カテゴリ:未分類( 111 )




2018.4.30 ART-SCHOOL Tour "In Colors" @LIQUIDROOM恵比寿

2018.4.30 ART-SCHOOL@LIQUIDROOM恵比寿

荒吐帰りで東京に寄り道してART-SCHOOLのライブへ。
リキッドは去年の夏に髭ちゃんのツアーで訪れた場所。
その時は一年も経たないうちに再訪するとは思わなかったな。
遠征帰りの大荷物を駅のロッカーに詰め込んで記憶を頼りに歩いたら何とか辿り着けた。
番号も遅かったからゆったり観ようと先にドリンクも引き換えて、お花の写真も撮ったりして。
中に入ると案外まだ詰まってなくて思ったより前に行けた。
開場BGMは誰の選曲だったんだろう?アプリで拾えなかったから曲名を知りたい。。
番号が遅かったとはいえ、1時間待ちは結構長いものが…BGMも2周してたっけ。
新幹線の切符取ってる時に限ってめずらしく10分以上押して結構ハラハラした。

+++

18時10分を少し過ぎた頃、客電が落ちてエイフェックスツインのSEが流れてくる。

木下さんは物販の赤いロンTにジャージみたいなゆるめのパンツ、戸高さんは黒の七分袖のTシャツに黒のサルエル、
中尾さんは紺色に赤いストライプのシャツ、藤田さんは黒のTシャツだったかな。

木下さんの「ART-SCHOOLです」という言葉を合図にライブが始まる。
聴こえてきたのは中尾さんのベースが体の内側まで響いてくるBeautiful Monster。
フロアに光が射したような音がIn Colorsの世界観にもぴったり。

京都はTouching Distance、大阪はシャーロット、東京はBeautiful Monsterと3ヶ所とも一曲目が違ったのも新鮮だった。

ツアーファイナルということを抜きにしても京都より大阪よりずっと熱くて、
ARTのライブを東京で観るのは初めてだったんだけど、思いのほか激しくて
2曲目のTouching Distanceでダイバーまで出てたのにはびっくりした。
そのままDreaming of youが始まって、ますますフロアはヒートアップして熱を帯びていく。
最後の一音まで手を抜かず、完璧に描ききる戸高さん。
ギターソロのぐんぐんと加速していく様がほんとかっこ良くて痺れた。
Promised Landもギターの見せ場が多いけど、要所要所で入る藤田さんのドラムがバチっとはまっていて耳を奪われる。


戸高さん「こんばんは、ART-SCHOOLです。今日はIn Colorsツアーの最終日です。
最終日に木下理樹が殉職するぐらい燃え尽きて帰る所存でございます」

戸高さん「木下さん、近況は?」

木下さん「プロテインを飲んでます。ウエイトアップ用の」

戸高さん「ムキ下理樹になろうとしてるんですか?『こんな木下理樹は嫌だ。ムキムキである』」

木下さん「…今日は最終日だから言いたいこと言おうと思って。最後まで僕らの熱量が伝わればいいなと思います」

戸高さん「木下理樹が京都のデニーズでドリンクバーを頼み水を持ってきた日からいくつもの夜を越えて…
木下さん、今日はツアーファイナルですよ。MCはどこも酷かったですけど。ツアー中MCが上手くいったなって日はあったんですか?」

木下さん「札幌…」
戸高さん「札幌?」
中尾さん「言うと思った(笑)」

木下さん「俺はMCよりも音楽や歌で伝えたいと思っていて…伝えばいいなと思ってます」

木下さんのMCの中で一番印象的だったのがこの言葉だった。
木下さんのその言葉通りのライブだったなと思う。
演奏にも歌も伝えよう、伝えたいという気持ちが満ちていた。

