タグ:the HIATUS ( 73 ) タグの人気記事




RADIO CRAZYレポ@2010.12.30 ◆the HIATUS

◆L-STAGE 19:20- the HIATUS

セットリスト

1.The Ivy
2.My Own Worst Enemy
3.Monkeys
4.Storm Racers
5.Walking Like A Man
6.The Flare
7.ベテルギウスの灯
8.Twisted Maple Trees
9.Insomnia


元BEAT CRUSADERSのヒダカさんが電撃加入したMONOBRIGHTの頭2曲ぐらい見て
the HIATUSが控えるLステージにそそくさと移動。
まだSOUL FLOWER UNIONがライブやってて、お祭状態で皆楽しそうだったなぁ。
ハイエイタスが始まるまでじっとウエノさん側の横の柵にもたれて待機。

クレイジーマンのSEの後、いつものトライバルなSEに乗ってメンバー登場。
ざーっと目の前を人が流れていくのを横目にしばし様子見。

ライブが始まると共に音の洪水が溢れ出す。「The Ivy」にただただ圧倒される。
5人の生み出す音が、あっという間に空気の色を塗り替えてしまう。

「My Own Worst Enemy」ここまでは予想通りの流れ。
伊澤さんの繊細なピアノの音色と柏倉さんの軽やかなのに
スパッ、スパッと切り込んでくるようなドラムが曲のアクセントになってる。

次に来たのが「Monkeys」。本格的に温まってきた。ほんっとカッコいい!
でも豪快にヘドバンしてる人が目に入って気が散るなぁ・・・と思ってたら
「Storm Racers」・・・きたー!もう我慢できなくなってモッシュゾーンに飛び込む。
ほんとに危なそうな一歩手前まで行って何も見えなくなったけど、でも楽しい!
サビ前の「1・2・3・4!」でいつも理性が吹っ飛ぶ。

細美さん「こんばんは!the HIATUSです!」

「大阪のお客さんに面白い話をしたいとか言うと『またぁ!』とか
言われちゃうかもしんないんだけど・・・昨日大阪に前乗りしたんですが、
期せずして○○責めに遭いまして。あ、夢の中でなんだけど。ウォシュレットが
どう考えても10代の女の子の声で『ここやばくない!?』って(笑)」

・・・あーもう相変わらずだなぁ(笑)

そんな話を後ろで何食わぬ顔をしてベースを抱きながら聞いている
ウエノさんを見て、そのギャップに思わず笑いそうになってしまった。
しかもその流れで「Walking Like A Man」とか何ですか(笑)
変なテンションなのは自覚してたみたいで、落ち着けてから曲に行ってた。

さっきとはまるで別の場所にいるような静けさに包まれる。
囁くような歌声と、必要最小限の音色だけが作り上げる異次元の空間。
ビジョンにサンプラーを操る細美さんが大写しになる。
あのワープしそうになる感覚はハイエイタスのライブでしか体感できない。
ライブは生き物で二度と同じものはないんだってこの曲を聴くと特に思う。

細美さん「うけるといいなと思ってた曲がうけると嬉しいね。
今年もいっぱい感謝したい人達がいます。支えてくれたスタッフの方達にも
感謝しています。今年もRADIO CRAZYに呼んで下さってありがとうございます」

ラフなセッションから流れるように「The Flare」。
何度聴いても、聴く度に違う表情を見せてくれる不思議な曲。
細美さんがフロアを指差してたのってこの曲だったっけな。
2番のサビのリズムが四つ打ちっぽくなってたのがまたテンション上がった。
「キーボード・伊澤一葉!」って紹介された伊澤さんの鍵盤も素敵だったなぁ。

曲終わりの拍手がそのままハンドクラップに変わる。「ベテルギウスの灯」。
ハンドクラップが広がっていく様子を細美さんが嬉しそうに見つめる。
それでもまだ「来い!来い!」って煽られて、叩く手にも力がこもる。

「Twisted Maple Trees」を聴いてライブが終盤だって事に気付いた。
この曲の始めは恒例のウエノさんのベース抱きタイム。
細美さんが見えなかったからずっとベースを抱いてるウエノさんを見てた。
5人が5人とも全力でぶつかり合って、重なった音が大きくうねる。
柏倉さんが目をギュッと閉じ、口を大きく開けて渾身のドラムを響かせる。
最後のmasaさんの穏やかなギターでやっと我に返るぐらい引き込まれた。

ラストに演奏されたのは「Insomnia」。重い歌詞だけど、少しも悲壮感はない。
JAPANのインタビューで言われたように、この曲の細美さんは誰よりも開放されてる。
がっしりとマイクを両手で掴んで、ありったけの声で歌い、叫んでる。

