROさん「…大丈夫か!?変な空気になってないか!?(笑)」

JIROさん「SUMMER DELICSは俺たちなりのサイケデリックの解釈ですからね」

TERUさん「カオスだね(笑)」

TERUさん「HISASHIがね、噛むたびに俺の方を見るんだよ(笑)」

JIROさん「優しいじゃないか!」

JIROさんの音源に似せたコールから曲に戻る。
TAKUROさんのギターソロが大人の魅力たっぷり。


微熱の映像、よくよく見たら若干のエロスを感じました。
夏っぽくていいね!(今は冬だけど)最近ワイパー曲が増えて結構忙しい。笑

花道に移動するメンバー。プレミアムシートの皆さんいいなあ。
大阪同様、花道での演奏は立ち位置が一曲ごとに変わる。


TERUさん「今から歌う曲はBELOVEDに収録されていて、もしかしたらBELOVED YOUツアーの
思い出が詰まってるっていう人もいると思うんだけど…」

JIROさん「何でそんな昔の話すんの?その後何回もやってるじゃん!」

TERUさん「最初にやった頃の話したらいいかと思って(笑)」


都忘れの「階段を昇る時も降りるその日が来たとしても」のところ、
カメラが後ろから4人の背中を映してたのがたまらなかった。

SPECIAL THANKSは大好きだけどなかなかライブでは聴けない曲。
TERUさんの歌の力を感じた。年々進化していて驚かされる。

TERUさん「年間100本ぐらいライブをやってた頃の曲で、
歌うとその頃お世話になった人達の顔が浮かびます」

TAKURO「そして誰もいなくなった…」

JIROさん「そういう曲なの!?昨日その曲で泣いてる人いたよ?」

JIROさん「ツアーやってきて、最初はこの人(HISASHIさん)が
大丈夫かって思ったけどね。3ヶ月長かったですね、TERUさん」

TERUさん「ツアーがやっと終わるっていうほっとした気持ちと、
終わるのが寂しいという気持ちが半々です。みんなの事は親戚みたいな感じで、
よく来たねえって。高い所からすみません(笑)」

TERUさん「来年の3月に台湾でライブがあります。
来てくれるって人。おっ、ありがとうございます。
いつも来てくれてる台湾の…え、違った?香港か(笑)」

JIROさん「7月31日にフリーライブをやって、名古屋からも来てくれたって人もいると思いますが、
来年もGLAYは面白い事を考えているので楽しみにしていて下さい!」


そんなMCの後に歌われたのはpure soul。
ツアーのセトリにこの曲が入っているらしいことは知っていたんだけど、
大阪でも奈良でも聴けなかったからほんとに嬉しかったなあ。
SEIさんがいないからイントロのピアノの部分はTAKUROさんがギターで弾いてた。

「30代の頃は説教くさい歌詞の曲が多かったけど、40代になって
優しい歌詞の曲が増えてきて、こんな時代だから優しい歌が生まれる」や、

「23年やってきて、今のGLAYが一番好き」というTERUさんの言葉も印象的だったな。
いつだったか「23年目のファイナル」って言ってたのは意味変わってこない!?って思ったけど。笑

「GLAYのライブで幸せな気持ちになってもらって、
それを持って帰ってもらって連鎖してくれたら」という言葉もじーんとした。

演奏を終えてステージへ戻るメンバー。


あなたといきてゆくでは両端のビジョンに歌詞が映し出される。
GLAYの温かさや優しさがぎゅっと詰まった歌詞に触れると心のざらつきがなくなっていく。

TAKUROさんのギターイントロからWay Of Differenceダンサー再び登場。
さっきとは別人みたいな、四季の移ろいを表現したかのような女性らしくて軽やかな舞い。

モニターを走りながら飛び越えて花道に出てくるTERUさん。
Scoopで花道の先でTERUさんがJIROさんの肩に手を回してコーラス歌わせてた時、
ふたりの顔が密着するぐらいくっついててドキッとした。
かと思えば下手の花道でHISASHIさんが流し目で歌ってるのがビジョンに大写しになってて目が足りない!