次に演奏する曲のイントロをネタバレ気味に弾く木下さんに「手練れのARTファンがいっぱいいるんだからバレるよ」と戸高さん。

木下さん「ちょっと懐かしい曲を」

ウィノナライダーアンドロイドも歌詞の中に灯という言葉が入ってるけど、
今回のツアーでは光や色を連想させる曲を意識的に選んだのかな。
ローラーコースターはイントロそのものがカラフルで光に満ちていて、
ずっと聴いていたいきらきらのサウンド。Aメロの中尾さんのベースも好きだなあ。
FLOWERSのイントロでは木下さんが手拍子でフロアを引っ張っていく。


木下さん「…俺は見た」
戸高さん「…俺は見た。どうした?」

木下さん「スカートの色は何色だ…?俺は覚えてる、記憶の中のスカートが青かったことを」
戸高さん「何そのアントニオ猪木の詩の朗読みたいな」
木下さん「…仕方ないじゃん、記憶の中で確かに見たんだから」

スカートの色は青はライブで聴くとドラムとコーラスの存在感が増している曲。
1番と2番ではAメロのギターのフレーズ変化しているのも聴きどころ。


ここで「温かい拍手でお迎えください。UCARY & THE VALENTINEのUCARYちゃん」とゲストが呼び込まれる。
グレーのチェックの半袖ワンピースに身を包んだUCARYちゃん、大阪の時とは少しメイクも違ったのかな?お人形みたいな可愛さ。

UCARYちゃんが「お疲れさまです」って言って、これから歌うのに?って聞き返したら「ツアーお疲れさまでした」って。

UCARYちゃん「調子はどうですか?」
木下さん「俺?調子いいよ」

戸高さん「UCARYちゃんにはいつもイノセントな歌声をART-SCHOOLの音楽に添えてもらって。ありがとうございます」
UCARYちゃん「こちらこそありがとうございます」

光のシャワーは音作りも歌もより丁寧に、ひとつひとつの音を紡ぐように演奏されてた。
もやの中に太陽の光が射し込んでくるみたいなイメージ。ステージの後ろから光が伸びてたのが綺麗で、
不思議なギターの音色と合わさって非現実的な空間を作り出してた。

木下さん「UCARYさんは華がある……」
話に続きがあるのかと思ったらそこで終わってしまって静かな笑いに包まれる。

戸高さん「…確かに華はありますよ。なんで一言で終わらそうとしたんですか」
このくだりがツボにはまったらしく笑いをこらえられない様子の中尾さん。


木下さんとUCARYちゃんが掛け合いをするように歌うOK&GOではフロアが優しい空気が包まれていく。
UCARYちゃんの歌声が堪能できるYOU、後半の光が降り注いでくるみたいなギターの音に耳を奪われた。
フローズンガールはイントロのドラムひとつ取ってもポップで、
透明感のあるギターの音色も綺麗な曲。ギターソロがたまらなく好き!


またステージは4人体制に。
木下さんの「楽しんでますか?」の声に拍手で応えるフロア。

木下さん「今日は伝えたい事があって…」
戸高さん「伝えたい事がある割に喋らないですけど」
木下さん「曲に込めたり歌に集中してるからそんなに話さないでもいいかなと思いつつ、伝えたい事があるという事だけ伝えておきます」

戸高さん「春の曲をやります」

フリージアは今回のツアーで聴いてなおさらいいなあって思った曲。切ない曲調と歌詞がいいよね。

evil city/cool kidsのあのグルーヴ感はずっと無限にループしていたい心地よさ。
リズム隊の阿吽の呼吸は長年の信頼の賜物だと思う。

Tearsのサビ前でのドラムの連打がめちゃくちゃかっこ良かった…
藤田さんのずしっとくるドラムは4つ打ちでも軽くなりすぎないのがいい。

イントロのギターだけでフロアが湧くサッドマシーン。
ライブの終盤に向けてもう一段アクセルを踏み込んでいく感覚。

木下さん「まだまだ行けますか?」

real love/slow dawnは説明不要の鉄板曲。ライブの後に音源聴いたらすごく遅く聴こえるぐらい
ライブでは速い。歌メロを引っ張っていくギターのフレーズがまた秀逸。

