タグ:須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET ( 2 ) タグの人気記事




2017.12.27 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET@心斎橋JANUS

行ってきましたGATALI大阪。今更ながらレポを。。
忘れた頃にレポをぽろっと落として行くのがこのブログです。
最近はライブのことしか書かなくなってしまったけど2018年もどうぞよろしくお願いします。

+++

春の磔磔以来のGATALIは須藤さんと長岡さん、ケイタイモさんの3人編成。
この日はめずらしく整理番号が10番代で長岡さん側の上手最前で観ることができました。

開場待ちの間も照明は割と暗めでいい雰囲気なのがJANUSの好きなところ。
ステージの上は間接照明のランプが置かれていて、ステージ奥のテーブルにはワインクーラーでお酒が冷やされてた。
須藤さんとケイタイモさんはスツールなんだけど長岡さんは今回もソファでした。

+++

開演時刻を少し過ぎた頃、オレンジ色のスウェットに身を包んだ須藤さんが最初に出てきて喋り始める。
普通、ライブでいきなり喋り始めることはないけどGATALIはその点とても自由。

しばらく喋って、須藤さんに呼び込まれて登場したケイタイモさんと長岡さん、
電車ごっこみたいに肩に手を乗せて出てきてそのままステージを通過。お茶目。笑

長岡さんは紺色で赤い柄が入ったニットっていうラフないでたちなんだけど、
シルバーのセミオート型のメガネがクラシカルでお洒落だった。
ケイタイモさんは柔らかいピンク色のスウェット姿でカジュアルな感じ。

須藤さん「今日新幹線で東京から来たんだけど乗り遅れちゃって」

ケイタイモさん「亮介に聞いたらさっきホームで須藤くん見たよって
言ってたから乗ってると思ったらいなかった」

須藤さん「いつも同じホームだからそこで待ってたら、後ろのホームから新幹線が発車して。
えっ?て思ったら一回ドアが開いたの。それで乗ろうとしたら駅員さんに
『危ないからやめて下さい』って言われて。ああいう時の駅員さんって冷たいよね」

長岡さん「しかもドアが開いた原因、須藤くんのギターが挟まったからなんだよね」

須藤さん「そうなの!俺のギターが挟まってたから乗る権利はあったと思うんだよ!
それで次の新幹線まで時間持て余してスムージーとか飲んでた」

須藤さん「今日寒いよね!俺こんな(くるぶし丈のパンツから足首出てる)かっこで来ちゃって。
大阪着いたら寒っ!てなって。新幹線で来る途中、名古屋あたりで真っ白になってたもん」
長岡さん「大阪寒い?急に寒くなったのかな?(と話しながらフロアを見る)」

須藤さん「本番前、ケイタくんが楽屋でずっと話しかけてくるの!
考え事してたからその辺にある紙に目を落としてもずーっと声かけてきて」

長岡さん「ずっとふたりで喋ってたね」
須藤さん「あのジャニーズの…脱退した…ってKAT-TUN脱退した人は全員途中で抜けてるから!」
ケイタイモさん「人の名前が思い出せない」
須藤さん「俺も最近同じ話ばっかりしちゃうんだよね」
ケイタイモさん「そういう時は『前にも言ったかもしれないけど』って言う。亮介は優しいから聞いてくれるんだけど」
須藤さん「俺だって優しいよ!!」

須藤さん「最近どんどんおっちょこちょいになってきてるんだよね。このまま行くとどうなるのかなって。
俺より一回りぐらい上のスタッフさんがいるんだけどもっとだよって言われて」

須藤さん「盛り上がってますか?盛り上がる訳ないよね、まだ一曲もやってないんだもん。
2人に至ってはまだ楽器を持ってすらいないもん。でも帰る頃にはみんな叫んでるからね!」
長岡さん「楽器持った方がいい?」
須藤さん「楽器は持っておこうよ。…そろそろ曲に行こうか。一曲目は太陽の季節っていう曲です」

太陽の季節はコーラスの繊細さと、これぞガタリなサウンドが聴きどころ。
この日はアコースティック編成だったから尚更際立ってた。
いつもはベースのケイタイモさんもこの日はガットギターとパンデイロという
タンバリンを曲によって使い分けて演奏されていました。

曲終わりに「緊張感あったね」とケイタイモさん。
驚いたのは曲に合わせて長岡さんがリズムを刻む振動がステージから伝わってきたこと。
それぐらい近くて、観ているこっちも少し緊張。

