<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧




2018.6.2 髭×夜の本気ダンス@大阪Bananahall

2018.6.2
髭×夜の本気ダンス「髭と夜の本気ダンスがやります。」@大阪Bananahall

6月2日、行ってきましたバナナホール。
髭と夜の本気ダンスによるツーマンツアーの大阪公演に。

大阪梅田の堂山というかなりディープな立地に位置するバナナホールは、
泉の広場の6番出口を上がった右手のアーケードを抜けた所にあって、
待機場所が2階の廃墟みたいなビルの空きスペースだったり、
物販やってる目の前で無料案内所の男性店員が立っていたり色々濃かった。
ライブハウス自体はオープンして日が浅いから中はキレイでした。
クロークは開場前に使えて、ロッカーは開場後に使えるみたいだった。

例の廃墟みたいな場所で待たされて、番号呼ばれたら下に降りて入場して、
ライブハウスは地下にあって天井高めでステージは低め、間口は広め。
バーカンの前に一段高くなった手すり付きのスペースがあって、そこなら見やすそうだった。
フロアの端に木製の大きい樽が置いてあったのは旧バナナホールの名残なのかな。
ファンの比率としては夜ダンと髭で6:4ぐらいだった。
髭ちゃんの感想メインですがいつもみたいな覚え書きを。

髭ちゃんは後攻だと思い込んで喋りながら呑気に構えてたら、
フロアの照明が落ちて聴こえてきたのがミラクルズのSEでびっくりして声が出た。
(いやその前にSCで気付こうよという突っ込みは自分でもした)

+++

手拍子に乗って上手側からメンバーが登場。

須藤さんは白地に街の絵が描かれたTシャツ、斉藤さんは紺色?のシャツ、
宮川さんは白と黒の柄シャツ、コテさんは黒のバンT、謙介さんは白のTシャツだったかな。
謙介さん赤のビスタライトはパスピエのツアーに使ってるみたいでオレンジ色っぽいドラム。

普段、関西の髭のライブで押される事はないけどこの日は照明が落ちた時に少し詰まったみたいだった。
どの曲を最初に持ってくるのかなと思ったら「黒にそめろ」でライブがスタート。
謙介さんとコテさんのツインドラムはもはや髭というバンドの名刺代わりみたいな一曲。

もっとすげーすげーはメンバー、特に斉藤さんがほんと楽しそうでいきいきしてる。
ギターをちゃんと弾こうというより、自分自身ライブを楽しむ事を優先してるのがいいなあって。
ほどよく肩の力が抜けたサウンドなのにシンプルでかっこいいから不思議。

一歩前に出てギターを掻き鳴らす須藤さん。ロックンロールと五人の囚人。
この曲のAメロBメロのベースラインの良さに今更はまってずっと宮川さんの音を耳で追ってた。
最後のサビ前のフレーズ、…ナイフ、…レモネード…、ってあの歌い方だった。


須藤さん「こんばんは、髭です!初めまして!」

は、初めまして?じゃない人も結構いるよね?って思ってたら、
「初めまして!っていうのはバナナホールが初めてって事ね」と。

「バナナホールってバナナの匂いがするんだね。するよね?
キッチンのところにバナナがいっぱい置いてあって。楽屋にもバナナジュース…
バナナジューチュが置いてあって飲んだらすごく甘くて。すごい糖分補給だよね!」

バナナジューチュっていうのはみっくちゅじゅーちゅ的な?あれ関西人しか知らないと思ってた。
すごい糖分補給ってそれ軽い営業妨害だよ…?バーカンの人も聞いてると思うけど大丈夫…?笑


新曲やります、と披露されたのはすでにライブでもお馴染みになってきてる「謝謝」。
髭ちゃんが時々見せる素の表情にはいつもドキッとさせられる。
何度かライブで聴いて、やっと頭の中で思い出して曲を再生できるようになったのが嬉しい。
斉藤さんのギターソロが優しくて音色が透き通っていてずっと聴いていたかった。
グッときて泣きそうになりながら聴いてたら須藤さんがぺっかぺかの笑顔で癒された。

