2018.1.28 THE PREDATORS「Arabian dance Tour2018」 @大阪心斎橋BIGCAT

1月28日、大阪心斎橋BIGCATであったTHE PREDATORSのライブに行ってきました。

プレデタのツアーは2年7か月ぶりと聞いて時の流れの速さを感じた。
じゃあ磔磔の怒髪天イベントで観たのも2年以上前なのかな…
前回のツアーはキャパ1600ぐらいのなんばHatchだったんだけど、
今回はキャパ850のBIGCATになってチケット難民が続出する事態に。
運だけで生きてる感を発揮して幸運にも一発でチケットが取れたけど、
次回はHatchの方がいいなあ。。ステージ高めで見やすいし。
BIGCATに行くのもMONOEYESの初ツアーぶりで久々でした。
福岡のセトリしか見つからなかったので順番とか曖昧だけど大体の感じで(いつも覚えられない)

+++

物販ではメンバープロデュースのTシャツが売られていて、大阪公演からは
ドラムの高橋さんが自費で作ったさわおさんとJIROさんの似顔絵入りピックが
「当たり」としてランダムに封入されているというオマケが。
Tシャツあんまり着ないし…と思ってたのについ購入(普通に外れました)。
整理番号は遅かったからレディクレ仕様で行ったけど開演待ちが寒かった!
やっぱりHatchがいいよー!ロッカー入れても直前まで屋内にいられるし。

整理番号は600番代後半だったからゆっくり入場。
前はフロアの中でも水ならドリンク交換できたけど今回はなかった。
ステージの後ろには黒地に赤っぽいピンク色?(照明の具合でよく分からず)の
バンド名をアルファベットで略してる幕があるだけでシンプル。

番号も遅いし後ろの方の真ん中辺りで観ることに。ピロウズファンなのか男性のお客さんも結構いた。
グレオタさんは主張が強いからどこにいても分かる…
私もグレオタだけどプレデタの現場では主張したくない派かなあ。プレデタは箱推しだしね。

+++

開演時間を少し過ぎた頃、照明が落ちてフロア前方に人が流れていく。
久々に耳にするあのSEに気持ちが高まる。
ステージ下手側からメンバーが姿を見せると大きな歓声が上がり、すでに臨戦態勢。

爆音ドロップはプレデターズの名刺代わりの曲。
シンプルで肩肘張ってなくてカッコいい。

名古屋のガイシホールであんなに遠かったJIROさんが肉眼でばっちり見えるところにいるのが不思議だった。
メンバーはそれぞれ自分でデザインしたTシャツを着てた。

THIS WORLDみたいに、フロアが声を出して手を上げられる曲が多いのもプレデタの強み。
リラックスして歌ってる風のさわおさんの歌の上手さに時々びっくりする。

さわおさん「久しぶりだな大阪!俺たちプレデターズ。仲良くしようぜ!」

SHOOT THE MOONはもう何年も前の曲なのに口ずさめるキャッチーな歌詞。
口パクで歌ってたらさわおさんや高橋さんと交信した気がした。みんなよくフロアを見てくれていて嬉しい。
さわおさんが前に出て銃に見立てたギターでフロアを撃ってたの最高だったな。

さわおさんのギターのイントロに合いの手を打つようにみんなの手が上がるTRIP ROCK。
ギターのフレーズと、シンプルなのにくせになるJIROさんのベースラインがいい味出してる。

Crazy Babarでは歌詞の内容とは裏腹に(?)ハッピーな空気感。
高橋さんはほんと心の底からの笑顔でドラムを叩いていて見ていて幸せな気分になる。

イントロから徐々に加速していく感じがたまらないMonster in my head。
サビ前のドラムの連打がすごくカッコ良くて、どこか懐かしくて変なところで泣きそうになった。