ジェニファー '88は楽しそうに演奏しているメンバーの姿が印象的だった曲。
木下さんは前に出て演奏してて、まるでバンドを始めたばかりみたいで、観ていてぐっとくるものがある。

木下さん「盲目の少女がお母さんが手を叩く音を合図に歩いているのを見て、
なんて綺麗なんだと思ってそんな風に生き方をしたいと思った、そんな曲です」

明るいさっきの空気感とはがらりと表情が変わるロリータキルズミーではまたフロアの温度が上がってモッシュも起きてた。

藤田さんのドラムのカウントからAll the light We will see again。
アルバムの中でもメッセージ性の強いこの曲の歌詞には何度も泣かされそうになった。

戸高さん「あと一曲だけやらせて下さい」

短い言葉の後、ギターを掻き鳴らす戸高さん。本編ラストはスカーレット。
演奏や歌の一音一音に気持ちがこもっていて、木下さんのMCの通り、ステージから熱が放たれているみたいだった。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。
姿が見えなくなると拍手がそのままアンコールの手拍子になる。


+++


しばらくしてアンコールに応えてメンバーが再び登場。

戸高さん「アンコールありがとうございます」

戸高さん「…木下さんはツアー終わったら明日何するんですか?」
木下さん「明日は寝る。あとは…プライベートな事なんだけど言っていいのかな…整体に」
戸高さん「プライベートっぽいから言っちゃダメな事でもないでしょ(笑)」

戸高さん「さっきスタッフに紙を渡されて…今年も木下理樹生誕祭やります!」

フロアから歓声が上がる。

戸高さん「めちゃくちゃ愛されてるじゃん(笑)10月13日、
場所はここ、リキッドルーム。そして何とオールナイトです。やれんの?」

木下さん「…まあ、昼に寝たりすればね」
戸高さん「何やるの?俺が掛け持ちしてるバンドでも呼ぼうか?」
木下さん「いくつ掛け持ちしてるんだっけ?」
戸高さん「4つですね」
中尾さん「知っとけよ(笑)」

戸高さん「俺は絶対生誕祭とかやりたくない」
木下さん「その日に俺は40歳になるんですよ。東京に来て20年だ」
戸高さん「じゃあ俺は15年ですね」

戸高さん「もう一度UCARYちゃん呼びましょうか」

何やらスマホで撮影しながら出てくるUCARYちゃん。
戸高さん「(自撮り棒みたいなのを見て)どうしたのそれ?」
UCARYちゃん「モバイルの会員の人が見れるらしいです」
戸高さん「スタッフに渡されたの?…不器用な人たちですね」

もう一度UCARYちゃんを迎えて演奏されたIn Colors、いつも聴いているうちにたまらなくなって視界がぼやける。
歌い終えてステージを後にするUCARYちゃんに温かい拍手が送られる。

戸高さん「俺明日からMONOEYESのツアーが始まるんでしっかり締めないと締まらないんですが」

木下さん「うん」
戸高さん「締める気あります?」
(中指を立てる中尾さん)

SWAN SONGは明るく爽やかでポップな音とは対照的に歌詞の中ではどうしようもない現実の中にも
光を見出して生きる姿が描かれていて。そのギャップがART-SCHOOLらしくていいなと思う。

アンコールラストはニーナの為に。イントロの中尾さんのベースから引き込まれていった。
揺れながら聴いていたら戸高さんも同じように体を揺らしてたっけ。

演奏が終わり、ステージを後にするメンバー。
それを温かい拍手で見送るフロアのお客さん。
メンバーの姿が見えなくなってすぐにまたアンコールの手拍子が始まる。


+++


アンコールの声に応えてメンバーがもう一度ステージへ。
感謝の気持ちを示すように手を合わせながら出てくる中尾さん。

歌詞が書かれているファイルを閉じて後ろに置く木下さんを見て「歌詞カード直した!」と戸高さん。

戸高さん「終わらせましょうか」
木下さん「今日はありがとう。全力でした」

正真正銘のラストはFADE TO BLACK。
持てる全てをぶつけるかのような演奏と歌。
最後床に崩れ落ちるように倒れこむ戸高さん。全身全霊の演奏だった。

演奏が終わり、フロアに感謝の気持ちを伝えながらステージを去っていくメンバー。
客電が灯って人が動き出すのが寂しく感じるような空間だった。

In Colorsの曲はその世界観をもっと深く表現して、過去の曲は今のバンドの音で更に輝きを増していて。
今回のツアーは特に色や光をモチーフにした曲が多く演奏されていたから開けていて、希望だとか未来だとか、
今までのART-SCHOOLだったら想像できないようなものも感じたりした。