みんなの事を歌った曲です!って寄生虫×ベイビー×ゴー!を歌い始めるから、
その歌詞を耳にしたお客さんからクスクス笑い声が起きてた。
ゆるい歌詞とバッキバキの演奏のギャップ、曲を締めくくる謙介さんのドラムが最強だった。

斉藤さんのギターがフロア中に広がって、宮川さんがピックを手に取った瞬間きた!って。
(この曲はピック弾きだからね)ライブで演奏されるS.O.D.A.は本当に痺れるほどかっこいい。
何度でも言うけど須藤さんのシャウトは世界一だと思う!あんな声出せる人他にいないよ。
宮川さんもしっかりコーラスに参加してました。

そのまま続けてDEVIL'S ODD EYEが来てサイケデリックな雰囲気は最高潮に。
踊れるのにドラムはダイナミックな部分もあって、端から端まで惹きつけられた。
この曲の宮川さんのベースがすごくエロくていいと思う…(全力で褒めてる)

謙介さんが刻むテキーラのリズムに乗って話し始める須藤さん。

「みんな、テキーラは好き?今度みんなにテキーラ奢るよ!
奢るっていってもあれだよ?街で会った時にだよ?
ここにいるみんなにテキーラ奢るくらいのお金はあるよ。
もしお金がなくなったらATMで下ろしてくるから。
それで次の時にはみんなが俺にテキーラ奢ってよ!(イェーイ!)
昨日名古屋でテキーラ奢ってよ!って言ったらシーンとしてびっくりした。
俺も奢るからみんなもテキーラ奢ってよ。だって俺たち友達でしょ?」

そんな事もあるんだ…名古屋のお客さん正直すぎる。笑
急にATMとか言い出して現実的になったの面白かったな。

「みんなひとつになろうよ!みんなひとつになろうって言ってんの!」と、
いつものようにコール&レスポンスに持ち込む。

須藤さん「俺がイエー!って言ったらイエー!って返してね!」

須藤さん「イエー!」
お客さん「イエー!」

須藤さん「じゃあ次は2拍置いてイエー!って言ってみよう。
2拍って言うのは業界用語で、みんなにとってはあれだね。
『んっ!んっ!』て2回息を飲む。Are You Ready?」

お客さん「…イエー!」
須藤さん「すぐにイエー!って返した奴がいた!Are You Ready?」
お客さん「…イエー!」

テキーラ!テキーラ!はもうライブでやらない方が少ない超定番曲なんだけど、
須藤さんが歌詞をとちってガム2回噛んじゃって「これさっき言ったね!踊ろう!」って。笑
転調するところで須藤さんが手を上げたらミラーボールが輝き出して魔法使いみたいだった。

「また大阪に年内にワンマンで戻ってくるんでその時にまた会いましょう」と、
そろそろライブも終盤なのかなっていうような話をしていたんだけど。

須藤さん「今日は対バンなのにエンジンかかるのが遅かった。
このキャリアをもってしても、あれ?おかしいなって。
もう一曲やっちゃおうかな?夏フェスでやったら絶対に怒られるやつ。
タイムテーブル厳守だから。でも幸い夜の本気ダンスとの対バンだから、
後でごめんごめん!って謝っておけば済むから!」

まさかの展開!
急遽メンバーが須藤さんの下に集まって緊急ミーティング開催。

「何やる?」って言っておいて「そんなに練習してないな」とか、
斉藤さんが「あれやろう!」って言ったら須藤さんが「あれじゃ絶対分からないから!」って。

須藤さん「ほんとこの時間が無駄だよね!こういう時間が一番怒られる。これとかどう?」って
爪弾いたのが長尾氏のイントロで「あえて下げるっていうね」と。それはそれで聴きたい。。

ミーティングの結果演奏されたのは「髭は赤、ベートーヴェンは黒」でめちゃめちゃ上がった。
ライブバンドだからこそできる嬉しすぎるサプライズでした。

ラストはAcoustic。聴いてるうちに荒吐で観たライブの光景が重なって、
場所や観ている人の数は違っても同じ熱量で演奏して歌って届けてくれる姿にじーんとした。
”このメッセージ聞こえるかい?”は夜ダンのお客さんも一緒に歌ってくれて、それも良かった。
歌の中で須藤さんが「愛してます!」って言ってたのも粋だったな。
Acousticは曲終盤の謙介さんのドラムの熱量がすごくていつも目が離せなくなる。