さわおさん「プレデターズです。こんばんは!」

○○です!こんばんは!って言われると反射的に「こんばんは!」って返すから
コミュニケーションの取り方上手いなあって変なところで感心した。

さわおさん「Arabian danceのサビでみんな何て言ってる?シェイク?あ、ちゃんと伝わったんだね。
この間までシェー!って言ってて、シェー!はないだろと思って(笑)腰を揺らしてだからシェイクね。
高橋くんにベリーダンス踊ってもらおうと思ったのに踊らないって。高橋のくせに」

思わず笑う高橋さん。

さわおさん「みんなMVは見てくれたかな?セクシーなダンサーの女性が出てくる。
あんな女性がタイプです。腰を揺らしてくれ、Arabian dance」

カッコ良くArabian danceのイントロを弾き始めたさわおさんが早々に間違えてしまって演奏を止める。
これにはJIROさん高橋さんも笑顔で、さわおさんは腰を振ってアラビアンダンスでごまかしてた。
やり直しの2回目はばっちりはまってました。さわおさんおいしかったなあ。笑

前はパートを入れ替えて演奏していたTRADEは正規のプレデタバージョンで。
Smoky Surf Shop Boogieはあの独特のグルーヴがたまらない。
ギャラクシー突き抜けて〜のところ、めちゃくちゃテンション上がる!


さわおさん「今回、ツアー前に高橋が無許可で作ったピック100枚ぐらいあるんだけど、
ツアー終わって持っててもしょうがないしと思って投げたら将棋倒しみたいになっちゃうし、
手渡ししたら手を引っかかれて。餌に飢えた野良犬みたいに寄ってきてさ。
楽しい事なのに楽しくなくなっちゃうから、何かいいアイデアはないか打ち上げで
話してたんだけど物販のTシャツに当たりを作ってピックをランダムで混ぜようってなって。
ちゃんとサインが当たりの紙も入れて。サインっていってもあれだよ?
直筆のものをコピーしたの。そんな一枚一枚直筆なんて暇な高橋しか書けないだろ!」

高橋さん「俺がさわおさんとJIROさんのサインをマスターするしかないですね(笑)」

さわおさん「Tシャツ買って当たった人いる?」
お客さん「5枚買って2枚当たった!」
さわおさん「おいあそこに富豪がいるぞ!!」
お客さん「5枚買ったけど全部外れた!」
お客さん「JIROさんのピック当たったけどさわおさんのピック当たらなかったからちょうだい!」
さわおさん「…何か図々しいから嫌ーい。ピックが当たった人はギターかベースの練習して下さい」

Spooky troubleは高橋さんの曲だからか、イントロが昔のELLEGARDENを思い起こさせる。この曲アレンジも含めてかなりツボだ。
メンバー全員が曲作れるっていいな。高橋さんのデモはかなりぶっ飛んでたみたいだけど(特典DVD参照)

ROCK 'N' ROLL LAY DOWNはさわおさんのボーカルが何と言っても圧巻。
シャウトみたいなあの歌い方は誰にも真似できない。

God Gameみたいなミディアムテンポの曲もイントロが鳴った瞬間プレデタだ!って
思うような、13年目にもなるとバンドの色が出てくるよね。

Desperate Donorは男っぽいサウンドに高橋さんのドラムがはまっていて気持ちいい!
最後のセリフみたいに歌うところは音源ほどキメキメな感じではなくさらっと歌ってた。

さわおさん「THE PREDATORSボーカルギターの山中さわおです」

JIROさん「ベースのJIROです。こんばんは!楽しんでくれてますか?
GLAYのツアー中2回ぐらいしか打ち上げ行かなかったけどプレデターズは毎回行ってて」

さわおさん「二番目の女の方が燃えるっていうあれじゃない?(笑)」

さわおさん「貴族の遊び…JIROくんのお誕生日会なんだけどね。
俺も2回ぐらい呼ばれて行ったんだけど、サプライズとしてそこでグレデターズっていう
プレデターズのコピーバンドをGLAYがやっていて。ボーカルはHISASHIくんなの。
ちゃんとツノの帽子もどこからか入手してかっこいいからそれはファンも喜ぶと思うんだよ。
それでドラムの高橋はTERUくんがやってて。学生の頃、東京の端っこの江戸川区から
東京ドームにXを観に行った時のパンチパーマの高橋くんのエピソードが好きだからって
それをTERUくんがヅラをかぶってマネしてて。JIROくんはTAKUROくんがやってるんだけど、
TAKUROくんが金髪で短髪のヅラ被ってシェイク!のところで『ハッ!!』って
ヅラを持ち上げるんだよね。それもちゃんとハッ!!って文字まで入って」