大阪に続きゲストだったUCARYちゃんの歌声は柔らかくてさらさらとしていて木下さんの声とよく合ってたな。

端の方で観てたらステージの側で写真を撮ってたスタッフさんがお客さんと同じように
楽しみながら撮影をされていて、それも愛されてるバンドだなあって思えて嬉しかった。

ライブを観終えたばかりなのにもうすでにART-SCHOOLのライブが観たい。
In Colorsを経て次はどんな歌を届けてくれるのか楽しみになるツアーでした。


+++


2018.4.30
ART-SCHOOL Tour "In Colors" @LIQUIDROOM恵比寿 セットリスト

01.Beautiful Monster
02.Touching Distance
03.Dreaming of you
04.Promised Land
05.ウィノナライダー アンドロイド
06.ローラーコースター
07.FLOWERS
08.スカートの色は青
09.光のシャワー
10.OK&GO (w/UCARY)
11.YOU (w/UCARY)
12.フローズンガール (w/UCARY)
13.フリージア
14.evil city/cool kids
15.Tears
16.サッドマシーン
17.real love/slow dawn
18.ジェニファー '88
19.ロリータキルズミー
20.All the light We will see again
21.スカーレット

En.
01.In Colors (w/UCARY)
02.SWAN SONG
03.ニーナの為に

En.2
01.FADE TO BLACK

[PR]



by pochi-17 | 2018-05-13 16:51 | Trackback | Comments(0)

2015.12.27 THROAT RECORDS PRESENTS” 大忘年会2015″@奈良NEVERLAND

12月27日、奈良NEVERLANDであったTHROAT大忘年会に行ってきました。
レディクレ初日も惹かれたけど地元でRopesを観たくて。

地元だからすぐ行けるし、某ブックオフでうろついて開場5分前に行ってみたら
自分を含めてまだ3人しかいない。え、時間間違ってないよね?って不安になりつつ
外で待ってたら「リハが押してて開場遅れます、寒いから中で待ってて」って
五味さん(兄)が出てきて入口のカウンターのスペースに入れてくださった。。
少し漏れ聴こえてたリハの音がRopesっぽかった。

再入場のスタンプを手の甲に押してもらってお目当てのバンドを聞かれて、
手持ちのチケットの整理番号がBだったからきっと遅いんだろうなって思ってたら
5番目ぐらいに入れてしまったのでこんな機会もないと思って上手の最前に。
多分というか確実にLOSTAGEがトリだからその時は下がってファンの方にお譲りしようと決めて。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

1組目は奈良の5人組バンドAYNIW TEPO(アイニウテポ)。
ボーカルと鍵盤の女性2人、ギター、ベース、ドラムは男性という編成で、
奈良の風景をイメージして作った曲も。
多国籍感があって不思議な世界観だった。
最後鍵盤の女性が手品みたいに花を次々と出してて和んだ。
アルバム発売日当日という記念日のライブでした。


2組目はTONE DEAF。スクリーモって言うのかな、ボーカルはがっつり叫んでるんだけど
それよりギターの音がでかすぎてボーカルの声が一切聴こえないっていう。笑
ほんと音でかすぎて耳がやられた、、いい加減耳栓買うべきか。
ギターの方が脱退してしまうそうで、この日がラストという節目のライブは
ボーカルの人がフロアに飛び出してお客さんと一緒に走り回ってたり、
演奏する側も観てる側も自由なライブだったなあ。