ラブヘイトでは長岡さんが少し演奏を間違えて笑うシーンも。
丁寧に歌い上げる須藤さんが印象的で、ぐっと引き込まれた。

続いて髭のカバーでサンシャイン。長岡さんのコーラスはもはやツインボーカルみたいな存在感。
泣きのギターソロはずっと聴いていたい心地よさだった。

須藤さん「リハ初日にカレー屋に行ったよね。ガタリでスタジオ入る時、
11時から19時までやるぞ!ってやる気になってスタジオ取って。
ケイタくんが迎えに来るの好きで送るのも好きな人だから迎えに来てくれて、
11時からスタジオ予約してて、何ならちょっと過ぎてたかな?
着いたらスタジオの近くにインドカレー屋さんがあって、お昼に向けていい匂いがしてくるの。
それで誰かがちょっとカレー食べない?って言い始めて。まだ音出してませんよ??」って。

長岡さん「それ、俺から言い出したかも。大きいナンとかあるところね」

須藤さん「それでケイタくんはバターチキンカレー、
亮介はマトンカレー、俺はほうれん草カレーにして分けようかって」

須藤さん「大阪に来る時、新幹線が自由席で隣に座ってた女の子、3歳ぐらいかな?
俺の事をずっと見てて。多分『おじさんかな?おばさんかな?』って思ってたんだろうね。
その子に話しかけられてずーっと喋ってた。しまいにはお母さんもその子を置いて席を離れたりして、
女の子はお腹出して寝ちゃったりしてね。新幹線って考え事するのにちょうどいいじゃん。それができなくて」

ケイタイモさん「前に娘が家に友達を連れてきて、ピンポン鳴ったから出たら
『帽子取って』って言われて、取ったらその友達に『ほんとだーーー!』って言われて。

須藤さん「家に来るまでに『ほんとだーーー!』ってなるようなやり取りがあったんだろうね」
ケイタイモさん「近所の子供にも変って言われたもん。その横でお母さん達が俺にケツ向けて」
長岡さん「髪型変えたいとかはないの?」
ケイタイモさん「変えたいとは思ってるんだけど」
長岡さん「切ったことはないの?」
ケイタイモさん「親父が死んだ時にさすがにこれで葬式出れないから剃って、また元に戻った」
長岡さん「他の髪型も見てみたい」
須藤さん「これで伸ばして変な茶髪とかになったらやだな(笑)その耳のピアスは外しても塞がらないの?」
ケイタイモさん「塞がらない」
長岡さん「結婚して子供いてこれっていいよね。辮髪」

須藤さん「これ5年前も言ってた気がするんだけどもう子供作るしかないよね。
子供ってどうやったらできるのかな?子供ができたら何気なく過ぎていく毎日も止まるじゃん。
まあいないって事は作らないんだろうけど」

須藤さん「みんな今日はゆったり楽しんでもらって。
今日は自由席なの?荷物置いてお酒も取りに行けるしね」


須藤さん「次に歌う曲はビートルズのカバーでNowhere manという曲です。何もない奴って意味なんだよね」
ケイタイモさん「そういう意味なんだ」

須藤さんが歌うビートルズは温かみがあって、シンプルな曲によく似合ってた。
それにしても長岡さんがビートルズを弾くってなかなかレアなんじゃないかな。

楽しい世界旅行からあそびいこうにシフトしていくところ、須藤さんの自由な感じが出てていい。
ちょうどその辺りから転調して長岡さんのギターからファンクな香りが漂ってきてがらっと雰囲気が変わる。

次に歌うのはGATALIの新しいアルバムに入ってる曲という話だったかな、須藤さんが次の曲の歌詞を朗読し始めて。
須藤さんの声は歌ってる時も喋ってる時も大好きだからずっと聞いていたかった。

森が泣けば鳥は羽ばたくはGATALIの新譜に収録されてる。
童謡みたいなピュアな部分と、どこか厳かな部分の両方がある不思議な曲。
シンプルな言葉で紡いだ歌詞なんだけど、真理をついていてドキッとする。

