人気ブログランキング |

タグ:MONOEYES ( 12 ) タグの人気記事




2019.5.14 Scott Murphy&Elizaveta@なんば紅鶴

2019.5.14 Scott Murphy&Elizaveta@なんば紅鶴

スコットさんとエリザヴェータさんの弾き語りライブに行ってきました。*ネタバレあり
(セトリは記憶を基に書き出したものなので後半ちょっと自信なし)

メール予約で整理番号のないライブで、誰も並んでなかったら嫌だから先に入って行った方に続いて入ったらまだ誰もいなくて、
しかもその方は後から来たお友達と合流するために順番を譲ってくださったので結果的に1番で入れた(その節はありがとうございました…!)。
味園ビルの2階、準備中だった近くの店主さんが紅鶴の場所を教えてくれた(またまたありがとうございます…!)。
リハの音が外に聴こえていて、ここにいたらライブまでに全部聴いちゃいそうだなと思いつつ、薄暗いお店の前で待機。
大人のおもちゃ的なガチャガチャが置いてあったり、月間スケジュールを見てもなかなかの濃さで、
宗右衛門町のロフトワンプラスウエストもこんな雰囲気だったなって思い出した(あっちはお店の前がクラブだった)。

開場時間の7時前になって、機材トラブルで開場が遅れるとスタッフさんから報告があって、中に入ったのは7時15分ぐらいだったかな?
店内のカウンターでチケット代とドリンク代を払って、誰もいない会場のどこで観ようか迷う。
ひとりだから端で観ようかと思ったんだけど、スピーカーで耳がやられそうだったから真ん中ブロックの端の最前に。
下手側にエリザヴェータさんの赤い鍵盤、上手側にはスコットさんのアコギとエフェクター、iPadがスタンバイ。
開演待ちの間はずっとスコットさんソロやスコリバ 、エリザヴェータさんの曲が流れてた。
会場の壁にはベッド・インとかシルク姐さんのポスターが飾ってあったり、
店名にちなんで赤い鶴の人形(オブジェ?)が吊り下げられていたり不思議な雰囲気。
控え室もカーテン1枚で仕切られてたからお客さんの会話とか聞こえてたんじゃないかな。

8時10分ぐらいにライブが始まる。
赤い光がステージを照らして、SEが鳴ったと思ったら客席後方から2人が登場。
ちょうど通路横の席だったからスコットさんが真横を通っていった。

エリザヴェータさんは飾りの付いた青い帽子に黒のレース地のトップス、
裾にボリュームがある青っぽいミニスカート、花柄のロングブーツ、
スコットさんはDEATH BY FONDUEのロゴとイラストが入ったグレーのラグランロンT(!)にデニム、
赤いコンバース。左手に黒い腕時計と白の大作戦のラババンという姿。

ステージ自体、客席から1mもない近さでドキドキした。
スコットさんの「明けましておめでとうございます!」という挨拶にざわつく会場。
「だって令和になってから初めてでしょ?」って。なるほどそういうこと…?
「いつもはMONOEYESでダイブとかもあるけど、今日はモッシュとかダイブは禁止だからね!」という注意に
「はーい!」とみんなで返事(いや着席だから!笑)


最初に演奏されたのはアルバムでもオープニングを飾っている「夢みる」。
エリザヴェータさんの美しくてしなやかな歌声と、スコットさんの温かくてゆったりとした歌声の重なりが心地良い。
エリザヴェータさんの音域の広さは音源でも十分伝わっていたけど、実際に生歌を聴くと声の揺らぎがとても素敵だった。

「衛兵」は子守唄になりそうな、優しく包み込むような音と歌に癒される。
いつもスコットさんの弾き語りはアコギだけだから、鍵盤か入ると音により一層彩りが加わってそれも良かったな。

エリザヴェータさんは日本語があまり得意ではないということで、スコットさんが通訳することに。
「テキストブックじゃなくて話し言葉で日本語を勉強したから訳すのは下手」と。
エリザヴェータさんは4か国語を話せるらしい。すごい…!

スコットさん「名古屋のお客さんは大人しいってバンドマンの中でも有名なんだけど、
大阪は大丈夫だからエリーが質問あるって。…ないんかい!」

「あんまり大阪で弾き語りをしないのは会場がなかったからで、
今回は自分でメールして探した。応えてくれた紅鶴さんに大きな拍手を!」

「この間宇都宮で、そのあとどこだっけ?それで宮古島に行って前夜祭、宮ロック、後夜祭、
次の日もビーチで遊んで昨日夜12時ぐらいに東京帰って朝から大阪に来て、この後神戸から下に行って、
その後は鹿児島でMONOEYESだから訳がわからない。もうちょっと考えれば良かった」

宮古島のビーチで捨ててあった冷蔵庫を舟にして遊んでて、その後で近くの物で
ちゃんとした舟を作って海に流したらひっくり返って下にサンゴがあって、
右足をひねって左足も打ってあざができて…しばらくMONOEYESなくて良かった。
スコットどうしたの大人しいねって言われるところだった」

「SOS」はスケール感や音の広がりを感じる曲。愁いを帯びたスコットさんの歌は
ALLiSTERともスコリバともMONOEYESとも違っていて、また新たな一面が見れた気がした。

ここで一旦エリザヴェータさんはステージから下りて、スコットさんひとりの弾き語りタイムに。

「もう1人の変な外人とやってるユニット」とスコリバの曲を。
お客さんの顔を見ながら楽しそうに歌うスコットさん。
ソロの弾き語りでもお馴染みの「HOMELY GIRL」は聴いていると自然と笑顔になれる曲。
途中、すごい声量で歌う一幕があって思わずみんなで拍手をしたら、それより手拍子をして欲しかったみたい。

スコットさん「2曲からチョイスしてもらいます。ALLiSTERのSomewhere On Fullertonか、
MONOEYESのBorders&Walls。Somewhere On Fullertonがいいって人?Borders&Wallsがいいって人?」

多数決で決まらず、じゃあかわいこちゃんに…って言ったら客席の照明が明るくなったの笑った。
結局「一番後ろの人!」って指された人も責任重大だからか選べないみたいだったけど、
前日にMONOEYESが4周年を迎えたということで「Borders&Walls」が演奏されることに。

スコットさん「ちょっと長く喋っていい?…やっぱいいやまたライブ来て!
今年の初めにTANNYさんが辞めるからってGOOD 4 NOTHINGのライブを
観に行った時に細美さんも一緒で、その時に東北で弾き語りやらない?って誘われて、
いいよって2人で弾き語りしに行って。最初細美さんと一緒にBorders&Wallsを歌ったら
途中で細美さんが『レッツゴー!レッツゴー!』ってしつこくて、
それで分かった!1人の時に歌えばいいんだ!って1人で歌ってたら後ろから人影が…
やっぱりレッツゴー!レッツゴー!ってなって。宮古島でも曲になってなかった」

細美さんしつこいって言われてるの笑ってしまった。その光景が目に浮かぶよう。

イントロを弾く時に「トディがいたらよかった。もともとベーシストだからお手柔らかに」と。
日本人でもなかなか出てこないお手柔らかにって日本語がスッと出てくることに驚いた。
Borders&Wallsのレッツゴー祭(?)面白そうだから一度は体験してみたいなあ。
バンドバージョンのバキバキのアメリカンロックな感じもアコースティックの親しみやすさもどっちも好き。

歌い終わってジャンプして、着地する時に足が痛くて「あー!」って(だ、大丈夫…?)。
演奏が終わってエリザヴェータさんがまたステージに。

スコットさん「2001年に初めてALLiSTERで大阪に来て、その時のギターのジョンと一緒に歩いてたら
タコ焼きのお店があって『パンケーキボール・大阪ナンバーワンフード』って書いてたから
食べるしかない!オーダーして、上にかかってるのメープルシロップだと思って
食べたらあれだったから、最初はタコ焼き好きじゃなかった。
みんなもビールだと思って飲んだのがミルクだったらミルク嫌いになるでしょ?分からないか…」

分かるよ…!よくいう「麦茶だと思って飲んだらめんつゆだった」みたいな感じでしょ?
スウィーツだと思って食べたらタコまで出てきたらそれは衝撃だったと思う…笑

スコットさん「次に歌う『君が起きるまで』はその時の彼女のことを
歌詞にしたんだけど、エリーが『気持ち悪い』って…」

今から歌うというタイミングでエリザヴェータさんからのまさかのツッコミに爆笑。

スコットさん「歌いづらい…見ないで!!」

そんなやり取りがあったからか、エリザヴェータさんが最後演奏を間違えて、
スコットさんが嬉しそうに鍵盤の端っこをいたずらっぽく叩くシーンも。

歌い終わってスコットさんが「気持ち悪かった?」って聞くからまた笑った。
気持ち悪くないよ…!気持ち悪いと思ったこともなかったしあの歌詞好きだよ!
(このことを直接伝えればよかった…面と向かうと上手く喋れなくなる悪い癖)

「メッセージ」は曲の後半にかけて力強さを増していくメロディと言葉、
その後にふわっと吹き抜けていく風みたいになるフレーズが素敵な曲。
歌い始めのエリザヴェータさんの柔らかい声がよかった。

スコットさん「いつも弾き語りは前半と後半に分かれてて、
休憩が15分あるからその間にお酒飲んだりトイレ行ったりイチャイチャして!」

前半が終わって休憩に入る。



+++



休憩を挟んでライブの後半がスタート。

スコットさん「この間東京の居酒屋で『春よ、来い』が流れてて、ずっと流れてるから
しつこいなって思ったんだけど、春だからかなと思って。
僕はGuilty Pleasuresっていうカバーアルバム9枚作って、
4年前にも20曲ぐらいカバーしてたんだけどMONOEYESが始まったからもういいやって思って(笑)
この間『春よ、来い』を聴いて思い出して、すぐエリーに送って聴いてもらって」

それってGuilty Pleasuresの新作がお蔵入りになったってことだよね…?
どんな曲をカバーしてたのか気になるから弾き語りの時でも聴かせてほしい!
リハでも念入りに歌い込んでいた「春よ、来い」の懐かしいメロディは春の空気を運んできてくれた。

スコットさん「ちょっと長くなるけど喋っていい?弾き語りだけど語りもね。
MONOEYESが始まった頃の話なんだけど…その時はアメリカに住んでて、
いい歳だからそろそろ落ち着こうと思って家を買って、好きな家具を揃えた時に
細美さんから『ソロアルバムを作るからスコット手伝ってくれない?』って誘われて、
『いいよ』って日本でレコーディングしてたら『やっぱりこれはバンドだ』って
細美さんが言い出して、アルバムができたらツアーがダーッて入ってて。
僕はアメリカと日本を行き来しながらやると思ってたから細美さんに『いつ帰れるの?』って
聞いたら『帰りたいの?』って言われて…アメリカには船で帰るしかないと思った」

さっきの宮古島で舟を作った話に繋がってた。そういうことだったの…!?笑

「次に歌う『Roxette』は、昔アラスカに行く一週間の船旅の時に出会った女の子との恋の話で、
ほんとはその子の名前はRoxetteじゃなくてメイガンなんだけど。
細美さんにそのことを話したらしつこく『メイガーン♪』って歌われて」

エリザヴェータさんが何かスコットさんに話しかけて、スコットさんがFU〇K!!って。
それで「何でも訳さないよ!英語の勉強しろよ!」と。おっしゃる通りです…
(エリザヴェータさんはその子はブロンドだった?みたいなことを聞いてたみたい)

さっきの流れでたこ焼きの話になって、エリザヴェータさんはたこ焼きを食べたくないみたいで。
「タコは頭がいいから食べたら(食べられてるのが?)分かる」かららしい。
エリザヴェータさんはこの日初めて大阪に来られたんだそう。

最初は普通にRoxetteって歌ってたんだけど、途中からメイガンバージョンに。
ちゃんとエリザヴェータさんもメイガンでコーラスしてた。

ゆったりとしたピアノの音色に乗せて歌い始めるスコットさん。
「こどものよう」は演奏がシンプルな分、歌が引き立っていて言葉もひとつひとつ耳に残った。

この曲だったかな、スコットさんが「女の子と一緒にやるとキーを合わせるのが大変なんだよね」って。
「どっちかに合わせると高過ぎたり低過ぎたりしちゃって。この曲は低すぎて…
エリーは低い方がセクシーっていうんだけどセクシーだった?
(お客さん「セクシーだった!」)また適当なこといって!」というやり取りがあって。
確かにAメロBメロのキーが低いからちょっと歌いづらそうにしてるように見えた。

スコットさん「アルバム聴いてくれた人!」
なぜかみんなお互いの反応を探り合う感じでそーっと手を上げてたら、
「大阪の人そんなんじゃないでしょ?」って突っ込まれた。笑

「大阪は日本の中で一番アメリカに似てる。
似てるって言ったら怒る?みんなフレンドリーで落ち着く」って
スコットさんが言ってくれたの大阪生まれの人間としては嬉しかったなあ。

スコットさん「ここからはエリータイム!」
エリザヴェータさん「スコットまたね!See you!」
スコットさん「またねじゃない!すぐ帰ってくるわ!」
エリザヴェータさん「バイバイ!」
スコットさん「ここにいるし!」

ふたりのやり取りがかわいくてずっと見ていたい。。

エリザヴェータさんはソロ作品から2曲を鍵盤の弾き語りで歌ってくれたんだけど、
(多分「Snow In Venice」と「Odi Et Amo」という曲)
この2曲はカラーが全く違っていて「Snow In Venice」は街角の風景が目に浮かぶような
温かなピアノが印象的なポップス、対して「Odi Et Amo」はオペラを思わせる情感あふれる曲。

「Snow In Venice」では歌詞の最後のベニスの部分を京都や大阪に変えて歌うサービスもあって、
親しみやすい雰囲気だったのが、「Odi Et Amo」は高音の声の響きに圧倒された。
ほんとにこの2曲は同じ人が歌ってるとは思えないぐらいで、プロってすごいなあって。
そのオペラ調の曲を超アングラな味園で聴いてるっていうのがミスマッチでまた良かった。

あまりにもすごかったので気になった方はYouTubeで聴いてみてほしい。




エリザヴェータさん「スコットさーん!」
スコットさん「スコットさんっていいねえ!高橋さん、生形さんって
なるんだけど、いつもスコットさんとは呼ばれないから」

エリザヴェータさん「次のアルバムではスコットもオペラを…」
スコットさん「やらない!!(声で共振して割れそうだから)ガラスがなくてよかった」

スコットさん「MONOEYESは4周年だけどALLiSTERは今年20周年で、僕以外のメンバーは
みんなアメリカでサラリーマンみたいな仕事をしていて子供も生まれて、なかなか休みが取れなくて。
でも今年休みを取ってALLiSTER?で日本に来てツアーやって。
今日そのTシャツを着てくれてる人がいて心があったかくなりました。ありがとう。
MONOEYESでアルバムの曲を作った時にメンバーで細美さんの家に集まって
シャンパン飲んで苺食べてリスニングパーティーやったんだけど、
その時にみんなに聴かせたら誰もいいって言わなかったからALLiSTERで使った曲」