演奏を終えてステージを後にするメンバーに拍手が贈られる。


+++


慌しく転換が始まって、サウンドチェックが終わると今度は後攻の夜の本気ダンスのライブに。
髭ちゃんに関しては曲の感想を書けるけど、夜ダンはほば曲を知らなかったのでMCの話をざっくりと。

端なら押される事もないしと思ってそのままの位置で割と大人見しようとしてたのに結果踊らされました。
夜ダンのライブは初めて。何年か前、髭ちゃん目当てで行ったミナホエクストラに確か出てたと思うんだけど、
オールナイトで疲れてトリの夜ダンは見ずに帰ってしまって。なので何年越しかのリベンジ。
アー写とMVのイメージで勝手に今時のチャラチャラしたバンドだと思ってたんだけど(ごめんなさい)、
リズム隊の演奏がしっかりしていて、マイケルさんの指弾きのベースと鈴鹿さんが正確に刻むドラムが良かった。

MCはほぼドラムの鈴鹿さんが回していて、他のメンバーが絡んでくると
学校でわちゃわちゃしてるみたいな雰囲気で、これまたギャップが。
エルレの当落で落ちた皆さんー!って言ってたけど鈴鹿さんも申し込んでたのかな?
まさかこんなところでいじられると思わなかったよね。さすがMCモンスター。。
それでマイケルさんが「エルレエルレって…」と言ったら、
「エルレ復活した時に俺の青春!ってメール送ってこようとしたやん!」って鈴鹿さんから反撃が。笑
結局「何回ELLEGARDEN言うねん!!俺の青春はHIGE髭や!!」と。

髭の音楽を学生の頃に聴いていたらしく、そんなバンドと一緒に三か所も周れて嬉しいという話をしていて、
鈴鹿さんが喋っている時に話を遮って米田さんが口にしたのもその事だったのが髭ファンとしてすごく嬉しかったな。

あと、夜ダンは京都のバンドで(だから大阪では後攻だったの?)でもマイケルさんだけ大阪出身と話していて、
でも今は京都に住んでるから堂々と「京都から来ました!」って言えるようになったと。
鈴鹿さん以外の3人?は近所に住んでるらしくて「野菜なくなったから買いに行こう」ってスーパーに行ったら会うらしい。笑 仲良いなあ。

ライブの前に何曲か定番曲を教えて頂いていて、その曲も聴けたし想像してた以上に楽しかった!
曲がキャッチーで聴いた事がなくても問題なかったし(予習するとより楽しめるけど)、耳に残るフレーズが多いなって。
新曲なら髭のお客さんも自分達のお客さんも同じように楽しめるって言って新曲も聴かせてくれた。

髭ちゃんも夜ダンも、タイプは違えど躍らせるバンド同士フィーリングがぴったり。
米田さんのパフォーマンスは魅せ方が上手くて、ネクタイを外すだけで歓声が上がってたな。

ライブが終わり、メンバーがステージを去るとすぐにアンコールの手拍子が始まる。
しばらくしてスタッフさんがステージの転換を始めたからこれは…と。


+++


歓声に応える形で、今度は夜ダンと髭のメンバー全員がステージへ。

アンコールの時も謙介さんはオレンジ色っぽいドラムだったからまた出して来たのかな。
須藤さんは赤い缶のビール?を片手に、マイケルさんもアサヒ缶を片手にリラックスした雰囲気。
ギターの西田さん(かなり個性派キャラ)のところにテキーラが運ばれて、結構飲んでたけど大丈夫…?