チョコレート・ドリームのカバーはもうすっかりライブでもおなじみ。
かわいらしい歌詞が須藤さんのチャーミングさにぴったり。

意外だったのがYMOのカバー、君に胸キュン。
おしゃれなサウンドと須藤さんの胸キュンポーズのあざとかわいさのギャップ…
(両手を軽く握って顔の横に持ってくるっていう)
ケイタイモさんが「かわいい!もう一回やって」って胸キュンポーズをおねだり。
それに応えて須藤さんが「キュンッ☆」って。みんなでYouTubeで聴いてたんだそう。

どのタイミングだったか忘れてしまったけど、ケイタくんのバンドの曲歌ってよ!って須藤さんに言われて。
ケイタイモさんがやっているikanimoの曲を少し歌ったんだけど、
歌った後に「歌詞が聴こえなかったから朗読して!」って。
「昨日履いてた靴を今日も履く」みたいな歌詞を朗読してくれたのでした(うろ覚えでごめん)。
そしたら長岡さんが「佐野元春みたいに指鳴らして」って。ソングライターズ見てたのかな。笑

須藤さん「明日も歌詞の朗読やろうかな?(嫌がる2人)今日は特別な夜だよ!
明日の会場もきっといい所だよ!行ったことないけど!」と行った事のないサムズアップを褒める須藤さん。
こういう適当なところ、THE須藤寿っていう感じがしてすごく好きです。。

何の話だったかな、須藤さんが心斎橋を新大阪って間違えて長岡さんが吹き出したら、
「新大阪通ったもん。通りすがったもん!」と須藤さんが反論。

須藤さん「次に歌う曲はニール・ヤングのAfter the Gold Rushの一曲目なんだけど、歌詞がすごくいい。
昔ニール・ヤングを聴いた時は退屈な音楽だって感じたんだけど。
“何かを新しく始めるには遅すぎるけど諦めるのはまだ早い”って歌詞で、
聴きながら僕の事を思い浮かべてくれたらなと思います」

と、そんなMCの後に披露されたカバーがとても良くて。
この歌詞は自分とも重なるところがあるなあって思って余計に沁みた。

須藤さん「レコーディングしてなかった曲で亮介が作ったたとえばユートピアって曲があって」
長岡さん「どうせいいと思ってなかったんでしょ?」
須藤さん「そんな事ないよ!」(長岡さんが静かに微笑む)

アルバムのタイトルトラックにもなってるたとえばユートピアはお洒落な雰囲気のサウンド、
気だるい須藤さんの歌声、ひとひねりあるギターのフレーズが持ち味。
この曲はバンドセットだとまた違う良さが出てきそう。

真夏の夜の夢は長岡さんのギターがとにかく素晴らしくて、まさにスーパーギタリストだった。
繊細かつ緻密で時に大胆で、あんな風にギターが弾けたら楽しいだろうなあって。

僕はゲリラの時、長岡さんのソファに須藤さんも座って、ケイタイモさんもその後ろで踊って、
ふたりが去って行った後に歌おうとした長岡さんがマイクない!って焦ってた。笑
ほんとに仲良しでいいムードなのが伝わってきてほっこりしたワンシーンでした。

本編が終わってステージを後にする3人。

+++

アンコールで先に出てきたのはケイタイモさん。長岡さんと須藤さんはトイレに行ってるそう。笑
「先に出てきても喋る事がない」と困っていたところにふたりが登場。

須藤さん「今度ガタリは2019年にやりたい。とぼけた訳じゃなくて、来年は髭が15周年だからガタリは再来年かな」
長岡さん「再来年やろうとしたら来年のうちに色々仕込んどかなきゃいけないしね」
ケイタイモさん「せっかくだから観光もしたい」
須藤さん「前に神社仏閣でライブがやりたいって言ってたの忘れかけてた!」

「ルネッサンスの3曲目が好き」というケイタイモさんのリクエストからペトロールズのカバーで「表現」。
流れ上歌詞の朗読をせざるを得なかった長岡さん(ずっと嫌がってた)
歌いながら早口で次のフレーズの歌詞を朗読するという技を編み出す。
お客さんも一緒に歌ったりして、ペトファン多いんだなあって。私の隣の男性もずっと長岡さんを見てた。

テキーラでは「できるかな…」って長岡さん。
フレーズをその場で録音してループさせてギター重ねてて、トディさんが
Ropesのライブでやってるのだ!と密かにテンション上がった(Driveの時ね)。
GATALIバージョンの少し大人でほろ苦いテキーラは腰にくる感じで、じっと聴いてるのがじれったかったな。
間違いなくライブのハイライトになる、素晴らしい歌と演奏でした。