そういって演奏されたのは「Stay With Me」。
もしかしたらMONOEYESで細美さんが歌ってた可能性もあったのかと思ったら不思議な気持ち。
でもこの曲はスコットさんのボーカルがよく似合ってるから結果的には良かったかもしれない。
Somewhere On Fullertonみたいに、いつかMONOEYESのライブでもやってくれないかなあ。

エリザヴェータさんのハリのある声が印象的な「We Are」はポジティブなメッセージが込められてる。
これはアルバム全体を通してもいえることで、背中を押してくれる歌詞が多い。

「宇宙海賊のラブソング」ではスコットさんによるセリフの部分も再現されてた。
ポップなんだけどスケール感があって、最後の音と声の余韻が心地よかった。

演奏を終えてステージを降りるスコットさんとエリザヴェータさんに拍手が起きる。
拍手がそのままアンコールの手拍子になって、しばらくして再び2人がステージへ。


スコットさん「アンコールありがとうございます!」


「MONOEYESのMy Instant Songを。宮古島で細美さんがツーステージで声がかれてて、
セットリストにあってライブでやらないことはない曲なんだけど今日はやらないって言ってて。
『スコットが歌うんだったらやるよ』って言われて、何の説明もなしに僕が歌って、
お客さんは何でスコットが歌うの?って分からなかったと思う」

弾き語りでエリーさんのコーラスも加わった「My Instant Song」はいつも以上に優しくて、
ここのところちょっと落ちてたから余計に沁みて泣きそうになった。
4年間、ずっとこの曲には救われてきたし、この先もそうなんだろうなって。

スコットさん「なんで2人でアルバム作ったか話してなかった。
スコリバのレコーディングしたスタジオのプロデューサー(だったかエンジニアだったかな?)を
通じて知り合って。スコリバの次にレコーディングするのがエリーで。
最初は2曲だったんだけど、2曲が12曲になりました!
エリーの歌は福岡で録って僕のパートは東京のマンションで作業をして。
隣からドンドンドン!って(壁を叩くジェスチャー)」

スコットさん家の隣に住みたい…壁に耳くっつけて聴きたい…(怖いよ)

「あと一曲です!(えー!)お前らは良くても俺たちが(笑)また来るね!
後で物販で写真撮ったりしましょう!興味ない人も握手ぐらいは。エリーもひとこと!」

エリザヴェータさん「Many many CD…」
スコットさん「アルバムは1枚だよ。頑張って!」

ラストは「HERO」。コーラスの部分はみんなで一緒に歌う。
その中でも全然埋もれたりしないエリザヴェータさんの強い歌。
スコットさんの歌は大きく包み込むようなイメージ。

悲しい時に曲を作ると明るい曲ができるというエリザヴェータさん、
悲しい時は暗くてもっと落ち込む曲ができるというスコットさん。
2人は対照的でいて歌の相性は抜群だった。
何の話の時だったか、エリザヴェータさんが「スコットはシャイ」って言ったら
「シャイじゃねーよ!」って言ったり、トークも面白くて。またライブあったら行きたい!


+++


終演後には物販でサインや握手、写真に応じてくれた。
ライブ中、食べたくないと話していたタコ焼きが置いてあって、
スコットさんとエリザヴェータさんが食べてた(もらってるお客さんもいた笑)。

スコットさんにデスバイフォンデュのTシャツどうしたんですか?って聞いたら
「作った!ひとつしかない!いいでしょー!」ってポーズ付きで自慢された(いいなー!)。
久しぶりー!ってハイタッチしてくれたんだけどファンなんて沢山いるのに記憶力すごい…

MONOEYESで関西に来てくださいって言うつもりが、テンパって
バンド名が抜けて普通に奈良に来てくださいって言ってしまったから、
奈良行った!って言われて(そりゃそうだ)。で、行きましたって言ったらその時に会った!って。
こうやって直接コミュニケーション取れるぐらいのキャパのライブやっぱり楽しいな。
スコットさん、エリザヴェータさん、ハコのスタッフの皆さん、素敵な時間をありがとうございました!


+++


【SET LIST】

夢みる
衛兵
SOS
HOMELY GIRL(Scott&Rivers)
Borders&Walls(MONOEYES)
君が起きるまで
メッセージ(with Great Caesar)

---

春よ、来い(松任谷由実)
Roxette(MONOEYES)
こどものよう
Snow In Venice(Elizaveta)
Odi Et Amo(Elizaveta)
Stay With Me(ALLiSTER)
We Are
宇宙海賊のラブソング

≪ENCORE≫
My Instant Song(MONOEYES)
HERO



by pochi-17 | 2019-06-01 21:30 | Live | Trackback | Comments(0)

2019.2.17 Scott Murphy@BOLIK COFFEE

2019.2.17 Scott Murphy@BOLIK COFFEE

地元であったスコットさんの弾き語りライブ、最初から最後までずっと楽しかった!
インスタにも色々と書いたけど足りないからこっちはネタバレ多めで。
セトリは記憶を基に書き出したので、どこまで合ってるか。。順番とか曖昧です。

今回のツアーは10代の頃スコットさんにギターを教えたというジョニーさんと一緒。
今は日本の学校で英語の先生をしていて、一か月の休みを利用してツアーをしているんだって。
会場のボリクコーヒーは奈良町の庚申さんの隣にあるロシア雑貨を扱うカフェで店内もかわいかった。

+++

京都がRopesのライブとかぶってしまって残念に思ってたら奈良が追加で発表になって、
これは絶対に行きたい!って50回ぐらい電話して繋がって無事に予約できた。
この日は完売して立ち見も出ていて、店内の熱気で窓が曇るほど。

開演時間を少し過ぎた頃、SEが鳴ってスコットさんが客席の後方から登場。
そのSEには「Hello奈良!」っていうボーカルが入っていて、今日のために作られたのが分かった。
それに気づいたこともあって、最初から大きな歓声が上がって拍手が起こる。

スコットさんが「あけましておめでとうございます!」って言うから、
みんな2月だよ…?みたいな感じで少し笑いが起きて、ぐっと距離感が縮まった気がした。
でもわたしはRADIO CRAZYぶりだったから、あけましておめでとうございますでも間違いではなかった。笑

スコットさん「この間40になって鬱になった。普通の鬱じゃないよ?おじさんだな…って思って。
今日は若く見えるように髭を剃ってきたんだけど、どう?」

アコギを抱えたスコットさんがチューニングを始めたと思ったら「チューニングソング!」っていって、
よく耳にするあのチューニングをひとつの曲みたいにしていて、その遊び心がいいなって。

スコリバのHOMELY GIRLは弾き語りでもお馴染みの曲。憧れていたロックスターのところが
Rock Starっていう感じの発音でさすがだった(たまにスコットさんが外国人って忘れそうになる)。

ALLiSTERのベスト盤の中でも特に気に入っていたStay With Meも弾き語りしてくれた。
アコースティックのアレンジがまた良くて、スコットさんの声ともよく合ってる。

スコットさん「日本に初めて来たのは2001年で最初は日本は侍とか忍者がいるイメージで、
その時は全然歌詞は分からなかったんだけど、とにかく悲しい曲だってことは分かった。
今は日本語分かるようになったけど、今でも歌詞が深すぎて分からない…」

そういって歌い出したのは、マイナー調で物悲しい雰囲気の曲。
ん…?この歌詞どこかで…と思ったら、おどるポンポコリンで笑いが起きる。
歌い終わって「この曲はパが多いから前の人に唾が飛んでたらごめんね」って。

「もうひとり呼んでもいい?」と、ここでジョニーさんが登場。
大柄で愛嬌のある笑顔が印象的なジョニーさんは下手側でギターを持つ。

スコットさんのFacebookにジョニーさんから「今日本にいる?」ってメッセージが届いて、
「日本にいるよ!」って返したら「僕も日本にいる!」って返ってきてびっくりしたと。
今回のツアーの経緯と、ジョニーさんは日本語が話せないという話になって、
「日本語が分からないのに『分かった』って言うからダメなんだよ」とスコットさん(先生みたい)。

ステージドリンクが日本酒で、スコットさんの横のテーブルに置かれてたんだけど、
お酒を飲みたいジョニーさんがかわいかった(スコットさんも何度もかわいい!って)。
結局ふたりで回し飲みしてて、これなんて言うの?ってスコットさんが聞いたら
「間接キス!」ってジョニーさん。何でそんな日本語知ってるの?笑
スコットさん「この間は僕が喋ってる時に爆音でチューニングして…今日は空気読んでる(笑)」

14、5歳の頃にジョニーさんがスコットさんにギターを教えてバンドを組んで、
その頃のバンドの曲も演奏してくれるというサプライズ。
このままリリースできそうな完成度だったからすごいなあって。

以前にも弾き語りで話していた記憶があるんだけど、女性ボーカリストをフィーチャーした
アルバム?を作っていて、そこからひとつ日本語詞の曲も。
歌詞は誰が書いたんだろう?日本語がきれいな曲だった。
間に合ったら4月ぐらいに出してまたライブをやりたいという話もしてた。
奈良に来るかは分からないけど、関西ではやります!と嬉しい言葉も。

MONOEYESならぬジョニアイズ(スコットさんは「MONOEYESの外国人担当」)として
色々MONOEYESの曲も演奏されて、バンド結成時のエピソードもたくさん聞かせてくれて。

スコットさん「MONOEYESをやるまではアメリカに住んでて、そろそろ落ち着こうと思って
家を買ってすぐに、細美さんから『ソロアルバム作るからスコットベース弾いてくれない?』って
言われて『いいよ!』って日本に行ったらこれはソロじゃなくてバンドだってなって、
その時ラコスバーで飲んでたんだけど…あのRaccoさんっていう変な人がやってるバーで。
Raccoさんが『俺ドラム叩けるよ』って言うからみーちゃんが『じゃあドラムはRaccoが叩いて』って。
ラコスバーで飲んだ帰り細美さんと一緒に帰って、一緒に帰ったんじゃないよ?駅までだからね?」

「それでレコーディングスタジオに集まってトディとも初めましてして、スタジオにドラムを組む時に
Raccoさんがドラムを組めなくて、ほんとに叩けるの?ってなって、でもみーちゃんは
『あいつが叩けるって言うから叩けるんだろ』って言ってて、そうなのかな…って思ってたら
やっぱり叩けなくて『明るいと叩けないから暗くしてくれ』って言って、暗くしても同じで。
そしたらRaccoさんが『ちょっと散歩してくる』ってどっか行っちゃって(笑)
それでプロデューサーが『こういうのは早い方がいい』って言って、いっせさんになったの。
はじめは日本とアメリカを行ったり来たりしながらやるつもりだったんだけど、
アルバムができてツアースケジュール見たらダーッて並んでて、みーちゃんに『いつ帰れるの?』って
聞いたら『帰りたいの?』って言われて、そういう感じなんだ…って。家も売って日本に住むことになって」

細美さんのRaccoさんに対する絶大な信頼感と、マイペースなRaccoさんの話に笑ってしまった。
それでカレー作ってた一瀬さんが急遽呼ばれて参加することになったんだよね。
買ったばかりの家を手放してまでバンドに入ってくれたスコットさんの男気…。
Rakooさんの話のとき不安が渦巻いてたのか、胸のあたりを指でくるくるしながら喋ってて。
細美さんと一緒に帰ったって話、大丈夫そこ誤解しないから!って思った。笑

スコットさん「最初はMONOEYESっていう名前じゃなくて別のバンド名があって、
それでサイトを作ってインタビューも2つ受けて、グッズも作り始めてて。
僕以外はそっちの名前がいいってなってて、僕はでも…って思ってて、そしたら細美さんが
『スコット、バンド名ほんとにそれでいいと思ってる?MONOEYESの方がいい?』って言ってくれて、
『MONOEYESがいい!!』(目がキラキラ)って。そのバンド名っていうのが
Talk About Kevinって言うんだけど、サイトのスクショ撮ってあるの見る?」

みんな「見るー!」って言って、iPadでサイトのスクショを見せてくれるスコットさん。
あの見慣れたアー写の下にほんとに「Talk About Kevin」って書いてあって。
細美さんエルレのバンド名決める時もウブジェッツにしようとか言ってたらしいからなあ…。笑
みーちゃんの家にメンバーが集まって苺食べながらシャンパン飲んでアルバムの曲を聴いて、
30曲ずつぐらい書いたって話してたのは2枚目のアルバムの話だったかな。なんてお洒落なんだ。

スコットさん「TANNYさんが辞めるからって、この間みーちゃんと一緒に
GOOD4NOTHINGのライブを見に行った時に『明後日から東北ライブハウス大作戦の
ツアーで弾き語りやるんだけど、スコットも行かない?』って言われて、
『えっ明後日…!?…行くけど…』って言って。それで弾き語りでやる曲もなかなか教えてくれなくて、
直前になってこの曲やるって言われて、トディにならなきゃって思って一生懸命楽屋でギター練習して。
ギターソロで『トディ!masasucks!ウブ!』って言うのにスコットって一回も言ってくれなかった」

細美さん…!スコットさんの名前も呼んであげてください…!
ジョニアイズとして「MONOEYESのライブでもあまりやらない曲を」とCarry Your Torch。
曲を聴いてるとMONOEYESのライブに行きたくなってしまった。
会場にはMONOEYESのTシャツを着た人も結構いてた。

クラプトンのカバー、Wonderful Tonightは甘くてロマンティック。
細美さんも確かラジオでこの曲の弾き語りしてたなあ。

スコット「次に歌うRoxetteという曲は、実際に遭ったことを歌詞にしていて。
カリフォルニアからアラスカ(だったかな?)に向かう船の中での一週間限定の恋。
船の中で好きな子ができて、でも遠くに住んでて会えなくなっちゃうから切なくて。
みーちゃんが『その子の名前、ほんとはロクセットじゃなかったんでしょ?』って聞いてきて、
メイガンだって言ったら『メイガーン♪』って歌ってた」

バンドだとスピード感があってカッコいい曲だけど、弾き語りのRoxetteは
少し愁いのある雰囲気で切ない感じになっていて。
最後のサビはロクセットをメイガンに替えて歌ってた。