JIROさん「腹立つわー!」

さわおさん「TAKUROくんはTシャツ着てるんだけど、首の詰まったTシャツが
こんなにも似合わない人がいるのかと思って(笑)
問題なのはプレデターズの曲作ってて日程的にJIROくんの誕生日に間に合ってなかったのに
ミュージックビデオ作るから音源をくれって言われてプレデターズより先に
ミュージックビデオ作ってんの!おかしくない!?(笑)
それでプレデターズのライブDVDを作るときにグレデターズを特典映像にしようと思って
許可取ろうとしたらTERUくんが『恥ずかしいから』って特典映像にならなかったんだよ。
でもこの間、高橋と一緒にGLAYのライブを観に行って」

高橋さん「さいたまスーパーアリーナですね」

さわおさん「そのライブでエンドロールが流れるじゃない。そこでグレデターズが映ってるの!!
それでTAKUROくんに『いいの?』って聞いたら『TERUは気付いてないんで大丈夫です』って、
絶対プレデターズのDVDが売れる枚数より多くの人がTERUくんのパンチパーマ見てるじゃん!!
誕生日会でポストカードが配られるんだけど、プレデターズは12年目、グレデターズも12年目って書いてあって」

JIROさん「腹立つわー!」

さわおさん「そんなもんだから最近ライブでArabian dance歌ってたら
『ハッ!!』が浮かんできて笑いそうになるんだよ」

JIROさん「腹立つわー!(オフマイクで)」

さわおさん「ドラムの高橋くん!」

高橋さん「俺、ツアーが始まる前日に高熱が出て、インフルエンザかもしれないってなって
さわおさんとJIROさんに連絡したんですけど、結局インフルエンザじゃなくて」

さわおさん「それ後で俺が喋ろうとしてたのに!」
髙橋さん「そうなんですか、すみません」
さわおさん「ほら高橋!お前が話すと面白くねえんだよ!(笑)」

さわおさん「プレデターズのツアーが始まる前日に高橋から連絡があって、
熱が出てインフルエンザかもしれないと。ちょうど周りにインフルエンザになってる
スタッフがいたから俺もそうだと思ったの。でも検査結果が夜の11時にならないと
出ないって言われて、でももうその時間に中止を発表してもお客さんは来てくれてるでしょ。
それでどうしようかってなって、夜遅くに事務所とか行って。
もし高橋が出れなくてもJIROくんと俺とで来てくれた人に何かやろうと。
…何かやるって言ったらGLAYじゃない?何ができるか二人で相談してたら高橋から連絡が来て、
『インフルエンザじゃありませんでした!!』って。バカが熱出しただけだった」

髙橋さん「さわおさんにメールしたら『あっそう、お大事に』って返ってきて」

さわおさん「高橋そのメール持ってきて見せてみろ!!そんな書き方してないだろ!
ちゃんとこういうm(_ _)m絵文字も付けたし!!いつもブログでも
『(低い声で)おい高橋』って書いてるけどそんなトーンじゃないだろ!
高橋が喋っても中にいた当事者だから面白くならないんたよ。
俺とJIROくんが色々考えてたっていうのは俺たちにしか分からないから。
まあこれからも生きてく強さを重ね合わせ愛に生きてほしいなと思います」

さわおさん「本当に何でもかんでもブログに書くんじゃないよ。
ダチョウ倶楽部の押すな押すなじゃなくて本当に書くなって!身近に文春砲がいる!
新幹線で外国人を見て、思わずOh!って言ったのが高橋のブログ見たらWOW!になってたんだよ。
何でもブログに書かれるから新幹線の中でリラックスできないんだよ。
誰にも求められてないだろあのブログ!…俺もブログ書いてみようかな」