細美さん「ハイエイタスでした!ありがとうございました!」

オーディエンスに拍手を贈って、組んだ掌を振って労う細美さん。
最後は深々とゆっくりお辞儀をしてステージを後にしていました。

↓はライブ後にアップされた細美さんのブログ。
同じ時間を、同じ気持ちを共有できた事が何より嬉しかった。

-------------------------------------------------

大阪→幕張!
TAKESHI HOSOMI (December 31, 2010 3:31 AM)

今日のRADIO CRAZY、ほんっとーに楽しかった!!!
みんなありがとう!!!
明日は今年最後のライブ!
やったるぞおおおおおお!!
おやすみなさい!

-------------------------------------------------
[PR]



by pochi-17 | 2011-01-06 23:45 | Live | Trackback | Comments(6)

the HIATUS ANOMALY TOUR2010 9.4Zepp Osakaレポ

9月4日、ZeppOsakaであったthe HIATUSのライブに行ってきました。
個人的に去年の年末のRADIO CRAZY以来のハイエイタスだったんですが、
まるで成長期の子に久しぶりに会ったような感覚。
とにかく細美さんが楽しそうで、笑顔が見れて良かった。
そんな訳でいつもどおり長ーい自己満レポです。MCは曖昧なのでご了承を。

予定より一本早い電車に乗れたのでゆっくりZeppに向かっていたら、
立ち止まった横断歩道でふと見えた海に吸い寄せられてしまいました。
Zeppには何回も来てるけどそう言えばここって何だろう?と思って
てくてく歩いて行ったら、シーサイド・コスモという広場でした。
高くて青い空の下、白い帆のような屋根があって絵になる景色。
そこでおじいちゃんがお手製とおぼしき凧をあげてて、
日本髪の女性とタコとペンギンが仲良く空に浮かんでる。
やわらかい潮風が心地よくてしばらく海を眺めてぼーっとしてました。
見れなかったけど、きっと夜景も綺麗なんだろうなぁ。

暑い中物販に並ぶ体力もなかったので大人しく諦めて、
番号が呼ばれたらささっとフロアに直行。
この日は2個目のバーの後ろ、masaさん側の端っこにスタンバイ。
ウエノさん側に行くか迷ったけど、出戸くんも見たいなぁと思って。
そう、この日の対バンはOGRE YOU ASSHOLEでした。
去年髭の須藤さんと一緒に802のラッシュボール特番の
公開録音で出戸くんは見たけどライブを観るのは初めて。
オウガの前のBGMはフラテリスやニルヴァーナの曲が流れてました。

More?(注意!以下ネタバレです)
[PR]



by pochi-17 | 2010-09-09 22:16 | Live | Trackback | Comments(4)

細美さん家の洗濯機

今日、802のDELICIOUS FRIDAYに細美さんが生電話で登場してました♪
番組準レギュラーの細美さん、今回で24回目の登場とのこと。
(そのうち2回ぐらいは録音失敗したりして聴き逃してるけど・・・)

何だかすごく声が弾んでて、すっきりと晴れやかでご機嫌で、
ツアーも順調なんだろうなぁっていうのが伝わってきました。
昨日とおとといは新木場でテナーと対バンだったんですよね。
本当に羨ましい・・・やっぱりテナーとやるって特別な気がするんですよね。

ラジオ聴きながらにやついてたらメッセージが読まれててびっくり。
色々書いて送ったはずなのに、なぜか洗濯機はどうなりましたか?って
ところだけがピックアップして読まれてて、細美さんに笑われちゃったよ・・・
それに「洗濯機置き場に収まらない洗濯機はどうなりましたか?」じゃなくて、
正しくは「洗濯機で足の小指をぶつけてませんか?」って書いてたのに!(笑)

洗濯機置き場に収まらない洗濯機はその後、細美さんの友達の友達が
結婚されるそうで、その洗濯機が収まる新居を探すからそれまで
取っておいて!と言われたとかでとりあえず細美さん家の脱衣所に置いて、
マネージャーと一緒に運んで、今はフォーライフの倉庫にあるそうです(笑)
でも脱衣所に置いてる間、お風呂に行けなくて大変だったとか・・・
とりあえず洗濯機騒動もひと段落したみたいで良かった♪

最後に。細美さんの日記を読んでる途中、何度も繰り返し読んでしまった言葉。

「いつだってもがいて悩んで足掻いて、すっころんでなかなか
起き上がれないこともあるかもしれない。でも、やっぱり、悩み抜いて
足掻き抜くことは無駄じゃない。そう信じられた、2日間の東京ライブでした。」