3組目はOORUTAICHI+YTAMO。オオルタイチさんに鍵盤ボーカル女性を加えた編成。
盛り上がったところに冷や水を浴びせにきましたってオオルさん。笑
ネバーランドの方には昔からお世話になっててタダ券やるから
練習しに来いって言ってもらったりバイトさせてもらったりしてたそうで。
フォーキーで棘のない歌声と味のあるギターが優しくて柔らかい音楽でした。

4組目はskillkills。転換中に運ばれてきたタンスみたいなでかさのベースアンプにびっくりした。笑
上手にドラムにあったから間近で見れた。ドラムを近くで見るってありそうでないから面白かった。
独特な変拍子をストイックに刻んでてかっこよかったなあ。
こういうジャンルの音楽は普段自分から聴かないしましてやライブも観ないから何もかも新鮮だった。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

5組目はこの日のお目当てRopes。
他のアーティストさん同様戸高さんアチコさんも自分でセッティング。
アンプがひっくり返したビールケースに乗せられたりするのがネバランっぽい。
戸高さんのエフェクターボード、色んなエフェクターのスイッチやペダルがついてて、
ギター弾ける人はこういうの見れるの楽しいんだろうなあって思った。

セッティングしてる時点でありえない程近くて緊張。
どのくらい近いかというと約1m弱、戸高さんが
動いた時に起きた風が吹きかかるぐらいの距離。。
しかもステージが膝ぐらいの高さしかなくて椅子に座って
演奏するから目線の高さが同じになるという。。

ギターは黒のフェンダーのジャズマスターかな?
ピックは白、左腕に白の大作戦ラババンをはめてて
青のニット帽、黒のスウェット(裾がジッパーになってた)、
アチコさんは黒のハイネックのワンピース。
アチコさんの髪型かわいい。明るめのカラーがよく似合ってた。

セッティングが終わって戸高さんがアチコさんにひと言「やるか」って。

1曲目のパノラマ、アチコさんが歌い始めた瞬間、歌の世界観に惹き込まれた。
やわらかくて優しいけど、存在感のある歌声。
戸高さんはピックを口にくわえて丁寧に指弾きしていて、最後の1音だけピックを使って弾く。
極限までシンプルなボーカルとギターのみという編成は
お互いが声や音色を照らし合っているような、とても繊細なのに凛とした強さもあった。
足下のエフェクターの踏む音もアンプを通さない弦の音も聴こえるし、
アチコさんと目が合うと照れくさくて逸らしてしまいそうになる。

Driveは一度通してフレーズを弾いてそれをエフェクターでループさせて、
上からリアルタイムで別のフレーズを重ねてて、こんな事もできるんだって。
透明なギターの音色とメロディーを自由に行き来する風のような歌声にため息が出そうだった。

空気を変えるようなドラマティックな展開にぐっと惹き込まれたのはQuiet。
冷たさの中にハッとするような美しさがあって最後の一音まで耳が離せなかった。

アチコさんが「お酒ないの?」って最前のお客さんから一口お酒をもらって
なんとも言えない表情でうん、ってすぐ水を飲む。笑

アチコさん「私の声ちょっと下げて」
戸高さん「こっちは逆にアチコの声もうちょっとほしい」

水取ってきていいですか?ってアチコさんに尋ねる戸高さん。いいよ、取っておいでってアチコさん。

アチコさん「今月大阪ではLOSTAGEとAYNIW TEPOと共演して。
1月には東京でワンマンをやるのでお時間ある方は来てください。
RopesはTHROAT大忘年会3年連続皆勤賞です。
今回ナカケンは来れなかったけど奈良はいつか住みたいぐらい大好きな街です。
ようやくお酒を飲まなくてもライブができるようになりました。
五味さんも今日は飲まないって言ってたので飲みません」