こんな感じでライブは終了。終始いい雰囲気で楽しかった。
どの曲だったか忘れてしまったけど、ケイタイモさんが口笛混じりみたいな
不思議な歌い方をしていたのが面白かった。ホーミーっていう歌い方なんだって。
パンデイロもまるでドラムみたいな音色で叩いていてすごいなあって。
須藤さんの歌は言わずもがな素敵で、長岡さんのギターも最強でした。

2018年は髭ちゃん15周年だけど、GATALIもゆるゆると活動してくれたらいいなあ。


+++

2017.12.27 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET@心斎橋JANUSセットリスト

太陽の季節
ラブヘイト
サンシャイン
Nowhere man(ビートルズカバー)
楽しい時間旅行
森が泣けば鳥は羽ばたく
チョコレート・ドリーム
君に胸キュン(YMOカバー)
Tell me why(ニールヤングカバー)
たとえばユートピア
真夏の夜の夢
僕はゲリラ
テキーラ!テキーラ!
[PR]



by pochi-17 | 2018-01-19 22:25 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.3.26 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET「RESPRINGMAN」@京都磔磔

2017.3.26 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET@京都磔磔

行ってきました久々の関西GATALI。
前に行ったのは一昨年のクリスマス頃だったから結構久しぶりだった。

日程が出て先行に申し込んだものの、まさかの落選。
二次先行は取れるでしょって思ったらまたもや落選。
初めて一般まで回ったんだけど、そこでも取れなくて…
フォロワーさんに譲って頂いたお陰で何とか参加できました。
その節は本当にありがとうございました…!
以下レポとも呼べない覚え書きです。笑いすぎたせいか色々記憶が怪しい。
セトリは東京と似てるけど何か抜けてるかも…?

+++

電車の中で前日のART-SCHOOLの余韻に浸りながら京都へ。
この日はしとしと雨が降って寒かったけど京都の街は雨も似合う。
ちなみに磔磔は傘の持ち込み禁止だった。床が木だから傷んじゃうのかな?
磔磔の前でフォロワさんとお喋りした後、ドリンクと引き換えに入場。

番号が遅くてほとんど埋まってたから上手側の段の最後列に。
後ろの壁際には過去のセットリスト(怒髪天とか)や手描きの看板、
チャボさんの写真とか色々飾られてあったんだけど、
奈良美智さんの手描きの絵があるの知らなかった。磔磔6回ぐらい来てるけど。
開場までの時間、ご機嫌なBGMが流れてた。Satisfactionは永遠の名曲。

+++

開演時間を少し過ぎた頃、頭上の天井がギシギシ軋んで人の気配が(二階が楽屋)。
BGMが止んでふっと暗くなって階段にスポットライトが。現れたのは須藤さん。
そのままひとりでステージに上がる須藤さん。

須藤さん「こんばんは!須藤寿 GATALI ACOUSTIC SETへようこそ!」

「GATALIは2012年にアルバムをリリースしたんだけどその後はリリースがなくて、
5年前にリリースしたアルバムの曲をあたかもリリースツアーのように演奏します!」

ひとりずつメンバーを呼び込む事になって、まず最初に紹介されたのが鍵盤の野村さん。

須藤さん「今回はgomesが日程合わなかったから卓史くんにお願いして。
GATALIには『ハーイ!ゴメス!』と『スーゴメって10回言ってごらん』っていう曲が
あるんだけど『ハーイ!ゴメス!』は今日は『ハーイ!タクジ!』として演奏します!」

須藤さん「卓史くんと伊藤大地はグッドラックヘイワっていうバンドをやってるから
GATALIでも一緒にやりたくないかと思って俺、伊藤大地に電話して確認したもん!
『卓史くんと仲悪くないよね?』って。そしたら『大丈夫です仲いいです!』って」

伊藤さん「怪しまれないようにすぐ『仲いいです!!』って(笑)」

須藤さん「この間リハーサルの時、ケイタくんと亮介が自転車に乗って来て
外で話し込んでなかなか入って来なかった事あったでしょ?
その時スタジオで卓史くん、伊藤大地、俺ってなってて
それグッドラックヘイワじゃん!グッドラックヘイワfeat.須藤寿じゃん!って。
早く紹介してくれないかな?ってずっと思ってた。
卓史くんとはこの間初めて会ったばっかりなんだけど、ひと言で言うとドジ!
この前も『スマホをなくして連絡が取れない』って言われて」