須藤さんが関西弁を喋っていて、関西弁に憧れがあると(ダウンタウン世代だかららしい)。
それで「わいかて(私だって)」という関西弁の実践コーナーが始まって。

「わいかて…」っていう優しい「わいかて」は「僕も君の事が好き」っていう意味で、
「わいかて!!」っていう強めの「わいかて」は「わいかて阪神が好きや!!」っていう意味なんだって。
生まれも育ちも関西だけど「わいかて」って使った事ないなあ。。笑

鈴鹿さんを見て「汗かいてるよ」って須藤さん。
そしたら「須藤さんだってライブしたら汗かくじゃないですか」って言われて、
「鈴鹿でもすべる事あるんだと思って見てた」って。笑
確かに上手い事言った風の時にややすべりだったような。
ここで「スタッドレス履いて来たら良かった!」ってもう一回すべってたのが最高だった。

夜ダンのギターの西田さんがこの間誕生日だったという話を鈴鹿さんから?急に振られて、
須藤さんが「一回り上。そう、ふたりとも巳年だから。俺40だよ」って。
お客さんから「えー!(見えない!)」って言われて嬉しそうな須藤さん、
正確には13個上で41ですよね?え、あの短い間にサバ読んだ?(そしてまんまと騙されるオタク)

須藤さんが米田さんを見て突拍子もなく「スタイルいいなー!」って言ってて、
米田さんが「今ですか!?」って言ってたのも笑った。確かに背が高くて顔ちっちゃくてスタイルいい。

アンコールでは髭と夜ダンの全員、総勢9人がステージに上がってセッション。
お互いの曲を一曲ずつリクエストして演奏するという粋な演出。

夜ダンがリクエストした髭の曲は「D.I.Y.H.i.G.E.」。ナイス選曲!
須藤さんと米田さんが交代でボーカルを務めていて、
途中で米田さんが入る時に展開が変則的になったような気がしたんだけど、
その時に須藤さんが謙介さんの方を見てアイコンタクトでワンフレーズ追加してて。
臨機応変に対応できるのはライブで鍛えてる強みだなって。
間奏のところで「みんな海の中にいるよ!」っていう須藤節も聞けました。

対して髭ちゃんが選んだ夜ダンの曲はロシアのビッグマフ。
どことなく髭イズムを感じる曲調で納得。コール&レスポンスがキャッチーで楽しかった。
須藤さんと米田さんがメンバーをひとりずつ紹介していて、
「みんなマイケルジャクソンは好き?マイケルはマイケルでも、
こっちのマイケルは低い所を保ってくれるよ」っていう須藤さんの振りがいいなって。

最後にコテさんがミスター康一!って紹介されて、パーカッションをポコポコ叩いてたんだけど
ちょっと長くて須藤さんがハラハラしてるんじゃないかなって思ってしまった(ちょっと笑ってたし)。

こういうセッションとか、お互いのバンドメンバーを紹介するところとか、
対バンならではだし、初めと終わりでは対バン相手の印象も変わっていたりしてそんなところも良かった。
ライブが終わった後のお客さんも高めでいいライブだったという事が伝わってきたなあ。
また機会があったら関西でもこの二組でライブやってほしい!その時はきっと観に行くよ。


+++


2018.6.2
髭×夜の本気ダンス「髭と夜の本気ダンスがやります。」@大阪Bananahallセットリスト


【髭】
01.黒にそめろ
02.もっとすげーすげー
03.ロックンロールと五人の囚人
04.寄生虫×ベイビー×ゴー!
05.新曲(謝謝)
06.S.O.D.A.
07.DEVIL'S ODD EYE
08.テキーラ!テキーラ!
09.髭は赤、ベートーヴェンは黒
10.Acoustic

【夜の本気ダンス】
01.Crazy Dancer
02.for young
03.Magical Feelin'
04.LOVE CONNECTION
05.HONKI DANCE TIME
06.Japanese Style〜fuckin'so tired〜Only nineteen〜B!tch〜
07.WHERE?
08.TAKE MY HAND

【ENCORE SESSION】
01.D.I.Y.H.i.G.E.(髭)
02.ロシアのビッグマフ(夜の本気ダンス)
[PR]



by pochi-17 | 2018-06-15 21:35 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

2018.8.4 須藤寿 G..
at 2018-08-09 21:33
2018.7.1 ART-S..
at 2018-07-09 21:45
2018.6.2 髭×夜の本..
at 2018-06-15 21:35

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