戸高さん「五味さんさっき後ろで飲んでたよ」
戻ってきた戸高さんからまさかの最新情報が。笑

戸高さん「時間押してるみたいだから曲行こうか」

戸高さんが機材を触ってたら突然アップテンポなリズムトラックが流れて、
アチコさんが「次そんな曲だっけ?」って言ったら
戸高さんが「今のは完全に事故です」って。笑

メトロの澄んだギターの音色とふわりと風をはらんだような
アチコさんの歌声はずっと聴いていたくなる心地よさ。
ふたりでアイコンタクトを交わしながら音の糸を織りなしていくよう。

dialogueのイントロ、最初の一音を弾いてすぐ「間違えた、なんだっけ」って
音を探る戸高さん。3つぐらいコードを弾いて探り当てる。

最後の曲を歌い始めたら今度はアチコさんが間違えて、
「さっき飲んだお酒のせいだ!」って。一口しか飲んでないのに。かわいい。。

戸高さん「やり直そう。アチコ明日くるりやろ?
俺も明日大阪でRADIO CRAZYでRopesは今日が
ライブ納めだからちゃんとやり直した方がいい」

最後の曲で戸高さんがおもむろにニット帽を脱いで
足下に置いて髪をわしゃわしゃっとする。

アチコさん「皆さんに暖かい春が訪れますように」とラストはチューリップ。
温かさを運んできてくれるアチコさんの歌と戸高さんが爪弾くギター。
空気をはらんだようなアチコさんの声の魅力が詰まった曲。

一曲終わるごとにため息が出そうになる、とろけそうな至福のひと時だった…。
ライブが終わって片付けてる戸高さんに隣にいた方が話しかけていて、
セトリを貰っていたんだけど、物販の値札か何かの再利用の紙だったらしく
裏に値段が書いてあって戸高さんが渡すときに「2500円!」って。笑
ちゃっかり写真に撮らせていただいたのでセットリストは間違いないです。
(暗くて手こずってたら携帯で照らして下さったりしてその節はありがとうございました…)

Ropesセットリスト

1.パノラマ
2.Drive
3.Quiet
4.メトロ
5.dialogue
6.チューリップ

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*


最後はもちろんLOSTAGE。
LOSTAGEは後ろの方でゆったり観る事に。
出番を終えた皆さんもPAブースでライブを観てた。
恥ずかしながら初めてLOSTAGEのライブを観たんだけど、
地元にこんなにかっこいいバンドがいる事を誇らしく思った。

お客さんのぐだぐだなダイブとモッシュも愛に溢れていたし、
後ろから突っ込んできた人に飛ばされそうになっても不思議と嫌な気分にはならなかった。
手紙とかSURRENDERとか、BLUEも良かったなあ。

曲の合間には五味ー!って名前を呼ぶほろ酔いの声が飛んできて、
拓人さんが「同級生も観に来てるけど五味って呼ぶのは同級生で。
(同窓会ー!の声)今日は同窓会ちゃう、大忘年会や!」って。笑

「世の中には色んな音楽があるけど大体はいい音楽や。
たまに訳分からんのもあるけど(笑)」って
言葉は拓人さんの音楽に対する愛情を感じた。

アンコール最後のNEVERLANDはベースにAYNIW TEPOの堀さん
(チューニングでけへんやろ、って五味さんがやってあげてた)と
「アチコおるやん!」ってアチコさんを加えて。

「歌える人は一緒に歌って、歌えない人は来年までにカラオケに入ってると思うから
カラオケで練習しといて、歌ってくれたら印税入ってくるから!」って。笑

NEVERLANDで聴くNEVERLAND、説明するまでもなく最高だった。
そこはかとなくハッピーで皆が笑顔で、音楽を愛している人しかいない空間。
何よりそんなライブを地元で観れたのが嬉しかった。また来年も行けたら行きたいなあ。
[PR]



by pochi-17 | 2016-01-06 00:51 | Trackback | Comments(0)

お知らせ

MONOEYES“A Mirage In The Sun”TOUR@大阪心斎橋BIGCATのレポをUPしました。

ライブのMCでも何度か触れられているように、本人としてはなるべくSNSやネットに
書かないでほしいんだろうなあと思ったので今回の記事はファン限定公開にしてます。
(申請さえしていただければ、承認に日にちは頂くかもですが基本的にどなたでも閲覧可能です)
ブログのプロフィール画像下の「ファンになる」をクリックする事によって申請が行われます。