涙出そうなぐらい笑った。さわおさん絵文字とか使うの!?
さわおさんが歌うGLAY聴いてみたかったなあ。
さらっと生きてく強さの歌詞が出てくるあたり愛ですな。


高橋さんのカウントからBRAIN CALLY。速い曲はやっぱり上がる!
ギルティー!からの「死ぬまでここにいるんだ」のさわおさんがカッコ良すぎて、フーーー!ってなった。

Dizzy Lifeの曲終わり、曲調がガラッと変わってフリーセッションみたいになるところがすごくいい!
さわおさんがギターのネックに指を滑らせるところでゾクゾクした。

Risky Revolutionはいつもイントロで髭ちゃんのさよならフェンダーがちらつく(激似)
曲は覚えてるんだけどタイトルが思い出せなくて、ついにセトリを見るまで分からなかったのは歳のせいかな…

高橋さんのイントロのカウントからNightless City。ひたすら楽しい一曲。
BIGCATだからマイクを通さなくても高橋さんのカウントも生声で届くのがドキっとする。

Hurry up! Jerry!のダイナミックで目にも留まらぬドラムは高橋さんならでは。
あっという間に終わってしまうけどそれもプレデタらしい一曲。

JIROさんのベース始まりのLIVE DRIVE。疾走感があってスカッとする。
間奏のギターとドラムのぶつかり合いがたまらない。

「ラストスパートに向けて気合を入れるために…」とツノ帽子をかぶるさわおさん。
本編ラストはWILD TIGER。この曲ほんとにライブ映えするなあ。
気付いたら手を上げて大きな声で「WILD TIGER!」って夢中になって叫んでた。
さわおさんは頭を振り乱す気迫のプレイでツノ帽子が飛ぶ。


演奏を終えてステージ袖にはけるメンバー。
すぐにアンコールを求める手拍子が起きる。

+++

しばらくしてステージがまた明るくなってメンバーが登場。
さわおさんとJIROさんの手には黒ラベルの缶ビールが見えた。

さわおさん「フットワーク軽く動かないと、次動く時俺おじいさんになってるから
友達のバンドのライブとかに出たりしたいね。今年中に」

友達のバンドとは…?髭ちゃんとプレデタの対バンだったらどこにでも行くよ!

さわおさん「プレデターズだと移動もグリーン車になるんだけど、みんな知ってるかな?
グリーン車に乗るとおしぼりが配られるんだよね。あれって何に使うの?」

JIROさん「…分かんないです。用事しててもおしぼりを受け取るまで渡してくるから、
自分のタイミングでほしいんですけどね。入口で配るとか」

さわおさん「そういう時はどうしてるの?」
JIROさん「使わないでそのまま。開けなかったら回収してまた使えるから」

さわおさん「JIROくんはGLAYのスタッフに慣れてるからきっとそう感じるんだよ。
プレデターズがデビューした年、ライジングに出た時にGLAYのスタッフも付いてて、
ライブが終わってバックヤードで飲んでたら『JIROさんバスあと10分で出ます』って言われて、
楽しく飲んでたらこう(指を腰の前で組んで)離れたところで待っててくれて、
また一時間後に『バスが出ますよ』って言いに来てくれて。
アーティスト用の送迎バスが一時間に1本だから。JIROくんはそれに慣れてるから。
あの時結局バスがなくなって、ELLGARDEN号で帰ったんだよね。汚ったない車で」

髙橋さん「さわおさん俺の事をいつも汚いとかバカだとか言ってますけど、
あの車は確かに汚かったです。あの頃メンバーもスタッフもみんな男で、
食べた物もその辺に置いて俺が片してたから。でもあの車のお陰で帰れたんですよ!」

JIROさん「そしたら俺がヘリコプター呼んで…」
さわおさん「さすが貴族!!」

JIROさんが自分からオチ担当になるなんて珍しくないですか…!?
この話の時だったか、JIROさんがタバコを吸うジェスチャーをしてたのが素敵だった。
ELLEGARDENって単語が出てきただけで嬉しかったな。さわおさんありがとう。。