野村さん「かんたんスマホを3000円で買ったんですよ。万歩計が付いてるやつを」
須藤さん「デフォルトで万歩計が付いてるやつね?(笑)」
野村さん「でもSIMカードが認識されなくて」

須藤さん「俺もう飲んじゃうよ!ダブルスコアだからね!この間40になったんだけど
40なんて小さい子供に俺の事呼ばせたらもう絶対『おじさん』だよ。
この間卓史くんが紹興酒を飲んでたんだけど、ビール飲むようなコップで
紹興酒飲む人初めて見た!あっという間に開けちゃうの。
飲みます?って言われたんだけど、二周目にはもうなかったもん。
卓史くんとはまだ少し距離があるけど、ライブが終わる頃には
もう抱き合ってると思うよ!ライブで距離を詰めるから!」

その後ケイタイモさん、長岡さん、伊藤さんも呼びこまれる。

須藤さん「今日は須藤寿 GATALI ACOUSTIC SETの看板背負ってやるよ!
昨日の名古屋で散々間違えたから今日はきっといいライブになるよ!」

相変わらずなかなか演奏が始まらない、それがGATALIのライブ。


一曲目はあそびいこう。ゆるいトークとは裏腹に演奏はちゃんとしてて惹きこまれた。
須藤さんもギターを長岡さんに委ねてる分、いつもより丁寧に歌ってる印象だったかな。

楽しい時間旅行の後半であそびいこうのメロディを織り交ぜる遊び心が素敵。
口笛は伊藤さんがドラムを叩きながら吹いてたけどお上手だったなあ。
サンシャインはsunsetバージョンで。思わず目を閉じて聴き入ってしまう心地よさ。


須藤さん「ハーイ!ゴメス!、太陽の季節、ラブヘイト3曲聴いてください。ハーイ!タクジ!」


ハーイ!ゴメス!ならぬハーイ!タクジ!って言ってたのに曲は普通だったの適当で笑った。
太陽の季節はひとつひとつのパートの音をじっくりと楽しめる。

そのまま次の曲に行こうとした野村さんに須藤さんからストップがかかる。
須藤さん「そのまま次行かないよ!一旦ここは置くよ!」って。
ラブヘイトも目を閉じて聴いてたら最後にちょっと泣けてきた。


須藤さん「次に歌う曲は小さい頃に子供の歌で流れていた曲で、
チョコレートドリームって言うんだけど、いい曲だなって思って。
カバー曲は楽なんだよね。ゼロから作らなくていいから。もうできてるから!
東京までにカバー曲もう一曲増やしたいな。間に合うかな?
東京ではキネマ倶楽部っていうステージに階段がある会場でやるんだけど…
こんな話してても関西の人にはなじみがないかな?」


40歳にしてチョコレートドリームみたいなキュートな曲を歌えてしまう須藤さん。。
一挙手一投足がいちいち(あざと)かわいくて、ずるい!って思った。


須藤さん「GATALIは全員が歌えるからコーラスグループになれる!楽器置いてこっち来い!!」
長岡さん「(野村さんに)ソちょうだい」
全員「ソーーー♪」


ステージの真ん中に野村さん以外の全員が並ぶ。ピアノの演奏だけで披露されたのはBeach Boysのカバー。
Anna Lee,The Healerという曲だったんだけど、コーラスワークに圧倒された。
5人全員が歌えるとはいえ、想像の上を軽く超えるような歌だった。
なのに須藤さんはウキウキな振り付けで会場を湧かす。


須藤さん「どうかな?僕達ゴ○ペラーズみたいになれるかな?」
伊藤さん「ツアーを重ねるごとにサングラスのメンバーがひとりずつ増えてね(笑)」
須藤さん「俺、あのちんちくりんにはなりたくない!あ、これはゴ○ペラーズの事じゃないよ!
最近きてるコーラスグループってあんまりいないじゃない?そこ狙えるかもね!
俺の中のコーラスグループがゴスペラーズで止まってるんだけど(笑)」


須藤さん「この間、卓史くんの事をもっと知りたくて色々調べてたの」
ケイタイモさん「WEBで?」
須藤さん「WEBでWEBで。卓史くんの事をサーチしてたら髪が長い昔の写真が出てきてびっくりして」