メンバー衣装チェンジの間、サマデリの目玉キャラがビジョンに登場して手拍子が起きる。
本編後半はJIROさんが赤シャツで、HISASHIさんは黒いオリジナル?のスウェット。袖にも柄が入ってた。

シン・ゾンビでは相変わらずHISASHIワールド全開。
だるま落としからのにゃんこスターからの太鼓の達人!
が、フルコンボならず「フルコンボだろぉ!?」って。

にゃんこスターで大塚愛のさくらんぼに乗って踊った後に間違えたのか
恥ずかしかったのか、がっくりとうなだれてた。笑

もう一回!もう一回!ってなってたところで太鼓の達人の
「チャレンジ失敗だドン!」が出て、文句を言うHISASHIさん。笑

シン・ゾンビではレジェンドへのリスペクトを表したカバー企画があって、この日はX JAPAN!
ゾンビのZの文字がXに変わった瞬間、絶叫にも似た歓声が上がった。
HISASHIさんのギターの速弾き、TERUさんのハイトーンがすごかった!
もちろん皆でXジャンプもやって大盛り上がり。
カバーの後、またシン・ゾンビに戻っていくあの感じも良かったな。

ビジョンにBEAUTIFUL DREAMERの歌詞が断片的に映し出されてHISASHIさん見ねば…!って
ハッとしたものの、暗いからあんまりHISASHIさんが見えず。
最後のあたりでスパノバの歌詞も出てきてたのに気付いた。

TERUさん「これからも一緒に夢見て行こうぜー!」

TERUさんとJIROさんが手拍子を先導するスパノバ。
JIROさんはドラム台のところに行って両手を高く上げて手拍子してた。
ビジョンには光で描いたみたいな新幹線のアニメーション。

lifetime聴いてるといつもたまらなくなって泣きそうになるけど、何とか抑えてちゃんと聴けた。
こんなにファン想いで気持ちを通わせてくれるバンドもそうそういないんじゃないかな。

the other end of the globeは、TOSHIさんのずしっと重いドラムと
HISASHIさんの緻密なギターのフレーズに耳を奪われる。

演奏を終え、メンバーが1人ずつステージを後にする。
最後に残ったのはJIROさん。

JIROさん「さっきのX JAPAN、GLAYより盛り上がってたね!」

高速ハイチーズ!でパシャパシャ客席を撮影。ミッキーはなくて残念。笑
「また会えるのは来年になるのか、はたまた3分後になるのかは
皆さんにかかってます!来年かな?来年だね!」と、Xのカバーで盛り上がった事をいじる。笑


+++


思ったより早くアンコールに突入してTERUさんとTAKUROさんがまずはステージへ。

TERUさんはタオルを下手花道先のお客さんに手渡ししていて、
足りなくなったのかスタッフさんに追加してもらってた。

TAKUROさんはバズーカでジロッチって書いてある似顔絵入りのタオル?を飛ばす。笑
一回近くまで来たけど届かなくて残念。どこに飛ばすかお客さんの歓声の大きさで決めてた。

後から出てきたJIROさん「裏でHISASHIと一緒にモニター見てたんだけど、
TERUとTAKUROがすげえ楽しそうにしてて(笑)」

裏でHISASHIと一緒に…!

TERUさんは永井さんのTシャツ、JIROさんはベースTシャツ?の上にサテン地のスカジャン。
TAKUROさんはシャツ一枚になってHISASHIさんはゾンビ子ちゃんパーカー。

JIROさんはしばらくしてからスカジャンを脱いでTシャツを腕まくりしてたから、
遠目から見るとノースリーブみたいに見えて取り乱しました。
再びメンバーが花道の先端へ。TERUさんがマイク持って来るの忘れて取りに戻る。笑

JIROさん「さっきのX JAPANめちゃくちゃ盛り上がってたね!でも今日は誰のライブだー!?」


「GLAYーーー!!」


その勢いのままシャタスピ!やっぱり盛り上がる!