「楽しいからもうちょっと飲んでたい。今夜のビールは開ける前から美味いのが分かってた」と、
満足げにビールを飲むさわおさんの言葉に嬉しくなる。
「今回のツアーで今日が一番このコーナー長い」って言ってたっけ。

さわおさんの「イェーーー!」をJIROさんも真似する。かわいい二人…。
JIROさん「残りも楽しんで行って下さい!」

さわおさんが喋ってる間、じっと演奏を待ってる風だった高橋さんが後からそっとビールを飲んでた。
え、持ってたの!?しかもそのタイミングで飲むの!?マイペース過ぎない?笑

アンコール最初の曲はTrinity。ライブで初めて聴いた時から全部持って行かれた曲。
サビ前のJIROさんのベースラインが優しくてたまらなくなった。

ライブが終盤に向かっていく湿っぽさを振り払うかのようなTyphoon Jenny。
ご機嫌でキャッチーで、風のように過ぎ去っていく。

演奏を終えたメンバーがステージを去り、Arabian danceが流れ始める。
メンバーはそこにいないのに、まるでライブみたいなノリのフロアのみんな。

しばらくして、メンバーが再登場!

さわおさん「アンコールありがとう!いつも俺が年上だしマイペースだとか
言われてるけど、今日はそうじゃないって話をしたい。
WILD TIGERのイントロのフィードバックがDizzyLifeの終わりに似てて、
福岡で高橋が間違えて俺が気づいて『えっ?』てなってたら、
JIROくんがそのまま演奏続けて俺が間違えたみたいになって」

高橋さん「DizzyLifeだとイントロでピックのカッカッ!っていうのが入るんですけど、
そのまま続けてたらさわおさんがカッカッ!ってやって(笑)」

さわおさん「もうどっちか分かんなくなっちゃって。でもJIROくんは許す♡」
JIROさん「GLAYもTERUがよく曲振りとか間違えますよ。さっき演奏した曲のタイトルを叫んだりして(笑)」

さわおさん「そういう時はどうするの?」
JIROさん「GLAYはそのままやります」
さわおさん「GLAYなんて映像とか大所帯なのに?」
JIROさん「その時は映像とかなかったんで」


ダブルアンコール最初で最後の曲はTyrant。
この潔さもプレデターズの魅力じゃないかな。めちゃめちゃカッコ良かった!
演奏を終えたメンバーはみんな笑顔でフロアの歓声を浴びてた。

ライブが終わったのは20時過ぎだったから2時間弱かな?
ギュッと凝縮された濃くて楽しいライブでした。

本編後半でアウトロからそのまま高橋さんドラムソロがあって、
やっぱり高橋さんのドラムカッコいいなあって。
目をキラキラさせながら楽しそうに口ずさみながらドラムを叩いていて、
その姿を見てるだけで何度かぐっときてしまった。

久しぶりのプレデタ、期待以上の楽しさだったからまた期間を開けずに活動してくれたらいいなー!



+++


2018.1.28 THE PREDATORS「Arabian dance Tour2018」
@大阪心斎橋BIGCATセットリスト


爆音ドロップ
THIS WORLD
SHOOT THE MOON
TRIP ROCK
Crazy Babar
Monster in my head
Arabian dance
TRADE
Smoky Surf Shop Boogie
Spooky trouble
ROCK 'N' ROLL LAY DOWN
God Game
Desperate Donor
BRAIN CALLY
Dizzy Life
Risky Revolution
Nightless City
Hurry up! Jerry!
LIVE DRIVE
WILD TIGER

EN1
Trinity
Typhoon Jenny

EN2
Tyrant

[PR]



by pochi-17 | 2018-02-10 21:00 | Live | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://dizzylife1.exblog.jp/tb/238313380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

2018.10.28 髭「S..
at 2018-10-30 17:46
2018.10.21 全感覚..
at 2018-10-24 21:48
2018.10.20 オルタ..
at 2018-10-22 22:34

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