スコットさん「いつも僕のライブの時は前半と後半で分けて休憩があって、
お酒飲んだりできるんだけど、その間にMONOEYESのデモ音源を流します!」

リズムは打ち込んでボーカルは歌ったりピアノで、ギターとベースは弾くって話していて、
Borders&Wallsのイントロとか音源に近いぐらい仕上がってた(歌詞は今と違った)。
Carry Your Torch、Roxette、Moth To Flame、Borders&Wallsのデモが流れてたのかな。貴重!
Macで曲を流すのにロック解除しようとして、パスワード見ないで!ってスコットさん。


+++


二部のSEはMONOEYESのライブでも使っているスターウォーズのテーマをアレンジしたもの。

スコットさん「さっきは一番最初に作った曲を歌ったけど、次は一番新しい曲を歌います!」
と、10分前に楽屋で作ったという曲を。ジョニがハモるよー♪って。歌詞の通りハモるジョニーさん。笑

細美さんと東北に行った時、Boders&Wallsを二人で歌うとレッツゴー祭になるから
一人で歌えばいいんだ!って歌ってたら途中で人の気配がして、結局レッツゴー祭になったそう。
「みーちゃんとやるとレッツゴーレッツゴーしつこい」って言われてて笑った(楽しそう)。

レッツゴーは一回だけね!って念押ししてからBorders&Walls。
ライブハウスでぎゅうぎゅうになりながら聴くのもいいけど、自由に体を揺らしながら聴けるのもまた楽しい。

スコットさん「去年宮古島に行った時に次の日が父の日だったからお父さんに電話して、
今沖縄にいるよってもちろん英語だったんだけど言ったら、お父さんが沖縄の歌うたえるよって
日本語で歌い出してすごくびっくりして、急いでメモしてその曲を探して。
お父さん今70歳ぐらいなんだけど、お父さんのお父さんが戦争で沖縄に行って、
沖縄の人と仲良くなってこの歌を教えてもらって、戦争が終わってアメリカに帰ってから
お父さんに歌って聴かせていて、お父さん小さかったんだけど覚えていて」

こんなところにもスコットさんと日本との縁があったとは。
戦時中の歌なのか初めて聴く歌だった。沖縄の歌というと沖縄の言葉なのかなと思ったら違って、
少し調べてみると当時は沖縄の方言で民謡を歌うのは禁じられていたそう。
日本人だけどいつもスコットさんには日本の歌の良さを教えてもらってるなあ。

「ギターを買って初めて覚えた3つのコードだけで書いた曲」とマカダミアナッツの歌。
タイトルの由来は「ちょうどその時マカダミアナッツ食べながら曲を書いてたから」。
「ギターが上手くなりたいって思って、今みたいにインターネットもなかったから
中古でギターを買って、図書館でギターのコードが書いてある本を借りてきて。
ジョニーが気に入ってこの曲レコーディングしようって言うんだけど、絶対やだ!」って。笑

スコットさん「ジョニーと無人島に行く時に持って行きたいアルバムの話をしていて、
僕は絶対Jimmy Eat Worldのアルバムを持って行きたいって言ったらジョニーは知らなくて。
聴いてみてって勧めたら気に入ってくれて。20年前のアルバムだけど今でも全然飽きない」

曲名が分からなくてSpotifyで探してみたんだけど、Clarityというアルバムに
入ってるLucky Denver Mintかな?サビ前のギターに聴き覚えがあった。
ギターの音の広がりとメロディがきれいな曲で、スコットさんの音楽的ルーツに触れられた。

Moth To Flameの弾き語りバージョン、No matter the cost I'll be by your side againのところで
ギターのネックに手を滑らせるのが好きでめっちゃ見てしまう(伝わってほしい)。

スピッツのカバーで楓は、スコットさんの声の持ち味が存分に堪能できる曲。すごく強い。
前にも弾き語りで歌ってくれたことがあるけど、この曲を聴くと泣きそうになる。

「もうひとりの変な外国人とやってる」スコリバの風吹けば。
リリース前からライブでは内緒で歌っていた曲(もう時効だよね?)。
前半のキャッチーな歌詞と、ちょっと切なさが混じる後半の歌詞のギャップがいいな。

演奏を終えて帰っていくふたりに温かい拍手が送られる。
もちろん、すぐにアンコールの手拍子が起こって。
しばらくしてまた戻ってきてくれた。

ジョニがハモるよー♪ってさっきの歌をうたうスコットさん。

スコットさん「うちの近くのバーでビートルズの曲を演奏したり歌ったりするイベントがあって、
行ってみたらおじいさんばっかりなの。僕もおじいさんだけど(笑)次の時にはジョニーと一緒に行って。
ビートルズって400曲ぐらいあるから全部はできないんだけど、何か聴きたい曲あったら…」

お客さんから「Let It Be!」というリクエストがあって歌うことに。
「こうやってリクエストしてもらっても不思議とほとんど被らないんだよね。一回だけ被ったけど」って。

Let It Beは半分ぐらい歌ってくれたのかな、急なリクエストでもサラッとこなすふたりがカッコいい。
話してたようにビートルズは名曲が多いからまた気が向いたら歌ってほしいな。

スコットさん「次はALLiSTERの曲を。僕以外のメンバーは結婚したり子供産まれたりして仕事していて、
でもALLiSTER20周年だから何かやりたいって誘ったらやろうって言ってくれて、ツアーをやります。
この間、新しいミュージックビデオも撮ったから観てください」

Somewhere on FullertonはMONOEYESのライブでも盛り上がる曲。着席で聴くとうずうずする。
最後のサビ前のところとか、いつもの癖で手を叩きそうになってしまった。

ラストはTwo Littele Fishes。この曲はこうして聴く度に思い出が増えていく。
アコースティックだと温かさをより感じてぐっときた。
間奏の後、コードが転調したと思ったらMy Instant Songに変わってびっくり。
どっちも大好きな曲だから聴けて嬉しかったな。

最後はふたりでMONOEYESみたいなジャンプをきめてライブが終了。
スコットさん「ありがとう!また会いましょう!
グッズ持ってきたんで良かったら。買わなくても握手だけでも!」

その言葉どおりライブ後は物販(というよりサイン会?)があって、
ALLiSTERのベスト盤を流しながら色々とファンサービスをしてくれた。

誕生日の人にジョニーさんとふたりでバースデーソングを歌ったり、
お客さんからビールの差し入れがあったりあったかい空気。
流れてたHaleyをスコットさんが口ずさんでたり(あのフレーズは確かに歌いたくなる)。

ライブを運良く最前で観れて、お話した時にスコットさんがそれを覚えてくれていて。
前で見てたから近くて照れたって言われて、そのピュアすぎる発言に動揺して
こっちこそです!っていうよく分からない返しをしてしまった。
あと、握手してくれた時に手を握ったまま話しかけられて今度はわたしが照れる番だった…
それでMONOEYESのライブをネバランで観るのが夢なんですって伝え忘れたから
誰か代わりに言ってくれてたらいいな…(なんという他力本願)。
でも奈良に来てくださってありがとうございますとは言えた。
ALLiSTERのライブがいつあるのか、スコットさんもわたしもちゃんと把握してないっていう。笑
ハイタッチ、サイン、写真、握手っていうファンサのフルコースだった。なんて神対応。
途中でキーホルダーが売り切れちゃったから(残ってないか探しに行ってくれた)またそれは次の時に。
代わりに小さなマトリョーシカのストラップをひとつ連れて帰ってきた。

SEもセットリストもユーモアが散りばめられていて、喜ばせたい楽しませたいっていう気持ちも、
本人たちもライブを心から楽しんでいる様子も伝わってきて嬉しかった。
お客さんにかわいい!って言われて「かわいくない!」っていうスコットさんがかわいかった。

アコースティックでもスコットさんはマイクいらないぐらい声量があって、
さすがロックバンドのボーカルという雰囲気でカッコいいし、
ジョニーさんのコーラスは温かくて、繊細なギターソロが素敵だった。
お客さんのノリも良くて、盛り上がってライブハウスみたいな歓声が上がってた。
最後にスコットさんが「また会いましょう!」って言っていたけど、
こういう距離感が近いライブは「観る」というより「会いに行く」感覚だなあって。
またすぐにでも会いに行きたいな。とりあえず来月ALLiSTERのライブを観れるのが楽しみ!


+++



2019.2.17 Scott Murphy@BOLIK COFFEEセットリスト

SE(オリジナル曲)

チューニングソング
HOMELY GIRL(Scott&Rivers)
Stay With Me(ALLiSTER)
踊るポンポコリン(B.B.クイーンズ)

(ジョニーさん登場)

15歳の頃の曲
女性ボーカリストをフィーチャーした曲
Carry Your Torch(MONOEYES)
Wonderful Tonight(Eric Clapton)
Roxette(MONOEYES)

【休憩中MONOEYESデモ音源】

SE(スターウォーズ)

Borders&Walls(MONOEYES)
沖縄の歌
マカダミアナッツの歌
Jimmy Eat World Lucky Denver Mint
Moth To Flame(MONOEYES)
楓(スピッツ)
風吹けば(Scott&Rivers)

【ENCORE】

Let It Be(The Beatles)
Somewhere on Fullerton(ALLiSTER)
Two Littele Fishes/My Instant Song(MONOEYES)



by pochi-17 | 2019-02-23 21:15 | Live | Trackback | Comments(0)

2018.12.27 RADIO CRAZY@インテックス大阪

2018.12.27 RADIO CRAZY@インテックス大阪
.
10回目のRADIO CRAZY!(規制で音漏れのヤバT)→ユニゾン→10-FEET→
FM802今年の漢字→MANNISH BOYS→(OKAMOTO'Sラスト2曲)→BAWDIES→
MONOEYES→細美さん公開収録(弾き語り)が今年の締めくくりでした。
(インスタにいっぱい書いたレポをほぼそのまま上げます…)

のんびりパネル展見たりご飯食べてたらLステージの入場列がすごくて目の前で規制がかかってヤバT観れず…
気を取り直してZステージまでひたすら歩いてユニゾンを観ることに。
ポップでカラフルな音楽は大きいステージにも映えて、演奏もしっかりしていて思ったより骨太なバンドだった。
次はLステージに戻って10-FEET。いつも熱くて温かくて相思相愛なメンバーとお客さんを目の当たりにして、
こんな風にライブを楽しんでもらえたらメンバーも嬉しいだろうなあってなぜかメンバー側の気持ちに。蜃気楼が特に良かったな。

+++

その後は「802今年の漢字」という企画ステージ。
SCANDALのHARUNAちゃんによるジュディマリカバーのRADIOがかわいくてですね…。
あいみょん、Sumikaの片岡さん、ユニゾンの斎藤さん、クリープハイプの尾崎さん、
スガシカオさんという豪華メンバーのコラボ曲も。
本来ならフォーリミのGENさんも出る予定だったけど出演キャンセルになって、
斎藤さんはフォーリミのTシャツを着ていて。ここでしか観られないステージだった。
.
その後はRステージに移動してMANNISH BOYS。元ハイエイタスの堀江さんがベース弾いてた…!
肩の力が抜けた大人のロックという雰囲気で、3人お揃いの衣装(デニムのつなぎ)着てたのもいいなって。

その後LステージでOKAMOTO'Sのラスト2曲だけ聴いて久々にTHE BAWDIES。
JIMさん側で観てたらめちゃくちゃ楽しそうに、というか誰よりも楽しんでギターを弾いていて
それがすごく印象的だったし観ていて気持ち良かった。
相変わらずどこから声出てるの!?っていう歌で演奏もバリバリ、
でもMCはガキ使の笑ってはいけない風になってて「渡辺ー!(ROYさん)アウトー!」ってお尻叩かれてた。
あと47都道府県ツアーラストの武道館に行こうか迷ってる人は入口で「ROYの親戚です!」って言ったら入れるらしい。笑

+++

その後はフォーリミのキャンセルでLステージのトリになったMONOEYES。
音出しの時点で細美さんがビール飲んでてさすがに早くない…!?とは思ったけど、
「フォーリミの連中が悲しむのは高いチケット買って時間空けて来てくれた人が
『フォーリミがいなくてつまらなかった』って言う事だと思うから、
代わりに死ぬ気でやるんで楽しんで下さい!」って話していて、
そこでみんなの気持ちがひとつになった感じがした。

3列目ぐらいにいたら酸素薄いしすごい熱気でステージが霞んでいて、この幸せな光景は夢なのかな…?って。
MONOEYESのライブは日頃の抑圧された気持ちを全部出せる場所で、心が解放されていくのを感じた。
Two Little Fishesの時に天井に光で水紋が描かれていて綺麗だったな。
夏みたいな陽射しの下で聴いた荒吐を思い出したり、また思い出が増える嬉しさもあった。


【SOUND CHECK】
01,Get Up
02,Somewhere On Fullerton

---

01,Run Run
02,Like We've Never Lost
03,Cold Reaction
04,Free Throw
05,My Instant Song
06,Roxette
07,明日公園で
08,When I Was A King
09,Two Little Fishes
10,Borders & Walls

EN.
01,グラニート


+++


2018年の締めくくりは細美さんの弾き語り。
ラジオの公開収録だからトークだけかと思ったらアコギが出てきて。
MONOEYES終わりですぐ行ったから座れたけど後ろまですごい人だった…
前半のトークでは細美さんを昔からよく知る某バンドからのメッセージとか、
ピー音なしでは放送できなそうな話、ELLEGARDENやそのメンバーの話もしてた。
詳しくは2月3日の802ビンタンガーデンで!