この言葉に触れて、涙が溢れそうになった。細美さんいつもいつもありがとう。
[PR]



by pochi-17 | 2010-08-28 00:20 | Radioレポ | Trackback | Comments(6)

the HIATUS「ANOMALY」

ANOMALY

the HIATUS / フォーライフミュージックエンタテインメント



ここのところハイエイタスにどっぷり浸ってます。

「ANOMALY」待ちきれなくて珍しくちゃんとリリース日に買いました。
1stの時は「入荷の予定はありません」と言われた近くのCDショップに、
今回はなんと6枚も置いてありました(しかもすでに1枚売れた形跡が!)。
はじめは先入観を持ちたくなかったので何も触れず、考えず、
歌詞カードも見ずにずーっと目を閉じたまま聴いてました。

でも、どっぷり浸ってる割には何回も何回も聴いてないです。
と言うのもこのアルバム、とてもじゃないけどBGMにはならない。
再生した瞬間からものすごい勢いで洪水のように溢れ出してくると言うか、
どれも100以上の力で全員の音が、細美さんの声が塊のように押し寄せてくる、
私にとっては生半可な気持ちで聴けないアルバムです。

“歌詞は物語でもないし、決してメッセージでもない。詞は詞でしかない”
JAPANのインタビューで細美さんはこんな事を話してたけど、
山崎さんに“ホソミクエストじゃん!”と突っ込まれるほど
「My Own Worst Enemy」の詞は確かに主人公がそこにいたし、
「Walking Like A Man」は前作で言うところの「Little Odyssey」のような、
こんな引き出しも持ってたのか!と思う曲調で、ただただ驚きました。
目を閉じて聴いてたせいもあるけど、本気でワープしそうになった。
曲が終わって「Doom」に入る時のスイッチが切り替わる感じに痺れました。
「Talking Reptiles」とか「Monkeys」は、ライブで楽しそうだなぁ。
「Insomnia」はアルバムバージョン?と思ったんですが、自信なし・・・
「Antibiotic」は絶対CDで聴くべき!ピアノのタッチがほんとに素晴らしい。
悲しいからこその美しさだとか、儚さがこの曲には詰まってます。

「Trash We'd Love」と「ANOMALY」、どっちが好きか考えてみたけど
結局答えは出ませんでした。共通点もあるけど、単純に比べられませんでした。
ただ、アルバムの終わり方は今回の方が好きかも。
聴き終わった後、どっちもしばらく放心するけど今回のは後味が良いというか。
それこそ「The Ivy」で終わってなくて良かった。曲順って重要。

2作目にしてもう完成された感があって、色んな意味で凄かった。
洋楽とか邦楽とか、ロックだとかロックじゃないだとか、
ジャンルのボーダーなんかどうでもいいやって思ってしまった。
大事なのは、気持ちがこもってるか、魂があるか、血が通ってるか。
そんな風に思わせてくれる一枚でした。


[PR]



by pochi-17 | 2010-07-07 00:23 | ELLEGARDEN/theHIATUS | Trackback | Comments(4)

We're aiming to uncover all the stars

しまった!と思った時には大体もう遅い。久々にやってしまった・・・
ハイエイタスの神戸の一般、すっかり忘れてた・・・

でも9月のZeppには行けるから、まぁショックは少なくて済むけど。
しかも昨日のラジオでチケットの事を言われるまで気付かなかったという。

ラジオというのは802のNIGHT RAMBLERという番組なんですが、
深夜という時間帯もあるのか、濃くて実のある話が聴けました。
という事で久々にレポ。と言うか、ただ書き残しておきたいだけなんですが。

以下長いのでたたみます。細美さん語っておられます。

More?
[PR]



by pochi-17 | 2010-06-22 23:55 | Radioレポ | Trackback | Comments(4)

I just wanted to see this blue

やっとこさHIATUSのチケット、エントリー済ませました。

当ったるっかなー、当たってほしいなー。お願い・・・
他に何もお願いする事はないから、って言ったら嘘になるけど。
あれもこれも叶えてほしい事は沢山あるけど、自力じゃなきゃ意味がない。

毎年決まって春先のこの時期はちょい病みになってしまう。
去年も今ぐらいの時期はこんな感じだったなぁ。

何か、頑張ってる人を見るとだめなんです。
あの人はあんなに頑張ってるのに自分は何をしてるんだろう、って
不甲斐なさとか罪悪感とか色々ごちゃまぜになってしまう。
頑張ってる人を見て、自分も頑張ろう!って思える時もあるんだけど。

昨日の細美さんの声。思ったより元気そうだった。
いつもより心なしか声が丸くて柔らかくて、やさしく聴こえた。

もうちょい頑張ろ。
[PR]



by pochi-17 | 2010-05-06 23:58 | ELLEGARDEN/theHIATUS | Trackback | Comments(2)

the HIATUS 2ndリリース・・・!