TERUさんがTAKUROさんに近付いていって「久しぶりにやるか!」と。
何だろう?って思ったらGET GETのところを「みゃーみゃー!」って。
「イチかバチかの人生ゲームだみゃー!!」はさすがに笑った。

TAKUROさんのギターからACID HEAD。GLAYの黄金パターン!
HISASHIさんの首に後ろから手を回すTERUさん。
HISASHIさんの「にょーもーひーろー!」はちょっとワイルドな声だったな。

HEROESでカラーテープが弾け飛ぶ。いつも最後の方でリズムが取れなくなる。難しい!
まっすぐな歌詞はTERUさんそのものだなあってこの曲を聴くと思う。ギターソロもいいな。

TERUさん「ラストナンバー!XYZ!」

余力を残さず全てをぶつけるかのようなメンバーのパフォーマンスにみんなが応える。
ライブがもうすぐ終わってしまう寂しさを力に変えてくれる曲。
演奏を終えて、ライブもおしまい…と思ったらライブの序盤でTERUさんが匂わせていたお楽しみがまだあって。

TERUさん「今日はサンタクロースの帽子を被ってる人もいますけど、
クリスマスにぴったりなナンバーを。函館に向けて練習してたんだけど。
これ言っちゃっていいのかな?函館も来るって人?内緒ね(笑)
函館のライブは配信もするので、LINEかな?来れない人も楽しみにしていて下さい」

これまだ話しちゃまずかったみたいで、JIROさんが華麗な回し蹴り!
TERUさん「クリスマスは一人で過ごすって人!(結構手が上がる)そんなにいるの!?」

赤と緑のクリスマスカラーの照明で彩られたステージで披露されたのはTime For Christmas。
この時期だけしか聴けない特別な一曲。後半のJIROさんがコーラスするところ、
ありがとうございます…という気持ちに。バギクラ聴いてたら歌って気持ち良かったって言ってた。

演奏を終えて感謝の気持ちを伝えるメンバー。
いつものように「行ってきます!」と「行ってらっしゃい!」でライブは終了。

最後はけていく時、JIROさんがリーダーのyes!かと思いきや両手を広げて…あれはTERUさんの真似?笑

ビジョンにはエンドロールとあなたといきてゆくが流れる。
HISASHIさんの名前が一際大きく映し出されて大きな歓声が上がった。

温かい拍手が鳴り響く中、ライブが終了。
外に出るとすっかり辺りは暗くなっていて、セトリのパネルの前には大勢の人が。
あれ危ないから複数個所に設置するか警備の人を置いた方がいいんじゃないかなあ。。
それか前みたいに待ち受けと一緒にもらえるようにするとかね。

行はバスだったけど帰りは特急で帰ろうと思ったら運休の影響で特急券が買えず、
時間も早かったから普通電車を乗り継いで帰ろうとしたらトラブルに見舞われ、
真冬の夜に路頭に迷いそうになりながら何とか1時前に帰宅しました。

色々あったけどライブ自体は良かったし、行った事は後悔してません!
長年GLAYファンやってるけど今のGLAYがいちばん好きです。
来年も変わらず追いかけるよ!(できる範囲で!笑)


+++


2017.12.17 GLAY ARENA TOUR2017 SUMMERDELICS
@名古屋日本ガイシホールセットリスト

a0041964_17401108.jpg

[PR]



by pochi-17 | 2017-12-31 17:41 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://dizzylife1.exblog.jp/tb/238135055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

2018.6.2 髭×夜の本..
at 2018-06-15 21:35
2018.4.30 ART-..
at 2018-05-13 16:51
ARABAKI ROCK F..
at 2018-05-13 16:43

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