弾き語りはまさかのモノマネから始まって(これがめちゃくちゃ上手)
ハイエイタス2曲、最後のカバーはスコットさんが飛び入りして2人で歌ってくれた。
最初はモノマネで笑いすぎて泣いてたのに次の曲からほんとに涙が止まらなくなって、
最後の曲は細美さん自身「泣かずに歌えた試しがない」という曲で、その前のMCでもまた泣かされて。
この7年間、震災の被災地に足を運び続けて3日前も南相馬にいた細美さんの言葉は何よりも重みと説得力があった。

去年はテナーでテンション高くライブ納めをしたけど、今年はじんわりと心を温めてもらって、
最後に素敵な歌が聴けて良かったな。色んなライブを観たのに、
神社の能楽堂みたいなステージへ赤ワイン片手に出てきたほろ酔いの細美さんに全部持っていかれた。
言葉や歌にいつも嘘がなくて心を打たれるんだよね。


という事で長くなったけど2018年もいいライブ納めができました◎
レディクレは12年と14年以外、10回中8回行ったのかな?
細美さんは皆勤賞、髭ちゃんや須藤さんも何度も出ている大好きなフェス。来年も行けたらいいな。



by pochi-17 | 2018-12-30 16:59 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.12.28 RADIO CRAZY2017(B'z/細美さん公開収録/10-FEET/9mm/MONOEYES/ストレイテナー)

2017.12.28 RADIO CRAZY@インテックス大阪

いつもはブログ用とインスタ用のレポを分けて書いてたんだけど、
インスタの文字数制限に引っかかるぐらい書いたので今年は転載(一部加筆もしました)。

+++

RADIO CRAZY来てよかった、来れて良かった!最高だったー!
B'z、細美さん公開収録、10-FEET(音だけ)、
9mm、MONOEYES、ストレイテナーと観たいのはほぼ観れた。

朝寝過ごして飛び起きて何とか電車に乗って着いたら開場してて、あまり待たずに入れた。
今年は電子チケットだったからか、一発でチケットが当たってありがたかった。

バンドTシャツ展を覗いてから(髭ちゃんの良い旅Tも発見!)、絶対観たかったB'zへ。
3時間前にも関わらず既にかなりの人。待ってる間もどんどん人が増えてきて怖いぐらいぎゅうぎゅうに。
途中でステージの機材を覆っていた幕が外されたんだけど、松本さんのアンプが壁みたいだった!

開演時間の頃にオープニングのMCとして802DJの大抜卓人さんが登場。
SEが流れて、ライブが始まると同時に地鳴りのような歓声が上がってた。
端の方にも花道で来てくれて、生稲葉さんと松本さんが拝めました。
最初歌い始めた時「あれ?こんな声だっけ?」と思って、音響のせいかと思ったらそうではなくて。
2曲目の頃には稲葉さんの声が出なくなってしまって途中で中断。
一旦ステージ袖へとはけて、卓人さんが事情を説明しに繋ぎとしてステージへ。

しばらくしてもう一度稲葉さんがステージに出てきてマイクを握る。
「こんな声でごめん!でも帰る訳にはいかないのでこの声で歌わせて下さい!」と。

再開後に演奏されたのはUltra soul。お客さんの歌声が稲葉さんを後押しする。
何度も謝って悔しそうな顔を見せながらもライブを続行してくれて。
BANZAIは渾身のシャウトと熱いパフォーマンスで、今できる最高のライブを観せてくれました。
おそらく本来のセトリより短くはなってしまったと思うけど、それでも十分カッコ良かった。

稲葉さん自身「また何かの機会にリベンジさせてください!」って言っていたから、
またどこかで観れる機会があったらその時は足を運びたいな。

+++


その後は細美さんが出る802の公開収録へ。
あまりこういう機会がない人だからこれも外せなかった。
サテライトスタジオにはこたつが設置されて何とも緩い雰囲気。
東北ライブハウス大作戦の弾き語り帰りで今日は花巻空港から来たという
細美さんのリラックスしたお話が聞けました(放送前だから控えますが)。
ちょいちょい名前が出てきたTOSHI-LOWさん愛されてるなあ…

Twitterで送っていた質問を読んでもらえて、
細美さんが答えてくれるというミラクルが起きた(;_;)
身振り手振りで説明しようとして、こたつから出て立ち上がる細美さん、
皆で記念撮影をして最後もエレベーターで手を振りながら帰っていくっていう。貴重なものを見れました。
細美さんが廊下に布団敷いて寝てるっていうのが今日イチの衝撃だった。
(家にはスタジオとリビングしかないらしい)体のためにもちゃんとしたところで寝て下さいね…


+++


その後は細美さんが「(ここにいる人)ライブ間に合うの?」って心配してた10-FEETへ。
人が溢れかえっててステージの見えない場所で音だけ聴いてたんだけど、
壁の向こう側で皆が盛り上がってるのが伝わってきた。RIVERは淀川バージョンで、
TAKUMAさんの「失敗してもええから前へ進め!間違った道に進んだら走って戻ってこればいい!」って言葉が力強かった。


+++


その後はスカパラに後ろ髪引かれつつ、二兎を追う者は一兎をも得ずを教訓に9mmへ。
いつぶりか思い出せないぐらい久々に観たけど知ってる曲も沢山やってくれた!

上手の前の方にいたんだけど、ドラムが前にあって横から見えて、
速い曲の時なんて足元も凄まじいことになってた。ドラマーってすごい…
大阪は今年最後っていうMCの流れで卓郎さんがテナーのシーグラスをワンフレーズ歌って、
そのままMelodic Stormをカバー!今の9mmは滝さん不在で2人ギタリストを加えてやってるんだけど、
そのうちの1人が卓郎さんに顔が似ていると。その真偽をこの後の曲で確かめて下さいって。笑
9mmは10年前、ELLEGARDENとの対バンで地元に来てくれた時に初めて観たけど
その頃と卓郎さんの喋り方が全然変わってなくてほっこりした。


+++


9mmの次は今日の本命、MONOEYES!第一弾で出演された時に絶対行く!って思ったし、
今年も心に残るライブを何度も観せてくれた大好きなバンド。一年の終わりにまた会えて幸せだった。

細美さんの「ロック大忘年会をしよう!楽しい事や嬉しい事、
幸せな事以外全部ここに置いて行って下さい!」って言葉に、
今年もここにたどり着けて良かった…ってしみじみと思った。

My Instant Songで細美さんの歌をなぞって口ずさんでたら戸高さんが
しっかりと目を合わせて一緒に歌ってくれて嬉しかった。

いつもよくお客さんの事を見ているなあ…MONOEYESのライブは日常の嫌な事を全部吹き飛ばしてくれて、
帰る頃にはすっかり元気になっていて、この先どんな事があっても私の心は音楽が守ってくれるって本気で思った。

細美さんが「TOSHI-LOW今頃何してるかな、ちゃんとご飯食べてるかな?って歌です」って
Two Little Fishesの前に話してた時は思わずオカンか!って突っ込みそうになったけど。
(細美さん曰くりょうちゃんという奥さんがいるから愛人のポジションだそう)

スコットさんもベースに歌にと大活躍だったし、戸高さんのギターには耳や目を奪われて、
一瀬さんのドラムは今日も3人の音をしっかりとまとめていてカッコ良かった。
細美さんの歌はやっぱり私にとって光の歌です。


セットリスト

SC.Get Up
01.When I Was A King
02.Run Run
03.My Instant Song
04.Roxette
05.Two Little Fishes
06.明日公園で
07.Border&Walls
08.グラニート
09.3,2,1,Go

+++


2017年の締めくくりはストレイテナー!去年のリベンジができて良かった!
一曲目にいきなりロクステ歌って、トリビュートではMONOEYESがカバーしてたけど
普通にホリエさんが歌い始めて。コラボはないのか…って思ったら上手の袖から
細美さんがダッシュでステージに飛び入りしてOJさんのマイクを奪って歌ってくれた(;_;)嬉しすぎて思わず絶叫。
最前だったから細美さんのぺっかぺかの笑顔が直撃して私のハートは粉々になりました。
細美さんもホリエさんもめちゃくちゃ楽しそうに歌ってて、観てるこっちまで嬉しくなった。

「さっき9mmが歌ってたけど…」とMelodic Stormでまたもや9mmの卓郎さんが飛び入りして、
まさかの2回目も卓郎さんによるMelodic Storm!ホリエさんにも歌わせてあげて!笑
卓郎さん、歌い終わった後も袖で楽しそうにライブを見ている姿は純粋なキッズみたいだった。

テナーも久々に観たけどほんとに演奏がカッコいいし、曲のアレンジも
ホリエさんの声もすごく良くてまたライブ観たいなー!
秦さんカバーの鱗も素敵だった(秦くんは呼べなかったとホリエさん談)。

ホリエさん「4日間大阪に滞在してたうち半分は802にいました。
音楽って好きか趣味が合うかって言う感じだけど802の人達は音楽が好きなんですよね」と。
ホリエさんのありがとうのイントネーションが関西弁で何かいいなあって。

ホリエさんからは「10日ぐらいお酒を絶ってたけど気分がいいから今日は飲もうかな」とか
「来年はストレイテナーデビュー15周年、結成20周年です。
これからもずっと、もっとカッコいい音楽を続けていくので見ていて下さい!」という言葉も
飛び出して、これからのストレイテナーには期待しかない。
アンコールラストのREMINDERが感動的でした。


セットリスト

1.ROCKSTEADY(MONOEYES細美武士)
2.DISCOGRAPHY
3.KILLER TUNE
4.From Noon till Down
5.シンデレラソング
6.Melodic Storm(9mm菅原卓郎)
7.鱗(秦基博カバー)
8.シーグラス

EN
1.REMINDER


+++

と、色々書いたけど結論を言うと最高に楽しかったです!!!
来年もRADIO CRAZYに行こうと心に決めました!(誰が出るか知らないけど)
来年はRADIO CRAZYも10周年、今年以上のライブを期待してます!



by pochi-17 | 2017-12-31 18:10 | Live | Trackback | Comments(0)

2017.11.5 Scott Murphy SOLO ACOUSTIC LIVE@奈良カナカナ

2017.11.5 Scott Murphy SOLO ACOUSTIC LIVE@奈良カナカナ

11月5日、奈良町のカナカナであったスコット・マーフィーさんの弾き語りに行って来ました。
スコットさんの弾き語りは京都のSOLE CAFEで観た以来2回目で、奈良に来て下さって嬉しかった。
会場に着いたらすでに沢山のお客さんが待っていて、中ではまだリハ中でスコットさんの姿が見えた。

この日の整理番号は15番。電話予約だったんだけどなかなか繋がらなくて、
148回ダイヤルしてやっと繋がって取れたのがこの番号。どうしても行きたかったから頑張った。
電話予約の日が自分の誕生日だったからいい誕生日プレゼントになりました。

中に入ると2列目の端が空いてたからそこに座らせてもらう事に。カナカナさんのコーヒー美味しかったな。
畳敷きになってる小上がり?みたいなところがステージになっていて、すでに機材はセッティングされていて。
楽屋は2階にあるみたいで、開演時間の頃にお店のスタッフさんが呼びに行って
しばらくして上手側の扉からひょっこりスコットさんが登場。

現れたスコットさんはシカゴカブスのラグランロンT(かわいいイラスト入り)にデニム、
黒地にカラフルなドットの靴下というカジュアルないでたち。

畳敷きだから靴下だったんだけどスリッパを履いていて、え?ってみんながクスッと笑ったら「何で笑うの?」って。
「ペダル踏むために借りた靴下のままだと痛いからここでスリッパ借りたの」と。
吊るしてある照明で頭をぶつけて「終わるまでに何回打つだろう…」って。

演奏を始める前、シールドを挿してなかったらしくて照れ笑いを浮かべながらシールドを挿すスコットさん。
「念のためにチューニングも…」ライブが始まる時って緊張する事が多いんだけどこの日はリラックスした雰囲気だった。

「今日はアコースティックだけど手を叩いたり歌ったり、裸になったり楽しんで!」と。え、裸??笑
セトリが覚えられない人なので曲順違うと思うけど、ここからはざっくりとしたメモ兼レポを。

+++

一曲目はスコリバのHOMELY GIRLで和やかにライブがスタート。
ちゃんとお客さんも手拍子で応えてとてもいいムード。

「7月から、なぜかパリにも行ってMONOEYESのツアーでずっとアイツらと一緒にいたから終わって寂しい。
行った事のない所はあと7つあって、今日で奈良はコンプリート。
みーちゃんはハイエイタスで忙しいしトディはアートスクール、いっせはアスパラガス。
僕だけ何もないから弾き語りで今年中に全部回りたい」

普段アイツらなんて言わないのに、強がってるのかなって思ったりして。

「今年リリースしたMONOEYESのアルバムは3曲僕が書いた曲があって。
みーちゃんの家でシャンパン飲みながらリスニングパーティーして100曲以上聴いて。
最初は別の曲がアルバムに入る予定だったんだけど、あっちの曲にするかってみーちゃんが言って、
え!?そっちにするの!?ってなった曲です」とCarry Your Torch。

iPadと2本のマイクを使って、その場でリズムやコーラスを録って重ねてループさせていて。
マイクをトントン、手拍子をして今度はコーラス、それでiPadでベースも入れたりして。
音楽が出来上がっていく過程を間近で見る事ができてワクワクしたし、ミュージシャンってすごいなあと感心した。

「ほんとだったら今日は幕張にいるつもりだった。リンキン・パークのライブで。
でもチェスターが亡くなってキャンセルになって。でもそのお陰で奈良に来れた。
だからリンキン・パークのカバーやっていい?」とカバー曲も。
曲名が分からないんだけど、心を込めて歌っていてチェスターへのリスペクトが伝わってきた。

MONOEYESでは僕は歌ってないんだけどって言いながら歌ってくれた
Two Little Fishesのカバーは聴けるといいなあって思ってたから嬉しかった。
お客さんも一緒に歌ったりして、MONOEYESのツアーの事を思い出しながら口ずさんだ。

「今年20周年のALLiSTERってバンドをやってて。MONOEYESが忙しくてお祝いとかできなかったけど…
家と家具を揃えた途端みーちゃんから電話があって
「ソロアルバム作るからスコット手伝ってくんない?」って言われて日本に来て、
幡ヶ谷のラコスバーで飲んでてドラム誰にする?ってなった時にRaccoさんっていう人が
いるんだけどラッコさんが「俺ドラム叩けるよ」って言ってて。
みーちゃんが『叩けるんだったらRaccoにやってもらおう』って言ってて、
でも僕は『ドラム聴いてからの方がいいんじゃない?』って言ったんだけど
みーちゃんに『いや、叩けるっていうから大丈夫でしょ』って言われて。
最初は女の子がギターやるつもりで、僕と女の子とRaccoだったら
ジョークバンドになっちゃうでしょ。だからいっせとトディで良かった。
最初はシカゴと日本を行き来しながらやるつもりだったんだけどレコーディングして
ツアー日程見たら12月まで埋まってて『いつシカゴに帰れるの?』って言ったら
みーちゃんが『帰るつもりなの?』って。それで日本に来て3年目になります。これからもよろしくお願いします!」

「RUN AWAYって歌ったらRUN AWAYって歌ってね。START TONIGHTって歌ったら
START TONIGHTって歌って。練習しなくて大丈夫?信じます!」

ALLiSTERのRUN AWAY、スコットさんの作るメロディの気持ち良さがアコースティックでも出てた。
お客さんがコーラスを返すとスコットさんが嬉しそうに笑うのが癒された。