お昼にタワレコからのメルマガ見て思わず声が出ちゃいました。

the HIATUS、2ndアルバムリリース&ツアー決定!

やったー!ずっとこの日を待ち望んでたんだよ!
スケジュールの中に地元はなかったけど、ま、いつかのお楽しみって事で。
ZeppOsakaのどっちか(本当はどっちもだけど)と、神戸も行きたい。
アルバムどんなになってるんだろう。詞はできたのだろうか・・・
JAPANに載ってた細美さん、リアルに花形満だったのもさておき、
顔つきが完全にそっちモードだったけど元気かなぁ。

と、今日は赤坂にて髭ちゃん×9mmの日でした。もちろん行けなかったけど。
ランチやったとか羨ましすぎるんですけど・・・ランチランチ・・・
そう言えばこの間の須藤さんダイアリーで女性アーティストの楽曲を
プロデュースしたとかって書いてたけど誰なんでしょう。

という事で予想してみる。当たらなかった時の言い訳付きで(敬称略)。

・Chara(有力候補。これなら聴きたい!)
・IMALU(接点あるし一番ありそう。でも色々微妙・・・)
・JUJU(路線的に違うし、こっちもまた別の意味で色々微妙)
・木村カエラ(ありがち。でも面白そうではある)
・チャットモンチー(あったら嬉しいけどなさそう・・・)

これ以上思いつきませんでした。無念・・・。予想当たるかな?
[PR]



by pochi-17 | 2010-05-01 00:21 | ELLEGARDEN/theHIATUS | Trackback | Comments(2)

矢野さんと細美さんと花形満

やさぐれLOVEふたたび、だったんですね。
RO69に矢野さんの弾き語りツアー、細美さんが出た日のレポが上がってました。

大阪だったら行ってたけど、東京だとそう簡単に行けるはずもなく。
音楽堂のツアーも行きたかったなぁ・・・くるりのカバー聴きたかった・・・
セトリは前回の大阪とほぼ同じで、Little Odysseyの替わりに
Antibioticをやったみたいです。矢野さんのピアノでどう化けたんだろう。

MCも相変わらず矢野さん節絶好調だったみたいで。
すみません、私も花形満がどんなキャラなのか分かりません。

矢野さんと細美さんのやりとりって、はたから見てる分にはすごく楽しい。
ガチガチに緊張してて失礼のないように細心の注意を払う細美さんと、
そんな細美さんをひょいっとかわしてどこまでも自由奔放な矢野さん。

矢野さんが弾くピアノは、そんなキャラクターが出てるから好き。
いくつになっても可愛くて茶目っ気があって、どこまでも自由。
矢野さんを見ていると、ああいう大人になりたいっていつも思います。
[PR]



by pochi-17 | 2010-04-29 00:30 | ELLEGARDEN/theHIATUS | Trackback | Comments(0)

橋本塁写真展「SOUND SHOOTER vol.5」

a0041964_23575397.jpg
明日まで心斎橋のgigantearoomで開催中の橋本塁さんの写真展、
SOUND SHOOTER vol.5に行ってきました。

a0041964_23573187.jpg


アメ村の細い路地の角にある、ほそぉいビルの2階という
何とも分かりにくい場所(結局BIG STEPの隣でした)に辿り着くのに
30分ほどかかる始末。なぜか同じとこをぐるぐるしてた・・・。
明日までという事もあってか、混んでて入場規制がかかってました。

並んでる間に同じく一人で来てた9mmファンの子と喋ったり、
向いのタバコ屋さんのころころした犬がうちの犬と同じ種類だったので、
観察しながら色々思い出したり。葉っぱかじったりしてて可愛かった。

40分ほどして中に入ると、塁さんご本人が出迎えてくれました。
10人も入れば身動きが取れなくなる小さなギャラリーの壁一面に
色鮮やかな写真が文字どおり所狭しとぎっしり貼られてて、
その側らで展示バンドの曲が爆音で流れてました。
オレンジがかった照明の中、アロマキャンドルのいい香り。
写真は照明が反射しない光沢を抑えたもので見やすかったです。
チケットの引き換えや説明、物販など塁さん一人で全て切り盛りされてました。