野村さん「腰ぐらいまであったんで。ずっと伸ばしてると排水口詰まるんで
切ってはまた伸ばし、切ってはまた伸ばしっていうのをここ10年ぐらいやってて」

須藤さん「その写真を見てるともれなく若き日の伊藤大地がついてくるの!
卓史くんよりそっちにばっかり目が行っちゃって」
(この時「昔小動物みたいな目してたよね」って誰かが言ってた)

須藤さん「若い頃のとがってた俺と出会ってなくて良かったよ、卓史くんが
その頃の俺と出会ってたらこんな(後ろ手でパンチ)なってて今頃いないよ!」

長岡さん「命拾いしたな!」

須藤さん「さっきのスマホの話じゃないけど最近スマホとかで
何でも見られるのどうかと思うよ!パソコンとか画質すごいもんね、
俺パトロールしてるもん。悪い人はいねえかーって。
そこまで見せちゃいますか?っていうのあるもんね。
あれはリビドーだと思うよ。そりゃ何でも見れちゃうんだから少子化にもなるよね。
ケイタくんとこの子供もそろそろそうなっちゃうんじゃないの?」

ケイタイモさん「うちの娘が俺のスマホで勝手にゲームの無料アプリを
ダウンロードして遊んでて、覗き込んだらバッて隠されたんだけど、
画面見たら女子高生みたいなアニメのキャラクターが金属バットみたいなの持ってて、
その周りにいるアニメの女の子みたいなキャラクターをその金属バットで殴ってて」

長岡さん「ライブもYouTubeじゃなくて生で観てほしいね」
須藤さん「今日生でみんなに会えて嬉しいよ!」


ビートルズのカバー、This Boyもとても素敵だったなあ。
須藤さんの歌いながらシャウトする感じ、あれは誰にも真似できないなって。

真夏の夜の夢は長岡さんのギターもケイタさんのベースのアレンジも好きだなあ。
椅子に座ってじっと聴いてるとうずうずしてくるグルーヴ感。


この曲の終わりだったかな、ケイタさんがビールを頼んで、
「この曲が終わったら飲もうかなって思ってた」って話してて
須藤さんが「いいと思うよ。ケイタくんが飲む時はいいライブだよ!」って。


須藤さん「暑いね、俺なんてセーター着てきちゃったもん、カシミアの」
ケイタイモさん「(触って)ほんとだカシミアだ(笑)」
須藤さん「カシミアか分かんないけど(笑)」


山下達郎さんカバーのアトムの子は初めて聴いたけど、ただのカラオケにならないところが
GATALIのすごさだなって。伊藤さんのドラムの迫力がすごかった。


須藤さん「次に歌う騒々しいバナナって曲で振り付けがあるんだけど。
S・Z・C!西城秀樹のYMCAみたいにね。右が上、左が上、右が上!やってみよう!
みんな飲み込み早いね!ミュージシャンになれるよ!」


須藤さんによる振り付けレクチャーの後の騒々しいバナナ。もう真顔で聴けないわこれ。。笑
思いがけずロックな感じにアレンジされていて結構聴き入ってしまったのと
SZCが意外と難しくてついて行けなかったのとでこっそりサボってたら曲終わりに
須藤さんが「(サボってる人を見て)何でやらないんだろう?って思った」って
話していて、そこでようやく少し心が痛みました(ごめんなさい)

最後の「バナナ♪」は伊藤さんが担当してたんだけど、
「ズンタツって叩きながら最後バナナって言わなきゃいけないのか…って思って。
皆にハメられた。でも俺が言わないと誰も言わないから音楽のために言いました」って。

須藤さん「今日は俺が須藤寿だから先導したけど、皆がステージに立った時は皆が先導してよ!」
ケイタイモさん「お前はいつも須藤じゃねーか」

須藤さん「もう恋ダンスは古いよ!」
長岡さん「恋ダンスより流行るといいね」
須藤さん「今度湘南乃風のDVD見て振り付けの研究しとくよ」
長岡さん「湘南乃風ってタオルじゃないの?」
須藤さん「氣志團か!おー!ってこの正解出した感!」