「この曲は去年ヒラリーか変な髪型のあいつのどっちかが大統領になるって時に書いたアンチソング。
今日ちょうどその人が日本に来てるから遠くに来た」

「ニューアコでみーちゃんが『レッツゴー!レッツゴー!レッツゴー!』って(拳を上げる)
何回もやって全然集中できなかったから今日は一回だけ!」と始まったBorders & Walls。
一回だけって言うからみんな張り切ってレッツゴーしたら「強すぎて…」って笑うスコットさん。
スコットさんによるニューアコの細美さんの再現がおかしくて笑いが止まらなかった。

「カバー曲、楓と川の流れのようにどっちがいい?(とアンケートを取ると楓が多くて)じゃあ楓!
日本に来たばかりの頃、お客さんに日本の有名なアーティストのアルバムをもらって、
その中にあったスピッツのベストアルバムを聴いて好きになった曲です」

楓のカバーもすごく良かった。スコットさんの日本やJ-POPへの愛を感じた。
それにしてもスコットさん、声量もあって歌が上手くてびっくりする。

「弾き語りに来た事がある人は知ってるかもしれないけど、休憩があります。待っててね!帰らないでね!」

そんな…帰ったりしないよ…という心の声が漏れそうになったよね。
こんな感じで前半が終わって休憩。
カナカナのスタッフさんが空きカップの回収に来て下さってありがたかった。


+++


休憩が終わるとライブも後半に突入。
引き戸を開けてみんなちゃんといるか確認するスコットさん。


「意外と英語上手いから」ってジョークを飛ばすスコットさん。
リハでもちらりと聴けたRoxetteは弾き語りバージョンも良かったなあ。
元々スコットさんボーカルの曲だからしっくりくる。

「もう一人の変な外国人と一緒にScott&Riversっていうユニットをやってて4月に
アルバムリリースしたんだけど聴いてくれた?その中から一曲」とカリフォルニア サンシャイン。

歌い始めのフレーズを聴いた瞬間、肩の力がふっと抜けて気持ちが軽くなっていくのを感じた。
落ち込んだ時にそばにいてくれるような、こういう曲が自分の中にあるといいよね。
曲の途中、歌詞を飛ばしてしまってフフフーンって歌って「英語のところを忘れちゃった」って。
どこまでもナチュラルに日本に馴染んでるスコットさん。

二曲ぐらい歌い終わってから「スリッパ履くの忘れてた」って。

意外なカバーだったのがエド・シーランのShape of You。
ロックなイメージが強いスコットさんだけどこれがめちゃめちゃカッコ良かった!

この曲だったかな、トラックを作るのに少し手間取ってしまって。
「何か面白い事喋って!いつもみーちゃんが何も言葉が浮かばないから
スコット面白い事喋って!って言うんだけど、いきなり面白い事喋れないよね」って。

「最初はMONOEYESっていうバンド名じゃなくてTalk About Kevinってバンド名で、もうツアーグッズとか
ウェブサイトも作りかけててインタビューもその名前で一個受けてて。
インタビューの後にみーちゃんに『スコットはこのバンド名じゃない方がいいと思ってるでしょ』って言われて。
この間整理してたらウェブサイトのトップページになるはずだった写真が出てきたんだけど…」
と最初のアー写にTalk About Kevinのロゴが入った仮のトップページの画像を見せてくれて。
「僕の弟の名前がケビンだからMONOEYESになって良かった」っていう最高のオチまであって笑った。

「来年はMONOEYESアルバムは出さないけどツアーやろうって言ってて…」と。
ここだけの話として来年が待ち遠しくなる話が聞けた。

「(ツアーがあるって言っても)奈良があるか分からないよ?
本当に好きだったら電車乗って京都とか大阪に来て!」って。いや行くけどそうじゃなくて…!笑
奈良でMONOEYESのライブを観るのは私の夢なのです。ELLEGARDENとthe HIATUSは来てくれたからね。

「アルバムも作らないって言ってたけど一昨年もそう言ってたからどうなるか分からない」とも。
「MONOEYESのツアーでも歌ってなかった曲を」とMoth To Flame。
普段はトディさんが鳴らしているギターのフレーズもアコギで聴くと新鮮だなあ。

「15年前、初めて日本に来た時に奈良にも来て、東大寺、東大寺寺。東大寺のじは寺だよね。
鹿にせんべいあげて腕を噛まれて。痛いよね。それで東大寺の柱の穴もくぐって。
穴をくぐるといいことあるんだよね?あの頃は細かったからくぐれたけど今はどうか分からない(笑)
みーちゃんがツアー中ムキムキになって、僕もライブハウスの弁当を
肉と野菜と豆腐だけにしたらツアー中に4キロ痩せた。
でもおいしいものいっぱい食べて戻りそう。太っちゃってもライブ来てね」

ALLiSTERのSomewhere On FullertonはMONOEYESのライブでもお馴染みの曲。
アコースティックバージョンでもじっと座って聴くのはうずうずする。
ギターソロで「トディ!」って叫ぶスコットさん(※もちろんトディさんはいません)。

「15歳の時、家から5分のところにWEEZERが来てライブを観て。面白い写真があるんだけど見る?」
と言ってiPodで当時?のツーショット写真を見せるスコットさん。リヴァースさんがまるで別人。笑

「その後ギターを買って弾けるようになった3つのコードで曲を作って。音源にもなってない
マカデミアナッツに対するラブソングです。聴いて下さい。ワンフレーズしかないけど(笑)
だから今でもリヴァースから電話がかかってくるとびっくりする」

素敵なエピソードと共に聴かせてくれたマカデミアナッツの歌がかわいすぎて撃沈。
この曲が聴けるのはライブだけですよ皆さん…!これはライブに行った人の特権かな。

「何やろうかな…クリスマスの曲?また来月来てね(笑)
(楓しかやらなかったら)怒られるから川の流れのようにのカバーもやります」と
川の流れのようにも歌ってくれたんだけど、演奏の前に曲にまつわるエピソードがあって。

「BRAHMANと一緒にカラオケに行ったんだけど…大船渡に行った時に。
この曲を歌ったらみーちゃんが泣いてて、歌い終わった後でハグされて何で?って思って。
カラオケは上手いんだけど弾き語りになると下手でごめんね」

下手だなんてとんでもない、熱のこもった歌にグッと来てしまって細美さんの気持ちが分かった。
スコットさんにはいつも日本の良いところを教えてもらってるなあって思った。

ラストはMy Instant Song。みんなで一緒に歌ってMONOEYESのライブみたいに笑顔でいっぱいだった。
素敵な時間を過ごす事ができて、終わって欲しくない!って思った。

演奏が終わって「奈良初めてだからどんな風かと思ったけど良かった!また来ます!」って嬉しかったな。
ほーんと楽しかった!スコットさんの事は大好きだったけどもっと大好きになったよ。また行きたい!


+++

SOLE CAFEでライブを観た時に奈良にも来て下さい!って言ってたのが実現して幸せでした。
(ちなみにその時のレポはコチラ

ライブが終わった後もひとりひとり写真やサインに丁寧に応えてくれるし、
歌ってる時はカッコ良くてMCではかわいくてお話すると優しいとか完璧かな…

スコリバのジャケットに描かれてるスコットさんのイラストを消しゴムスタンプにして
プレゼントしたら「すごい!めっちゃいいじゃん!」って喜んで下さって嬉しかった。

それでちゃっかりMONOEYESのCDを持って行ってたんだけど、
細美さんに書いてもらったサインを見て名前呼ばれてドキッとした。
細美さんとトディさんのサインを見て「僕だけ?いっせもか」って。
書いて頂いたサインも撮って頂いた写真も宝物です。ありがとう。
また近いうちにスコットさんに会えるといいなあ。次はレディクレかな?


+++

セットリスト(順不同。抜けてる曲あるかも…)

HOMELY GIRL(Scott&Rivers)
Carry Your Torch(MONOEYES)
(Linkin Park)
Two Little Fishes(MONOEYES)
RUN AWAY(ALLiSTER)
Borders & Walls(MONOEYES)
楓(スピッツ)


Roxette(MONOEYES)
カリフォルニア サンシャイン(Scott&Rivers)
Shape of You(Ed Sheeran)
Moth To Flame(MONOEYES)
Somewhere On Fullerton(ALLiSTER)
マカデミアナッツの歌(オリジナル未発表曲)
川の流れのように(美空ひばり)
My Instant Song(MONOEYES)



by pochi-17 | 2017-11-15 22:00 | Live | Trackback | Comments(0)

2016.6.29 凛として時雨Presents"トキニ雨#15"~Hybrid Tornado Edition~@なんばHatch

6月29日、なんばHatchであった凛と時雨とMONOEYESの
対バンライブに行ってきました。

MONOEYESのライブを観るのは年末のRADIO CRAZY以来半年ぶり。
(2月にスコットさん弾き語りとRopesは観た)
ライブが発表になってずっと楽しみにしてたけど、
期待を裏切らない、期待以上の対バンだった!
いつも通り覚え書きですがどうしてもお目当てのバンド寄りの
ものになってしまうのであしからず。。
MCはあくまでもニュアンスです。鵜呑みにしないでね。

***

番号呼ばれて中に入ったら真ん中と柵の前後は人が多かったけど
端の方なら前に行けたから4列目で待機。
開場BGM、ブンブンの曲が流れてた。誰の選曲だったんだろ。
始まる少し前、注意事項のアナウンスが終わったぐらいの時に
早くも押しがきた。押されて思いがけず2列目に。

少ししてフロアが暗転してステージが青いライトで照らされて
おなじみのスターウォーズのテーマに乗ってメンバー登場。

一瀬さんは今回のライブの物販の時雨Tを着てて
細美さんはいつもの赤Tに黒のワークパンツ、ショートブーツかな?
スコットさんは白のアメカジっぽいTシャツにデニム、
戸高さんは後ろの裾が長めの5分袖の黒Tに黒の細身のパンツ、
ハイカットっぽい真っ黒のスニーカーっぽい靴という服装。
そう言えばこの日が戸高さんの新しいアンプの使い初めだった模様。

一瞬の静寂の後、アルバムを彷彿とさせるCold Reaction。
スコットさんは一曲目から飛ばして片足を軸にぐるぐると回る。
かけがえのない時間を目に耳に焼き付けたくて夢中だった。

続いてLike We've Never Lost。一瀬さんのドラムの入りも
戸高さんの流れるようなギターもめちゃくちゃかっこいい。
いつの間にかイントロでオイオイコールが起こってた。
コーラスはやってないけど戸高さんサビの歌詞を口ずさんでた。

Just A Little More Time聴くと胸がぎゅっとなる。
ギターソロで細美さんが「トディ!」って。
そのギターソロがキラキラしていてまたぐっとくるんだ。
フロア中にハッピーな空気が満ちていて、
MONOEYESっていうバンドがたまらなく愛おしくなる。


細美さん「こんばんはMONOEYESです!
凛と時雨、今日は呼んでくれてありがとう。
凛と時雨じゃない、凛として時雨。
ちゃんとして細美っていうバンドもあるんだけど(笑)
俺みたいな奴は本来TKみたいないい子には呼んで貰えないんだけど
ギターの戸高がTKと抜きつ抜かれつの関係で」

戸高さん「やめて、そういう風に言うからすげえ来るんですよ」
細美さん「○○とかしてるんでしょ?ふたりの〇〇はすごそうだね」
戸高さん「してないですよ。同い年なんで仲はいいですけど。尊敬してます」
細美さん「あ、同い年なんだ?」

細美さん「MONOEYES初めてのなんばハッチです。
今日はパーッとやろうぜ!」


When I Was A Kingの一瀬さんのドラムの安定感ったらない。
この曲でもスコットさんぐるぐる回ってた。
ダイバーもばんばん飛んでは前の通路を全力ダッシュしていく。
一歩前に出てフロアのお客さんとアイコンタクトを取る戸高さん。

この日は泣かせるMCの後じゃなかったからフラットな気持ちで
My Instant Songを聴くことができた。
酸欠だし顔もぐしゃぐしゃなんだけど楽しくて楽しくて元気出た。
スコットさんのコーラスも良かったなあ。


細美さん「メンバー紹介していいかな?
ドラムス、一瀬正和!
ギター、トディ!
ベース、スコット”ファッキン”マーフィー!」
お得意の手裏剣ポーズで応える忍者スコットさん。

スコットさん「ボーカル&ギター細美武士ーーー!!!(地声で)」
細美さん「そしてPAは東北ライブハウス大作戦本部長西片明人!」

MC中、熱々になったフロアに水を撒くスコットさん。
きらきらと水しぶきがフロアに降り注ぐ。

お客さん(男)「スコット抱いてー!」
スコットさん「後でね!」
細美さん「スコットは長えぞ(笑)」

お客さん「Show You Muscle!」
細美さん「何?…Show You Muscle?」
スコットさん「筋肉見せてって」
細美さん「スコット胸筋すごいんだよ」
お客さん(おぉーー!)
スコットさん「おぉーー!じゃない(笑)みーちゃんの方が筋肉はすごいから」
細美さん「英語で俺に言ったとしたら相当なキ○ガイかバカだよ(笑)」

スコットさん「みーちゃんとは付き合って10年経つんだけど…」
細美さん「別に付き合ってはねえよ(笑)スコットとは10年ぐらい前に知り合って
その頃っていったら90年代?計算合わねえけどいっか」

スコットさん「今でもみーちゃんとは日本語で話すのが変な感じがする。
(一瀬さんと戸高さんを指して)他の二個とはそうでもないけど」

他の二個に思わず笑う一瀬さんと戸高さん。
スコットさんは気にしてなさそうだったのが余計面白かった。笑

細美さん「俺らの音楽の骨格は90年代の音楽でできてて。古き良き90'Sの音楽で。
何回90年代言うんだ。俺たちの曲で90年代っぽい曲を久々にやります」

どの曲だろう、と思ったらGet Me Down。
聴いてるうちにどんどん深みにはまっていくような、吸い込まれていくような
感覚になって、じっと立ち尽くして聴き入ってしまった。
ラスサビ前、思いっきり振りかぶってギター弾く戸高さんに目を奪われた。
聴く度にカッコ良くなってててびっくりする、この曲。

細美さん「次の曲はスコットが歌います!」

Allisterのカバー、Somewhere On Fullertonではスコットさんがボーカルで
細美さんが戸高さんと向かい合ってギターを掻き鳴らしてたんだけど、
その時の表情がめちゃくちゃ楽しそうなキッズみたいでぐっときた。
多分戸高さんかな、サビ前のギターのギューン!って素敵やん。。
(見えてなかったけど耳がちゃんと拾ってた。笑)
クラップを煽ったり、スコットさんのムードメーカーっぷり発揮されてた。

その流れのままRun Runに突入。荒々しくもグルーヴ感のあるイントロ。
戸高さんのギターのカッティングも一瀬さんのドラムの叩きっぷりもたまらない。
ラスサビ前、逆光に照らされたメンバーの姿を目に焼き付けたい!って思った。