ギャラリー中央に置かれたテーブル(もちろんテーブルクロスもドット柄!)に
塁さんが手掛けたお仕事がファイリングされたものが山積みになってて、
これ見た事ある!っていうのがほとんどでした。どれもほんとに素敵。
GLAYさんのパンフも、会報のRSRのJIROさんの表紙のもありました。
メッセージ帳があったのでこっそり足跡残して、じっくり写真を観賞。

塁さんの写真の何が魅力的かと言うと、切り取り方が独特な所だと思う。
写真という制止画の世界で、色々な要素が「写ってる」所。
熱気や身体を貫くような爆音やステージに立つ人の息遣いまでが写ってる。

テナーの4人の距離感だったり、狭いハコでのぎゅうぎゅう詰め感だったり、
塁さんの写真はその全てを四角い世界に閉じ込めていて、
そんな写真たちを眺めているとまるで自分がそこにいるかのように、
そのライブを体感したかのように感じました。

柱のいちばん下に貼られていたマイクスタンドに手をかけている細美さんの写真。
じっと眺めてるうちに写真に吸い込まれそうになりました。
言葉では形容しがたい、張り詰めた空気と細美さんの心が写っているようでした。

沢山ある写真の中で2枚だけちょっと違う、ツヤのある写真があって。
DOPING PANDAのメンバーの後ろから青い照明が射している写真。
眩しいほどキラキラしてて、うわぁ、これ生で観たかったなぁって思いました。
BEAT CRUSADERSの写真は後から加工してお面を着けたのかなぁ。
地味にお面貼り付け作業をしている塁さんの姿を想像したらちょっと笑えた。

帰り際にちゃっかり写真集とポストカードを購入。ドットTも欲しかった・・・。
「すごい良かったです。帰りたくないです!」って言ったら塁さんが
「じゃあずっといてよー!手伝ってってよ!」って。
わー、ご本人と会話してるよー!って頭の中ぐねんぐねんしてました。
こういう時って何喋ってんだか自分でも分からなくなります。

とりあえず「Twitter見てます!」とだけは言ってきました。
「これからもつぶやくんで!」って返してくださいました。
もっと喋りたい事あったのにご本人を目の前にしたら全部吹っ飛んだ・・・。
写真集にサインももらって、握手もしっかりしてもらい、
ドット服着てたのに気付いてくれて、ドットステッカーも頂いちゃいました。
(今日の服は塁さん仕様でドットまみれだったのです)

a0041964_23582748.jpg


行くか行くまいか、ずーっと迷ってたんですが行ってよかったです。
大好きな塁さんの写真と音楽に囲まれてしあわせなひと時でした。
ご本人もおっしゃってましたが、来年もあるようなので楽しみです♪
[PR]



by pochi-17 | 2010-03-13 23:59 | Music | Trackback | Comments(0)

月の影にそって歩き続けるんだ

細美さんのブログがめずらしく朝に更新されてると思ったら、
昨日のHedgehog Diariesが終わってからずっと寝てなかったっぽい。
ブログの文体がいつもと違う気がするのは作曲中のせいだけではなさそうです。

先週はラジオでも元気がなくて(Aimee Mannをかけたのもあるだろうけど)、
合宿に入る前に更新されたブログの最後の一文がどうも引っ掛かったりして。
今週はどんな声してるんだろうって思ったらいつもの細美さんだった。
途中とあるメールに涙ぐんでたりはしたけど、
うれしそうに合宿で曲ができたって話しててほっとした。


周りの人たちを大切にするのはいい事だけども、
たまには自分の事も大切にしたら?

・・・なんて言ったら細美さんに怒られるかなぁ。
[PR]



by pochi-17 | 2010-02-04 23:41 | ELLEGARDEN/theHIATUS | Trackback | Comments(0)

ぽちの気ままブログ。気軽に足跡残してって下さい♪
by pochi-17
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

2018.11.25 LIT..
at 2018-12-09 17:52
2018.11.24 Sui..
at 2018-12-09 17:50
2018.11.23 髭「S..
at 2018-12-02 20:53

最新のコメント

はじめまして。 今更の..
by pochi-17 at 23:48
かなり昔のこの記事にコメ..
by なみ at 03:56
あけましておめでとうござ..
by pochi-17 at 23:35
RADIO CRAZYレ..
by elle1126 at 12:02

検索

ライフログ

最新のトラックバック

HAPPY
from *across the ra..
倉敷の夜
from Lilly

アクセス解析

ファン

ブログジャンル

画像一覧