詳しくは「ファンの申請について」をご覧ください。
[PR]



by pochi-17 | 2015-10-31 17:36 | Trackback | Comments(4)

ハイジ10歳の誕生日&須藤さんのCM曲

髭ちゃんのFacebookより。


*Do you remember May 21, 2005?*

10年前の今日、「Thank you, Beatles」と「ハイジ」が誕生しました。
いつだって、一緒に歩いてきた髭とハイジ。そして、あなた。
これからもずっと一緒です。

2015年、夏。新しい髭とハイジをお知らせします。
楽しみにしていてください。



「Thank you, Beatles」は今でもライブでよく演奏される曲も収録されていて、
もう何度聴いたか分からないぐらい聴いた一枚。
リリースされた当時は髭ちゃんとはまだ出会えてなかったけど、
この10年の間にたくさんの思い出を作ってくれた、大好きな、大切なアルバム。

ラストの2行、新しいハイジは置いといて、新しい髭って何だろう?
いいニュースみたいだから不安に思うことはなさそうだけど気になる。


話は変わって。最近TVのCMで須藤さんの声をよく耳にする。
今年に入ってからでも、もうすでに3社目(!)のCMが流れてます。

【コカ・コーラ】TVCM 「Heritage」篇 30秒 Coca-Cola TVCM


TVCMフレッシャーズ「聖者の行進」篇 30秒 | 洋服の青山


SOYJOY CM|「誘惑に負けろ」篇 30秒


どのCMで使われてる曲もかっこいい!ちゃんと聴きたい!と思ったら
CM曲の制作会社さん?のサイトでナレーションなしで曲だけ聴けるページを発見。

愛印(aiin)COMMERCIAL WORKS


これ聴いた時、かっこ良すぎてにやにやしちゃった。
須藤さんのシャウトめっちゃかっこいい!こうしてTVで色々聴けるの嬉しいな。
[PR]



by pochi-17 | 2015-05-21 23:56 | Trackback | Comments(0)

絶賛執筆中

a0041964_23504176.jpg

BUMP神戸二日目のレポ、お待たせしてます。
もう少しでアップできると思うので、しばしお待ちを!
[PR]



by pochi-17 | 2012-07-06 23:50 | Trackback | Comments(0)

橋本塁写真展「SOUND SHOOTER vol.6」

a0041964_2344129.jpg

大阪の心斎橋で8日まで開催中の橋本塁さんの写真展、
SOUND SHOOTER vol.6 PHOTO EXHIBITION IN OSAKAに行ってきました♪

大丸の本館と北館の間の路地を入って一つめの十字路を過ぎてすぐの右手のビルでした。
去年より広いギャラリーだったのでゆっくり見れたのも良かったです。
中に入ると塁さんご本人が受付でお出迎えして下さってドキドキ。
ジャスミンの香りが漂うギャラリーの壁一面に写真が貼られていて、
はやる気持ちを押さえてひとつひとつじっくりと観賞。

ひとバンドあたり16枚ぐらいずつ展示されていたのですが、
どの写真も瑞々しくリアルな瞬間が切り取られていて、まるでフロアにいるようでした。
同じ人が写っていても片方は真剣なまなざし、もう片方はリラックスした笑顔だったりと
色々な表情が捉えられていて、ライブでハッとする場面が写真になっていました。
(テナーのひなっちの写真がまさにそんな感じ。細美さんや柏倉さんの表情も良かった)

あとの半分はパリの風景写真だったのですが、そちらも素敵でした。
いちばん端に飾られてた赤い傘の写真が可愛かったなぁ。二万円だって(…)

ギャラリーを三周はして一時間以上居座って(HIATUSが流れるまで待ってた)、
物販でポストカードとトートを買って塁さんにサインしてもらってきました♪
伝えたい事は沢山あったのに、いざ目の前にするとありきたりな感想しか言えず…