細美さん「今日は本当にありがとう。時間とってたっぷりやらせてくれて。
2時間2時間でも良かったんだけどね(笑)凛として時雨もありがとう。
来てくれたみんなもありがとう。何もないつまらない1日が最高の1日になったよ。
時雨のファンももう今度会う時は仲間だから。次会ったら〇〇〇〇〇しよう」

「何でこんなにバンドやってて楽しいかって言ったら
クズでいるのを許してもらえてガタガタ言わずにやらせてくれるから。
俺はそんな音楽が大好きで。お前らもクズでいいんだよ。
でもクズと外道は違って痴漢とかは許さねえからもし痴漢に遭ったら
ボコボコにしていいよ。何だったら俺がボコボコにしてパクられてくっから。
…最後にもう2曲だけ付き合ってください」

風を運んでくるようなグラニートのイントロ。
いつだってほらこんな風にさ、って歌いながら腕を伸ばして
フロアを指す細美さんを見たら急に込み上げてきてちょっと泣いた。
2番の頭、歌詞に合わせて走るジェスチャーしてたっけ。
間奏前で戸高!って言って細美さんが戸高さんの横に来て、
戸高さんのギターソロ越しに細美さんが見れて、
最高だ……ここは天国かな……って思ってたら細美さんが
ぺっかぺかの笑顔でこっち見てくれて幸せすぎて溶けるかと思った……

ラストはRemember Me。イントロで飛び跳ねるメンバー。
最後の曲は少し寂しくもなるんだけど、歌詞のひとつひとつの言葉が
まっすぐに心の中に入ってきてじわっとした。
細美さんの歌は強くていつもまっすぐだ。

曲の締めでタイミングを合わせて3人が渾身のジャンプを決める。
温かな拍手に送られてメンバーがフロアに感謝の気持ちを伝えながら
ステージを後にする(撤収があるから即戻ってきてたけど…笑)。
撤収中のメンバーにもありがとー!って声が飛んでた。



凛として時雨Presents"トキニ雨#15"~Hybrid Tornado Edition~
@なんばHatch MONOEYESセットリスト

01.Cold Reaction
02.Like We've Never Lost
03.Just A Little More Time
04.When I Was A King
05.My Instant Song
06.Get Me Down
07.Somewhere On Fullerton (Allister)
08.Run Run
09.グラニート
10.Remember Me


***


転換を挟んで凛として時雨。
曲の感想書けるほど聴き込めてないのでざっくりと。

時雨のライブを観るのは初めてで、音源はライブ前に少し聴いたんだけど
曲はかっこいいけど正直よく分からないな…って思ってたんだけど
ライブが始まってドラムの音の一発目が鳴った瞬間全部持って行かれた。
ダイナミックなのに粗さがなくて緻密で圧倒されたし、
それに345さんのベースもTKさんのギターもめちゃめちゃ上手くて。
もう本当に完璧、隙がない。独特な世界観を描き切ってた。
ちゃんとロックなのに踊れて、それでいて言葉を失うような瞬間もあって。

かと思えばMCではピエールさんのキャラが立ってて、いきなり
「こんばんは、凛として時雨のピエール担当ドラムス中野です!」って。え??笑

「MONOEYESはダイバーもいっぱいいてすごかったですね。
僕らのライブでも昔はダイバーがいたんですけど。
『傍観』っていう24時間テレビでいう所のサライみたいな曲があって、
その曲でダイバーが出たんですけどサライだからみんな
手を振っててダイバーの人が逆さまになって足だけが
赤く照らされてて八つ墓村にしか見えなかったのを思い出しました。
死人を出さないのが僕らのライブのモットーなので気を付けてください」

「最近関西の音楽シーンが熱いんですよ。皆さんご存知ですか?
岡崎体育とかヤバいTシャツ屋さん。ヤバいTシャツ屋さんの曲に猫飼いたいって
曲があって猫を飼いたい、茶色い猫がいいっていうだけの歌詞なのに
メンバーの一人はすでに猫を飼っててもう一人は猫アレルギーで
もう一人は猫より犬が好きっていう(笑)」

そのヤバTは名前負けを恐れて物販でTシャツが置いてないって話、
ヤバTのドラムの人がX JAPANが好きっていう流れでXジャンプに。笑

最後はそのMCにも出てた傍観だったんだけど、これは本当に圧巻だった。。
凛として時雨もまた機会があったらライブ観たい!


***

凛として時雨Presents"トキニ雨#15"~Hybrid Tornado Edition~
@なんばHatch 凛として時雨セットリスト


01.mib126
02.想像のSecurity
03.DISCO FLIGHT
04.Enigmatic Feeling
05.SOSOS
06.Dynamite Nonsense
07.Beautiful Circus
08.abnormalize
09.J-POP Xfile
10.Telecastic fake show
11.傍観



by pochi-17 | 2016-07-05 23:54 | Live | Trackback | Comments(0)

2016.2.20 Scott Murphy弾き語り@京都SOLE CAFE

2月20日、京都のSOLE CAFEであったスコット・マーフィーさんの弾き語りライブ(夜)に行ってきました。
ALLiSTER、ソロ、Scott&RiversにMONOEYESと色んな顔を持つスコットさん、
横浜での弾き語りを羨ましがっていたら京都にも来てくれました。

会場のSOLE CAFEは地下鉄北大路駅からバスで10分程、佛教大学のキャンパス近くの
バス通り沿いにある民家を改装したような小さなカフェ。お店の前はコーヒーのいい香り。
ライブ当日は小雨が降っていたこともあって開場ぎりぎりに着いたら
昼のライブを終えたスコットさんがお店の前でお客さんと記念撮影中でした。

開場前にざっくり番号順に整列して、メール予約だったからお会計して番号と名前を告げて中へ。
中は所狭しと椅子が並べてあって3列目まではチェアで4列目5列目(最後列)は長椅子だった。
番号が遅かったから4列目だったけど、それでもマイクまでの距離は3mもないぐらい。

ステージと言っても高さはなくて、小さなスペースに天井から照明が吊り下げられてて
キャビネットがあってその上に時計と昔のTVのアンテナみたいなのが置いてあって。
機材はアコースティックギター、キーボード、MacBookに打楽器用のパッド。
ライブ前にドリンク交換待ってる間にまじまじと鑑賞。床に赤いピックが落ちて?置いて?た。
ステージの横の本棚には絵本が並べられていて、懐かしい表紙の絵本も。
ドリンク交換して席に戻ろうとしたらさっきよりかなりぎゅうぎゅうの状態に。笑
レポ書きたいけどセットリストが分からないのでざっくりと。なので順番も曖昧です。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

18時半を少し過ぎて、少し暗くなってドリンクカウンターの奥の扉からスコットさんが登場。
ボーダーの半袖Tシャツにデニム姿で、左手に白の大作戦リスバン着けてた。

「こんばんは、スコットマーフィーです!みんな元気?
(突然だったからちょっと反応が薄くて)元気そうじゃないけど元気?」

macのセッティング中、マイクにノイズが乗っちゃって「びっくりさせてごめんね!」
ケーブルを最前のお客さんに渡してもらって「ありがとう。親切だね」って。
その接続が上手くいかなくて「今度こそ…!」って。
「アメリカでは祈る時に指をこう(人差し指と中指をクロス)するんだけど日本は何かある?
拝む?アメリカでもそれはあるけど神様に祈る時で、願い事をする時はこうかな」

「昼も歌ったけど喉もウォームアップしてるしお酒も入ってるから夜の方がいいかも!
さっき何か変な気分だなと思ったら朝から何も食べてなくて。
でもさっき美味しいパスタ作ってもらって食べたからもう大丈夫!
ここ(お腹)に入ってます!美味しかったので家が近い人は今度食べに来てください」

チューニングしながら「このアコースティックギター、買ったばっかりなんだけど
すぐチューニングがずれる!」とぼやくスコットさん。笑

「初めて弾き語り観にきてくれたって人いる?結構いる!ありがとう。
前にも来てくれたって人もありがとう(笑)
京都じゃない人?ありがとう。京都の人もありがとう」

最初に歌ってくれたのはオリジナル曲なのかな、初めて聴く曲だなって思ったら
「NIRVANAのライブを観たかったっていう気持ちを歌った曲」って話してた。

ALLiSTERのSomewhere on Fullertonの弾き語り、聴いてるうちに自然と
口角が上がるようなご機嫌さでめちゃくちゃ良かった。歌メロがどこまでも気持ちいい。
この曲の歌詞、どことなく昔のELLEGARDENみたいだなあ。

「音楽を聴かない、トークラジオしか聴かないような父親が昔、唯一聴いてた曲」のカバーを。
「アメリカでも全然売れてないポピュラーじゃない曲だから日本でもみんな知らないと思うけど、
英語分からない人もゆっくり歌うから聴いてください」って。途中で息子が10歳になって、とか
説明を挟みながら歌ってくれて、歌い終わった後に「英語分かった?」って聞かれたんだけど
微妙な反応だったから改めてちゃんと説明してくれて優しいなって。
父親と息子の関係を歌った曲なんだけど、息子が産まれた時は父親の仕事が忙しくて
遊んであげられなくて、父親が仕事をリタイアした時には今度は息子が忙しくなって
あまり話す事もできないっていうような歌詞だったみたい。
歌の中の父子に自分の姿を重ねたりしてたのかなって思ったりもした。

ステージドリンクは日本酒の小さいボトルだったんだけど、
それを飲む度に客席から笑いが起こるから「何で飲む度に笑うの!」って。
スコットさんにとって日本酒は「ジャパニーズ水」だそう。笑

BEGINの島んちゅぬ宝のカバーでは「いーやーさーさーって合いの手入れてね!」って。
10年前、ELLEGARDENと一緒にツアー回った時に泊まってたホテルの前に
沖縄料理の屋台があって、毎晩泡盛飲んでたんだって思い出話も。
3か月間日本にいるから日本語で曲を書きたいと思って3日ぐらいで曲作ったんだけど
今その曲を聴いたら腹が立つって。笑 それぐらい日本語が堪能になったって事だよね。
それも日本語は独学で勉強したっていうのがまたすごい。

MONOEYESの曲、Run Runも歌ってくれた。
細美さんが前にラジオで歌ってた時みたいなバラードっぽいアレンジで。
同じ曲でもがらっと印象が変わって、儚げなメロディに聴こえた。

スコリバのカリフォルニア、バラードもこういうアッパーな曲もどっちも似合うスコットさんの声。
この曲だったか忘れてしまったけど日本語の歌詞はリヴァースさんが書いた歌詞をスコットさんが
日本語にして、最後の部分はリヴァースさんが書いた英語のところを残してあるって話してた。
先週はロスって言ってたかな、そこで5曲レコーディングしてきたみたいで。

「スケジュールがぎりぎりに決まったからスタジオがどこも空いてなくて
何回も色んな所に電話してやっと空いてるスタジオが見つかって。
それで行ってみたらすごいボロいスタジオだったんだけど、壁にアデルの
ゴールドディスクが飾ってあって、まさかこんな所で録音してないでしょ?って聞いたら
このスタジオでデモを録って、その後にオーケストラ入れてアレンジし直して
別のスタジオで録ったんだけど最初のテイクの方が良かったから
CDで使われてるのはこのスタジオで録ったデモの音源だって
言われてびっくりした。こんなボロいスタジオで!?って(笑)」
アデルの曲にコードが似てるって気付いたっていう曲もさらっと歌ってくれたり。

ちなみにスコリバの新曲は「リヴァースくんのいないところで歌ったらヤキモチ焼くから…」って。
二人ともかわいすぎか…涙がちょちょぎれるわ…笑
Weezerのアルバムが4月に出て、忙しくなっちゃうからスコリバのアルバムを
完成させるためにはそれまでに残りの曲を書かないと!って。
夏前にアルバム出せたら夏か冬にツアーやりたいって言ってたけど、
秋はMONOEYES期待してもいいのかな…そわそわ…

スコットさんがWeezerの新譜のトラックリストを見た時に
一曲目はスコリバの曲の英語バージョンだ!って思ったそう。
California Kidsってタイトルなんだけど、曲の中でもCalifornia Kidsって歌ってたからって。

エンジニアさんだったかプロデューサーさんだったか忘れてしまったけど
その方の紹介で日本語の曲に興味のあった女性シンガーと最近コラボしたらしくその曲も。
「彼女の声はこいつ(mac)が歌ってくれる。僕はこんなに歌上手くない…」って。
彼女は元々オペラやってたそうで、声の強さが印象的だった。

***

一旦15分ぐらいかな?休憩を挟んで再びスコットさん登場。

先週ウィークリーマンションでアレンジしてきたというユーミンの「春よ、来い」のカバー。
歌い始めた所でMacの不調で音が止まってしまうトラブルが。
お客さんが「(パソコンの調子が悪いのは)雨だから?」って話しかけたら
「もしここ(PCの上)に雨が降ってたらそうかもしれないけど」って。笑
すかさずさっきの指クロスのお祈りポーズをするスコットさん。
無事にMacの機嫌が直って仕切り直しの春よ、来い。
スコットさんの手にかかるとポップで力強い歌に。

「この間37歳になりました。もうおじさんだよ…。でもMONOEYESでは
下から2番目だからまだいける!」ってかわいすぎるんですけど…。
「僕は結婚もしてないし子供もいないからリバースくんの事を想像して歌詞を書きました」とスコリバの曲。

「僕は村上春樹が好きで、日本語のタイトルは何て言うのか分からないけど、たまたま街で
すれ違った女の子がパーフェクトな女の子でって話があって、僕が前に付き合ってた彼女とは
街で出会って声をかけて付き合うことになったからその話みたいだなと思って。
その彼女から昨日、今度結婚する事になったってメッセージがきて、衝撃…」
昨日とはまたまたすごいタイミングで…って思ったけど、だからなのかと言うべきなのか、
その彼女との出会いを綴った曲を披露してくれたのでした。

「チューリップの心の旅かなごり雪どっちがいい?汽車つながりで」と、イルカさんのなごり雪。
スコリバのほどけていたんだ、歌詞がいいな。弾き語りで聴くと余計ぐっとくる。

「ウィークリーマンションから賃貸に引っ越したんだけど、家具がないから不便で今Amazonで
色々買ってて。床で寝たりしてるんだけど(布団は?って聞かれて)マットを敷いて寝たりして。
アメリカから帰ってきて時差ボケで寝れなくて。一昨日MONOEYESのライブだったから
前の日に寝なきゃ、寝なきゃって思って、やっと朝の8時に寝たら1時間ぐらいして
ピンポーン♪って鳴って、何…?何だ?って思って開けたらAmazonで頼んだお風呂のフタだった」
ジェスチャーから開ける時に巻き取るタイプかな?と推測。笑