須藤さん「次に聴いてもらうのは髭の新しいアルバムに入ってる『あうん』っていう曲です。
まだ髭のライブでも演奏してない曲をGATALIでやるっていうね」

長岡さん「こっちのアレンジにすればよかったでしょ?」


髭ちゃんのライブでもまだやってない新曲を聴かせてくれるとは太っ腹。
上手く説明できないけど、こんな事言われてみたいなって思うような歌詞だった。
本体を聴いてないから違いは分からないけど完全にこれはGATALIの音になってた。

あうん終わりの流れでやってたのはたとえばユートピアだったのかな?
これは本当に早く音源化してほしい。。次の新作にはぜひ。

演奏を終えてステージを後にするメンバー。
すぐにアンコールの手拍子が始まる。


+++


手拍子がしばらく続いた後、階段にスポットがあたってメンバーが再び登場。


須藤さん「アンコールありがとう!…何も喋りたい事がない、でも曲も始めたくない」


GATALIライブではおなじみの僕はゲリラでは須藤さんがひとりずつメンバーを紹介。
それぞれソロパートがあったんだけど、さすがは凄腕ミュージシャンという感じだった。

ライブのラストは髭ちゃんのテキーラ!テキーラ!
最後だけお客さんもメンバーもスタンディングで雰囲気がガラッと変わった。
GATALIのテキーラは髭ちゃんが歌うテキーラより何だか少し大人っぽい。


須藤さん「また京都や他の関西の街に帰ってきます!
みんな次に会うときは髪も伸びたり短くなったりしてて、伸びたね!とか切ったね!とか
言えたらいいなと思います。これからもガタリの事を愛してください!」


磔磔にいるみんなの目を見てそんな風に話してくれたから最後にぐっときてしまった。
ラズベリーの時も白髪になるのを見届けてほしいとか話してたけど、
最近そういう感じなのかな?すごく嬉しいんだけど泣きそうになる。。

ステージを降りる前にGATALI恒例の須藤さんとメンバーのハグタイム。
伊藤さんの時はハグして離れなくて、ケイタさんと長岡さんは須藤さんに飛びついて
くるっと回ってたの女子っぽくてかわいかったけど須藤さん腰大丈夫かな?って。
最後の野村さんはじらしてハグしてから須藤さんと仲良く肩組んで帰るっていう。
須藤さんの戦略、ステージの上で距離を詰める作戦大成功!
ライブの最初の方にいきなり須藤さんが卓史!って呼び捨てにしてて、
「卓史って急に呼び捨てごめんね」って謝ってて、
長岡さんが「距離を縮めたいのか広げたいのか分からない」とか言ってたけど。。笑

そんなこんなで温かい空気に包まれてライブが終了。

何の曲だったか忘れてしまったけど、イントロでちょっと演奏が怪しくなった時に
須藤さんが「ん?」って顔して「アイーン!」って茶化したんだけど、
演奏立て直してそのまま曲に行って、曲が終わった後に須藤さんが
「俺、志村けん世代だから!面白い事しようとしたらすぐアイーン!ってなるの」って、
ほんとGATALIって(というか須藤さんって)自由だなあって思った。

あと須藤さん「怖い話ある人!怖い話ないの?」って急に振ってたけど
あの状況で怖い話できます!って挙手できる人いる…!?笑
何の曲の後だったか「こんな曲しか書けません!ずーーーん」ってかわいすぎた。

GATALIのライブは楽しい!でもちょっと髭ちゃんも恋しくなったかな。
次に観る時は新曲も増えてたらいいなあ。新作もお願いします!!


+++


2017.3.26 須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET「RESPRINGMAN」@京都磔磔
セットリスト


01.あそびいこう
02.楽しい時間旅行
03.サンシャイン(sunset)
04.ハーイ!ゴメス!
05.太陽の季節
06.ラブヘイト
07.チョコレートドリーム(Cover)
08.Anna Lee, The Healer(The Beach Boys)
09.This Boy(The Beatles)
10.真夏の夜の夢
11.アトムの子(山下達郎)
12.騒々しいバナナ
13.あうん(髭)
14.たとえばユートピア

EN1.僕はゲリラ
EN2.テキーラ!テキーラ!(髭)
[PR]



by pochi-17 | 2017-04-02 17:39 | Live | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

2018.2.11 Rope..
at 2018-02-20 21:45
2018.1.28 THE ..
at 2018-02-10 21:00
2017.12.27 須藤寿..
at 2018-01-19 22:25

pochi1017で
Twitterもやってます。

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