来年もあればまた行きたい!いつか塁さんの写真をお買い上げするのが夢。
[PR]



by pochi-17 | 2011-03-05 23:04 | Trackback | Comments(2)

週末Diner

こんな時間にまだ起きてます。
andymoriに会いに週末Diner行ってきました。

この三人でのライブが見納めな事も忘れてしまいそうなほど
いつもの三人がそこにいて、楽しくて。悲しみよりも楽しさが勝ってた。

ほんとは寂しくて今にも泣き出してしまいそうだったけど、
涙はほんのちょっとだけにしてなるべく笑ってたいなって思って。
やっぱり後藤さんのドラムは最高でした。いい叩きっぷりだったな。
andymoriに、andymoriの後藤さんに出会えてよかった。

またそのうちゆっくり感想書きます。おやすみなさい。
[PR]



by pochi-17 | 2010-11-21 02:50 | Trackback | Comments(6)

何年先だっていつでも追いかけてたいのです

ただ、遠くからライブの成功を祈るぐらいの事しかできなかったけど。
ただ、お天気の心配をしてやきもきするぐらいの事しかできなかったけど。
この日がちゃんと来て、よかった。

ライブ後にTwitterに溢れたつぶやきを読んでたら、
ほんとうにいいライブだったんだって事がひしひし伝わってきて、
色んな感情がごちゃまぜになっちゃったけど。でも。
へんてこなギターのフレーズが乗っかったメロディーも、
耳と目を疑うような妙な言葉が潜んでる歌詞も、
いつもちょっと眠たそうなその声も、その全部が好きな事はずっと変わらない。

今だってしんみりしそうな曲ばっかり聴きながら書いてるけど、
泣くどころか何度聴いても名曲すぎて惚れ直してるぐらいだからきっと大丈夫。

今日はもう少しだけ志村さんの声を聴いてから寝よう。
[PR]



by pochi-17 | 2010-07-18 00:13 | Trackback | Comments(2)

Anomaly

Anomaly。これがthe HIATUSの2ndのタイトルだそうです。
訳すと『変則,例外,異例,変則的な事態,異例な人(物)』。

細美さんはこのタイトルの事をこんな風に話してた。
「小麦粉みたいなものを部屋に一定間隔で撒いた時に
他の全ての要因を科学的に検証しても予測できない、
特別そこにだけ粉が集まってしまいましたみたいな現象」と。
よく分かるような、さっぱり分からないような、細美さんらしい説明。
一般的には変わった人とか訳されるけど、特異点だ、って。
ラジオでは2曲だけ聴けた。まぎれもなくハイエイタスの音でした。
もしそこに細美さんの声が乗ってなくてもすぐ分かるぐらい、色があった。

製作を終えた細美さんの声はいつぶりかと思ってしまう程元気でした。
今週もプロモーションで福岡の翌日に北海道とか大変そうだなぁ。
サテライトがある地域が羨ましいです。タワステ復活してくれー。

とりあえずツアーは9月4日のZeppには行けるので楽しみです♪
[PR]



by pochi-17 | 2010-06-14 22:52 | Trackback | Comments(2)

明日はきっと笑顔になれる

レミオロメンのライブに行ってきました。
去年のRADIO CRAZY以来、ちょうど半年ぶりのレミオロメンは
やっぱり温かくて自然体で、芯の強いバンドでした。

気持ちと言葉が交わって何度も涙が流れたけど、
新曲で歌われていたように、「明日はきっと笑顔になれる」ライブでした。
相変わらずぐだぐだなMCも楽しかったなぁ。
レミオロメンを観た後はいつもより少し素直になれる気がします。
[PR]



by pochi-17 | 2010-06-05 22:46 | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

2018.8.4 須藤寿 G..
at 2018-08-09 21:33
2018.7.1 ART-S..
at 2018-07-09 21:45
2018.6.2 髭×夜の本..
at 2018-06-15 21:35

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