「お母さんの方のおばあちゃんが去年亡くなって、その前の一昨年におじいちゃんも亡くなって。
おじいちゃんとおばあちゃんはアイルランドの人だから、僕も半分アイルランド人なんだけど、
アイルランドの音を意識して曲を作ってみました。ふたりはティーンエイジャーの頃から
一緒にいたから、おばあちゃんが亡くなって悲しいけど、天国でおじいちゃんに会えて良かったねって」
スコットさんの優しい気持ちが伝わってくるような歌で、最後がforever togetherっていう歌詞だった。

「僕が10代の時に両親が離婚して、お母さんはすぐ離婚したんだけど…再婚?
日本語難しいよねー(って頭の後ろをかく)その義理のお父さんといつもバトルしていたんだけど、
ある日ギターを買ってもらって、部屋に引きこもってギターばっかり弾いてて
三つコードを覚えたの。その最初に覚えたコードを使って書いた曲です」と
10代の頃に書いたという曲も聴かせてくれた。

ALLiSTERのツアー中、メンバーの彼女の妊娠が分かってバンドが休止する事になって、
スコットさんはバンドをずっとやるつもりだったから戸惑って、
「海を泳いでるけど島に辿り着いてもどうなるのか不安だった」と
その頃の心情をリアルに書いたダークな曲も。

「あと2曲歌ってもいいですか?(\えー!/)何でえーなの(笑)」

「次に歌うのはMONOEYESの曲、My Instant Songなんだけど、
いつもはコーラスだからメインのキー歌うの頭使う。
MONOEYESのライブでオオ♪オオ♪オーオ♪ってハモってたら、
みーちゃんが気に入って急にハモりの方を歌うようになってびっくりした(笑)
横浜の時はみーちゃんが観に来てくれてたんだけど、
MONOEYESの時は歌ってないからみーちゃんの前で歌うの恥ずかしかった」

そのシンガロングの部分、お客さんの歌に合わせてハモってくれた。
2番のBメロ、途中でギター間違えそうになってshit!って。笑

本編最後は日本に来て一番最初に好きになったバンドの曲を、とスピッツの楓。
声の強さと迫力に圧倒された。かっこよかったなあ。

***

ステージを後にするとすぐアンコールの手拍子。
音止めの時間があるから割とすぐに出てきてくれた。

「あざーす!」って今度は日本酒じゃなくて水を飲むスコットさん。
あざーす!いいなあって笑ってたら、
「 酒飲んでも水飲んでも笑うってどういうこと!?」って。笑

「さっきのロシアの女性シンガーとの曲どうだった?良かった?もう一曲やってもいい?
…Cメロのところで僕のダサい台詞があるから、そこはみんな下向いて、見ないで!(笑)」

見ないで!って言われたら余計に見たくなる。
例のセリフの部分、歌いながら目の前で手をひらひらさせて見ないでって
ジェスチャーしてて笑いが起きてた。ああかわいい。
しかもアウトロ長いねって途中で止めてた。笑

ラストはスコリバのHOMELY GIRL。めっちゃ盛り上がってた!
みんな思い思いに楽しんで、笑顔になれるハッピー感。

「ありがとうございましたスコットマーフィーでした!店長さんにも拍手!」

こんな感じで21時を少し過ぎてライブが終了。
とてもアットホームで温かいライブでした。楽しかった!
ライブが終わってすぐ「最後に握手でも!」って出てきてくれて。

ひとりひとりちゃんと握手してサインしてお話して、写真まで撮ってくれて(しかも自撮り)
スコットさんの優しい人柄が心に沁みた。。
サインしてもらうようなものを持ってなかったから、失礼だとは思いつつICOCA渡したら
ものめずらしかったらしく「ICOCAって関西でいうSuicaみたいな感じ?」って聞かれた。笑

あと、奈良にも来てくださいって言ったら「行ったことなかったっけ?」って。ないです!笑
奈良町のカナカナは町屋で目と鼻の先に酒蔵あるしスコットさんにぴったりだと思うんだけどなあ。
いつか奈良にも来てくれるといいな。その日を楽しみにしてます:)
素敵な時間をありがとうございました!



by pochi-17 | 2016-03-06 00:42 | Live | Trackback | Comments(0)

2015.12.28 RADIO CRAZY

あけましておめでとうございます。

昨年も一年間、ひたすらライブレポを書き綴っていくだけと化した
このブログにお付き合いいただきありがとうございました。
年末にまとめ的な記事を上げようかと思ったもののレポを先に書いてしまった。
しかもGATALIとTHROAT大忘年会のレポも書いてない。。
今年もマイペースで思ったことを忘れないように記録していく所存です。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

12月28日、FM802のロック大忘年会、RADIO CRAZYに行ってきました。
MONOEYESと髭ちゃんが同日って発表になった時に行くしかない!と思いまして。
25日から謎の年末ライブラッシュでレポをまとめる時間が足りないのでさくっと感想を。
本命のMONOEYESと髭ちゃんだけはちゃんと書いたつもり。
セトリは拾い物、分かる範囲で載せてます。間違ってたらごめんなさい。

個人的には2年ぶりのレディクレ、知らない間にステージも増えればクロークの場所も変わってて
敷地内のいちばん奥、ビル3階分の高さの坂道を登らないと辿り着けないという
なんとも鬼のような状況になってて萎えたけど休む時間もなくぎっちり詰め込んで
ナッシングス→サンボ→バクホン→KING ALL STARS→モノアイズ→バースデイ→
髭→ピロウズ→健さん→スカパラと途中からのものもあるけど色々観れた。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

まず一発目はNothing's Carved In Stone。
ライブの前に802DJの中島ヒロトさんが登場して前説的なMC。

びっくりしたのが一音目からいきなりかっこいい。間奏もいちいちかっこいい。
エルレ休止以降はじめて生ウブさん観たけど相変わらず、
いやあの頃よりもっとすごいギタリストになってるなあって
ちょっと遠い存在に感じたりもしたけど今もペースを落とさず
活動してくれているのは嬉しいなとかそんな事を思ったりした。
ひなっちのベースは無二の存在感でずっと見てても全然飽きないなあ。
大喜多さんも村松さんも含めてプロ集団、百戦錬磨のバンドだった。

1.Isolation
2.Milestone
3.MAZE**
4.きらめきの花
5.Out of Control
6.Spirit Inspiration

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

そのままサンボマスター。 2柵目にいたのに序盤から押しがすごくて後ろに退散。
そしたら最後のスカパラまで体力残そうとするんじゃねえぞ!ってMCが…笑
アホ年末コールもすごかったけど、最後のMCだったかな、
それまでまくし立てるように矢継ぎ早に言葉を発してた山口さんが
真面目なトーンで勝手に死ぬんじゃないぞって言っててぐさっと刺さった。
それにしてもサンボマスターはみんなが歌えるキラーチューンをたくさん持ってるバンドだなあ。
竿後のロックンロールイズノットデッドがよかった。すごく。

1.ミラクルをキミとおこしたいんです
2.世界をかえさせておくれよ
3.愛してる愛して欲しい
4.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
5.できっこないをやらなくちゃ
6.ロックンロールイズノットデッド

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ささっと昼食を挟んで移動の後THE BACK HORN。
LOVE FOR NIPPONのイベントで山田さんの弾き語りは観た事あるけど初めて観た。
マツさんが最初のMC、引っ張るような感じでしゃべってた。
後ろで観てたんだけど近くにいたウェイウェイ系男子のノリがうざくて
曲中に変な合いの手入れてて最低だった。聴く気ないなら出て行ってよ…。
ライブ自体は山田さんの男っぽい歌いっぷりも岡峰さんの歪んだベースもかっこ良かった。
菅波さんは何だろう、イメージしてたまんまだった。裏切らないキャラクター。笑
そんなに曲知らないやって思ってたけど知ってる曲が多くやってくれた。

1.声
2.刃
3.罠
4.美しい名前
5.その先へ
6.真夜中のライオン
7.コバルトブルー

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

また移動して加山雄三さん率いるTHE King ALL STARS。
佐藤タイジさん、ウエノコウジさん、武藤昭平さん、古市コータローさん、タブゾンビさんなど、
バンドメンバーがまずすごい。そうそうたる顔ぶれ。
すでにサウンドチェックが始まっていてウエノさんがウッドベース持ってて、わ!って。
加山さんはサウンドチェックで登場しただけで拍手が起きるほどのオーラと貫録をまとっていて、
マイクチェックはフランス語で行っててそれがまた素敵だった。

TVの中の人という感じなのに、ちゃんと会場の隅々まで目を配って歌われてたし、
ウエノさんが一曲目からウッドベース弾いてて釘づけになったけど、
continueは武藤さんボーカルで、加山さんの往年のヒット曲である夜空の星も歌ってくれたり、
Misirlouのギターなんかもう現役バリバリだったしタブさんとの絡みが最高だった。
曲中タイジさんの弦が切れたのを加山さんが見つけて指でつまみ上げて、
「タイジは偉い、弦が切れてもちゃんと演奏してる!」って。笑

最後は「フランク・シナトラの生誕100周年で録音された音源と共演する事ができたん
ですけども、この曲は若い皆さんも聴いたことがあると思います」とMy Way。
これがほんとに圧巻で、大人の上質な音楽ここにありというステージだった。
こういう機会でもないと観れないし、いいものを観させていただきました。

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

そのまますぐそこのステージで始まるKeishiさん観たかったけどMONOEYESの
規制が怖くてZステージに移動。そしたらBIGMAMAですでに規制かかってて焦った…。
しばらく並んで何とか入れたので3、4曲だけBIGMAMAも聴けた。
華があってキャッチーで、そりゃ人気出るわ!って感じだった。ハマるかどうかは別として。
ライブ終わって出ていくお客さんと入れ替わりで上手の端4列目ぐらいまで行けた。

すぐにメンバーが出てきて自らセッティング。細美さんがピンスポが眩しいって
照明の調整をしたりチューニングしたりしてからサウンドチェック。
昨日すぐ目の前にいた戸高さんがこんな大きいステージに立ってるのが不思議だった。
サウンドチェックの時は黒のスウェットだったけど本番では
THROAT RECORDSの黒のドクロT着てたのが何だか嬉しかったな。
細美さんはいつもの(お風呂で洗ってるって言ってた)真っ赤なTシャツ、黒のワークパンツ。
スコットさんは赤と白のチェックのシャツにデニム、一瀬さんは白いTシャツ姿。
細美さんの「サウンドチェック行きます」の声で始まったのはWhat I Left Today。
本番さながらのテンションにお客さんのボルテージもぐいぐい上がっていく。

曲が終わって最後に一瀬さんが「俺ドラム叩けてる?」って確認。
そしたら細美さんが「大丈夫叩けてる。先輩、いっせの髪型大丈夫?」って。
その時に一瀬さんが「板前でーす!」って言ってて笑った。

メンバーが一旦ステージを後にしてライブが始まる前に802DJの大抜卓人さんが出てきてMC。
「番組準レギュラーとして月に一度出演していただくようになって早いものでもう8年、
バンドを休止した細美これからどう動くのかというのを伝えたいというきっかけで
始まりましたが今では細美さんの第一声を聞くだけで今日は調子がいいな、今日は調子が悪いなと
いうのが分かるようになりました。細美さんがいいって 言ってくれるうちはずっとこのコーナーを
続けていきたいと思っています。とにかくみんなと楽しみたいと始めたバンド、
今年はMONOEYESとして初めてのRADIO CRAZY出演です。Ladies and gentlemen!MONOEYES!!」

RADIO CRAZYのジングルが流れてビジョンにMONOEYESの文字が映し出されると大歓声に包まれる。
いつの間にかタイムリーになってたスターウォーズのテーマに乗ってメンバーが登場。

期待と緊張が入り混じった空気の中、最初の音を鳴らす。
スコットさんはベースの弦をノックして歪んだ音を広々とした空間いっぱいに響かせる。
1曲目はCold Reaction。音の厚みとサビでスパークするようなサウンドが気持ちいい。
その流れでLike We've Never Lost。イントロからいきなり心を掴まれる
流れるような指使いが美しいギターのリフ。気付けば合唱が起こっていて
皆の腕がステージに向かって伸びてる。狭くて空気が薄いライブハウスも、
こんな大きいステージもどっちも似合ってしまうバンドだなあ。

細美さん「こんばんはMONOEYESです!」
When I Was A King、一瀬さんの怒涛のツービートがめちゃくちゃかっこいい。
自然発生的に手拍子が広がっていくのはフロアから見ていてもわくわくする。
まっすぐにフロアを見据えて歌う細美さんがすごくいきいきとしていて眩しかった。

細美さん「ちょっと興奮しすぎてるね、興奮しすぎてるわ。…俺が」
MC中にスコットさんがフロアに水を撒く。どうやったらあんなに勢いよく飛ぶんだろ。

細美さん「メンバー紹介。ベース、スコット!スコーットマーフィー♪
スコーットマーフィー♪スーコスコスコスコットマーフィー♪
スコットマーフィーフロムシカゴ!シカゴから日本に来てくれました」

スコットさん「(手裏剣&忍者ポーズ)もうかりまっか?そんなにもうかってない?(笑)」
細美さん「スコット今年どうだった?」
スコットさん「友達とバンドやって毎日一緒にいて、
こんな幸せな事はないと思います。来年もよろしくね!」

細美さん「来年もよろしく!ギター、戸高賢史!」
戸高さん「…マスオさんやる?」
細美さん「それやっても(目の前を指して)ここら辺の人しか分からないよ(笑)」
戸高さん「エェ!?(笑)」

細美さん「ドラム、一瀬正和!」
一瀬さん「髪を切りすぎました一瀬正和です!(X JAPANのポーズ)」
細美さん「武道館の時の俺よりはマシだから。
音響、東北ライブハウス大作戦本部長、SPC西片明人!」
スコットさん「そしてギターボーカル、細美武士!」

細美さん「今年はいっせの○○○にバナナを突っ込んでバナナ味の
○○○を舐めました。来年も捕まらない程度に楽しい事をしたいと思います。
負け犬の歌、マイ・ファッキン・インスタントソング」

前列のメンバーもお客さんも一斉に飛び跳ねる。My Instant Song。
今年はほんとにこの歌にいっぱい助けてもらったなあ。
苦しみも悲しみも全部包み込んで光に変えてしまう魔法の歌。
明日公園で、ベースを銃に見立ててフロアを撃つスコットさんが無邪気でかわいかった。
戸高さんが下手側、スコットさんが上手側に入れ替わって演奏してたんだけど、
戸高さんのマイクでコーラスするスコットさんの声がいつもより大きく聴こえた気がする。
立ち位置に戻る時に二人がハイタッチを交わしてたのに思わずぐっときてしまった。

細美さん「2015年あと4日、終わり良ければすべて良し、残りも楽しもう!
また明日からみんな別々の所に戻るけど、迷った時は光のあたる場所に出てきて。
俺たちはいつもステージの上にいるから。こっからラストパートに入るけど怪我しないように楽しんで」

Run Runの重厚なイントロのグルーヴの中で、もう少しでライブが終わってしまうんだって
気持ちがどんどん大きくなってきて、まだ終わってもないのにロス症状が出そうだった。
細美さんめずらしく2番頭の歌詞飛ばしてて、その後のラジオで「やってもたー…」って言ってた。笑
Remember Meを聴くとBIGCATの事を思い出す。2番のAメロでフロアを指してるのを見ると
すぐ泣きそうになるんだけど、曲が終わる頃には清々しい気持ちになってるから不思議。
最後はグラニート。歌詞にあるように、心に風が吹き抜けるようなイントロのサウンド。
間奏の所で細美さんが「ギター、トディ!」って。そのギターソロがまたとびきりかっこいいんだ。
最後、細美さんスコットさん戸高さんがこの日いちばんの大ジャンプを決めてライブが終了。

細美さん「ありがとうございましたMONOEYESでした!良いお年を!」

笑顔でステージを後にするメンバー。最後に戸高さんがフロアにボトル投げこむ。
一年の締めくくりにふさわしいMONOEYESらしいステージ。
2015年はいっぱいMONOEYESの音楽に救ってもらったなあ。来年もいっぱいライブ観れたらいいな。

SC.What I Left Today

1.Cold Reaction
2.Like We've Never Lost
3.When I Was A King
4.My Instant Song
5.明日公園で
6.Run Run
7.Remember Me
8.グラニート

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

しばらく余韻に浸ってたかったけどそそくさと移動してThe Birthday。
いつの間にかすっかり暗くなってた。3曲目の途中ぐらいから観れた。
思いがけず前に行けたから肉眼でもはっきりと見える距離で堪能させていただきました。
まずフロアに足を踏み入れた瞬間にチバさんの声の存在感と佇まいに圧倒されそうになった。
フロントエリアにはメンバーと同世代ぐらいの男性も多かった。

MCでクハラさんが「大掃除終わりましたか?今年の汚れは今年のうちに」って何かのCMみたいな事を。
チバさんはRADIO CRAZYという単語が出てこない様子だったのに
「クレイジーラジオでもいいね」ってかっこ良くまとめてた。ずるい。笑
チバさんのハープ曲も聴けたし、くそったれの世界も最強にかっこよかった。
最後クハラさんがスティック投げ込んで終了。

1.MOTHER
2.FULLBODYのBLOOD
3.I KNOW
4.くそったれの世界
5.LOVE SHOT
6.Shan Shan
7.涙がこぼれそう

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

今年は大きめのステージだった髭ちゃん。
バースデイの撤収が終わってすぐ謙介さんと宮川さんが出てきてセッティング。
しばらくして他のメンバーも出てきて最後に須藤さんが出てきたんだけど
須藤さんの時だけみんな須藤さん…!ってなってた。笑白のスウェット着てた。
サウンドチェックでダリアをワンコーラスと囚人を一曲全部。え、囚人は本編じゃないの?
ナイフ、レモネードって置くように歌うバージョン久々に聴けた。
サウンドチェックが終わって一旦ステージを後にするメンバー。
須藤さんが笑顔でフロアを見ながらはけていく。

ジングルの後いつものSEが鳴って手拍子が起きる。メンバーが登場。
須藤さんはアーティストパスを首からぶら下げて白のTシャツに
黒の足首丈のてろてろ素材のサルエル、黒のコンバース。
宮川さんは多分この間のクアトロと同じ、斉藤さん赤のブロックチェックのシャツ。
gomesさんのアメカジっぽいスウェット可愛かった。謙介さんはTシャツ、
コテさんはバンTの上にサテンみたいな生地のマント羽織ってた。

一曲目いきなりダリア始まりでめっちゃ上がった。毒っ気のある
怪しいサウンドでじわじわとフロアを揺らしていく。

須藤さんがギターを掻き鳴らす。おもちゃ箱をひっくり返したような
ポップなイントロのボニー&クライドは以前802のヘビロテにもなってたから
802関連のライブではほぼ必ず演奏する律儀な髭ちゃん。
謙介さんとコテさんのツインドラムが鉄板な黒にそめろ。
やっぱり盛り上がるなあ。あくび殺した?って振られると叫ばずにはいられない。
須藤さん何度もモニタの上に飛び乗ってたんだけど、下から見ると
1.8mぐらいあるステージの結構手前にモニタって置いてあるから
落ちないでねって思いながら見てた…。須藤さんは高い所平気なのかな?

須藤さん「僕たち今日がライブ納め!楽しもう!」

少しクールダウンするようなネヴァーランド・クルージングの
緩やかなBPMが心地良い。アウトロのアレンジの自由さが素敵。

テキーラ!テキーラ!の勝手に踊らされるようなベースはほんとずるい。
斉藤さんのギターもめちゃくちゃかっこいいし最高だった。須藤さんはいつもみたいに
ふわふわと踊っていて、大きいステージでもそのままの自然体だった。

コテさんが赤と青に光るペンライトとトラメガを手に前に。ギルティーは罪な奴!
ペンライトを股に押し当ててて苦笑いするしかなかったけど楽しかった。笑

須藤さん「今年もありがとうございました!来年は僕たちと大阪の友情がもっと深まると思います。
大阪ーーー!大好きです!エブリバディ!イノセント、what's going on!」
ラストは意外にも*イノセント (What’s going on?)*。
サンキューサンキューサンキュー!サンキュー大阪!サンキュー!って
何度も何度も感謝の気持ちを言葉にする須藤さん。
笑顔でフロアを見渡してる時、目線いただきました(ありがとうございます!)
曲の途中のワオ!がめっちゃ(あざと)可愛くて最高でした。
謙介さんがめちゃくちゃいい顔して叩いてて嬉しくなった。
最後口に水を含んで噴射する須藤さん。なぜこのタイミングで…?笑

時間押してたのかMCも少なめだったけど髭ちゃんがどこまでも髭ちゃんで安心したし
今年最後に大阪で、しかもこんなに大きいステージでライブを観れて嬉しかった。
また来年もたくさん同じ時間を過ごせたらいいなあ。

1.テーマ・フロム・ダリア
2.ボニー&クライド
3.黒にそめろ
4.ネバーランド・クルージング
5.テキーラ!テキーラ!
6.ギルティーは罪な奴
6.*イノセント (What’s going on?)*

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

髭ちゃん終わりで体力の限界に近づいてたけど気力だけでダッシュしてピロウズへ。
タイテかぶってたから聴けたのは4曲目の途中からですでに後ろまでいっぱいの人。
ちょうど次の曲がフラッドの佐々木さんとのコラボ曲で、さわおさんに呼び込まれて
出てきた佐々木さんは新しい革ジャン着用という気合の入れよう。笑
ロックな歌声のミュージシャンでまず思い浮かんだのが佐々木さんだったんだって。
その話を聞いてる佐々木さんが嬉しそうで、ほんとに大好きなバンドなんだろうなって。
「ピロウズ好きですか!俺の方が好きだ!」って言ってたし。笑
802のオファーを受けて書き上げた新曲、ラジオへの愛がピロウズ節に乗せて歌われてて良かった。

その次の曲も佐々木さんとのコラボで、歌い終わって佐々木さんがはけた後に
さわおさんが「イヤモニの自分の声が100だとしたら亮介の声は65ぐらいで
お願いしてたのにあいつ声でけえ!」って顔をしかめてた。笑
その後セトリにはないんだけどさわおさんがおもむろにラジオをテーマにした曲を弾き語り始めて。

“インターネットが普及してラジオはもう終わりかなって思った
でも違ったTVからは流れないピロウズも流れてくる”

“802は26周年ピロウズも26周年 音楽は自分の為 でも今日は君のため”と会場を沸かす。

そこからファニバニに持って行くなんてずるい。最後の歌詞、好きな場所へ行こう
”僕らは”それができるって歌ってて思わず視界がぼやけた。
佐々木さんがピロウズの曲にずっと支えられてたって話してたのもこの曲を聴くとよく解る。
サードアイもめちゃくちゃかっこ良くて、当時よく聴いたなあって懐かしかったし、
最後のハイブリッドレインボウも心を掴まれた。
髭ちゃんとかぶってなかったら全部観たかった…。また近いうちにピロウズ観たい。

1.この世の果てまで
2.LITTLE BUSTERS
3.インスタント ミュージック
4.About A Rock'n'Roll Band
5.レディオテレグラフィー
6.Blues Drive Monster
7.Funny Bunny
8.サード アイ
9.ハイブリッド レインボウ

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

ピロウズ終わりで一旦クローク行って、その時点で健さん5分前だから急いでそっちに。
当然もう始まってたけど聴きたかったのは大体聴けたかな。

Ken Yokoyamaの横山健ですって言っててややこしいなって思ったら俺にとっては
Ken YokoyamaはバンドだからKen Yokoyamaの横山健ですって。
途中のMCでの下ネタがひどい。笑 妖怪○○毛散らしって知ってる?
朝、鏡を見たら眉毛の上に毛が乗ってて二度見した、みんなもあるでしょ
こんなと所に落ちてるって時。それは妖怪○○毛散らしの仕業だからって。笑
曲間のギターチェンジの時は新作ギターの宣伝もしてた。
怪我なんかしてお正月入院したら切ないから怪我しないようにとか、
あとInter fmで番組やってるって言ってたけど他局なのにいいの?系列局なの?笑

I Won’t Turn Off My RadioはRADIO CRAZYってイベントにぴったりだったな。
最後の曲前、あと3分しかないってメンバーに伝えられるもそれでもまだ
曲に行かないで一曲削りますって。笑 時計ばっかり気にしてるような奴は
そういう時間に縛られた生き方しかできないんだよってさすが健さんだったけど
「時間押したらスカパラ兄さんにシメられるから曲行きます」って。笑
最後は昔のアルバムに入ってる曲、歌詞は知らなくても曲聴けばメロディぐらい
分かるかもしれないから歌って。俺が1.2.3.4.5って数えたら歌ってくださいってBeliever。
来年も出たいって話してたし、またライブ観れたらいいな。

1.Ten Years From Now
2.Maybe Maybe
3.Save Us
4.How Many More Times
5.Somewhere Over the Rainbow
6.I Won’t Turn Off My Radio
7.Punk Rock Dream
8.Believer

*+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++*

2015年のライブ納めはスカパラ。
ずっと観たかったから念願叶って観れて嬉しかった。
楽しさもかっこよさも想像以上だった!
のっけからルパン三世でもう皆テンション振り切ってたよ。
もうキラーチューンの連発で、荷物抱えたまますぐ帰れるように
出口付近で大人見するつもりが気付いたら踊ってた。笑

コラボも豪華でまず最初に登場したのは片平里菜ちゃん。
曲中のセリフを「大阪から帰れなくなっちゃった」に変えてたんだけど
流し目で小悪魔っぽくてめちゃくちゃ可愛かった。
谷中さんの「戦うように楽しんでいってくれ!」っていう言葉にも、
ゴッドファーザーのテーマもかっこ良すぎて痺れた。
歌詞もない曲、楽器ひとつでこんなにも人の心を揺さぶるなんて
音楽の持つ力ってすごいなあって思った。いつか見たコーチェラの映像で
現地のおじさまが心の底から楽しんで踊っていたのを思い出した。

その後のコラボ曲ではバースデイのチバさんが出てきたのもびっくりした。
白のシャツに着替えてハット被ってサングラスもしてたから一瞬誰か分からなかった。笑
チバさん+スカパラなんてかっこ良くない訳がない。最高だった。。

SKA ME CRAZYの後、聴き覚えのあるイントロが演奏されて「!!」ってなってたら
ステージにKEMURIのふみおさんとホーン隊が…!これ聴きたかったやつ!!
ふみおさん腕に黒のテープで802とSKAの文字を描いていて、
ひたすらもう楽しかった。その後のペドラーズも反則でしょ。
谷中さんの「戦うように楽しんでくれて本当にありがとう!」って男前な言葉もぐっときた。

最後のAll Good Ska is One、袖にいた出演者とDJを呼び込んで、
「谷中のお願いです。全員で肩を組んでくれ!」って。
気付いたら隣にいた全然知らない人と肩組んで踊ってたよ。素面で。笑
(その状況でも802DJのかとまきちゃんがGATALIの猫T着てたのを見逃さなかった!)

ステージに登場したのはコラボした面々に加えて横山健さん、802DJの大吾さんやヒロトさん、
あと若いバンドマンっぽい人もいたけど誰なのか分からなかった。。
健さんが唐草模様の風呂敷を持って来てて最初ギターの加藤さんの首に巻いたんだけど
その後チバさんの帽子と首に巻いて更には谷中さんの首に巻いてた。笑
しかも里菜ちゃんの衣装のファーも谷中さんの首に。
最終的には健さんが谷中さんの首に抱きついてくるくる回してもらってた。女子か。笑

後ろまでぎっしりの人が皆笑顔で踊ってて、なんてピースフルでハッピーな空間なんだろうって。
スカパラ兄さんのお陰で最高のライブ納めができました。ありがとう!

1.ルパン三世'78
2.スキャラバン
3.DOWN BEAT STOMP
4.嘘をつく唇(featuring 片平里菜)
5.Love Theme from The Godfather
6.カナリヤ鳴く空(featuring チバユウスケ)
7.SKA ME CRAZY
8.Pride Of Lions(featuring 伊藤ふみお)
9.ペドラーズ
10.All Good Ska is One




by pochi-17 | 2016-01-02 00:27 | Live | Trackback | Comments(2)

2015.12.2 MONOEYES Cold Reaction Tour2015@Zepp Namba

この記事はブログのファンのみ閲覧できます




by pochi-17 | 2015-12-15 00:02 | Live

2015.10.20 MONOEYES“A Mirage In The Sun”TOUR@心斎橋BIGCAT

この記事はブログのファンのみ閲覧できます




by pochi-17 | 2015-10-31 17:28 | MONOEYES

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

2019.7.18 ストレイ..
at 2019-07-31 21:45
2019.6.23 浅井健一..
at 2019-07-05 21:39
2019.6.21 ザ50回..
at 2019-06-26 21:30

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